ただいま~♪
昨日と同じく今朝も6:00に起床。

キャンプした路肩の下にある浜辺へと散歩へ出かけてみた。
ザック、ザックと砕けた珊瑚のかけらを踏み鳴らしながら、そこは誰もいない小さなビーチに、そしてちょっとばかり朝焼けがきれいな空に感動した。
これからもこの時間には起きようかなと、そんなことを思った。
そんな朝を迎えた。

DSC00081.jpg音楽を聴きながらブラブラ♪

DSC00082_20130902022319584.jpg沖縄の海の透明度の高さにはびっくり!

昨日は走行中すぐに荷台の荷物がずれ落ちてしまい苦労させられたことを考え、出発前にちょっとばかり荷物の入れ替え。
またずれ落ちることのないよう、きつく縛って撤収を終えた。

そのため、ちょっと遅い8時過ぎの出発。
さぁ、今日はどんなことがあるのだろう・・・。

旅5日目 「沖縄の海」

少しばかり走れば見えてきたのは瀬底大橋。
瀬底島とを結ぶ橋で、地図を見れば周囲は10kmにも満たないそれほど大きな島でもないようなので、せっかくだし寄り道してみることにした。

DSC00106.jpg瀬底大橋

DSC00088.jpg小さな島を結ぶにしては立派な大橋かも

DSC00010.jpgボートは海に浮いているというより、空飛ぶ船であった。
   ほんと、沖縄の海の美しさには驚いてしまう!!


DSC00007_20130902022030868.jpgなんていう名前だろうか、南国の鳥らしいきれいな色だ

島の町並みは、時間が止まったかのようなのどかさ。
車どころか人すらほとんど見かけることのない静かな島であった。

この島の不思議な空気を写真でわかってもらえるだろうか・・・。
ぜひ、みんなに来てもらいたいところである♪

DSC00008.jpg

DSC00105.jpg

DSC00009_201309020220419bc.jpg

DSC00090_2013090202243289e.jpg

DSC00103_20130902022714816.jpg

そして、この島のメインである瀬底ビーチへとやってきた。

ガイドブックによれば海の透明度は沖縄の中でもトップだそうだ。
もう、ため息がでてしまうくらいに綺麗であった。

DSC00099.jpg瀬底ビーチ

DSC00097.jpg

DSC00096.jpg

DSC00094_20130902022443650.jpg

DSC00016.jpgこのパイナップルのような実があちこちで見られるが、
      はたして食べられるのだろうか・・・!?^^;


海開きを前に、どの海の家にもひと気はなく、人はたまに来るぐらいで、つまり独り占め♪
こんなきれいなビーチを独り占めできるなんて、そうあるものじゃないだろう。
なにか、無人島にでも流れ着いた気分になれるところだった。

ちなみに、ここでは大変な目に。(> <)/
ここでちょっと失敗したのが自転車を砂浜までおろしてきてしまったため、そんな砂浜を抜け出すのにかなり大変であったのだ・・・。^^;

DSC00098_2013090202265811f.jpg抜け出せないよ~!!(> <)/

ちなみに島では大規模なリゾート計画が進んでいるようであった。
大きなホテルが建築中であったが、そうなると、この島も静かな場所でなくなりそうだなんて考えていた。

しばらくビーチで休憩したのち、
再び本島に戻って時計回りに進む。

木の上には・・・

DSC00011_20130902022053545.jpgなんか、こちらに来てから見るものすべてがこと新しいものばかり・・・。

DSC00107.jpg自分は初めてだが、こちらではこのマックスバリュというお店をよく目にする

DSC00108_20130902022805ced.jpg

もうすぐ、今日のいちばんに楽しみにしている美ら海水族館が近づいてきた。
しかしその前にお腹が空いてきたので腹ごしらえをしようと探し回っていると海の駅を見つけた。
中を覗いてみると飲食店にお土産屋さんなど、道の駅と同じような感じである。

DSC00111_20130902022815028.jpg「やんばる 海の駅」

DSC00110.jpg海ぶどうの乗った海鮮丼♪

前々から食べておきたかった沖縄そば付のちょっと豪華な定食♪
海鮮丼の上にはこれでもかと乗せられた海ぶどう。
前に食べた海ぶどうをまた食べたくてこれにした。
ちょっと贅沢しすぎかな・・・。^^;
ミニ沖縄そばとともにあっという間に平らげてしまった♪

お土産なんかも見て回ったが、さすがにここで買うのは早いだろう。
沖縄に来たということで、家族に何か送ってあげたいと思いながら見て回っていた。

そして、いよいよ本日のメインである「美ら海水族館」に昼過ぎに到着!
土曜日とあって多くの人で賑わっていたため、そんな中で一人して入るのがちょっとためらう・・・。^^;
しかし、沖縄に来る前から楽しみにしているところであったんだ♪
ちなみに、入館料は1800円です・・・。^^;

DSC00166_20130902023134639.jpgしばらく放置しておく自転車の荷物が不安・・・。^^;

DSC00014_20130902022141297.jpgシーサーの噴水♪

DSC00112_201309020228344e5.jpg美ら海水族館

DSC00117_20130902022906fc1.jpgサンゴ礁の浅瀬を再現したタッチプール

DSC00118.jpg見た目と裏腹、ヒトデって結構固いです。^^;
       名前はえ~っと、オニヒトデだったかな!?
  

入るとさっそく、ヒトデがそのまま触れるというタッチ水槽が♪

初めは恐る恐るになってしまうが、ヒトデがかわいらしく思えてしまうほどである♪
黒くて長いナマコみたいな子は、気持ち悪くて触れなかったが・・・。^^;

DSC00119.jpg沖縄近海に生息するサンゴの海

DSC00120_201309020229233be.jpgサンゴの飼育はかなり難しいそうだ。

DSC00125_20130902022928a46.jpg

DSC00138_201309020230050fe.jpgジンベイザメも入る”黒潮の海”

やっぱりジンンベイザメは大きい!!

体格のいい外国人が多いので、アメリカ軍で沖縄に住んでいる方だろう。
そんな家族連れも多く、逆にここがアメリカに思えてしまうほどであった。

バックヤードツアーという水槽の上に行かせてもらえるツアーがあるということで、これは見ておかないと思い行列に並ぶことにした。
普段は予約が必要なところを、この日は予約無しでも見せてくれたのでラッキーかも♪

スタジオのような照明の数々に、作業しているスタッフ、
水族館の裏現場を見れた気がして、本当に面白い体験であった♪

DSC00142.jpg上から見れるなんてなんか新鮮な気分だ♪

DSC00146_20130902023018a62.jpgジンベイザメの上からです♪

DSC00148.jpgなんかハラハラするかも・・・

DSC00156_20130902023029492.jpg魚たちが頭上を泳ぐアクアルーム

DSC00158.jpg

DSC00015_20130902022147914.jpg

思いのほか楽しんでしまい、長い間放置してしまっていた自転車が不安だったけど無事。
自転車に鍵はかけても、サイドバッグにはどうすることもできず、簡単にあさられてしまうからだ。


水族館から少し離れたところに「備瀬のフクギ並木」という観光スポットがある。
海に近いこの集落の民家が防風林として植えたもので、木々は樹齢300年にもいたるそうだ。
そんなフクギの木に絡まる古民家が、まるで遺跡のように似合っているところであった。

DSC00169_20130902023141a01.jpg備瀬のフクギ並木

DSC00170_20130902023149796.jpg幹!?、根!?、それともツルなのかな!?

このフクギ並木を抜け備瀬崎まで歩いていくと夕日の名所とあるが、それどころじゃなかった。
3時を回り、そろそろ今夜の寝床探しを意識しだす時間であるからだ。

DSC00171.jpg夕日のスポット備瀬崎。ずっと先に見える島が伊江島だそうだ。

DSC00025.jpg

DSC00019.jpg

DSC00017.jpg

この備瀬崎でのキャンプも考えたのだが、民家が近かっため諦めることにした。
その後はテントが張れそうな場所を求めて走り進めることに。

どこでもキャンプはできてしまえそうな感じなのだが、
できれば電源が確保できる場所がよかったため、なかなか見つからずにいた。

もう電源はさすがに諦めかけたとき、ひと気のない公民館を発見。
ありがたいことにコンセントに水道もあるのでここで野宿することにした。
目の前の国道もめったに車は通らないし、民家も離れているところだ。

DSC00176_2013090202321943d.jpg公民館で野宿することに

そんな野宿の準備をしていると散歩にやって来た2人の方からそれぞれ声をかけられた時には、やはり場違いな場所でテントを張っているためびっくりしてしまった!!
いや、びっくりしたのはこんなところで寝ようとしている自分を見た彼らのほうかもしれない。

注意されてしまうのではと不安が頭をよぎるも、それどころかそこでは寒いからと家に来ないかと言ってくれたのだ。
ありがたかったが、お礼を言って断ることにした。
とても感じのいい方であったが、やはり他人に迷惑をかけれないからだ・・・
しかし、誘ってくれたのは本当にうれしいばかりであった。


3月19日 おしまい。


走行時間 3:06[h]
走行距離 24.8[km]
平均速度  7.9[km/h]
最高速度 37.4[km/h]

積算走行距離 141.8[km]

天候:晴れのち曇り
体調:良好

キャンプ地:新里コミュニティーセンター


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2011/03/19 21:00] | 沖縄
トラックバック:(0) |

景色がいいですね
zola
いやあ,本当に景色がいいですね.
昔小浜島へ1人で滞在した事がありますが,沖縄の一人旅はそれだけでも結構寂しいもんですよ(^^;

せっかくだったのでお世話になっても良かったのでは?
でもなかなか相手方の人柄まで把握するのが難しいですよね...いい人ばかりとは限らないし.
多分zolaなら あ,じゃあよろしくなって行ってしまいそうです(^^)

まだまだ始まったばかりですけど頑張って!

No title
taro
おはようございます\(^o^)/
順調そうですね。
それに・・・楽しそう(#^.^#)
いいことですね。

美ら海水族館は凄いんだな。
ジンベイザメ。
大きいなー。
海であったら怖そうだけど(^_^;)
何しろ、海ぶどうが美味しそうです(*^_^*)

No title
you☆
海がすごくきれいですね!!

私も、以前、美ら海水族館に行きました☆
とっても、きれいですよね!
もう一度行ってみたいです。

水槽の上にいけたなんて素敵ですね☆いいなぁ~。

自然がいっぱいで癒されますね!




みゅあうっず
僕も美ら海水族館は行ったことあるので、懐かしく拝見させていただきました!

★オニヒトデ★
南国ネコ
ヤツは全身を棘で覆っており、色からしても見るからに触ったらやばいヤツだと分る姿をしてますよ〜

水族館のふれあいコーナーにはそんな危険なヤツはいませんよ(笑)
手に持っているのはコブヒトデ☆
奥の分厚いのはマンジュウヒトデ☆ですね。

沖縄の海で泳いだ事はありますか?
ただビーチで泳ぐのではなく是非シュノーケルしてみてください!
水族館で紹介されてる生き物達に会えてすごく癒されます。
水中写真も撮りたくなるかも。お勧めです☆

備瀬崎のはもずくかも?
ああいうのはだいたいもずくを育てている場合が多いです。

サトシさんが訪れた時はちょうど海藻の季節ですね
海岸の黄緑が鮮やか!
時期が違うとあの緑はありません。
4月にはもずく祭りなんてのもあったりします。

本土とは海藻の種類がだいぶ違います。
海の中で見かける海藻は圧倒的に少ないと思います。
だからか沖縄の海は磯の香りがしないなんて言う人もいますよ。どうでしたか?

昆布も獲れない沖縄ですが昆布の消費量は日本一なんて側面も持ちます。不思議でしょ。

クーブ(昆布)いりちー(炒め)や、アーサ汁は食べませんでしたか?
まだなら今度食べてくださいね。


南国ネコ さんへ
サトシ
これはコブヒトデなんですかー
オニヒトデはヤバそうですね。(> <)

沖縄の海には潜ったことはないです。
さぞかしきれいなんでしょうね、それは体験したい!!(> <)/

沖縄の海の香り・・・

そういえば、そんな臭さは記憶にないような。
海ぶどうとかおいしいですね、それは食べましたよ!
ポン酢につけて食べたらおいしかったです!!




コメント:を閉じる▲