ただいま~♪
旅18日目 「さよなら沖縄」

朝4:00、磯田さんは起きて台所でなにかを作っているようだった。
自分もその音に目が覚めたが、まだ早朝であるので、お腹がすいて何かを作っているのだろうと思い、そのまま横になっていた。

するとなんと!「ここに朝食を置いておくから適当に食べておいてね、私は出かけるから」と前触れもなく言われ驚いた!!
朝食にしては豪華なソーセージ、目玉焼き、ハンバーグ、そしてご飯にお味噌汁。
そして磯田さんは、仕事に今から出かけるとのこと!!
ならばと、慌てふためきながら自分も急いで支度を始めるが、のんびりしていきなと言われた。
鍵は開けっ放しでいいので、いつでも好きなときに出かけたらいいと言って出て行ったのだ。
昨夜は何も聞かされていなかったので戸惑い、またさすがにそれでは申し訳ないと思い自分もすぐに出発といきたかったが間に合わず、結局は磯田さんを見送り、そしてひとり残された部屋でゆっくり朝食を頂いた。
沖縄だから・・・?!なんて思ったりもしたが、やはり一晩を共にしたとはいえ、自分をここまで信頼してくれるのが嬉しい一方、やはり申し訳なさも残る・・・。

昨夜は朝早く起きるのは、おじいさんに迷惑だと思ってフェリーは見送るつもりであったが、今から急いで準備すれば間に合うはずだろう、そんな7時の鹿児島行きのフェリーに乗ることにした。

作っていただいた朝食を食べて、急いで荷物をまとめていく。
朝食は本当に美味しかった。
言われたように鍵がかかってないまま部屋を出るが、なんだか悪い感じが残った・・・
パソコンがないというから自分のブログを見てもらえないのが残念だが、それでもブログ名刺の裏にお礼を書いて、そして部屋を後とした。
本当にお世話になりました、ありがとうございました。

急いでフェリーターミナルへ向かう。
チケットはまだ購入してなければ、また自転車を積み込むことも考えるとフェリーターミナルには本当にギリギリに到着。
すでに出航の20分前で、もう断られるんじゃないかと思ったほどだった。
無事にチェットを受け取り、そして受付完了後すぐに車両デッキに案内された。

それにしても、コンテナや車の行きかう音のすごい貨物室の中を自転車で乗り込むのは怖い・・・
自転車は自分だけのようで、他には見当らなかった。

ブログ292フェリーに無事に乗船

そういった感じで慌ただしく沖縄を跡とすることになった。

ちなみに、フェリーは大阪ー那覇に乗ったときのものよりもずいぶんと豪華な感じで船内には喫茶店に売店、なんと食堂までも!!
階段もタイタニックみたい! かな!?^^;(←テキトー)

フェリーは途中、奄美大島などの離島にも寄り、一番安い雑魚寝の2等船室の人は行き先に応じてそれぞれの大部屋が割り当てられていた。

ブログ295豪華なフェリーにびっくり♪

ブログ294ホテルみたいだ・・・^^;

ブログ293ここが鹿児行きの人の2等船室。

那覇を出発したとき、鹿児島行きの人は約10人。

あまり乗る人はいないんだな・・・、
それをいいことに、指定された番号の場所でなく壁際のコンセントのある場所で足を延ばして過ごしていたが、途中で立ち寄った奄美大島から多くの人が乗り込み、団体さん?!で部屋はほぼ満員となってしまった!!(> <)/
仕方なしに、自分の指定された場所へ戻るが、それがまた人と挟まれた窮屈なところで奴隷船みたいなもの。
トイレにでも行けば、自分の布団の場所まで歩いていくのも大変だ。^^;


船は丸一日をかけて明日の朝9:00に鹿児島港に到着予定である。
いよいよ本土に上陸。
坂も多くなるだろうし、野宿の場所など、沖縄のようにうまくいくだろうか。
本格的な旅へと不安と期待に不思議な気分であった。

ブログ296

ブログ297さよなら沖縄~

現在地
鹿児島行きフェリーの中


4月1日  おしまい。
スポンサーサイト

[2011/04/05 14:08] | 沖縄
トラックバック:(0) |

No title
zola
もうだいぶ回っている頃でしょうか?
沖繩のおじいさんは人柄が出ていていい方のようですね.九州を離脱する頃にでもその方に手紙なんか出されてはいかが?喜ばれると思いますよ!

いよいよ本土!
Muirwoods
沖縄を満喫されましたね!
いよいよ鹿児島上陸ですか。
今はどの辺りを走ってるのかな?
火山灰とか大丈夫ですか?

No title
sugiyamenko
現在九州のどこいら辺にいるのでしょうか?。
札幌から比べれば、暖かい気候だと思いますが、くれぐれも風邪をひかないように
頑張って、目標を達成してください。
まだ残雪の残る札幌から
sugiyamenkoでした。


zolaさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

住所は分からないです。(>_<)
一周を完了して沖縄に戻ってきたときに顔をだそうかな。
まだまだ先ですが・・・

ありがとうございます!


Muirwoodsさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

火山灰は大丈夫ですね。
なかなかリアルタイムで更新できずにすみません。(>_<)

sugiyamenkoさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

北海道は本当に走りやすいと聞いているので、楽しみです!
早くいきたいな~

リアルタイムで更新できれば一番いいのですが、
なかなかうまくいきません。(>_<)

ありがとうございます!

