ただいま~♪
旅336日目  「古都平泉~♪」

AM 8:10 寝泊まりしていたネットカフェを出ることに。

n7DSC01726.jpg

今朝はかなりの寝不足気味。

小学生じゃないが、明日は世界遺産~
みたいなことを思っているとなんか寝れなかった。(> <)/
正直4時間も寝ていないんじゃないだろうか・・・

ねむい・・・
n7DSC01730.jpg

もうどっかの公園でテントを張って昼寝をしよう。
は、アホなんで眠い目こすり出発。

曇りの予報だったが、今朝はいい天気。
世界遺産を見るには申し分ない。

一関市街地。
n7DSC01748.jpg

ここ一関から平泉までほんの5kmほどの道のり、
すこし登りがあって息を切らして登った。
途中コンビニで朝食を澄まし、平泉には30分程で到着。

今朝の朝ご飯。
n7DSC01745.jpg

観光案内所でパンフレットを貰うため平泉駅へ。
n7DSC01766.jpg

n7DSC01779.jpg

n7DSC01777.jpg

よく耳にする金色堂に限ったワケでなく、
あちこちに点在した寺院、遺跡を含めて世界遺産みたいだ。
これはまともに見ていると1日で済みそうにないぞ・・・

お勧めのルートを訪ねれば、
向こうも地図にマークをつけながら丁寧に説明してくれる。
平泉世界遺産に登録された中尊寺に毛越寺は数キロほど離れているようで、
巡回バスが出ている。
こりゃ、自転車には都合がいい~

今日は中尊寺、毛越寺それに世界遺産センターに足を運ぶことに決める。
ほかにもいろいろあるが、それほど興味がわかないものはパス。
一番初めは平泉の中心的な存在である中尊寺に向かった。

駐車場の片隅に自転車を置かせてもらい散策開始。
カラスにあさられないよう、しっかりカバンを締めておく。
カラスは本当に賢い奴らで、
少しでもビニールが見えると餌があると思って突っつき散らかすのだ。

この中尊寺の境内が広く、思いのほか歩く。
お寺は山の上にあるようで、時折木々の合間からは眺めのよい景色が見られた。

s555DSC02560.jpg

なかなかお目見えしない世界遺産にじれったさを感じつつ、
”月見坂”と名付けられた杉並木の道が、すでに神秘的な雰囲気。

そんな杉並木を上がること10分、中尊寺本堂に到着した。

s555DSC02581.jpg

s555DSC02586.jpg

平日でも観光客が次々に来る。
”世界遺産”の肩書きパワー、恐るべし・・・
あ、自分もそれにつられて来たんだっけ。(笑)
世界遺産になるまで”平泉”なんて知らなかったし。

中に入って参拝を済まし、最後に朱印をお願いする。

本堂の御朱印はこんな感じ。
s555DSC02589.jpg

はて、なんと書いてあるのだろう、読めん・・・

でもカッコイイじゃん~
って、いかんいかん。(> <)/
お守りみたいなものだからスタンプラリーとは違うんだ。
と思いつつ、やはり顔はニヤけてしまう。

お目当て金色堂はこの先、
現れたのがレジャー施設を思わせる立派なチケット売場。
世界遺産になってよく儲かっているご様子、おみやげ店もある・・・

なんかムカついたが、世界遺産を目に引き返す訳にはいかない。(> <)/

泣く泣く800円を払い中へ。 たかい・・・

肝心の金色堂はこの中。
n7DSC01810.jpg

”写真厳禁”、そうじゃないかと思ったんだよ・・・ (-_-;)ハア…

なので、こうして自分の表現力に欠いた文章で精一杯説明すると、
金色堂はと言うと床から柱、屋根の裏に至るまですべてが金ぴかピン~☆
形もそのまま、金閣寺のミニバージョンと言ったところ。
コンクリートの歴史や文化はみじんに感じられない建物の中で、
ガラス越しで見るといった形、ライトアップされたその姿はよく輝いていた。
よくわからないが、中では藤原氏のミイラが眠っているらしい・・・

ただ、正直なところ世界遺産と聞いて期待しすぎたようで、
建物の作りがどうこうより、
この平泉が今日まで至った歴史的文化の価値を評価しての世界遺産なんだろう、
見た目ではいまいち感動に欠いた世界遺産に感じた・・・

まあまあ・・・ (-ω-;)ウーン

なことを言いつつ、ここでもちゃっかり朱印を頂く。
だから朱印を書いてもらっているあいだは真剣に拝んだ。
普段はそんなことしないのに。(笑)

弁慶の墓。こんなところにあるとは思わなかったな~
s555DSC02569.jpg

s555DSC02564.jpg

s555DSC02619.jpg

世界資産に来たんだからな何か記念になるものが欲しいと思い、お土産を物色。

しかし金色堂の拝観料800円に御朱印2つの600円を支払った財布の紐は堅く、
100円のおみくじを記念に引いてみることに。

”凶”だけは勘弁(記念に持って帰れないから)してくれよと引いたおみくじは”吉”

s555DSC02614.jpg

何より”旅立ちよろし”は今の自分にぴったりだ。


自転車を走らせ、次に向かったのが毛越寺。
n7DSC01844.jpg

n7DSC01839.jpg

毛越寺は浄土式庭園と呼ばれる広大な池の庭園が見物だそうだが、
今日は雪が積もっていて凍った池も真っ白、
これじゃ、ただの広場に見えるだけじゃん・・・

この横には本来、広大な浄土庭園の池が広がっていたハズ・・・
s555DSC02644.jpg

雪でなんにもわかりゃしません~。(> <)/

最後に世界文化遺産センター。
n7DSC01870.jpg

n7DSC01865.jpg

よし、ここで平泉についてしっかり勉強。 (≧ヘ≦)/
が、無理だった・・・

内容が難しい上、ここにきて朝方の寝不足が響き睡魔が。 (> <)
頭がふあふあして限界、あぁだめ・・・
結局、雰囲気だけ楽しんで終了~

アホだ、自分を悔やむ・・・
まぁタダだったからいい。


5時前には一通り観光を終え、一関市街地に戻る。

遅くまでマクドでブログを仕上げ、
その後30分ほど自転車を走らせ、道の駅「厳美渓」でテントを設営。

今日はお寺を多く巡ったので、朱印がこんなにだ。(>_<)/
n7DSC01906.jpg

n7DSC01905.jpg


実はテントを張る前に少し話をした人がいた。

その夫妻はともに大船渡と陸前高田の実家を流されてしまい、
こうして内陸に余儀なく移り住んだ方だった。

うまく言葉に表現することが出来ないのだが、
震災当日の話を胸が熱くなる思いで聞いていた。
2人の語る話の一つ一つが理解するのに大変だった。 
それほど現実離れした世界の話だったのだ。

亡くなった友人を大切に想う一方、
初めこそは悩んだものの、今では前だけを見つめていた。

その村上さん夫婦。
n7DSC01895.jpg

また地元に戻りたいと話していたのが印象に残っている。

2人に話を聞かせてもらいよかった。
たくましく生きるヒント、ありがとうございます。



走行時間 2:36[h]
走行距離 27.5[km]
平均速度 10.5[km/h]
最高速度 35.0[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:道の駅「厳美渓」 (岩手県一関市厳美町)


2月13日 おしまい。


現在地
仙台滞在2日目。
ちょっと明日から山形市街地目指します。
理由は、山形県限定キューピーを手に入れそびれているんで・・・


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/02/28 10:51] | 岩手
トラックバック:(0) |

達筆だよね
風ささき
ヘタだとバレてしまうね、読めなくとも、ありがたみは感じるよね。
生きていれば明日は必ずやってくる、明日に向かって歩むのみ。
故郷を出て35年、毎年帰省しているけど、年々戻りたい気持ちは強くなっているよ。
故郷で過ごした時間は短いのに。
原点回帰、なんだろうね。
キューピーあるといいね、今日はいい顔してなかったね。
寝不足と自分で自分をシャッター切ると笑えないよね。
明日もいい旅を。

御朱印
POU(ぽ~)
御朱印って素晴らしいですね。
自分も知りませんでしたので、勉強になりました。
調べてみたら、御朱印はお寺だけでなく神社でも頂く事が出来るそうなのでどうぞ巡ってみてください。
山登りで結構あちこちで歩くので、自分もこれから朱印帳を手に入れたいと思います。
でも、こうなってくると今まで巡った所も集め直したくなったりしませんか?(笑)

風ささき さんへ
サトシ
どの住職さんもかなりお上手で、参ります。(笑)
失敗とかしないのかな・・・
個性があって、なかなかおもしろいです。(>_<)/

日本海側を北上したときは山形を1日で通過したこともあって、これはもう一度行かないとと(笑)
おそらく、さくらんぼキューピーがあるはずです!

POU さんへ
サトシ
神社もあるんですね。
そうなってくると、すごい数になりそうです。(笑)

有名な寺院、神社では内陸に寄り道してでも集めてみようと思ってますよ。
道の駅のスタンプなんかより本当に楽しいです。
清水寺や金閣寺など、京都ではいっきにたまりそうですね~。(>_<)/

これまでに回った寺院に戻りたいのは確かです。
(> <)

コメント:を閉じる▲
旅335日目 「雪やこんこ あられがこんこ~♪」

雪~やこんこ あられやこんこ~
降っては降っては ずんずんつもる~
犬は喜び~♪


n7DSC01614.jpg

んな、状態・・・ Σ(゚口゚;ウギャ

参った、昨日の快晴の天気に油断していた。
おじさんは今日も泊まっていけばいいと言ってくれたが、
さすがに3泊はできないです・・・

2日間お世話になりました! 
n7DSC01604.jpg

予報では午後から晴れ、というワケでそれを信じて朝から出発。

面倒に感じてスパイクタイヤに履き替えることもしなかった。
で、今こうしておそるおそる運転しているからアホとしかいいようがない。
タイヤを外して交換なんかをしていれば30分はかかってしまう。
今朝の自分にはそんな時間ももったいなく感じた。

国道284号線を一関方向へ。

ちょっとしたアップダウンに加え向かい風も強く思うように進まん、くそ~。


AM 11:00 道の駅「かわさき」到着。

n7DSC01646.jpg

n7DSC01637.jpg

今朝おばあちゃんに握ってもらったおにぎりを食べてお腹一杯。
中にはこれでもかと言うぐらいにいくらが詰められていた。
本当においしいおにぎりだった。


昼頃から雪も収まり、このころから走行にすこし余裕が待てる。
予報通り、午後からは晴れ。

しかし、今日は本当に風が強く積もった雪が吹き飛ばされ、
今度は下から降って来る雪に悩まされた。
これが目にモロかかるから厄介である。

北上川がなかなか良さげな風景。
n7DSC01654.jpg

n7DSC01657.jpg

変速機はというと数日前からずっと壊れたまま、
あれ以来、何度かイジっているもののやはり自分にはどうにもならないらしい。  
唯一おとなしく落ち着いてくれる一番軽いギアで一生懸命ペダルを漕ぐも、
それでは全然進まないとくるから悲しい・・・ (> <)

一関はそれなりに街と聞いているけど、さすがにプロショップはないだろうな・・・
あー、早くこの自転車を修理に出したい。

n7DSC01677.jpg

n7DSC01678.jpg

平地ですら時速10kmが限界で、
それよりスピードを出そうと必死に漕ぐも、
まるでチェーンが外れているかのようにペダルは空回り。

このランニング程度のスピードでのろのろ走ることに。(> <)/


PM 2:15 一関駅に到着。

n7DSC01695.jpg

午前中に到着するつもりが、
こう遅くなってしまうと何もする気がわかない・・・
平泉観光は明日に回すとして、この後はのんびり。

バイパス道路の方が店も並び賑やか。
ネットカフェを目にし一安心、
今夜はここでゆっくり寝ることに決めるとマクドへ。

充電しながら溜まった日記の整理に費やす。
それでもこれ以上遅れをとらないようするのが精一杯だけど・・・

冬のテントの中ではキーを打つ指が冷たさのあまり痛みがしょうがなく、
どうしても怠けてしまう結果、こうしてたまってしまう。 (> <)
こんな電源の確保が出来る場所はそうあるもんじゃないので、
少しでも遅れた日記を書き上げないと。
ここぞとばかりに鬼にしてブログに徹した。

そんな苦労して書き上げているブログではあるが、記事を書き終え写真を挿入、
最後に投稿ボタンをクリックした時の気分は、
なにか手応えありで期末テストを終えたような気持ちのいいものであるんだ。
次もがんばろう、そう思える瞬間でもある。
また、こうして皆に見てもらっているのもメチャメチャやる気が出てくる。
みなさん、どうもです! (>_<)/


夜にはちょっと嬉しいことが。

週末を利用して車で朱印を集めているおじさんがたまたま近くを通ることなり、
自分が一関にいると話すと、わざわざ高速を降りて会いに来てくれた。

おじさんの車に乗り込み温泉に食事と贅沢三昧~♪

n7DSC01709.jpg

おじさんはというと、これから5時間飛ばして水戸まで帰ると言うから大変だ・・・
お礼を言っておじさんと別れる。

再びマクドに入り、ブログをカキカキ・・・
夜は9時間1700円のナイトパックでネットカフェで寝泊まりすることとなった。

n7DSC01725.jpg

明日は世界遺産の平泉観光! (>_<)/


走行時間 4:09[h]
走行距離 39.9[km]
平均速度  9.6[km/h]
最高速度 25.7[km/h]

積算走行距離 5637.0[km]

天候:雪のち晴れ
体調:良好

キャンプ地:一関市街地のネットカフェ (岩手県一関市山目)


2月12日 おしまい。


読んでくれてどうもです。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/02/28 09:20] | 岩手
トラックバック:(0) |

苦労してるのが
風ささき
分かるよ、手書きで日記を毎日続けるのも大変だもの、更新しているんだから大したもんです。
暖房のないテントの中では、冷気に耐えるので精一杯なはず、体力も使っているだろうし、何もしたくないと思うけど。
明日もいい旅を。

コメント:を閉じる▲
旅334日目 「寒くて熱い祭り (> <)/」

藤野さん宅、滞在2日目。

”やっぱ車はいいや~”
流れる景色を見てはそう思う。

n7DSC01433.jpg

そんな今朝は布団で気持ちよく寝させてもらい、
今日は藤野さんのご厚意で朝から車に乗り込み、観光することとなったのだ。

車でスイスイ~ (>_<)/
一番初めにつれてってもらったのは正法寺(しょうぼうじ)。

n7DSC01442.jpg

n7DSC01452.jpg

おぉ~、茅葺き屋根がものすごい。
お寺で茅葺きや根とは初めて目にしたぞ、しかも相当の大きさ。(゚□゚)/
これには圧巻だった。

ここで朱印を頂く。

御朱印とは寺院で朱印帳を差し出せば、
それぞれのお寺の住職さんが、その場で書き上げてくれるもので、
いわゆる参拝の証みたいなものだ。
筆を使ってさらさらと書き上げる直筆朱印はこれまた個性があって実に興味深い。

かっこいいかも・・・
n7DSC01467.jpg

これは以前にあった小森さんに教えてもらい、自分も興味を持ったもの。

四国お遍路と違い、決められた寺院を回るわけでもないので、
この先、名の知れた寺院では朱印をもらっていくことにしよう。
朱印を求めて全国寺院巡りなんて旅人らしくていいんじゃないかな。


お次は水沢市街地でおじさんお勧めのラーメン店へ。

お世辞にもキレイとは言い難い店内にはカウンター8席ほどの小さなお店。
店内は常に満席で、順番待ちの客に見られながらの食事。
うん、なかなかおいしい。
のりにチャシューだけの実にシンプルな醤油ラーメンなのだが、
ありきたりの味でないのが不思議だ。

これは隠れた名店かもしれない。(>_<)/

ちなみに、ここ水沢市は民主党小沢氏の選挙区らしく、
街のあちこちで彼のポスターが見られるのだ。
この町では、どんな疑惑があろうとも小沢支持って感じなんだろう。(笑)

その後ももう一寺見て回り、朱印をもらう。

今日はこれでは終わらない。
3時から始まる大原水かけ祭りへ。

n7DSC01520.jpg

n7DSC01537.jpg

思っていた以上に大きな祭で、多くの人々に露店も見られる。
路肩にはバスタブ程の大きさの水槽が並び、
約500mの距離を裸男たちが駆け抜ける中、
それを沿道の観衆がこれでもかと水を浴びせるのだ。

本日の気温1℃とのアナウンス。

おーさむ。普通にしていても寒い。(> <)/
夏ならわかるが、こんな冬の岩手でこれはないでしょ。
みんなどうなっちゃうんだろ~ 
と、彼らには悪いがわくわくしながら待っていた。

元々は防火祈願の祭だそうで、
今では厄年の人や安全祈願などいろいろな意味を込めて走るらしい。
今回は震災の復興を祈願して走る人が目立った。

ちなみに雪だろうとどんな天候でも行うそうだから、
こうして晴れた今日は、まだいい方なのだ。


3時になると総勢約270名の裸男達が歯を食いしばって一斉に走り出す。
自分の前をあっという間に走り去っていくのだが、すごい熱気。 (゚□゚)/

n7DSC01571.jpg

寒いようで熱いお祭りだった。
あっという間に終わってしまうが楽しい。(>_<)/


その後はおじさんのパソコンを触らせてもらいのんびり。

名刺まで作らせてもらった。

n7DSC01598.jpg

n7DSC01603.jpg

新しい名刺。

名刺は旅人同士の情報交換に本当に役立つから助かりました! (>_<)/


走行時間 0:00[h]
走行距離 00.0[km]
平均速度 00.0[km/h]
最高速度 00.0[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:一関 藤野さん宅 

2月11日 おしまい。


現在地
仙台なう! 
仙台たのし~な~ (>_<)/


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/02/26 23:43] | 岩手
トラックバック:(0) |

旅の記念
風ささき
スタンプ以外に手書きの朱印いいね。
水を浴びたくないから必死に走り、あっという間。
冬でも熱い祭りだね。
名刺いいね、1枚くださいな。
旅の途中の休息ができたね、で、また都会の仙台で休息だね。
明日もいい旅を。


POU(ぽ~)
大原水かけ祭り見てきたんですね。
よかったですね~。

水沢のラーメン屋はもしかしたら銀蝶?かな?
どうだろう?
おじさんは優しいので、たっぷり贅沢させてもらっちゃってください(笑)

仙台かぁ
白ベコ
もう仙台まで来たんだ。

水かけ祭りか…確かに寒そうだけど、熱そうだね。

これから山形方面に向かうのかな?

山形方面は、土曜日に降った雪もあって、結構積雪があったよ。
今朝の冷え込みで、路面は凍結だろうなぁ。

凍結した国道は、自動車の往来も多く危険なので、気をつけて旅を続けてください。

コメントありがとうございます!!
サトシ
風ささき さんへ

道の駅のスタンプにキューピー、そしてこの朱印と、ちょっと欲張りすぎているかな。(笑)
水かけ祭り、いいもの見れたなといい思い出になりました。
みんな体を真っ赤にして走りさっていくもんだから、すごい祭りです~
名刺、了解しましたよ。


POU さんへ

そうですよ、ラーメンは銀蝶です!
小さい店だけど、味は最高ですね~
おじさんにはものすごくお世話になりました。
本当に感謝です!!


白ベコ さんへ

山形まで危険な道のりみたいですね。
とりあえず、アタックしてみます。
本当に無理と感じたら引き返すつもり。
明日(29日)から行ってきます!!

コメント:を閉じる▲
旅333日目 「津波の証人」

AM 7:45 目を覚ます。

n7DSC01200.jpg

うぎゃ、雪だ! (> <)/
早朝から雪が降ってきて、今では銀世界。

スマホで確認。
この場所のピンポイント予報は無いのだが、宮古が晴れ、仙台が雪。
なるほど。 で、そのほぼ中間に位置するここはどうなのよ・・・

テントをそのまま、散歩がてらに歩いて10分ほどのコンビニへ。

今朝の朝食。
n7DSC01220.jpg

n7DSC01215.jpg

戻ってくるといつの間にか晴れ間もさしてきたので、よしこれは行けるぞと、
そそくさと朝食を済ませば撤収の準備を開始。
少し連泊も覚悟していただけに、良かった。
こんなところでのキャンプはごめんだ。

AM 9:45 寝泊まりしたPAを出発。

n7DSC01223.jpg

目指すは平泉。(>_<)/

世界遺産をすべて回る。それが旅の一つの目標だ。
にしても、平泉もそうだし、小笠原諸島といい、
こうして旅している間にも世界遺産が新たにぽんぽん生まれるとはね。(笑)
なんか、旅のハードルが上がってきているぞ・・・

平泉はいいとして、小笠原諸島はどうするんだ。
事実上東京都とはいえ、小笠原諸島まで行くのはものすごく大変そう。
でも自分のことだからきっとチャリ抱えて行くんだろうな・・・

平泉には気仙沼から一関経由で内陸に攻めることにした。
そこのルートが峠もなく、一番無難なルートに伺えたからだ。

とりあえず気仙沼まで向かうことにして走り出す。

s555DSC02542.jpg

s555DSC02544.jpg

道路の雪は車が踏み溶かしてくれていて、問題なし。 (>_<)/

国道45号線がすぐに自動車道に代わり迂回を強いられる。
昨日といい、この辺りは自転車にはちょっとめんどくさいな、もう。

すぐに見えてきた「大理石海岸」の標識にビビッと反応。

行かずに後々後悔するのもいやなので、面倒だが立ち寄ってみることに。
国道からビューンと坂を下って到着。

n7DSC01231.jpg

んん、これが大理石なのか・・・

大理石と聞くと白い岩肌をイメージしていたが、
普通の岩場と変わりないけど。

てことは削れば中は白いんだろう。
なるほど~
って、それじゃ納得いかんよ~(> <)/
しかも津波の影響で散策道は立ち入りを禁止されているし、
頭の片隅にあった、大理石ちょっくら頂きますの状況ではない。
ちょっと期待はずれ。 (-""-;)ムム・・・

ただ、東京日本橋三越本店の正面玄関にあるライオンの台座は、
ここの大理石が使われているようなことが説明してあった。
それを知れたのはちょっと良かった、へぇ~。
ぷちトリビアは好きだ。

再び国道に戻り、峠を越える。

その途中、車から老夫婦の方々にいろいろと差し入れを頂く。
卵やら栄養ドリンクやら、車から次々に出してくれる。

話をしているうちに実はねと・・・
彼らは気仙沼で家を流され、今は新たに家を借りて生活していることが判明。

今更だけど、こんなにもらってよかったんだろうか・・・

被災された方に「ありがとう」をいただいてばっかで申し訳ない。
助けてもらうのは申し訳ないと思ったが、
こうして話を聞かせてもらえるのは本当に嬉しかった。

n7DSC01239.jpg

皆さん、元気にやっていってください!
自分も旅が終わったら、恩返しする意味でも人助けをしないとな。


気仙沼に入り、この頃から少しずつアレしたくなってきた・・・

これがあるから行き当たりばったりの旅はやっかいだ。 (> <)
ホーマック(ホームセンター)へトイレを借りにいくも半分被災した店舗、
うぅ、仮設トイレじゃん・・・
体も拒否反応、見た瞬間肛門が引きしまった。(笑)
向かいのローソンへ。
ガックリ・・・。 まさかの和式だよ。
ローソンよ、君は信じていたのに・・・
こうして気仙沼で用を足すのは諦めて、先に進むこととなった。

気仙沼港から1kmほども離れた陸地に打ち上げられた、
巨大漁船と言うものやらを目にしたくて、バイパスからはずれる。

特にどこかも知らぬまま走っていてのだが、あった。

これがその津波打ち上げ漁船か、ものすごくデカイから目立つ。
大きいとは聞いていたが、ここまで大きいとは予想もしていなかった。  

n7DSC01256.jpg

口を開けて見上げてしまうほどだ。

全長60m、総重量330トン。
こんなものを軽々運んでしまうとは津波のすごさを物語っている。 

どうしてもこの船を見たかった理由、
それはこの船がこのまま保存するかどうか議論が交わされているためだ。
当時の記憶を思い出し悲しむ人、ここの土地の方のことを考えてのことなんだろうが、
自分としては震災の記憶を風化させ無いためにも、
そして後生に伝えるためにも公園にして船を残してほしい思いがある。
たとえ保存するとしても、少しでも船を動かしたりするのは意味がないと思う。
津波でこんな船がここまで来たんだ、津波は恐ろしいんだ、
この想像を絶するの津波の被害を正確に伝えるためにも、
部外者の自分が言うのもあれだが、このままにしてほしいと思った。

n7DSC01266.jpg

n7DSC01274.jpg

ラジオで、この船は津波のすごさを伝える証人なんだと話していたのを覚えている。
街が復興していく中で、唯一の津波の証人となるんだと。
まさにその通りだと思った。

ちなみにすでに撮影スポットとなっているようで、
タクシーで次々に観光客がきてはプロペラのそばで写真を撮ったりしている。
自分が見ている間にもタクシーが3台も来ていた。

気仙沼港付近の様子。
n7DSC01281.jpg

n7DSC01305.jpg

n7DSC01320.jpg

n7DSC01329.jpg

n7DSC01340.jpg

コンビニでお昼を済まし、いざ平泉へ。

国道45号線をそれて国道284号線を進む。
すぐに宮城から再び岩手入り。

気仙沼で船を見ていたせいもあり、一関までは時間も厳しくなってきた。
目的地をその手前にある道の駅に変更、ひたすら漕いだ。

n7DSC01384.jpg

n7DSC01388.jpg

そんな中、1台の車が停車。

今夜はこの先の道の駅でキャンプすることを伝えると、
うちに来ないかと言ってくれた。

まだ、3時前・・・

だが屋根の下で寝れることほど幸せなことはないのだ。
はいはいはーい! お願いします!! (>_<)/

おじさんは藤野さんといい、
地図を書いてもらって、後を追いかける形で向かった。

倉まである大きなお宅でした・・・
n7DSC01403.jpg

おじさんも自転車で東北を走ったことがあるそうで、
自分が言うまでもなく、洗濯をさててもらいお風呂はどうかとか、
かゆい所まで手が届くおじさんの心遣いに感謝するばかりだ。

両親と3人暮らしで、おばあさんおじいさんにもよくしてもらった。
これでもかというぐらいに、何杯もお茶を注いでくれたし。(笑)

盛岡ではわんこそばにじゃじゃ麺を堪能したのだが、
おじさんに言わせれば、盛岡名物と言えばやはり冷麺らしい。
そんな冷麺を食べに、2人で焼き肉へ。

うまい! (>_<)/

まさか、旅の間に焼き肉やに行けるとは思ってもいなかった。
久々の焼き肉だ、おそらく1年ぶり。(笑)
おじさんはかなりお酒に強いみたいで、
自分が1杯でふあふあしているところを4杯ほどゴクゴク。

あー最高、締めの冷麺もおいしい。
冷麺はぴりりと辛い。自分は中辛にしたのだが、それでも相当の辛さ。
なるほど、こってりな焼き肉の後には最高だ。

n7DSC01424.jpg

n7DSC01428.jpg

おじさんがとても気さくな方で、お隣さんも含めての写真。(笑)
なもんで、名前も知りません。
ブログのことは話しておいたけど、見つけてくれているだろうか・・・

明日は何でも年に一度の水かけ祭りの開催日。
こんな寒い時期に町中をふんどし姿で駆け回るそうだ。
しかも、沿道から人々が水を掛けるというから想像もつかん・・・
それは是非目にしたい。

と言うことで、明日も連泊予定。(笑)
おじさんに車で連れて行って貰うことになったのだ。(>_<)/


走行時間 3:36[h]
走行距離 34.4[km]
平均速度  9.5[km/h]
最高速度 32.9[km/h]

天候:曇り時々晴れ
体調:良好

キャンプ地:一関、藤野さん宅 

2月10日 おしまい。


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/02/23 11:55] | 岩手
トラックバック:(0) |

初めまして★
nam
初めまして★突然のコメント失礼します(*^.^*)藤野さん、私の婚約者のお父さんです。お父さんから話を聞いていたのでブログ覗いて見ました♪
日本一周 陰ながら応援してます。無事に終わる事、祈ってます♪気をつけて頑張って下さい。

希望
風ささき
寒空のした、荷物満載の自転車を若者が漕いでる姿は、今を生き明日に駆けるそのものなんだと思うよ。
お年寄りにも、いいなあって感動を与えているのかも。
自転車だと、声を掛け易いんだろうね、地元の人との交流が生まれてるしね、みんないい旅してるなと感じてると思うよ。
次回は、水かけ祭り編だね、復活してる電信柱と電線と町の風景の対比が凄いね。
後悔しないよう、希望の小笠原だね。
明日もいい旅を。

初めまして♪
POU(ぽ~)
初めまして。この記事が出てくるのをひたすら待って、チェックしていました(笑)
藤野さんは自分の山登り友達なんです。お山の話題は出てきませんでしたか?
私の住んでいる遠野は、残念ながらサトシさんのコースから外れていたようでした~。
今はどの辺まで進んでいるんでしょう?旅が無事に終わる事を祈っています。
がんばれ~!!


こんにちわ★☆
名無し
最後の写真の左下
わたしの母です(笑)
母からblogの事
聞いてました!
こないだは見かけました(ω)
更新楽しみにしてますw
頑張って下さい!


ようやく
藤野
ブログ、ようやく我が家に到着しましたね

仙台に到着したのかな?
あの時よりは、いくぶん暖かくなりましたよ

山形行きは無理しないように
東北の冬をナメたらアカンぜよ(笑


白ベコ
皆さんのコメントが暖かいですね。
水かけ祭りの話が楽しみです。

仙台から山形へ行くのかぁ。
286の笹谷峠(旧道)は冬季通行止めなので、48の関山経由になるのかな?
今日、山形に出かけるので、積雪の様子を見てきます。


こんにちわ
ながくん
こんにちわ
藤野さんの山友達でした。
いいチャレンジしてますね!
いっぱいいろんな人と出会って
人生を楽しんでください
応援していますよ

コメントありがとうございます!!
サトシ
[����] nam さんへ

お父さんには本当にお世話になりました。
休みを使って申し訳ないです。(> <)
期待にこたえられるような、いい旅がんばってやっていきます!
ありがとうございます。


風ささき さんへ

自転車はやっぱりいいなーと思う瞬間かな。
出会いこそ旅の魅力だから、恥ずかしがってちゃだめだと、よく自分の背中を押してます。(笑)
気仙沼の船はインパクトがありますよね。
本当にそのまま残してほしいな~


POU さんへ

藤野さんと山の話はしましたよ。
休日はちょくちょく、こんな時期の雪山まで登ると聞いてびっくりです。
さすがは消防士だな~と思ったかな。
おじさんにはいろいろしてもらい、いい思い出本当に感謝です!


名無し さんへ

自分を見ましたか。
なんか恥ずかしいです。(笑)
ちょくちょく更新していくんでまた見に来てください
コメントありがとうございます!!


藤野 さんへ

お世話になりました!
山形にとりあえず目指すことにしました。
まぁ、無理はせず本当に無理と感じたらすぐに引き返しますよ。
いろいろありがとうございました!!


白ベコ さんへ

関山峠経由で山形を目指すつもりです。
本当に厳しいようなら電車もありかなと思っていたり。
ライブカメラを見る限りでは、わだちもあり行けるような感じなんですがね~


ながくん さんへ

藤野さんは多くの登山仲間を持っているようですね、羨ましいです。(> <)
自分も負けずに日本一周がんばろ~!![/����]

コメント:を閉じる▲
旅332日目 「奇跡の1本」

AM 6:30 目を覚ます。

n7DSC00930.jpg

寺澤さん宅で寝させてもらい、布団の中でよく眠れた。
おかげさまで、目覚めもバッチリだ。

若森さんに寺澤さんは大工の仕事をしていて、
これから陸前高田に仮設店舗の建設に向かう。

いま、もっとも必要とされている仕事なんだろう、
トラックに木材を積み込む作業を手伝うことしか出来ないが、
自分も出来ることはしてみた。

n7DSC00940.jpg

n7DSC00946.jpg

昨日出会った道の駅「りくぜん」まで送り届けてもらい、
これでズルなし、同じところからスタートだ。

2人の作業場である陸前高田には自分もこれから向かうし、
またそこで遭うかもしれませんね、と言って別れた。
いい思い出ができました! (>_<)/

n7DSC00947.jpg

ありがとうございました、そして頑張ってきてください!

道の駅で自転車の荷物を積み直し、
自分も遅れること20分、ここを出発した。

AM 8:10 道の駅を出発。

n7DSC00952.jpg

n7DSC00954.jpg

走り出してすぐに自動車道が行く手を阻む。 (-""-;)ムム・・・

自転車は大峠が待ちかまえる旧道を通らなければいけないらしい。
で、波打つ旧道は見るからにアップダウンの連続・・・

そんな旧道を後目に自動車道はトンネルで山を突き抜けた快適路なご様子。
なんで自転車通してくんないのよ、バカ・・・ (> <)
気づきませんでしたと自動車道を走っちゃおうかな。(笑)

勾配10%の大峠を40分ほど掛けて登り、三陸トンネルをくぐって峠越え。
大峠、強者であった。
ウォーミングアップなしにこれは辛い。
初っぱなからこの疲れでは、今日は全然走れない予感・・・

鬱憤をはらすように一気に下る。

s555DSC02519.jpg

大船渡市街地に入り、ケーズデンキで休憩。

こういう大型電気店のトイレは必ずと言っていいほど綺麗。
体もそれを知ってか、電気屋さんを目にするとしたくなるから不思議だ。
下りの時に寒さに震えてしまったので、トイレでさらに服を着込んでおいた。
今日は特に寒い。(> <)/

店内で新製品のソニータブレットでネットをして世の流れを確認。
「福島でワカサギ釣りにきた男性がテントの中で一酸化炭素中毒死」
これは、他人事じゃない・・・

ソニータブレットをイジっている間に、もうメロメロ。これほしい。

パソコンはVAIO、カメラはα、ウォークマンにスマホはXPERIAと、
なにかとソニー好きの自分である。
おじさん臭いかも知れないが、自分はMacより断然SONY派なのだ。
 
大船渡市街地。
n7DSC00965.jpg

ローソンで早めの昼食をすまし、お昼には大船渡市街地を抜けた。

大型トラックがガンガン走り、埃まみれになりながら進む。
まともに息が吸えないのはキツい。(> <)/
再び登り道に入り、通岡峠を何とかの思いで登っていった。
もうふらふら、今日は地図にも急勾配マークが並ぶし最悪。

自分は8%までなら何とか足をつくことなく進めるのだが、それを越えるとホント無理。

ちなみに「勾配10%」の意味は、
水平間隔100mの間に標高10mを登ることを示すそうで、
単に傾斜10度と意味は全然違うらしい。
自分も最近まで知らなかった・・・

勾配も落ち着き、ようやく走りに余裕が持てた頃、
自分としてはお金を頂くのはタブーとしてきたのだが・・・
n7DSC00978.jpg

言われるがままに、もらってしまった・・・ Σ(゚口゚;ハッ

そりゃ、差し入れはうれしいのだが、
お金となると、さすがにどうなのよと思うのが良心でしょ・・・ (-ω-;)ウーン
その女性の方は津波で子供を亡くした方だった。
それに対して返す言葉がうまく思いつかなかったのが悔しい。

日本一周している人を見て励まされたからもらってほしい。
そう言って手渡してくれたのだ。
そのまま募金するのが一番かとも思ったが、せっかくのご厚意なんだから、
ありがたく使わせてもらうことにした。

ありがとうございます。 (> <)/

海に浮かんでいるものは何をしているんだろう。
s555DSC02521.jpg

s555DSC02529.jpg


そして陸前高田市街地へ。

「陸前高田」

ラジオではもう何度も耳にした。
そのせいか、これまでとは違う気持ちで走っていた。
陸前高田が一番ひどいと聞いている。

その言葉を自分で納得して見ることが出来た。

目に飛び込んできた光景は言葉にならないものだ。
ただ広大に、砂埃が舞う荒れ果てた土地だけだった。
被災地ではどこかでじっくり見て回りたい思いもあったので、
この陸前高田で自転車を降り歩いて回ったが、すぐに足を止めて見入ってしまう。

ホテルにナイター照明まである大きな球場、
それなりの街だったことがわかった。

この溢れる気持ちはなんだろうか。
人が長年築き上げた街ををこういとも簡単に持って行かれてはたまらない。

わずかに残された建物も
空爆でもあったのかのように建物の内部まで丸見えの状態だ。 

n7DSC01004.jpg

n7DSC01023.jpg

n7DSC01036.jpg

n7DSC01047.jpg

n7DSC01058.jpg

n7DSC01063.jpg

n7DSC01068.jpg

n7DSC01104.jpg

奇跡の1本松。
n7DSC01131.jpg

7万本の中で唯一被害を免れた奇跡の1本としてすっかり有名だ。
高田松原は江戸時代に植林された赤松黒松で、
渚100選、白浜青松100選にそれぞれ選ばれた、とても美しい海岸だったそうだ。
それが今では1本を残すのみ。
耳にしていた通り、本当に1本だけポツンと残されていた。
ツーリングマップルにも見事な松原とあったので残念で仕方がなかった。

しかし、この1本が陸前高田の希望を象徴しているようだ。

この様子だと4階まで津波が来たんだろう・・・
n7DSC01000.jpg

道の駅「高田松原」はもはや廃車のがれき置き場になっていた。
n7DSC01123.jpg

どこを見渡しても、キャンプが出来る場所が見あたらない。

諦めて先に進むしかなさそうだ・・・
こんなところでテントを張るのは非常識だと思う。

すっかり悲しい気分になってしまった。
  
それでもがれきはまとめられ、何十台もの重機が動く。
歩道には植木が植えられていた。
復興へ確実に進んでいるんだなと思った。

n7DSC01111.jpg

初めて津波の被害を目にしたのが2週間以上も前に訪れた小本町、
自転車でゆっくりと海岸線を南下したからこそ被害の広域さ、
数え切れないほどの壊滅的な被害の集落を目にしてきた。

自分がこうして旅させて貰っていることを改めて幸せに感じたばかりだ。

これまでの街もそうだし、この光景をいつまでも忘れないだろう。
何年か後にまたここを訪れたい。
バイクか何かはわからないけど、神戸のように復興した姿を見たいと思った。


陸前高田を過ぎるとすぐに気仙沼に入る。
すなわち、宮城県に入ったことだ。

あぁ長かった、岩手よさようなら。
と、言いたいとろろだが、
この先、世界遺産の平泉に向かうこととなるので、再び岩手入りとなりそうだ。

このまま気仙沼まで行こうかとも思ったが、ここもよく耳にする。
気仙沼も相当の被害なんだろう。
陸前高田と同様、キャンプできるとは思えなかったので、
市街地に入るまでに何とかテントが張れそうな場所はないかと、
常にキョロキョロして走った。

途中で見つけたパーキングスペースを見た瞬間、ここしかないなと直感。
停車する車に構うことなく、テントを張ることに。

これは少し恥ずかしい・・・ (> <)

n7DSC01185.jpg

おそらく、旅の中でもワースト3に入る不本意なキャンプ場となってしまったな。



走行時間 4:15[h]
走行距離 40.7[km]
平均速度  9.5[km/h]
最高速度 38.4[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:もしもしピット (宮城県気仙沼市唐桑町)


2月9日 おしまい。


現在地
宮城県田代島から帰ってきました。
噂通りのネコの島でおもしろかった。(>_<)/
石巻で少しゆっくりしてから、松島、仙台へと向かいます。


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/02/22 18:03] | 岩手
トラックバック:(0) |


ハル
いろんなかと感じながら走ってるんですねぇ。
自分は薄っぺらいからすごいと思う。

自動車専用道はもっと早く行ってくれーっていつも思いますね。

生きていれば
風ささき
何でもできる、親として、子供がやりたいことなら全面的に応援するはず、サトシくんのお母さんもお金を手渡してくれた女性も。
自分も日本一周のとき、再就職で再び故郷を離れる時、事故で入院したとき、両親に心配かけ黙って応援してくれた。
親となった今、息子がやりたいことがあるなら応援していくよ。
神戸の震災のあとは、一度も訪れてない、震災の2年前に車で帰省し、新神戸に朝に到着、広島から妹が新幹線で来て、妹と神戸の街を抜け西へ向かった。
東北も、なかなか観光では、行けない気持ちはあるね。
そうだね、神戸はもう復興しているんだよね、いつか自分もどちらも訪れたいと思います。
明日もいい旅を。



枯木チャリダー
道の駅「さんりく」からすぐの旧国道45号線へ迂回
思い出しました
きつかったけど車はまず通らないのでジグザグ走行しましたねぇ
写真から陸前高田は昨年9月とほとんど変わっていないとりあえず膨大な瓦礫処理がネック
各自治体の冷静な判断が必要だと思う

「ねこの島」行ってみたかったなぁ!

つい先ほど…
まっきー
声をかけたものです!


ヨークベニマルには 到着できましたか?(^^)


石巻に来てくれて、なんだか嬉しく思います。


この街でも 素敵な旅ができますように!


ブログ読ませてもらいますね(*^^*)

皆さんコメントありがとうございます。
サトシ
ハル さんへ

大変な時期に旅している一方で、この時期に旅をしているからこそ出会えるものもあって、いろいろ勉強になる感じ。これでも正直自分の気持ちをうまく表現できずに悩んでいるよ。


風ささき  さんへ

こうして旅ができるのも両親がいてこそ、わかっていてもなかなか感謝の気持ちが恥ずかしくて言葉にならないです。(> <)
神戸の、生まれ変わった姿を見に来てください!


枯木チャリダー さんへ

片づけが一通り終わった今、今度は瓦礫が課題ですよね。山積みになった姿を見ていると、もうしばらくは時間がかかりそうです。
猫の島、よかったですよ!
猫好きにはたまらない島かも。


まっきー さんへ

無事に会うことができましたよ。
石巻もなかなか面白い街でよかったです!
予想以上に都会でびっくりしました。

コメント:を閉じる▲