ただいま~♪
7:00 目が覚める。
SC03079.jpg

公園の岸側では満潮で海水がせまってきていました。
こちら側でテントを張らなくてよかった~ (笑)
C01365.jpg

今朝も暖かい気温~
野宿には一番いい季節かも。

出発の準備をしていると、荷台の荷物を固定するロープが切れかけていることに気がつく!
それも数箇所で見受けられるのだ。

100円ショップで購入した物で、安いけどモロイみたい。
早く買わないと走行中に荷物が落下してしまいそうだ・・・ (>_<)


8:00 野宿していた公園を出発!

今日はこの先の生月島を一周して、この平戸市街に戻ってこよう。
時間に余裕があれば、その先の佐賀県の方向へに進めればと思っていたりする。

とりあえず、歩いてこの街をぶらぶら散策してみることにしようかな。
SC03085.jpg

SC03084.jpg


昨日入った足湯はお湯を全て抜いて掃除をしている。
タダで開放している上に、これは大変そうだ。(>_<)


その後、県道19号線を走り生月島へ向かうことに。

アップダウンの多い、大変な道だ。
そして、けっこう長く8kmほどこんなかんじ。(>_<)
C01375.jpg

C01378.jpg


曇り空で雨もすこし気になるところ。
SC03091.jpg

C01415.jpg

C01379.jpg


10:15 ようやく生月大橋に入る。
これを渡れば生月島です!
SC03096.jpg

この橋は最近まで有料だったそうですよ。
それじゃ、島の人たちも大変だったんじゃないかな!?

橋をファミマのトラックが走っていくので、島にコンビニはあるみたい。
すこし安心しちゃうのであった。(笑)

C01384.jpg

C01386.jpg


橋を渡った先には道の駅「生月大橋」がある。
昨日はここまでくる予定であったところだ。
SC03102.jpg

しかし、ここはかなりの風が吹いているので、
昨夜に平戸市街で野宿したのは正解だったかもしれない。

この道の駅には、「日本本土最西北端」のスタンプがありました。
西北って、ややこしいな。
あまりイメージがわかない・・・

適当にお土産を見た後、ここを出ることに。


それほど大きくは無い島だ、この島を一周することにしよう。

この道の駅のすぐ先には、生月町博物館「島の館」がありました。
せっかくなので入ることにしようかな。

入館料は500円、自分以外は誰もいない・・・
館内に自分ひとりの足音のみが響く。

中は江戸時代から始まった捕鯨を紹介したり、
島の暮らし、周囲にいる魚の剥製が展示されている。
SC03115.jpg

その中でも、かくれキリシタンを紹介するコーナーがあるのですが・・・

ものすごく怖い! (>_<)

当時の礼拝を再現していて、薄暗い部屋。

あれはキリスト教ではなく、もう別の宗教だと思う・・・


おかげで博物館を出ると、なんか暗い気分になってしまった。(>_<)

そんなわけでお恥ずかしい話なんですが、これから島を一周するかどうか迷ってきたり。
ほら、天気も曇りで雨の心配もあるし・・・

とりあえずお腹が空いたので、コンビニへ向かうことに。
なじみのあるファミマを見つけてすこし安心。(笑)

その途中に、車からおじさんが声をかけてくれた。
かわいらしいパピヨンも一緒だ。

お食事処をやっているそうで、魚の仕入れのためこの島に来たそうだ。
店に来たらご馳走してくれると言ってくれるが、
教えてくれるお店にたどり着くには、これまた大変そうなところにある・・・

おじさんもブログをやっているそうで、ブログで紹介してくれるそうです。
写真を撮るのですが、すこし照れるかな。 (笑)

この島を一周するか迷っていることを話すと、
この島は本土の最西北端だから、この先の灯台まで行ったほうがいいと言ってくれた。

たしかに、せっかくなので島を一周することにしよう。

後で後悔するのは嫌であるし、この先の道は、それほどきつい物ではないそうだ。
おじさんに別れをいって、進むことにします!

島を時計回りに県道42号線を走っていく。
C01401.jpg

きれいな景色が広がる島です、来てよかったかも。
SC03124.jpg

C01389.jpg

C01399.jpg


そして、「塩俵の断崖」に来ました!
SC03130.jpg

SC03141.jpg


見所はこのように岩が鉛筆みたいな断面に。
C01393.jpg

確かに不思議だ、
自然の壮大さと繊細さが伺える。


その後、島の先端にある大バエ灯台へ向かうことに。
SC03146.jpg

ここからは歩いていくそうだ、
景色がいいです。
SC03158.jpg

SC03155.jpg

SC03156.jpg



ここから島の裏を通って帰るのですが、本当ににきつい! (>_<)

海沿いの眺めがいい道だが、坂道が先まで続いているのが見えます。
先が見えるって、かなりまいるかも。
C01405.jpg

SC03168.jpg

C01403.jpg

C01407.jpg

C01408.jpg

C01410.jpg


途中で小雨も降り出してきた。
C01411.jpg


生月大橋を渡り、ようやく今朝でた平戸市街には5時30分に到着。
かなり疲れたかも・・・ 

観光案内所で安い温泉を聞きたかったのですが、すでに閉まっている・・・
とりあえず、またあの足湯に向かうことにした。

足湯でガマンしようかとも思ったが、やはり温泉に入りたいかも。

この街は温泉旅館がいくつもあるみたいだ。
いろいろと観光MAPで探してみることにした。
ホテル「海上ホテル」が近そうだ、ここに向かうことにしよう!

で、かなり場違いかも・・・

古い建物ながら、きれいにしている。
高かったらどうしよう~ (>_<)
SC03192.jpg


フロントに行き、とりあえず温泉の料金を確認してみたり。
600円だそうだ、これは旅人にも優しい値段かも。

さっそく自転車に着替えなどの荷物を取りにいき、お風呂へ。

お風呂は2つあり、露天風呂と水族館風呂があるそうだ。

なんでも水族館風呂がテレビの「なにこれ珍百景」で紹介されたところらしい。
入り口には自慢げに大きな看板が置いてある。

なら、そちらにしようかな、

単に面白そうという理由名だけです。(笑)

自分のほかは1人いるだけだ、みな露天風呂に行っているみたい。
確かに、お風呂を半円を描くように水槽があり、
何匹かの魚が泳いでいる。

たまに鯛も泳いでいるので、このホテルの料亭のいけすにつながっていたりして。(笑)

テレビという言葉に釣られてしまったかも、
ゆっくりするなら露天風呂のほうが絶対いいと思う。

簡単に言うと、料亭のいけすにつかっている気分になるのだ。(笑)

しかも、肝心の水槽はすこしだけ曇っていて見にくい・・・


お風呂から出たあとは、しばらくはここに居させてもらうことにしよう。
公園に行っても寝るだけであるし、こちらのほうが居心地がいいかも・・・

ソファは久々~ (>_<)

ロビーにあったものに座ると本当に気持ちがいい! 
9時30分までここでゆっくりさせてもらうことに・・・

おそらく、フロントの人は「こいつ、いつまで居るんだろう」と思っていたに違いない。(笑)

それから公園に戻ってテントを張りました。




現在地:平戸港交流広場(長崎県平戸市)


走行時間 5:33[h]
走行距離 65.7[km]
平均速度 11.8[km/h]
最高速度 44.1[km/h]

積算走行距離 2126.9[km]

天候:曇り時々雨
体調:良好


5月6日 おしまい。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/





スポンサーサイト

[2011/05/14 12:16] | 長崎
トラックバック:(0) |
朝6:00 目を覚ます。

SC03011.jpg


この公園で、何かこれからあるのだろうか、
荷物をまとめていると自分の前にお年寄りの方が集まりだすのだ。

これは居づらいかも・・・ (>_<)

急いでテントを片付けることにした。

そして6時30分になると、彼らはラジオの放送に合わせてラジオ体操を始める。
朝から健康な人たちだ。

そして、「ラジオ体操第2~ 」とさらに続くのだ。
自分の知らない世界だ、初めて聞きました。

15分ほどで体操は終わり、お年寄り方は皆帰っていく。
そのうちのひとりと話しをし、この先の道などを聞きました。


その後は7時からアーケード街のマクドに入り、日記などを書いていく。

このマクドがコンセントもあり居心地がいいのだ。

一日中ここにいて、遅れているブログの更新に当てようかとも考えましたが、
なんせ今日はいい天気だ、進んだほうがよさそうかも・・・


10:30 佐世保市街を出発!

SC03014.jpg


ここからさらに北上して長崎の生月島を目指すことに。
そこには道の駅があるのだ。

国道204号線を進んでいく。

11:00 「すき家」に入り、牛丼を食べることにした。

大盛りを頼んだのですが、やはり物足りない。
自転車をこいでいると、本当にお腹が空く・・・ (>_<)


道はお店もない、山奥へ・・・

トンネルに入るといきなり車が渋滞していた。

事故かと思ったら、農作業用のトラクターがゆっくりと走っている。
田舎ならではの光景だ。

後続車は追い越せないようで、何台も続いているのであった。

それにしても遅い・・・

自分よりも遅いので、時速は10km/hぐらいだろうか。(笑)
このトンネルには歩道があったので、自分は問題なくスイスイ行くことができた。


途中、コインランドリーへ寄ってみたり。

洗濯物がたまっていたところであるのだ。
洗濯600円に乾燥100円はまあまあな条件だろう。

最大限活用するため今はいている靴下なども入れることに。

なれた人は、ここでパンツ1枚になって全てを洗濯するそうですが、
それはかなりレベルが高そうだ。(笑)

洗濯するため、30分程ここに。



SC03028.jpg


並走する松浦鉄道の潜竜ヶ滝駅がなかなかモダンで驚きました!
無人の簡単な駅なんですが、オシャレなかんじ。
SC03024.jpg


期待して他の駅も見ていくのですが、あとは普通でした。


SC03027.jpg


それから道は再び峠道へ。

かなり足に応える坂です。

しばらくは蛇が出てきそうな、うっそうとした道が続く。
SC03029.jpg
車が多く、車道も狭いので大変だ~ (>_<)

2:30 道の駅「昆虫の里 たびら」に到着!

SC03031.jpg


ここだけ山中の開けたところにあるかんじだ。

広い駐車場もあり、野宿には適しているかも。
今が夕方なら、ここで野宿をしていただろう・・・

ここでアイスを食べて休憩、多くの人に声をかけてもらいました。

中には自分の息子が旅をしたことがあり、写真を送ってやりたいと、
写真を撮っていく。

ちょっと自分の髪がぼさぼさなのが恥ずかしいかも。(笑)

ここで購入されたバナナを貰いたり。

道の駅を出た後はこれまで上った分、残りは下りのみだ。
一気に下っていきました。

山中の道から視界は開け平戸大橋へ。
これを渡れば平戸市街に到着だ。
C01344.jpg


なかなか立派な橋かも。
SC03040.jpg


そして橋を渡るとすぐお城が見えるてくるのだ。
C01345.jpg

平戸城だそうだ。

平戸は温泉街であり、それなりの観光地であるようで、
町並みも過去にオランダとの貿易で栄えた当時の洋風建築が復元されている。

聖フランシスコザビエル記念教会に行きました。
水色のツンツンした天主堂だ。
SC03046.jpg

SC03050.jpg

SC03057.jpg

名前の通り、あのキリスト教を日本に伝えたザビエル氏はこの島にも来たそうです。
C01347.jpg

C01346.jpg


その近くには、寺院と教会が一所に見れることで有名な坂があるみたい。

看板には「寺院と教会の見える風景」とありました。
たしかに珍しいかも。
SC03060.jpg


ちょっと教会が小さくて分かりづらいかな・・・
でも異国情緒あふれる風景だね。(>_<)

ここで、母と娘の親子2人でで観光に来た人に声をかけてもらったりする。
なんでも、先ほどの平戸大橋を車で走っているとピカチュウが見えたそうだ。
ピカチュウの効果は抜群かも。(笑)

本当はこの先にある生月島まで行き、そこにある道の駅で野宿をしようと思っていたのですが、
すでに夕暮れでだ、この街で野宿したほうがいいかもしれない。

街を散策していると港に面したいい公園を発見!
SC03068.jpg


ここ平戸交流広場はオランダをイメージしたベンチやカフェがあり、きれいな芝生になっていた。
トイレもあるし、ここにしよう!


人通りもあり、暗くなるまでテントは張らないほうがいいので、時間をつぶすことにする。
地図に無料の足湯があるそうなので、行ってみることに。

座布団まで用意してくれている、居心地がいいかも~ (>_<)
SC03074.jpg


ここで、ひとりの若い男性と話をしていました。
過去にバイクで日本一周したそうだ、今はここに観光に来ているそう。
いろいろ参考になる話を聞かせてもらえました!

夕暮れの7時ごろにスーパーに寄って、自炊の材料を購入してから公園に向かうことに。

暗くなった公園にはライトアップがなされていた。
ここまできれいにされていると、テントを張りづらいのだが・・・
C01354.jpg

C01355.jpg

C01356.jpg

公園には自分一人なので、なんだか贅沢なかんじ。(笑)
とりあえず観光案内所のそばにテントを張ることにしました。


焼きそばを作るのですが、どうしても鍋底が焦げ付いてしまう。(>_<)
毎日こうとくるので、すこし考え物かもよ・・・

人はたまに犬の散歩にくる人ぐらいだ、静かな場所で気に入ったりする。
ゆっくり眠れそうです。

C01362.jpg
平戸城もライトアップされています!



現在地:平戸港交流広場(長崎県平戸市)


走行時間 3:42[h]
走行距離 47.6[km]
平均速度 12.8[km/h]
最高速度 36.9[km/h]

積算走行距離 2061.1[km]

天候:晴れ
体調:良好


5月5日 おしまい。


よかったらクリックして~ (>_<)/
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!


[2011/05/13 09:31] | 長崎
トラックバック:(0) |

No title
枯木チャリダー
15日に九州別府へ大阪からフェリーで入ります
入れ違いで残念ですが安全運転でよろしく!


はじめまして。
順天姉
こんにちは。
元長崎在住人です。
たくさん長崎を回ってくださったんですね。ありがとうございます。
私がお礼を言うのもなんですが、長崎大好き人として言わせていただきますね(*^_^*)

長崎のおじさんはおしゃべりなんで大変だったでしょう?しかも坂は多いし、車は多いし、道は狭いし・・・・とても疲れたと思います。
無事帰還できる事を祈っています(^^)


順天姉さんへ
サトシ
2時間以上立ちっぱなしで話されたときは大変でしたよ。(笑)

長崎は路面電車がよく似合う街だな~と、思いました!
楽しかったですよ。(>_<)

こめんとありがとうございます!


枯木チャリダー さんへ
サトシ
そちらこそお気をつけて!

楽しんできてください。(>_<)~

コメント:を閉じる▲
朝7:30 目が覚める。

今日はいい天気だ、佐世保市内に行くことにしよう!
ゴールデンウィークなので、今朝も駐車場には多くの車が止まっている。
SC02929.jpg


8:20 道の駅「さいかい」を出発です!
本当にいい道の駅だったかも。(>_<)
SC02928.jpg


道は県道43号線から国道202号線へ。
それほどきつくは無い峠道だ、順調に進む。


9:30 西海橋に来た。
この橋を渡れば、いよいよ佐世保市だ。
SC02934.jpg

で、この橋の下には渦潮ができている。

この針尾瀬戸は徳島の鳴門海峡、山口の関門海峡と並ぶ日本三大急潮だそうですよ。
公園もあり観光客も何人かいます。

西海橋のそばには新西海橋がみえる。
向こうは有料だそうだ、地図で見るとハウステンボスへ一直線に延びている。
SC02939.jpg


ところで、橋の遠くに煙突のようなものが3本あるのが見えますか!?

自分も後でわかったのですが、これは煙突ではなく無線塔だそうです。
あの、旧日本海軍が真珠湾攻撃の暗号「ニイタカヤマノボレ」を発信した針尾無線塔だそう。

普通にゴミ処理場の煙突かと思いました。(笑)


この新西海橋の下に設けられている通路が歩行者専用通路なので、自転車を押して進んでいきました。
SC02955.jpg

SC02956.jpg


このように、下を覗けるんですが・・・
あぁ、すこしめまいかする~ (>_<)
SC02958.jpg

SC02964.jpg


さらに佐世保市街へと国道202号線を進んでいく。
C01335.jpg


標識にはハウステンボスの文字がある、寄ってみたいかも。
しかし、かなりの寄り道になりそうだ・・・

目の前に行くだけってのも、なんだか惨めであるし先へすすむことにする。


それにしても今日は暑いかも、自転車をこいでいると汗がだらだら出てくる。(>_<)

夏までに北海道に行けたらと思っていましたが、
夏に北海道にいないと死ぬかも・・・

C01336.jpg


佐世保市外へ向かう道路はものすごく渋滞しています。
やはり、ゴールデンウィークだな~
C01338.jpg

C01337.jpg

大変そうだ・・・ (>_<)


佐世保市街に程近いところで、あの通販大手の「ジャパネットたかた」を見つけました!
ここが本社だろうか!?
SC02970.jpg


中を覗くとすっきりとしてきれいな庭園があり、まるで海外のホテルのようだ。
ゴールデンウィークなので、誰もいる気配がなく静かです。


やはりアメリカ海軍の基地がある街だけに、沖縄にそっくりです。
国道沿いには英語でデカデカとした看板が並ぶ。


12:00 JR佐世保駅に到着!
これは予想以上に都会かも。
SC02977.jpg


SC02998.jpg


さっそく楽しみにしていた佐世保バーガーを食べることにしました!

観光案内所に行くとバーガーMAPまである力の入れよう。(笑)
それぞれのハンバーガーの写真が載っていたので、一番おいしそうなところへ。

アメリカンバーガーショップのスペシャルバーガーを購入です!

店の前には待っている人がたくさん!
かなり繁盛していて自分も15分待ちました。

さっそく近くの公園でいただくことに。
SC02985.jpg

ピカチュウと比べると分かると思うのですが、本当に大きなハンバーガーですよ!
手のひらほどの大きさで、かなりの重たさ。(笑)

今まで食べたことのないハンバーガーの味がします。
なかなかおいしいですよ!(>_<)


その後は市街を散策することに。
アーケード街が長く続いています。
SC02986.jpg

SC02987.jpg

SC02992.jpg


今日は汗をかいたのでお風呂に入ろうと思うのですが、
意外にも、これがなかなか見つからないです・・・  

観光案内所まで戻ろうとしたとき、一人のおばさんが話しかけてくれてた。

この近くにあるホテルには温泉があるそうだ、そこ行くことにしよう。

で、そのホテルの前には強烈な坂が待ち構えているし。(>_<)
なにげに「健康坂」とあるが、自分には地獄坂以外の何者でもなかったりする。(笑)

そしてちょっとびっくりだ、1000円もする!(>_<)
しかし、目の前まで来て帰るのもあれだし、ここにするとしよう。

支配人らしき人が丁重に招いてくれた。

露天風呂もあるそうですが、それは5階だそうで、
3階の風呂場から向かうにはいちいち服を着ていくそうだ。

それは面倒かも、
露天風呂には行かず、ここで念入りに体を洗っていた。


ここにはネットカフェがあることを観光案内所で聞いていたが、
街を散策していると、けっこう公園が多い。

野宿でよさそうだ。

適当に歩いていると、佐世保川沿いにある佐世保公園がよさそうです。

SC03010.jpg


近くには米軍基地があり、その関係者が多く見られる。
イオンで焼きうどんに豚肉などを購入、公園で自炊した。


明日からは、さらに北上して平戸市内に向かう予定だ。




現在地:佐世保公園(長崎県佐世保市)


走行時間 4:20[h]
走行距離 39.3[km]
平均速度 9.00[km/h]
最高速度 45.2[km/h]

積算走行距離 2013.5[km]

天候:晴れ
体調:良好


5月4日 おしまい。


よかったらクリックして~ (>_<)/
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!

[2011/05/12 15:02] | 長崎
トラックバック:(0) |
7:30 起きる。

結局、この休憩所の中で寝たのは自分ひとりだけであった。
暖かくで、静かなところだったのでよく眠れました。


8:40 道の駅「夕陽が丘そとめ」を出発!
SC02902.jpg

天候は曇り空だ。

天気予報も雨が降る可能性を注意している。
黄砂混じりの雨だそう、それは嫌だな・・・

雨が降るまでに佐世保に到着できるだろうか。

海岸沿いの国道202号線を、佐世保方向へ北上して行く。
SC02903.jpg


途中、スピード違反の取締りのため草むらに隠れている警察官と目があってしまった。
少し惨めな仕事だな、じゃんけんに負けたのだろうか。

で、その先には何台もの車がつかまっている。

ゴールデンウィークなので、満員御礼といったところだろうか。(笑)


9時ごろから小雨が降りだしてしまった~。
これはちょっと想定外の事態。(>_<)

レインウェアを着るほどでもないが、地図などはしまうことに。
ピカチュウもカバンの中に入れておいた。

と、いうのも、最近ピカチュウが黒くなってきたのだ・・・

たまにウェットティシュで拭いてあげるのだが、どんどん黒くなっていく・・・
まぁ、これも旅の証みたいなものでいいかもしれない。

ただ今日は黄砂混じりの雨だそうなので、
今日だけカバンの中でガマンしてもらうことにしよう。

SC02906.jpg


しばらくすると集落に入って行く。
すこしお腹が空いているので、何か食べたいな。

すぐにドコモの大きな看板が見えた、
ドコモがあるなら、少しは大きな町かもと期待してしまう。

しかしそこにはドコモはなく、看板の下のほうには「この先18km先!」とある・・・

そしてコンビニも無かった。(>_<)


お腹が空いていたのでスーパーに入ることにした。

SC02910.jpg


お弁当が安くで売られていたので2つ買うことに、
雨が降っているので、バス停の下で食べていました。

SC02911.jpg


まいった、なかなか雨が止んでくれない。(>_<)

雨宿りにと途中でバス停の小屋に入ろうと試みるが、入り口が狭く自転車が入らない。

その先にコンビニを見つけたので、そこで雨宿りをした。


これでは、今朝の道の駅に連泊するべきだったな・・・
24時間開いている休憩所もあったし、少し後悔かも。(>_<)

この間も、雨は一向に止む気配がない。


このコンビニのポスターを見ていたら、プロ野球の福岡にあるヤフードームの日程が載っていた。

今月の10,11,12日にソフトバンクとオリックスの試合があるみたい。
自分はオリックスファンなので、見に行きたいかも。

間に合うだろうか、まだ長崎だ・・・

30分ほど雨宿りをしていたが、状況は変わらなかった。
結局、小雨の中を出発する。

この先、大島という島に寄り道しようと思っていたが、この雨だ、
佐世保にそのまま向かうことにします。

それにしても、雨の中の走行は疲れる。(>_<)

佐世保方向へと向かうため大島へ延びる大島大橋の手前で国道202から県道43に移ることに。


途中、みかんの無人販売小屋があったので、ここで再び休憩。
残念ながら、ここにみかんは置いてはなかった。

小屋のわずかな屋根に自転車を入れ、立ったままでいる。
特にすることも無いので、過去の日記などを読み返していた。

沖縄が懐かしく感じる、
そうしていると眠たくなってきた。

ここで30分程ここで雨宿りをしていた。
気がつかないうちに雨は上がっていたので出発する。

この辺りはみかんが有名みたいだ、

この先にある道の駅「さいかい」もみかんドームと呼ばれているそうです。

道の駅までもう少しだ、佐世保まで進むかはその道の駅しだいかな。
この県道もけっこうな峠道だ、雨上がりのため山の香りがする。


1:45 道の駅「さいかい」に到着!
SC02917.jpg


写真では人がほとんどいませんが、けっこう多くの人で賑わっていました。
さっそくみかんドームの中へ。
SC02922.jpg

みかんアイス、みかんシフォンケーキなど、みかん尽くしだ。(笑)


みかんドームとは別に道を挟んで休憩所がありました。
SC02916.jpg


なんと、驚いたことに畳の寝転がれるベットがある!
なんて親切な道の駅なんだろう~ (>_<)
SC02912.jpg


みかんドームから離れているため、誰も気がつかないのだろうか!?
誰も来ない静かなところでした。

なので、ちょっと横になったり・・・

ZZZZ・・・・

一時間ほどこの畳の上で寝てしまったようだ。
これは本当にありがたいかも。 (>_<)

しかし、閉館時間などがどこにも書いてはいない。
昨夜の道の駅のように24時間開けてくれていれば助かるのですが。

みかんドームと一緒に6時に閉まるのだろうか・・・

この道の駅の目の前にはコンビニもあるし、
今日は疲れた、ここで野宿することにしようかな。
もしこの休憩所が閉まっても、辺りにはテントを張れる芝生の広場もある。

雨は上がったが、今から佐世保市内まで行く気力はなくなってしまった。
まだ3時ですがね(笑)

しばらくは日記などを書いてすごす。
コンセントも使えたので、充電などもさせてもらえた。


そして6時になると、やはり管理人さんが来た。

追い出されるかと思いきや、今日は開放したままにしておくから、
泊まっていってもいいと言ってくれました。(>_<)

なんてやさしい人なんだろう!

今日は安泰である。(笑)

昨夜に寝泊りした道の駅もよかったですが、ここはさらに快適だ!
こうして畳のベットがあり洗面場もある、コンセントも使え、トイレは真横、コンビニは目の前だ。

今までの中で一番いい道の駅です!
おそらく、これ以上いい道の駅はないんじゃないかな!?


ゴールデンウィークとあって閉館後の夜も駐車場には多くの車が止まっている。
たまに外から聞こえてくる声から、子供達が楽しそうに走り回っていることが伺えた。

この休憩所には1人だけ携帯の充電をしに来ただけで、ほとんど自分ひとりであった。
こんないいところに、独り占めなんてなんだかすみませんです。(>_<)
SC02925.jpg


なんか最近ゆっくりしすぎだ、
明日こそ佐世保に到着しようと思う。

佐世保バーガーが楽しみだ。(>_<)




現在地:道の駅「さいかい」(長崎県西海市)


走行時間 2:59[h]
走行距離 33.6[km]
平均速度 11.2[km/h]
最高速度 44.8[km/h]

積算走行距離 1974.2[km]

天候:雨のち晴れ
体調:良好


5月3日 おしまい。

[2011/05/09 07:43] | 長崎
トラックバック:(0) |
8:30 寝泊りしていたネットカフェ「フリースペース」を出る。


今いる繁華街から路面電車に乗って、長崎駅へ。

駅ビル内にあるミスドでブログなどを書いてすごす。

旅しながらブログ日記を書くのは大変だ~ (>_<)
でも、思い出にもなるし続けようと思う。

ここで以前に鹿児島の長島で留めていただいた小川さんと電話する。

おじさんとは、その後もずっと連絡を取り合っているのだ。

自分のことを心配してくれて、今はどのあたりを走っているのかと聞いてくる。

パソコンがないので、このブログ日記を見せてあげられないのが残念だが、
こうして近況を報告していけば、おじさんも喜んでくれるのだ。

ちなみに、熊本で泊めてらったおじさんもたまにメールをしたりする。

おじさんは自分に詩を送るのであった。
まぁ、彼らしいと言えば、彼らしいかも。

おじさんに頼まれて、彼が通い思いを寄せている整体師の女性に、
自分が詩を代筆していたあの日の夜が思い浮かぶ。(笑)

最近は写真も添付してくる力の入れようだ。

しかし、お世話になったその後も付き合いがあるのはいいことかも。
日本一周を達成したときには、彼らにいい報告ができるよう旅をがんばろうと思う。


そんなこんなで時間がすぎてしまった。

今日から佐世保を目指して進むのだ。
長崎市街は気に入ってしまったので、すこし残念です。(>_<)


11:30 長崎駅を出発!

国道206号線を北上していく。

世間はゴールデンウィークの真っ只中である。

自転車の後ろに吊り下げている鍋にはピカチュウを入れている。
子供達はそれをを見ては大はしゃぎするのであった。(笑)

市街地は車が多く、走るのも大変だ。(>_<)


佐世保まで65kmとある、しんど・・・
C01322.jpg

しかし、道しだいだが今日中にたどり着かないことはない距離だ。

ところで、気になることがあったりするのだ。

実は、以前にあった旅人のヨッシー松田さんがが、
道の駅「夕陽が丘そとめ」はこれまでの中で一番すごしやすい所だと教えてくれたのだ。

彼は1年半も九州をグルグル回っているので、その言葉にはかなりの説得力がある。
ぜひ、この道の駅を訪れてみたいので、少し寄り道するつもりだ。(笑)


途中、コンビニで休憩をしている旅人を見つけました!
自分もお腹がすいてきたので、休憩することにしよう。

彼は森君といい、旅して3週間目であるそうだ。
SC02873.jpg

実家は岐阜だそうですが、京都の立命館大学同志社大学に通うので、自分の大阪に近くうれしいな~

今は大学を休学して旅をしているそうだ、
この先長崎市街に行き、平和公園などを観光するという。

彼は佐世保から走ってきたので、自分とは正反対に進んでいることに。

そして、この先は自分も苦労した熊本の阿蘇に上るそうだ。

ためになったかは分からないが、
阿蘇ライダーハウスやお勧めのミルクロードなどいろいろと情報を話してみたりした。

かなりきつい道ですが、本当に阿蘇はきれいなところなので上る価値は十分にあると思う。
がんばれ~ (>_<)

そして、彼は岐阜に来たときは自分は京都でいないかもしれないが、
実家に泊まっていってもいいといってくれるのだ。
しかし、それは彼の両親に迷惑がかかりそうかも(笑)

コンビニの前で話をしながら食事をしていました。
そして彼とは別れました、お気をつけて!!


ここから国道206号線を進めば佐世保に到着するのだが、例の道の駅「夕陽が丘そとめ」に寄り道するので、
何とか山を越えた反対側に延びる国道202号線に渡る必要があった。

また山登りになりそうだ。(笑)


地図で確認し、県道115号線を走ることにする。
目測だが、地図から見る限り5kmといったところだろうか。
このくらいはなんとかなるだろう。

やはり、すごい峠道だ。
C01325.jpg

たまにバスが走るぐらいで、車はほとんど見かけない。
まぁ、走りやすくて助かるのだが、山中でのひとりは不安だ。
C01323.jpg

おかしなことに、探している県道115を示す標識が見当たらない・・・

しかし、きれいに舗装された道なので間違ってはいないと思う、
とりあえず進んでいくことにしたのであった。

途中には道案内も無い分かれ道がいくつもあるが、この広くてきれいに舗装された道を進めば問題なしだろう。
SC02874.jpg

SC02883.jpg


で・・・

なんと、行き止まりとある!! (>_<)

おかしい・・・

この道は自分が思っていた県道ではないのだろうか!?
なんとか山から抜け出し、海沿いの道に出たいのですが・・・

ならばと、携帯電話の地図機能を使い現在地を確認してみることにした。

「・・・・」

なんと携帯電話君は海を指している・・・

山中で遭難して、海を指すとは、いい加減すぎるだろ~ (>_<)

しかし、外すなら大きく外してくれてよかったかも。
中途半端に外されていたら、それを信用していたところだ、さらに迷っていたかもしれない。

この携帯電話は古いもので、地図は今主流のGPSではなく、
電波の位置から場所を特定しているので、精度は当てにならないな・・・

スマートフォンを買えばよかったかも・・・

悩んでいてもしょうがない、
これまでの分かれ道に戻り、確認してみることにした。

しかし、この道以外は廃道みたいなかんじが多かったと思うのだが・・・
最悪でも、来た道をすべて戻れば長崎市街に延びる国道には出るのは確かだ。

今は5時、この辺りは7時過ぎまで明るいので、2時間ほどで何とかしないといけない。

それにしても、現在地が海を指しているときは少し鳥肌が立った。(>_<)
辺りは山々が連なり、海や家々は見当たらない。
本当に山奥にいるかんじだ。


途中の分かれ道に「○○研究所方向」とあるのを見つけました。
これじゃ、国道に出るのか分からないし、道も舗装された道から狭い砂利道に変わっている。

国道にも出ず、単に山奥の研究所についてしまったらと考えると、
とてもじゃないが、行く気にはなれない・・・

さらに来た道を戻っていくことにする。


そして簡単な屋根のあるベンチを見つけた。

ベンチの周辺は木々が生い茂るこおとなく、多少開けた場所にあるのでテントを張ろうと思えばできるだろう。
ここで野宿するかしばらく迷ったが、山奥で気温も相当低下しそうだ。

来た道をすべて戻り、街に戻ったほうがいいだろう。

そこを後にすることにした。

しばらく来た道を戻ると、初めは気がつかなかった簡単に木でできた標識を見つける。
自分の行きたかった国道202号線まで約5,5kmと書いてあった。

初め見たときは5,5の点の部分が消えかけ、55kmに見えてしまったのだから、驚いた。

あせっているからだと思う、冷静にならないと・・・

その道の方向を見れは、今いるきれいな舗装された道とはかけ離れたものだった・・・
車1台分の狭い幅に、大きな木々がトンネルのように生い茂る荒れた道だ。

探している県道115号線ではないが、国道に出れるのならこれでいいだろう。

これまで相当に上ってきているので、下りばかりで助かった。(>_<)
グイグイ飛ばしていく。


先に畑が見えたときは安心しました。

それをかわきりに家々が現れ、山の急斜面にたつ集落に入る。
集落は海沿いまで続き、何とか国道202号線に出てくることができた。

よかった。(>_<)


しかし、どこで道を間違えたのであろうか。

縦に連なる山々を横断するすもりが、いつの間にか縦断する道に入っていたようだ。

ここから目的地の道の駅はそう遠くない、もうひとがんばりである。
SC02888.jpg

6:05 道の駅「夕陽が丘そとめ」に到着!
SC02892.jpg

ゴールデンウィークなので駐車場には車がいっぱいである。

バイクも多く止まっていて仲間でツーリングだろうか、楽しそうに話している。


名前の通り、夕陽がよく見える丘に位置していた。

ヨッシー松田さんのお勧めどおり、ここには24時間解放された休憩室がある。
中はコンセントも使え、電子レンジまで置いてくれているという寛大さだ!
SC02899.jpg

今夜はテントを張らずに、この休憩所のなかで寝ることにしようかな。
暖房もあるし、椅子の上でシュラフに包まって寝れば気持ちがよさそうだ。

7時閉店ぎりぎりに売店に行く。
豚肉が手ごろな値段であるので、購入しておいた。
持ち合わせていた焼きうどんがあるので、これでさっそく自炊しよう。

この時、ひとりの若い女性のライダーと話をしていました。

彼女はバイクで東京からここまで走ってきたそうだが、自分の自転車にびっくりするのであった。

ゴールデンウィークのみのツーリングで、明日から東京に向けて帰っていくそうだ。
その後、近くの民宿へと行ってしまったようだ。

バイクは他にも何台かいたのですが、皆さん民宿に泊まるようだ、
夕暮れとともに道の駅を去っていく。

しかし、車泊する人達などキャンピングカーが何台も止まっているので、
夜も賑やかなまま、中には猫を連れている人もいる。


夜、休憩所のなかで日記などを書いていると、
2人でバイクツーリングしているうちのひとりが話しかけてくれた。

初めは普通に旅の話をしていたのですが・・・

おじさんは鹿児島の知覧にある特攻隊の記念館に行ったそうだ。

ここで非常に感情的になり、途中から涙しながら自分に話しするのである。

あまりに涙するので、声がかすれて言葉が詰まっているほどだ。
よほど印象的だったのであろう、驚きました。


涙しするおじさんにかける言葉が自分には思いつかない。(>_<)
そして、しばらくは沈黙が続いた・・・

そして、おじさんは自分に行くよう強く勧めるのであった。
地図で確認すると、知覧はかなり内陸部にはいり、自転車はかなりの峠越えを強いられそうだ。

しかし、おじさんの気持ちは受け取りました。

時計回りに日本を一周してきて鹿児島に戻ってきたときは、
かなり寄り道になりますが、その知覧平和公園に行くことにしよう。

これはおじさんからの宿題だ。

SC02900.jpg


その後、おじさんは外にテントを張って寝るそうだ。
この休憩室は人の出入りもあり、落ち着いて眠れないとのこと。

それから自分は車で大阪からきた家族連れの人と話したりし、その後自分も寝ることにした。

明日は佐世保に到着する予定だ。

それにしても、今日は大変な一日だった、危うく遭難するところだったですし。


しかし、今日一番の印象に残っているのは、最後のおじさんの涙だったりする・・・



現在地:道の駅「夕陽が丘そとめ」(長崎県長崎市上黒崎町)


走行時間 3:57[h]
走行距離 46.0[km]
平均速度 11.6[km/h]
最高速度 44.1[km/h]

積算走行距離 1940.5[km]

天候:曇り
体調:良好


5月2日 おしまい。

[2011/05/08 22:00] | 長崎
トラックバック:(0) |


俊君
チャリダーの森君です(ちなみに立命じゃなく、同志社です(笑))。
今日ちょうど阿蘇ライダーハウスに泊まってます、阿蘇の上り坂は予想以上にきつく、引き返そうと何度も思いましたf^_^;)
岐阜は本当に泊まってください、うちの親は寛大ですからw


森君へ
サトシ
同志社でしたか、ごめんなさいです! (>_<)

旅も順調そうですね。
時計回りなので岐阜に入るのはまだまだですが、楽しみにしています!

お気をつけて!!


コメント:を閉じる▲