コメント:を閉じる▲
旅17日目 「初めてのお泊り」

AM6:10 起床。

肌寒さに昨夜はなかなか寝付けなかった。
二度寝防止の2回目のアラームで目が覚めた。

昨夜は、たまに何人かの人が自分の寝ている浜辺に来たらしく、話し声が聞こえてくる。
しかし、皆さん騒ぐようなかんじは無かったので、その話し声もとくに気にはならず眠れた。
問題は近くの木でぶら下がり、飛ぶこともなくバサバサと羽を振るコウモリ・・・
羽が木の枝や葉にあたり大きな音を一晩中たてていた。
それにしても大きなコウモリだった・・・^^;

ブログ283今朝の朝焼けがきれいであった♪

写真を撮り、その画像を確認している間にも空は色合いと雲の表情が変わる。
その刻々と変化する空を何枚も撮り続けた。

ブログ284

ところで明日の朝にフェリーに乗って鹿児島に渡るつもりなので、沖縄は今日が最後となる。
どこに行くか地図とにらめっこして考えてみる。

そこで見つけたのが那覇空港の滑走路手前には瀬長島という島だ。
島といえ、この沖縄本島と橋でつながった小さな島で、着陸する飛行機を真下から見れる絶好のポイントが書いてあったのだ。
飛行機は好きであるし、那覇市内からもそれほど離れていないのでここに行ってみようと思う。

AM7:15 キャンプしたビーチを出発!
昨日ほどではないが、この日も晴れだ♪

ブログ285

途中、国道58にあったミスドに入りブログをさせてもらった。
3時間は居座ってしまっただろうか・・・
すみませんでした。^^;
ちなみにカフェラテがおかわり自由だったので3杯ももらってしまった~♪


再び出発し、国道58を南下して那覇市内へ走っていく。

ブログ287

ブログ286

途中、吉野家を見つけたので早めのお昼ご飯にした。
もちろんタコライスである♪

ここで母からメールがきていることに気がついた。
お土産に送ったシーサーの置物にスターフルーツが届いたとのことだ。
早い!!
驚いたことに、わずか1日で沖縄から実家の大阪に届いたようだ。
飛行機であっという間に飛んで行ったのだろう、
自分なんかフェリーで3日も大阪から那覇までかかったのに・・・^^;

腹ごしらえが済めば、那覇市内を通り過ぎて那覇空港の方向へさらに南下していった。

ブログ290

途中、米軍基地、そして自衛隊基地を通過していった。
本当に沖縄は基地だらけかもしれない・・・
装甲車が走る姿を街中で普通に見かけるし、上空には戦闘機が駆け回る。
沖縄ののんびりとしたイメージばかりじゃなかった。

瀬長島に着くと、橋の上には何台かの車がとまっていた。
同じく飛行機を見に来た方々であった。
この橋とクロスするように滑走路の誘導灯が海に伸びていたので、ここがそうであるとすぐにわかった。
飛行機は今の時間はそう多くはないようで、車の中で待機していた人たちが飛行機の音がすれば出てくる。

ブログ288那覇空港を離陸していく飛行機

午前中の晴れ間でも、すぐに雲が一面に広がっているため少し肌寒い。
数機ほど飛行機を見送ったのち、どうせならと思いこの瀬長島を一周することにした。
本当に小さな島で、ほんの5分もかからず一周してきたが・・・。^^;

ブログ291瀬長島

島に家などは見当たらなかった。
ただ、茫々とした草むらに観光ホテルの建設予定の看板があったが、反対されているのだろうか・・・
延期となっていた。

その後、市内に戻る。

明日は7:00の鹿児島行きのフェリーに乗るので、自転車を積む時間も考えると朝は早い。
そんなことからフェリーターミナルの近くにいい寝床はないかなと探して回っていた。
国際通りの方向へ進んでいると一人の自転車に乗ったおじいさんに声をかけてくれた。
おじさんは磯田さんといい、少しばかり路肩で旅の話をしていたら、是非家に泊まって、そしてゆっくり話を聞かせてほしいと言ってくれたのだ。
しかし、まだ旅をして2週間ぐらいなので、そんなに多くの話はないのだが・・・^^;

なにより、気がかりなのは明日のフェリーで朝が早いことであった。
早朝にバタバタされたら家族の方に迷惑になってしまうだろう。
しかし、そんなのも所詮いいわけで、情けない話だが、人のうちに泊まることに緊張している自分がいたのだ。

とりあえず、「夕飯を食べに行こうと思っているところなので嬉しいですが・・・」断ろうとすると、「そうか!、ならご馳走してやる!」と、そんな展開になり、
「そら、行くぞ!!」と、自分の話も聞かずに、自転車を漕ぎ出すではないかー!!(> <)/

それにしても、磯田さんの運転はひやひやするほど危ない。
運転する自転車が、かなりふらついているのだ(酔ってはいない)、
道も細いうえに車も多いため、後ろからついていきながら見守っているとすごく心配になった。
そして、曲がり角でこけてしまうのだ・・・。^^;

15分ぐらい走って、おじいさんのアパートに到着。
1階の駐車場に自転車を停め、2階の磯田さん宅にお邪魔。

65歳になるという磯田さんはひとり暮らしであった。
離婚してから一人暮らしで、娘2人がいたそうだが共に米軍関係者と結婚したらしく、孫が英語で会話が出来ないのが残念だそうだ・・・。^^;
しかし、アメリカ人の血をひいているのか、プレゼントをあげたときの喜び方は日本人にはない大きなものであるそうで、それが楽しみであるとも話してくれた。
連日のニュースで沖縄米軍への反感が強まってきているように思われるが、結びつきもあるんだなと実感した。

その他にも、以前自分のような日本一周の旅人を泊めてあげたこと、沖縄の離島について話してくれる。
磯田さんも若いころにバイクで日本中を駆け巡ったそうだ。
そんな話でもりあがった♪

夕飯もこれでもかというほど!!
チャリダーだから大食いと勘違いされたらしく、
大根にアジの魚の煮付け、お味噌汁に大盛りご飯を頑張って食べているところに、なんと!
大きなフライパンいっぱいに広がった、特大のお好み焼きまで!!
「旅人はたくさん食べて、たくさん走れ!」といって食べるように言うが、さすがにこの量はさすがに無理です!!^^;

しかし、全ておじいさんが作ったと言うのだからびっくりである。
そして、本当においしかった!

夜、2人で将棋をした。
おじいさんは、「自分は弱いよ~」といいつつ、かなり強かった。
もしかしたら、自分がそうとう弱いだけかも知らないが、あっさり2連敗である。
技の名前まで言っているので、相当の腕前ではないだろうか!?

その後、明日はどうするのかと聞かれたのだが、「フェリーに乗るので朝6時にはここを出たいです」なんて言えなかったし、フェリーなんて数日後にもあるので「市内を回ってみようと思います。」と言っておいた。

沖縄はいいところであるし、先を急ぐこともないのでよかったと思う。
初めてのお泊りに不安であったが、おじいさんにはよくしてもらって感謝です♪

その後、9時に寝た。


現在地:那覇市内の磯田さん宅

走行時間 3:50[h]
走行距離 41,4[km]
平均速度 10,7[km/h]
最高速度 29,3[km/h]

積算走行距離 691,4[km]


3月31日 おしまい。

[2011/04/05 12:19] | 沖縄
トラックバック:(0) |
旅16日目 「アラハビーチ」

朝、誰かのアラームで目が覚めたが再び寝た。
二度寝は気持ちがいい♪
布団であればなおさらである。
テントならこうとはいかなかっただろう。

再び起きたのがAM7:40、この時間ではその多くが出かけたみたいであった。
自分も身支度を整え、荷物をまとめて自転車に向かう。
心配していた自転車は無事であった。

自転車に荷物を結び、出発!

さて、どこに行こうか・・・
沖縄はすでに一周し、今は4月1日の鹿児島行きのフェリーを待つのみで、目的は特になかった。
ただ、そんなあてもなくぶらぶらも良かった。

ブログ272沖縄唯一の鉄道”ゆいレール”

とりあえず朝から何も食べていないので、昨日の朝高谷さんとアイスクリーム店が開店するまでいたマクドナルドに行くことにした。
そこはコンセントがあるのでパソコンも出来るし、なにより空いている♪
ここでブログの更新などをしていた。

結局このお店には昼前まで居続けていた。
と、いうことは3時間はいたことに・・・^^; 
しかも、注文したのがコーヒーとナゲットのみだから、
お店にとってはいい迷惑な客かもしれないです。(笑)

お昼ごはんには牛丼の吉野家に入った。
実は沖縄の吉野家には限定メニューがあるのだ。
昨日まで一緒にした高谷さんに教えてもらったのだが、沖縄限定でタコライスがあるとのこと。
気になっていたので、行ってみた。

メニューを見ると確かにタコライスが。
店内を見渡すと何人かの客がいるが、タコライスを注文している人はいなかった。
おいしくないのかな・・・、しかしなにしろ限定である。
食べないわけにはいかないでしょ♪

レジには「1ドル80円」とあった。
そう、これも高谷さんから教えてもらったのだが、沖縄ではあちこちのお店でドルが使えるのだ。
おもしろいのは、その違い。先ほど行ったローソンでは「1ドル75円」とあったからだ。
つまり、ローソンでドル払いは少し損をする。^^;

そんなことを考えていると、タコライスがきた。

ブログ273吉野家のタコライス♪

味はおいしかったかも♪

ごはんの上にレタス、チーズ、ひき肉のソース?、そして大量のチリソースがのっている。
好みに合わせて、さらに辛いソースがもらえた。
こんなことを言うのもあれですが、沖縄にきたら吉野家へ!


あてもなく、ここからさらに那覇市内を離れて北上してみる。
2週間前、沖縄に到着したばかりでフェリーで出会ったオガさんと一緒に走った道を走ると、懐かしさが感じられた。
今、こうしてのんびりとしたペースで走ると新たな発見もある。

今日はとてもいい天気♪
雲もほとんどなく、南国らしさがあった。

ブログ282

途中、「アラハビーチは左折」の標識を見つける。
自分の持っているツーリングマップにはこのビーチの記載が無かった。
あまり有名なビーチではないのだろうか?、と思いながらも行ってみることにした。


そこは白い砂浜、きれいに整えられた芝生の上にヤシの木が整列していて、子供が遊べる遊具やバスケットコートもある。
沖縄のきれいなビーチというよりも、ハワイのビーチに思えた!
そして外国人の人が本当に多くいる。

ブログ276真っ白なビーチがすごくきれい♪

ブログ271米軍関係者家族と思われる外国人ばかりであった。

ブログ277

ブログ278

ブログ275

自転車をヤシの木にもたれさせ、芝生の上に横になって空をしばらく見ていた。
海開きにはまだ肌寒いが、浜辺で日焼けをしている人やバーベキューをしている人、遊具には多くの子供たちで賑わっていた。
そしてそのほとんどが米軍関係者と家族の方と思われ、逆に日本人の方が少なかった。

そんなことを、たまたま話をした地元のおばさんに聞くと、このビーチの前にはホテルがなく米軍の家族専用のマンションばかりであるそうだ。
どうりで、ハワイを思わせるようなビーチなわけだ。
ここのビーチが一番かも・・・

ブログ274

本当にそう思った。
沖縄を一周してきて有名なビーチを見てきたが、このビーチが自分は一番好きかも。

と、いうよりこの辺りに住みたいかも・・・
日本一周の旅が終わったらここに住むのもいいな~、なんて。^^;

ブログ270

ブログ269

ブログ267

そしておばさんには、この先にあるサンセットビーチに行くと温泉があり、
その目の前にある足湯にはタダで入れることも教えてくれた。

お礼を言ってさっそく行ってみることにする。
ちなみに、湯船につかる文化のない沖縄では珍しい温泉であるそうだ。

ブログ280「AMERICAN VILLAGE」

ブログ281「沖縄では珍しい温泉”chula U (ちゅらゆ)”

温泉の入浴料はなんと1000円!!(> <)/
入る気にはならなかったが、入り口近くには足湯風呂があり、多くの人がいた。
さっそく足をつけてみる。
すごく気持ちがよかった~
旅をしているとそうお風呂には入れないし、入ってもシャワーのみ、
足だけではあるが、久々の湯船につかることができた♪

熱いのでたまに足を湯船から出したりして粘りながらも、ここで日記を書いたりして過ごしていた。
なぜ粘るのかは、自分でもよくわからない・・・
夕暮れとともに、足湯もライトアップしてくれた。

結局2時間以上もつかっていました。(笑)
マクドナルドについで、お店には迷惑な人かも・・・

ブログ279

ブログ268

空はすでに暗く、テントを張る場所も決まっていないままぶらぶら。
しかし良さげな場所がおおく適当に浜辺にでもテントを張れそうで不安はなく、もっと素敵な場所はないかと探していたほどだ。

浜辺のレストランからはにぎやかな話声がもれてくる。
それがちょっと自分に寂しく感じた。
そんなレストランからこぼれる微かな灯りのみが、かろうじで自分のいる砂浜を照らしてくれ、このレストランもそのうち閉まり、この明かりもなくなるだろう。
そう考えると、なぜ自分はこんな旅をしているのだろうかと思ってしまう・・・


満月ならまだ明るいのだが、ニッコリした時の口元のかたちをした三日月がなんとも憎たらしい・・・

警備員が歩いているのを見たので、テントは張らないほうがいいだろう。
この旅の経験から、きれいなビーチには警備員がいるとわかってきた。
浜辺にあったベンチの上にシュラフと毛布を広げ、手元のランプで日記を書いていると、
やはり、警備員かこちらに来る。
「ここで寝るのですか!?」なんて言葉に追い払われるのかとドキッとしてしまったが、むしろ逆で、もっといい場所があるからと、風の吹き込むことのないバーベキュー広場のベンチを教えてくれた。
そちらにはビニールカーテンがあり、確かに風を直接受けることがなさそうだ。
お礼をいって、そうさせてもらった。

初めはベンチの上でシュラフに包まって寝ていたが、狭いベンチ幅に腕がすぐに落ちてしまってはなかなか寝付けず・・・。
結局は下の砂場に横になってからはラクに眠れたが、これでは何か生き物が顔もとに来たら嫌だなと抵抗があったのだ、まぁそんなこと言ってられないのだが・・・。^^;
それでもテント無しの野宿も慣れてきたかもしれない。

明後日のフェリーまで、明日はどうしようかな~



現在地



走行時間 3:11[h]
走行距離 25,5[km]
平均速度 8,00[km/h]
最高速度 25,4[km/h]

積算走行距離 649,9[km]


3月30日 おしまい。

[2011/04/02 19:44] | 沖縄
トラックバック:(0) |

沖縄いいよね
風ささき
一周の時は、11月の下旬で、もう31年前。
当時は、今のような観光地の雰囲気はなくて、
南の島、辺戸岬まで行ったけど、太平洋側は
記憶にないので、まだ未舗装だったのかも?
まだ、車は左の看板が残っていました。
今は、おきなわ市だっけ、ゴザ市だった町、もろ
異国でアメリカ色が強かった。
5年前に勤続25年の旅行で家族で沖縄、大晦日と元旦の沖縄、観光バス巡りだったけど、随分、
都会になり、どこも観光地相手のリゾート地に。
北海道は、毎年のように行ってたけど、住むなら
沖縄いいかも。
当時は橋もなく、古宇利島、観光バスで行けたので海岸で、サンゴの死がいをお土産に。
波照間まで足を伸ばした一周の友人が羨ましかっ
たかな、自分は本島だけ、石垣・西表くらいまで
行きたかったな、屋久島も。
野宿しなかったで、予算オーバーで最後は節約
してました、時間はあるけど、金がない、贅沢な時間を持てたことが幸せの記憶かな。

風ささき さんへ
サトシ
沖縄は本当にいいですね~
自分も住んでみたいと思いましたよ~
のんびりとした生活がおくれそうです。

こうして外人さんを見ていると、海外にいる気分にもなります。
沖縄のもうひとつの顔ですね。

コメント:を閉じる▲
旅15日目 「Big Dipとの戦い」

朝、遅延料金の発生するぎりぎりの6:30にネットカフェを出た。
そして、高谷さんと国道を走り那覇市内へ向かう。

今日は雲もほとんど無い快晴の天気できもちがいい♪
天気予報によると、これからしばらくは天気がいいとのこと。
ここ最近は天候に恵まれなかったので、沖縄を一周したからといって明日にでもフェリーで出ていくのはもったいない気がした。
沖縄離島に行くか、鹿児島に行くか、それとももうしばらくここにいるかを考えないと・・・

AM9:00 市内に到着!
つまり、ここで自分は沖縄を一周してきたことになった。
ここまで来るのに13日、沖縄一周で考えるとかなり遅いペースだろう・・・
このままでは半年での日本一周は無理ではないか!?

ただ、沖縄は見所も多かったと思う。
この先からはもう少し速く心がけるつもりだ。
そして、この重たい自転車の走行にも慣れてきたところである。

昨夜、モスバーガーにおいてあった観光ガイドで見つけ高谷さんと食べに行こうと話になった「Big Dip」というアイスクリームの店へ向かった。
そちらにある「ディップ ビック アドベンチャー」がもうすごいのなんの!!
写真では特大の容器にアイスクリームが山盛りになっているので楽しみにしていたのだ♪

那覇市内を少し越えた先にそれはあり、開店前の8時に店の前に到着。
まぁ、大方予想はついていたが、店の開店は9時からで、それまでの1時間は、近くにあったマクドナルドで2人で時間をつぶすことにした。

ここのマクドナルドはカウンター席にコンセントがそれぞれあり、パソコンなどを充電させてもらうことができている♪
そして9時の開店と同時にお店に入った。

ブログ255「Big Dip」

もちろん一番乗りだし、店員さんも朝から男性2人がのこのこと現れるのにびっくりだろう。
さっそく、レイのものを聞いてみる。
「一人じゃ食べきれないですか?」と聞くと、
「・・・・まぁ、 なんとか・・・・」と言うからそれぞれ注文した。

で、しばらくして来たのがこれ。

ブログ256

ブログ257

ピカチュウよりも大きい!
ちなみに、1390円もしました。^^;

しかし、朝ごはんがアイス山盛りなんて、子供のころに夢見た光景だ♪

おいしく食べました! 初めのうちはね・・・
半分ぐらいから口数は減り、それぞれの戦いへと移り・・・
でも、さっきの店員さんも見ているので残すわけにはいかない・・・(> <)/

そうした休憩を挟みながらなんとか食べきった。
これは・・・ 友達と2,3人で仲良く食べるものかも・・・ 
いや、そうである・・・。^^;

本当にお腹がいっぱいで、苦しい・・・ (> <)/
しかし、いい記念になったことは間違いないかも。
お互い、今度は彼女でも連れてきて食べたいかな。(笑)

そして那覇市内に戻る。

ブログ266

高谷さんは、石垣島に行きたいのでフェリーがあるか確認するため那覇港に行く。
自分も石垣島へは考えている島のひとつなんで一緒に向かうことにした。

しかし、うわさには聞いていたが、やはり那覇から出るフェリー会社は数年前に倒産し、沖縄から石垣島に向かうとすると飛行機しかないことを知る。
それでも、高谷さんは自転車を空港においてテントや調理器具のみを持って、
飛行機で明日石垣島に行くことにするそうだ。

石垣島は沖縄本島ほど大きくはないし、向こうに行けばレンタルサイクルもあるだろうから、さほど不便はしないとのことだ。
また歩き旅もいいかもしれない。
心配なのは、空港に置いていく自転車にいたずらされないかで、サイドバックの付いた自転車に興味をしめす人がいてもおかしくはないはずだ。

自分は考えたすえ、石垣島に今行くのは大変すぎると判断、
鹿児島に向かい本土に入ることにしようと思う。
鹿児島行きのフェリーは数日ごとに早朝1便ある。
明日、朝7:00出航する便があったが、急いでも鹿児島はまだ寒そうであるし、
これから天気のよくなる沖縄にしばらくいるのも悪くは無いと思い見送ることにした。
その次の便は4月1日出航だ。

ここで高谷さんと別れることになった。
彼はこれから那覇空港に向かい、飛行機の確認に行くそうだ。
貴重な体験も聞けて、この先の旅に生かしていけそうだ。
ありがとうございました。

こうして一人旅へと戻った。
さて、沖縄はすでに一周しているのでどうしようか・・・
そういえば国際通りに行ってないことに気づき、のんびり市内を観光することにしようかな。

ブログ258国際通り

人々で賑わう国際通りを自転車を押してゆっくり歩いていくことにした。

店のおばさんはよく話しかけてくれ、大阪から来たことを伝えると、一様に「えらいね~」と言われる。
この「えらいね~」は偉いとほめているのではなく、えらいことだの大変だの意味で、聞き慣れていないと初めは戸惑ってしまうばかりだ。(笑)
そういえば、一番最初にあった名古屋から来たオガさんもよく使っていたかな。

どこのお店もシーサーの置物が売られていて、
大きさと色それぞれの整列したように並んでいるシーサーを見ると、全種類を買ってみたくなる。(笑)
しかし、それではあまりにも多すぎて無理そうだ・・・

実は自分にはあるたくらみがあって、自分が旅をうまくやっていること、無理を言って旅に出させてもらっている両親のためにも、この日本一周中で全国47都道府県からお土産を送っていこうと思っているんだ。
これで喜んでくれれば、こちらもすごく嬉しい♪

この旅最初となる沖縄からのお土産は、まぁ初めということで、また自分がすごく気に入ったこともあり奮発して大きなシーサーを送ることにした。
色鮮やかなシーサーのペアで、家族も沖縄の風を感じてもらえればと思う♪

ブログ260ちょっと高かったけど、シーサーを家族のお土産に買いました♪

ブログ264スターフルーツも一緒に送ることに♪

ついでにパッションフルーツとスターフルーツもそれぞれ一箱送ることにした。
店のおじさんがおいしそうなものを選んでくれた。

次にやってきたのは国際通りの一角にある市場。

近くの路上に自転車を止め、歩いてみて回った。
狭い通りに店が所狭しと並び、沖縄ならではの色とりどりの魚が並ぶ。
鮮やかすぎてちょっと食べる気にならないような熱帯魚も・・・。^^;
2階は食堂になっていて、ここで買った魚をすぐに調理してくれるみたいだ。
それにしても、皆さん忙しそうに仕事していた。

市場と言っても、一般の観光客も買い物できるところで、見ているだけでも楽しかった。

ブログ265

ブログ261ハリセンボンだそうです

ブログ262

ブログ263豚の顔まで!! さすがは沖縄だ!!^^;

夕方、コンビニの前を通ると高谷さんの自転車を見つけた!
見れば、立ち読みをしていたため、情報収集だろう。
自分が自転車に乗ったままガラスをかるくたたくと、気づいて出てきてくれた!

朝別れるときは「またどこかで!」といったが、もう会ってしまった。
沖縄が狭いのかな、運がいいのかな?

彼は明日、予定通りに石垣島に行くそうだ。
飛行機代の高さに嘆いていた。(笑)
自分も日本を一周して沖縄に帰ってきたとき、石垣島に行ければと思う。
ここで、自転車の状態などを聞き、また今夜ネットカフェに泊まるのならと、
近くのいいお店を紹介してくれた。
頼りになる人だ。
高谷さんは金券ショップをあたり、安いチケットがないか探しに、再び別れることに。
またどこかで!


宿泊場を探しながら、いいところがなければネットカフェにすればいいと思い、
辺りをのんびり散策。
心配もなく、いくつものドミトリーの民宿が目に付いた。

その中のひとつに1500円とあったので、そちらにしようと思う。
沖縄県庁の裏手にあり、国際通りにも数分でいける場所だ。

ブログ259アーマン素泊まりハウス

階段を上がると一人の男性が迎える。
管理人さんのお手伝いだろうか、すぐに管理人を呼ぶので待っていてほしいと言われ、数分後に調理服をきた男性が来てくれた。
1階のそれなりに高そうな料亭で料理人をしているようだ。
8個あるドミトリーベッドのうち、1つだけ空いているそうだ。
個室が1000円アップの2500円であったが、ドミトリーでいいと思い1500円だけを払う。

ここで荷物を載せた自転車を表に置いてあることを言うと、管理人さんはひどく心配する。
話によると、那覇市内は夜はひどく治安が悪いらしい。
沖縄警察本部裏手なのにと思ってしまうが、以前も旅人の自転車があさられてしまい、遠くで乗り捨てられていたことがあったそうだ。

そういえば那覇ではないが、高谷さんの出会った旅人の中に九州で自転車に鍵をかけず寝ていると、朝には荷物が辺りに捨てられ、自転車が盗まれていたことを話してくれたのを思い出す。
その人は、そこで旅を終え家に帰ったらしいので、気をつけないと・・・

貴重品を全て持ち、自転車には上からバイク用のカバーをかけて、荷物が見えないようにした。
しかし後輪のサイドバックはそう簡単に今外せないので、見えないようにするのが精一杯。
バッグが見つかればあさられるる可能性が高いので、しっかりとクリップでカバーを留め、駐車場の奥に停めた。


部屋全体は豆電球のみの薄明かりで、皆ベッドの前のカーテンを閉じひっそりとしている。
多くが旅人ではないとわかった。
長期滞在を思わせる荷物に、ベッドの上に干されている洗濯物の中には警備員のものも。
ここからバイトに行っているのだろうか・・・

自分もベットにあがり、カーテンを閉めて備え付けてある蛍光灯をつける。
周りが静かすぎて、自分が荷物を整理する音のみが部屋に響き、少し気をつかう・・・

それから近くのコンビニに行くと、駐車場にも、そしてコンビニ中のテーブルにも不良そうな若者が騒いでいる。
やっぱり、治安はよくなさそうだ・・・
そういえば、テレビなんかでも成人式の荒れっぷりは沖縄はすごかったような気がする・・・^^;

帰ってベッドの上で、ざるそばを食べるのだが、これも自分のみの音が響いてしまう。(笑)


明日はどうしよう。
もう少し走ろうかな~



現在地



走行時間 3:50[h]
走行距離 35,7[km]
平均速度 9,20[km/h]
最高速度 36,4[km/h]

積算走行距離 624,4[km]


3月29日 おしまい。

[2011/04/02 15:21] | 沖縄
トラックバック:(0) |

No title
taro
こんばんわ!!
沖縄1周おめでとう\(^o^)/

・・・って、最後の方の文章読んでいたら、そんなテンションじゃなくなってきましたよ(^_^;)
僕も前々から寝る時の自転車対策は気にしてたんですよ。
盗まれてり壊されてりしたら折角の日本1周も難しくなりますよね。
なにか振動センサーみたいなもので、動くとブザーが鳴るような物をホームセンターで購入したらどうでしょうか?
まぁ、その辺は考え済みだったかな?
なにはともあれ、身体と装備に気を付けてがんばってくださいね\(^o^)/
記事を期待してます!!

taroさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

何にも考えていませんでした。(笑)
センサーもいいかもしれないですね。
探してみようかな。(>_<)

ありがとうございます!


南国ネコ
アイスでかっ!そして高っ!
でも美味しそう〜
ブルーシールにそんなメニューあるんですね〜知らなかった。
ブルーシールは自分では殆ど行く事がない。
たまに内地からの友達のリクエストで行ったことがあるだけ。2〜3回くらいかな?

実は沖縄はアイスの消費量ダントツの最下位らしいです。
昆布は獲れないのに消費1位だし不思議でしょう?

沖縄で冷たいものと言えばやっぱりぜんざい!
ぜんざいは沖縄では温かくなくて氷がのった冷たいのが常識!そば屋や食堂なんかでもおいてるけど専門店も割とあり冬でもやってます(笑)
反面温かいのは殆どなくて、もしあったらホットぜんざいって表記されてます。
沖縄のぜんざいも1度食べてみてくださいね。おいしいよ〜

シーサーはたぶん石垣産のやつですね。
かわいいんですよね。

宿がさびしいところでちょっと残念。
自分の音だけが響く(笑)私も経験あるからすごくわかる!気を使うんですよね〜なんだか一人で笑いたくなっちゃったりしませんでしたか?


島へ渡るのを断念してますがこの旅のゴールは鹿児島に決めちゃいましたか?

宮古、石垣の島々はぜひとも行ってほしいところ。
沖縄らしさがまだ随所に残る景色だし何より海がキレイ!!!
写真と熱帯魚が趣味のサトシさんにもってこいです!
だけど島は急速に姿を変えています。
どうしても予算や期間がかかるから今回の旅のなかでは難しいかもしれないけど
出来るだけ早いうちに一度行ってほしいな☆

石垣では新空港が建設中〜来年には開港する予定です。
そうなるとジャンボが発着可能になりたくさんの人が来島可能に。
便利に便利に。開発に拍車がかかりそうでとっても不安です。
今でも石垣は十分都会。
私の母は石垣出身なので子供の頃は夏休みの度に行ってました。
まずは石垣空港〜滑走路が短いから飛行機は逆噴射してすごいブレーキで止まります。
私にとっては当たり前だったけど、初めて乗る人はみんなビックリします。
パイロットがへたくそなのかと思うみたい。
むしろ逆で石垣路線は腕のある方が担当するそうですよ。それだけ難しい空港。民家が近く危険な空港。新しい空港は長年かかってやっと実現するんだけど、また島が変わってしまうのではないかと少し複雑なのも事実。
古い小さな空港は味がある。
飛行機まで歩いてタラップを昇ったり。
見送りの人も近くて顔もばっちり見える。飛び立つそのときまで窓にへばりついて見てた。
子供の頃は今は幻の南西航空だけが発着してた。
JTAになった時は寂しかったな。

そんな空港からスタートする八重山(石垣とその周辺の島々の総称)にはたくさんの島がありどれも魅力的ですが、なんと言っても日本の有人島〜最南端、最西端があるのがいいですよね!
日本一周にはぜひとも行きたいところじゃないですか?

飛行機でしか行けない沖縄本島より南の島々ですが、今、宮古島に新しくSKYマークが入ったことから那覇ー宮古が格安キャンペーンでなんと5千円以下になってるそうです!
いつまでやってくれるのかは不明なんですがこれはメチャクチャ安いんです!
多分かつてのフェリーより安いはずだからビックリです。

宮古はここ数年は島田紳介さん効果ですごい人気だったようです。
変わっちゃったかな?前は石垣より断然田舎でのどかで海がキレイなのが唯一の売りみたいなところだったんだけど。
ほんとに海はキレイ!!!
県内トップクラスだと思いますよ。
宮古は近くの島が橋でつながっていて自転車旅にはもってこい。本島の古宇利島のような感じです。もっと海はキレイですが。

で、今は船でしか渡れない隣島の伊良部島と下地島には下地空港があります。この空港はたしか国内唯一のパイロット訓練場なんです。
タイミングが合えば飛行機が真上をすれすれで離発着訓練するのが見れます。訓練だから少しヒヤヒヤ迫力満点です!
でも今JALが撤退を検討中で、もしそうなると国内でパイロットの訓練が出来なくなるとか。
ANAとJALが共同でその時あいている機材を回して発着訓練をしているからです。
そのため訓練を見に行ってもどのタイプの飛行機が何時に飛んでいるのかわからなくて一期一会の出会いなんですけどね。
その楽しみももう無くなるかも知れません。

航空関係でもう一つ

数年前に見かけたのですが石垣から宮古のチケットが手でもぎる古いタイプのヤツだったんです!
形は南西航空のころのままだったので感動!
座席をシールを貼って指定してあるんですよ〜
すごくないですか!?

私の推測ですが、、、
これは石垣ー東京などの本土便の場合に今の機材では一度どこかで給油しないといけないためによく宮古経由→東京行きとかになると宮古までの人、宮古から搭乗する人といるためチケットが昔スタイルのもぎりタイプになってるようなんです。(たぶん)
なので、石垣新空港の運用が始まると今より大型機が発着可能となり路線の変更→もぎるチケットは幻となるような気がします。
だからなんだって感じですが、、、航空機好きなサトシさんならもしかして興味あるかも?と長くなりました。。。

私の思い入れが強すぎて他の方にはあまり興味ないかもなのにこんな長文で失礼しました(汗)
今後は長文で邪魔しないようにしますので今回はお許しください。

沖縄のこととなると熱くなりすぎるウチナ〜ンチュです。
たぶん郷土愛No1も沖縄でしょう!

沖縄の島々は日本一周という目的(最南端、最西端)からも写真や熱帯魚が趣味のサトシさんには本当にお勧めです。
そして今なら航空関係も、、、古い空港、建設中の空港に練習場と航空関係好きなら楽しめないでしょうか?

今回無理でも近いうちにぜひ!
沖縄の島旅をご検討くださいませ。











管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
旅14日目 「せーふぁうたき」

夜中にも警備の人が見回りに来たみたいだ。
シュラフに包まっているだけのオープンな状態だけに、そんな少しの足音でも反応してしまった・・・

ブログ241昨夜はこんな感じで寝ました。^^;

風が吹くと首もとが寒かった。
しかし、これで丸くなって寝ていると前みたいに寝違えをしそうだ・・・

朝、目覚めると日の出前の薄明かりの中にもかかわらず、
散歩をしている人が何人も公園にやってきた。
寝ぼけ顔でトイレまで歩いていると挨拶をしてくれるのだが、はっきり答えられたかあまり記憶にない・・・。

8:00 公園を出発。
国道を南下して、今日は島の南に位置する平和記念公園まで行けたらと思う。

ブログ248民家の屋根にはかわいいシーサーが♪ 子供たちの手作りだろう。

多くの家の門や屋根の上にはシーサーが見れた。

手作りの物もあっていろんな顔をしている、そんなシーサーの写真コレクションをするのもいいかも。
古い家だけでなく、新しい家先にもシーサーが置かれ、伝統がしっかり受け継がれていた。


1時間程走った先のコンビニでパンを買って朝食。
健康にと、豆乳を飲むが失敗であった、もう買わない・・・

途中、自分が走る自転車を見て、幼稚園ぐらいの子供が嬉しそうに走ってついて来た・・・
母親は「危ない!」と怒鳴って呼んでいた。

ブログ246

のんびり景色を眺めながら走っていると、後ろから自転車の音がした。
先に行ってもらおうと振り返ると、その自転車にもサイドバックがつけられ旅人とすぐにわかった。

少しの間、並走しながら話をした。
東京から来た島野さんといい、沖縄と離島などを巡りながら4月まで走るそうだ。
荷物が自分の半分ぐらいでうらやましかった。

同じペースでついていける自信がなければ島野さんには先に行ってもらい、自分はあざまサンビーチに寄り道することにした。

ブログ247
あざまサンビーチ

何人かの人がいたが海開きは4月からで、子供たちが砂遊びをしているだけ。

トイレを済ませれば出発するつもりであったが、なぜかヤギとミニ豚がいた・・・
かなり人懐っこく、自分の帽子に興味があるみたである。
油断するともっていかれそうになった。

この先からかなり勾配がきつくなった。
上りきると「知念岬は左へ」と、矢印があった。
しかし、岬ならさらに坂があるのではと思い、そのまま真っ直ぐ進むことにした。
すると背を向けた知念岬の方向から「おーい」と声がした。

・・・さっきの島野さんだ。
知念岬には行かないのと聞かれて、なかなか良かったことを教えてくれた。
そうして向かうことにした知念岬なのだが、これが本当によかった。
坂を殆んど上ることなく着くことができたし、島野さんには感謝するばかりだ♪

ブログ243知念岬

そしてこの岬のすぐ近くにある斎場御獄に到着した。

ちなみに”斎場御獄”と書いて”せーふぁうたき”と読むらしい。
鳥野さんとも先ほど、「あそこに行くよね!?」
「えぇ、あそこに行きます。」なかんじで話し合っていたほどだ。^^;

駐車場の片隅に置かれた島野さんの自転車の横に停めて自分も中へ。

ブログ244奥が島野さんの自転車

世界遺産だから入場料は高いのではと思ったが、意外にも200円と良心的であった。

中に入ると、ちょうど見終えて出てきた島野さんと出会い話をする。
島野さんは自分が今日の目的地である平和記念公園をさらに越えて那覇市内まで行くという。
自分には出来ないハイペース。
一緒に出来そうにないことを伝え、またどこかで会えればとそう言い合って別れた。

少しばかり山道が続くため、けっこう歩きにくい。
この斎場御獄は大きな岩同士がもたれかかって三角形の隙間をしたトンネルが見所であれば、沖縄一の神聖な場所だそうであるが、正直よくわからなかった・・・。^^;

ブログ250斎場御獄。この隙間をくぐると参拝所がありました。

ブログ251

ここは、ありがたい・・・のかな・・・?
なんて思いながらも、無事に日本一周ができることを祈っておいた。

斎場御獄をあととし、この日の最終目的地である平和公園へと走らせた。
このあたりから結構アップダウンの連続する道のりに苦労させられている。
島野さんはもう平和公園に到着した頃だろうか、そんなことを考えていると、後ろからまた重装備の自転車に追いつかれる形で出会った。
それは島野さんではなく、自分と同じく重装備でさらには見覚えのある自転車!
どこかで見覚えのある自転車だなと思えば、道の駅「ゆいゆい国頭」で見かけた自転車であることがわかってびっくりである!
自転車を道の駅で見かけたときは話すことが出来ないまま、まさかここで出会えるとは思ってもおらず嬉しいばかり♪
今日は旅人との出会いについているのだろうか。

この方は自分と同じく大阪から来た高谷さんといい、自分と同じく日本一周の旅をしていて、初めて見たとき、そのカバンの傷から旅の長さを感じたが、すでに8ヶ月も旅しているそうである。
残す山陽(瀬戸内)を走って大阪に戻れば日本一周のゴールだという。
驚いたことに、昨日までの数日間は焼き鳥やでバイトをしていたそうで、まさに旅人!
旅人とは何人か会ってきたが、なによりこうして同じ日本一周のチャリダーと出会うのは始めであったので嬉しかった。
彼も、久々に重装備の自転車を見たといっていた。

自分の今日の目的地が平和記念公園だと伝えると、
彼もその先の道の駅で野宿するつもりだったらしく、一緒に走行することにした。
しかし、アップダウンの多い道のりにどうしても高谷さんに後れを取ることがおおく、差を見せつけられた気がした。

PM4:00 平和記念公園に到着。
そこには島野さんの自転車があり、ちょうど資料館から出てきた島野さんと出会い、なんとも不思議な旅人3人集合であった。

~の道の駅はいいとか、~の宿がお勧めなど。
旅の参考になる話が聞けて本当によかった。
旅を始めたばかりなので、自分が胸を張って教えることがなく残念である・・・^^;

そして記念碑を見て回る。
そこは日本人だけでなく、英語でも名前が書かれていて、戦争で亡くなった全ての人の慰霊碑があった。
沖縄が戦争の激戦地であることを教えてくれる、証人であった。

ブログ245沖縄平和記念公園

本来ならこの辺りでテントを張れそうな場所を探すつもりであったが、せっかくなので高谷さんと一緒にこの先に進むことにした。
那覇市内に続く国道331を走る。

そんな途中にある、ひめゆりの塔には5時前にやってきた。
ここも、戦争で亡くなった人を奉るところであった。
花壇には多くの花が供えられている。

ここで、小学生の団体の後に付き、ガイドさんの解説を聞く。
先ほどの平和記念公園でもそうだが、高谷さんは慰霊碑の前で手を合わせる礼儀正しい人だ。

ブログ253奥が高谷さんの自転車。
麦わら帽、後輪のサイドバッグにはひょうたんがつけてある。


PM5:10 キャンプを予定していた道の駅「いとまん」に到着。

お土産店やフードコートがあり、広い駐車場のどこでもテントを張ることは出来そうだが、道の駅が閉まるまで待たなければならなかった。
夕暮れまでは時間があり、そこで提案があったのがネットカフェで泊まること。
ナイト料金があって、格安で長時間滞在できるため高谷さんはよく宿代わり使うそうだ。
携帯を使って簡単に近場のネットカフェをすぐに見つけ、そちらへ。

ブログ252

ちなみに、自分はネットカフェは初めてでさっぱり。

表の料金表を見ると、7時間10分で1500円とあった。
高谷さんによると、あまりいい条件でなければ、いいところでは8,9時間はいれるそうで、たしかに7時間は寝ることを考えると中途半端にも感じた・・・

それでも入ることにすれば、問題は7時間10分間のパックであるため、今から入ると夜明け前に出ることになってしまうことだった。
そのため時間つぶしをすることにして近くにあったモスバーガーで話をしたり雑誌を読んだりして時間を潰し、そんな彼とは自分より歳がひとつ下とあって、懐かしい話で盛り上がっていた♪

そうすればあっという間に夜の11時となりネットカフェへ。
高谷さんの助言のとおり、フラットタイプの座敷を選んだ。

ブログ254初めてのネットカフェです♪

簡単な個室の床には、少し弾力のあるマット。
また足を延ばして眠るには十分の大きさであった。

旅先では小さな画面のパソコンで、またなかなか通信が遅くストレスを感じていましたが、ネットカフェの大画面でしかもスイスイ~♪
ドリンクは飲み放題で種類もそれなりにあり、またソフトクリームも50円!
料金箱に50円を入れて自分でコーンにのせるセルフであれば、真横にカメラが見張っていてあまり悪さはできないのだが、これでもかというぐらいに思いっきり乗せてみた。^^;

ちなみに食事も別料金を払えば注文でき、ネットカフェなかなかいいかも♪
ただ、もっと満喫するべきだったのだが、疲れていたこともあって少しばかりテレビやネットをし寝ました。
かすかに聞こえる音楽と光が鬱陶しいどころか、心地よいほどだ。
ネットカフェ、なかなかいいかも。
これからも、利用しようかと思う♪

ちなみに、明日には那覇市内に入れることだろう、そうすれば沖縄一周となる。
次に向かう離島のことも考えないと・・・


現在地



走行時間 5:49[h]
走行距離 79,92[km]
平均速度 13,3[km/h]
最高速度 44,0[km/h]

積算走行距離 588,7[km]


3月28日 おしまい。

[2011/03/30 23:47] | 沖縄
トラックバック:(0) |

No title
touson
その装備で早くも沖縄本島一周ですか!!早いですね(^^)

この先の離島、何処から廻られるのかな?とても楽しみにしてます(^o^)/
自分もいつかは行ってみたいなぁ・・

No title
なっつん
はじめまして!いつもブログ更新楽しみにしています☆

先週ちょうど沖縄出張でしたので、サトシさんのブログを参考にさせていただきましたv-341
「備瀬フク木並木通り」が特によくて、サトシさんのおかげで楽しい~
と言いながら観光してました!

福岡に来る時を楽しみにしていますv-411

tousonさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

沖縄の坂はまだやさしい方だと聞いたので、これから本土に入ったときが不安ですよ~
装備もいらないものは外していこうと思ってます。

なっつんさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

こんなブログでも見てくれてうれしいです!
フクギ並木に行ってきたのですね~

福岡は自分も楽しみの街のひとつなんですよ!


コメント:を閉じる▲