ただいま~♪
7:30 起床!

@@@DSC01521.jpg

ここに散歩にきたおじさんと話をしたり、
その後再び来て自分達にバナナをくれました!

どうもです! (>_<)

朝食は適当にパンで済ますことに。


9:15 道の駅を出発!

松田さんはこの道の駅にある、お昼のバイキングを食べることにするそうだ。
それまではここでブログの更新にあてるそう。

今日の目的地が温泉街の温泉津だそうなので、また今夜にでも会えるかも。
自分もこれから浜田市街を見て回っていたりすると、到着地はその辺りだと思うし、
有名な温泉街のようだ、ぜひ温泉に入りたいかも。


松田さんと別れてからは、浜田市街を散策することに。

予想していたよりも、すこし寂しい町かな。
駅前の商店街もシャッターが目立つ・・・

日曜日とは思えないかんじだ。

「がんばれ東北!」とあるけれど、この町もがんばらないと・・・ と、思ったり。
@@@DSC01525.jpg

途中、トイレを借りるためにゆめタウン(イオンみたいなショッピングセンター)に立ち寄る。
ここが唯一賑やかなかんじかも。

ここで、洗濯済みの服がないことに気がつく。
今日はこの先の温泉津温泉で温泉に入りたいので、洗濯するためにコインランドリーを探すことに。
汗だくの服を再び着るのはごめんです! (>_<)

すぐに商店街にあるのを発見!

さっそく中に入り値段を確認すると、一台だけ400円の洗濯機があった。
悪くはない値段かも。(これまで見た最安は300円)

で、ここで小銭が無い・・・ (> <)
普通はあるはずの両替機もここには置いておらず、自動販売機があるのみなのだ。
ここでジュースを買って両替してということなのかな・・・

しかし、ここでもたもたしていると、おばさんが入っていく・・・
そして400円の一番安い洗濯機を使ってしまうのだ。(> <)

この次は700円もする大型のタイプなので、諦めることに・・・

その後は、もうこの街に他にコインランドリーなんてないのでは!? と、凹みながらふらふらと・・・
すると、程近いところにコインランドリーを発見! (>_<)

@@@DSC01529.jpg

@@@DSC01532.jpg

先ほどの薄暗いところとは正反対のきれいでオシャレなコインランドリーかも。(>_<)

値段も同じ400円の物があるので、きれいなこちらに来れてよかった。
先ほどのおばさんには感謝かも。(笑)

中はカフェのようなカウンターがあり、きれいな音楽も流れているので、いいかんじだ。
洗濯機を回している間はここで日記やパンフレットの整理など。

100円で10分間回る乾燥は靴下なんかがいつも一回じゃ乾かないかんじだ。
靴下のためにもう一回乾燥機を回すのもあれだろう、やめておくことにした。

しばらくは靴下を釣竿に止めて、干して走ることにしたり。


お昼過ぎにこの浜田市を出ることに。

その後は国道9号線を進む。

@@@DSC01535.jpg

@@@DSC01537.jpg

途中、アクアス水族館の前を通っていく。

ここはCMでもおなじみの、
口から泡のリングを吐き出す「幸せのバブルリング」で有名なシロイルカがいるそうだ。
日曜日とあって、いろいろイベントがやっているようで、道のここまで音楽が聞こえてくる。

しかし、今はシロイルカが子育て中で泡の芸はさせないどころか、
ストレス軽減のため写真も禁止だとか。

入場料もそれなりだろうし、そのまま進むことに・・・


その先に大きなビーチが広がっていました!

波子ビーチはなかなかきれいなかんじかも。
@@@DSC01540.jpg


@DSC02217.jpg

しかし、思いっきり「テント禁止」と書いてある・・・

しばらくはここでのんびりしていました。
ベンチに横になると眠たくなってくる・・・
@@@DSC01541.jpg

その後、それほどきつい道は無いものの・・・

休憩が長かったのかな、さらに足のダルさが増したような・・・

@@@DSC01546.jpg


江津町に入ると、鼻を突く臭いが! (> <)

大きな製紙工場があるのでそれかな、日本製紙ケミカルとある。
煙突からはもくもくと煙が上がり、離れていてもものすごい臭いがするのだ。

@@@DSC01547.jpg

@@@DSC01549.jpg


先を見れば風車が多く並んでいる。

@@@DSC01558.jpg

@DSC02225.jpg

エコなかんじだね。


2:50 道の駅「サンピコごうつ」に到着。

@@@DSC01560.jpg

すこし疲れてしまったかも、しばらくはここでゆっくりとすることに・・・

中は野菜などの直売所があり、多くの客で賑わっている。

@@@DSC01564.jpg

ここでアイスクリームを食べたり。

@@@DSC01561.jpg

テレビには巨人と日ハムの試合が中継されていました。
イスもあったので、30分程ここで見ていたり。


その後は道が海沿いから外れ、すこし峠道に。(> <)

もうすぐ温泉だ!と、自分を励ましながら進んでいく。


4:20 温泉津温泉に到着!

@@@DSC01577.jpg

@@@DSC01574.jpg

「温泉津」と書いて、「ゆのつ」と読むみたい。

温泉街で、多くの老舗旅館が並ぶ街だ。
ガイドブックのお勧めの日帰り湯に行くことに。

途中、観光案内所に立ち寄る。

誰もいなかったが、インターネットができるようにパソコンが置いてくれている。
閉館までの20分ほどやらせてもらうが、かなりのんびりとしたかんじだ・・・
自分のパソコンの方が早いかも。(笑)

ここ「薬師湯」は地元の住民も利用する市民浴場だそう。

@@@DSC01583.jpg

目の前で写真などを撮っていると、おばさんが丁寧にもここに止めるといいと言ってくれる。
この銭湯の方かと思いきや、近所の人だった。
それまでにも、どこどこのお風呂がお勧めだとか、自分が声をかけなくても教えてくれるので、
親切な街かも。

本当は先に野宿に適した場所を日が暮れる前に探すつもりで、今はここを後にするつもりでしたが、
おばさんのご好意も無駄にはしたくないかも、そのまま温泉に入ることにしたり。

入ってすぐ番台がある。
ここで店のおばさんに、「頭を洗いますか!?」と聞かれるのだ。

意外な質問に戸惑う・・・ よね。(笑)
なんでも頭を洗う人は+50円の350円だそうだ。
こんなの初めてかも。(笑)

もちろん洗うことに。

するとその場で洗面器を渡されるのであった。
浴室に普通に並んでいるものとは色の違う洗面器で、区別しているみたいだ。

で、中はというと狭い・・・

浴室には楕円の浴槽が一つだけあり、それも大人4人が入れば満員なほど、小さな物だ。
なので、シャワーを浴びて、浴槽の空きが出るのを皆が待っている状況。(笑)

どんどん人が入ってくるので人気の温泉だ!
こんなに小さいのにもかかわらず人気で、ガイドブックにも大きく載るのは理由があるみたい。

何でも天然温泉協会の全ての検査項目でオール5を達成したそうで、
「薬師湯」と名前の通り、治癒湯には最高だとか。

床一面に鍾乳洞を思わせるような茶色く硬いものがこびり付いていて、これは湯の花だそう。
しかし、不潔感は感じられず、逆に温泉の効果を実感できるかんじでした。
湯も茶色く濁っていて、自分の足元はまったく見えないかんじ。

源泉かけ流しだそうで、温度は熱いかも。
そう長くは入ってはいられないかんじだ。(>_<)

その後、屋上へ案内される。
この銭湯は、和風で洋風なかんじかな。

@@@DSC01596.jpg

階段は、桜の樹でできた貴重なものらしい。
店主にゆっくりと慎重に上がるよう、お願いされる。(笑)
@@@DSC01587.jpg

@@@DSC01588.jpg

屋上は店主の趣味だろう、洋風のガーデニングがきれいに手入れされていました!
木でできた2人乗りのブランコまである。
@@@DSC01590.jpg

@@@DSC01584.jpg

コーヒーのサービスもあったので、しばらくはここでゆっくりと。

ここで購入した地図で、この手書きが好きかも。
@@@DSC01589.jpg


ここを出ると、表には今朝別れたヨッシー松田さんの自転車が止まってある。
彼も今、入浴中みたいだ。

日没も近いし、まだ野宿をする場所を見つけてはいなかったので、すこし走ってみることに。
しかし、公園も見当たらないかんじだった。

@DSC02231.jpg

結局、先ほど入った温泉に程近いところにある、観光案内所の広場がまだましかも。

@@@DSC01600.jpg

その後、松田さんもやってくる。

ユニークな温泉だったことを、おもしろおかしく話しあったり。
しかし温泉津に来たら、薬師湯温泉は本当にお勧めかも。

他に適当な場所も見つからず、すこし離れた総合運動場へはかなりの上りがあるみたい。
行ったとしても、野宿ができる保障もない。

それほどいい場所というわけでもないが、この観光案内所の前でテントを張ることに。
トイレはあるし、なんといってもコンセントがあったりするのだ。(笑)
自分にとってトイレや水飲み場も重要だけど、電源の確保できるところが一番ありがたいかも。


すると、ここで住民の方がきて話などをしたり。
失礼かも知れないが、自分はこのお年寄りが男性なのか女性なのか判らなかった・・・

その後、ここで野宿をすることを伝えると、いい場所があるからと自分達を案内するのだ。

この観光案内所のすぐそばにある、神棚の置いてある小屋に案内してくれた。

@@@DSC01601.jpg

後ろの崖を削り、半分だ飛び出す形で小屋が建てられているため、
中に入ると岩肌がごつごつと露出している。

そして、ここで寝るといいと言ってくれました!

ここなら扉もあるし、これならテントを張る必要もないかも。

ちょっと気味が悪いけど・・・
そして、すこしカビくさかったりもする。(笑)

松田さんは迷ったあげく、ここで寝ることにするそうだ。
自分はコンセントを使いたかったこともあり、観光案内所の前でテントを張ることに。

今日も夕陽がキレイなのだ~ (>_<)
@DSC02236.jpg


夜、またまた具無しラーメンになってしまった・・・

@@@DSC01603.jpg

近くのお店が7時に閉店するのはこの町の様子から容易に予測できたはずなのですが、
7時でも辺りはまだ明るかったので、油断していたかも・・・

自分が行った時は閉まったばかりでした。 (> <)

で、ここは猫が多いかも。

辺りには10匹以上も猫がウロウロ・・・
ラーメンを作っているとテントのそばに何匹も寄り添ってくる。
人懐っこいのかと手を差し伸べれば逃げていくけど・・・

その夜、自販機で買ったチューハイを持って、松田さんのところへ。
ここでしばらく話しをしていました。

この先、世界遺産の石見銀山(いわみぎんざん)があるので自分は寄る予定だ。
すこし内陸に入るので、またかなりの峠道になりそうかも。(> <)

松田さんは先を急ぐそうだ。
石見銀山にはまた後で行くそうで、とりあえず早く北海道に行きたいとのこと。

明日で松田さんと別れることになりそうです。






現在地:温泉津温泉観光案内所前の広場(島根県大田市温泉津町)

走行データ不明・・・ (> <)

天候:晴れ
体調:良好


6月5日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



スポンサーサイト

[2011/06/16 16:19] | 島根
トラックバック:(0) |

温泉情報
新幹線ひよこ
いつもきれいな写真を有難うです。
温泉津の共同浴場情報にびっくりです。
サトシ君とヨッシーさんが入った、薬師湯は昔の「藤の湯」では?。
自分は、そのもう少し先の更にひなびた共同浴場の
「元湯温泉」にばかり入っていましたが、新しい地図には
その元湯がありません。今どうなっているのでしょう。
そちらの方が気になって。
次、岩井温泉・湯村温泉・城崎温泉のいづれかに寄ってください。
城崎は情緒的に日本一だと思いますが、旅的に少し時間がかかるかも。
サトシ君の地元の日本海側だから、いつでも行ける所なので
スルーして、早く北陸を目指す方がいいでしょうね。


新幹線ひよこ さんへ
サトシ
新幹線ひよこさんもここに来たことがあるのですね。

いいところですよね~ (>_<)

そうなんです、早く北海道に行かないと冬になってしまうかも・・・
できる限り温泉には入りたいので迷うところですね。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
温泉情報
いつもきれいな写真を有難うです。
温泉津の共同浴場情報にびっくりです。
サトシ君とヨッシーさんが入った、薬師湯は昔の「藤の湯」では?。
自分は、そのもう少し先の更にひなびた共同浴場の
「元湯温泉」にばかり入っていましたが、新しい地図には
その元湯がありません。今どうなっているのでしょう。
そちらの方が気になって。
次、岩井温泉・湯村温泉・城崎温泉のいづれかに寄ってください。
城崎は情緒的に日本一だと思いますが、旅的に少し時間がかかるかも。
サトシ君の地元の日本海側だから、いつでも行ける所なので
スルーして、早く北陸を目指す方がいいでしょうね。
2011/06/16(Thu) 21:40 | URL  | 新幹線ひよこ #-[ 編集]
新幹線ひよこ さんへ
新幹線ひよこさんもここに来たことがあるのですね。

いいところですよね~ (>_<)

そうなんです、早く北海道に行かないと冬になってしまうかも・・・
できる限り温泉には入りたいので迷うところですね。
2011/06/17(Fri) 11:15 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: