ただいま~♪
7:00 起床。

vvDSC06748.jpg

いよいよこのキャンプ場を出る日がやってきた。
ねぶた祭りで臨時に開設してくれたこのキャンプ場も今日までだ。
すでに辺りはテントを仕舞い始めている。

3日間、ともに過ごした良平君とオツネさんともお別れだ。

バイクの良平君は自分と同じくこれから北海道に入るが、
ここ青森港からではなく、
下北半島の大間からフェリーに乗って函館入りをするそうだ。

チャリダーのオツネさんはすでに北海道を回り終え、これから南下してゆく。
これから下北半島を回った後、太平洋側を下りていくと言う。

自分はというと、青森港からすぐにフェリーで函館に向かうつもりでいたが、
キャンプ場にある掲示板を見れば、ここから30km先にある五所川原に立ちねぷた祭りが今夜まであるそうだ。

昨夜から考えていて、せっかくなので急遽向かうことにしたり!(>_<)/

これで、もう少しは祭り気分でいられそうかな。(笑)

北海道入りはもう少し後回しだ。
そういうわけで、皆ここでばらばらに散ることに。


3日もいただけにテントの中は散らかり放題に、
荷物の整理にはいつも異常に時間がかかってしまう。

新たに購入した衣装など入りきらない荷物が増えた分、荷造りにてこずる。

朝食には昨夜のバーベキューで残ったウィンナーを焼き、ご飯で食べることに。
良平君とおつねさんの分も十分にあった。

そばでテントを張っていたお兄さんにカットされたスイカを頂く。
3つも頂いたので、良平君やオツネさんにも持っていった。

他にもまた別の人がスイカジュースを飲ませてくれる。
丸々のスイカそのままに無理やりストローをそのまま差して、
中をかき混ぜ潰しただけの物だそうだ。

それが意外にも甘くておいしい。

そんな感じで少し話しただけの人も、皆フレンドリーな感じにしてくれる、
おかげで本当に楽しいキャンプ場だったかも。(>_<)/


良平君は荷物をバイクに荷物を積むのに苦労しているようだ。
自分も旅の初めはそんな感じだったと思う。(笑)
vvvDSC01420.jpg

vvvDSC01416.jpg

バイクの後ろには彼のパートナーのジジが乗っているのだ。
ねぶたの鈴をそのままつけて熊ベル代わりはナイスアイディアかも!

チャリダーのオツネさん。
vvvDSC01413.jpg

怪しい・・・ (笑)

2人ともお気をつけて! (>_<)/


10:30 サマーキャンプ場を出発!

少し寂しい気分と同時に、旅の再開に胸が高ぶる。

久々のフル装備での走行は違和感が感じてしょうがない。(> <)
初めはハンドルの重たさにふらついてばかりだ、
何度かサイドバッグを歩道との段差に擦りそうになった。

あおもりベイブリッジを渡ると、ねぶたが壊されているのを見つけた。

vvDSC06775.jpg

ちょっとショックだ。(> <)

そのままクレーンのアームで押し付けるようにもって行くと、
「バリバリバリバリ!!」と大きな音の割にはいとも簡単に潰れていく。
簡単な針金でできた骨組みに紙が貼られているみたいだ。

昨日まで一緒に跳ねていただけに、残念な気がする・・・

vDSC00525.jpg

おそらく、受賞した物以外は壊してしまうのだろう。
確かにこんな大きいものはそう取っておくことも難しそうだ。
何台かはねぶたホールに保管され、年中見ることが出来るみたいだけど。

自分以外にも見物人がいて、
何人かは壊されたねぶたから内側についている電球などを持って帰っている。

作業している人は何も言わないので、いいみたいだ・・・

壊されたねぶたに近づけば、厚めとはいえ、やはりただの紙だった。
捨てられるならと思い、自分も色鮮やかな部分だけをちぎって貰うことにした。
vvvDSC01426.jpg

これでもいい記念になると思う。


昨日もあれだけの人がいて、多くのイスが並んでいた市役所前の大通りも、
今では跡形も無く、車が走る日常の光景を取り戻していた。
昨日までここを跳ね歩いたと思うと不思議な感じがした。

市街地のコンビニでパンを買い昼食に。   
食べながら五所川原までのルートを確認していく。

標識には五所川原まで35kmとあった。

途中に少し峠があるみたいなので、もたもたなんかはしていられないぞ。
今夜が祭りの最終日だそうだ、夕方までにはつかないと・・・

それに、向こうではキャンプ場が用意されてはいないみたいだ。
早めにテントを張れそうな場所を見つけておかないとまた大変な目に会う・・・


途中、新青森駅に立ち寄ることに。

出来たばかりのきれいな駅だった。

現在は東北新幹線の終着駅だけど、
今後開通する北海道新幹線との起点になるそうだ。

vvDSC06786.jpg

観光案内所を尋ね、立ちねぶた祭りのことなどを尋ねてみる。

青森のねぶた祭りに押され、いまいち存在が知られていない祭りだが、
写真で見る限りではビルの数階に匹敵する背の高いねぶたは、
ねぶた祭り同様に迫力がありそうだった。

これは楽しみだ!(>_<)/

ねぶた祭りが昨日まであったせいか、ここ新青森駅は多くの人でごった返している。
お土産を見て回るのも一苦労だ。

ここでお土産を買って、家族に送ることにしようかな。
vvvDSC01428.jpg

vvvDSC01434.jpg

試食をしてニンニクせんべいがおいしかったので、お土産に2つ購入。
青森はりんごもそうだがニンニクの生産量も日本一だそうだ。
ここではニンニクの製品がやたら目に付いた。

他には餅菓子やりんごのお菓子などを購入しておく。
ねぶた祭りで着ていた浴衣や草履なども一緒に入れて送ることにした。

浴衣は洗っていない汗だくのままですみません。(> <)

お菓子に影響がないよう、浴衣はビニール袋に丁重に葬る。
このねぶたの衣装では立ちねぶたの跳人には参加できないみたいだし、
それなりに場所もとるので、早いとこ送りたかったのだ。

大きな箱とはいえ、送料が1820円もしてしまった、
予想以上にかかってしまったかも・・・ 


先へ!

国道7号線を進むに連れて、山道に入っていく。

やはり峠が待っていた。

そうきつくは無いものの、ダラダラと長い上りが続く感じだ。
車の通りが多いので精神的にしんどく感じた。
しばらくまともに走っていないのも理由かもしれない。

vvDSC06794.jpg

忘れていた旅のしんどさが思い出してくるかも・・・ (> <)


4:40 五所川原に到着!

通りは祭りムードで一色だ。(>_<)/
4日から始まった祭りも、今日の8日で最終日だそうだ。

青森ねぶたほどの大通りはなく、雰囲気は地元の祭りのような感じがした。

自転車は駅から少し行った先の高架道路の下が駐輪場だったのでここに止める。
辺りは錆た感じの乗り捨てられたようなチャリばかりで心配になるほどだ。
バイクカバーを被せて大型バイクにカモフラージュさせておくことにしよう。

さっそく五所川原駅内にある観光案内所に行き、情報収集だ。(>_<)/

お姉さんは、今や青森ねぶたに匹敵する、
東北を代表する祭りに成長していると自慢げに話してくれた。
勝手な想像だけど、青森のねぶたを意識している気がする。

ここのねぷたは大きい物でビルの7階に相当する高さ20m以上もあるそうだ、
背の高いねぶたのため、
人混みの前に行かなくても後ろから十分に見れると教えてくれる。
なら焦って場所の確保もする必要はないかも。

どうもです! (>_<)/

その中でも特にお勧めの場所を聞いて、ここをあとにすることに。

ついでにテントが張れそうな場所を教えてくれたが、
教えてくれた公園は市街地から少し遠い所だ。
近くにもっといいところがあるんじゃないのかと思ってしまう・・・

貰った地図を見ればいくつか公園がある感じなので、
わざわざ教えられたところまで行かなくても、適当に回ればいいところが見つかると思った。

辺りを散策していると、ちょうどねぷたが倉庫から出てくるところだ。
vvDSC06817.jpg

ものすごい高さだ! (>_<)/

出している最中は上のほうはグラグラと揺れながら進む。
これでも中ぐらいの大きさだそうだ。

立ちねぶた、侮っていたかも・・・

ちょっと予想以上のものに、青森ねぶた以上に期待してしまうかも。(笑)

コンビニでカルピスのお酒を買い、店前でピザパンと一緒に食べる。
やはり、1人でのお酒はいまいちかも・・・
気分を高めるために飲んでみたけど、惨めになるだけだった。(> <)

時間になるまで駅の待合室でお菓子を食べながらテレビを見て過ごすことに。


7:00 五所川原立ちねぷた祭りのスタート!

人混みから少し後退した平和なところで眺めていた。
座ってでも見れるほどねぶたは高いものだ。

立ち並ぶビルの間を照らしながら、巨体がノソッと出てくる。

vvDSC06843.jpg

太鼓、笛の音などほとんど同じ感じだが、
ねぶた祭りの「ラッセーラー ラッセーラー」の掛け声とは異なり、
こちらは「ヤッテマレ! ヤッテマレ!」と言っているみたいだ。
「やってやれ!」みたいな意味だろうか。

夕飯は屋台で「大阪焼き」と言うものを食べてみたり。

大阪に住んでいるけど、初めて聞いた名前だぞ・・・
小さく太い円盤をしていて、味はお好み焼きみたいな物だ。
大阪名物とあるけど、マジで知らないし・・・ 

なんか凹む・・・ (> <)


最後に、案内所で教えてくれたお勧めの場所でねぶたを待つことに。
言われたとおり、大型ねぶたが集結するところだ。
大型ねぶた3台がそろうとさらに迫力のあるものに!(>_<)/

vDSC00563.jpg

vvDSC06868.jpg

来て、本当に良かった感じだ。
ねぶたもいいけど、この立ちねぷたもまた同様にすごい祭りだと思った。

ねぶた祭りを2つも見れて得した気分になる。(>_<)/

しかし、
最後に市長の挨拶が行われるもんだから、祭りの熱気が少し冷めたかな。(笑)
あれはいらないと思う・・・

9時に祭りが終了する。

皆がいっせいに帰っていく姿を見ると、
自分はどうしてよいのか分からなくなってくる。(> <)

自転車を取りにいき、寝床探しだ。
テントが張れそうな公園はすぐに見つけることができた。

隣が民家だから通報されないか心配だけど、
祭りの時期ぐらいは許して~(> <)

と、願ってテントを張る。(笑) 

明日は青森市街地に戻って、いよいよ北海道に渡るつもりだ。
vvvDSC01438.jpg




天候:晴れ
体調:良好

現在地: 五所川原市街地の公園 (青森県五所川原市)


8月8日 おしまい。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/09/24 08:05] | 青森
トラックバック:(0) |


ヨウコ
初めまして。ブログ見てます。今どの辺りですか?だいぶ寒くなって来たので身体に気をつけて頑張って下さいね。

知らんかったなぁ
福ちゃん
立ちねぶたってあるんですね。
知らなかったなぁ、これは(苦笑)

いよいよ北海道編が始まるみたいで、楽しみにしています。
こちら愛媛は、台風後一気に秋めいて肌寒くなってきました。そちらはだいぶ寒いんじゃないですか?
体調気をつけてくださいね~。

ちなみに明日は、子供の運動会です。やっぱり秋ですね。

ヨウコ さんへ
サトシ
今、コメントを書いている9月の25日に最北端の宗谷岬に来ましたよ!
北海道は11月の半ばに脱出できればと思っています。

寒いと朝が辛い感じです。(> <)
走っているときは、今がちょうどいい感じかも。(笑)

雪が降らないうちに何とかしないと・・・




福ちゃん さんへ
サトシ
青森には多くのねぶた祭りに似た祭りがあるみたいですよ!
自分もその多さに驚きです。
弘前のねぷた祭りなんかもいいそうですよ。
ただ、どれも青森ねぶた祭りと日程がかぶっていたり、それが残念ですね。(> <)

ずれてくれていればハシゴできるのに・・・

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
初めまして。ブログ見てます。今どの辺りですか?だいぶ寒くなって来たので身体に気をつけて頑張って下さいね。
2011/09/24(Sat) 13:19 | URL  | ヨウコ #-[ 編集]
知らんかったなぁ
立ちねぶたってあるんですね。
知らなかったなぁ、これは(苦笑)

いよいよ北海道編が始まるみたいで、楽しみにしています。
こちら愛媛は、台風後一気に秋めいて肌寒くなってきました。そちらはだいぶ寒いんじゃないですか?
体調気をつけてくださいね~。

ちなみに明日は、子供の運動会です。やっぱり秋ですね。
2011/09/24(Sat) 23:26 | URL  | 福ちゃん #LapiYBeE[ 編集]
ヨウコ さんへ
今、コメントを書いている9月の25日に最北端の宗谷岬に来ましたよ!
北海道は11月の半ばに脱出できればと思っています。

寒いと朝が辛い感じです。(> <)
走っているときは、今がちょうどいい感じかも。(笑)

雪が降らないうちに何とかしないと・・・


2011/09/25(Sun) 20:15 | URL  | サトシ #-[ 編集]
福ちゃん さんへ
青森には多くのねぶた祭りに似た祭りがあるみたいですよ!
自分もその多さに驚きです。
弘前のねぷた祭りなんかもいいそうですよ。
ただ、どれも青森ねぶた祭りと日程がかぶっていたり、それが残念ですね。(> <)

ずれてくれていればハシゴできるのに・・・
2011/09/25(Sun) 20:19 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: