ただいま~♪
6:00 起床。

vvDSC06974.jpg

今朝はよく眠れた。(>_<)/
テントから顔を出すと肌寒い風が吹いている。

公園に犬の散歩に来たおじさんと話しながらテントを片付けていく。
”鋭い質問”に思わず片付けする手を止めて考えてしまうことがある。
鋭い質問とは、何を考えながら旅しているのとか・・・。

とはいえ、よくここの公園でテントを見かけると言って、うれしそうに話す人だった。

だからだろうか、旅人と話しなれているような感じで、楽しいようで途切れることの無い容赦ない質問の連続攻撃である・・・ (> <)


7:05 公園を出発。

函館と言えば何といっても”朝市”である!!
と、昨夜パンフレットを眺めていて初めて知ったから大口は叩けないのだが、
せっかくなので何かいいものでも食べてやろうかと、そのためにすぐに出発したのだ。

ところで、駅前でライダーの人と話したときの話。
近くのライダーハウスで泊まっていたようで、なぜか自分のことを知っていた。
何でも自分のことは話を聞いていて、ウワサになっているよなんて・・・

ピカチュウと旅しているからなのか、無茶ばかりしているからなのか・・・
それは喜んでいいのかどうなのか・・・!?


朝市は函館駅のすぐそばがそうだった。
到着した時には7時30分にもかかわらず、
すでに多くの人で賑わっているから、どちらかと言えば、出遅れた感じだ・・・。(> <)

邪魔に感じた自転車を駐車場の脇に置かせてもらい、歩いて散策開始する。

あちこちで威勢のいい呼びかけが響き、雰囲気を盛り上げる。
こんなお金を持っていなさそうな自分に声などかけないと思っていたけど、案外そうでもない。
どちらかと言えば、しつこいな~、なんて感じるほどだ。(笑)

とはいえ、カニやウニ、ホタテのほかにもメロンなどの果物までそろい、メロンはいろんな店で試食させてもらえた♪
今朝はいい朝食である♪


vvDSC06983.jpg

vvvDSC01513.jpg

vvvDSC01514.jpg

vvvDSC01516.jpg

食うだけくって何も買わずに歩き回っているのは可愛そうに感じたが、
でもやはり高価なものなので土産に買おうとは思えなかったのだ。
だからメインは写真を撮ることであったのだが、店前で立ち止まって写真を撮れば熱心に勧めてくるのでゆっくり見てもいられない。

勧めてくるメロンは2玉入って7000円、びっくりの値段だが、
謳い文句は、「都会のデパートではこれがもっと高くして売っているものだよ♪」である。
そこまで言ってくると、家族に送ろうかななんて少し迷うことがあった。

渋る自分におじさんはサインペンで手に値段を書いては消しながら安くしていき、結局は送料込みで5500円でいいと言うけど、それでも微妙だ。
考えておきますと言い残し、おじさんの数字で真っ黒になった手を申し訳なく思いつつ、その場を逃げてきた・・・。
値段がどうこうというより、朝市でメロンはどうかと思ったからだ。
メロンはまた夕張で買えればと思う。
それよりも、自分にはトゲトゲがかっこいい大きなカニたちに夢中になっていたようだ。

ちなみに日本三大朝市は石川県の輪島朝市、佐賀県の呼子朝市に、この函館朝市がそうらしい。
輪島も呼子もこれまでの旅で立ち寄ったので、
これで日本三大朝市を制覇ということになる♪

ただ、輪島も呼子の時もたどり着いたのが朝じゃなかったので、
こう活気づいた朝市を見ることが出来たのはこれが初めてだった。

vDSC00601.jpg
その頭を切り落とされても動くイカ・・・

お土産は何も買わなかったけど、雰囲気でも楽しめただけで十分だ。

朝市の最後に海鮮丼を食べておくことにした。

1500円の三色丼で、上の具は自分で選べるそうだ。
迷わずウニ、いくら、カニにしておく。

vvvDSC01527.jpg

わかっていたけど、おいしい~♪

こうして朝市を堪能した後は、ようやく開いてくれた函館駅内の観光案内所へと向かう。

お目当ては観光パンフレット。
函館のものの他に奥尻島のパンフレットも貰っておいた。
行くかは分からないけど、時間があれば離島はできる限り行っておきたいと思うのだ、考えておこう。

貰うだけ貰ってそそくさと出て行くのも愛想がない気がしたので、
適当に案内所の人にお勧めの観光施設を訪ねることにした。

やはりというか、帰ってくる答えは自分が考えているものとほぼ同じだったから得るものはなかったが、1つ予想外のことと言えば函館山からの夜景のこと。

明日13日の夜は”夜景の日”で知られ、市民が明かりを積極的につけるのかどうするのかはわからないが、函館山からの夜景はいっそう輝く景色になる日だとか。
そのことを尋ねると、今年はその予定はないと言われてしまったのだ。(> <)
おじさんにそんな古い情報をどこで知ったのかとまで言われてしまう。
今年版の新しいツーリングマップルの情報なのだが!?

まぁ、観光案内所の人が言うのだからそうなのだろう・・・
なら今夜に函館山にのぼり、明日はこの街をたつことにした。
天気もいい感じだし、今夜はいい夜景が期待できそうである。

自転車に戻り、市街地を走る。
路面電車がこの街でも見られた。

11:40 五稜郭タワーに到着。

vvDSC07044.jpg

vvDSC07064.jpg

五稜郭そばに立つ五稜郭タワー。
中は多くの人でごった返し、人気の観光スポットである。
エレベーターではギュウギュウに押し込められ上へ!

大人1人840円はちと高めだが、ここまで来て上らないわけにはいかない。
というのも、五稜郭の魅力はなんと言ってもその形であり、星型のお堀をなしていているのだ。
地上を歩いてもその形がつかめないまま、きっと公園を歩いているだけになってしまうので、こうしてなけなしのお金を払う価値があると思い立ったのだ。

さあ、みんなにも是非見てもらいたいこの景色♪
きれいな星型をしていた。
これが江戸時代に造られたとは信じがたいものであった。
星型のお堀は、なんだか子供が考えたような遊び心がある気がしたかな♪

vvDSC07050.jpg
星型が美しい五稜郭♪

ちなみにこの星型、説明を読めば死角をなくすようにするためで、
それぞれの先端位置に大砲を設置し、左右から反撃できるようにするためだそうだ。

これには、なるほどと思った。
この可愛い星型には、当時の人が考えた完璧なの要塞の形みたいである。

vvDSC07051.jpg

vvvDSC01529.jpg

vvDSC07065.jpg

vvvDSC01540.jpg

展望フロアのお土産店にて、この黄色いテルテル坊主のキーホルダーを思わず買ってしまった。(笑)
天気を願っての意味じゃ無いみたいだけど、晴れを願って自転車につけて走ることにしよう。

さてもうひとつ、明日函館をたつ前にどうしても済ませておきたいものがあった。
突然だけど、ドコモに立ち寄りスマートフォンに機種変更したかったのだ。

これは以前から出会ってきた旅人が便利だと話してくれていたので気になっていたもの。
いつでも簡単にインターネットが使え、GPSで現在地を探れるのはなんとも心強い。
この先、広大な北海道の大自然に進んでいくと街もそう行き当たらないので、ようやく買う決心がついたのだ。
大金をはたくことになるが、これできっと旅がしやすくなるはずである。


お昼はやはりラッキーピエロ。

ラッピは函館にしかないので、
今のうちに飽きるほど食べてやろうと思っているのだ。

店内は混んでいたのでテイクアウトをし、路肩のベンチに座って食べる。
注文したのは人気No1のチャイニーズチキンバーガーだ、これもおいしい。

買ったばかりのスマートフォンをいじりながらしばらくこうしていた。


夕暮れになり、その後は函館駅に程近いベイエリアを散策。
石畳が素敵な雰囲気だが、重装備の自転車にはボコボコしてツライ・・・

倉庫は改修されオシャレなお土産店やレストラン、ビヤホールになっていた。
デートには最高の場所なんじゃないかなと、行きかう2人を見送っていた。(笑)

金森赤レンガ倉庫なんかはすごく素敵であった。

vvDSC07083.jpg

vvvDSC01563.jpg

レトロな路面電車が良く似合い、その坂の多さの街並みは海外を思わせるものだ。
せっかくなので景色を上から楽しみたいと一生懸命に坂を上がってみた。

何とか足をつかずに上りきることができた、つかれたー (> <)

で、その上には見物人が多くいたり。
この坂が観光名所としてなっているみたいで、頑張ってきた自分に拍手する。

そんなつもりは無かったのでかなり照れる感じだった・・・

そのうちの1人のおじさんがやたらほめてくる。
ほめてくれるのは嬉しいが、話が終わらず15分ぐらい話が続くのであった。
それは勘弁して欲しいかな・・・ (> <)

vDSC00626.jpg

坂の先に海が覗く、サンフランシスコみたいな景色だ。
教会がいたるところに見られ、函館は本当にオシャレな街だと思った。

函館はすっかり気に入ってしまったかも。(>_<)/

続いて現存する日本最古のコンクリート電柱とあったので、
せっかくだ、そう遠くは無いみたいなので向かうことにした。

道路に普通の電柱に混じって1本だけたっているだけで、
横に説明書きがあるものの目立たない存在だったから探すのに苦労させられた。
普通に通り過ぎて探し回ってしまったぞ!! (> <)

vvDSC07093.jpg

見れば一般的な円柱ではなく、四角柱をしたものだった。
触ればコンクリートとは思えないほどツルツルしていてきもちがいい。
大正12年のものだそうで、彼はこの街を長年に渡って見守ってきたのだろう。
今も電線を支える現役であった。

日没になり、待ちに待った夜景を見に函館山へGOなのだ! (>_<)/
函館にきたら世界三大夜景の100万ドルの夜景は見たいと思っていたのだ。

函館山山頂の展望台へは3つのルートがある。
舗装道路、登山道、そして定番のロープウェイである。
しかし、車道は混み合うこの夏季季節、夕方以降は車やバイクはもちろん、自転車でも通行が規制されているので、上るにはロープウェイとバス、徒歩(登山)しかないそうだ。

無料とはいえ夜の登山道はやはり気が引けるものがある・・・。
定番のロープウェイで上がることにしたが、
その額、往復券が1160円と、これまたお高いこと・・・ (> <)

スタッフのおじさんによると今日は空気が澄んでいて眺めは最高だそうだ。
指定された駐車場の隅に止めると、他にも荷物の備わった旅仕様の自転車が数台止めてあった。

vvDSC07109.jpg

乗り場は多くのツアー観光客で行列!!

タイミング悪く団体にぶつかってしまったようだ。
特に中国からの観光客が多い気がする。
そんな彼らに挟まれて並ぶ。
辺りは中国語しか聞こえてこない感じだ。

上も多くの見物人。
人が多くてなかなか最前列にたどりつけず、景色が見れない。(> <)
地道に空くのを待つしかなかったが、それが寒いこと寒いこと!!
上は山頂だけに肌寒い風が吹いているのだ。

で、夜景はこんな感じ! (>_<)/

vvDSC07112.jpg

vvDSC07119.jpg

宝石をちりばめたような美しさと謳っているように本当にキレイなものだった。
まさに100万ドルの夜景だと思った!!

ちなみに100万ドルの意味は、
言い始めた当時の明かりの合計消費電力が約100ドルに値するからだそうだ。
100万ドル払ってでもロープウェイに乗るって意味じゃないのね。(笑)

今ではさらに値段が上がっていると思うので正確にはいくらになるのだろうか。

市街地までくだり、夕飯は再びラッキーピエロなのだ。(>_<)/

今度はフトッチョバーガーを食べることにした。
これもそれなりの大きさだ、やはり店員さんが鐘を鳴らして周囲に注目といわんばかりに持ってくる。(笑)

vvvDSC01566.jpg

ぺろりと完食! (>_<)/

完食証明書までくれたけど、大げさだなと思うぐらいにまだまだ普通に食べられると思った。
旅して、よく食べるようにはなったのは確かだ。

vvDSC07099.jpg


夜は再び昨夜の公園へ。

驚いたことに、テントとチャリダーの自転車がいくつも並び、まるでキャンプ場化としているのだ。
その数10ほど・・・。
ここまでくると、近所の人に通報されないかちょっと心配になるほどである。
早稲田や名大や桜美林大など、サークルが偶然揃ってしまった感じだった。
彼らと少し話をしてから寝た。

vvvDSC01573.jpg

少し肌寒いので毛布をかけて寝ることに。
明日は函館を出発することにしよう。



走行時間 1:54[h]
走行距離 18.5[km]
平均速度  9.7[km/h]
最高速度 22.1[km/h]

積算走行距離 6762.1[km]

天候:晴れ
体調:良好

現在地:大森公園(北海道函館市大森町)


8月12日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/10/03 00:44] | 北海道
トラックバック:(0) |

はじめまして!
shinya
はじめまして!
最近ブログを拝見させてもらってます。
ピカチュウかわいいですねー
楽しく拝見させてもらってます!
またちょこちょこコメントさせてもらいますね

では、旅を楽しんでください

Re: はじめまして!
サトシ
コメントありがとうございます!(>_<)/

ピカチュウは本当に可愛い奴ですよ。(笑)
いつも笑って手を挙げてます!

こんなブログで楽しんでくれて嬉しいですよ。
また来て下さい! (>_<)/

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
はじめまして!
はじめまして!
最近ブログを拝見させてもらってます。
ピカチュウかわいいですねー
楽しく拝見させてもらってます!
またちょこちょこコメントさせてもらいますね

では、旅を楽しんでください
2011/10/03(Mon) 21:51 | URL  | shinya #-[ 編集]
Re: はじめまして!
コメントありがとうございます!(>_<)/

ピカチュウは本当に可愛い奴ですよ。(笑)
いつも笑って手を挙げてます!

こんなブログで楽しんでくれて嬉しいですよ。
また来て下さい! (>_<)/
2011/10/03(Mon) 23:04 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: