ただいま~♪
旅214日目 10月14日(金曜日)

昨夜は消灯の9時半に寝た。

自動的に客室の電気が消える仕組みで、イヤでも寝るしかない。
夜遅くまでブログの更新に当てようと思っていたのにな~ (> <)


今朝は7時に目を覚ます。

ccDSC09405.jpg

ccDSC09404.jpg

客車の中とはいえ、布団から出ると寒さがかなり応える。
吐く息も真っ白だ。(> <)

でも寒い割には良く寝れた。
これも用意されていた布団のおかげだ。
コタツ布団みたいな正方形の厚くてやたら重い身動きも取れない布団だったけど、
これがなかなか良かった。

強いて言えば、一緒に寝たライダーのおじさんのイビキがうるさかったぐらいだ。
おじさんとは結局、ほとんど話さなかった。
そのおじさんは一足先に出発していく。
ここに数日間連泊しているみたいで、また今夜も戻ってくるつもりらしい。
置いていった荷物には「欠金旅行、いたずらしないように」と書いてある。

北海道に来て列車で寝るのはこれで3回目だ。
また探してみよう、夜行列車に乗った気分でなかなか好きだ。

出発前にブログをしていると予想以上にかかってしまう。

さぁ、出発しよう! (>_<)/
となると、今度は鹿児島のおじさんから電話・・・

まぁ、こんなことでは気にしないのが今日の自分。

今日の目的地はここから20kmほど行ったところのオンネトーだ。
行くつもりは無かったけど、急遽行くことにした。
なかなかいいそうだ。

そこにはキャンプ場があるので今夜はそこでキャンプするつもり。
ただオンネトーまでに500m級の峠が2本続くのが気になる。
また大変なんだろうな・・・ 


AM 10:45 道の駅を出発!

晴れているものの空にはうすーい雲が広がる微妙な天気だ。
せっかくのオンネトーだ、出来れば晴天で見たい。
そんなわけだからずっと空を気にして走っていた。

晴れてくれないかな~ (> <)

ccDSC09406.jpg

ccDSC09418.jpg

出発と同時に緩やかではあるものの登りが続く。
寒さに震えながらの出発も、漕ぎ出せばすぐに暑く感じた。

今日はやけに踏むペダルが重いぞ。
さすがに変だと思い確認すると、
横にぶら下げていた飯ごうとフライパンが泥除けにもたれかかり、
そのまま泥除けと共にタイヤを押さえつけていた。

どおりでしんどいわけだ・・・

ガードレールに自転車をもたれさせ、調整していく。
すぐ後ろを背中すれすれに車が走っていくから怖い。

大型車の走行がやたら多く、もう排ガスまみれだ。(> <)

飯ごうのぶら下げ方を調整、念のためチェーンにはオイルも塗って完了。
これで少しは楽になった。

向かい風もあり、その後もダラダラと走る。

逆にダラダラ走りながら紅葉を楽しんだ。
この辺りは今がちょうど見頃だ。
ダラダラ走るのも悪くないかもしれない。(>_<)/

そんな感じでダラダラと上ること1時間・・・
ようやく1つ目の峠、釧北峠をクリアする。

あー疲れた。(> <)

今日はなんだか足が本調子でないようだ。
すぐに疲れてしまう気がする。
峠の上で昼食、パーキングスペースで持っていた菓子パンを食べて休憩。
携帯を見るも圏外だ。

その後、いっきに下る
汗が冷えてメチャメチャ寒い。
峠の上で休憩している場合じゃなかったと後悔した。(> <)

下った先で国道240号線から241号線に移り、オンネトーを目指す。
再び登りだ。
2つ目の足寄峠も30分程かけて何とか乗り切る。

ccDSC09428.jpg

さすがに峠の2連発はキツかった・・・ (> <)

オンネトーに向かう手前の数キロもまた長い上りで、なかなか進まなかった。
何度も休憩してしまう。

ccDSC09443.jpg


PM 2:15 オンネトーに到着!

ccDSC09454.jpg

ccDSC09450.jpg

願いむなしく、薄い雲は相変わらずだ。(> <)

それでもエメラルドブルーをしている。
息を呑むキレイな湖だ、苦労して来たかいがあると思ったり! (>_<)/

ベンチに座り、ここでボーっと眺めていた。
神秘的な雰囲気だ。

オンネトーは天候や見る角度で湖面の色が変わるらしい。
別称「五色沼」とまで言われるそうだ。
ただ、曇りのせいかどう見ても色が変わって見えることは無い。

まぁ、それでもなかなかいいものだ。
今でも十分にきれいだと思った。

でも、晴れていたらもっとキレイだったんだろうなと思うと悔しくなってくる。
それを含めて旅なんだろうと思った。

cccDSC07660.jpg

観光客も多く、次々に車がやってきた。
デッキには常に数人がいる状態だ。
穴場と思っていたが、そんなことも無いようだ。
観光バスも何台かやってくる。

30分程ここにいた。
その後、湖畔に位置するオンネトー国設キャンプ場に向かう。

途中にあったお食事処でおばちゃんに、
この辺りにカップ麺かお菓子でもいいから買える所は無いかときけば、
考えることなく即答だ、「なーい」の一言が帰ってきた。

キャンプ場の受付に行き、ここで尋ねてみても「無い」の一言だ。

どちらも一言で済ますもんだからやけに冷たく感じた。
まぁ、本当に無いのだろう。

食料が手に入らないのはマズイぞ・・・ (> <)

予報では明日の天気が思わしくないみたいだ、
そうなると連泊の可能性が高く、今のままじゃ食べ物に不安がある。
今夜の分はあるものの、明日の分が物足りないと思うのだ。

とりあえず自販機でジュースを購入。
500mlのアクエリアスが180円と少し高いがしょうがない。
ここまで来るときに、飲み干してしまった。

次に温泉旅館をを覗くも、カップ麺の1つも置いていなかった。

やはり、この辺りではお店は無いようだ。
これではますますヤバイぞ・・・ (> <)

ここで1人の男性と話をし、事情を話すとカッパエビせんをくれた。
これを明日の夕飯にすれば何とかなるかな・・・

迷ったあげく、今から阿寒湖の温泉街に向かうことに決める
峠を越えて10kmほど走れば到着できる。
そこならコンビニもあるのだ。

再びせっせと同じ足寄峠を上る。
のんびりしていると日没が迫っているので、懸命に漕いだ。

まさか、1日で3回も峠越えするとは思ってもいなかったぞ。(> <)


PM 4:50 阿寒湖畔キャンプ場に到着。

cccDSC07666.jpg

何とか日没ギリギリに到着。

すぐに管理等に行き、受付を済ます。
やはり自分ひとりのようだ。

テント1張り630円とちと高めだが、
サイトの中央には足湯が用意されていた。

すばらしいキャンプ場だ。(>_<)/

サイトに足を踏み入れると同時に、鹿の群れが逃げていく。
キーキー鳴いて逃げるもんだから、こっちも驚いてしまった。

見ればいたるところに鹿の糞と思われるものが落ちていた。
気をつけないとすぐに踏んでしまうほどあちこち落ちてある。
奈良の鹿のようなかわいらしい物じゃなく、それなりにでかいもんだから、
踏んだら絶対に凹んでしまうかも。
テントを張る場所も慎重になる。
テントは足湯のそばに立てることにした。
これでいつでも足湯に入れる。(>_<)/

夜になると辺りは真っ暗だ。
熊注意の看板もあるし、今日は自分ひとりなのが心細い・・・

さっそく足湯に浸かりのんびりしようと思った。
体はもうヒエヒエだ。(> <)
虫が多く浮いているのが気になるけど、気にせず入る。

cccDSC07668.jpg

ただ、この湯がメチャメチャ熱く、どう頑張っても30秒が限界だ。
浸かっては足を上げるを繰り返した。
これは温度設定を間違っているんじゃないか!?
噴出し口から離れたところでもかなりの熱さだ。
とてもじゃないけど入れない。(> <)

結局、足湯は諦めた。
これは長湯させない作戦だったり・・・

テントを張り、夕飯はパスタを作って食べた。

ひと段落しているとなにやら遠くから民族的な歌が聞こえてきた。
なにかイベントでもやっているみたいだ。
聞こえてくる方へ歩いていく。
カーテンで仕切られた奥でツアー客相手にアイヌの伝統的な踊りを披露しているようだった。

そこで入場料が1000円といわれたので諦める。

せっかくなので、コンビにでも無いかとこの温泉街を散策することにした。
予想外にも、多くのお土産店がやっている。
旅館の前を中心に、30件ほどの店が並んでいた。

アイヌコタンの店
cccDSC07685.jpg

ここ北海道のアイヌコタンはアイヌ集落の北海道最大級だとか。
アイヌの人が100人以上も住んでいるそうだ。

9時を回っているにもかかわらず、思いもしない光景に夢をみている気分だ。
おそらく、先ほどのイベント帰りの客を目当てだろう。
やさしい色の明かりが木彫りによくあっている。
置物やアクセサリーにしろ木彫りの物が多く、
アイヌの民芸品なども多く売っていた。

多くの店では店前で一つ一つ今も作業中だ。
どれも上手くできていて、見ていると楽しい。

ただ、どれも1点物とあり少し高い気がした。
気に入った木彫りの中をくりぬいたネックレスは6000円もした。
さすがにこれには手が出せない。(> <)
おじさんの推しで、危うく買ってしまいそうになったけど・・・

他にもマリモがどの店にも置いてあった。
阿寒湖はこのマリモが有名みたいだ。

cccDSC07678.jpg

どこの店にも客がいないため、閑散としている。

そんなわけだから自分が店の中に入ればすぐに声をかけてくるのだ。
どこも決まって「値引きするよ~」、と言ってくる。
結局何も買わずに出てきたけど、また明日の朝にでも見てみることにしよう。
どの店も付きっきりで説明するもんだから、ゆっくり見れなかった。

コンビニで適当に買い物を済まし、キャンプ場に戻って寝た。

cccDSC07670.jpg

明日は少し阿寒湖を観光して、午後からは屈斜路湖を目指すつもりだ。




走行時間 4:22[h]
走行距離 49.1[km]
平均速度 11.2[km/h]
最高速度 50.5[km/h]

積算走行距離 8702.3[km]

天候:曇り
体調:良好

現在地:阿寒湖畔キャンプ場 (北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉)


10月14日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/





スポンサーサイト

[2011/10/17 08:26] | 北海道
トラックバック:(0) |

いい旅してますね
風ささき
自分の足で、自分の歩む速度で、バイクだと
すぐに通り過ぎてしまう風景も長く楽しめますね。
ブログ更新、大変でしょうが、楽しみに読ませて
もらっています。
丁寧で写真もキレイで、読みごたえがあり、まさ
に旅をしてる気分になります。
1日中、ひとりぼっちだから、たまには観光地も
いいでしょう、小樽だと、19時過ぎると店じまいで
閑散としています。
これから、ますます人より動物と遭遇の道東です
ね、ガンバ。

アイヌコタン懐かしい~
福ちゃん
元気そうでなによりです。

アイヌコタンの写真を見て、奥さんと一緒に、「お~~!!」と叫んでしまいました(笑)

十数年前、人生の再スタートと入学した専門学校の修学旅行で行った北海道・・・
ここはばっちり覚えていました(笑)
その頃付き合っていた彼女と一緒に、夜このアイヌコタンを歩いたりしたんですけど、それが今の奥さんだったりします(笑)

まだいらっしゃったら、小さな数百円の飾りものはお勧めです。
うちもいくつか買ったけど、未だに壊れることなく奥さん使ってますよ!



風ささき さんへ
サトシ
アップダウンが多いと、ついついバイクの人が羨ましくなりますが、
その分いい景色を見逃していそうですね。
自転車でよかったと思います。

まぁ、歩きならもっといいのかもしれませんが。(笑)

ブログは自分の日記感覚で書いているので、続けていきます!
予想外なのはちょっと電源の確保が困難なことですね。(> <)

福ちゃん さんへ
サトシ
福ちゃんさんもアイヌコタンに行ったことがあるんですか~
彼女と一緒で、思い出の場所なんですね~

お土産店は見ているだけで楽しめますね。
個性的な雰囲気が好きです!

お土産にはアクセサリーを買いました。
これに鍵をつけて首にぶら下げていますよ!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
いい旅してますね
自分の足で、自分の歩む速度で、バイクだと
すぐに通り過ぎてしまう風景も長く楽しめますね。
ブログ更新、大変でしょうが、楽しみに読ませて
もらっています。
丁寧で写真もキレイで、読みごたえがあり、まさ
に旅をしてる気分になります。
1日中、ひとりぼっちだから、たまには観光地も
いいでしょう、小樽だと、19時過ぎると店じまいで
閑散としています。
これから、ますます人より動物と遭遇の道東です
ね、ガンバ。
2011/10/17(Mon) 09:41 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
アイヌコタン懐かしい~
元気そうでなによりです。

アイヌコタンの写真を見て、奥さんと一緒に、「お~~!!」と叫んでしまいました(笑)

十数年前、人生の再スタートと入学した専門学校の修学旅行で行った北海道・・・
ここはばっちり覚えていました(笑)
その頃付き合っていた彼女と一緒に、夜このアイヌコタンを歩いたりしたんですけど、それが今の奥さんだったりします(笑)

まだいらっしゃったら、小さな数百円の飾りものはお勧めです。
うちもいくつか買ったけど、未だに壊れることなく奥さん使ってますよ!

2011/10/17(Mon) 09:45 | URL  | 福ちゃん #LapiYBeE[ 編集]
風ささき さんへ
アップダウンが多いと、ついついバイクの人が羨ましくなりますが、
その分いい景色を見逃していそうですね。
自転車でよかったと思います。

まぁ、歩きならもっといいのかもしれませんが。(笑)

ブログは自分の日記感覚で書いているので、続けていきます!
予想外なのはちょっと電源の確保が困難なことですね。(> <)
2011/10/18(Tue) 08:30 | URL  | サトシ #-[ 編集]
福ちゃん さんへ
福ちゃんさんもアイヌコタンに行ったことがあるんですか~
彼女と一緒で、思い出の場所なんですね~

お土産店は見ているだけで楽しめますね。
個性的な雰囲気が好きです!

お土産にはアクセサリーを買いました。
これに鍵をつけて首にぶら下げていますよ!
2011/10/18(Tue) 08:36 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: