ただいま~♪
6:30 起床!

999DSC03534.jpg

昨夜は雨が降っていたけど、今は晴れているかんじだ。


7:10 公園を出ることに。

今日はここからさらに内陸に入り、出石に行こうと考えてみたり。
その後、城崎に戻ってきて温泉に入ればちょうどいいかもと思うのだ。
出石までそう遠くはないみたいだけど、道のりが気になるところ。

山道だったらどうしようかな・・・

途中、昨夜職務質問をしてきた警察の方と偶然にあう。
昨夜からずっと夜勤だったようだ。
向こうも気がついて笑顔で挨拶してくれるた。

999DSC02722.jpg

999DSC02721.jpg


後で温泉に入るために、この豊岡でコインランドリーへ。
なかなか見つからないので、住民の方に聞いてようやく見つける。

999DSC03541.jpg


その後、豊岡駅のコンビニでパンを買い朝食に。

999DSC03542.jpg

ここで話した人が以前は出石に住んでいたひとでした。
ここから出石までは、平坦な道が続く快適なものだそうだ。

出石そばが有名だから、絶対に食べるように言ってくるのであった。

ならそうしようかなと思ったり。


その後、出石へ!

999DSC02724.jpg

おじさんの言ったとおり、国道426号線は川に沿った平坦な快適な道でした!(>_<)/

出石まで10kmとある。

999DSC03545.jpg

この道なら予想以上に早くつきそうかも。

ただ、かなり暑い・・・ (> <)

そばを走り去る車の熱風に息苦しさを感じるし、日差しが体にジリジリと感じるほど強い。


11:00 出石に到着!

999DSC03575.jpg

999DSC03559.jpg

この辰鼓楼(しんころう)が有名かな! (>_<)/
出石は但馬の小京都と呼ばれる城下町だそうです。

町並みがきれいに落ち着いたかんじ。

999DSC02726.jpg

999DSC03553.jpg

999DSC02731.jpg

お目当ての出石そば専門店はは多くのお店があって迷うほど。
どのお店も時代のかんじる老舗のにおいがするのだ。
せっかくなので、一番有名なところでたべたいかも。

とりあえず歩いていると、ひときわ熱心に声をかけてくるお店が・・・

旅のことなどを話していると、ここにせざる終えない状況になってしまった。(> <)
まぁ、サービスをしてくれるというのでそこに入ることにしたよ。

出石そばは5枚の小皿に乗せられて運ばれてくるのが一般的みたい。

で、自分にサービスと小皿をプラス8枚の13枚に!
量は2人前以上だ。(笑)
999DSC03578.jpg

ひとりでこんなに多くのお皿があるもんだから、周りから浮いていて恥ずかしいかも。(笑)
見た目以上に量があり、お腹がいっぱいになりました。 (>_<)/

で、最後にはサインを求められてしまう・・・

サインなんか書いた事がないのでよく分からないのですが・・・
とりあえず、持っていたマーカーペンなども使ってカラフルにしてみたり。(笑)

999DSC03583.jpg

こんなのでよかったのだろうか・・・
照れるかも・・・ (> <)

お土産にと、木札まで貰いました! (>_<)/
すみませんです!


昼過ぎに出石を出て、来た道を戻っていくことに。

999DSC03587.jpg


まだ時間があるので豊岡により、「コウノトリの郷公園」に向かうことにしたよ。(>_<)/

999DSC03591.jpg

ここはコウノトリの保護と繁殖に取り組む施設で、見学は無料なのだ。
中にはコウノトリの資料が展示されていたり。

999DSC03592.jpg

外にはコウノトリの飼育場があるのだ。

999DSC03598.jpg

999DSC02738.jpg

羽をきっているそうなので、飛んでいってしまうことはないそうですよ。
エサの時間には野生のコウノトリも知ってか、飛んでくるとか。

999DSC02743.jpg


ここにカバンの自動販売機がありました!

999DSC03602.jpg

わざわざ自動販売機で売る意味はあるのだろうか・・・


その後城崎温泉へ!

999DSC03613.jpg


城崎温泉駅にはのれんがかかっている。

999DSC03614.jpg

999DSC03610.jpg

999DSC02756.jpg

城崎温泉は外湯と呼ばれる7つの温泉浴場が並んでいるそうだ。

外湯めぐりといい、浴衣姿に下駄を履いてそれぞれの温泉を回っていくのがお勧めとか。
町中に下駄の音が響くかんじだったり。

999DSC02760.jpg

999DSC03617.jpg


自分は全てを入っていくわけにはいかないので、一の湯だけにはいることにしたよ。
洞窟風呂とあったので気になったのだ、値段は600円。

999DSC03622.jpg

外湯めぐりの人はなにかパスポートのような物をもって、スイスイとはいっていく。

彼らは温泉を7つも巡るので、長湯は禁物のようだ。(笑)
ひっきりなしに客が出入りしていく。

なので自分みたいに、丁寧に体を洗っている人はほとんどいないかんじです。


お風呂からあがり、休憩室に。
コンセントには無断使用禁止と書かれていて、上からガムテープまでしてある。
すこし、期待していたのにな~ (> <)

999DSC03634.jpg

その後、野宿の場所を探すことに。
しかし、あまりいい場所が見つからない。

999DSC03652.jpg

そうしている間に夕暮れに。(> <)

唯一見つけた公園は、お土産店が並ぶ一角にある小さなものだ。
観光客用にできたきれいなトイレがあり、テントはかなり張りづらいかも。

最悪、奥のほうでこっそりとテントを張ればいいかなと思ったり。

とりあえず近くにあった小さなスーパーで買い物に。
あの公園で本格的な自炊はまずいと思い、カップラーメンを買うことにした。

公園に戻り、湯を沸かして食べることに。

999DSC03658.jpg

最近は野菜不足が心配かも。
キュウリとマヨネーズも買い、そのまま食べてみた。
意外といけるかも。(笑)

そのご、夜でも目の前の道には浴衣姿の人がたびたび現れる。
観光地だから当たり前のことだ。
テントを張るのはもう少し後にすることにしたほうがよさそうかも。

公園で暇をしていると、トイレに来たおじさんが声をかけてくれる。
この方は木下さんといい、この城崎温泉で旅館をやっているそうだ。
近くの屋台で飲んでいる途中だったそうで、ご馳走してくれると言ってくれたよ!

せっかくなので、お言葉に甘えたり。(笑)


今夜は先ほどの公園で寝ようと思っていることを話すと、木下さんが家に来たらいいと言ってくれる。

助かったかも!! (>_<)/


ここで、お店のマスターにすこし怒られてしまった。
自立もしていないのに、親に迷惑をかけたままこのような旅をしていることに、
おじさん自身にも、大学生の息子を持っているそうで理解しがたいことだったみたいだ。

正直、この時は驚いたかも。
なぜなら、これまで旅をしていて言われることは応援の声ばかりであったからだ。

こんな考え方もあるんだなと思った瞬間だ。

でも、優しい方でホットドックを頂きましたよ! (>_<)/

999DSC03670.jpg

999DSC03673.jpg


で、問題はその後で・・・

誘ってくれた木下さんがいつの間にか泥酔している・・・
何もしていないのに、イスから転げ落ちるのだった。 (> <)

これから木下さんの家にお邪魔するつもりだっただけに、不安になってきたかも。

マスターも彼の「もう一杯!」を断り、家に帰るように言う。
おじさんは酔っていないと言うけれど、酔った人は皆そういうのだ。(笑)

半分、マスターに追い出される形で店を出る・・・

家は屋台から歩いてすぐのところだった。
自転車は置いたまま、おじさんを支えて歩いていくことに。

家では夜遅くなのに奥さんが迎えてくれる。
遅くにすみませんです。(> <)


でも、一安心です。
あの公園でテントは張りづらいし、誰かに注意される可能性も十分にあるかも。

木下さんには本当に感謝なのだ

久々の布団~。



現在地:木下さんの家

走行時間 4:30[h]
走行距離 53.7[km]
平均速度 11.9[km/h]
最高速度 29.2[km/h]

積算走行距離 3757.6[km]

天候:晴れ
体調:良好


6月21日 おしまい。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

↑クリックすると順位が上がります!
よかったらクリックして~ (>_<)/
スポンサーサイト

[2011/07/05 15:09] | 兵庫
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: