ただいま~♪
5:00 起床。

vvDSC06169.jpg

いつもの様にふりかけご飯で軽く朝食を済ましたのち、テントの中で日記など。
辺りには人影が見られないかんじ。

7時過ぎぐらいまでなら、テントをはったままでいいかも。

しばらくして、ラジオの音が聞こえてくる。

もしかして・・・
そのもしかしては的中だ、テントのそばには昨日の自転車のおじさんが来ていた。

いつもラジオをつけながら走るそうだ。
そのほうが疲れが忘れるとおじさんは言う。
まぁ、情報をリアルタイムに手に入るのは確かにいいと思うかな。
天気予報とか、津波情報もそうだし・・・

こんな海岸で寝ている自分が一番危ないかも。

早朝から走り出し、昨日最後に別れた20km手前の街から来たそうだ。
おじさんもここで休憩するといい、しばらく話をしていた。
話せば話すほど、いい人に感じる。
昨日の堅苦しい印象とはまったく違う気がしたかな。

昨夜は旅館に泊まり、何でもトマトをたくさん貰ったとか。
そういって、袋にたくさん入ったトマトを見せてくれる。
自分は要らないからと、その全てを貰ってしまった。

こんなにも・・・
vvvDSC00735.jpg

どうもです! (>_<)/

大小形がまばらで、中には傷物もあったりする。
自家栽培したものなのだろうか、それでも野菜不足の自分にはありがたく感じた。
マヨネーズをつけてかじっていくことにしよう。

しばらくして、話の最中に強い雨が降ってきてしまう。 (> <)
予想外の雨だけど、遠くは晴れ間も見えるのですぐに止むだろうと思った。

道の駅はまだ開いていないので、おじさんはバス停の屋根の下に、
自分はテントの中に入りしばらく過ごすことに。

小雨に変わった後、30分程で雨は止む。
しかし、これでテントが完全に濡れてしまった。(> <)
カビが生えないためにもしばらく乾かすことにしたり。
これでは、なかなか出発できそうに無い・・・

その後、おじさんが自動販売機のアイスを買って持ってきてくれる。
ついでにペットボトルのお茶も買ってきて、自分にすぐに飲むように言うのだ。
その飲み終わったボトルを洗い、これにめん汁を入れていく。
一緒にそうめんまで頂くことになった。

そうめんは早く茹で上がる上に、暑い夏にはぴったりだと勧めてくる。
おじさんの自炊はいつもそうめんらしい。
たしかにパスタなんかよりはずっとよさそうだ。

他にもパンを貰い、こんなに貰っていいのかなと思うほど。
少し休憩と言いつつ、おじさんは結局、自分が荷造りを終えるまでここにいた。

自分の持ち物に色々興味をしめしているようだ。
気になったものがあれば自分にいろいろと質問をしてくる。
中でも、ソーラーパネルのついた小型の扇風機に関心を持ったようだった。
昼間は自転車にくくり付けていれば、夜は一時間ほど回ってくれる物だ。
テントの上からぶら下げるだけでも、全然違うかんじかな。

そうしていると、気がつけばもうすぐ道の駅が開く時間だ。
せっかくなのでもう少し待つことにしよう、スタンプも押したいかな。
おじさんにそのことを伝えて、先に行ってもらうことにした。

本当に色々と良くしてもらったかも、ありがとうございます! (>_<)/


9時になって道の駅の開館と同時に入り、スタンプを押す。
それから自分も出発だ。


9:15 道の駅を出発!

vvDSC06171.jpg

昨日に引き続き海岸沿いに延びる国道345号線を進んでいく。
たいしたアップダウンもなく、快適かも。
車もそう多くはないかんじだから、道の真ん中だって走れる。(笑)

曇り空も次第に青空に変わり、気温もどんどん上昇。(> <)

海岸は大きな岩場のところが多いけれど、
いくつかのビーチが岩場の間などにに見られた。
それなりにキレイな砂浜だ。
vvDSC06170.jpg

vDSC00245.jpg

こう言ったら失礼かもしれないけど、
海は穏やかで自分がイメージしていた日本海とはかけ離れたキレイなかんじだ。
朝からテントを張っている人も見られる。

ためしに海を覗きこんでみた。

クラゲが数匹いるのが見えたり。 (> <)
自分はここではあまり泳ぎたくはないかも・・・

写真を撮りながらのんびり走っていると(それでも時速15kmはあるけど)、
自分を抜いていく旅装備の自転車の男性。
なんともあっさりと追い抜いてゆくのだ。(> <)
お互い軽く挨拶を走りながらして、そのまま彼は行ってしまった。

ここから数キロ走ればコンビニが見えてくる。

今朝おじさんから貰ったパンなどがあるので、特に用事はないけれど、
先ほどの男性の自転車が止まっているのが見えたのだ。
どんな人なのか気になっていたので立ち寄ってみることに。

そんな彼は雑誌を立ち読み中だ。

彼の元へ行けばすぐに向こうも分かってくれた、
お互い軽く挨拶をして、自分は飲み物だけを買い外に出る。
おじさんから貰ったパンを外で食べて待つことにした。

貰ったパンは焼きそばがはみ出るほど挟んである、初めて食べるものだ。
コンビニで見かけては、こんなの買う気にもならなかったけど、
こうして初めて食べてみると案外イケるものかも。(笑)

しばらくして彼が出てくる。
お互い写真を撮り合うまで楽しく話せたかも。
vvvDSC00737.jpg

彼は大木さんといい、筑波大学のサークルで走っているそうだ。
これから仲間との北海道合宿は現地集合だそうで、
せっかくなので彼だけはそこまで自転車で向かっている最中なのだ。
数週間程度の日程なので、荷物もまだ軽装なほうだった。

今朝は道の駅「豊栄」から走ってきたそう。
あのダチョウがいた道の駅だね。(笑)
そうなると、朝から結構走っていることに・・・

最高で一日180km走ることもあるとか、さらりと凄いことを言ってくれる。(笑)
自分には到底ムリ・・・ (> <)

今朝の雨のことを聞けば、向こうはまったく降っていないとか。

大木さんが先に走り出し、自分はパンを食べ終えてから出ることに!


11:40 山形県へ! (>_<)/

vvDSC06178.jpg

あらためて思うと、新潟は長かったかな・・・
新潟は縦に長いし、佐渡にも寄っていたからなおさらだ。

新たな県に入って気分も切り替わるかんじだ! (>_<)/
と言っても、山形の県庁所在地はかなり内陸になるため寄れそうにない。
行っていたら、ねぶた祭りには間に合いそうにないと思う。

残念だけど、そのまま海岸沿いで行くことにしよう。


11:55 道の駅「あつみ」に到着。

vvDSC06179.jpg

予想通り、表には先ほどの大木さんの自転車が止まってある。
彼もここに寄っているようだ。

物産館に入ればさくらんぼのお菓子など、山形の実感がわいてきたよ。
vvvDSC00742.jpg

ツーリングマップルには、ここの「だだちゃアイス」がお勧めと書いてある。
外すときは大きく外すツーリングマップルのお勧め情報だけど、
食べてみることにしよう。 (>_<)/

「だだちゃ」とは、こちらの言葉で枝豆だそうだ。

アイスを持って休憩室に行けば、珍しいく畳敷きの快適なところだ。
空調管理はされていないものの、24時間一般開放されているとか。
なら、昨日はここまで来て寝たかった。(> <)
vvvDSC00743.jpg

畳部屋にはコンセントもあるけど、その上に大きく無断拝借に対する警告が書いてある。
これは見つかったら警察ものになりそうだ・・・

アイスを食べながらここでゆっくりと。

vvvDSC00748.jpg

たまに粒々の枝豆が入っている。
味は悪くはないけど、まあまあかな~

自転車に戻ると、ちょうど大木さんと会った。
彼は食堂で昼食を食べていたそうだ、どおりで見かけなかったわけだ。
彼はその値段の高さを嘆いていたり。


2人揃ってほぼ同時に道の駅を出発!

と言っても、彼はすぐに自分を追い抜いて先へ行ってしまうけど。
「お先に!」と言って、彼の姿はすぐに見えなくなってしまう。

お気をつけて! (>_<)/


塩俵岩だそう。
vvDSC06189.jpg

vDSC00249.jpg

確かに、岩が俵を積んだようなかんじ。
触れば剥がれそうなかんじかも。

秋田まであと144kmだそうだ。
vDSC00252.jpg

がんばれば明日にでも到着できる距離だ、まぁ道にもよるけど・・・

気温も暑くなってきて、しんどくなってきたよ~ (> <)
お茶を飲んでも飲んでも全然物足りないかんじだ。

山形まで上がって来ても、夏はそれなりに暑いかな・・・
少し期待していたのに。(> <)

vvDSC06190.jpg

たまらずコンビニで休憩することに。

表にはねぶた祭りの広告が貼ってあった。
これは指定席の前売り券の宣伝だ。
やはり、ポスターだけでもすごい迫力が伝わってくる気がする。

見ているとさらに楽しみになってくるのだ。 (>_<)/

お祭りは8月2日から7日のお昼まであるそうだ。
1日は前夜祭とあるけど、いったい何をするのか分からないかな。
初日に間には合わなくてもいいから、せめて最終日までに何とかしたいもの。

徹夜で走ってでも何とか間に合わせよう! (>_<)/ 


その先には上りで、しかも片側の車線が工事中。
片側相互通行となっていて、対向車をあまり待たせてはいけないと、
急いで坂を漕いでいくことに!!

ペースが狂うので、いっきに足が疲れてしまった。(> <)

湯野浜温泉街。
vvDSC06192.jpg

意外と高層の温泉宿が海沿いに立ち並んでいる。
ここは東北、そして日本海岸最大の温泉地だそうだよ。

庄内空港の滑走路の下をトンネルで走る。
飛行機が見れないか期待したけど、まったく見れない。
とても静かな空港だ。(笑)

しばらくは海岸沿いに延びる防風林と畑に挟まれながら走る。
変わらない景色に少し退屈だ。
お尻も痛くなってきたし。 (> <)

何度か立ち漕ぎをして進むことに。


途中、2度もパトカーに遭遇

なぜかは分からないけど、パトカーが向かってくると、目のやりどころに困る。
もう、職務質問(捜索願が出てないか調べるらしい)はイヤなのだ。(> <)

何か、「この子は普通の旅人なので職務質問の必要は無し!」 と、
全国の警察官に通達して欲しいかも。


木々が無くなり、視界が広がれば街が見えてきた。
それなりの街かも。

5:45 酒田市街地に入る。

お勧めとあった山居倉庫に向かってみることにした。
黒い倉庫が並び、その前に立ち並ぶ杉並木がキレイなかんじだ。
vvvDSC00754.jpg

vDSC00259.jpg

ここの米歴史資料館がお勧めとあるけど、この先の道の駅まで行くとすると、
見ている暇はとてもないかな。(> <)
次の道の駅まであと20kmもあるのだ。

お土産店を適当に覗いて、写真だけ撮って先に。

ここから国道7号線へ。
道も平坦な楽な物だ、急ぐことに!

途中、公衆電話を見つけたので家族に電話をすることにした。
実はおとといから携帯のバッテリーか切れていて、メールが出来ないでいたのだ。
毎日メールを送ることが家族との旅の条件の一つなので、電話でもしたほうがいい・・・

あ、母の携帯の番号が分からない!  (> <)
調べようにも、その携帯は電池切れ・・・

仕方がなく家に電話するも、予想どうり留守だった・・・ 

vvDSC06199.jpg

vvvDSC00757.jpg

灯りが無い真っ暗な道。(> <)

民家はたまにあるのだけど、中も真っ暗でひっそりとしたカンジ。
最近はこう暗くなっても走る機会が増えてきたかも・・・
出来れば走りたくないかな。


7:25 道の駅「鳥海」に到着。

vvvDSC00761.jpg

道を挟んだ目の前にはコンビニがあるけど、ここを離れれば真っ暗だ。

ツーリングマップルにはこの先に温泉があると載っている。
4日もお風呂に入っていないのでさすがに汗臭い気がする。
自分では分からないけど、他からは臭いはずだ。
毎日汗だくになった体を、濡らしたタオルで拭くのみでは限界がある。

数キロ走ればつくみたいなので、向かうことに。
灯りがまったく無い道なので、何度か突然の段差に驚かされるよ・・・
頼りは自分の自転車の電池の弱った、頼りないライトのみだ。

道を間違えているのに気がついたのは、走り出して20分後のこと。(> <)
温泉どころか、何の建物も見えてこない。
暗くて地図もろくに見ていなかったせいだ・・・

明かりが無く、しかも携帯もバッテリー切れなので、
カメラの液晶の明かりを地図に近づけて確認。
道の駅をでてすぐのY字路で道を反対に間違えたみたいだ。

しかも戻る最中には、雨も降り出してくる。 (> <)

温泉に到着したのは7時45分のこと。

それまでにタイヤに何かが擦れる音がしていたのだ。

ここでようやく確認、またまたトラブルだ! (> <)

前輪のサイドバッグを止めるキャリアと言う部分が、
溶接部分から外れていて、左側サイドバッグが垂れ下がっていた!

前輪左側サイドバッグのキャリアはこれまでもネジが折れるなど、
ここはトラブル続きの箇所だ。
今回はそう簡単に直せそうのはないかんじかも。(> <)

もう、これはどうしてよいのかまったく分からないぞ・・・

修理は後回しで、お風呂に入ることにした。
もやもやがあると、落ち着いてお風呂にも入ることができない。

後ろの荷台に乗せていたリュックを背負い、そこにサイドバッグをくくり付けて道の駅へ。
よく見れば、テントの設営は禁止と書いてあるじゃないか・・・
朝早くに仕舞うことにしよう、もう移動する気にはなれなかったかな。

目の前にあるコンビニでお弁当を買い遅めの夕飯に。
その後、邪魔になりそうにない物産館の端でテントを張ることした。
目の前が精米所だけど、もう来る人はいないだろう。

vvvDSC00769.jpg

ここなら明るくて、まだ安心かも。
自転車直るかな・・・



走行時間 6:30[h]
走行距離 85.0[km]
平均速度 13.1[km/h]
最高速度 35.5[km/h]

積算走行距離 5918.6[km]

天候:雨のち晴れ
体調:良好

現在地:道の駅「鳥海」 (山形県飽海郡遊佐町)


7月26日 おしまい。vvvDSC06323.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/08/31 10:53] | 山形
トラックバック:(0) |

はじめまして!
板垣哲夫
日本一周出発前に、わたしの方のブログに足を運んでもらったと記憶しております。

北陸辺りからマメに読ませてもらっています。
読むのが楽しみになっています。

いいこともそうでもないことも淡々と丁寧に書いてあるところが好感が持てます。
勝手に同類と思っています。

わたしの方は一ヶ月ほどかけて四国を一周してきました。
ちょうど出発する数日前にわたしが住んでいる街を通ったみたいでした。
できればお会いしたかったです。残念。

これからも楽しみにしています。


板垣哲夫 さんへ
サトシ
板垣さんのブログも丁寧に書かれていて面白いですね。
時間のある時に過去も含めて全部読んでいこうかな。
旅の参考になります! (>_<)/

リンクに登録してちょくちょくお邪魔します。
板垣さんのブログの方にもコメントを書いたのですが、表示されていないみたい・・・
エラーかな、FC2は色々とバグが多いですし。(笑)

楽しみにしています! (>_<)/

管理人のみ閲覧できます
-



you☆
素敵な旅が続いてますね!
コメントは、いつも書けてませんが。。。
いつも、楽しく拝見しております☆★
台風がきて、風も強いし寒くなってきてるので、
気をつけて下さいね☆

you☆ さんへ
サトシ
台風が過ぎ去ってから札幌を出ようと思います。
ただ、雨で観光も出来ていないので残念かも。(> <)

今は自転車とカメラの修理中で、体制を整えているところですよ。
注文した物が届くまで、あと数日かかるみたいですが・・・

大切な連絡先は
風ささき
メモだね、ボイスレコーダーに声で番号を入れて
おけば、予備で。
電源確保だもんね、自転車いっしょうけんめいに
ペダルを漕いでるんだから、発電してくれてもいい
よね。
自分の時は、公衆電話から実家に電話。
携帯・PC・ネット、夢の中、存在しないし。
当時は、ノートに記念にひと事書いてもらってました。
今は、メルアド交換だし、コメントできるしね、便利。
携帯以外のアドレス帳をサブで持ちましょう。
ここまで追いついたよ。

コメント:を閉じる▲