ただいま~♪
6:30 起床。

vvDSC06363.jpg

今朝は雲ひとつない快晴の天気だ。
明るくなった今、ようやく辺りの状況が分かってくる。

ここから「なまはげ館」まではそう遠くないし、開館にはまだ時間がある。
昨夜の雨でテントは濡れてしまったので、完全に乾かしてから出ることにしよう。

そんな中、出発の直前になっておばあさんが差し入れを持ってきてくれた。
公園のそばにぽつんとある家の方みたいだ。

vvvDSC00915.jpg

一緒に大きなキュウリも持ってきてくれる。
おばあさんが育てた物だそう、こんなに大きなきゅうりは初めて見たかも。
しかし、なまりが強くて話がほとんど理解できなかった。(> <)

栄養ドリンクも2本も貰ってしまった。

どうもです! (>_<)/


8:30 公園を出発!

貰った栄養ドリンクを1本飲んで元気にGOなのだ! (>_<)/

公園を出た入り口のところにはペッちゃんこになった大きなへびが・・・
昨夜は真っ暗で全然分からなかったけど、
これじゃ踏んでいるんじゃないかな・・・ 

早々に出鼻を挫かせてくれる。 (> <)

vvvDSC00916.jpg

昨日と同じく山間の道だけど、こう晴天なら全然怖くは無い。(>_<)/
昨夜のこの道は本当にこわかったぞ・・・

その先に、昨夜教えてもらった森林公園が見えてきた。
こんなところ、夜にたどり着くのはムリだ、明かりひとつない。

そんなにキツイアップダウンではないので、順調だ!

と思えば、なまはげ館の手前がものすごい坂!
調子に乗りすぎてすみませんです。 (> <。)

必死に上っている最中、ギアから擦れる異音がしてくる。
昨日の雨の中の走行で、チェーンのオイルが取れてしまったみたいだ。
坂の途中で止まりたくなかったので、そのまま上がっていくことに。
なまはげ館に着いてからオイルを差すことにしよう。

vDSC00316.jpg


公園から走ること5km・・・

9:10 なまはげ館に到着。

vvvDSC00925.jpg

ここは男鹿半島でぜひ来たかったところ。
男鹿半島といえば、なまはげだそうだ。
しかし、こんな山奥に建てなくれもいいと思ってしまう。

これは圧巻だ、中に入れば色々ななまはげが展示されているよ!!(> <)

vvDSC06371.jpg

地域によって、顔つきはそれぞれ異なるみたい。
怖い顔もあれば間抜けそうなものまで実にさまざまだ。
その数、約60種類以上もあるから驚きかも。
近くで見ると、手作り感がよく分かる。

大晦日に行われるなまはげ行事の映画を見ていたけど、
子供達が泣きながらいい子にすることを、なまはげと約束しているのだ。

男鹿に生まれなくてよかったと思った・・・

なまはげに変身できるコーナーもあるけど、人が多くて止めておく。
それが今でもちょっと心残りだ・・・

vvvDSC00918.jpg

なまはげについて、あいまいな感じでしか知らなかったので、来てよかったと思う。
小さい施設でも、中は充実していた。

vDSC00317.jpg

先へ!

自転車を漕ぎ出すと異音がしてくる。
そうだ、オイルのことを忘れていた!
すぐに自転車を路肩に止め、チェーンにオイルを差していく。

定期的にオイルを差さないとチェーンが切れやすくなると聞いたので、念入りに。
さぁ、改めて出発だ! (>_<)/


山間の道が終わり、景色は田園風景になってきた。
ふと見れば一際高い山が見えてくる。
パンフレットで何度か見ていたので、すぐに寒風山であることが分かった。

vDSC00325.jpg

山頂部が草原になっていて、阿蘇を思い出す風景だ。
明日から始まる(前夜祭)ねぶた祭りのためにも急いでいるけど、
スルーして後で後悔するのも嫌だ・・・

標高は355m、阿蘇に比べるとそうびっくりする高さじゃないかな・・・

なら行こう!! (>_<)/

途中、土砂崩れで少し迂回を強いられる。

やはりツライ坂が待っていた。(> <)
S字を描いて出来るだけ勾配をゆるくしていく。
ハンドルを切りすぎて何度か足をサイドバッグに引っ掛けて転びそうになってしまった。

vvDSC06402.jpg

暑さも応え、かなりしんどい・・・
それでも、やはりいい景色だ。(>_<)/

草原を雲の影がスーッと流れていくのだ。
こんな景色を見せられたら、辛さも忘れて眺めてしまう。

vvDSC06411.jpg

vDSC00329.jpg


いや、そんな状況ではないぞ・・・

予想以上に水を飲んでしまい、途中で飲み物を切らしてしまった~!(> <)
これは致命的なミス・・・

本当にダメになったら、一気に山を下るか走る車を止めるしかない。
最後のほうは喉が本当にカラカラで、
唯一あった栄養ドリンクでも飲もうかと思ったほどだ。

山頂は草原なので常に見えている状態で、励みにもなれば、
あぁ、あそこまでまだまだあるよ・・・ 、と凹ませてくれる。

上っている最中、バイクの人には何人にも追い抜かされる。
羨ましすぎるぞ、ライダー!! (> <)

vvDSC06398.jpg

vDSC00326.jpg



上ること約1時間・・・

12:50 山頂に到着! (>_<)/

vvvDSC00934.jpg

vvDSC06440.jpg

ついてすぐに自販機でジュースを買い一気飲み。(> <)
絶景がどうのこうのとそんな場合じゃないほどだ。

一本じゃ足りず、2本目も買ってしまった。

日曜日とあって、多くの車にバイクが来ていた。
バイクの人達に大変だっただろうと、ねぎらいの言葉を受ける。
暑さもあり、本当にしんどかった。
自分でも久々に限界が見えた気がする。

ここからパラグライダーを何人かしていた。
いい風を待っているのか、すぐには飛び出さないのだ。
自分も含めて、それを大勢の方が見守り、飛べば歓声があがる。
vvDSC06428.jpg

vvDSC06420.jpg

ふわふわとした飛び方は、本当に気持ちがよさそうだ。

その後、疲れた足どりで人混みから離れる。
誰も来ないいい場所を見つけた。

vvDSC06449.jpg

こう景色を見ていると、「あぁ、ここまで自分の力で上ったんだな・・・」
と、思いふけてしまう。

vvDSC06430.jpg

何しているんだろうとか、ここはどこだっけみたいに、
自分でもよく分からない不思議な感覚になるのだ。

それが好きかも。

自転車で旅して良かったと思う瞬間だ。
少し涙目になるのは風のせいにしてみたり。(> <。)

こんなの、バイクや車では味わえないと思う。

vvvDSC00938.jpg

でも、歩きの人はもっとすごいかも・・・


さぁ、時間もないしいっきに下ることにしよう。

地図を取り出し、時間と距離から最終目的地を絞っていく。
寒風山を上ったのでそう時間もないかんじ、大きく予定変更だ。

見れば10km進んだ所にキャンプ場が、しかも無料とあった!
ならここで決まりだ。(>_<)/
しかも、その近くには温泉まであるみたい!

下っている最中、ずっとブレーキを握り締めていたため、
地上に着いた時には手の握力がほとんど無くなってしまっている。

一生懸命1時間かけて上った道も、下りではわずか15分だ。
これでは少し呆気なく感じるかも・・・

田園風景を走り、次第に車が多くなってきた。

vvDSC06455.jpg

さぁ、いろいろあった男鹿半島もいよいよ終わりだ。
怖い思いもしたけど、最後は少し感動したかも、

来てよかったと本当に思う! (>_<)/


4:30 南の池記念公園キャンプ場に到着。

vvDSC06459.jpg

キャンプ場は池のほとりにあるキレイなところだ。
炊事場にトイレもちゃんとあり、これが無料なんて信じられないほど。
ちょっと得した気分になる。(笑)

すぐにテントが張ってあるのが見えた。
横には自転車も、久々のチャリダーに出会えたぞ!(>_<)/

すぐに彼の元へ挨拶に行った。

彼は町田さんといい、東京からきた旅人だった。
会社を辞めて2ヶ月旅しているそうで、東京から時計回りに回ってきたそうだ。

ん、東京から南下して九州、そしてここ秋田まで2ヶ月って・・・
ものすごい速さだ! (> <)
これまで会った旅人の中でも最速のペース。

荷物は本当に軽装で、自分の3分の1ぐらいだろうか。


自分はいったん数キロ先の温泉に向かうことを伝える。
町田さんはよくビジネスホテルを利用するので、温泉に入ることは無いそうだ。
いったん別れて自分は1人向かうことにした。

その途中にある道の駅「おおがた」に到着したのは5時頃、

結構大きな道の駅かも。
物産館には多くの地元農家の方の野菜が売られている。

急いでいたので、スタンプだけ押してすぐに出ることにした。

その後、大潟村温泉保養センターでお風呂に入る。
300円と意外に良心的な価格だった。
それでいて中にはシャンプーもリンスも揃っている。
中は多くの人で、賑わっていた。

お風呂に入っていると、必ずと言っていいほど話しかけられる。
皆、足の日焼けのことを聞いてくるのだ。

ここから旅の話になって、意外と楽しい。


キャンプ場に戻る前にA・コープに寄り、夕飯の買い物。

危ない危ない・・・ (> <)

7時で閉店だった、なんとかギリギリセーフだ。
問題は昨夜からガスを切らしているので火が使えない・・・

自分の使っているボンベはキャプテンスタッグ社の特殊なガスボンベなので、
大きなホームセンターにでも行かないと売っていない物なのだ。
今でも不便な物を購入してしまったと後悔している。 (> <)

悩んだ末、夕飯はパンにざるそばを買った。
ついでに町田さんと後で乾杯でもしようと、
カルピスのチューハイとポテチも買ってキャンプ場に戻ることに。
旅していて飲むことは無かったけど、たまにはいいだろう。
自分もチューハイぐらいなら全然飲める。(ビールはまだ苦く感じるかな)

戻ると、他にも2つテントが張ってあった。
自分が出かけている間に来たみたいだ。
バイクが見えるので、たぶんその方だろう。

(機会があれば話そうと思ったけど、結局話さず終いだ。
どんな人だったんだろう・・・)


その後、町田さんと乾杯をして楽しく話しをしていた。

町田さんはギターを持って旅をしている。
弾いてみてと言ったけど、メチャメチャ照れてしてくれない。(笑)
普段駅前とかでは普通にしているみたいなのに・・・

テントは彼のそばに張り、寝た。

vvvDSC00956.jpg

寝ていると地面のボコボコが気になるかも、
テントを張る前にもう少し確認するべきだったかな。 (> <)




走行時間 4:53[h]
走行距離 59.2[km]
平均速度 12.1[km/h]
最高速度 45.5[km/h]

積算走行距離 6255.8[km]

天候:晴れ
体調:良好

現在地:南の池記念公園 (秋田県男鹿市福米沢)


7月31日 おしまい。vvvDSC06491.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/09/05 09:29] | 秋田
トラックバック:(0) |


ゼノビ
暗闇の中の灯りがともったテントが、とても暖かく居心地のよい場所に見えますね。

実際は大変な事ばかりなのでしょうが、いつもそう感じてしまいます。

あちゃ~その一杯に手を出しちゃった!!
48のおばさんReader
そのごほうびの一杯がくせになるのですよ。私もカヤックでがんばったあとのアイスクリームがくせになっちゃって、カヤックやりはじめたら太り始めました。早いとこ2日酔いするくらい飲んで、もう飲まない!!っておもうくらいやっちまったほうがいいかも。はい!!すんません、よっけいなお世話でした!!!

ゼノビ さんへ
サトシ
そのぶん、虫もたくさん集まってきますよ。(笑)
大きな虫が当たって、常にボコボコいってます。

でも、自分もこの優しい色の明かりに安心しているかな。



48のおばさんReader  さんへ
サトシ
お酒好きになってしまうとお金がかかりそうで怖いですね。

よく、タバコとお酒にお金がかかると嘆いている旅人と会います。(笑)

それにしても、お酒が入るとすぐ1分も経たずに寝れたかも。
2日酔いで走れなかったら最悪ですね、気をつけないと・・・

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
暗闇の中の灯りがともったテントが、とても暖かく居心地のよい場所に見えますね。

実際は大変な事ばかりなのでしょうが、いつもそう感じてしまいます。
2011/09/05(Mon) 13:53 | URL  | ゼノビ #-[ 編集]
あちゃ~その一杯に手を出しちゃった!!
そのごほうびの一杯がくせになるのですよ。私もカヤックでがんばったあとのアイスクリームがくせになっちゃって、カヤックやりはじめたら太り始めました。早いとこ2日酔いするくらい飲んで、もう飲まない!!っておもうくらいやっちまったほうがいいかも。はい!!すんません、よっけいなお世話でした!!!
2011/09/05(Mon) 18:17 | URL  | 48のおばさんReader #-[ 編集]
ゼノビ さんへ
そのぶん、虫もたくさん集まってきますよ。(笑)
大きな虫が当たって、常にボコボコいってます。

でも、自分もこの優しい色の明かりに安心しているかな。

2011/09/06(Tue) 10:42 | URL  | サトシ #-[ 編集]
48のおばさんReader  さんへ
お酒好きになってしまうとお金がかかりそうで怖いですね。

よく、タバコとお酒にお金がかかると嘆いている旅人と会います。(笑)

それにしても、お酒が入るとすぐ1分も経たずに寝れたかも。
2日酔いで走れなかったら最悪ですね、気をつけないと・・・
2011/09/06(Tue) 10:47 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: