ただいま~♪
10時に安芸駅で待ち合わせ。

昨夜、このブログを見てくれた方からメールを頂き、
急遽高知を案内してくれることになったのだ、嬉しいばかりである♪

ここ最近、いろんな方から四国の情報をメールで頂いてはとっても助かっている。
先日、レンタルサイクルを借りてまで向かうことにしたゆずの町、馬路村へは実はそんなメールがあってこそだったのだ。
この日お世話になる由姉さん、てっきり高知の方と思いきや、
なんと愛媛の松山からわざわざ車を数時間も飛ばして駆けつけてくれた方であった。
ぜひ高知の日曜市を見てもらいたいということで、もう言葉に表せないほど感謝でいっぱいの思いで高知の観光が始まった。

127@DSC00400.jpg待ち合わせの安芸駅

127@DSC00402.jpgこの日は由さんにお世話になります♪

127@DSC00467.jpg由姉さんもピカチュウが大好きで、同じ子を♪
   こうして並ぶと、うちの子がものすごく色剥げてしまっている・・・。^^;


127@DSC00404.jpg車であっという間に高知市街地へ♪

徒歩の自分がこの市街地へとやってこれる日はいつのことだろうか。
車なら1時間もかからずに到着したが、きっと自分が到着する日は札所巡りで遠回りすることもあって、数日後のことであるのだろう。
そんな高知市街地、思い描いていた街の姿より断然都会で驚いている。

車とともに道の真ん中には大正時代チックな味のある路面電車が走り、
頭の上には路面電車の電線が張り巡らせてある。
そんな高知の街の姿は、これまでに訪れた鹿児島や長崎の街にそっくりであった。
日曜市と言っても朝市と違い夕方頃までやっているそうであるが、なにより楽しみにしていた日曜市へと、車を駐車場に止めればさっそく向かうことにした。

旅685日目 「青空マーケット」

さすがは日本一の青空マーケット!!
そこに広がるのは自分の思っていた規模を遙かに凌駕する、どこまでも店が軒を連ねるものであった!!

高知城の大手門前から始まるその長さはなんと1Km以上!!
その間、両側には店が所狭しと並ぶものすごい数の多さで、片側2車線を完全に歩行者天国にした街路市は、年に一度の一大イベントとも思えるほどだ。
これが毎週日曜日に行われるそうだから、こうして毎週のようにお祭りがあるようで、羨ましく思えてしかたがなかった。

127@DSC00423.jpgたくさんの人で賑わう日曜市!!

127@DSC00428.jpg大根です。^^;

127@DSC00425.jpgゆずネードを飲んでぽかぽかに♪ レモネードみたいな感じかな。

大賑わいする店々には生産量全国1位を誇る生姜などの野菜のほか、今がまさに旬を向かえるブンタンなどの果物に干し物、また名産品の包丁に植木、手作り工芸品など、とにかくいろんなものが並んでいる。

見ているだけでも楽しい日曜市は観光名所にもなっていて、
この日も地元の方だけでなく大勢の観光客でも賑わっているところだ。

ちなみにこの日曜市、驚くことに江戸時代から300年も続く歴史ある市場だという。

127@DSC00429.jpg

127@DSC00432.jpgこの日は日曜市以外にもイベントが行われ大賑わい♪

高知と言えばカツオのたたきではないだろうか。

お勧めがあると聞いて、屋台村のような飲食店が集まる”ひろめ市場”に入った。
どこも込み合う中、ひときわ目立つ行列を成すカツオのたたきの店があり、そこがそうである。
カツオはその場でわらを使い火柱をあげた、まさに炙りたて!
日和佐のスーパーでたたきを食べた時にはそれはそれで満足していたのだが、
炙りたてのたたきは表面はこんがりと、中はとっても柔らかく、
一般的なタレのほかに”塩たたき”で食べるたたきがあって、これが本当にいける!!
塩に柚をつけた意外な組み合わせのたたきが大好きになってしまった♪
その他にもクジラの竜田揚げにウツボのたたきなど、高知自慢の海の幸をいっぱいに口にした豪華なお昼ご飯である♪

127@DSC00409.jpgたくさんの人で込み合う”ひろめ市場”

127@DSC00410.jpg

127@DSC00413.jpg火柱を上げてカツオのたたきをあっさりと焼き上げてくれる人気店

127@DSC00421.jpgウツボのたたきにクジラの竜田揚げ、サバ寿司と豪華な昼食♪ 
   特に、カツオの塩たたきが本当においしいです♪
 

127@DSC00422.jpg

食事も終え、由姉さんと再び日曜市を散策していると、なんか見覚えのある姿・・・。

なんとなんと!、この日曜市で諒生君とも偶然の再会となった!!
薬王寺で別れて以来、自分よりずいぶんと速いペースでお遍路を続けているようである。
彼はこの人の多い日曜市で托鉢をしていた。
少ないながらも、入れてくれる人はいるそうだ。

127@DSC00433.jpg高知市街地

127@DSC00435.jpgはりまや橋

127@DSC00405.jpg

127@DSC00406.jpg高知城

高知観光の定番の高知城はまた自分の足でやって来たときに回して、
車だからこそ向かえる場所へ。
再び車をとばして龍河洞へと向かってくれた。

この龍河洞、日本三大鍾乳洞のひとつに数えられる有名な鍾乳洞であるのだが、
なにしろ遍路道を大きくそれるばかりか、人里離れた山間のとんでもないところにあるだけに、頭を悩ませていたところだ。
それどころか、ずいぶんと山奥に徒歩では無理だと諦めていたかもしれない。
まさか、こうした形で向かえるとは思ってもいなかった。
そして、贅沢な話にもこの旅で山口県の秋芳洞に岩手県の龍泉洞とあわせて日本三大鍾乳洞を制覇したこととなる。
↓過去の記事はこちらから↓
(旅 78日目 「秋芳洞」)
(旅315日目 「足下に広がる無限の世界」)

しかし同じ鍾乳洞とはいえ、それぞれの個性があるものだ。

東洋一のとにかく広い洞窟内には芸術品とも言える様々な造形物に目を踊らせて見て回っていた秋芳洞。
あたかも高所に立ったように思わず足が竦む、そんな無限大に続いているんじゃないだろうかと思うほど足下に広がる地底湖は未知の怖さと神秘さを秘めた龍泉洞。
そして今回の龍河洞、ここの見所はなんといっても人の住んでいた形跡があることだ。
洞窟内では数多くの土器が発見され、弥生人住居跡まで見つかっている。
2000年前からずっとそこに置かれたという壷は、溶けだした鍾乳にきれいにのまれる形で残っていた。
日の差すことのない、こんなところでよく住めたなと思うが、
しかしこれには由姉さんと一緒に驚いていたのだが、洞窟内は外より遙かに温かな気温であったのだ。
夏は涼しく、そして冬は暖かいそうだから、暗さを除いては案外過ごしやすい場所だったのかもしれない。

そしてこの龍河洞、とにかく行きゆく道の幅が狭かった。^^;
お腹を凹ませたり腰を曲げて狭い隙間を通り抜ける箇所がおおく大変な道のりであるのだが、それがまるでアリの巣の中へと迷い込んだような探索気分、それがまたおもしろいといえた♪

127@DSC00438.jpgとにかく狭い龍河洞!!

127@DSC00453.jpg

127@DSC00454.jpg

127@DSC00450.jpg

127@DSC00451.jpg

127@DSC00455.jpg

127@DSC00458.jpg弥生人住居跡

127@DSC00457.jpg2000年前から置かれたまま、溶けだした鍾乳にのまれた壺!!

鍾乳洞とはまったく関係ないのだが、なぜか併設される珍鳥センター。

この鍾乳洞に隣接し同じチケットで入れるとのことで、おまけみたいな感じであまり期待することなく入ったのだが、ここであの高知の名鳥ともいえる尾長鶏を初めて目にした。

尾長鶏、とにかくその尾が長い!!
しかもそんな尾長鶏、はじめは剥製かと思ったがちゃんと生きている。
というのも、生きている鶏を入れるような飼育小屋じゃなかったためだ。
身動きひとつ出来ない窮屈な展示箱に入れられている彼らはもちろん生きていて、
こうした箱に入れられるも、彼らがせっかくの長い尾を自ら突っついて切ってしまうからだそうだ。
そのため、こうした止箱と呼ばれる食器棚のような狭い飼育箱の中で、尾羽を痛めないようじっとさせて育てないといけないらしい。
尾長鶏を見れたのは嬉しかったが、そんな裏話にはちょっとショックである。^^;
なにより、この尾長鶏、もともとこうした品種がいたわけでなく、突然変異によりこうした長い尾をもつものがでてきたそうで、鳥の中で世界一長い尾羽、一生伸び続ける尾は毎年1mずつ、見事なものは尾の長さが10mにもおよぶそうだ。

127@DSC00466.jpgたくさんの鶏が飼われる珍鳥センター

127@DSC00460.jpg身動き一つできない窮屈そうな尾長鶏は、なんかかわいそうかな・・・。^^;

127@DSC00459.jpg洞窟内で発見された弥生土器などが展示された龍河洞博物館

由姉さんには今朝の安芸の街へと再び送り届けてもらった。

日没も近い5時までつきあわせてしまい、さらには、これからまた数時間のドライブをへて松山まで返るというから、ほんとうによくしてもらってしまっている。
本当にありがとうございました。

その後、スーパーで少し買い物をしてから今朝と同じ公園へと戻り、
三菱創設者、岩崎弥太郎氏のブロンズ像のそばに再びテントを張らせてもらった。

夕飯は先ほど由姉さんから頂いた沖縄そばで、他にも愛媛特産のみかんジュースにタオルなど、いろいろと頂いてしまっている。
そんな頂き物を夕飯に食べた。
おいしかったです、ありがとうございました♪

127@DSC00960.jpg今夜も再び安芸市街地の公園でキャンプ

127@DSC00470.jpg

127@DSC00473.jpg夕飯は沖縄名物のソーキそば♪

127@DSC00472.jpg頂いたオレンジジュースには落書きが。(笑)


1月27日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:安芸市街地 公園 (高知県安芸市)


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/04/28 15:13] | 高知
トラックバック:(0) |

息抜きできたね
風ささき
各地に読者は居るだね、心強いね。
ピカチュウの友もいた、さらに心強いね。
毎日、歩きで移動だと義務のようになって感動も
薄れ味気ないものに、リセットできたようで良かった。
自分のチョロQ友も松山に旅行で来ているみたい、自分も帰省で三原、近くても接点はない、ネット・メールが点を線で結ぶだね。
自分も帰省し、息抜き中~。
明日もいい旅を(徳島か?)。

風ささき さんへ
サトシ
世間はゴールデンウィークですねー
道も混んでいると思って、この休日をブログに充てようとマクドにこもっていたのですが、マクドも混んでました。(> <)/
なんか、この連休中は居場所がないかんじですよ。^^;
と、いうわけで、剣山へと登山に向かってます♪

コメント:を閉じる▲