ただいま~♪
旅345日目 「ハートキャットアイランド」

AM 9:00 目を覚ます。

n7DSC03096.jpg

シュラフにテントを日向にめいいっぱい広げて乾かす。
フェリーは1日3便、昼の便に決めた。

せっかく島に来たんだ、何か記念になるものを残したかった。
あいにくだが、この島におみやげ店のような気の利いたものは見あたらない。
考えた末、昨夜いいことを思いついたのだ。

”そうだ、島から家族へ手紙を送ろう。”

この島の絵はがきを送り、この島のスタンプを押してもらう。
”いま自分は田代島にいること”
”変わらず元気でやっていること”
”こうして旅をさせてもらって感謝していること”

特に心配している母は喜ぶはずだ。

荷物を自転車に積み込めば島に唯一ある簡易郵便局に赴いた。

壁には島の    が描かれ、
貯金箱でしかみたことのない、丸いポストが現役でかわいらしさがあった。

n7DSC03112.jpg

「あの郵便局員さんですか?」と疑う姿の人が一人出てくる。
制服を着ていない・・・
簡易郵便局とやらは初めて、こんなもんなのだろうか。

事情を話せばおじさんが作ったという絵はがきを出してくれた。

て、手作りでえすか・・・ Σ(・o・;)
そんな10枚ほどの写真は、こういったら失礼だけど微妙なショット。
写る神社や海岸、港はどこも昨日自分が回って写真に収めたところだ。
こういったら悪いけど、正直自分ならもう少しマシな写真が撮れる・・・
う~ん、なんて断ろう。
絵葉書を送りたいんですと訪ねておいて断るのは、
”この写真ダメです”と言うのも同然だ・・・
これにするかと思いつつ悩む。(> <)/

そんな中一枚、航空写真も島の全景が収まったプロの写真。
これはいくらですかと聞くとバラ売りは出来ずにまとめて500円のこと。
500円の言葉がでるまで数秒間の沈黙が流れた。
絶対に今考えたろおっちゃん・・・ 、と心の中でつっこんだ。
そして「うぁ~ 絶対にいらねー」と、心の中で思った。

断るタイミングを見計らっていると「自転車で大阪から!? じゃあ、やるよ」と、
その唯一プロの撮った島の全景が写ったはがきをタダで差し出してくれた。

「ありがとう おじさん!」 

ますます、この島が好きになったよ! (>_<)/

家族に元気にしていることをメッセージを書いてポストに投函♪
n7DSC03109.jpg

12時のフェエリーの時間まで1時間、早く来すぎたかなと思ったが、
猫とじゃれあっていればあっという間だ。

n7DSC03146.jpg

n7DSC03152.jpg

島のネコたちはというと、どの子も甘え上手。

カバンにそっと入れてお持ち帰りしたくなるほどだ。
彼らはこの犬のいない世界でのびのび生活しているんだろう。
島民に愛され、ネコを見に全国からやってくる人々。
世界一幸せなネコたちががここにあるのかもしれない。

寄り添う漁師さんに魚がもらえないとわかると、
そんなネコたち5匹はノコノコ自分の元にやってくる。
最後の最後までネコたちに囲まれて見送られた。

甘噛みです。 (笑)
n7DSC03166.jpg

n7DSC03172.jpg

12時のフェリーに乗船。

船の乗組員は行きと同じおじさんたちだ。
楽しかったこと、来てよかったこと、また来たいこと。
島の感想を自信を持って伝えておいた。

ネコの楽園”田代島”最高~!

n7DSC03174.jpg

ありがとう田代~ (>_<)/

PM 1:05 石巻に到着。

n7DSC03184.jpg

遅れに遅れたブログを少しでも追いつくためイオンモールへ。

その後はフードコートでひたすら投稿に徹した。
何より、これまでのすばらしい経験を書き余すことなく
実はこの日の日記に限って、その日のうちにだいたい書いていたのだ。

昼からフードコートにこもり、気づけば閉館のアナウンス。
まぁ、残りはマクドで仕上げよう。

そんな途中、車から声をかけてくれた。
「アパートが近いからうちにくるといい。」
そう提案してくれたのはここ石巻の小学校で英語を教えるアメリカ人のアルトさんだ。

ベニマルでまたと言って再会を約束した。

このあたりではイトーヨーカドーのことを”ベニマル”というようだ。
これでは”行ってミヨーカドー♪”のキャッチフレーズが使えないではないか。
こちらのCMはどうなんだろう。

アルトさんと無事にベニマルで再会。
こんなのどこで手に入れたのよと、疑問になるようなものばかり。(笑)
浮世絵が飾られてある。

自分は特に心配してなかったんだけど、
外じゃ危ないと言って、自転車も中に持って入れさせてくれた。
シャワーも浴びてさっぱり♪ (>_<)/

アルトさんは明日の授業で使うプラカードの製作。
自分もブログを心行くまでする事ができた。
本当に助かった。
おそらくあのまま行くと今夜はネットカフェで寝泊まりしていたんだろうから。

ありがとうございます!、Mr.Artur Rolla Artさん。 (>_<)/

n7DSC03187.jpg

にしても、自分の英会話能力の乏しさにガッカリだよ・・・



[あとがき]

この旅で訪れた田代島。

島民の平均年齢が70歳と知ったのは後のことだ。
十年後、単純計算で島民の人々の平均年齢が80歳を迎えるとき、
この島は大丈夫なんだろうか。
そんな不安がやっぱりある・・・
島の復興は観光しかないから、近くに来たときはまた足を運びたい。

n7DSC03120.jpg

可愛らしいねこたちがたくさん待っているので、皆さんも近くに来たときはぜひ。


走行時間 1:42[h]
走行距離 1.57[km]
平均速度  9.2[km/h]
最高速度 28.7[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:石巻市街地のアルトさん宅 

2月22日 おしまい。


現在地
水戸市街地にまだいます。(笑)


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/03/21 11:11] | 宮城(田代島)
トラックバック:(0) |

天国のような
風ささき
島での様子が伝わってきたよ、ベスト1になったかな?田代島、いいとこだね。
たまには、旅先からの絵葉書いいもんでしょ。
もらった相手はうれしいしね、思いついたら出すといいよ、前略、おふくろさま・・・。
1年前は、丸刈りだったんだ、顔出ししなかったしね、また、切ってみる~?
気持ち新たに。
BGMも変わったね、気分一新かな?
明日もいい旅を。

安心した
札幌 酒井
お元気で南下してますね。もう、スパイクタイヤは必要ないですね。
田代島、震災の前の夏に家族でニヤン共に会ってきました。震災後の様子は断片的に情報が入っておりましたが、こんなに詳しく様子を知ったのは初めてです。みんな元気で平和そうですね。ありがとう。

猫の楽園
海豚
初めまして、写真、上手ですネェ。
幸せそうな猫達の様子に釣られてしまいました(^^ゞ
田代島、機会があったら訪ねてみたいと思います。

老婆心ながら、ヘルメットは被った方がv(^^;
これからは交通量の激しい所を走るようになると思います。
どうぞお気を付けて。
旅の安全を願っております。

コメントありがとうございます!
サトシ
風ささき さんへ

田代島は間違いなく旅の中でも印象深いところになりそうですよ。きてよかったです!
こんなにもネコたちにモテモテになるのは初めてで。(笑)
髪はもう丸刈りはいやですね。(笑)
旅が終われば以前のようにストレートあてますよ~
なので、少し伸ばします(>_<)/


札幌 酒井 さんへ

お世話にないました、お久しぶりです!
家族でこの島に来ていたとはビックリですよ。
夏なら観光客がそれなりにいるんでしょうか!?
ちなみに津波でフェリーの待合所なんかは流されていました。
ねこたちはみな無事らしく、ネコには津波が察知できたんでしょうかね・・・


海豚 さんへ

田代島いいですよ~
ツナ缶なんかなくても寄り添ってきます(笑)
ネコと釣りぐらいかすることはないですが、それでも楽しい島ですよ。
ヘルメット、了解しました。
実は、前々からみんなに言われ続けていて。(笑)



コメント:を閉じる▲
旅344日目 「我が輩は猫である”(*>ω<)o"ニャ」

AM 6:20 目を覚ます。

n7DSC02924.jpg

田代島滞在2日目の朝。
今朝はとてもキレイな朝日を見ることができた♪

キレイな朝日に満足すればもう一眠り。
なんせ今日は時間に気にする必要がないのだから、こうしてのんびりできる。
ネコのようにね。(笑)
ラジオに耳を傾けつつカップラーメンの朝食。

さぁ、行こうと立ち上がったのは日も完全に昇った10時過ぎのこと。

キャンプ場まで遊びに来てくれた子♪
n7DSC02933.jpg

周囲10kmほどの小さな島は一周する道路もなければ国道どころか県道すらない。
歩いて散策する方が都合がよさそうなので自転車はそのまま、
風が吹いても大丈夫なようにテントには念のためペグを打っておいた。

たまには歩きもいいものだ。
気になったものはすぐに写真を撮れるし、何よりこの身軽さがいい♪

n7DSC02936.jpg

n7DSC02966.jpg

n7DSC02964.jpg

まず向かったのが島のほぼ中央に位置する猫神社。

猫が描かれた石など子供達の猫の作品がお供えされてある。
この島では猫は大漁をもたらす神として大切にしているそうで、
漁師は猫の仕草から漁にでる天候を読み、そんな猫たちはおこぼれをもらう。
昔からこの島ではネコと人との間にいい付き合いがあったようだ。

いたいた♪ 今日もわんさかいる♪
n7DSC02957.jpg

n7DSC02943.jpg

何かを期待してか、何匹かはソロソロ駆け寄ってくる。
本当に日と懐っこいネコちゃんであり、握手もさせてくれた。

廃校になった小学校を通り辺り一帯に木々が生い茂る山道を進む。
30分ほど歩けば島の北側に位置するもうひとつの集落、大迫だ。

なぜかヒトデがたくさん。
n7DSC02998.jpg

n7DSC02994.jpg

干してあるようだけど、これ食べるのだろうか・・・
かなり臭いぞ。 (> <)

こちらの大迫はというと商店もないし、家々も数十件ほどが並ぶ程度。
その家々も人が住んでいるか怪しいほど人の気配がなかった。

海を眺めながら港で昼食♪
n7DSC02989.jpg

本来乗るつもりだった石巻行きのフェリー
n7DSC03054.jpg

その後三石崎を目指すも、なかなか険しい道のり。
向かい風も強く心細いなか進んだ。

島の裏手に進めばうっそうとした世界。
n7DSC03024.jpg

n7DSC03014.jpg

n7DSC03016.jpg

仁戸田に戻ってきたのは歩き出して4時間のこと。

港にはネコのエサお預かりBOXが置いてある。
n7DSC03037.jpg

今日は自然いっぱいの田代島を楽しむことができた日であった♪
それはよかったのだが”寂しい島”の印象が強く残っている。

昭和中期には1000人ほどいた島民も今では100人を下回る限界集落。
島民の平均年齢が70歳を超える現実もも悲しいばかりだ。
実のところ、猫たちは何十匹も見かけたが島民の方は数人ほどであった。

この島に自分が移り住むのも、ちょっとおもしろい。
子供をたくさん作って~♪ なんて少しバカみたいなことを思い浮かべてしまう。(笑)

田代島にはがんばってもらいたいな・・・

n7DSC03061.jpg

n7DSC03062.jpg

帰りにまた昨日のお店に行き食料を調達。
おばあさんには明日島を出ることを伝えておいた。



走行時間 0:00[h]
走行距離 00.0[km]
平均速度 00.0[km/h]
最高速度 00.0[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:マンガアイランド 

2月21日 おしまい。


現在地
茨城県水戸市街地なう。
予定を変更して東京にこのまま南下していきます!
ブログ遅れてすみません。


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/03/21 04:29] | 宮城(田代島)
トラックバック:(0) |

ねこ
トム
無事、旅を続けてるようでなによりです!

田代島、こんな島があったんですね。
癒されます。ブログ読んでると行きたくなる~!

それでは、どうぞ良い旅を!


猫の世界に
風ささき
迷い込んだ錯覚になりそうだね。
いい島の1日だったね、まだまだ日本にはいいとこあるんだね。
明日もいい旅を。

コメントありがとうございます!
サトシ
トム さんへ

離島にわたればガラリと変わる世界。
島旅がなかなか楽しくて、これからも島を見つけては寄ってみようかな。
なんか、ますますゴールが遠のきそうですが(笑)


風ささき さんへ

まさにネコの世界です!
いつまでもこうあって欲しいですね、だから高齢化がすごく心配です。(> <)
自分が自己破産でもしたらこの島に逃げてこようかな(笑)

コメント:を閉じる▲
旅343日目 「ネコたちの集会」

AM 5:30 目を覚ます。

n7DSC02746.jpg

ネットカフェを出たのがまだ夜が明け切らない6時前。

寝床に使ったネットカフェは8時間1300円となかなか悪くない条件だ。
シャワーも100円出せば40分ほど浴びられ、
フリードリンクもこれでもかと飲んでやった。
旅のベテランともなると、こっそり自分のボトルに注いでお持ち帰りをするそうだが、
さすがに自分にはその勇気は・・・

今日はなんとしても田代島に向かう。

と言うのも、数日後から天気が思わしくないようで、
今のうちにとっとと島に行っておきたい思いがあったのだ。
数日後からの雨の日は都会(石巻)で雨をやり過ごす。うむ、実に合理的な作戦♪

2時の便のフェリーに乗ることに決めていて、
それまでに自転車の修理やブログの編集など、やることはたくさんあった。

マクドでブログの投稿をする中、どうしても今朝の出来事が頭をよぎる。
と言うのもギャル2人に走り際に「うける~」と言って笑われてしまったのだ。
聞こえないつもりだったんだろうがキンキン甲高い声は自分のもとまでよく聞こえる。
バカらしく重たい自転車を走らせる姿が、さぞかしこっけいな姿に見えたんだろう。
ちょっと悔しい思いがした。
それでも日本一周していてよかったと本当に思うし、やめる気はこれっぽっちもない。
残念なことは、このすばらしさを彼女達に伝えられないことだ。

話は戻りマクドでブログを済まし、
その後はこの街でいちばん大きいと聞いた自転車屋を訪ねることにした。

n7DSC02749.jpg

「ダイシャリン」という聞き慣れない店の名前だが、
東北ではよく目にしてきたチェーン店だ。
これで自転車が直るとばかりに思っていたら、なにやら店員さんの顔色が悪い。
自分が考えていた以上に厄介な様子で、ようやく状況の深刻さに気づかされた。
いろいろ1時間以上見てくれたが、結論から言うと変速機を直すことはできなかった。

自転車の知識に乏しい自分には内容を完全に理解することはできなかったのだが、
走行距離が1万4000kmを超える長旅に加え日頃のメンテナンス不足が響き、
パーツのあちらこちらで悲鳴を上げているらしく、
大規模なパーツの交換が必要と言われてしまう。
これが単なるパーツと侮れず、ザッと見積もりをしてもらえば5万円!
これにはさすがにショックを隠せず、”少し考えます”
と言い残してここを後にしてしまった。

さて、自転車はどうしよう・・・  (-""-;)ムム・・・

ちなみに自分の自転車は「ルイガノ」と言うカナダのメーカーのもので、
あまりパーツは揃っておらず、注文して2週間ほどかかるかもしれないとのこと。
この先まだまだ続く旅のことを考えると変速機の修理は必須なのだが・・・
ちなみにこの自転車は10万円で購入したもので、
その半分に値する5万を修理につぎ込むのはどうも納得のいくものではない。

この際、すべてを新品にしたほうが後々安くつくんじゃないか、
そんなことさえ思ってしまう。
この先いけば仙台だ、そこでプロショップにまた見てもらうことにして、
気を取り直し、時間になったのでフェリー乗り場に向かう。

ギャルといい自転車といい、ちょっと気重い出発だ。(> <)

網地島ラインフェリー
n7DSC02773.jpg

乗船の手続きを済まし、自転車を船に積み込む作業を見守る。

自転車からカバンを取り外してほしいと言われ、
重たいサイドバッグにカバン4つを抱えて船に乗り込んだ。
それなくても狭い乗船口に船内、カバン4つを抱えカニ歩き。
そのまま自転車に積んでいてもいいでしょ、こんなの初めてだよと、
このとき少しムカついていた。 (≧ヘ≦) ムゥ
その後気さくに話しかけてくれた乗員さんたちと船内で話をし、
そんな気分も吹き飛んでしまったのだが。 (笑)

乗船券が1200円に自転車が420円、
時間も中途半端だけに、船内はおみやげをたくさん抱えた老夫婦ぐらいでガラガラ。

n7DSC02778.jpg

n7DSC02780.jpg

フェリーといっても車一台乗るのがやっとの小さなもので、
コレをフェリーと呼べるかどうかは怪しいほどである。(笑)
自転車を乗せるというと、手続きも慣れない様子でバタバタ。
田代島に自転車を持って行く人は珍しいようだ。

映りの悪いテレビにも見飽き、気づけば寝ていた40分の航海もあっという間。
目が覚めればワープした気分で田代島に到着♪

田代島 仁戸田港(にとだ)
n7DSC02786.jpg

n7DSC02795.jpg

おぉー!! 船を下りだ瞬間、思わず笑ってしまった。 ヾ(≧▽≦)
さっそく港に猫がわんさか♪

ものの5分、島に上陸してすぐに猫達に囲まれてしまった。 
本当に猫の島だ。 ”(*>ω<)o"クーーッ
のそのそこちらにやってきては”なんかちょーだい”みたいな感じでニャーニャー
自分の荷物を興味深そうにのぞく姿は、
まるで猫たちに”ねこ王国”に入るための入国検査を受けているようだ。(笑)

そんな入国検査も無事に通過、集落に入る。

n7DSC02805.jpg

n7DSC02811.jpg

集落ではさらに多くの猫達に囲まれた。

数えれば7匹、図々しい奴はぴょんと自転車に乗ってくる。
もうかわいくてしょうがない。(>_<)/

「こいつ~」と言いながら歯を食いしばって撫でていた。(笑)

家に帰ればパピヨン2匹が待っているのだが、猫も大好き♪
まったく、どの子も食べちゃいたくなるほどかわいい。

n7DSC02815.jpg

ちなみにこの島には結局あさってまでいたのだが、
猫達を驚かせないためにも終始自転車をソロソロ押して脇を歩いていった。
なんせ、この島のにゃんこたちといったら、
ひかれそうになっても逃げることをしないのだ。
まさに猫が主役の島である。

ひときは高台に位置する島唯一のキャンプ場”マンガアイランド”は、
これまで旅してきた中でも特にすてきなサイトだった。

キャンプ場には猫の顔を模様したロッジが何棟も。(笑)
n7DSC02828.jpg

n7DSC02836.jpg

n7DSC02844.jpg

キャンプ場に自転車を置けば歩いて島を散策♪ 
この方が都合がいい。
と言うのも国道どころか県道すらないこの島には自転車はむしろ邪魔であった。
フェリーの受付で自転車を乗せると言うと驚かれた理由が分かった気がする。
ちょっと恥ずかしい・・・

n7DSC02876.jpg

n7DSC02866.jpg

n7DSC02804.jpg

唯一見つけた商店は寂しさがにじみ出るお店だ。

半分ほど明かりのついた店内、ガスボンベも売り物にならないほどサビついている。
昔はねと、店のおばさんと長話をした。
昔は小学校もあり賑やかな島であったこと、
「むかしはね~ むかしはね~」、とおばあさんの話を聞いていると、
この島も昔は相当賑やかだったようだ。
こうして一人でやりくりするおばあさんが大変そうだし、寂しそうな気がした。

観光を島の復興の重要な位置づけにし、キャンプ場に多額の経費を費やしたそうだ。
言うまでもなくあのネコロッジのことである。(笑)
(個人的には好きかな・・・)

帰りわには焼き芋に2リットルボトルの水までいただいた。
よかった、ちょうどキャンプ場の水が出なくて困っていたところだ。
焼き芋はおばあさんが焼いたものだ。
島に焼き芋屋さんがあるんですかと聞いてしまったが、
焼き芋を買うなんて都会の人だけの考え方かもしれないな。

ちなみにこの島にはこのお店だけ。
そんなおばあさんも週末になると店を閉めて息子達の石巻に帰るそうだから怖い。
つまり、週末は島では何も買えないことになる・・・

n7DSC03067.jpg

この島の為にも長生きしてくれよ、おばあさん~ (>_<)/


島は典型的な過疎化が進む限界集落であった。

猫の楽園ともてはやされる一方、まさに日本の高齢化社会の縮図でもあるのだ。
いつかは無人島になってしまうんじゃないだろうか、そんなことさえ思った。
かれこれ猫たちは30匹ほど見たというのに、
店のおばあさん以外まだ島の住民を見ていない。
島の人口より、猫の数の方が多いそうだからうなずけた。

n7DSC02903.jpg

n7DSC02870.jpg

n7DSC02885.jpg

n7DSC02878.jpg

テントを構えたのは、サイトのどこよりも高い場所だ。

「焼き芋だよ!ねこちゃんかも~ん♪」 の期待むなしく、
夕方には忽然と彼らも行方をくらましていた。 (-ω-;)ウーン

キャンプ場はもちろん閉所中で、トイレも閉めてある状態。
自販機も動いていなかった。
暗くなる前にテントに潜り込んで早めに寝ることに。

n7DSC02914.jpg

すっかり気に入ってしまった田代島、
もっとこの島を知りたい思いもあったし、明日そうそう帰るのももったいない気がする。

もうしばらくここにいることに決めた♪



走行時間 1:58[h]
走行距離 15.2[km]
平均速度  7.7[km/h]
最高速度 28.6[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:田代島 マンガアイランド (宮城県石巻市田代)


2月20日 おしまい。


現在地
福島県郡山なう。
ブログで自転車の調子が悪いとありますが、今は修理を終えて問題なしです!

今日でちょうど旅して1年が経ちました!
これからもがんばっていきます♪


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

[2012/03/16 02:07] | 宮城(田代島)
トラックバック:(0) |

うらやましす
白ベコ
田代島かぁ…(-。-)
猫がいっぱいでうらやましいです。
暖かくなったら、足を伸ばしてみようかな。(笑)

あらためて、旅のスタートから1年おつかれさま。
そして、これからも事故と体調に気をつけて、旅を続けてください。


現在地
mishika
初めまして
いつも楽しく拝見させて頂いています。
ちょっと見ない間に郡山に来ているのにびっくりしてます。
郡山を後にして次の目的地に出発してしまいましたか?
是非お会いして旅の話しを聞きたかったので…

招き猫だね
風ささき
自由気ままの猫の天国、それに負けないサトシの旅だね。
滞在はいいけど、トイレが~だね。
ピカチュウと猫のツーショットは?
ギャルもサトシも同じ時代を生きる同士。
目の前のことに左右されるけど、しっかりと、まだ見えてこない未来を見つめていると思うよ。
これからも、いろんなものを見てきてください。
急がない旅がそのものだから。
チャリもクリア、明日もいい旅を。

ウケルーについて
蜂の宿
ギャルは友達との関係が命よりも大事なひとたちです
もし仮にギャルAが「日本一周?自転車で?」
みたいに興味をもったとしても、それを言っちゃうと
ギャルBに「ああ・・Aはこうゆうの興味あるんだ」と
引かれちゃうのが怖いとおもうのです
んで語彙の少なさも手伝って
他人をなるべく傷つけないおもしろリアクションが
「うけるー」なんじゃないかと

すべて想像です

ごめんなさい(;一_一)
たいへん申し訳ありません。
湯の上温泉の露天風呂はこちらの方のブログによれば現在入浴禁止だそうです。
http://www.food-travel.jp/fukushima/yunokami-onsen.html
詳細が不明ですので、一度確認を。もし入浴できるのなら、野宿ポイントとしてはオススメ(過去自分も何度かお世話になっています)です。

ニャンコ達の写真、とても素敵でした!
かの岩合光昭先生も絶賛していたとかいないとか・・・(笑)。最後の猫の画なんか、まるで哲学しているようですね。

自転車直って良かったですね。これからはテントと同じく大事にしてやってください。


枯木チャリダー
もう旅立ってから一年経ちましたか・・・
厳冬も抜けたし
都会も多くなるし・・・
そうそう、自転車も直ったし!
気が緩みそうだなぁ

自動車多くなるし安全運転で!



No Limits
猫・・・・ すごい数ですね~ 僕も行ってみたくなりましたよ^^ 

ちょっとした離島へ行くと本州と何か違う雰囲気を楽しめていい場所だと思います^^ 
都市部に近付くにつれて自動車の交通量も増えると思いますので事故にだけはお気を付けください。 自転車・・・修理は大変だと思いますが思い出の詰まった1台をいつまでも大事にしてくださいね^^

祝!
シューカツ俊君
祝!一年!o(^▽^)o
でもまだもう一年くらいかかりそうやね(笑)
これからも楽しい旅をして皆さんに日本の魅力を伝えてください(o^^o)
あー、さとしさんが岐阜にくる日が待ち遠しい! 一週間くらい滞在してもらってたっぷり岐阜の魅力を堪能してもらうので、覚悟しといてください(笑)


ゼノビ
ギャルのウケルーは、鍋に入ったピカチューの事ですよ、きっと。笑

おねえちゃんの言動なんか気にしても仕方ないですよ、それよりナンパすれば良かったのに。笑


自転車、そうとうヘタってきた様子ですね、そりゃあコレだけの重量で1年も走っていればオーバーホールが必要ですよね。

茨城県で声をかけました。
くろむ
3月17日に茨城県常陸大宮市のセブン・イレブン前で声をかけた「くろむ」と言います。
走行中に急に声をかけてスミマセンでした。
日本一周の看板を見てつい声をかけたくなりました。

一年も自転車の旅をしてるなんて凄いですね。
無事ゴールできる日を茨城から祈ってます。
頑張ってください。

コメント:を閉じる▲