ただいま~♪
7時に目を覚ます。

テントに打ち付ける雨音で雨だと分かった。
連泊だろうか・・・
いや、午前中に止めば出発はできる・・・

考えていたら、そのまますぐに再び夢の世界へと迷い込んでしまった・・・。

2度寝はなんとも気持ちのいいものだ・・・ 

旅215日目 「まりも」

AM 9:00 起床。

ccDSC09458.jpg

依然、外は小雨が降り続いている。

今朝の寒さはまだマシといえる。
おかげでよく眠れたほうだ。

しばらくはテントの中ですごし、日記などをまとめる。
雨に当たるのもイヤなので、トイレ以外はずっとテントの中にいた。

よぷやく雨の上がった11時、管理棟に赴き連泊の手続きをしにいった。
この時間からの出発は気分が乗らないので連泊決定だった・・・。 

久々の客だという、ゆっくりコーヒーでも飲んでいかないかというが断っておいたのもこれから阿寒湖をゆっくり観光したかったからだ。
テントに自転車はそのまま、貴重品だけ持って出かける。
そんなさなか、キャンプ場にやってきた年配の夫婦のと話をしていた。

本間さんといい、横浜からバイクにサイドカーをつけて走っているそうで、
昨夜は近くの旅館に泊まっていたそうだ。
キャンプ場の様子を見に来たついでに、自分に声をかけてくれたのだ。
まさかテントを張っている人がいるとは思わなかったみたいで、
いろいろと話をしているうちに、昼食までご馳走してくれるといってもらえるという。
そんな言葉についつい甘えてしまった。 (笑) 

遠慮する自分におじさんが注文してくれたのは店の看板メニューであるシカのステーキ。
自分もちょっと気になっていたものなので嬉しい。(笑)
もちろん初めて鹿を口にしたが、そのおいしさに驚くばかりだ。
イメージしていた臭みのもなく、やわらかいお肉だった。

こうして北海道を走ればエゾ鹿はバカほど目にするが、
これからは彼らを見る目が変わってしまいそなくらいにおいしかった。(笑)

cccDSC07687.jpg 
 ~本間さん夫妻~

他にもギョーザも頂いてしまい、お店をでるときにはもうお腹いっぱいだ。
ビールもどうだと聞いてくれるが、さすがにそれは遠慮しておいた。

お礼を言って本間さん夫妻と分かれた後は、1人阿寒湖の散策へと出かけた。

観光案内所に行き、パンフレットをもらう。
速報と書かれた熊の注意書きもすでに張り出されていた。

ひっそりとしたキャンプ場にいれば自分はその騒ぎにまったく気付かなかったが、
なんでも昨夜の10時過ぎにこの温泉街で仔熊が出たそうだ。 
パトカーまで出動して昨夜はちょっとした騒ぎになっていたらしい、
そんな話をさきほどの本間さんにも聞いていたものだから、今夜のキャンプが不安になるばかりだ。

温泉街ということは、キャンプ場を通ってきたんじゃないだろうか・・・
危うく鉢合わせなんかも十分あったはずだ。
しかも、目撃が昨夜の10時なら、
確か自分はコンビニからキャンプ場に戻る辺りである。

そんなクマは今も見失ったままだそうで、これでは今夜のキャンプが不安になってしまう。
せめて、今夜は自炊をやめておこうと思った。
そんないい臭いをかぎつけて来られては困るからだ。

適当に覗いたお土産店に木刀が売られていて、これが800円と意外と安い。
ここで好きな文字をその場で彫ってくれるものだ。
これを持って旅するのもかっこいいが、お土産というよりも、クマ対策に欲しいかなと、
このときばかりは馬鹿なことを少し考えてしまったばかりだ。

湖畔を散策すれば世界でも有数の透明度を誇る湖だけに、
やはりきれいな水の色をしていることにおどろかされる。

ccDSC09495.jpg 

この阿寒湖は”まりも”という丸っこい植物で有名なところだ。
あちこちのお土産店には必ずといっていいほど、
びんに入ったそんなマリモが売られている。
ビー玉ぐらいの大きさで500円ほど、簡単に言えばコケ玉みたいなもんだ。
これでも国の特別天然記念物だとか。

このキャラクターが街のあちこちで見られた。(笑)

ccDSC09578.jpg

大人気らしい・・・

その後、せっかくなので遊覧船に乗ってみることにした。
大人1850円とかなり高めだが、正確には400円のマリモ展示観察センターが含まれ、
この阿寒湖ではお勧めと観光案内所で聞いていたので、
せっかくだ、記念にいいと思った。

ccDSC09484.jpg 

ccDSC09490.jpg

ccDSC09491.jpg

ツアーの団体さんなど、それなりに客はいた。

1時間ほどかけて巡っていく景色は見飽きることはなかった。
やはり紅葉がキレイだ。

紅葉に色付いた木々に鏡のように写し取る湖面がさらによかった。
いい時に来たのではないだろうか。

ccDSC09547.jpg

雄阿寒岳をバックに雄大な風景を楽しむことが出来た。

船は途中、チュウルイ島という阿寒湖に浮かぶ小さな島に立ち寄る。
そこにまりも観察センターがあり、簡単なまりもの紹介とともにまりもがいくつも展示されていた。

大きなものではソフトボールほど、

ccDSC09515.jpg

ccDSC09517.jpg

島には15分ほどの滞在だ、急かされながら船に乗り込んで戻ることに。
もう少しゆっくりと見たかった自分には残念だ。(> <)

その後は阿寒湖畔エコミュージアムがタダで見れた。
ここにもマリモだ。
ccDSC09558.jpg

ccDSC09567.jpg

cccDSC07700.jpg

施設を出れば、もう夕暮れだった。

夕陽がきれいだったのでベンチに座って眺めていた。

ccDSC09605.jpg

本当にキレイな夕陽だ。

一度テントに戻ったあと、タオルをもって温泉へ。
入ったマリモ温泉の湯船がハンパなく熱く、30秒ほどしか浸かれない!
キャンプ場の足湯もそうだけど、阿寒湖温泉の湯はマジ熱すぎるよ~(> <)

入ればピリピリと痛くてしょうがないし、出るとまたヒリヒリしてくる。
結局シャワーしか浴びることが出来なかった。
みんなは入れるのだろうか、最後まで自分ひとりだったから分からないけど・・・

帰りにお土産店を見て回る。

お土産に鹿の角がついた首飾りを購入してみた。
おじさんに80円まけてくれて1500円で買えた。
旅人っぽくて気に入ったものだ、明日からつけて走ろうと思う。
なかなか気に入っているかも。

cccDSC07706.jpg

店のおじさんにもクマに気をつけるよう、半ば脅かされてキャンプ場に戻る。
やはりというか、鹿がいっせいに逃げていった。
キツネも来るし、油断したら何かをもっていかれそうだ。

夕飯はパスタ。

クマの不安があるときは、すぐに出来るパスタがいいと思った。
味噌汁をぐつぐつ煮ている場合じゃないだろう。
パスタなら臭いもまだマシだ。

ハッキリ言って、これまでクマ情報はいくつも聞いていたけど、
こうすぐそばで耳にすると、思ってもいなかったほど怖く感じてしまった。
今自分がリスクを背負って旅をしていることがあらためて分かった。

この先の知床峠が不安になるかも・・・ (> <)


明日は天気が良ければ屈斜路湖を目指すつもりだ。
そこにある無料の露天風呂、コタン温泉が楽しみだったり。(>_<)/

なんかすごいらしい・・・


クマ対策として、今夜はラジオをつけっぱなしで寝ることにしよう。
利くのかはわからないけど、寂しさを紛らすのにもいいかも・・・



天候:雨のち晴れ
体調:良好

現在地:阿寒湖畔キャンプ場 (北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉)


10月15日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/10/17 09:01] | 北海道
トラックバック:(0) |

まりもっこり
風ささき
どこにでもある、お土産のまりもっこり明るい
キャラクターでいいかな。
おじさんとおばさに遭遇で良かったね。
幸運が続くことを祈っております。

ごめんなさい
オンネトー周辺の飲食情報を書かなかったのは手落ちでした。余計な苦労をさせてすみません。
阿寒湖キャンプ場がまだ開いていたのも情報不足でした。これから気をつけます。

ついに羆が出ましたか・・・出たのは小熊、ということは当然、親熊もセットですから、これはけっこう恐いですね。北海道では羆出没のニュースは社会面の一面トップに扱われるくらい重大です。過去に苫前町での事件(ご存知なければ一度検索を。超コワイです)もありましたし・・・。ただ羆は大変賢く臆病な性質で、鼻と耳が利きますから、大抵は人間が気付かないうちに羆の方から避けてくれます。こちらが騒がなければ、向こうから襲ってくるようなことはほとんどありません。
万一、羆に遭遇したら・・・まず絶対にその場を動かない。声も出さない。カメラなんか出しちゃダメですよ(笑)。羆の方も、こちらの動きを見極めようとこちらを凝視しています。そしてそのうち、羆の方から去ってくれる筈です(たぶん)。
北海道は羆さえ出なければ、どんな山の中でもキャンプできそうですが・・・逆に言えば、その羆のおかげで山の環境が荒らされずにすんでいるのかも。

さて次はいよいよ阿寒横断道ですね。お店情報としては、阿寒の街から弟子屈市街まで、殆ど何もありません。強いて挙げれば、峠の途中の双湖台(そうこだい)の売店に何かあるかも。ただしこの時期開いているかどうかは判りません。

弟子屈の市街から和琴キャンプ場までは15キロほど離れていますが、比較的平坦な道です。市街地を離れると田舎道になるので、食料調達は市街で。川湯の街にはセイコマが一軒あります。

しかしながら、まずは弟子屈で一泊でしょうか。阿寒湖から一気に摩周湖へはかなり苦しいです。「道の駅摩周温泉」ならゲリキャン(ゲリラキャンプ。旅人業界用語で人知れずキャンプすること)できそう。あるいは爆走して屈斜路湖まで行って砂湯か和琴のキャンプ場でキャンプとか。

道東は見どころ満載。急がず距離を刻んでいろんなところを観ていってください。

管理人のみ閲覧できます
-


あっ
日付からしたら、もう屈斜路湖あたりでしょうか・・・この情報は役に立たないかも?

それでは
時差(?)を考えて、次の情報を。
もう網走に戻られているのでしょうか?
これから知床ですね。おそらく次の予定は「クリオネキャンプ場」かな?100%源泉の温泉は24時間入浴OK。自分も好きな宿の一つです。

ここに連泊して、荷物を外して周辺を散策するというテも。名水の湧く「来運公園」(もちろん飲用可)や、少し遠い「裏摩周展望台」や「神の子池」も行けるでしょう。
もう一つ、「宇宙展望台」というのが近くにあるのですが・・・詳細はヒミツ。天気が良ければ最高ですよ。


夢見草
緑色のマリモキーホルダーかわいい(*´ω`*)

風ささき さんへ
サトシ
まりもっこりのキャラクターは確か大阪のロフトでも見たかな・・・
なんだか全国展開していますね。(笑)

おじさん達には本当によくしてもらいました。
本当にいい日だったと思います! (>_<)/

幸運続くかな~ (> <)

虫 さんへ
サトシ
返事が遅れてしまいすみませんです。(> <)

クマ、やはり怖いですね。
きっと親熊も近くにいたのかも。
クマに襲われたニュースも珍しくないですし、今年は札幌なんかの都会でも出るそうですね・・・

しばらくは自炊は簡単なパスタでいこうと思いいます。
ジンギスカンを焼いている場合じゃないですね。(> <)

この辺りの道は本当にアップダウンが多くて大変です。
海沿いに戻るまで、もうしばらくの辛抱かな。

あと、コンセントの件に関しても分かりました。
確かに、そうかもしれないです。

また何かあれば教えて下さい!

詳しい情報ありがとうございます! (>_<)/

虫さんの助言も忘れ、弟子屈で買いものをせずに屈斜路湖まで来てしまいました。(> <)
本当に店が無いですね、ここまでとは予想外でした。


夢見草 さんへ
サトシ
でしょ! (>_<)/

この街、マリモだらけだよ! 

見ていて楽しい感じ。
マリモのものは何も買わなかったけど・・・ (笑)


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
まりもっこり
どこにでもある、お土産のまりもっこり明るい
キャラクターでいいかな。
おじさんとおばさに遭遇で良かったね。
幸運が続くことを祈っております。
2011/10/17(Mon) 09:50 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
ごめんなさい
オンネトー周辺の飲食情報を書かなかったのは手落ちでした。余計な苦労をさせてすみません。
阿寒湖キャンプ場がまだ開いていたのも情報不足でした。これから気をつけます。

ついに羆が出ましたか・・・出たのは小熊、ということは当然、親熊もセットですから、これはけっこう恐いですね。北海道では羆出没のニュースは社会面の一面トップに扱われるくらい重大です。過去に苫前町での事件(ご存知なければ一度検索を。超コワイです)もありましたし・・・。ただ羆は大変賢く臆病な性質で、鼻と耳が利きますから、大抵は人間が気付かないうちに羆の方から避けてくれます。こちらが騒がなければ、向こうから襲ってくるようなことはほとんどありません。
万一、羆に遭遇したら・・・まず絶対にその場を動かない。声も出さない。カメラなんか出しちゃダメですよ(笑)。羆の方も、こちらの動きを見極めようとこちらを凝視しています。そしてそのうち、羆の方から去ってくれる筈です(たぶん)。
北海道は羆さえ出なければ、どんな山の中でもキャンプできそうですが・・・逆に言えば、その羆のおかげで山の環境が荒らされずにすんでいるのかも。

さて次はいよいよ阿寒横断道ですね。お店情報としては、阿寒の街から弟子屈市街まで、殆ど何もありません。強いて挙げれば、峠の途中の双湖台(そうこだい)の売店に何かあるかも。ただしこの時期開いているかどうかは判りません。

弟子屈の市街から和琴キャンプ場までは15キロほど離れていますが、比較的平坦な道です。市街地を離れると田舎道になるので、食料調達は市街で。川湯の街にはセイコマが一軒あります。

しかしながら、まずは弟子屈で一泊でしょうか。阿寒湖から一気に摩周湖へはかなり苦しいです。「道の駅摩周温泉」ならゲリキャン(ゲリラキャンプ。旅人業界用語で人知れずキャンプすること)できそう。あるいは爆走して屈斜路湖まで行って砂湯か和琴のキャンプ場でキャンプとか。

道東は見どころ満載。急がず距離を刻んでいろんなところを観ていってください。
2011/10/17(Mon) 11:21 | URL  |  #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/17(Mon) 11:34 |   |  #[ 編集]
あっ
日付からしたら、もう屈斜路湖あたりでしょうか・・・この情報は役に立たないかも?
2011/10/17(Mon) 11:36 | URL  |  #-[ 編集]
それでは
時差(?)を考えて、次の情報を。
もう網走に戻られているのでしょうか?
これから知床ですね。おそらく次の予定は「クリオネキャンプ場」かな?100%源泉の温泉は24時間入浴OK。自分も好きな宿の一つです。

ここに連泊して、荷物を外して周辺を散策するというテも。名水の湧く「来運公園」(もちろん飲用可)や、少し遠い「裏摩周展望台」や「神の子池」も行けるでしょう。
もう一つ、「宇宙展望台」というのが近くにあるのですが・・・詳細はヒミツ。天気が良ければ最高ですよ。
2011/10/17(Mon) 14:55 | URL  |  #-[ 編集]
緑色のマリモキーホルダーかわいい(*´ω`*)
2011/10/17(Mon) 19:18 | URL  | 夢見草 #QMnOeBKU[ 編集]
風ささき さんへ
まりもっこりのキャラクターは確か大阪のロフトでも見たかな・・・
なんだか全国展開していますね。(笑)

おじさん達には本当によくしてもらいました。
本当にいい日だったと思います! (>_<)/

幸運続くかな~ (> <)
2011/10/18(Tue) 08:41 | URL  | サトシ #-[ 編集]
虫 さんへ
返事が遅れてしまいすみませんです。(> <)

クマ、やはり怖いですね。
きっと親熊も近くにいたのかも。
クマに襲われたニュースも珍しくないですし、今年は札幌なんかの都会でも出るそうですね・・・

しばらくは自炊は簡単なパスタでいこうと思いいます。
ジンギスカンを焼いている場合じゃないですね。(> <)

この辺りの道は本当にアップダウンが多くて大変です。
海沿いに戻るまで、もうしばらくの辛抱かな。

あと、コンセントの件に関しても分かりました。
確かに、そうかもしれないです。

また何かあれば教えて下さい!

詳しい情報ありがとうございます! (>_<)/

虫さんの助言も忘れ、弟子屈で買いものをせずに屈斜路湖まで来てしまいました。(> <)
本当に店が無いですね、ここまでとは予想外でした。
2011/10/19(Wed) 08:44 | URL  | サトシ #-[ 編集]
夢見草 さんへ
でしょ! (>_<)/

この街、マリモだらけだよ! 

見ていて楽しい感じ。
マリモのものは何も買わなかったけど・・・ (笑)
2011/10/19(Wed) 08:47 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: