ただいま~♪
7:15 目を覚ます。

vvvDSC00316.jpg

久々の布団なので、たまっていた疲れがラクになった気がするかも。

しかし、こうお世話になっていると、
再びキャンプ生活に戻るのが憂鬱になるかな・・・

まだ斉藤さんは別の部屋でまだ寝ているようなので、どうしようもない。
自分ももう少し寝ることに・・・

その後、テレビを見てしばらく過ごす。

テレビなんて旅をしているとそう見れるもんじゃないから、目新しいCMばかりだ。
CMまで楽しめる。(笑)

ずっとエアコンをつけていては申し訳ないかもと一度は切るけど、
すぐに部屋の中は暑くてガマンできないほどだ。 (> <)

たまらず、再びエアコンのスイッチを入れてしまう・・・
今日も暑い日になりそうだ。(> <)

その後、斉藤さんが9時過ぎに起きてきた。


10:00 お世話になった斉藤さんの家を出発!

突然お邪魔して、本当によくしてもらって申し訳ないかんじかも。
最後まで手を振って見送ってくれたよ。(>_<)/

せっかくの休日をすみませんです。(> <)

数キロ走った先のコンビニで朝食に。
ここで、先ほど斉藤さんから貰った日焼け止めをぬってみる。
男性用のひんやりと冷たいものだ。
けっこう気に入ったので、これからはこれを買おうかな。

国道156号線を進んでいく。
高岡市街に入ると路面電車が走っていた。

vvDSC05432.jpg

モダンな車両で、なかなかカッコイイと思う。

ここから国道8号線へ。

vvDSC05437.jpg

お昼ごろになって、コンビニのポプラを発見!

ポプラのお弁当は本当に大盛りだから大好きなのだ。 (>_<)/
お弁当に関しては、他の大手コンビニよりもずっといいと思う。

ここでお昼ごはんにしようと思ったけど、あと数キロ走れば道の駅だ。
そこの道の駅で食べたい物があったのでポプラは寄らずに進むことにした。
ツーリングマップルにお勧めのB級グルメが載っているのだ。

このポプラを通り過ぎる時、駐車場から自分を呼ぶ夫婦がいたり。

わざわざ走りながら駆け寄って、アクエリアスを3本も差し出してくれた。
買ったばかりみたいで、まだそれは冷たかった。

vvvDSC00318.jpg

どうもです! (>_<)/


12:30 道の駅「カモンパーク 新湊」に到着。

vvDSC05438.jpg

日曜日とあって駐車場は車でいっぱいだ。

店中も多くの人。
で、ここの道の駅は白海老づくしだったり。
物産館を覗けば、白エビカレー、白エビせんべい、白エビアイスなどなど、
まさにエビ尽くしだね。(笑)

適当にある試食をつまんでいったり。(笑)

白エビせんべいがおいしく家族に送ってあげたかったけど、
まだパンフレットがたまっていないので荷物を送る予定はまだ先だ。
ずっと持ったまま走るのもしんどいので、諦めることに・・・

で、自分がここで食べたかったのが、この白エビバーガー!
vvDSC05444.jpg


食堂も大勢の人で、食券1枚も買うのにも一苦労だ。

vvDSC05443.jpg

vvvDSC00324.jpg

いいカンジ! (>_<)/
でも、これだけじゃ物足りないかな。

外の売店には白エビソフトとある。
無理やり感があるけど、気になるかも・・・

vvvDSC00334.jpg

あまりエビとは分からないかんじだったかな。(笑)
しかし、これでお腹は膨れたかも、先へ! 


このまま真っ直ぐ進んでもいいのでけど、
この辺りに県営の渡船があり、しかもそれはタダだそうだ。

渡船に乗らなくても進むことはできるけど、面白そうじゃないかな。
わざわざ寄り道してまで、渡船乗り場に向かうことに。(>_<)/

vvDSC05451.jpg

渡船乗り場に到着すると、誰もいないかんじ・・・
営業しているのか心配になるほどだ。

時刻表を確認すれば1時間に4本と以外に多かった。

しばらくして渡船が向こう岸からやってくる。
向こう岸はしっかり見えている距離だ。

vvDSC05469.jpg

誰もいなかった乗り場も、船が来る時間には何人か来ている。
それなりに需要はあるみたいだね。

わんこも。
vvvDSC00339.jpg

vvDSC05480.jpg

わずか5分の船旅~ (>_<)/

その後は、ひたすら海岸線を走っていくことに。
途中から自転車道もあり、海岸沿いの快適な道だ。

vDSC00091.jpg

途中、いくつかのキャンプ場を横切るけど、千円以上とそれなりの値段。
家族連れの人が楽しむもので、一人には適さないところかな。

キャンプ代はテント一張りの値段だったので、
彼ら家族4人が大きなテント一つでいるところを、
自分一人で小さなテントが同じ値段を払うのはどうしても納得がいかない。

vvDSC05485.jpg

この先に道の駅があるので、進むことに。(>_<)/

vvDSC05488.jpg

道の駅付近に来ると屋台が道に並んでいたよ。
どうやらこの辺りで花火大会とお祭りがあるみたいだ。
自分も道の駅を確認してから、お祭りを少し楽しもうかなと思ったり。(笑)

5:20 道の駅「ウェーブパークなめりかわ」に到着。

で、道の駅について唖然・・・
祭りのメイン会場はまさにその道の駅だったよ!(> <)

vvvDSC00342.jpg

多くのお店に特設ステージまで。
とてもじゃないけど、ここで今夜野宿するのはムリだ・・・

慌てて地図を確認して、近くにテントを張れそうな場所が無いかを探す。
道の駅はないけど、幸いこの先にキャンプ場があるみたいだ。
しかも無料とある。
10kmほど走ることになるけど、ここしかないと思ったので向かう。

vvDSC05497.jpg

vDSC00093.jpg

途中コンビニを見つけたので、ここで夕飯の買い物。
もしこの先もお店が見つからなかった時を考えて、カップラーメンを購入しておいた。

その後は時間との戦いに。(> <)

何とか日没までにキャンプ場に到着したいと、必死に自転車をこいでいく。
暗くなってしまってからの到着だと周りの状況が分からず、
色々と苦労させられるのは目に見えているからだ。

vvDSC05520.jpg

vvDSC05522.jpg

日が暮れる~!! (> <)

7:40 「グリーンパークおおしま」キャンプ場に到着。

vvvDSC00350.jpg

「必ず受付を済ませ、指定の場所でテントを張るように」との注意書きの看板があるが、
自分が到着した時には、すでに管理棟は閉まっていた。

まぁ無料のキャンプ場だし、そう気にすることはないかも。
少し気になるのは、目の前が墓地だということぐらいかな・・・

海に面した松林の中にあるキャンプ場で、月明かりが届かない暗いところだ。


しかし、連休のなか日とあって、多くの人で賑わいを見せていた。
テントはざっと見て20張りはあるだろうか、
子供達のはしゃぐ声が聞こえてくるし、
あちらこちらで楽しそうにバーベキューを楽しんでいる。

そんなわけだから、皆大型テントの家族連れの方だ。
少し、寂しくなるかも・・・

そんな中、バイクで来ている唯一ひとりの方がいたので、
そのおじさんのテントの横に自分も張ることにした。

とりあえず一通りの作業が終わって、そのおじさんと話していたり。

おじさんはこの休日を利用して、東京からバイクで来ているそうだ。
昔は自分のように自転車で日本一周をしたそうで、
今はこうして数十年前の当時自転車で走った道を辿っているそうだよ。
「よくこんな坂を上がったな~」と、懐かしく思うとか。

過去の旅を辿る旅・・・

それは絶対に楽しそうかも。(>_<)/


昔はコンビニも道の駅も無かったので、今以上に自炊やテントを張る場所にに苦労したことや、
楽しかったことを自分に懐かしげに話してくれた。


夕飯はカップラーメンで済ますことに。

vvvDSC00351.jpg

遠くでは、先ほどの道の駅のお祭りの花火の音が聞こえてくる。
松林のため、花火を見ることはできなかったけど・・・



走行時間 5:24[h]
走行距離 71.7[km]
平均速度 13.2[km/h]
最高速度 28.4[km/h]

積算走行距離 5298.3[km]

天候:晴れ
体調:良好


7月17日 おしまい。
vvvDSC01665.jpg



現在地:「グリーンパークおおしま」キャンプ場 (富山県黒部市)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/

スポンサーサイト

[2011/08/17 06:57] | 富山
トラックバック:(0) |
7:45 起床。

vvDSC05372.jpg

少し寝坊してしまった、二度寝だよ・・・ (> <)

やはり山奥だからだろうか、今朝はそれなりに気温が低下。
朝になって枕にしていたシュラフを広げて包まって寝ていたり。

今日は土曜日とあって、朝から次々にとこの道の駅に車がやってくる。
まだお店は開いていないけど、バイクの人達など、それなりに人が来ている。

急いでテントをたたむことに。

この辺りには虫が多いので、テントをひっくり返して念入りに確認。
フライシートの裏に、蛾やクモがひっついているのだ。


8:50 道の駅を出発。

山を下る前に、白川郷で買ったお土産などを実家に送りたかったので周辺をぶらつく。
郵便局は休みだったけど、すぐに宅配便を扱っている商店を見つけた。

おばさんにダンボールは無いですかと尋ねると、
「あるときは馬鹿ほどあるんだけどね~」と困った様子で店内を探し回ってくれる。
結局は見当たらなかった。
どうやら最悪のタイミングで来てしまったようだ・・・

その後、おばさんは外に出て行きしばらく待つことに・・・
どうやらお隣さんからダンボールを貰ってきてくれたよう。

わざわざ、すみませんです・・・ (> <)

店の前で箱にたまったパンフレットやお土産をつめていく。
最後はおばさんが少しでも送料が安くなるようにと、
余ったスペース分までダンボールに切り込みをいれ、上蓋をさらに低くしてくれる。

いつもゆうパックなら1000円もするところを、
今回は640円で送ることができたのだ。

色々と親切にしてくれて感動かも。 (> <)


出発前にコンビニでお茶を購入。
行きに飲み物が足りずに苦しんだぶん、今回は2リットルも用意してみたり。

今回は万全なのだ。(笑)

vvDSC05376.jpg

再び昨日寝泊りした道の駅「上平」に寄ることに。
まだ、ここのスタンプを押していなかったためだ。
ここにもバイクの団体さんがいたり。

その後はトンネルの連続。(> <)

いちいち、自転車の後ろに回ってテールランプをつけたり消したりするのが面倒なので、
つけっぱなしにして走る。
vvDSC05381.jpg


vvDSC05388.jpg


ちょっと寄り道・・・

11:20 管沼合掌集落へ。

vvDSC05391.jpg

vDSC00068.jpg

ここも白川郷と一緒に世界遺産に登録された合掌集落だ。

白川郷ほど大きくは無いけど、せっかくなので見ていくことにしようかな。
駐車場から集落へとエレベーターがあるし、防犯カメラもついている。

意外にハイテクなのだ。(笑)

ここで湧き水で冷やされたラムネを飲んでみたり。
vvvDSC00288.jpg

冷たくておいしい! (>_<)/

お土産店も覗いてみたりしたよ。
これらは全て、この村のおばあちゃんの手作りだそうだ。

vvvDSC00285.jpg

vvvDSC00276.jpg

本当によくできていると思った。


しばらくゆっくりと・・・
って、のんびりしていたら、今日中に山を出られないので先へ!

vvDSC05393.jpg

vvvDSC00298.jpg


自分は結局、白川、相倉、そしてこの管沼集落を見てきたけど、
一番最初にみた相倉集落が一番気に入ったかも。
小さな集落だけど、そこは昔のままってかんじだ。
観光地化を抑制しているのか、ただ他に負けているだけかは分からないけど。(笑)

vvDSC05398.jpg

せっかくなので行きとは違う道を選択して山を出ることにしようかな。
もう行きに通った3kmのトンネルはうんざりなのだ。

と言うことで途中から国道156号線へ!

vvDSC05401.jpg

と言っても、こちらも坂がキツイかんじだ。(> <)
加えて暑さが本当に応えるかも。

「・・・・」
vvvDSC00305.jpg

北海道に入るまでにベルでも買っておかないと・・・


1:15 道の駅「たいら」に到着。

vvDSC05402.jpg

着いてすぐに冷たいジュースをいっき飲み。
もう、ぬるいお茶じゃ物足りないかんじだ・・・ (> <)
  
物産館を覗けば、和紙を使ったお土産が並んでいたよ。
隣では和紙作りも体験できるとかだそうだ。

vvvDSC00307.jpg

店から出ると、一人のお兄さんが声をかけてくれた。
自転車の旅人と知って驚いたよ、ここで会うとは思ってもいなかったからだ。

vvvDSC00311.jpg

彼はシオさんといい、福岡から来たそうだ。
旅して1年が経つそうで、四国のお遍路めぐりやバイトなどもしていたそう。

それはなかなかすごいかも・・・

タバコの葉を少量取っては紙に詰めて一本づつ自作していく。
その姿は、まさに旅人ってかんじだ。

ちなみに、彼も自分が5日前に野宿した道の駅「すずなり」でテントを張ったそうで、
自分のことはそこの道の駅のスタッフから聞いたそうだ。

彼に、「もしかして沖縄から上がってきた人ですか!?」と聞かれて驚いたよ。

ここでしばらく話など。
久々の旅人との話しなので、普通にうれしかったかも。

シオさんからこの先の道を尋ねる。
話していて分かったんだけど、行きに自分が走った国道304号線は相当キツイと聞いたそうで、
今走って来た道に避けてきたそうだ。

つまり、自分は一番大変なコースを通ってきたことに。 (> <)

なんか馬鹿みたいだ・・・


この先は富山市街までメチャメチャきついわけではないそう。
それを聞いて少し元気がでたかも。(>_<)/

彼はこれから白川郷に向かうのでお別れに。

お気をつけて! (>_<)/


ちなみに、彼の走り方は朝早くから4時間走り、暑いお昼は昼寝、
そして涼しくなってから日没まで再び4時間走るとか。
確かに、暑い夏にはいいリズムかもしれない。

参考にしようかな・・・・


3時過ぎにこの道の駅を出ることに。

その後はアップダウンがあるものの、
この道は確かに行きに走った国道304号線よりかは断然ラクかも。

3kmのトンネルもないしね。(笑)

vvDSC05407.jpg


川沿いに延びる道を走ること一時間ばかり、ようやく山を抜けられた。
正直、安心したかな。(笑)

4:35 道の駅「庄川」に到着。

vvDSC05412.jpg

ここで野宿と思ってこれまで走ってきたけど、まだまだ走れそうなかんじ。
この道の駅は一面がアスファルトの広場でテントも張りにくいかも。
もう少し走れば道の駅があるので、進むことにした。

スタンプだけ押して、この道の駅を後に・・・

やはり、平坦な道が一番だね。(>_<)/
vvDSC05418.jpg

vDSC00074.jpg

街だ~!! (>_<)/

5:45 道の駅「フラワーランドとなみ」に到着。

vvDSC05426.jpg

ここまで来ると、辺りはマクドやコンビニなど賑やかなかんじだ。
お風呂も近くにありそうなので、観光案内所に尋ねてみたり。
ここの人が色々と親切にしてくれて、ゆずジュースまで頂いたり。(>_<)/

お風呂はここから10分ほど走ったところだった。
考えてみれば、5日ぶりのお風呂だったり・・・ 

念入りに洗って1時間以上はいたかな。(笑)
さっぱりした~!! (>_<)/

その後はマクドに行き、しばらくは日記やブログなどの整理に当てる。
カウンター席にはコンセントがあり、先ほどの道の駅で寝るつもりだったので、
ここに遅くまで居座ることにしたよ。

道の駅に戻る前にコンビニでパンなど買う。


その後、走っていると車から声をかけてくれる人が。

それは、先ほどのコンビニの駐車場でで少し話をしたおじさんだった。
自分のためにわざわざ戻ってきてくれたみたいだ。
しかも、今夜うちに来るかと言ってくれたよ!(>_<)/

家はここからすぐ近くみたいだ。

おじさんが運転する車の後を追うように走る。
車もほとんど通らない遅い時間なので、道路の真ん中を走って、
おじさんの車を見失わないように必死にこいだり。(笑)

おじさんは一人暮らしだった。
アパートの部屋に上がらせてもらったら、目に付くのが大きなテレビだ。
ものすごく大きく、50インチぐらいはあるのかな・・・

何でもこのパナソニックに勤めていて、近くに工場があるそうだよ。


夜はエアコンのきいた部屋で寝させてもらうことに。
久々にぐっすり眠れるかも。(>_<)/
vvvDSC00313.jpg


なんだかすみませんです。 (> <)





走行時間 4:47[h]
走行距離 70.5[km]
平均速度 14.6[km/h]
最高速度 49.0[km/h]

積算走行距離 5226.6[km]

天候:晴れ
体調:良好


7月16日 おしまい。
vvvDSC01620.jpg



現在地:斉藤さんの家


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/



[2011/08/14 23:32] | 富山
トラックバック:(0) |
6:30 起床。

vvDSC05190.jpg

昨夜もらったベビーカステラなどをつまんで朝食に。
かなり頂いたたので、それなりにお腹は膨れたかも。

昨夜一緒に飲んだ人たちに挨拶をして、ここを出ることに。
彼らも道の駅の駐車場で車泊していたのだ。

本当に楽しかった夜かも。


8:00 道の駅を出発!

今日は世界遺産のは白川郷を目指して、ひたすら内陸に進むよ! (>_<)/
白川郷は旅前から楽しみにしていたところの一つ。
なので、時間がかかっても絶対に寄り道したかったのだ。

といっても相当山奥みたいなので、少し緊張・・・

vvDSC05191.jpg

これまでの国道160号線から国道8号線にに入ると、
金沢まで延びるルートだけに賑やかな通りになってきた。

vDSC00006.jpg

この先に道の駅があるみたいだ。
こんな賑やかなところにある道の駅も珍しいかも。


9:27 道の駅「万葉の里高岡」に到着。

昨日から富山に入ったという実感が無いままだったけど、
お土産を見ていると富山に来たと感じたり。

vvvDSC00142.jpg

vvvDSC00141.jpg

「あぁ、ここは富山なんだな~」 ってかんじだ。

スタンプを押して、適当に店内を覗いてみる。
パソコンコーナーがあったけど、今は使わせてくれなかった、残念・・・

ジュースを飲みながら休憩室で少し休憩に。


さぁ、先へ! (>_<)/

地図で見ればこの辺りにはいくつも道の駅が見られたり。
さすがに全てを寄っている時間はないけど、できるだけ行ってみたいかな。
道の駅のスタンプも集めたいし。

ここで気になる道の駅が。

なので、少し予定のルートを外れるけれど向かうことにしよう!


10:55 道の駅「メルヘンおやべ」に到着。

「メルヘン」とあったのでどうしても来たかったのだ。(笑)
で、シンデレラ城みたいなメルヘンな建物かと思いきや、普通の道の駅・・・

何でもこの辺りの小学校や中学校がメルヘンだそうだよ。

写真が飾られていて、見れば日本じゃないような建物だ。
確かに、ヨーロッパを思わせるかんじかも。

ここの学生が羨ましくなったり。(> <)

ここでバラソフトを食べてみることに。

vvvDSC00146.jpg

バラなんてメルヘンなソフトクリームかも。(笑)
ほのかにバラの香りがするけど、味はバニラってかんじかな。


途中のコンビニで昼食に。

バランスを考えてサラダを食べることにした。
なかなかいいかも、これからは昼食はコンビニでサラダにしようかな。
旅をしていて、絶対に野菜を食べる機会が減ったと思う。
いつも飲んでいる野菜ジュースだけじゃ、補えないだろうし・・・

vvDSC05200.jpg

vvDSC05199.jpg

なんか、背の高いタワーが見えたよ!

時間があったら上っていたかも。
先を急がないと白川郷につかないのでパスかな、残念・・・ (> <)
vvDSC05195.jpg

その後もコンビニを見たらついつい寄ってしまう。
どうしてもアイスが食べたくなってしまうのだ。(笑)
vvDSC05201.jpg

vvDSC05198.jpg

vvDSC05197.jpg

2時半ごろになって、いよいよ山に入っていくかんじ。
見れば白川郷と書かれた看板が山道に続いている。

vvDSC05205.jpg

ドキドキしてきたよ。(>_<)/

幸いにも、強い日差しは雲に隠れて暑さはましかも。
一生懸命こいで坂を上っていく。

予想はしていたけど、やはりものすごい坂だ。

どんどん上らされる。(> <)

2車線を使い、大きくS字を描くように上っていく。
そうでないと、とてもじゃないけどムリだ。
車が来ると真っ直ぐ走るの繰り返しで頑張ることに。

後ろを振り返ればこんな景色。
vvDSC05207.jpg

どこまで上らせるのだろう・・・

途中、パーキングスペースで休憩することに。
vvDSC05208.jpg

vvDSC05210.jpg

いい眺めだけど、この先さらに上がっていくみたいだ。(> <)

石のイスがあったので座って休もうと思ったけど、
日差しで暑くなっていて座ることはできない。


で、少しピンチかも。

飲み物のお茶が無くなりかけてきた。 (> <)
暑さもあり、ぬるいお茶じゃ物足りなくガブガブ飲んでしまったみたいだ。
もう残りわずか・・・

予想以上に飲んでしまい、どこかで補給したいところ。
てか、無いと死んじゃうかも・・・

本当にやばくなったら、上ってきた坂を一気に下って街に戻るしかない。
けど、それは避けたいかも。
またこの坂を上がっていくなんて、考えてだけでもしんどいかんじだ。

そしてトンネルへ。
vvDSC05214.jpg

なんと、看板を見てびっくり!
全長が3072m!!

vDSC00008.jpg

こんな長いトンネルは初めてだよ、白川郷までの道は険しいかも。(> <)

中もものすごく暗い。
テールランプをつけているけど、車が気づいているかが心配だ。
vvvDSC00156.jpg

でも、中が涼しいのは助かるかな。

vvDSC05217.jpg

どんどん山奥へ。
車も殆ど通らないし、なんだか怖くなってきた・・・ (> <)

そして世界遺産の看板が!
vvDSC05223.jpg

少し感動かも。(>_<)/

この近くに自動販売機のあるパーキングスペースがあった。
助かったかも。(>_<)/
ものすごく喉がかわいていたので、ジュース2本も飲んでしまった。(笑)

空き缶入れが無いので、仕方が無く自転車にくくりつけて走る。
「ゴミは持ち帰りましょう」とあるけど、売るだけ売っていうのも・・・


その後、大きなS字を描くように道は下りに
途中の大きな看板には、「世界遺産 相倉合掌集落」の文字が! (>_<)/

vvDSC05228.jpg

世界遺産に登録されたのは白川郷だけじゃなく、いくつかの合掌集落があるみたいだ。
もちろん寄って行くよ! (>_<)/

なんか、少し元気がでてきたかも。


4:50 相倉合掌集落に到着!

vvvDSC00159.jpg

のどかな集落かも。
表に三輪車が散乱した民宿とか、本当に民家に泊まるかんじかも。(笑)

集落の前には大きな駐車場があり、お金も取っているみたいだ。
自転車も払うのかが分からなかったけど、受付のおじさんはこちらに来ないのでいいのかな。
平日の夕方とあって、ほとんど観光客はいなかったよ。

村を見て回ることに。

vvDSC05245.jpg

vDSC00010.jpg

時間がゆっくりと流れているかんじかも。
いたるところで湧き水が出ていて、水の音があちこちで聞こえるよ。

とてものどかなかんじだ。

vvDSC05258.jpg

お土産店が数件と、民宿、後は普通の民家だった。
スーパーなんかは見当たらないので、ここの人はどうしているのだろうか・・・

「合掌造り」とは屋根の形からそういうみたい。
冬には1mも超す水分の多い重たい雪が積もるので、
このように手のひらを合わせたようなキツイ傾斜をしているそうだ。

ここ相倉集落には23棟の合掌造りがあったよ。

その多くが、100年から200年前に造られたもので、
古い物は江戸時代末期のものだそうだからびっくりだ!

vvDSC05230.jpg

vDSC00037.jpg

ゆっくり見ていたらすっかり時間がかかってしまったり。(笑)

予定していた道の駅「白川郷」はつけそうにないかも。
それまでにも道の駅があるので、そこを目指すことにしよう。
それでも日没につけるかは怪しいところだけど・・・

すこし、この合掌集落の観光客用の駐車場で寝ようかとも思ったけど、
絶対に怒られると思う・・・

vDSC00016.jpg

vDSC00017.jpg

先へ!

その後は川沿いに沿って延びる道に。
そうアップダウンがあるわけではないけど、足がすでに相当疲れているのかな、
しんどく感じて、なかなかスピードがのらない。(> <)

vvDSC05270.jpg

お腹もすいたけど、山間の家々がまったく見当たらないところ。
街灯も無い道なので、日没までになんとか道の駅に着きたいと気持ちが焦る。

薄暗い山々にに数多く見られる大きな電線塔が不気味・・・
こういうのは自分は苦手だ。 (> <)


ようやく集落に入る。
ガソリンスタンドもあり、少しは町かも。
少し安心するね。(笑)

ここで商店を発見! (>_<)/
vvvDSC00161.jpg

7時をすぎて開いているとは思わなかったかな。
お腹がすいていたので、パンや牛乳を買い店の前で食べる。
自炊も面倒に感じたので、カップラーメンを買っておいた。

その先にようやく道の駅。


7:15 道の駅「上平」に到着。

vvvDSC00162.jpg

少しくたびれたかんじ・・・

すでにお店は閉店して、不気味ささえ感じるほどだ。
誰もいないかんじ。

テントを張る場所を探すけど、最適な場所はないかも。
それでも、施設の前辺りで張ることに。
駐車場だけど、だだっ広いので車がここに止まることはないだろう。

湧き水かな。
トイレの水は、蛇口を全開に回してもチョロチョロとしか出てこないけど、
ものすごく冷たい水だった。
タオルを濡らして体を拭くと、冷たさのあまり心臓がキュンとなるほど。

でも気持ちがいいかも。

夕飯にカップラーメンを作って食べる。。

それにしても、ものすごい虫の数。
夕飯を終えると直ぐにテントの中に避難。

夜も、大きな虫がテントにボコボコ当たってくる。 (> <)

vvvDSC00165.jpg


明日はいよいよ白川郷!



走行時間 6:41[h]
走行距離 82.4[km]
平均速度 12.3[km/h]
最高速度 59.1[km/h]

積算走行距離 5135.7[km]

天候:晴れ
体調:良好


7月14日 おしまい。
vvvDSC01478.jpg



現在地:道の駅「上平」(富山県南砺市西赤尾町)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/



[2011/08/11 11:33] | 富山
トラックバック:(0) |
6:30 起床。

vvDSC05126.jpg

今朝はあまり食欲が無いかも。
それでも昨日のご飯と魚のフライが残っている・・・

お昼ごはんにしても、この暑さではそうもつとは思えないし、
もったいないのでムリしてでも食べることに。 (> <)
vvvDSC00111.jpg

でもおいしい。(笑)

8:45 道の駅を出発!

日に日にセミの鳴き声が大きくなっているのが分かるかんじ。
今日も本当に暑い日だ・・・ (> <)

走ること30分もすれば、「ツインブリッジのと」が見えてきた!
それなりに大きな橋かも、これを渡って能登島へ! (>_<)/

vDSC09986.jpg

vvDSC05135.jpg

能登島にはちょっと寄り道だよ。(>_<)/

島は車もほとんどいないし、とてものどかなかんじだ。

vvDSC05143.jpg

でも、少し坂がきついかな。(> <)
暑さもあり、木々の日陰を見つけては途中で何度か休憩に。

vvDSC05144.jpg

それでも、歩いて押すことはしなかったけど。

休憩しては走るの繰り返しに・・・


10:20 道の駅「のとじま」に到着。

vvDSC05151.jpg

大きな駐車場があり、中も広い土産店だよ。
人がほとんど見られないけど。

中はガラスのお土産が多く売っていたり。

vvvDSC00118.jpg

vvvDSC00117.jpg

見れば、この道の駅の目の前がガラス博物館だ。
宇宙船のような建物が見える。
横にはガラス作りの体験ができる施設もあるみたい。

ここでお茶を買いしばらく休憩することに。

のんびり日陰で座ってお茶を飲んでいると、
この暑さに坂の連続だ、出発する気もだんだんなくなってくるかも。

イヤイヤ自転車に乗り、ここを後に・・・


その後も坂が続く。(> <)

ちょっとこの島をなめていたかも。
アップダウンの連続に何度も足がついてしまう。(> <)

vDSC09990.jpg

長い下り坂をいっきに下ってみたり。
これで、気分も爽快なのだ。(笑)
なんと最高速度が58.2km/hを記録、これは過去2位の記録かな!

標識を見れば制限速度50とあったよ、すみませんです。(> <)

それにしても、本当にきれいな島かも。 (>_<)/
vvDSC05146.jpg

途中で道が工事されていて、全面通行止めに。
迂回をすることになったんだけど、ここから自分の位置が地図からはわからなくなってしまった。

走っても走っても海が見えてこない・・・

しばらくして、道を間違えていることに気がつく。 (> <)
県道47号線だと思って走っていたところは、農道だったのだ!
どうりで坂の多いはずだ・・・

結局、ちょっと寄り道のはずが、
この能登島に3時間近くもいてしまったよ。(> <)

先を急ぐことに!


能登島を出たところにようやくコンビニ。
お弁当を買い、そのコンビニの前にできた日陰で食べる。

だけど、目の前に停まっている車のエンジンの熱風がくる最悪のところだ。
エアコンの効いた車内で食事する彼らが羨ましい・・・

県道47号線から県道1号線へ。
ここから車の通りも多くなってきた。
vvvDSC00120.jpg

七尾市街に入ると、それなりの街に。

vvDSC05157.jpg

ここの港に道の駅があるので向かうことにしよう。


1:40 道の駅「能登食祭市場」に到着。

vvDSC05161.jpg

大きな道の駅かも、ここから観光船も出ていたよ。
出発を知らせるアナウンスがひっきりなしに流れている。

中はその名の通り市場みたいなかんじ。
そんなわけで、なんだか忙しないなんじだ。
vvDSC05163.jpg

vvvDSC00122.jpg

vvvDSC00124.jpg

売ってある魚介類はその場で食べさせてくれるみたい。

外には日本一大きな七輪があるよ。
vvvDSC00121.jpg

道の駅のスタンプを押し、お土産店を一通り覗いて出発することに。


漁港の前を走れば、魚を運ぶフォークリフト。
それに群がるトンビの数にびっくりだ。
後ろの鍋に入っているピカチュウが持って行かれないか心配・・・

国道160号線へ。

ここから海沿いに抜けるまでが大変に。(> <)
予想外の坂に苦戦なのだ。

海沿いいに出れば、道は平坦な走りやすい道になったよ。

予定よりも遅れているので、ここでペースを上げていくことに!
20km/hは維持できたかも。

vvDSC05165.jpg

そして道の駅が見えてくきた。(>_<)/

3:30 道の駅「いおり」に到着。

vvDSC05167.jpg

ここでウトウトと眠たいかんじに。 (> <)

あまりにも眠たいので、今日はここまでにしようかと思ったほど。
狭い道の駅なので、ここではテントは張れそうになかった。

これまでの坂の連続に、相当疲れたかも。
イスに座ったまま、なかなか出発することが出来ずにいたり・・・

その後、バスツアーの人たちと話して目が覚めたけど。

ここでは夜もテントは張れそうにないし、何とか次の道の駅まで行くことにしよう。


そして石川県から富山県へ! (>_<)/
vvDSC05169.jpg

新しい県に入る時はいつもこう嬉しいものかも。

特に景色がガラッと変わるわけでもないけど、
不思議と気持ちが切り替わるかな。


6:05 道の駅「氷見」に到着。

vvDSC05180.jpg

時間も時間なので、この道の駅で野宿することにしよう。

道の駅はすでに閉店していた。
駐車場を見れはキャンピングカーも見られるし、ここで車泊しそうな車もある。
自分一人よりも、こうした何人かと一緒のほうが安心なのでよかった。

ここに到着するとすぐに自分に声をかけてくれる人が。
なんでも朝に能登島で自分か走っているのを車から見たそうだ。
よくあんな坂を上れるねと、関心してくれる。
確かに、能登島は予想以上に大変なアップダウンのあった島かも。


ひとまず夕飯の買い物へ。
スーパーはなかなか見つからないけど、商店街に入ると賑やかなかんじだ。

vvDSC05182.jpg

お祭りがやっていたよ!  (>_<)/
もうそんな時期か~

せっかくなので見ていくことに。

vDSC00001.jpg

皆楽しそうだ。
そうした楽しそうにしている人を見ていると、自分も楽しくなるかも。

込んでいる中をこの自転車で通るわけにも行かないので、お店が並ぶ後ろを歩いていく。
後ろから見るのもおもしろいかも。(笑)
vDSC00003.jpg

vDSC09997.jpg


山車もそれなりの大きさだ。

vvDSC05186.jpg

それにしても大きいかも。
数百メートルにわたって屋台が並んでいる。

ここで色々な人が声をかけてくれ、色々とくれるよ。(>_<)/
ジュースは2回、アイスも頂くことに。

ここを何往復もすれば、夕飯はいらないかも。(笑)

その後スーパーに行き、半額のお弁当を買うことにした。
お米がなくなったので買おうかと思ったけど、一番小さなものでも2kgはある。
それなりの負担になるので止めておくことに。
というのも明日からは海岸線を離れて白川郷を目指すためだ。
随分と山奥で道もきつそうだ、出来るだけ軽くしていたかったのだ。

店の前に置いてあるベンチに座って、お弁当を食べてから道の駅に戻ることに。


道の駅に着くと、先ほど話したおじさんが声をかけてくれる。
うれしいことに、一緒に飲まないかといってくれるのだ。

車を挟んでテーブルが置かれていて、すでに7人ぐらいで飲んでいた。

それなくてもイスが足りていないようなのに、
テーブルの前に案内してくれイスまで空けてくれたのだ。
イスがない人や、テーブルから離れた所に座る人もいるので、
なんだか申し訳ないかんじかも。(> <)

vvvDSC00134.jpg

さっそく焼酎かビールかどちらがいいかときかれるけど、
自分はあまりお酒はあまり飲むことが無かったり。
焼酎にしたのは、自分のためにわざわざ缶ビールを開けてくれるのは、
なんだかもったいないと思ったからだ。

焼酎をウーロン茶に割って飲むことに。


で、色々な人が混じっているよう。(笑)

誘ってくれた夫婦の方は車で神奈川から旅行にきたそうだ。
そして今日、朝に能登島で自分が走っているのを見たそう。

今夜はこの道の駅で車の中で寝るとか。
他に、先ほどの祭りの団長さんや副団長さん。
なんか、色々な人を誘っているみたい。 (笑)

祭りの団長さんに、明日の祭りに参加しないかと聞かれるけど、
先を急ぐのでと断ることに。
何でも、みこしをぶつけ合う激しい祭りだそう。
毎年、警察もでてくる喧嘩があるそうだ。
内心、先を急ぐという理由よりも、その激しさにびびっているだけかも。

まだまだ飲み会が続きそうだったので、自分は11時に抜けることにした。
お土産にと、祭りで買ってきたベビーカステラやおつまみを多くくれる。

色々とすみません。(> <)

その後、テントの中に倒れこむように寝てしまった。

vvvDSC00139.jpg

明日から白川郷を目指すことに!
道しだいだけど、一日で着けるかな・・・

世界遺産なので楽しみだ。 (>_<)/


天候:晴れ
体調:良好


7月13日 おしまい。
vvvDSC01098.jpg



現在地:道の駅「氷見」(富山県氷見市中央町)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/



[2011/08/09 18:33] | 富山
トラックバック:(0) |

No title
夢見草
道の駅など、自分が見た記憶のある風景が写真になっていて面白く感じました。

魚フライは美味しいですね。自分はスーパーでおかずを買うときは、カボチャコロッケや白魚フライが多いです。

Re: No title
サトシ
自分も他の人の旅ブログを見ていて、本当に楽しいですよ!

自分が寄り損ねたところや、新たな発見がありますね。

魚のフライは自分も気に入りました!

では!(>_<)/

コメント:を閉じる▲