ただいま~♪
旅213日目 10月13日(木曜日)

AM 6:00 目を覚ます。

ccDSC09315.jpg

今朝もかなり冷える朝だ。(> <)
起きてすぐにコーヒーを沸かして温める。

7時過ぎにリンさんも起きてきて、さっそく自炊を始める。
自分に朝食をご馳走すると言ってくれた。

cccDSC07649.jpg

ありがたくそうさせてもらうことにしたり。
ご飯を炊き、それに牛丼のレトルトをかけてなかなか豪華な物だ。
朝から牛丼が食べられるとは思ってもいなかったかな。

おいしいく頂きました。(>_<)/

わざわざ韓国から持ってきたというキムチも分けてもらった。
リンさんのお母さん手作りの物だそうで、
一口くちにすると舌に感覚が残るほど辛いものに驚いてしまう!
本場はものすごい辛さだ、これは日本のスーパーには無いと思う。
これじゃ、彼も日本のキムチじゃ満足できないのも当然だ。
しばらくは口がヒリヒリしてコーヒーも飲めなかったぞ。(笑)

リンさんはこのキャンプ場を気に入ってくれたみたいだ。

ラジオによると今日は北海道全域でいい天気だ。
日向にいればポカポカしてくる。

彼が流す音楽がさらに居心地の良いものにしてくれる。
自分の素気ないNHKラジオは消すことにした。

韓国には道の駅のようなものは無いし、キャンプ場も少ないという。
日本は旅がしやすいと言うから意外だ。

このキャンプ場はこれまでの旅の中でも特によかったそうだ。
彼は今日はこの目の前にある網走湖を一周して、今夜もこのキャンプ場に戻るという。
テントも張ったまま、荷物を軽くして出るそうだ。

最後に連絡先を交換して、写真を撮って別れた。

リンさん。
cccDSC07654.jpg

お気をつけて! (>_<)/


AM 9:00 キャンプ場を出発!

コンビニに寄り、パンを食べながら今日のルートを考える。
昨夜からずっと迷って、結局国道240号線で阿寒湖を目指すことにした。
途中の道の駅に無料で泊まれる客車があるからだ。

念のため、コンビにでは非常食やパンなど多めに購入しておいた。

ccDSC09319.jpg

ccDSC09320.jpg


AM 11:34 道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」に到着。

少し遅いペースだ、また暗くなってからの走行は避けたいので急ごう。
ここではトイレとスタンプを押してすぐに出ることにした。

メルヘンの丘というだけあって、そばには美瑛を思わせる風景だ。

ccDSC09334.jpg

野菜畑に木々が数本だけ点々と点在する風景はすがすがしい~
ただ、ここもいいと思うけどやはり美瑛で見た景色が一番に感じる。
美瑛はどこまでも限りなく丘が続いているのだ。

cDSC01006.jpg

1時過ぎに美幌町に入る。
セイコーマートでお弁当を買い、昼食にした。

その後もアップダウンもない快適な道が続く。
気温も16℃とちょうどいい感じだ。(>_<)/

ccDSC09348.jpg

ccDSC09356.jpg

2時半にようやく津別町に到着。
この時間ですでに日が傾いているのが分かるから寂しくなってしまう。
セブンイレブンで少し休憩。

これまでの牧草地や畑の広がる道から、山間へ。
するといっきに気温が下がるのが分かった。
急に肌寒く感じる。 (> <)
寒いので手袋もした。

少しアップダウンも出てきた。
ただ、そこまでキツイというものじゃない。
全然足をつかずにいける。

目印になるような物がないので、地図上でどの辺りまで来たかががさっぱりだ。
ついつい目的の道の駅まで後何キロかとGPSを使って調べてしまう。

あと6km、5kmとカウントしていった。

山間はすでに紅葉がきれいだ、もうそんな時期なのかと思ってしまう。

ccDSC09376.jpg


PM 4:20 道の駅「あいおい」に到着。

ここはそばには廃線になった相生鉄道の客車がタダで泊まらせてくれる。
中には布団まで用意されていて本当にいい道の駅だ。
こんな時期に来る人は誰もいないと思っていたけど、
その後バイクのライダーさんが1人来てくれた。
少ししか話さなかったけど・・・

ccDSC09402.jpg

ccDSC09403.jpg

明日はオンネトーに向かい、そこのキャンプ場に泊まる予定だ。
2つも峠越えです・・・ (> <)



走行時間 4:28[h]
走行距離 67.8[km]
平均速度 15.1[km/h]
最高速度 37.5[km/h]

積算走行距離 8702.3[km]

天候:晴れ
体調:良好

現在地:道の駅「あいおい」 (北海道網走郡津別町字相生)


10月13日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/


スポンサーサイト

[2011/10/14 10:10] | 北海道
トラックバック:(0) |

お疲れ様です
順調に行ってるみたいですね。
峠って二つもあったっけ?とりあえず釧北峠は標高600Mほど。勾配も割と緩いです。

オンネトーは別名“五色沼”ともいい、天気が好いとビックリするよな色をしています。「北海道三大秘湖」の一つに数えられています(残り2つは探してみて)。

キャンプ場はなかなか林に囲まれた静かな環境。焚き火がOKなので、挑戦してみては?
注意して欲しいのは、キツネ。ゴミをテント内に置いておいたり、テント周辺で食事しない。荒らされて最悪、テントが齧られる可能性もあります。靴や食器なども外に出しっぱなしにしないように!オモチャ用に持って行かれるかも。

キャンプ場の奥には温泉が湧いています。歩いて30~40分ほどですが、道は街灯など一切ないので暗くなってからは危ない。屋根付の脱衣所あり。湯船はコケが浮いているしお湯は人肌に近くかなりぬるめですが、きっちり浸かればあとで温まります。
大昔はもう少し上にあったのですが、付近の地質が大変珍しいとのことで学術調査のため入浴禁止に。しかし観光客の減少を考慮して、新しく下に湯船を設けたのだとか。
※手前の池には入らないように!(前に間違って入ってたチャリダー君がいて、ちょっと面白いことになるので笑えます。)

写真、お上手ですね。ディスとーションがはっきりしてるので18㎜とか使ってるのかな?
いつも楽しみにしています。これからもたくさんアップしてください。

カムイワッカ
【カムイワッカについて】
知床五湖から約11キロ。砂利道ですが、ゆっくりなら走れるレベルですが。荷物満載はパンクが少し心配。ガードレールが無い所があります。対向車に注意。因みに携帯は圏外です。
滝の周辺には一切何もありません。飲み物や食べ物はあらかじめ用意してください。物売りがいてジュースなど売っているかも知れませんが高いです。レンタルわらじもありますが必要ありません。
手拭い、軍手、ペットボトルに水(1リットルくらい)、防水用ビニール袋(カメラは注意)など用意。
滝の水温は約30℃。水質は酸性(ph7以上!)なので目に入ると超シミます!もし濡らしてしまったら用意した水で洗浄。また金以外の貴金属は腐蝕します。アクセサリー、時計は外しましょう。
皆さん滝の端を歩きますが、みんな通るので岩がツルツルになっていてメチャメチャ滑りやすいです。実は流れの中(水量は少ないはず)の方がコケなど生えていないので滑りません。靴を脱ぎ靴下を履いたまま行くと楽です。
ご参考まで(^^)d



空がいいね
風ささき
サトシさんの写真がまたいい。
一緒に旅をさせてもらってる気になります。
体調管理を油断せず風にも風邪にも負けず
楽しい旅を続けてください。

虫 さんへ
サトシ
オンネトーのキャンプ場でキャンプし、晴れる日を待つつもりでしたが、
まさかの食料不足で後にするという、最悪な結果になってしまいましたよ。(> <)

でも、オンネトーは良かったです。
神秘的な雰囲気がありますよね。

これで晴れてくれていれば・・・ (> <)

カメラのレンズはシグマの8-16mmレンズを使っています。
写真を気に入ってくれて嬉しいですね。
バンバン撮って、アップしていきます! (>_<)/

風ささき さんへ
サトシ
楽しく旅が出来ていますよ! (>_<)/

写真を気に入ってくれて嬉しいです。

北海道は本当にきれいなところばかりですね。
写真を撮ってばかりで、なかなか進みません。(笑)

寒くなり風邪も心配ですね。
体調管理には気を配り、ムリしないようにします。

ありがとうございます!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
お疲れ様です
順調に行ってるみたいですね。
峠って二つもあったっけ?とりあえず釧北峠は標高600Mほど。勾配も割と緩いです。

オンネトーは別名“五色沼”ともいい、天気が好いとビックリするよな色をしています。「北海道三大秘湖」の一つに数えられています(残り2つは探してみて)。

キャンプ場はなかなか林に囲まれた静かな環境。焚き火がOKなので、挑戦してみては?
注意して欲しいのは、キツネ。ゴミをテント内に置いておいたり、テント周辺で食事しない。荒らされて最悪、テントが齧られる可能性もあります。靴や食器なども外に出しっぱなしにしないように!オモチャ用に持って行かれるかも。

キャンプ場の奥には温泉が湧いています。歩いて30~40分ほどですが、道は街灯など一切ないので暗くなってからは危ない。屋根付の脱衣所あり。湯船はコケが浮いているしお湯は人肌に近くかなりぬるめですが、きっちり浸かればあとで温まります。
大昔はもう少し上にあったのですが、付近の地質が大変珍しいとのことで学術調査のため入浴禁止に。しかし観光客の減少を考慮して、新しく下に湯船を設けたのだとか。
※手前の池には入らないように!(前に間違って入ってたチャリダー君がいて、ちょっと面白いことになるので笑えます。)

写真、お上手ですね。ディスとーションがはっきりしてるので18㎜とか使ってるのかな?
いつも楽しみにしています。これからもたくさんアップしてください。
2011/10/14(Fri) 12:23 | URL  |  #-[ 編集]
カムイワッカ
【カムイワッカについて】
知床五湖から約11キロ。砂利道ですが、ゆっくりなら走れるレベルですが。荷物満載はパンクが少し心配。ガードレールが無い所があります。対向車に注意。因みに携帯は圏外です。
滝の周辺には一切何もありません。飲み物や食べ物はあらかじめ用意してください。物売りがいてジュースなど売っているかも知れませんが高いです。レンタルわらじもありますが必要ありません。
手拭い、軍手、ペットボトルに水(1リットルくらい)、防水用ビニール袋(カメラは注意)など用意。
滝の水温は約30℃。水質は酸性(ph7以上!)なので目に入ると超シミます!もし濡らしてしまったら用意した水で洗浄。また金以外の貴金属は腐蝕します。アクセサリー、時計は外しましょう。
皆さん滝の端を歩きますが、みんな通るので岩がツルツルになっていてメチャメチャ滑りやすいです。実は流れの中(水量は少ないはず)の方がコケなど生えていないので滑りません。靴を脱ぎ靴下を履いたまま行くと楽です。
ご参考まで(^^)d

2011/10/14(Fri) 14:33 | URL  | 虫 #-[ 編集]
空がいいね
サトシさんの写真がまたいい。
一緒に旅をさせてもらってる気になります。
体調管理を油断せず風にも風邪にも負けず
楽しい旅を続けてください。
2011/10/14(Fri) 20:44 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
虫 さんへ
オンネトーのキャンプ場でキャンプし、晴れる日を待つつもりでしたが、
まさかの食料不足で後にするという、最悪な結果になってしまいましたよ。(> <)

でも、オンネトーは良かったです。
神秘的な雰囲気がありますよね。

これで晴れてくれていれば・・・ (> <)

カメラのレンズはシグマの8-16mmレンズを使っています。
写真を気に入ってくれて嬉しいですね。
バンバン撮って、アップしていきます! (>_<)/
2011/10/18(Tue) 08:19 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
楽しく旅が出来ていますよ! (>_<)/

写真を気に入ってくれて嬉しいです。

北海道は本当にきれいなところばかりですね。
写真を撮ってばかりで、なかなか進みません。(笑)

寒くなり風邪も心配ですね。
体調管理には気を配り、ムリしないようにします。

ありがとうございます!
2011/10/18(Tue) 08:25 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: