ただいま~♪
7:30 起床!

@@@DSC02570.jpg
今日で旅をして早くも3ヶ月。
一人前の旅人になれているのかな・・・

7:50 公園を出発!

マクドを見つけたけど、コンセントは無く残念。
しばらく日記の整理など。

その後は鳥取駅前へ。
スタンプでもあればと思ったのですが、見当たらない・・・
@@@DSC02571.jpg

@@@DSC02572.jpg

ここでパンを食べていると、たくさんのハトが。
すこしのつもりが、楽しくて半分もあげてしまった・・・

その後、鳥取砂丘へ向かうことに。

@@@DSC02577.jpg

@@@DSC02580.jpg

駅から県庁まで延びる商店街はすこし寂しいかも。
県庁も役所も古さがにじみ出ていたり。

ところで、市街地から鳥取砂丘までは3kmほどだそう。

なんだ、けっこう近いじゃん!  (>_<)/
と思っていたら、その3kmの道には上りりあり、トンネルありと・・・

予想以上に手間のかかる道かも。(> <)

@@@DSC02583.jpg

トンネルを出た先には砂丘の一部が見えてくる。
ちょっと感動だ。


展望台に続いているのかな、リフトが見えたり。

@@@DSC02587.jpg


11:50 鳥取砂丘に到着! 

@@@DSC02597.jpg

@@@DSC02601.jpg

車も多く止まり、賑やかなかんじ。
奥に見える、ひときわ背の高い砂の丘は「馬の背」といい、その高さはなんと47m!

@DSC02621.jpg

皆さん「しんどい~」と言いながらも、この馬の背をひたすら上っていく。

そして、上からの眺めは最高かも! (>_<)/

@@@DSC02616.jpg


砂丘観光のお勧めは、一般の観光客が通る「馬の背」までの最短ルートではなく、
ひと丘分だけ逸れた誰も来ない場所がお勧めだそう。
ジオパークで貰ったお勧めルートの地図を手に、ひとり観光客から離れていく。

で、確かにそうかも!

メインルートとは観光客の足跡だらけだけど、
ここは足跡も無い、きれいな風紋だけの世界が楽しめました! (>_<)/

@DSC02638.jpg

@DSC02642.jpg


なぜか、相撲を取る2人・・・

@DSC02579.jpg

で、今日は風が強いかも。

@DSC02586.jpg

足元を飛ぶ砂粒が足に当たり、すこし痛い・・・

ここにはラクダがいるけど、写真を撮るのはお金がかかるみたいだ。

@DSC02598.jpg

なので望遠レンズで遠くから。(笑)

この砂丘の前にはいくつかのお店が見える。
鳥取はラッキョウと梨が有名だそうだ、お店に入るとラッキョウの鼻をつく匂い。
多くのお店に梨ソフトクリームとあったので、食べてみることにしたよ。
@DSC02632.jpg
これがなかなかいけるかも。 (>_<)/
もう一つ食べたいぐらいです!

さらに、このお店には梨カレーとあった。 (>_<)/
面白いからいただこうかな~、と調子に乗ったり。 (笑) 
@DSC02651.jpg

@DSC02652.jpg

ジャガイモのように見えるのが梨です。
カレーの辛さに、たまにくる梨の甘さがその辛さをリセットしてくれる感じかな・・・

まあまあかな・・・

やっぱり、まあまあだ。 (笑)


@DSC02656.jpg

@DSC02606.jpg

上手にできているよね。
職人さんが10日ほどで完成させるそうだよ。


砂丘の近くに無料のキャンプ場があるので覗いてみる。
ただ、お店も無い不便なところで、
今から市街に夕飯を買いに行き、再びここに戻ってくるのはしんどいかも。
今夜も今朝と同じ公園でいいかも。

その後、今朝のマクドとは違うお店に入る。
ここにはカウンター席にコンセントを用意してくれていました!
ここで携帯やパソコンの充電をさせてもらったり。(>_<)/

その後は昨日も行った銭湯へ。

ゆっくりしていると、外は真っ暗に・・・

@DSC02670.jpg

夜は昨日と同じ公園で寝ました。

@DSC02678.jpg



現在地:公園(鳥取県鳥取市)

走行時間 2:11[h]
走行距離 20.5[km]
平均速度  9.4[km/h]
最高速度 30.0[km/h]

積算走行距離 3463.9[km]

天候:曇り
体調:良好


6月15日 おしまい。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/



スポンサーサイト

[2011/06/28 22:37] | 鳥取
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: