ただいま~♪
6:30 起床!

@@@DSC01353.jpg

で、起きてびっくり!

テントの横には・・・

@DSC02125.jpg

魚が!

隣が市場だから、誰かが落としたとか!?
まさか自分への差し入れとは思えないし・・・

で、いちばん厄介なのはテントに血がついてしまっている・・・


8:30 魚はそのまま、道の駅を出発!

国道191号線は海沿いの平坦な道が続くので快調に進んでいく。(>_<)
途中にの海岸沿いには野宿がしやすそうな公園がいくつも見える。
自分が野宿した道の駅は車の音が一晩中うるさかったので、ここにしとけばよかったかも。

@@@DSC01356.jpg


走ること1時間・・・

9:45 道の駅「阿武町」に到着!

@@@DSC01360.jpg

@@@DSC01361.jpg

ここは「道の駅」発祥の駅らしい。
駐車場が大きく殺風景に見えるけど、温水プールや温泉にアスレチック広場など、
施設がかなり充実した道の駅かも。

その温泉は11時からとある・・・

今からだと1時間以上も待たなくてはいけないので、先へ進むことに。
この先にも温泉があるのでいいだろう。

途中のトンネルでは歩道が狭く、サイドバックが付いているので大変だ! (> <)
@@@DSC01376.jpg

油断してサイドバックを壁に擦り、車道に倒れたら怪我じゃすまないかも・・・
慎重に進むことに。

こんなに細い歩道なら、テールランプをつけて車道を走ったほうが安全かも・・・

少しの間、国道をそれ県道へ寄り道。
ここはJR山陰本線が海沿いの鉄橋を走ることで、その美しい景色から鉄道ファンの有名な撮影場所みたいです。
@@@DSC01382.jpg

で、肝心の電車がこない・・・ (> <)

あまり待ってはいられないので、先へ進もうかと思っていると後ろから来た車が自分に軽くクラクションを鳴らす。
昨夜、萩の道の駅で話した、車で日本を旅するおじいさんでした!

しばらくはおじいさんといろいろ話をしていました。
このおじいさん、若いときはかなりバイクで旅をしたようで、旅の大先輩なのだ。


おじいさんとはなして30分・・・

ようやく電車が通ってくれました!
@@@DSC01391.jpg


この先の国道には、地図から見る限り1km以上もの長いトンネルが待ち構えている。
県道の旧道があったのでそちらに。

しかし、この旧道がかなりの峠道に!

かなり後悔かも。(> <)
普通にトンネルを走ったほうが絶対にラクだったと思う・・・

で、その旧道の県道343号線。
@DSC02144.jpg

@@@DSC01403.jpg

木々に覆われ、うっそうとした道が続く・・・

たまに木々の間から海が見えるかんじ。
@DSC02157.jpg

@DSC02133.jpg


まったく変わらない景色にすこしうんざりだ。

走っていてあくびがでたり。(笑)


と、思っていたら途中で犬が!!

@@@DSC01410.jpg

近くに家は見当たらないのですが、首輪をつけているので野良ではないみたいだ。
で、この子がかなり人懐っこい子で、自転車で走る自分に喜びながらついてくるのであった。(笑)

可愛かったので、持っていたバームクーヘンをすこしあげることに。

@@@DSC01409.jpg

そばに流れる川で水を飲んでいる隙に、行くとしよう。
でないと、ずっとついてきそうだ。(笑)


で、次はカエル・・・

@@@DSC01406.jpg

カエルの後ろにあるタイヤの濡れた跡が自分が通ったところ。

危なかった・・・
もう少しでひいてしまうところだったし・・・

この道、怖いです・・・

@@@DSC01418.jpg

@@@DSC01416.jpg



1時間かけて峠越え、ようやく国道と合流。

JR須佐駅ですこし休憩。

ここ須佐はイカが有名みたいで、「男命イカ」というみたい。
男命と書いて「みこと」と読むらしい。

で、そのイカ娘かな!?
@@@DSC01423.jpg

確かに、後ろにはイカが・・・


2:00 道の駅「ゆとりパークたまがわ」に到着!

@@@DSC01430.jpg

ここでソファに座ってすこし休憩・・・
久々のソファなので気持ちがよく、ウトウトしてしまう。

この道の駅の中にあるお食事処で海老天とじ丼を注文。
@@@DSC01432.jpg

お腹がかなり減っていたこともあって、本当においしかった~ (>_<)


この道の駅の裏や、その周辺には野宿がしやすそうな芝生の広場が。
ここから数分走ったところには温泉があるのだ。

今日は20km先にある益田まで行く予定でしたが、予定を変更!
このまま温泉に入り、この辺りで野宿でいいかも。

さっそく温泉へ向かっていると、途中には芝生のきれいなキャンプ場が!
でも、その値段にびっくりだ、テント一張り1000円もするのだ!
@DSC02165.jpg

高すぎる・・・
その辺りの公園で十分に思える。


田万川温泉「憩いの場」に到着!
ここは400円と意外に安かったです。
@@@DSC01436.jpg

露天風呂はすこしぬるいかんじかな・・・

次にいつ入れるか分からないと思うと、何度も体を洗ったり。(笑)


で、休憩室でのんびりしていると・・・

ここに自分と同じく旅人のヨッシー松田さんが到着してきたのだ。
正直、速いペースにびっくりかも。

何でも7月に北海道に入る予定で、寄り道もせず走っているそうだ。
一週間前に会ったばかりで、こんなに早く再開するとは思ってもいなかったことだ。

昨夜は自分と同じく萩にいて、自分のいた道の駅ではなく市街の公園で野宿していたそう。


ヨッシー松田さんがお風呂から出てきた後は一緒に和室で休憩。
久々にテレビを見たかも。


その後道の駅に戻り、近くの河川際にある小屋の下で2人一緒にテントを張ることに。

@DSC02184.jpg

@@@DSC01444.jpg

夕飯はラーメンを作ることにしました。
具が調達できず、具無しラーメンになってしまいましたが・・・

ここでヨッシーさんの「詰め替え君」でガスボンベの詰め替えをさせてもらいました!
自分の持っているガスボンベはホームセンターにしか売っていないもので、
この詰め替え君を使えば、一般のガスボンベからガスを移し変えることができる優れものなのだ。

で、詰め替え中・・・
@@@DSC01452.jpg

なんでも、この詰め替え君はネット販売のみで購入でき、その値段もそこそこなもの。

助かりました!


2人で11時まで話したり・・・

旅の参考になる話がたくさん聞けたかも。





現在地:道の駅「ゆとりパークたまがわ」のそばの公園(山口県萩市)

走行時間 3:59[h]
走行距離 48.3[km]
平均速度 12.1[km/h]
最高速度 37.9[km/h]

積算走行距離 2922.1[km]

天候:曇りのち晴れ
体調:良好


6月3日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



スポンサーサイト

[2011/06/13 21:03] | 山口
トラックバック:(0) |

No title
天下人
お疲れさま~
いつもブログ楽しみにしています・・
見ていると結構、旅人さんって多いんですね、、
そんな出会いも楽しみの一つでもありますね\(^_^ )
あと、トンネルは本当に危ないですからね! 自転車なんかお構いなしに凄いスピードで横を抜けていきます! コケたら死にますよ、これからも安全第一で!

天下人 さんへ
サトシ
自分も予想以上に多い旅人にびっくりですよ!

楽しいです! (>_<)

トンネルは本当に怖いですね。
音がものすごいんです!

旅をして3ヶ月たった今でも怖いかな・・・


コメント:を閉じる▲
6:00 起床!

昨夜は一晩中トラックのアイドリング音が響く。 (> <)
まったく、気になってしょうがない!
まぁ、こんなところで寝る自分も悪いのですが・・・

昨晩頂いた差し入れのパンを朝食に食べることに。

ここで地元のおじさんと話を。
お勧めの観光ルートなどを教えてくれました。

しかし、今日1日で全てを回るのは無理だろう。
萩は見所の多いかんじかも。


8:00 道の駅を出発!

まだ時間も早いのでマクドへ。
コンセントが無いのが残念かも・・・

ここでブログの更新をしたりしてすごしたり。

10時過ぎになってマクドを出て、萩の町へ!

修学旅行の学生も多く、多くが自転車をレンタルして回っている。
離れたところにいくつもあるので、自転車が便利みたいだ。

自分も自転車で回ることに。


ここ萩は歴史的な建造物や明治維新で活躍した志士ゆかりの地みたいです。

それを勉強するために、まずは萩博物館へ行くことに。


萩博物館は古い町並みに溶け込むかんじであるもんだから、
目立たないため、なかなか見つからなかったじゃないか~。 (> <)

普通に通り過ぎてしまったし・・・

@@@DSC01272.jpg

さっそく入館料500円で博物館の中へ。
旅館みたいなかんじだね・・・
@@@DSC01270.jpg

親切にもガイドさんが説明をしてくれる。
萩の生み出した偉人達、高杉晋作や吉田松陰、伊藤博文の紹介がされているかんじでした。

@@@DSC01271.jpg

その他にも萩の海に住む生き物の展示など。

長さ3mものイカの標本があったり。(笑)


この萩博物館から走ること数分、萩城下町へ。
当時の景観をそのままに、武家屋敷が並んでいる所だ。

@@@DSC01289.jpg

なかでも白壁がきれいなかんじです! (>_<)

@DSC02092.jpg

@@@DSC01311.jpg


この基盤の目のような壁が好きかも。

@DSC02095.jpg

昔から変わらぬ街並みは江戸時代の地図も使えるというのだから驚かも。
九州・山口の近代化産業遺産群として、世界遺産の登録を目指しているとか。

@DSC02102.jpg

@DSC02093.jpg

ここではいくつかの武家屋敷を見学できるのだ。
全てを回ることは時間的にも無理なので、ガイドブックに書かれたお勧めのところを見て回ることに。

特にお勧めとあった高杉俊作誕生地、菊屋家住宅、木戸孝允旧宅を見て回ることにしました。

どこもきれいな庭園があるかんじだ。

菊屋家住宅の書院からの景色。
@@@DSC01301.jpg


なんだか落ち着くかんじだね。
人も少なかったので、ゆっくりできましたよ。(>_<)

ここでは案内人さんがいて、骨董品などを説明してくれました!
菊屋氏は相当な豪商だったみたい・・・

この天井は釘を使わず梁を組んでいるそう。
@@@DSC01305.jpg


@DSC02100.jpg

大体はこんなかんじかな。
入館料は100円から500円ぐらいがほとんど。

@@@DSC01316.jpg

他にも一般開放している武家屋敷がいくつかあるけど、全てを見るのは大変かな・・・
一応、有名なところには行ったのでよかったかも。


その後は市街を散策したりすることに。
小学校も古風な建物で、町全体が景観に配慮しているようです。


市街から自転車で走ること30分・・・

夕方には松蔭神社へ。

萩では一番有名な観光スポットかな!?
明治維新に尽力した吉田松陰を祀る神社で、中には松下村塾があるのだ。
@@@DSC01318.jpg


その松下村塾。

@@@DSC01328.jpg

@DSC02110.jpg

ここで吉田松陰が教えた塾生が、のちに倒幕の立役者になったそう。
日本の近代化への道はここから始まったみたい。

で、中はけっこう狭い・・・

@DSC02109.jpg

@DSC02111.jpg

中にはこの塾で学んだ生徒の写真が飾ってありました。
高杉晋作(倒幕の指導者)、伊藤博文(初代内閣総理大臣)、山田顕義(日本大学創設者)などいろいろ。

この萩からは多くの偉人が輩出されたみたい。

実は、秋吉台に続いてここにも小学校での修学旅行の時に連れてきてもらったのだ。
当時は何のことだかさっぱりだったけど。(笑)



最後に伊藤博文別邸へ。
@@@DSC01341.jpg

住宅街に溶け込むかんじであるのが意外・・・
目の前の道路では近所の子供達が普通に遊んでいる。

で、あの初代内閣総理大臣の家なのだ。

中庭もあり、広いかんじです!

@@@DSC01339.jpg

これは東京に建てられたものを、そのまま移築したそう。
その一部の移築だそうで、全体は本当に大きな物のようです。

この隣には旧宅もありました。


その後、クロネコ宅配便で実家にたまったパンフレットと萩のお土産を入れて送る。
パンフレットは本当に多く、小まめに送らないとしんどいかんじなのだ・・・
お土産は松下村塾の前にあるお土産店で購入した団子を。


道の駅でテントを張れる夕暮れまで、まだ時間があるかも。
しばらくはマクドで日記など書くことに。


7:00 今朝出た道の駅「萩しーまーと」に到着!
@@@DSC01346.jpg

この時間でも外はまだ明るいかんじだ。
日が高いのも困ったものかも、テントが張れない・・・

ここで、車で旅をしているというおじいさんと話をしていました。

おじいさんも大阪から来たそうで、日本中を回っているそうだ。
たしかに、車の中は生活観が伺える。

やはり、車で寝れるのはうらやましいな~ (>_<)


夜になって、昨日に続いて自衛官の野村さんが再び差し入れの入ったダンボールを持って来てくれる。

またまたすみませんです! (>_<)

ブログなど自分の名刺を渡すと、向こうも名刺をくれたり。
自衛官の本物の名刺だ・・・

なんか、自分の名刺なんかはピカチュウでふざけたかんじなので、すみませんです。(>_<)


で、こんなに貰いました!
@@@DSC01347.jpg


さっそくスープを作ることに。

軽量カップなんかが無いので、150mlなんて分からない・・・
沸騰させるまでの蒸発分も考えて少し多めの水を沸かしてみたが、多かったみたい。
薄いかな~と思ってスープを注ぎ足したりしていると、結果3袋も開けてしまった! (> <)

@@@DSC01351.jpg

夕飯はスープ3袋分を作ったらお腹がいっぱいになりました。(笑)

@@@DSC01348.jpg


おやすみ・・・



現在地:道の駅「萩しーまーと」(山口県萩市)

走行時間 1:39[h]
走行距離 16.7[km]
平均速度 10.0[km/h]
最高速度 19.6[km/h]

積算走行距離 2873.7[km]

天候:曇り
体調:良好


6月2日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/







[2011/06/12 21:14] | 山口
トラックバック:(0) |

No title
新幹線ひよこ
実にきれいな写真ばかりです。
これから先の写真も期待している、かも。
がんばれサトシ。

新幹線ひよこ さんへ
サトシ
了解!! (>_<)/



コメント:を閉じる▲
7:00 起床!

@@@DSC01193.jpg

今日から6月なんて、早いな~
この旅のペースに危機感を感じている今日この頃だったり・・・

北海道にいる間に冬になったらシャレにもならないかも。


昨夜はすこし雨が降ったみたい、
自転車に被せておいたカバーがすこし濡れている。
適当にタオルで拭いてから仕舞っていくことに、けっこう面倒な作業・・・

昨日に続き、空は曇り空・・・
遠くに少しだけ晴れ間が見えているかんじ。
@@@DSC01194.jpg


出発前にここでおじさんと話しを。

以前は出稼ぎで大阪にいたそうで、楽しく話をしていました。
旅していて驚いたのは、大阪に出稼ぎに行っていたという人が多いこと。
しかし、やはり地元が一番みたい。
今はここでのびのびとすごしているみたいです。

朝食に、昨日おばさんから貰ったおにぎりを食べる。


8:30 道の駅を出発!

これから山陰に戻り日本一周のコースに戻るのですが、どうせなら昨日の秋吉台カルストロードを通っていこうかな。

そうなると、またまたしんどい山道が待っているのですが・・・
けど、あの景色はその価値があると思う。

@@@DSC01197.jpg

やはり、しんどい。(> <)

雨上がりもあって、草の香りがするのは好きかも。

で、その道の真ん中にカタツムリが!

@DSC02055.jpg

昨夜の雨のため、何匹も道の真ん中まで出てきてしまっているみたい。
手の届く1匹だけをつまんで林に返してあげたけど、とてもじゃないけど皆をそうしてあげるわけには・・・

そのうち車が通るかと思うと心配かも。

自分もふんずけてしまわないよう気をつけないと・・・


そして、秋吉台に!
やっぱり、この道は最高かも! (>_<)

@@@DSC01206.jpg

@DSC02061.jpg

2月に山焼きをして、今の6月でこの青々とした草原になるなんて・・・
自然のたくましさを感じるかも。

@DSC02059.jpg

@DSC02069.jpg

朝なので車もほとんど無く、音も無いので時の流れが止まったかのような感じ。
自転車をこぐのをやめて、しばらく眺めていました。

昨日に続いて、また曇り空が残念かも。(> <)

@DSC02058.jpg

実は、この秋吉台には小学校の修学旅行で広島のついでに来たのですが・・・
その時に撮っていたインスタントカメラには何も写ってなくて。 (> <)

少年にはつらい現実・・・

「その時は確か、あの山頂辺りでお弁当を食べていたかな~」、と懐かしく思い出がよみがえるかんじ。

しかし、ここにまた来るなんて、
まして自転車で来るなんて、その時の自分には想像もつかなかったことだ。


そしてこの先に、昨日7円足りずに入れなかった温泉が見えてくる。
7円足りずに入れなかったのは、今でも笑えるかも。(笑)
この先には峠道もあるので、ここでは入らないことにした。


秋吉台カルストロードを出た後は県道28号線へ。

初めはちょっとした上りだったけど、すぐに緩やかな下りが続く。
ペダルをこぐ必要も無く、景色を楽しみながら走れました!(>_<)

@@@DSC01227.jpg

田園風景が山間に伸びるように続いている。

しかし、高齢化社会を感じる集落がいくつも。
家々を見れば廃墟が多く、寂しさが出ているのだ。

畑には腰を丸くしてお年寄りの方がしんどそうに作業をしている。

唯一、村中に立派にたつ建物が葬式場だった。
かなしい現実かも・・・

そんな景色がいくつもあるのだ。

@@@DSC01224.jpg



12:00 国道191号線に合流!

日本海側に戻ってきました。
この近くには湯免温泉街があるみたいだ。

さっそく日帰り湯を探すことにしよう。

「湯免ふれあいセンター」が500円で入れました!
露天風呂もあり、1時間ぐらいここでゆっくりと。
@@@DSC01235.jpg

よく考えると、一週間ぶりのお風呂だったり・・・ (笑)

お風呂から出ると、表に止めておいた自転車に多くの人が集まっている。
そこに止めたらまずかったのかな!?

心配になったり・・・

どうやら健康診断のようで、駐車場に止まってある診断バスに並んでいるのだ。

ここで質問攻めにあう・・・
で、来る人来る人に同じ質問が繰り返されるかんじ。

早くここを出たほうがよさそうかも。(笑)


途中、コンビニでパンとアイスを食べて昼食。

ここから国道よりさらに海沿いを走る県道64号線に入っていくことに。
ここからは国道が車専用だったので、迂回を強いられる。(> <)

並走する単線線路は山陰本線、萩三隅線だ。
狭い道も多く、峠道がかなりきつい・・・

@DSC02079.jpg

のどか~ (>_<)

@@@DSC01239.jpg

いつまで続くのか!?、と思うほど長い峠。
せっかくお風呂に入ったばかりなのに汗だくじゃないか~ (> <)

そばを走る車専用道路は高架となっていて山をトンネルで突き抜けるように走る快適な道・・・

うらやましい。(> <)


3:10 道の駅「萩・さんさん三見」に到着!

これまで見てきた道の駅の中では寂しいかんじかな。

しかし、景色は最高かも。
道の駅の前の車道からはこんな景色が広がっていました!!
@@@DSC01243.jpg

@@@DSC01242.jpg

店内を覗いてみるけど、自炊の材料やお弁当は売ってはいなかった・・・

@@@DSC01245.jpg

何も夕飯を持っていないので、ここで野宿は不可能かも・・・
このあたりもスーパーがあるとは思えないほどの田舎なのだ。

この先の萩市街にある道の駅に向かったほうがよさそうな。


アイスなどを食べて、ここでしばらく休憩をしていると、ひとりの男性に声をかけてもらう。

この方は野村さんといい、自衛隊の広報官の方でした。

自衛官と聞くと、なんだか緊張するのは自分だけかな。
なんか自衛隊の訓練で厳しくしごいているみたいな。(笑)

まぁ、この方は広報官なので自衛隊員の募集が業務みたいですが・・・

いろいろ話をしていると、今夜自分が野宿を予定している道の駅まで差し入れを持ってきてくれると言ってくれるのだ。

なんだかすみませんです。(>_<)


その後、萩市街へ進んでいく。

すこし勾配がきつい・・・


橋を渡れば田園風景から家々が軒を連ねるように。

@@@DSC01250.jpg

ついに萩市街に到着だ!

これは予想以上に都会かも。
とてもきれいな街で、マクドやユニクロもあるかんじ!

@@@DSC01251.jpg

@@@DSC01252.jpg

明日にゆっくり観光することにして、その先の道の駅へ。

5:00 道の駅「萩しーまーと」に到着!

@@@DSC01254.jpg

駐車場が広く、野宿もしやすそうなところかも。

大きな道の駅かも、隣には魚の市場がある。
中はお土産店、お食事処が多く並び賑やかなところだ。

お弁当屋さんでお弁当が半額なので、自炊はやめておこうかな。
エビフライ弁当550円が半額で買えました!

さっそく道の駅の前で食べることに。

その後夕暮れになって、いきなり土砂降りの雨が降り出す。
全ての音を掻き消すものすごい雨音。(> <)

@DSC02085.jpg

幸いにも、この道の駅の屋根が大きく雨を逃れることができた。
しばらくして、ピタッと雨が止む。

もう少しこの道の駅への到着が遅れていたらずぶ濡れだったかも。

夜はこの屋根の下でテントを張ることにしよう。
これで、またいつ雨が降っても安心なのだ。

@@@DSC01267.jpg

その後、本当に先ほどの野村さんが大きなダンボールを持って来てくれました!

ダンボールだよ!!

すごい量にびっくりかも、
これまでいろいろ貰ってきたけど、一度にこんなに貰ったのは初めてです!

そして、自分が明日この萩市内を観光して、再びこの道の駅で野宿をすることを伝えると、
また来てくれるといってくれる。

本当にすみませんです。(>_<)


で、その野村さんからの差し入れの山々。
@@@DSC01269.jpg

しばらくは夕飯に困らないかも。(笑)


明日は萩城下町の散策予定~

寝る前にテントの中で、パンフレットを眺めながら予定ルートを決めるのが楽しいかんじ。(笑)



現在地:道の駅「萩しーまーと」(山口県萩市)


積算走行距離 2798.8[km]

天候:曇りのち雨
体調:良好


6月1日 おしまい。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



[2011/06/12 07:20] | 山口
トラックバック:(0) |
旅78日目 「秋芳洞」

6:30 目を覚ます。

@@@DSC01002.jpg

この道の駅の観光案内所が8時に開くのでとりあえずテントを片付け、それまでゆっくりすることに。
観光案内所に入ってからはパンフレットなどをもらったり。


8:30 道の駅を出発!

昨日、快適に下ってきた坂を今度は必死に上っていく。(>_<)
朝出てすぐにこれはキツイかも。
@@@DSC01102.jpg

途中、何度も足をついてしまう・・・


走ること50分・・・

9:20 秋芳洞に到着!

目の前にはお店が並び、石を使ったお土産が多く見られるかんじ。

@@@DSC01009.jpg

@DSC01954.jpg

入館料1200円はすこし高いかも・・・
でも、もちろん入るけど。

@@@DSC01099.jpg


@@@DSC01025.jpg

ひとりはすこし怖い。(> <)

いや、ピカチュウがいるね。(笑)

@DSC01949.jpg

朝なので、人はほとんどいないかんじでした。

中はひんやりとしていて、汗だくの自分には気持ちがいいかんじです!(>_<)
背中の汗がスーとひいていく。

洞窟の中の気温は四季を通じて約17℃だそう。
日本最大級の鍾乳洞だとか。
@@@DSC01085.jpg

@@@DSC01048.jpg

きれいな物や、気持ちの悪い物などいろいろとあるね。
自然が作り出した作品だ、そして今も刻々と作り上げているそう・・・

@@@DSC01081.jpg

@DSC01936.jpg

たまに水滴が体に降ってくるのでびっくり! (笑)

@@@DSC01045.jpg

うん、楽しめました! (>_<)


次はこの秋芳洞の上に広がる秋吉台へ!

ここから再び山道。 
勾配がキツイです・・・

@@@DSC01104.jpg

しんどいよ~ (> <)

坂を40分間ほど上ってようやく木々が草原に!

12:15 ついに秋吉台に到着です!@@@DSC01119.jpg

一面の草原が広がっていました!
どこまでも続く緑の草原!

曇り空がすこし残念かな。

自転車を置き、歩いて散歩してみたり。(笑)
ウォーキングコースがいくつもあり、長いもので3時間も!

自分は手ごろな展望台のあるところまで歩いていくことにしよう。

この青々とした草原は阿蘇を思い出すかも。
人もいないのでこの大地を独り占めです! (>_<)

@DSC01958.jpg

@DSC01961.jpg


この白い石は石灰岩だそう。

@DSC01994.jpg

@DSC01987.jpg

草丈が低い今の時期がこの岩もよく見え、春は一番いい時みたいなのでよかったかも。
草原に点々とするこの石灰岩が、遠くから見ると羊にも見えるね。

風が草原を駆け、草が波のようになびくのが気持ちいい。
かなりの寄り道だけど、来てよかったです!

すこし感動・・・

@@@DSC01124.jpg

この草原は阿蘇と同じく2月に山焼きをして草原を維持しているそうですよ。
かつては森林だったここも、地元の人々の手でこの絶景が生まれているみたいです。

このカルスト台地を突き抜けるように走る県道32号線、通称「秋吉台カルストロード」。
これから走るので楽しみなのだ。(笑)
@DSC02018.jpg


展望台で休憩していると、中国人の観光客ツアーがぞろぞろとお出まし。

いきなり賑やかになる。

ほとんどの人がここでソフトクリームを買っていくので、お店のひとも大忙しだ。(笑)
中国人パワーを感じる・・・

で、その夏みかんソフトクリーム。
@@@DSC01163.jpg

今は夏じゃないのに、夏みかんなのだ。(笑)
皆が食べているので自分も食べたくなったり。


ここを掃除をしていたおばさんが、車から昨日自分を見たという。
そして、車道を走ってはいけないとか何とか注意してくる・・・

ややこしくならないよう、とりあえず頷いておいたけど。

すみませんが、それはムリです。(笑)


そして、この草原を突き抜けるように走る秋吉台カルストロードへ。
もう、最高の気分かも!! (>_<)
D@@@SC01169.jpg

@@@DSC01174.jpg

@DSC02006.jpg

たまに数人でバイクが猛スピードで駆け抜ける。
自分はのんびりと行くのだ。

こんな道が5kmほど続きました!
外国にいる気分になるね。

@DSC02029.jpg

@DSC02016.jpg

@@@DSC01168.jpg

日本の山が全てこんなかんじならいいのにと思ったり。(笑)

山道を下り、草原から林道に。
いつもの日本の道だ。
別に嫌というわけではないですが・・・

この先には温泉があるので入ろうと思っているのだ。

しかし予想外のことが・・・

郵便局もコンビにも、お金を引き出せるところが見つからないまま、温泉のある施設へ着いてしまう。
ここにもATMはなかった。

値段を聞くと600円。

で、財布を見ると・・・

まさかの7円足りず! (> <)
あのソフトクリームを食べなければ・・・

外で掃除をしていたおじさんに聞くと、10km走らないと郵便局すら無いとのこと。
今から往復するだけの体力は無いし、これでは日が暮れるじゃないか。(> <)

結局温泉をあきらめ、今朝出た道の駅に戻ることに・・・

それにしても、わずか7円というのが悔しいかも
もっと何百円と足りなければ諦めがつくのに・・・

@@@DSC01188.jpg


5:30 道の駅「みとう」に戻ってくる。

すぐに目の前のコンビニでお金を引き出し、スーパーで買い物。
今夜も焼きうどんにすることに、またまた半額で買えたのだ。

その後、うれしいことが!

このスーパーで仕事を終えたおばさんからおにぎりを4個も頂きました!
売れ残りとはいえ、これは本当にうれしいかも。(笑)
@DSC02052.jpg


ここは山中だからかな、レインウェアを着ていないと寒いです。 (> <)

ところで、この道の駅にはオシャレなレストランがあるのですが、昨夜に続き今夜も誰も客はいないのだ。
なのでオーダーストップの9時に閉まっているのでつぶれそう・・・

明日は海岸沿いに戻り、日本一周の再開だ。




現在地:道の駅「みとう」(山口県美祢市)

走行時間 3:18[h]
走行距離 37.6[km]
平均速度 11.3[km/h]
最高速度 41.6[km/h]

積算走行距離 2798.8[km]

天候:曇り
体調:良好


5月31日 おしまい。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/




[2011/06/09 17:00] | 山口
トラックバック:(0) |

No title
枯木チャリダー
パァッ、と晴れているとモット綺麗かも
7円不足とは、トホホ
自動販売機の返却口に、10円残ってそう
全国を回っているチャリダーさん(不定住かな)で返却口が「生活の元」
っていう方も、多いときは2000円位あるらしい



アンラッキー7
新幹線ひよこ
7円に泣いたね。
同じような意見を
枯木チャリダーさんに先越されましたが。

でも、もし自分がその場に遭遇したら。・・・
7円値引き交渉を頑張るかも。
旅途中、若者だったらやれそう。・・・かも。

枯木チャリダー さんへ
サトシ
曇りが本当に残念です。 (> <)

次にこんなことがあれば、自動販売機を覗いてみます

新幹線ひよこ さんへ
サトシ
たしかに、「旅しています」といえばまけてくれるかも!?

おそらく券売機での購入なので、小銭をジャラジャラ出しても断られるかもですが。(笑)






コメント:を閉じる▲
6:30 目を覚ます。

@@@DSC00890.jpg

曇り空だけど雨は降ってはいない。
天気予報を見たかんじ、今日は走ることができそうかも。

ただ、携帯電話の天気予報は当てにならないのだが・・・


7:45 寝泊りしていた公園を出発。

今日は青海島に向かうことにするのだ。
なんでも日本渚100選にも選ばれた、海上のアルプスと呼ばれるほどきれいなところだとか。

@@@DSC00896.jpg

途中のコンビニでアンパンを食べ朝食に。

で、高校に通学する学生の中にリーゼントの髪形をした子が・・・
思わず振り返ってしまった。(笑)

橋を渡り青海島に入っていきなり峠道、大日比峠へ・・・

久々に本格的に自転車に乗ったためかだろうか、
たいしたことのない坂でもかなりしんどいかんじ。(> <)
@@@DSC00899.jpg

島は車もほとんど走らない、のどかな島だ。


小さな島なので、ゆっくり走っても1時間もかからずに島の先端きた。

9:30 島の先端にある「くじら資料館」に到着!

@@@DSC00903.jpg

早すぎかと思ったけど、すでに開館してくれていました。
200円を払い、さっそく入ることに。

思っていたほど、大きなところではなかったかな。
@@@DSC00905.jpg

古式捕鯨の方法など、この島の漁村の歴史を紹介しているかんじだ。
ほんの20分ほどで出てくることに。

その後、海上アルプスと呼ばれる島の反対側へと向かうのだ。

入り口まで来ると、そこはキャンプ場が!
しかしテント一張り700円と高く、何より今日はものすごい風。(>_<)
@@@DSC00907.jpg

ここでキャンプするより、今朝の公園のほうがよっぽどましに思えるかも。


海を見ればすごい波だ、白波が立っている・・・
これまで走った反対側の海岸はとても穏やかだっただけに、えらい違でびっくりかも。
@DSC01880.jpg

で、ここからは歩いていくそう。

誰もいないし、風も強いのでためらうかな・・・

@@@DSC00915.jpg

@@@DSC00919.jpg

断崖上に伝うように伸びる道の途中には所々展望デッキがあり、珍しい形の岩が並んでいる。
しかし、白波が大きな音を立てていることもあって、絶景には・・・


@DSC01893.jpg

先ほどのキャンプ場の休憩室に貼られたポスターの写真とは程遠いかんじ。

おそらく、晴れた日はきれいな海でいい景色なんだろう。

小さな砂浜が岩場の間に挟まれた形でがあり、そこまで降りていくことができました。

でもゴミだらけ・・・
中には外国語の文字も見られるので漂流した物みたいです。


自転車に戻り、島を進むことに。
やはり、反対側は穏やかな海。

@@@DSC00906.jpg


途中に「夏みかんの原樹」と標識があったので寄ってみることに。
予想外にも民家の密集した裏路地に連れて行く・・・

かなり大きい物かと思ったら、普通に民家の庭先ににあるかんじかも。(笑)
江戸時代中ごろにここの家の人が海岸に流れ着いた果実から種をまいたのが始まりだとか。
@@@DSC00946.jpg

@DSC01898.jpg


青海島を出て、次に「金子みすず記念館」へ。

自分ここに来て初めて知った人なんですが、この地では有名みたいですよ。
童謡詩人だそうで、この長門市がふるさとだそう。

公園の管理人さんからも行くといいと聞いたし、
「みすず公園」、「みすず通り」と、街を歩けば彼女の名前をよく目にするのであった。
テレビでもACのコマーシャルで彼女の詩が使われたそうで、最近になって一躍注目になったとか。

@@@DSC00949.jpg

記念館は当時の彼女の家族がが営んでいた書店「金子文英堂」が再現されている。
一見、普通の本屋さんに見えるので、おばさんたちも記念館を探し回っている。(笑)
自分もこれなのかな・・・、と思った。

しかし、駐車場には県外からの車が車が多く止まり、10台ほどの駐車場は満車だ。
ツアーの団体も来るし、人気の観光スポットみたい。

@@@DSC00956.jpg

2階に上がると、彼女の部屋が再現されていました。
@@@DSC00954.jpg

天井の梁が低く、頭を何度か打ってしまう。(笑)

その先はギャラリーになっていて、彼女の詩や、26年の生涯の軌跡が紹介されていました。
これまでとは違い、かなりモダンなかんじに。
@@@DSC00957.jpg

@@@DSC00958.jpg

@@@DSC00959.jpg

@@@DSC00962.jpg


その後は街を散策してみたり。
お土産やさんも並んで、ちょっとした観光地になっています。
@DSC01901.jpg


2時頃、定食屋さんでカツ丼を食べる。

@@@DSC00966.jpg

ここで店員のおばさんと話をしていていると、今からでも秋吉台には日没までに到着できるそうだ。
それなりの距離もあるし、峠もあるので明日に向かおうかと思っていたところなのだ。

でも、行けるなら今から向かおうと思ったり。

このあとはまた今朝の公園に戻って野宿しかないし、この長門市には雨もあって長くいすぎかも。
早く次の町に行きたいかな。

海沿いに延びる国道は平坦で快適! (>_<)
@@@DSC00970.jpg

@@@DSC00968.jpg

国道から山の中へ入っていく県道に入る前にコンビニへ。

山口県のかなり内陸部に入っていくので途中にはコンビニなんかは無いだろう、
ここでパンなどを大量に買っておくことにしました。

重たくなって大変だけど、これで今夜はどこでも野宿ができるのだ。
夕飯の心配はないかんじ。

国道191から県道36号線に入り、道は山奥へ伸びる峠道になっていく。

@DSC01904.jpg

@@@DSC00974.jpg

山頂には霧がかかっていてかすんでいるのが怖いかも・・・

途中、1km以上の長いトンネル。(> <)
車の轟音が響き怖い!

しかもトンネルを出ると辺りは小雨が降っている。
いっきに世界が変わったかんじだ、360度見渡す限り山が連なる・・・


しかし、その先からは山間に伸びる形で田んぼと民家が点々とあるので安心かも。

山間を川と一緒に伝うように伸びるので、それほどの坂もなく快適な道になった。

@@@DSC00978.jpg

これは予想以上に早く到着するかも。

そして「秋吉台」の看板が出てきた!
今日は秋吉台には向かわず、数キロはなれた道の駅に向かうことに。
秋吉台は明日の朝からゆっくりと見ようと思っているのだ。


走り出して約3時間・・・

6:00 道の駅「みとう」に到着!

@@@DSC00984.jpg

けっこう大きな道の駅かも。
すでに観光案内所は閉まっているのが残念・・・

で、これまでの田園風景とは一変、山口市街へ延びる国道沿いにはいくつかのお店が並んでいるのだ。

お店もないと思って、かなり買いだめをして峠を越えてきたのにすこし拍子抜けかも。
というのも目の前にはコンビニ、横にはスーパーやホームセンターがあるのだ。

荷物の重量を増やしてまで買い込んで損したかも~(>_<)

この道の駅には大きな石でできた仏像が・・・
何でも奈良の大仏の銅は、ここで取れた銅を使っているそうで「大仏のふるさと」とあるのだ。

スーパーで買った半額の焼きうどんを作ることに。


ここで野宿して、明日秋吉台に向かうことにしよう。

天気は残念なことに曇りだ・・・
まぁ、雨が降らないだけましかな。

@@@DSC01001.jpg




現在地:道の駅「みとう」(山口県美祢市)

走行時間 5:21[h]
走行距離 62.0[km]
平均速度 11.5[km/h]
最高速度 41.2[km/h]

積算走行距離 2761.2[km]

天候:曇り
体調:良好


5月30日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/




[2011/06/08 21:32] | 山口
トラックバック:(0) |

No title
めるぽん2号
はじめまして、いつも更新、楽しみにしています。

特に写真が綺麗でいいですね!
中でも、ピカチュウの写真が私は、超!お気に入りです。
見るときの気分によって、ピカチュウが笑ってたり、ドヤ顔だったりと・・・

話変わって、余計なお世話かもしれませんが、
ちょっとペースが遅いような気がします。
このペースで行くと、北海道上陸が8月になってしまうのでは?
北海道は広いですし、色々見て回ると2ヶ月は掛かるでしょう。
9月の北海道は寒いらしいですし、
思い切って、舞鶴か敦賀からフェリーでワープしたら如何でしょうか?

と、愚考をいたしました。気を悪くしたらごめんなさい。
道中、お気をつけて、がんばってください。

応援してます
天下人
はじめまして、ブログ拝見しました。。 
日本一周!すごいですね・・私にはとても真似できません^^
ピカチュウ?^^の「旅する理由」を見て、何か自分の人生を振り返り考えてしまいます・・
ぜひ、この旅で何か大切なものをつかめればいいですね、、無事ゴール出来ますようにv-82
同じαオーナーとしては、アップされる写真も楽しみの一つ。。 
梅雨の時期で、思うように進めないようですが頑張って!!

めるぽん2号 さんへ
サトシ
コメントありがとうございます!

実は自分も旅のペースを考えているところなんですよ。
これまで会っている旅人に聞いても、9月の終わりには雪が降るところがあるとか。(> <)

北海道のスキー場でバイトでもして冬越えなんかが、よくあるケースみたいです。
基本は日本一周ですが、全国をめぐるつもりなので、
内陸の岐阜、群馬、長野にも寄る予定で、困っていますよ。(笑)

近いうちに決めたいと思います。

ありがとうございました!

天下人 さんへ
サトシ
旅をしていて、自分のやりたいことがいくつかすでに見つかっている気がしますよ!

たとえば子供達を見ていて、小学校の先生とか、
医療関係の仕事もいいかもとか。

旅していて本当に楽しいです!
ありがとうございます!


コメント:を閉じる▲