ただいま~♪
旅216日目 10月16日(日曜日)

今朝は7時に目を覚ます。

ccDSC09608.jpg

小雨か降っていて落胆・・・
しょうがないのでアラームを1時間後の8時にセットしなおして再び寝た。


それでも起きたのは8時ではなく9時を過ぎていたけど・・・

雨は上がるも雲が多く出発できるか微妙な天気。
連泊するか迷う。
ここもなかなかいいキャンプ場だ。

掃除をしにきたおじさんと話をしながらとりあえず出発の準備をしていく。
ラジオが上手く入らず天気が分からなかったので尋ねると、
今日の天気はこのあとよくなるそうだ。

なら出発決定! (>_<)/

このキャンプ場も来週で閉鎖するそうだ。
10月に入って北海道のほとんどのキャンプ場が閉鎖してきているので、
これからは寝床探しに苦労させられそうだ。(> <)
何でも水道管が凍るらしい・・・

数日後には本格的に寒くなるから気をつけるよう言ってくれた。
これからは寒さとの戦いか~ (> <)

連泊した後なので、テントの中が散らかり放題だ。
いつも以上に片付けに時間がかかる。
寝袋をたたんみ、洗い物やテントを乾かしてと面倒だ。(> <)

朝食にはカップ焼きそばを食べる。

その後、昨日お昼をご馳走になった本間さん夫妻の2人が来てくれた。
バイクで出発する前に来てくれたのだ。
おじさんの家のある横浜に来た時にはぜひ電話してくれればいいと言ってくれた。
「関東にたどり着くのはまだまだですよ~」
と言っておいたが、それでもかまわないそうだ。
おそらく横浜にたどり着くのは年末辺りじゃないかな・・・

色々してくれて本当にすみませんです。(> <)

出発前に昨夜気がついたテントの修理もしておいた。
ポールとシートの間の紐が切れているので、針金で無理やりつなぎ合わる。
テントも半年使って随分とボロボロ・・・
中はもうカビと穴あきだらけ。(> <)

修理して彼にはもう半年頑張ってもらおう。


AM 10:40 阿寒湖畔キャンプ場を出発。

今日は屈斜路湖まで行くと決めている。
まだ営業しているキャンプ場が1件調べて分かった。

この温泉街を出る前にコンビニで買い物を済ます。
この先しばらくは山道だ。
お昼のパンや飲み物など多めに買って街を出る。

街中でキツネが普通に歩いていた。
なかなか微笑ましい光景だ、
野良猫みたいに街中を堂々と歩いている。(笑)

おじさんの言うとおり、心配した天気も回復!
木々のトンネルから漏れる木漏れ日のシャワーを浴びながら快走!(>_<)/

国道241号線を東へ弟子屈方向に進む。

cDSC07679.jpg

この辺りは紅葉が見ごろだ、どこも赤々としている。
そんなもんだからキョロキョロしながら走った。
どこもなかなか絵になる光景だ。

いい写真がいっぱい撮れてルンルン~(>_<)/

ccDSC09625.jpg

cDSC07688.jpg

ルンルン気分ももつかの間、
走り出して20分後には道は上りに・・・

こうなると紅葉も楽しんでいる場合じゃ無くなる。
やっぱり今日も登山かよ~ (> <)
と黙々とペダルを漕いで登っていった。

ccDSC09633.jpg

ccDSC09639.jpg

どこまで登らせるんだよ!
と、10回はつっこんだぞ。(> <)

おまけに気づけば再び空には厚い雲が覆いかぶさって来るじゃないか・・・
上空は風が強いみたいだ、雲の動きが速い。

嫌な予感だ・・・

で、やな予感的中・・・

あらら、降り出してきた。 (> <)

雨宿りする場所なんかまったく無いので、とにかく進む。
カメラと地図はカバンにしまっておいた。
急ぐにもキツイ上り坂だ。 (> <)

これでは連泊すればよかったと後悔だ、濡れると急に寒くなってくる。

先ほどの晴れ間はどこへやら、
峠ひとつ越えるだけで天気が全然違ってくるからびっくりだ。


PM 12:40 双湖台に到着。

雨も上がってくれたのでここで昼食にした。
なかなか景色のいい場所だ。
ただモロ風の当たる寒い場所なのでウィンドブレーカーを羽織った。
それでもじっとしていると寒く感じる。
考えた末、歩きながら食べることにした。
これでまだマシだ、行儀なんて気にしている場合じゃない。

いい景色を眺めながらの食事はやはりおいしいもんだ。
コロッケサンドにみたらし団子を食べた。

ちなみに、ここから見るペンケトウ湖は北海道の形に見えるらしい。

ccDSC09643.jpg

cDSC07695.jpg

どう、見えるかな!?


微妙だな~、
と初めは思っていたけど、見れば見るほどそんな気がしてきた。

確かに北海道の形だ、面白い偶然。(笑)
これで晴れてくれれば文句なしなのにな~
食事をしながら晴れ間を待ってみたけど、一向に晴れる様子は無かった。
20分ほどここにいて、結局諦めて進む。


その後、ようやく待ちに待った下りだ。(>_<)/

寒いのでブレーキをかけながらゆっくりと下っていった。
40分かけてようやく下りきる。
こんなに登らされていたのか・・・

ここで、久々にやってしまった。 

ほぼ坂を下りきった先で、久々に派手にこけてしまったのだ。(> <)
波打つ下りで単調な道についついボーっとしてしまい、
カーブを曲がり切れずに、笹やぶにそのままつっこんでしまう。

怖いと感じるまもなく、気づけば視線はすでに空に向いていて仰向けだった。

左足が地面と自転車に挟まれていたけど、痛みはない。
厚いウィンドブレーカーを着ていたおかげもあると思う。

行きかう車にこんな情けない姿を見られてはならぬと、
すぐに立ち上がり自転車を起こした。

ccDSC09654.jpg

幸いスピードも10km/と遅く、
ガードレールも無い生茂る笹やぶに助けられたかんじだ。
たいした怪我も無く、首を少し痛め親指を軽くつき指下した程度で済んだ。

ちょっと油断していた・・・

ここが崖やガードレールがあったりすれば大変なことになっていたかもしれない。
そう考えただけでゾッとしてしまう。(> <)

気をつけないと。

笹やぶに散らばった荷物を探し、
落し物がないか、念入りに確認していった。
自転車のロックと帽子、ボトルにカメラが投げ出された。
心配したカメラは笹のクッションのおかげで無事だ。

これだけは本当に良かった・・・(> <)


PM 3:00 弟子屈町に入る。

序盤の予想以上の登りもあったせいで、予定より遅れ気味だ。

この町にもキャンプ場があり、予定していた屈斜路湖まで行くか悩む。
悩んだ末、もう少し頑張って屈斜路湖のキャンプ場まで行くことにした。
キャンプ場情報を見比べて、屈斜路のほうがきれいに感じたからだ。
それに、出来る限り進んでおきたい。


道の駅「摩周温泉」に立ち寄る。

ここで少し休憩。
中にふわふわした気持ちいいイスがあったので、
ここでついウトウトしてしまっていた。

あ~、眠たい・・・ (> <)


その先は平坦な道だ、

追い風もあって、スイスイ進めた。
遅れを取り返す、かなりハイペースだ。(>_<)/

ccDSC09668.jpg

ccDSC09666.jpg

そんなこともあり、何とか日没ギリギリに目的のキャンプ場に到着!

それまでにコンビニや商店の1つも見当たらなかった。
まぁ、少しはあるので夕飯ぐらいは大丈夫だ。


PM 5:00 和琴半島湖畔キャンプ場に到着。

ccDSC09671.jpg

cccDSC07708.jpg

屈斜路湖岸にサイトが広がっていた。
誰もいないと思っていたけど、男女2人がログハウスに泊まっているようだ。
それだけども少しは安心だ。

すでに管理棟は閉まっている。
勝手に入って、勝手にテントを張ることにした。
明日、お金を払うことにしよう。
テント1張り450円ならいいと思った、まだ安いほうだ。
 
やたら注意書きが多いキャンプ場だ、
「ここで洗濯をしてはいけない」や「コンセントの使用不可」から、
「トイレの扉は閉める」といった当たりまえのことまで細かに張られている。
ここは頑固おやじがやっているに違いない。(笑)

監視されている気がして、いい気はしないかな。

夕飯はパスタを作って食べる。

たまに突発的な強風が吹くのでテントが押しつぶされそうになる。
ペグをしっかり打ったが、それでも心配だ。
こんなに強い風が吹くならもう少し林の奥で張ればよかったと後悔だ。
景色がいいからとモロに風の当たる湖岸ギリギリに張ってしまった。(> <)

cccDSC07713.jpg

明日は景色がいいと聞いた美幌峠の展望台まで登って戻ってくるつもりだ。

これまで会った旅人に、「一番良かったところは!?」と聞くと
2人がこの美幌峠を上げていた。
景色が相当にいいらしい、だから楽しみ。(>_<)/

ということは、明日もキツイ日になるんだろうな・・・ (> <)



天候:曇り時々小雨
体調:良好

現在地:和琴半島湖畔キャンプ場 (北海道川上郡弟子屈町字屈斜路)


10月16日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/10/17 20:49] | 北海道
トラックバック:(0) |

アクシデント
風ささき
長旅には、いろいろ起こりますね。
自分も一周の時の沖縄で転倒しました。
路面がツルツル、内地の舗装と違いました。
慎重に度が付くくらいで、連泊し、計画より遅れて
も安全優先で、楽しい旅を続けてください。
道道が、風景を一人占め出来て絵になるところも
多いけど、交通量がゼロに近いので、トラブルと命
取りに民家がある国道が安心かな。

それは災難でした
カメラや自転車が無事だったのが不幸中の幸いでしたね。まあ、身体の方は和琴の温泉で癒してください。(笑)

和琴のキャンプ場はいかがでしょうか?この時期は静かでいいでしょうね。大昔(?)はライダーやチャリダーばかりでした。夜になったら焚き火を囲んで旅の話に花を咲かせたり、みんなで手拭一丁で露天風呂に通ったりしてました。(笑)
後ろの林や半島の散策路を歩くと高確率でエゾリスに遭遇しますよ。

夏場はそれはそれは大変な賑わいになりまして、波打ち際ギリギリまでテントがビッシリ張られ、湖が全く見えなくなるくらいです。そんなハンパない混雑の中、トラブルも多々発生します。管理人の方もあっちこっち見回っているのはシンドイので、いろんな注意書きが貼られたのでしょう。御理解ください。

ブログの内容について。自分が一番景色がいいと思ったのは中標津町の開陽台です。展望台からのパノラマも満天の星空も素敵なのですが、感動したのは夜明け。(北海道って何てスバラシイ・・・!)の一言でした!
しかしながら、アクセスは相当シンドイです。特に有名な「ミルクロード」は自転車には地獄。展望台の裏手にキャンプ可能(町の公認です)ですが、トイレの裏から上がらないといけないし、サイトは吹きさらしの原っぱ。お世辞にも快適とは言えませんが、もしお天気が良ければ、北海道におけるベストショットの一枚が撮れる事は保証致します!
そうそう、展望台の売店で売ってる「いぬい牛乳」は、手のかかる超低温殺菌処理されていて、牛乳本来の栄養や風味がシッカリ生きていてオススメです。これでココアを作ったら最高です!


チャリダー俊君
僕もチャリこいでてぼーっとして危うくこけそうになったことあります。チャリ旅に慣れてきたからこそ、今一度気を引き締めないとですね(o^^o)
和琴半島…俺キャンプ場のすぐ近くのRHめぐみやに泊まりました。¥600でオーナーのおじいちゃんも親切なあったかいRHでした(o^^o) 近くの無料の露天風呂ぜひ入ってくださいね( ´ ▽ ` )ノ

風ささき さんへ
サトシ
やっぱり、旅をしているとこけてしまいますね。(> <)

自分もこれでど派手にこけるのは4回目です。(笑)
その前は琵琶湖でこけたので、久々かも。

全てたいした怪我も無く幸運でした。

怪我でもしてしまえば旅が終わってしまうので、慎重に焦らず旅ですね。

これからもマイペースで行きます! (>_<)/

虫 さんへ
サトシ
もう災難ですよ。(> <)

カメラが一番心配でした。
データーも無事で本当に良かったです。

和琴のキャンプ場は良かったですよ!
温泉は近いし、きれいな屈斜路湖を目の前に、抜群のサイトだと思います。
やはりシーズンになればそれなりの人なんですね。
それはそれで楽しそうで羨ましいです。(> <)

虫さんは開陽台が一番お気に入りの場所なんですね。
開陽台はいいと以前から聞いていて、気になっていました。
地図で見ると、これから裏摩周を見てとなると遠回りになりそう・・・

でも、行くと思います。(笑)
せっかくなので、多少の苦労は惜しまずどんどん行きますよ~

開陽台楽しみです! (>_<)/

チャリダー俊君へ
サトシ
和琴半島にそういえばライダーハウス、あった、あった!
もちろん閉まっていたけど・・・ (> <)

この時期は、ライダーハウスも閉まり大変だよ~ (> <)
でも露天風呂は本当にありがたいよね。
これで無料とは本当にすごいと思う。

ここにはまた夏に来た来たいな~

俊君も気をつけて旅してくださいな。
自分はこれでこけたの4回目だよ。(笑)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
アクシデント
長旅には、いろいろ起こりますね。
自分も一周の時の沖縄で転倒しました。
路面がツルツル、内地の舗装と違いました。
慎重に度が付くくらいで、連泊し、計画より遅れて
も安全優先で、楽しい旅を続けてください。
道道が、風景を一人占め出来て絵になるところも
多いけど、交通量がゼロに近いので、トラブルと命
取りに民家がある国道が安心かな。
2011/10/18(Tue) 00:57 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
それは災難でした
カメラや自転車が無事だったのが不幸中の幸いでしたね。まあ、身体の方は和琴の温泉で癒してください。(笑)

和琴のキャンプ場はいかがでしょうか?この時期は静かでいいでしょうね。大昔(?)はライダーやチャリダーばかりでした。夜になったら焚き火を囲んで旅の話に花を咲かせたり、みんなで手拭一丁で露天風呂に通ったりしてました。(笑)
後ろの林や半島の散策路を歩くと高確率でエゾリスに遭遇しますよ。

夏場はそれはそれは大変な賑わいになりまして、波打ち際ギリギリまでテントがビッシリ張られ、湖が全く見えなくなるくらいです。そんなハンパない混雑の中、トラブルも多々発生します。管理人の方もあっちこっち見回っているのはシンドイので、いろんな注意書きが貼られたのでしょう。御理解ください。

ブログの内容について。自分が一番景色がいいと思ったのは中標津町の開陽台です。展望台からのパノラマも満天の星空も素敵なのですが、感動したのは夜明け。(北海道って何てスバラシイ・・・!)の一言でした!
しかしながら、アクセスは相当シンドイです。特に有名な「ミルクロード」は自転車には地獄。展望台の裏手にキャンプ可能(町の公認です)ですが、トイレの裏から上がらないといけないし、サイトは吹きさらしの原っぱ。お世辞にも快適とは言えませんが、もしお天気が良ければ、北海道におけるベストショットの一枚が撮れる事は保証致します!
そうそう、展望台の売店で売ってる「いぬい牛乳」は、手のかかる超低温殺菌処理されていて、牛乳本来の栄養や風味がシッカリ生きていてオススメです。これでココアを作ったら最高です!
2011/10/18(Tue) 06:22 | URL  |  #eGRzmqRk[ 編集]
僕もチャリこいでてぼーっとして危うくこけそうになったことあります。チャリ旅に慣れてきたからこそ、今一度気を引き締めないとですね(o^^o)
和琴半島…俺キャンプ場のすぐ近くのRHめぐみやに泊まりました。¥600でオーナーのおじいちゃんも親切なあったかいRHでした(o^^o) 近くの無料の露天風呂ぜひ入ってくださいね( ´ ▽ ` )ノ
2011/10/18(Tue) 07:51 | URL  | チャリダー俊君 #-[ 編集]
風ささき さんへ
やっぱり、旅をしているとこけてしまいますね。(> <)

自分もこれでど派手にこけるのは4回目です。(笑)
その前は琵琶湖でこけたので、久々かも。

全てたいした怪我も無く幸運でした。

怪我でもしてしまえば旅が終わってしまうので、慎重に焦らず旅ですね。

これからもマイペースで行きます! (>_<)/
2011/10/19(Wed) 08:54 | URL  | サトシ #-[ 編集]
虫 さんへ
もう災難ですよ。(> <)

カメラが一番心配でした。
データーも無事で本当に良かったです。

和琴のキャンプ場は良かったですよ!
温泉は近いし、きれいな屈斜路湖を目の前に、抜群のサイトだと思います。
やはりシーズンになればそれなりの人なんですね。
それはそれで楽しそうで羨ましいです。(> <)

虫さんは開陽台が一番お気に入りの場所なんですね。
開陽台はいいと以前から聞いていて、気になっていました。
地図で見ると、これから裏摩周を見てとなると遠回りになりそう・・・

でも、行くと思います。(笑)
せっかくなので、多少の苦労は惜しまずどんどん行きますよ~

開陽台楽しみです! (>_<)/
2011/10/19(Wed) 09:04 | URL  | サトシ #-[ 編集]
チャリダー俊君へ
和琴半島にそういえばライダーハウス、あった、あった!
もちろん閉まっていたけど・・・ (> <)

この時期は、ライダーハウスも閉まり大変だよ~ (> <)
でも露天風呂は本当にありがたいよね。
これで無料とは本当にすごいと思う。

ここにはまた夏に来た来たいな~

俊君も気をつけて旅してくださいな。
自分はこれでこけたの4回目だよ。(笑)
2011/10/19(Wed) 09:09 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: