ただいま~♪
7:30 起床!

@@@DSC01955.jpg

とても静かな公園でゆっくり眠れたかも。

ところで、今はNHKかなんかで芸能人が自転車で旅をしているのかな!?
よく「○○さんには会った!?」と聞かれることが多いかも・・・


8:15 公園を出発!

目的地の松江まで25kmと標識がある。

今日は楽勝かも! (>_<)/

途中、ファミマでパンを食べて腹ごしらえに。

@DSC02390.jpg

国道431号線を走ること30分、右手には宍道湖(しんじこ)が見えてくる。

そのあまりにの大きさに、海に見えてしまうほどだ。

@@@DSC01972.jpg

@@@DSC01963.jpg

この湖は塩分をすこし含む汽水みたいです。
日本の自然100選にも選ばれたそうだ。

シジミやスズキ、うなぎが捕れるとか。


隣を走るのは一畑電車で、どの駅も木造の一昔前のままって感じ。

@@@DSC01961.jpg

今となっては貴重ではないかな。
明治の看板が特にいいかも。 (>_<)/

@DSC02392.jpg


途中にあった道の駅「秋鹿なぎさ公園」で少し休憩に。

@@@DSC01964.jpg

@@@DSC01966.jpg

中には長いソファが置かれていて、テレビを見ながら快適なのだ! (>_<)/
しばらくはここでゆっくりと。

この道の駅は宍道湖に面していて、カヌーの貸し出しもしているそう。
けっこう遊べる道の駅かも。


出発してすぐに自転車道とあったので、国道をそれそちらに入ってみた。

しかし車が無いものの、そう走りやすい道ではないかんじだ・・・
段差や草木が多く生い茂る、走りにくい道だった。(> <)

すぐに国道に戻ることに・・・ 


今日も暑いかも・・・
自動販売機を見ると、ついつい飲みたくなってしまうのだ。(笑)

@@@DSC01970.jpg

うまい~ (>_<)/


宍道湖温泉を境に車も家々も多くなってきた。

ついに松江に到着だ。

新しい街に来たときは、いつも緊張したり。
都会なら、なおさらなのだ。

@@@DSC01977.jpg

橋を渡ると高層ビルが見えてくる。

@DSC02396.jpg

県庁かと思いきや、銀行の本社だった。
展望室は無料で開放しているそう、時間があったらいこうかな~


市街は車も信号も多く走りづらい・・・
駅前なんかは地下歩道で横断歩道がないので大変だ! (> <)

@@@DSC01991.jpg


11:30 松江駅に到着!

@@@DSC01983.jpg

いたる所に「竹島」の文字が見られたり。
そういえば竹島は島根県だ。

駅のそばにはビジネスホテルが立ち並び、デパートもあり都会かも。

観光案内所に行き、パンフレットを貰う。
ここでお勧めの観光地を訪ねたり。

武家屋敷など色々と教えてくれましたが、見てみたいと思うほどではなかったです。

ここでは松江城だけでいいかも・・・

ついでに、テントを張れそうないい場所を尋ねるが、いい情報は聞けなかった。
まぁ、時間もあるしゆっくり探すことにしようかな。
いざとなればネットカフェでもいいかも。

@@@DSC01987.jpg


さっそく松江城に向かうことに。

この城と町並みの風景は熊本を思い出すかも。

@DSC02399.jpg


お城の外には鎧を身に着けたお兄さんがお出迎え。
うれしいというより、暑い中ご苦労様ですと思ったり。(笑)

@@@DSC01995.jpg
で、「写真を撮っていいですか!?」と聞くと、
「よいでござるよ」と返ってきた。(笑)

完全になりきっているようだ・・・

@@@DSC01997.jpg

@@@DSC02000.jpg

白と黒のコントラストがかっこよく見えるかも。
別名千鳥城といい、全国に現存する12天守の一つだそう。


さっそく中へ、平日とあって空いているかんじ。

最上階までには、鎧や刀などの資料が展示されていました!

@@@DSC02005.jpg

@@@DSC02012.jpg


最上階では松江市街が一望かも! (>_<)/

@@@DSC02027.jpg

野宿によさそうな公園を探すけど、よくわからない・・・

風が強く、帽子や持っているパンフレットが飛ばされそうなほど。

@@@DSC02017.jpg

@@@DSC02020.jpg


その後は市街をぶらぶらと。

@@@DSC02047.jpg

@DSC02410.jpg


国道沿いにマクドがあったので、ここでブログなど。
コンセントがあったこともあり、予想以上にいてしまった。(> <)

外に出ると自転車に張り紙が・・・
てっきり、マクドにいすぎでお店からの注意書きかと思いきや・・・

@DSC02411.jpg

「日本一周 ふぁいとです!」と書いてありました。
すこしうれしいかも、これは大切にとっておく事にしよう。(>_<)/

その後、日が暮れる前に片っ端から公園を見ていくことに。

公園はいくつもあるが、家々がそばにありテントは張りづらい・・・
警察に通報されても厄介なので、他をあたることに。


すると宍道湖に沿うように広場がありました!

@@@DSC02051.jpg

草原と湖が開放的でいいかもしれないです。 (>_<)/
なんでもここは夕陽100選に選ばれたほど。
ここで野宿なんて贅沢な感じだね。(笑)

ただ、ホームレスの人がトイレの近くを占拠しているかんじ・・・

で、自分が何かと気にするのはそうなのだが、
向こうもやたらこちらを意識している様子・・・

睨み方が異常なほどであるのだ。
縄張りでもあるのだろうか!?

念のため、すこし離れたところにテントを張ることに。

トイレが遠くなってしまうけどしょうがないかな。

@@@DSC02058.jpg

風が強く、テントが大丈夫か心配なところ・・・



現在地:公園(島根県松江市)

走行時間 3:35[h]
走行距離 41.3[km]
平均速度 11.5[km/h]
最高速度 36.2[km/h]

積算走行距離 3217.1[km]

天候:曇り
体調:良好


6月9日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



スポンサーサイト

[2011/06/22 23:53] | 島根
トラックバック:(0) |
AM10:10 寝泊りしていたネットカフェを出ることに。

@@@DSC01869.jpg

店を出る前に食べ放題のソフトクリームをこれでもかと頬張り朝食。

朝からソフトクリームなんて、なんて幸せなんだろうか。(笑)
朝食はもういらないだろう・・・


いい天気のもと、出発した! (>_<)/

@@@DSC01872.jpg

なんとか日没までに松江市街まで行けたらと思っている。

やはりそれなりに都会なのだろうか!?
県庁所在地へ向かうだけに、楽しみにしている♪

その前に寄り道。
時間に余裕はないが出雲日御碕灯台に行くことにした。
なんでも日本一の高さを誇り、世界の灯台100選にも選ばれたそうだ。

なら行くしかないだろう、進路を北へとった。

@DSC02370.jpg

再び出雲大社の前を通過し海岸線へ。
渚100選にも選ばれただけにそこは美しい海岸が広がる。
際立った海の青さが印象的だ。

そんな海を横目に県道29号線を北上していくことに。

@@@DSC01929.jpg

@DSC02371.jpg

しかし、途中からアップダウンの連続・・・ (> <)

さらには工事のため片側通行に制限されている個所がいくつも現れ本当に苦労させられた。
対向車を待たせ、また後ろから来る車も狭くなった道幅に自分を追い抜くことができぬまま、
そうとなればとにかく急いで坂を登るしかなかったためだ・・・ 

次第に足は重く、休憩をしても疲れがとれない・・・ (> <)
これで、ペースを崩してしまった・・・

@@@DSC01883.jpg

もう少し・・・

だんだん景色を楽しんでいる余裕も無くなり・・・

@@@DSC01880.jpg

@@@DSC01882.jpg


2:10 出雲日御碕灯台に到着!

@@@DSC01914.jpg 
天に向かって突き伸びた真っ白に光る灯台。
これまで見てきた灯台の中でも特にその美しさにほれ込むばかりだ。

灯台までの道には、いくつかのお店が並び、ちょっとした観光地となっている。
欲しいとは思わないが、見ていて楽しいかんじです。

食べるのだろうか、エイの干物・・・!?
@@@DSC01884.jpg 

お腹側が気持ち悪いかんじ・・・
これ食べれるのかな・・・

これなんか、本物のふぐの剥製みたいですよ。

@@@DSC01915.jpg

面白いけどいらない・・・
そんな物がいっぱいのお土産店を通り抜け灯台のほうへ。

日差しに照らされた灯台は、眩しいほどきれいな白をしていた。

@@@DSC01888.jpg 

その高さ43.65mはふもとまで来ると圧巻だった!
世界の灯台100選に選ばれるだけに、立派なかんじだった! (>_<)/

200円で上へと登れるそうなので、せっかくなので上ることに。
屋根裏部屋に向かうような急な階段を 

@@@DSC01890.jpg

頂上の最後にいたっては階段というより、これはハシゴに近い・・・
カメラとピカチュウを持っているので大変だ~ (> <)

で、ようやく上に!

頂上からの眺めは最高なかんじです! (>_<)/

@@@DSC01892.jpg

@@@DSC01896.jpg

ここから上のライト部分を見上げると、クラッとくる・・・
風もそれなりにあるので、緊張するかも。

@@@DSC01895.jpg


ここから松江市街を目指すことに。

県道23号線に入り、高尾ゆうゆうラインを進んでいく。

@@@DSC01921.jpg

で、ゆうゆうラインとあるけど全然ゆうゆうではないのだ~ (> <)

山奥の峠道に・・・

@DSC02377.jpg

@@@DSC01922.jpg

今日中に松江に着くのは絶対にムリだ・・・

急遽、予定を変更に。
途中の集落で野宿できるところがあればそこまでにしようと、ヘトヘトになりながらも走る。

でもその途中の集落では商店すら見当たらない小さなもの。 (> <)
夕飯が何も持っていないので、仕方が無く先へ進むことに・・・

集落の港で干されている魚。
鳥にイタズラされないのかな・・・
@DSC02384.jpg


で気になるのは、いたる所に「熊に注意!」とあるのだ。 (> <)
集落にある畑を囲むように、電流の流れたワイヤーがのびるのはそのためだろうか・・・

ならばこの辺りで野宿は避けたい・・・

その後、ようやく海沿いの道に。
山から出られただけでも気分的にラクになるかも。

遠くに風力発電の風車が何基も見える。

一度にこんなに多くを見るのは初めてかも、数えるとその数18基!!

@DSC02385.jpg

ただ風が無いのか、全て停止している・・・
やはり、原発に代わるものにはなれないのかなと、そんなことを考えていた。

6時過ぎにようやく平田町に到着。

ある程度の街かも、すこし安心。

駅前のコンビニでパンを買い食べることに。

ツーリングマップに温泉が載っているので、向かうことにしよう。
しかし、その前にテントを張る場所を探さないと・・・

野球場のある広い公園を見つけるけども、木々がうっそうと茂る状態・・・
灯りもまったく見当たらないので、夜は真っ暗じゃないかな。

これから温泉に入ってここに来た時には真っ暗だろう。
テントを張れそうな広場までは公園内をすこし走る必要があるので、道が分かるか心配だ。
他をあたることに・・・

探し回っていると、なんだか疲れてきた・・・

その後も街をさまよっていると、いいことが!
自分を追い越した車が自分の前に停車し、中からお兄さんが出てくるのだ。

このお兄さんは広島からまんじゅうなどを売りに来たそうです。

今日はよく売れたからと、自分に大福とカステラを差し出してくれました!

@@@DSC01932.jpg

こんな高そうな物を、すみませんです! (>_<)/

すこし元気が出たかも!


結局、適当な野宿の場所も見つからないまま「温泉ゆらり」に到着してしまう。

まぁ何とかなるだろうと思い、そのまま温泉に入ることにしたり。
@@@DSC01937.jpg

入浴料は600円

露天風呂が驚くほど大きく、まるで寺の池みたいかも! (笑)

足の日焼けで表の自転車が自分の物であると分かるみたいだ。
声をかけてきたおじさんと話をしたり。

お風呂から上がった時は、すでに外は真っ暗に・・・
こうなれば急ぐことも無いだろうと、
その後は休憩室で閉館の10時までゆっくりすることに。

飲み物を買ったらアタリ、もう一本缶が出てきて中には腕時計が入っていました! 
でも、あまり好みの時計じゃないかな・・・
@@@DSC01940.jpg

外の出ると、自分の自転車の前には何人もの人がいてたり。

おばさん方が自分をべた褒めするもんだから、かなり照れる・・・

彼らの「どこで寝るのか!?」の質問に、その辺の公園で~
と言ったものの、その公園が見当たらない。(> <)

やはり、明るいうちに寝床を探してからお風呂に入るべきだったかも・・・
街灯が少なく、しばらくは暗闇をさまようことに。

走ること20分・・・

何とか川沿いに公園があるのを見つけられました。
トイレもあるし、静かでいいところかも。
@@@DSC01947.jpg

お腹がすいたので、今日貰った大福をすこし食べたり。
おいしいけど、今度は飲み物が欲しいかも・・・


明日こそは松江に行こう! (>_<)/




現在地:公園(島根県出雲市平田町)

走行時間 4:12[h]
走行距離 49.4[km]
平均速度 11.7[km/h]
最高速度 44.6[km/h]

積算走行距離 3175.7[km]

天候:晴れ
体調:良好


6月8日 おしまい。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/





[2011/06/21 00:03] | 島根
トラックバック:(0) |

No title
天下人
海岸線が気持ち良さそうですね~ 一度走ってみたいなぁ
でもアップダウンは遠慮したいもの・・

天下人 さんへ
サトシ
バイクの人は最高じゃないかな!?

でも、自転車だと全身に風を受けて、気持ちがいいですよ!

(>_<)/

コメント:を閉じる▲
7:00 起床!

@@@DSC01723.jpg

夜はトラックのアイドリングが気になったり。(> <)
「アイドリング禁止」と大きく書いてあるのに・・・

昨日の予報では雨とあったけど、今朝は晴れ間さえ見えるかんじ。
まぁ雨の予報が外れても全然かまわないし、むしろ外れてほしいかも。

といっても、昨日いた石見銀山の方向には厚い雲が見えるから油断はできないかんじだ。

向こうは雨かもしれない・・・

自分はこの反対方向に進むこともあるので、
この先の出雲市街までそう遠くはないだろう、出発することにしようかな。

隣で寝ていた平野君はゆっくりとしている。
道の駅が開く9時までここにいるそうだ。

彼の向かう石見銀山の方向には雲もあり、雨の心配もあるので悩むところかもしれない。

最後にピカチュウと!
@@@DSC01726.jpg

ではでは、お気をつけて! (>_<)/


8:00 道の駅を出発!

国道9号線は車も多く、すこし気をつかうかも。
看板に「出雲」の文字を見ると、気持ちが高ぶるのはなぜだろう。
出雲大社のしめ縄が楽しみなのかも。(笑)

@@@DSC01730.jpg

途中、コンビニでパンを買い朝食に。

最近はついつい菓子パンを選んでしまう。
一応は健康を考えて、野菜ジュースを飲んだり。
「野菜一日これ一本」と書いてあるけれど、やはりダメなんだろうな~

@@@DSC01742.jpg

今日はついているかも、500円を拾ったよ!(>_<)/

いざという時のために、フロントバックのポケットに入れておこう。
また7円足りずにお風呂に入れないなんて嫌だし。(笑)

途中、海沿いの公園で休憩。
@@@DSC01740.jpg

疲れているわけではないけれど、雲がいい感じだったので寄ってみることに。
ここには大砲の模型が置かれていました。
それよりも雲がいい感じかな。

で、すこし離れたところには怪しく厚い雲が迫ってきたり。
出雲に着くまでは追いつかれないようにしたいかも。


9:40 道の駅「キララ多伎」に到着!

@@@DSC01746.jpg

@@@DSC01754.jpg

海沿いにたつ、すがすがしいかんじです!

浜辺もきれい! (>_<)/

先ほどの平野君は野宿には適していないと言っていたけれど、自分は好きかも。
ここで十分に野宿ができると思うし、いい感じだと思う。

で、まさかの休館日! 

あんまりだよ~ (> <)
凹(ヘコ)・・・

あまりにもいい道の駅なので、
このまますぐに出るのはもったいないかも、しばらくはここで日記など。
@@@DSC01758.jpg

日陰で書いていると、ときおり吹く風が居心地のいいかんじです! (>_<)/


この間にも、何人もの人が訪れては道の駅の休館に驚いているようだった。

それにしても、道の駅が休むのは予想もしていなかったかな・・・


ここから国道をそれて、海沿いに延びる「くにびき海岸道路」を走っていく。
ツーリングマップにもお勧めの道と書いてあるように、本当に気持ちのいい道かも!

@DSC02334.jpg

@@@DSC01769.jpg

車もほとんど通らないので、のびのびと走れました!

@@@DSC01779.jpg

そして出雲市内へ・・・

@DSC02335.jpg



出雲市内に入り、ふと目に付いた看板が気になりました!
寄ってみることに・・・

12:15 旧JR大社駅舎に寄り道。

@@@DSC01788.jpg

@@@DSC01797.jpg

なんとも大正時代チックなかんじ。
目の前の線路も廃線となり、この駅のみが重要文化財として保存されているみたいです。

中に入ると、等身大の人形が何体も置かれていて当時の様子を再現しているのですが、
それが不気味に感じて仕方が無いかも・・・

@DSC02338.jpg

しかし、凝った造りはなぜか出雲っぽいかんじがする。
自分の中で、出雲はこんな感じのイメージがあったのかも。

改札がけっこう大きいかんじです。
@@@DSC01789.jpg

この様子だと、当時はかなりの人で賑わっていったのかな・・・

目をつぶれば、足音が聞こえてきそうなかんじ。

中に入ってまねたり。(笑)


12:30 道の駅「大社ご縁広場」に到着!

@@@DSC01810.jpg

中はこの出雲伝統の祭りの紹介などがありました。

で、中でも気になったのが・・・
温泉スタンドとある!
@@@DSC01812.jpg

温泉が100リットル100円で売っています。 

これは面白いかも。(笑)

これで、この辺りの住民の方はお風呂に入れるのかな・・・
だとしたら、どんな大きな容器を持ってくるのだろうか・・・

不思議だ・・・


出雲大社に延びる道の途中には、このように白くて大きな鳥居がお出迎えしてくれたり。

@DSC02346.jpg


出雲大社はすぐそこ。
しかしその前にお腹が空いたかも。 

ガイドブックによると、出雲そばがお勧めとか。

せっかくなので本場の味を食べてみたいかも。

よさそうなお店を見つけたのでここに入ることにしました。
すこし贅沢して「三色割子そば」というものを食べることにしようかな。
@@@DSC01824.jpg

@@@DSC01822.jpg
ここの看板メニューみたいです。

で、すこし食べ方がユニークで、
自分を含めた注文する客それぞれに食べ方を説明していくのだ。

まずは一段目につゆを適当に入れてしまい、そのまま食べるそう。
そして、一段目に残ったつゆを2段目にかけ食べる。
この時足りなければ、新しいつゆを注ぎ足すとか。
これを3段目にも繰り返し、最後につゆが無くなっていると上手な食べ方だそう。

自分はかなり残ってしまった。(笑)

その後、余ったつゆはそば湯に入れて飲んでいくそうです。
なるほど、つゆと薬味の無駄のない食べ方かも。

そばもおいしくいただけました、出雲に来たらお勧めかも! (>_<)


このお店から走ること1分・・・

1:35 出雲大社に到着!

@@@DSC01827.jpg

@@@DSC01830.jpg

今は本殿の改装中らしく、おおきな囲いがされていて残念な姿に・・・ (> <) 

でも、出雲といったらこの大きなしめ縄かな!

@@@DSC01851.jpg

@@@DSC01841.jpg

やはり大きいかも。
長さは13m、重さにいたっては4.5tもあるそうだ。

こんなに大きくて重たい物、どうやって持ち上げたのだろう・・・


で、このしめ縄をよく見ると・・・
@DSC02362.jpg

分かるかな、わらのすき間にお金がいくつも挟まっています!
何でも、この下から投げてこのしめ縄に刺ささったまま落ちないと願いが叶うとか。

なので、多くの人が何度も必死に挑戦している・・・

こんなかんじで。(笑)
@DSC02366.jpg

この2人は結局ささらなかったです・・・


これがなかなか刺さらないみたいです。

で、たまに別の人が刺したお金が落ちてきたりするそう。
今朝別れた平野君も試した結果、儲かったといっていたっけ。(笑)

罰があたらないかな・・・

ここはいい天気だけど、彼のいる石見銀山の方向には、雨が降っていてもおかしくない厚い雲が・・・

自分は参拝時に細かい物を全て賽銭箱に入れてしまったので、できなかった・・・

ちなみに、このお金が刺されば願いが叶うという話は、勝手に広まった話だとか。
出雲大社側としては、しめ縄が傷むのでどちらかと言えば止めてほしいそうだ。
という、ツアー団体のガイドさんのうんちく話が聞こえてきたり。(笑)

出雲大社は縁結びの神様だそう。
なので、そのようなお願いが多く見られました!
@DSC02356.jpg

「いい彼氏が見つかりますように」などと書かれた絵馬が多くあるので、
渋谷や表参道より、彼らはここでナンパしたほうがやり易いんじゃないかな。(笑)

自分はそういうのはしませんけど・・・


その後、出雲大社駅に寄りました!
ここは、これまでの和と異なり、ステンドグラスのある教会みたいなかんじ。

@@@DSC01817.jpg

@@@DSC01860.jpg

@@@DSC01863.jpg

素敵な駅かも。

@DSC02369.jpg


これで見るところは見たし、その後は市街を散策することに。

途中、広い運動公園を見つけました。

野球場や陸上競技場などもあり、かなり広い公園かも、
先が見えないです・・・

今夜はここで野宿がいいかもと思ったり。


3:40 出雲市駅に到着!

@@@DSC01867.jpg

島根のお土産を買い、家族に送ることに。
100円ショップで大型の封筒を購入し、お土産店で買ったお菓子などを入れて送る。

ゆうパックで送るため郵便局の前で荷物をまとめていると、一人の男性に声をかけてもらう。

この人は松田さんといい、ここ出雲で紙芝居師として活躍しているみたいです。
出雲のシールを貰いました!

どうもです! (>_<)/


その後も市街をふらふらと・・・

マクドを見つけたので、その後はここでブログの更新などに時間を当てることに。
気がつけば暗くなってしまった・・・

ネットで探せば近くにネットカフェがあるみたい。
暗い中、先ほどの公園まで行くのは距離もあるし大変かも。
すこし贅沢しようかな。

久々のネットカフェかも。
12時間1780円でした。

ソフトクリームもあったので、ドリンクカップに大盛りに。(笑)



現在地:出雲市街のネットカフェ(島根県出雲市)

走行データ不明・・・ (> <)

天候:晴れ
体調:良好


6月7日 おしまい。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



[2011/06/18 21:38] | 島根
トラックバック:(0) |

No title
zola
順調に進んでおられますね^^
色んな土地の色んな道,景色がとても奇麗に写っていていつか行ってみたいと
思うような写真ばかりです.
じっくりのんびりマイペースでいきましょうね!

zola さんへ
サトシ
写真を撮るために、のんびりしすぎたり。(笑)

でも、このゆっくりとした旅が自分には合っているのかも。

こんな感じで、これからも行く予定です! (>_<)/




コメント:を閉じる▲
6:00 起床!

@@@DSC01606.jpg

小屋から逃げてきた松田さんと合流。
何でも、向こうの小屋の横がゴミ主集場らしく、
ゴミを持ってくる人が来るたびに同じ質問に答えるのが大変で、荷物も整理できないとか。

逆にこちらは静かで、いるのは猫のみだ。(笑)

@DSC02238.jpg

朝食にラーメンを作って腹ごしらえ。
松田さんに卵を貰ったので、すこし豪華になったり。(>_<)


8:10 2人一緒に出発!

@DSC02240.jpg

@@@DSC01610.jpg

今回もお互いに意識せず走ることに。

そして、いきなり坂がお待ちかね。(> <)
トンネルも何本も続く・・・

自分が写真を撮るために止まっていると、
松田さんが「チャンス~!!」と叫びながら追い抜いていくのだ。(笑)

逆に坂で自分が先に行ったり。
お先に~ (>_<)/

そんなかんじで2人で追い抜いたり、追い越されたりを繰り返すのだ。

なので、ペースはほとんど似ている感じ。

自分がこの先のサンドミュージアムや石見銀山に寄り道しなければ、
北海道までずっと一緒ではないのかなと思うほど。

@@@DSC01613.jpg


9:00 仁摩サンドミュージアムに到着!

9時から開館とあるので、人も少ないいい時間かも!
ここで先を急ぐ松田さんと別れることに。

お互い目指すは北海道だ、また会えるかもしれない。

お気をつけて! (>_<)/


ここは砂の博物館なのだ。
駐輪場が見当たらないので、適当に階段の下に止め、上っていくことに。

@@@DSC01618.jpg

サンドミュージアムは、三角形のガラスのピラミッドが印象的かも。
なかなかモダンなかんじだ。

入館料は700円と、ちと高め・・・

中に入ると、さっそく砂の流れで動くカラクリオブジェが。
見ていて楽しいかんじかも。(>_<)
@@@DSC01636.jpg


@DSC02258.jpg

ここのメインは1tの砂を1年かけて落とす、この世界最大の砂時計です! (>_<)

@@@DSC01629.jpg

高さが5.2メートルもあるそうだ。

大晦日には、ここに町民が集まり、綱引きによりこの砂時計を回転させてひっくり返すイベントがあるとか。
落ちる砂はノズル部分でコンピューター制御がついているそうです!


ここで、のりの付いたハガキに砂で色をつけるコーナーがありました!

@DSC02247.jpg

子供だったら喜びそうだね~ と思いつつ、気がつけば夢中で取り組んでいたり。(笑)
途中、館内をスタッフの人が開設するイベントが始まったのにもかかわらず、夢中で作業・・・

こんなかんじにしてみたり。
@DSC02249.jpg


他にも砂時計を作る難しさや、砂の資料が多く展示されていました。
なかなか楽しめるところかも。

@DSC02254.jpg

@DSC02255.jpg

そんな感じでゆっくり見ていると・・・

途中、館内のお姉さんが来て、自転車で来られましたか!?と、聞いてくる。
人も少ないし、感じからして自分の物とすぐに分かっただろう。

何でも、荷物がカラスに荒らされているそうだ・・・ (> <)

そうなると落ち着いてみて回れないかんじに・・・

適当に見た後、自転車に急ぐ。
すると、インスタントラーメンの袋が散乱しているのだ!(> <)
どうやら自転車の横にぶら下げていた、ビニール袋の中に入っていた食料を荒らされたみたい。

無残にも芝生の上に袋のみが散らばる・・・
ご丁寧に、スープの粉のアルミ袋までも開けている。

これまで多くの旅人に、カラスには気をつけたほうがいいと聞いていたのですが・・・
ついに、自分も被害にあってしまったわけだ。(> <)

カラスが嫌いになったかも・・・

先ほどまで一緒だった松田さんが、カラスを見ると脅かす理由がよく分かったり。(笑)

その後、館内の人が来て、慰めにとカップラーメンを頂く。
すみませんです。(>_<)


ここから世界遺産の石見銀山に向かうため、国道をそれ内陸へ。
県道31号線をひたすら上っていく。
@@@DSC01642.jpg

今日は厚いかも、道路に設置してある温度計は28℃とある。
はるか先のアスファルトを見れば、湯気でゆがんで見えるのだ。



サンドミュージアムから走ること1時間・・・

11:25 石見銀山世界遺産センターに到着。

@@@DSC01646.jpg

@@@DSC01648.jpg

石見銀山に程近いところにあり、ここは銀山の歴史などを解説していました。

人形などをつかって、丁寧に当時の発掘作業を説明しています。


ここで芋ソフトクリームとあったので、珍しいかもと食べたり。

@@@DSC01649.jpg

あまり芋と分からないかんじだけど・・・


その後、自転車で走ること20分、銀山地区へ。
レンタルサイクルに乗った観光客が多く、皆さん電動でスイスイと坂を走っていく。

@@@DSC01656.jpg

普通の自転車で、しかもこんなに重装備な自分が馬鹿らしく見えるかも・・・

辺りは観光バスも多く、賑やかなかんじだ。

お土産やさんにお弁当が売っていたので、ここでお昼に。
店の前に置かれたイスに、店からかすかに流れてくる音色が居心地のいいかんじ。

お弁当はこの店手作りみたいで、びっくりするぐらいにおいしかったのだ!
また食べたいと思うほど。


さっそく一般開放された銀発掘坑道の龍原寺間歩へ。

@@@DSC01659.jpg

@@@DSC01662.jpg

江戸時代に手作業で、ロウソクの灯りを頼りに掘られたとか。
このような銀発掘坑道はこの辺りに600以上もあるそうだ。
この辺りに点在する銀鉱跡は平成19年に世界遺産に登録されたばかりのところ。

その中でも、公開されているのはここだけのようです。

ところで島根県に世界遺産があったんだ~
というより、石見銀山なんて初めて聞いたかも・・・
て、言ったら島根の方に怒られそうかも。(笑)

入場料は400円。

中はひんやりと、肌寒いかんじです。

@@@DSC01669.jpg

幅も細い道で、彫られた天井が低いので常にかがんだ姿勢になりながら進む。(>_<)
しんどいけれど、楽しいかんじだ。

背の低いおばさんたちは頭を打つ心配も無く、スイスイと進んでいくけど、
こうして、暗い中慎重に進むのもいいかも。

探検気分で洞窟見学になれたり。

で、あっという間に出口だ!
まさかこんなに短いとは思ってもいなかった・・・ (> <)
写真もあまり撮れていないし。

600mある中の、157mだけを一般公開しているそう。
狭い坑道内だっただけに、後ろから次々に来る人も追い抜かすこともできないかんじ。

そのため、後ろの人に気をつかって進んでいると、
あっという間にでてきてしまった。(> <)

しかし、日本で銀が発掘されていたなんてびっくりだね。

かつての世界2大銀山の一つだったそうとか。

ここにはもう一つ見所が。
@DSC02287.jpg

大森地区は、この銀山で栄えた町だそう。
江戸時代の武家屋敷や当時の家々が軒を連ねる。

古民家を改装しておアクセサリーなどのオシャレな土産やさんなどがいくつも。

@DSC02284.jpg

@DSC02283.jpg


熊谷家住宅を見学することに。

@@@DSC01679.jpg

この石見銀山で有力な商家だったらしい。

立派な家で、多くの骨董品などが展示されていたりする。

@@@DSC01684.jpg

@DSC02297.jpg

さて、ここにもいい公園があるし、このあたりで野宿にしようかな~
と、ふと何気なく携帯で天気予報を見ると・・・

明日はアメなの! (> <)

雨なんて今日のいい天気からまったく考えてもいなかったことだ。

こんな山奥に明日も滞在はきついかも・・・
コンビニもないし・・・

ならばと急いで下山することに。

地図で確認して、この先の大田市駅前はなかなか都会な予感。
県道46号線をひたすら下ることに。

ずっと下りなので楽なかんじでした。
というより、寒いかも・・・

たまらず上着を着ることに。

@@@DSC01704.jpg


5:50 大田市駅に到着して一安心! なんですが・・・

予想外に寂しい街かも。
駅前にもかかわらず、空き地や駐車場が目立つ・・・

タクシーのおじさんに聞けば、ここにはマクドも無いとのこと。(> <)
明日が雨ならマクドでゆっくりするのが日課なのだが・・・

とりあえず、明日の雨に備えて、屋根のある公園を探すことに。
屋根があるのは、駅前の小さな公園以外は見当たらないかんじだった。

しかも、ここにはトイレが無いとくる・・・

目の前には道路を挟んでスーパーがあるので、ここで借りるしかないかな。
しかし、不便かも・・・

とりあえず、このスーパーに行き半額のお弁当を買う。
公園で食べて夕飯に。

@@@DSC01708.jpg

しかし、考えれば考えるほど、この公園でいいのかと疑問が浮かぶ。
地図を見ていると、この先数キロ走ったところに道の駅があるみたいだ。

屋根がある下でテントを張れる保障は無いけれど、ここもそういい条件ではないかも、
行ってみることにしたり。

国道9号線を走ることに。

走る車も多く、皆帰宅を急ぐかんじ。
暗くなってきたのでテールランプをつけて、できる限り歩道を走ることにした。

夕陽がきれいかも。

@@@DSC01709.jpg


@DSC02312.jpg

@DSC02306.jpg

途中、若いお兄さんに声をかけられ話していりするとほぼ夕暮れに・・・


走ること30分・・・

7:30 道の駅「ロード銀山」に到着!

急いで走ってきたため、すこし息切れ・・・ (> <)

しかし、着いてさっそく目に入ったのがテントに自転車!
旅人だ!! (>_<)

来てよかったかも、こうして旅人に会えるのが一番うれいいのだ。

向こうもすぐに気がつき、驚いたかんじ。

すでにテントを張り終え、夕飯も終えたようだ。
彼は平野君といい、東京から来た23歳。
これまでも何度か旅をして、かなりのベテランです!

この先南下していき、九州に向かうそうだ。

自分とは正反対のコース。

となると、彼は反時計回りに回っているのですが、やはり時計回りがいいみたいだ。
左側通行なので、時計回りのほうが車道の一番海側を走れ、景色がいいとか。

自分は時計回りに回って正解だったかも。(笑)

彼も、九州に入れば時計回りに切り替えるという。

そんな感じで、いろいろと情報交換などをしたり。
夜遅くまで話が尽きることは無くたのしかったです。(>_<)/



雨に備えて、テントを軒下に張る。
自転車もカバーをかけて寝ることに。

@@@DSC01721.jpg

明日は雨だそう、走れるかな・・・


現在地:道の駅「ロード銀山」(島根県大田市)

走行時間 4:72[h]
走行距離 48.0[km]
平均速度 11.6[km/h]
最高速度 46.3[km/h]

積算走行距離 3082.1[km]

天候:晴れ
体調:良好


6月6日 おしまい。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/


[2011/06/17 11:09] | 島根
トラックバック:(0) |
7:30 起床!

@@@DSC01521.jpg

ここに散歩にきたおじさんと話をしたり、
その後再び来て自分達にバナナをくれました!

どうもです! (>_<)

朝食は適当にパンで済ますことに。


9:15 道の駅を出発!

松田さんはこの道の駅にある、お昼のバイキングを食べることにするそうだ。
それまではここでブログの更新にあてるそう。

今日の目的地が温泉街の温泉津だそうなので、また今夜にでも会えるかも。
自分もこれから浜田市街を見て回っていたりすると、到着地はその辺りだと思うし、
有名な温泉街のようだ、ぜひ温泉に入りたいかも。


松田さんと別れてからは、浜田市街を散策することに。

予想していたよりも、すこし寂しい町かな。
駅前の商店街もシャッターが目立つ・・・

日曜日とは思えないかんじだ。

「がんばれ東北!」とあるけれど、この町もがんばらないと・・・ と、思ったり。
@@@DSC01525.jpg

途中、トイレを借りるためにゆめタウン(イオンみたいなショッピングセンター)に立ち寄る。
ここが唯一賑やかなかんじかも。

ここで、洗濯済みの服がないことに気がつく。
今日はこの先の温泉津温泉で温泉に入りたいので、洗濯するためにコインランドリーを探すことに。
汗だくの服を再び着るのはごめんです! (>_<)

すぐに商店街にあるのを発見!

さっそく中に入り値段を確認すると、一台だけ400円の洗濯機があった。
悪くはない値段かも。(これまで見た最安は300円)

で、ここで小銭が無い・・・ (> <)
普通はあるはずの両替機もここには置いておらず、自動販売機があるのみなのだ。
ここでジュースを買って両替してということなのかな・・・

しかし、ここでもたもたしていると、おばさんが入っていく・・・
そして400円の一番安い洗濯機を使ってしまうのだ。(> <)

この次は700円もする大型のタイプなので、諦めることに・・・

その後は、もうこの街に他にコインランドリーなんてないのでは!? と、凹みながらふらふらと・・・
すると、程近いところにコインランドリーを発見! (>_<)

@@@DSC01529.jpg

@@@DSC01532.jpg

先ほどの薄暗いところとは正反対のきれいでオシャレなコインランドリーかも。(>_<)

値段も同じ400円の物があるので、きれいなこちらに来れてよかった。
先ほどのおばさんには感謝かも。(笑)

中はカフェのようなカウンターがあり、きれいな音楽も流れているので、いいかんじだ。
洗濯機を回している間はここで日記やパンフレットの整理など。

100円で10分間回る乾燥は靴下なんかがいつも一回じゃ乾かないかんじだ。
靴下のためにもう一回乾燥機を回すのもあれだろう、やめておくことにした。

しばらくは靴下を釣竿に止めて、干して走ることにしたり。


お昼過ぎにこの浜田市を出ることに。

その後は国道9号線を進む。

@@@DSC01535.jpg

@@@DSC01537.jpg

途中、アクアス水族館の前を通っていく。

ここはCMでもおなじみの、
口から泡のリングを吐き出す「幸せのバブルリング」で有名なシロイルカがいるそうだ。
日曜日とあって、いろいろイベントがやっているようで、道のここまで音楽が聞こえてくる。

しかし、今はシロイルカが子育て中で泡の芸はさせないどころか、
ストレス軽減のため写真も禁止だとか。

入場料もそれなりだろうし、そのまま進むことに・・・


その先に大きなビーチが広がっていました!

波子ビーチはなかなかきれいなかんじかも。
@@@DSC01540.jpg


@DSC02217.jpg

しかし、思いっきり「テント禁止」と書いてある・・・

しばらくはここでのんびりしていました。
ベンチに横になると眠たくなってくる・・・
@@@DSC01541.jpg

その後、それほどきつい道は無いものの・・・

休憩が長かったのかな、さらに足のダルさが増したような・・・

@@@DSC01546.jpg


江津町に入ると、鼻を突く臭いが! (> <)

大きな製紙工場があるのでそれかな、日本製紙ケミカルとある。
煙突からはもくもくと煙が上がり、離れていてもものすごい臭いがするのだ。

@@@DSC01547.jpg

@@@DSC01549.jpg


先を見れば風車が多く並んでいる。

@@@DSC01558.jpg

@DSC02225.jpg

エコなかんじだね。


2:50 道の駅「サンピコごうつ」に到着。

@@@DSC01560.jpg

すこし疲れてしまったかも、しばらくはここでゆっくりとすることに・・・

中は野菜などの直売所があり、多くの客で賑わっている。

@@@DSC01564.jpg

ここでアイスクリームを食べたり。

@@@DSC01561.jpg

テレビには巨人と日ハムの試合が中継されていました。
イスもあったので、30分程ここで見ていたり。


その後は道が海沿いから外れ、すこし峠道に。(> <)

もうすぐ温泉だ!と、自分を励ましながら進んでいく。


4:20 温泉津温泉に到着!

@@@DSC01577.jpg

@@@DSC01574.jpg

「温泉津」と書いて、「ゆのつ」と読むみたい。

温泉街で、多くの老舗旅館が並ぶ街だ。
ガイドブックのお勧めの日帰り湯に行くことに。

途中、観光案内所に立ち寄る。

誰もいなかったが、インターネットができるようにパソコンが置いてくれている。
閉館までの20分ほどやらせてもらうが、かなりのんびりとしたかんじだ・・・
自分のパソコンの方が早いかも。(笑)

ここ「薬師湯」は地元の住民も利用する市民浴場だそう。

@@@DSC01583.jpg

目の前で写真などを撮っていると、おばさんが丁寧にもここに止めるといいと言ってくれる。
この銭湯の方かと思いきや、近所の人だった。
それまでにも、どこどこのお風呂がお勧めだとか、自分が声をかけなくても教えてくれるので、
親切な街かも。

本当は先に野宿に適した場所を日が暮れる前に探すつもりで、今はここを後にするつもりでしたが、
おばさんのご好意も無駄にはしたくないかも、そのまま温泉に入ることにしたり。

入ってすぐ番台がある。
ここで店のおばさんに、「頭を洗いますか!?」と聞かれるのだ。

意外な質問に戸惑う・・・ よね。(笑)
なんでも頭を洗う人は+50円の350円だそうだ。
こんなの初めてかも。(笑)

もちろん洗うことに。

するとその場で洗面器を渡されるのであった。
浴室に普通に並んでいるものとは色の違う洗面器で、区別しているみたいだ。

で、中はというと狭い・・・

浴室には楕円の浴槽が一つだけあり、それも大人4人が入れば満員なほど、小さな物だ。
なので、シャワーを浴びて、浴槽の空きが出るのを皆が待っている状況。(笑)

どんどん人が入ってくるので人気の温泉だ!
こんなに小さいのにもかかわらず人気で、ガイドブックにも大きく載るのは理由があるみたい。

何でも天然温泉協会の全ての検査項目でオール5を達成したそうで、
「薬師湯」と名前の通り、治癒湯には最高だとか。

床一面に鍾乳洞を思わせるような茶色く硬いものがこびり付いていて、これは湯の花だそう。
しかし、不潔感は感じられず、逆に温泉の効果を実感できるかんじでした。
湯も茶色く濁っていて、自分の足元はまったく見えないかんじ。

源泉かけ流しだそうで、温度は熱いかも。
そう長くは入ってはいられないかんじだ。(>_<)

その後、屋上へ案内される。
この銭湯は、和風で洋風なかんじかな。

@@@DSC01596.jpg

階段は、桜の樹でできた貴重なものらしい。
店主にゆっくりと慎重に上がるよう、お願いされる。(笑)
@@@DSC01587.jpg

@@@DSC01588.jpg

屋上は店主の趣味だろう、洋風のガーデニングがきれいに手入れされていました!
木でできた2人乗りのブランコまである。
@@@DSC01590.jpg

@@@DSC01584.jpg

コーヒーのサービスもあったので、しばらくはここでゆっくりと。

ここで購入した地図で、この手書きが好きかも。
@@@DSC01589.jpg


ここを出ると、表には今朝別れたヨッシー松田さんの自転車が止まってある。
彼も今、入浴中みたいだ。

日没も近いし、まだ野宿をする場所を見つけてはいなかったので、すこし走ってみることに。
しかし、公園も見当たらないかんじだった。

@DSC02231.jpg

結局、先ほど入った温泉に程近いところにある、観光案内所の広場がまだましかも。

@@@DSC01600.jpg

その後、松田さんもやってくる。

ユニークな温泉だったことを、おもしろおかしく話しあったり。
しかし温泉津に来たら、薬師湯温泉は本当にお勧めかも。

他に適当な場所も見つからず、すこし離れた総合運動場へはかなりの上りがあるみたい。
行ったとしても、野宿ができる保障もない。

それほどいい場所というわけでもないが、この観光案内所の前でテントを張ることに。
トイレはあるし、なんといってもコンセントがあったりするのだ。(笑)
自分にとってトイレや水飲み場も重要だけど、電源の確保できるところが一番ありがたいかも。


すると、ここで住民の方がきて話などをしたり。
失礼かも知れないが、自分はこのお年寄りが男性なのか女性なのか判らなかった・・・

その後、ここで野宿をすることを伝えると、いい場所があるからと自分達を案内するのだ。

この観光案内所のすぐそばにある、神棚の置いてある小屋に案内してくれた。

@@@DSC01601.jpg

後ろの崖を削り、半分だ飛び出す形で小屋が建てられているため、
中に入ると岩肌がごつごつと露出している。

そして、ここで寝るといいと言ってくれました!

ここなら扉もあるし、これならテントを張る必要もないかも。

ちょっと気味が悪いけど・・・
そして、すこしカビくさかったりもする。(笑)

松田さんは迷ったあげく、ここで寝ることにするそうだ。
自分はコンセントを使いたかったこともあり、観光案内所の前でテントを張ることに。

今日も夕陽がキレイなのだ~ (>_<)
@DSC02236.jpg


夜、またまた具無しラーメンになってしまった・・・

@@@DSC01603.jpg

近くのお店が7時に閉店するのはこの町の様子から容易に予測できたはずなのですが、
7時でも辺りはまだ明るかったので、油断していたかも・・・

自分が行った時は閉まったばかりでした。 (> <)

で、ここは猫が多いかも。

辺りには10匹以上も猫がウロウロ・・・
ラーメンを作っているとテントのそばに何匹も寄り添ってくる。
人懐っこいのかと手を差し伸べれば逃げていくけど・・・

その夜、自販機で買ったチューハイを持って、松田さんのところへ。
ここでしばらく話しをしていました。

この先、世界遺産の石見銀山(いわみぎんざん)があるので自分は寄る予定だ。
すこし内陸に入るので、またかなりの峠道になりそうかも。(> <)

松田さんは先を急ぐそうだ。
石見銀山にはまた後で行くそうで、とりあえず早く北海道に行きたいとのこと。

明日で松田さんと別れることになりそうです。






現在地:温泉津温泉観光案内所前の広場(島根県大田市温泉津町)

走行データ不明・・・ (> <)

天候:晴れ
体調:良好


6月5日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/




[2011/06/16 16:19] | 島根
トラックバック:(0) |

温泉情報
新幹線ひよこ
いつもきれいな写真を有難うです。
温泉津の共同浴場情報にびっくりです。
サトシ君とヨッシーさんが入った、薬師湯は昔の「藤の湯」では?。
自分は、そのもう少し先の更にひなびた共同浴場の
「元湯温泉」にばかり入っていましたが、新しい地図には
その元湯がありません。今どうなっているのでしょう。
そちらの方が気になって。
次、岩井温泉・湯村温泉・城崎温泉のいづれかに寄ってください。
城崎は情緒的に日本一だと思いますが、旅的に少し時間がかかるかも。
サトシ君の地元の日本海側だから、いつでも行ける所なので
スルーして、早く北陸を目指す方がいいでしょうね。


新幹線ひよこ さんへ
サトシ
新幹線ひよこさんもここに来たことがあるのですね。

いいところですよね~ (>_<)

そうなんです、早く北海道に行かないと冬になってしまうかも・・・
できる限り温泉には入りたいので迷うところですね。

コメント:を閉じる▲