ただいま~♪
旅131日目 「夢の跡」

AM4:30 起床。

vvDSC05987.jpg

テントを張った場所はクモと羽アリが本当に多かった・・・。(> <)/
自転車には一晩で4つもクモの巣を張られてしまっていた。

ほんとイヤになるかも、朝からそれらを取る作業に・・・ 

昨夜のご飯の残りを朝食に。
vvvDSC00548.jpg

ふりかけをかけて食べるのは好きだが、もう少しバリエーションが欲しいかも。
毎朝こうでは、さすがに飽きてくる。(> <)
そしてなにより栄養面でも気になった・・・

涼しくなれば、納豆とかでも一晩ぐらいは外でもちそうかな。

朝からブログを書いたりしてすごしていたのだが、この朝早く起きての作業は、いいリズムに感じた♪
これからもこうすることにしよう。

その後、飯ごうなど食器をトイレできれいに洗うが、洗剤がないぶん念入りに洗うことしかなかった。
トイレには海岸を散歩に来た人が頻繁にくれば、そんな中での洗い物をするのは少し気が引けた・・・


空は曇りだけど、たまに晴れ間を覗かせるかんじだ。
風が涼しく、今日は走りやすい気候かも。

走る前にタイヤやチェーンの確認など。

念のためチェーンにオイルを刺していると若くて大柄な男性に話しかけられる。
この自転車に興味を持ってくれたみたいだ。

別れるさいに握手したんだけど、その大きな手の割には力のないかんじだった。

というのも、19歳の時に重い脳腫瘍が見つかり、余命数年を言い渡されたそうだ。
この島を出て、あちこちの病院に親が必死に頼み込みをした結果手術をしてくれ、
奇跡的にも成功したそうだ。

その成功の確立が100人に1人で奇跡だと話してくれた。

今も薬を飲んでいて、なんでもその薬の副作用らしい、
見せてくれた歯は、そのほとんどが溶けてしまっていた。

今日もこの海岸を歩いてリハビリ中で、調理師の資格を取るため勉強中だそう。
用事があるからと、そう多くは話せなかったけど、
話に芯のある知的で心の強い人に感じた。

自分の日本一周にそんなことが出来るのかと驚いているけれども、
自分なんかまだまだなほうだと思った、彼のほうがよっぽどすごいと思う。

話を聞いていて少し感動してしまった。
お互いがんばろうと言って別れることに。


他にも地元のおじさんと話していたりしたら、すっかり遅くなってしまった。
でも、決して無駄な時間でないし、よかったかな。

佐渡の方はすぐに話しかけてくれて、いい人ばかりだ。


9:40 さぁ、予定より遅れて出発! (>_<)/

vvDSC05989.jpg

今日はこの先の佐渡金山を見るつもりだ。
後は特に何も決めてはおらず、適当なところでテントが張れればと思った。

出発前に寄り道。
この先、店が少なくなると聞いていたので、街を出る前にコンビニへ。
念のため、お昼のパンなどを買っておいた。
これでしばらくは大丈夫だろう。

おそらくだが、走り出す時に小学生の女の子が自分に何かを渡そうとしていたと思う。
そのおどおどとした様子から、親に言われてきた様子だろうか。
すでに自転車を漕ぎ出してから気がついたので、そのまま走り出してしまったが、
なんだかその子には悪いことをしたような気がした・・・。 (> <)/
向こうも傷ついていなければいいのだけど・・・


走り出してすぐ、後ろからクラクションを鳴らされる!!
よくあることで、また邪魔者扱いをされているのかと思ったが、そうではなかった。
自分の前で止まり、車から降りてきてお茶を差し出してくれた。

何でも、自分を遠くから呼んだけど気がつかなかったみたいで、
わざわざ自分を追いかけて車で来てくれたそうだ。
なんというお茶の名前かは忘れてしまったけど、なにやら普通の物じゃないらしい。
コレを飲んでがんばれといってくれたお茶は、冷たくておいしかった。
ありがとうございました!

国道から県道45号線に入り、ひたすら海岸の道へ。
しばらくは両脇に家々が並んでいた道も、次第に山と海のみに。

大きな夫婦岩かも。
vvDSC05991.jpg

両方とも20mを超える大きさだ。

夫婦岩は、これまで旅していていくつも目にしていたけど、
その中でも特に大きな物かも。

高台にあるあずまやで休憩・・・
vvvDSC00556.jpg

vvvDSC00555.jpg


お昼前相川町に入る。

学校などもあり、ちょっとした町だ。

ここから海岸沿いを離れて、佐渡金山へと向かうことに。
佐渡金山は世界遺産候補で、ぜひ見たかったところなのだったのだ。

正直、日本で金が取れていたとは、自分はまったく知らなかったかな。

コンビニがあったのでここで昼食に。
今朝買ったパンに、新たにお弁当を購入して食べる。

食事中、自転車を眺めていると、
折れたキャリアがタイヤを取り外しするレバーを押さえつけていることが判明。
これは危ない、走行中にタイヤなんかが取れたらかすり傷じゃすまない。 

タイヤを一度外して留めなおし、折れて突き出たキャリアを針金で固定。
しばらくはこれで大丈夫だろう。

針金は旅していて本当に役に立つと思う、大活躍なのだ。


その後、佐渡金山へと延びる山道へ。

vvDSC06010.jpg

いきなりの急勾配に足が何度か止まってしまうほどだ。(> <)
かといって、押して歩くのも大変、
休憩してはゆっくりと上っていくことにした。

もう汗だくだ、背中は不快なほどシャツが張り付く。(> <)

同じく坂を上がっていく車の助手席から、おばあちゃんが声援をくれる。
かすれてほとんど声が出ていなかったけど、何とか聞き取れた。

上りの真っ最中だけど、自分も手を上げてそれに応えたり。

こんな坂がずっと続くとさすがにヤバイかもと思っていたけれども、
上に上がれば上がるほど、勾配はマシになってくれた。

それでも、心配になるほどけっこう山の中に連れて行かされるかも。

途中にあるゴミ収集かご、ガードレールにも木の枠(上の写真)を被せていたりと、
辺りは世界遺産の登録をを意識している気がする。


1:15 佐渡金山に到着!

vvvDSC00632.jpg

vvDSC06011.jpg

観光バスも数台止まっていて、人もそれなりにいるかんじ。

金鉱は2つあるそうだ。
せっかく来たのだから、2つとも見ることしようかな。

両方で1200円と少し高いけど・・・

中に入るとやはり冷える。 (> <)
この夏でも、通年を通して10℃前後だそうだ、今の季節は気持ちいいかんじ!

初めに見た間歩(坑道のこと)は江戸時代からの採掘現場の様子を人形で再現してある。
これがよく出来た人形で、動いたりしゃべったりもするのだ。
vvvDSC00562.jpg

酸欠にならないように空気を送り込んだり、噴出してくる湧き水をくみ上げている様子は
一人で見ているせいか、怖さを感じた。

いつの間にか、その世界に入り込んだように見ていたかも。


最後に金塊を触ることができたのだ。

それだけでなく、これをガラスケースから取り出すと記念品がもらえるらしい。
そんなわけだから、行列が出来るほど皆必死だ。(笑)
係りの人がそばにいるわけではないけど、監視カメラがあるだけ。
vvvDSC00567.jpg

自分も挑戦するけど、これがかなりの重たさだ。 (> <)

12.5㎏もあるそうで、見た目とはうらはら相当重いのが不思議だ。
金に触ったのは初めてで、なんだかうれしい。(笑)
持ち上げるより、引きずり出そうとしてみたけど、手がつかえて上手くいかない。
大人は金塊を持つと、そのまま引き出すことが出来ないほどの小さな穴しかないのだ。
そのため、指先でつかむ形になるんだけど、その重たさに上手くいかないかんじだ。

しばらくその様子を見ていたけど、誰も成功する人はいなかった。
出来る人はそういないと思う。(> <)

一度出口に出て、もう一つの金鉱に入っていく。
今度はトロッコや発掘機械などつい最近の平成元年まで操業していたものだ。

vvvDSC00578.jpg

vvvDSC00583.jpg

途中にはライトを片手に、真っ暗な中進むところが。

vvvDSC00588.jpg

一人はすこし怖かった。 (> <)
自分はこんな暗いところで仕事は出来ないかな・・・

外に出れば、ようやく安心することが出来た。
vvDSC06030.jpg

ここは平成元年の閉山から、そのまま取り残されたかんじだ。
時間が止まっているように感じたかも・・・

vDSC00191.jpg

vDSC00185.jpg

ここで金が採れた時代があったのが不思議に思えてくる。
なんだか、夢の跡ってかんじがした。
高度成長期の力強さを感じるかも・・・

vvvDSC00606.jpg

自然と資料の一つ一つにゆっくり目を通していた。

地表に露呈した道遊脈の金を採掘した結果できた山の割れ目だそう。
山頂が火口のようにパックリと割れている。
vvvDSC00622.jpg

今では「道遊の割戸(どうゆうのわりと」として有名だ。

vDSC00179.jpg

その割れ目の深さは約74mもあろそうだよ。
江戸時代に機械も使わずここまで掘ったそうだから、すごいと思う。

お土産店に「金ソフトクリーム」が販売してあった。
他に「金コーヒー」と迷ったけど、ソフトにすることにしたり。
vvvDSC00629.jpg

といっても、どちらもただ金箔を上から少しだけまぶしただけだ・・・。
プチ贅沢なかんじだろうか。(笑)

ここに来てよかったと思う。
思わず佐渡金山の解説をする100円のパンフレットを購入してしまった。

島根にある、すでに世界遺産の石見銀山にもいったけど、そちらよりも全然楽しめたかも。
今後、この佐渡金山は世界遺産に登録されると思う。
佐渡島に来たのなら、ぜひこの金山に来て欲しいかな。

ゆっくり見ていたせいで、出るときは4時を過ぎてしまった。(> <)
地図によると、この先20kmほど進めばキャンプ場があるみたいだ。

4時過ぎになって佐渡金山を出発。

値段が書いていないので分からないけど、そのキャンプ場を目指して走り、
もしその途中でいい場所があればそこでキャンプをすればいいと考えた。

vvvDSC00633.jpg

その後は少しアップダウンがあるかな。(> <)

それでも、景色が夕陽できれいなかんじ。
楽しみながら走れたり。

vvDSC06035.jpg

vvDSC06038.jpg

vDSC00189.jpg

そう、これといった店もないし、キャンプが出来るような場所も見当たらないまま。

予定のキャンプ場についたのは6時過ぎ

覗けば「キャンプ代が1人800円、子供は~」 と、細かに決められてある。

800円は高い・・・
もう少し先に行けば、いいところがあるんじゃないかと思い、ここを後に。

その先の集落にはA・コープがあったけど、6時で閉店してしまっていた。

あるのは酒屋のみだ。

開いているだけでもマシだと、ここで買い物。
おじさんに牛乳はないかなと聞けば、苦笑い。

「さすがに牛乳はないね~」と言う。

さすがに酒屋にはないみたいだ。
でも、不思議と豆腐と納豆、卵は置いてある。
なら、牛乳もありそうなものかと思うけど・・・

ここで豆腐と納豆を購入して先へ。

集落をでてしばらく走るけど、一向にいい場所が見当たらない。
日没も迫ってきたので、仕方がなく先ほどのキャンプ場に戻ることにした。

数キロほどの無駄足だよ、もう・・・ (> <)


7:15 入崎キャンプ場に到着。

心の中で、すでに管理人さんが帰っていて、タダでテントが張れるかもと期待したけど、
管理人さんはしっかりと見張っていた。(笑)

記載内容の「大阪」を見て、管理人さんがもしかしてここまで自転車で来たのかと驚く。
沖縄から上がってきたと言うと、さらに驚いたり。(笑)

旅人はあまりこの佐渡島に立ち寄らないのだろうか。
キャンプ場の管理人さんにこんなに驚かれるとは思わなかったかな。

お金を払って、ゴミ袋と黄色い大きな旗を受け取る。
なるほど、この旗でお金を払っていない人が一目瞭然ってわけなのか。
これをテントの横に立てるよう言われる。

キャンプ場には、家族連れの方が2組のほか、バイクに方が1人。
バイクの人はすでに寝ていて、イビキが外まで聞こえてくる。(笑)

薄暗い中テントを立てて、自炊開始。

風が少し強いので、テントの中でお米を炊いていく。
この時期は暑くて、テントの中での自炊はムリだけど、
日中が涼しいこともあって、今夜はなんとかなりそうだ。

今夜もまたまたカレーなのだ。

カレーの好きな子だなと思わないでほしいかな・・・ (> <)
特にカレーが好きというワケではないけど、レトルトのカレーがラクなので、
必然的にこうなってしまうだけなのだ。(笑)

朝はふりかけで、夜はカレーの毎日・・・
なんとかしないと。 (> <)

家族連れの方達はバーベキューをしていて楽しそう。
羨ましいかも。

ご飯を炊いている間、空腹を紛らわすため豆腐を食べる。
木綿豆腐なので硬かったけど、イケたかも。(笑)

納豆にはたれが入っていないものだった。
醤油をかけてもおいしくなかったけど、カレーに入れるといいかんじ。
vvvDSC00638.jpg

ご飯を食べて横になれば、ものすごく気持ちがいい。
予想以上に疲れていたみたいだ、すぐに眠れた。

vvvDSC00636.jpg

そんなかんじで、7月23日おしまい。

vvvDSC06277.jpg





走行時間 4:53[h]
走行距離 56.5[km]
平均速度 11.5[km/h]
最高速度 32.0[km/h]

積算走行距離 5745.5[km]

天候:曇りのち晴れ
体調:良好


7月23日 おしまい。

現在地:入崎キャンプ場 (新潟県佐渡市高千)



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/

スポンサーサイト

[2011/08/29 08:11] | 新潟(佐渡島)
トラックバック:(0) |

ノートの中身は・・・。
-
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。

一つ質問なのですが、ブログの最後にいつもアップされている「ノート」にはどのような事が書いてあるのですか?


時間があるときで良いので、教えていただけると嬉しいです!

お体に気をつけてがんばってください!!!

Re: ノートの中身は・・・。
サトシ
ノートは本当の旅の日記です。

ブログのアップが遅れているので、このノートを見て書いていますよ。
ノートにはブログに書ききれなかったことや、書くほどでもないことなども書いてます。(笑)

出合った旅人の住所なんかも書いてあるので、スタンプ以外はぼかしてみたり。

このブログで旅のノートを本当に覗いているようなかんじになってくれれば嬉しいかなとそうしてます。


キャンプお食事!
48歳のおばさんReader
はじめまして、つぃ最近読み始めました。なかなか骨のある若者で、私も子供がいれば貴方くらいの年、つぃつい応援したくなります。
で、おばはんとしてはやっぱりほうっておけないお食事。。。そりゃね、インド辺りの人たちは毎日カレーなんでしょうから、カレーが良くないってわけではないんですが、やっぱりバリエーションですよね。レトルトだと、中華なんかいかがっすか?中華丼、マーボー豆腐のもと、などなど。あとね、わたしのお気に入りのキャンプ朝ごはんは、具沢山の味噌汁!!なんでもいれちゃいますよ。ゆうべののこりの缶詰コーン、たまねぎ、しけったのり、たまご、ジャガイモ、なす、えとせとら。これをごはんはいってるなべで作って最後にごはんいれて、ねこまんまです。これに、からーいゴマラー油いれてゴマラーメン風猫飯、こびりついてたご飯もやわらかくなって、後の始末ちょうらくです。カレーだって、いつものに、他の材料足して、p-まんとか、なすとか、チキンのぶつ切りとか。。。味変わりますよ。あと缶詰のシーフードもいろいろあります。わたしはカヤックで1週間とかキャンプに行くんですが、5日目でも食事困りません。 もちろん、店など皆無の超ワイルドな孤島とかなので、1週間ぶんもって出ます。先日はキャンプ4っかめにて、フレッシュGreekサラダでした。日本の夏は暑いから、ちょっと違うかもだけど。 とにかく体調だけには気をつけて、しっかり食事してください。反対しておられたご両親、しらけてた妹さんもきっと今ではたくましい息子さん・お兄さんを一番誇りにしておられることでしょう。がんばって!!

48歳のおばさんReader さんへ
サトシ
詳しく書いてくれてありがとうございます!

お味噌汁に適当に入れていくのは簡単で、栄養もありそうですね。
これからの寒い時期には特にぴったりと思いました。
マネできる範囲で考えてみたいと思います! (>_<)/

体調を維持するためにも食事は重要だと思うので大変参考になります!
そちらはかなりサバイバル的な感じですね、すごいです・・・

コメントありがとうございました。 (>_<)/

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ノートの中身は・・・。
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。

一つ質問なのですが、ブログの最後にいつもアップされている「ノート」にはどのような事が書いてあるのですか?


時間があるときで良いので、教えていただけると嬉しいです!

お体に気をつけてがんばってください!!!
2011/08/29(Mon) 18:43 | URL  |  #-[ 編集]
Re: ノートの中身は・・・。
ノートは本当の旅の日記です。

ブログのアップが遅れているので、このノートを見て書いていますよ。
ノートにはブログに書ききれなかったことや、書くほどでもないことなども書いてます。(笑)

出合った旅人の住所なんかも書いてあるので、スタンプ以外はぼかしてみたり。

このブログで旅のノートを本当に覗いているようなかんじになってくれれば嬉しいかなとそうしてます。
2011/08/30(Tue) 07:58 | URL  | サトシ #-[ 編集]
キャンプお食事!
はじめまして、つぃ最近読み始めました。なかなか骨のある若者で、私も子供がいれば貴方くらいの年、つぃつい応援したくなります。
で、おばはんとしてはやっぱりほうっておけないお食事。。。そりゃね、インド辺りの人たちは毎日カレーなんでしょうから、カレーが良くないってわけではないんですが、やっぱりバリエーションですよね。レトルトだと、中華なんかいかがっすか?中華丼、マーボー豆腐のもと、などなど。あとね、わたしのお気に入りのキャンプ朝ごはんは、具沢山の味噌汁!!なんでもいれちゃいますよ。ゆうべののこりの缶詰コーン、たまねぎ、しけったのり、たまご、ジャガイモ、なす、えとせとら。これをごはんはいってるなべで作って最後にごはんいれて、ねこまんまです。これに、からーいゴマラー油いれてゴマラーメン風猫飯、こびりついてたご飯もやわらかくなって、後の始末ちょうらくです。カレーだって、いつものに、他の材料足して、p-まんとか、なすとか、チキンのぶつ切りとか。。。味変わりますよ。あと缶詰のシーフードもいろいろあります。わたしはカヤックで1週間とかキャンプに行くんですが、5日目でも食事困りません。 もちろん、店など皆無の超ワイルドな孤島とかなので、1週間ぶんもって出ます。先日はキャンプ4っかめにて、フレッシュGreekサラダでした。日本の夏は暑いから、ちょっと違うかもだけど。 とにかく体調だけには気をつけて、しっかり食事してください。反対しておられたご両親、しらけてた妹さんもきっと今ではたくましい息子さん・お兄さんを一番誇りにしておられることでしょう。がんばって!!
2011/08/31(Wed) 07:44 | URL  | 48歳のおばさんReader #-[ 編集]
48歳のおばさんReader さんへ
詳しく書いてくれてありがとうございます!

お味噌汁に適当に入れていくのは簡単で、栄養もありそうですね。
これからの寒い時期には特にぴったりと思いました。
マネできる範囲で考えてみたいと思います! (>_<)/

体調を維持するためにも食事は重要だと思うので大変参考になります!
そちらはかなりサバイバル的な感じですね、すごいです・・・

コメントありがとうございました。 (>_<)/
2011/08/31(Wed) 12:19 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: