ただいま~♪
7:15 起床。

vvDSC05533.jpg

今朝は子供達のはしゃぐ声で目を覚ました。
どうやら、自分がテントを張ったそばの水辺にカニがいるらしい・・・

いい目覚まし時計かも。(笑)

vDSC00096.jpg

キャンプ場は朝からゆっくりできるからいいかも。
道の駅と違い後ろめたさは無いからだ、すぐにテントをたたむ必要もないし。

隣でテントを張っていたおじさんは、すでにいなかったり。

でも、かわりにこんな物が・・・
vvvDSC00360.jpg

そういえば、朝は早いと言っていたかな。

お気をつけて! (>_<)/


9:00 キャンプ場を出発!

空は曇り空、雨が降ってもおかしくないかも。

この辺りは湧き水が豊富みたいだよ。
あちらこちらで水汲み場が見られたし、
「コン、コン、コン!」と、水の流れる音が聞こえてくる。

車で来て、大きなポリタンク5個ぐらいに湧き水を汲んでいる人も。


走り出して10分ほどでコンビニを見つけた、ここでで朝食に。
食事していて気がついたんだけど、ここの駐車場にも湧き水の汲み場が!

vvDSC05541.jpg

他にもバス停の横など、意外なところにあったりするのだから驚きだ。
あいにく入れ物がなかったので、手で軽くすくって飲むだけに。

冷たくていいカンジ! (>_<)/


さぁ、北上開始! 

vvDSC05550.jpg

初めは海岸線に延びる、「しんきろう自転車道路」を進んでいくよ。
その名の通り蜃気楼が見えることがあるそうだけど、
今はまったく確認できないかんじで残念・・・ 

自転車道はすぐに終わり、県道2号線へ入ることに。
さらに内陸側に国道が走っているので、ここは車も少ない走りやすい道だ。
暑さもましなかんじ!

ついに富山から新潟へ!(>_<)/

vvDSC05552.jpg

vDSC00098.jpg

この辺りから国道と合流し、交通量の多い大変な道になってしまった。(> <)


12:00 道の駅「越後市振の関」に到着。

vvDSC05554.jpg

これまでの道もそうだったんだけど、コンビニはしばらくありそうにないので、
ここで昼食を済ましておくほうがいいかも。
今日は特に面白いこともないままなので、何かいいものでも食べたいかな。

900円もするけど、タラ汁定食がお勧めだそうだ。
少し贅沢したり。(笑)

vvvDSC00365.jpg

骨に苦戦するけど、なかなかおいしいと思ったかな。
自分で言うのもあれだけど、相変わらず魚の食べ方が下手だ・・・


ここから道は断崖絶壁の上を走ることに。

大型トラックなど、交通量が多い上に狭い道なので神経を使う道かも。(> <)

vvDSC05560.jpg

このような、上からの落石を防ぐ半分トンネルとなった道が長く続く。
トンネルよりは明るい分だけましだけど、こう長く続くと嫌になる・・・


「いつまで続くんだよ! (> <) 」と思いながら走っていたり。

vDSC00101.jpg


この辺りは親不知・子不知(おやしらず・こしらず)と言うそうだ。

なんか、嫌な名前かも・・・

何でも昔、この危険な波打ち際を通る祭、
後につく子供すら忘れるほど親は自分に精一杯で、
子供も親をかえりみるいとまがなかったそうだからとか・・・

しかし、この道の狭さと交通量の多さから、
自転車の自分には今もそんなかんじだ。(> <)

ピカチュウ・・・


トラックなんかは普通に猛スピードで横を通過していくので、
何度もひやひやさせられる。(> <)
車間距離が詰まった後ろの車は、自分の存在に気がついているのか心配。

たまにクラクションを鳴らしてくる車もいるけど、
どうすることもできない・・・

これまでの道の中でも、特に危ないと思った道かも。 (> <)

さっさと、通り過ぎたほうがよさそうだ。

vvDSC05569.jpg

vvDSC05570.jpg

それにしても眠い!
眠いよ~ (> <)

走っていて、ものすごく眠たさを感じる・・・

「何とか次の道の駅まではがんばれ、自分!」ってかんじで進む・・・
寝れる保障はないけど・・・



2:10 道の駅「親不知」に到着。

vvvDSC00367.jpg
 
高架の高速道路の下にある道の駅だ。
ここで少し小雨が降ってきてしまうけど、この高架で雨はしのげた。

さっそく自転車をベンチの前に置き、隠れるよう横になる。
高速道路などうるさい所だけど、睡魔が勝るみたいだ、
こんなところでも普通に寝れるなんて、自分でも驚きかも・・・

40分ほど横になって、少しはすっきりしたかな。
その後は物産館を覗き、スタンプを押して任務完了! (>_<)/

雨も上がったし先へ!

vvDSC05575.jpg

その後は車も少なくなって、落ち着いてきたかんじ。
道もそうアップダウンがあるわけじゃないので順調なのだ。

道の駅「能生」についたのは6時ごろ。

ここでバイクで数日後に旅に出るという青木君と出会う。
数日後には北海道に2週間ほどバイクで旅に出るそうだよ。
ここ新潟に住んでいて、今日はその練習として走っているそうだとか。
彼のバイクを見せてもらうと、
手作りの骨組みにうまくプラケースを乗せている。
鍵までかかるちゃんとしたものだ。

10km先には温泉がある道の駅があるのは知っていたけど、
自分はここで野宿するつもりだったかな。
それでも青木君の誘いにのって、次の道の駅まで行くことに、
そこで温泉に入って、今夜は一緒に野宿することにしたのだ。

いったん青木君は、少し戻った所にある街まで夕飯の買出しに向かう。
自分はお先に道の駅に向かって走り出すけど、、
やはり途中で買い物を終えた青木君に軽々と追い抜かされていく。

vvDSC05581.jpg

海沿いの平坦な道ではあるけど、足がすでに重く感じる。(> <)
これは日没までに到着するのはムリかも・・・

vvDSC05577.jpg

頑張って漕いでいるけど、どうにもならない~!! (> <)

7:30 道の駅「うみてらす名立」に到着。

到着した自分に、待ちくたびれた様子の青木君が急ぐようにと言う。
なんでも、お風呂の最終入館が8時だそうだ。
あぶない、あぶない・・・ (> <)

けっこう立派な温泉で、露天風呂もあるのに500円と安かった。

もちろん、ここでゆっくりとすることに。

自分が念入りに何度も体を洗っている姿を見て、彼は笑っていたり。
旅をすると次にいつお風呂に入れるか分からないので、こうなるものかも。

駐車場の横には東屋もある広場があった。
2人でここでテントを張ることに。
雨が降るかもしれないので、東屋の下でテントを張ることを提案するけど、
青木君は銀マットを持って来ていなかったのでやわらかい芝の上で張るそうだ。
なら、自分も一緒にそうすることにした。

お米を切らしているので、彼から1合ほど貰ったうえに、
買出しのチューハイまで頂くことに。

本当にすみませんです。 (> <)

2人とも夕飯はカレーに。

ご飯を炊いている間中ずっと、飯ごうの上にレトルトパックを置けば、
カレーは十分に熱くなった。
つまり、わざわざ熱湯につける必要はないのだ。
自分もこれは途中で出会った旅人に教えてもらったんだけど、
気づきそうで気づかないことじゃないかな。

旅人の知恵だね。

夜になって小雨がたまに降ってくる。
念のためフライシートを被せておくことにしよう。
フライシートを被せると暑いのが難点かな・・・

しばらくは2人で話など。
お互い、悩みはあるかんじだった。

だから旅に出るのかな。(笑)
同い年とあって楽しく話すことができたり。


朝の7時なってもどちらかが起きていなかったら、
たたき起こすことにして寝ることに・・・

おやすみ・・・

vvvDSC00384.jpg

実は、明日は会う人が。



走行時間 5:49[h]
走行距離 78.3[km]
平均速度 13.4[km/h]
最高速度 49.5[km/h]

積算走行距離 5376.6[km]

天候:曇り時々雨
体調:良好


7月18日 おしまい。
vvvDSC01911.jpg



現在地:道の駅「うみてらす名立」 (新潟県上越市名立区)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/08/20 06:39] | 新潟
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: