ただいま~♪
AM 6:30 起床。

ccDSC09990.jpg

内田さんが最初に起きて、荷物をまとめる音で目が覚めた。
おじさんはもう少し寝ていればと言うが、
何しろ寝ているところは道の駅のトイレだ。
すでに人の出入りが出てきたみたいだし、いい加減起きることにした。

でもよく寝れたなー

いやー、最高のトイレだった! (>_<)/
トイレの神様だ!!

中は暖房が効いたぽかぽかで、毛布1枚でも快適だ。
シュラフは広げず、枕にして寝た。

外の自転車には霜が降りていた、寒い寒い。(> <)
気温は3℃だ。

もたもたと出発の準備をしていく。

もたもたとは手がかじかんで上手く荷物を荷台に縛れない。
手袋をして作業していった。
初めてわかったんだけど、
手袋をしているとスマートフォンのタッチパネルが反応しないんだ・・・

おじさんには板チョコや玉ねぎなんかをいただいた。
おじさんには何かと頂いてばかりだ、すみません。(> <)

玉ねぎは今度味噌汁に入れて食べることにしよう。


出発前に今日の走行ルートの確認。

おじさんには屈斜路湖にある無料の露天風呂を話しておいた。
あの、屈斜路湖畔のコタン温泉は本当に最高だ。
おじさんにカメラの写真を見せれば、行く気になってくれたみたいだ。
これから向かうと言ってくれた。

ぜひ行ってほしいかな、あそこは本当にお勧めだ。(>_<)/

自分は開陽台と言う展望台に向かうつもり。
ここはブログのリンクにもある板垣さんや、
コメントでも虫さんがいいと教えてくれたところだ。
2人揃っていいと言うから、間違いないんだろう。

かなりの寄り道になるが、行く価値はあると思う。

一足先に内田さんが出発。
遅れて自分も出発だ。

最後はお互い硬い握手をして別れた。

おじさんの住む横浜に来たときには、ぜひ連絡してくれればいいと言ってくれた。
横浜まではまだまだ先だが、それは嬉しいかも。
ぜひ、そうすることにしよう。

cccDSC07854.jpg

おじさんも、お気をつけて! (>_<)/


AM 8:05 道の駅「阿寒温泉」を出発!

今日もいい天気だ。

すぐ先のセイコーマートで朝食を調達。
レジでカバンからなかなか財布が見つからなかったので、
まさか落としたのではないかと、ひやひやした。

ここでは念のため昼食のパンも買っておいた。
弟子屈市街地を出ると何も無いのが地図から容易にわかる感じ。

店前で大好きなクリームパンを食べながら地図を確認。
この先のルート上に何か見所はないかと、
ツーリングマップルと0円マップを照らし合わせて確認していく。
それなりのものなら、多少ルートから離れていても行くつもりだ。

でもクリームパンに夢中で、いまいち考えていないけど。

いいところを見つけたかも、少し寄り道しよう。

ここで着ていたウィンドブレーカーも脱いだ。
走ればどうせすぐに温かくなると思う。

ccDSC09996.jpg

ccDSC09998.jpg


AM 9:25 900草原牧場に到着。

cccDSC07855.jpg

手前1kmの坂がしんどかった。(> <)

しかも、ちと来るのが早すぎたようだ。
観光客は誰もいないし、
肝心の牛たちもまだ放牧されていなかった。

さっそく展望台へ
扉がやけに重たいから、まだ閉まっているのかと思った・・・

丘にある展望台に上がれば確かにいい景色が広がっている。

360度、視界は草原の丘だ。

旅する前に、いつかはこんなところに来てやるぞー!!
と、パンフレットなんかを見ては憧れていた風景だと思う。

cDSC07744.jpg

cDSC07747.jpg

いざ来ると、どうしたらいいのかわからないものだ。
どうしたらこの光景を自分の物に出来るのかとか、忘れずにいられるとか・・・

どんなに写真を、パノラマで撮っても、満足できる物じゃなかった。
しっかり目に焼き付けることが一番だと思って眺めていた。

まさに北海道らしい風景だ。
これで牛たちが放牧されていたら最高なんだけどなー


レストハウスも10時半から開くようだ。

なんか絞りたてのミルクでも飲めるのかなー
と、期待していたけど残念だがそれまで待ってはいられない。

展望台を見たら出発だ。
ふらっと寄り道の割には、いいところに来たかも。

いちど弟子屈に戻り、
それから国道243号線をひたすら東へと中標津町の方向に進んでいく。

ccDSC00040.jpg

虹別に入る手前で道道885号線に移った。
その先は見渡す限りの直線道路だ。

信号も無い十字路に立てば、どの方向もさらに直線道路が延びている。
見慣れない光景に思わずニヤニヤしてしまう。
写真に一度に収まる形で撮れないのが悔しく感じた。

少しアップダウンがある。

でも、いい景色だから許してあげる気分になってしまう。
今日だけの特別大サービスなのだ。

cDSC07788.jpg

cDSC07802.jpg

お腹が空いてくれば、今朝おじさんから貰った板チョコをつまんでいった。
カバンの中にある昼食のパンは口にはしたくなかった
目的地の開陽台で景色を眺めながら食べたいと思ったからだ。
チョコを口にすればお腹の虫もおとなしくなってくれた。

牧草地を区切るように、横一直線に並ぶ木々が好きだ。

cDSC07798.jpg

草原にポツンと1本だけ木が立っている風景も、見ているだけで癒される。

そんなもんだから草原の何も無いただの道にも見えるが、
自分のお気に入りの風景を探そうと必死になってしまう。

cDSC07775.jpg

cDSC07779.jpg

キョロキョロしながら走り、
少しでも気になれば自転車を止め満足のいくまで写真を撮った。

ccDSC00048.jpg

ccDSC00055.jpg

そんなもんだから、予想以上にかかってしまったかも・・・


PM 2:50 開陽台に到着。

cDSC07804.jpg

手前でいっきに高度を上げていくもんだから、4回も足をついて何とか到着。
最後が本当に応える坂だ。

それでもようやく到着だ、もうお腹がペコペコ。(> <)

カメラとパンを持って、展望台に上がっていく。
展望台自体はそう高いものじゃないけど、小高い丘に位置して、
見渡す限りどの丘よりも上にいることがわかった。

ccDSC00059.jpg

ccDSC00062.jpg

ここからならば地平線だって見える。
まさに地球が丸く見える場所だ。(>_<)/

手すりにもたれかかりながら、パンを食べて遅い昼食に。
絶景を見ながらの食事はこのたび何度目のことだろう。
なんどしたっていいものだ。

あ、お茶を持ってき忘れた・・・
また取りに行くのも面倒なので、ガマンして食べるけど。

無料の双眼鏡が用意されていて、遠くには北方領土の国後島が見えるそうだ。
わかりにくいが、海の向こうに見えるのがそうみたい。
自分のカメラの望遠レンズでも見ることが出来た。

cDSC07816.jpg

意外に近いもんだ。
北方領土は近くて遠い島だった・・・

展望台の2階には北方領土返還を求める署名の記帳が置かれていた。
普段、街中で求められても書名なんかしたことは無かったけど、書いておいた。

ここも以前はキャンプが出来たそうだ。
というのも、今はキャンプの自粛を求める看板が立てられている。
なんでもクマが出たらしい。
こんな見晴らしのいい丘で熊とは、
北海道には安心してキャンプできる場所もないかも。(> <)

まぁ、ここは別にいいかな。

中標津市街地に向かおう。
聞く話に寄ると、そこはなかなか都会と聞くじゃないか。
ネットカフェでもあるかな~
と期待して向かう。(>_<)/

ここには1時間ほどいた。

cDSC07827.jpg


PM 4:30 中標津市街地に入る。

急に風景は牧草地から家々に変わる。
大型店舗が点々としていた。
一番最初にツタヤを目にしたときは、日常の見慣れた光景に安心してしまった。
(ツタヤには寄らないけど・・・)

さっそく市街地を散策。

日没の5時までそう時間はない。
急いでテントを張れそうな公園を探し回っていった。
意外にもいい公園はすぐに見つかる。
これで一安心だ。

夕飯はマクドにした。

東武という、大型ショッピングセンターのフードコート内にあるものだ。
他にはミスド、ケンタ、ドトール、それにピザハットまである。
旅前によく通ったイオンモールに何かと雰囲気が似ていて好きだ。
これでスタバでもあれば完璧だ。

cccDSC07907.jpg

イスに座って買い物をする人々を見ていたら安心する。
だからあえて人通りの多い、通路側に座る。

正直、最近の寒さといい孤独さといい、旅に疲れを感じてきたところだ。
少し大阪に帰りたいなと思っていただけに、
この光景には不思議なくらいに安心してしまう。

結局、ここに閉店の10時まで居座っていた。
でも、これで少しは元気を貰った気がする。

明日からまた旅を頑張ろう。


外にでると、霧が・・・
しばらく立ち尽くしていたり・・・ (> <)
cccDSC07911.jpg


公園に戻り、テントを張って12時に寝た・・・

cccDSC07914.jpg



走行時間 7:20[h]
走行距離 98.5[km]
平均速度 13.3[km/h]
最高速度 50.0[km/h]

積算走行距離 9030.4[km]

天候:晴れ
体調:良好

現在地:中標津市街地の公園 (北海道標津郡中標津町)


10月20日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/
スポンサーサイト

[2011/10/23 00:43] | 北海道
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


お疲れ様です
中標津はテント泊だったんですね。セブンイレブン横のライダーハウスはやってませんでしたか?

自分の情報は遅れているのでしょうか・・・そうだとしたら申し訳ないです(・・;)。日付からするともう知床峠は越えて羅臼か標津、あるいは根室あたりかな?

さて、根室からはおそらく海岸線をずっと行かれるのでしょうか。釧路周辺は最近はライダーハウスが殆どなくなり、そのためみなさんも通過点になりがちで、情報があまりありません。

それでもたとえば、鶴居キャンプ場はなんとか今月イッパイは開設しているようです。無料の割にかなり行き届いた設備で、Aコープや郵便局や温泉も近いため、長期キャンパーが多いです。お仲間も見つかるかも。釧路市街から北へ約30キロ。

釧路市街から38号を20キロ行った「道の駅恋問」の豚丼はオススメです。

少し内陸ですが、池田町にある「食堂なかがわ」は「一福」というライダーハウスもやってます。料金は¥300。

途中の豊頃町の「ハルニレの樹」はなかなか画になる眺めです。近くに無料の休憩所があるのですが、季節柄オープンしているかは不明です。

どうか身体に気をつけて!(^0^)b



小松牛乳
風ささき
霧多布にあります、浜中ですが、コーヒー牛乳が
美味しいです。
ハーゲンダッツやタカナシ牛乳とかの製品に生乳
が使われています。
知床・根室方面から厚床、R44で浜中方面、道道
123にぶつかる1本手前に農道が横切っています。
左に道なりに行くと浜中駅に。
右手に曲がり坂を駆け上がってみてください、振り返ると地平線、海までは見えませんが、農道なので、電柱も標識もないストレートロードです。
左右は牧草地で運が良ければ、牛も。
旅の終わりに必ずここに寄り、釧路からフェリーで帰っていました。
風ささきの風景が広がります、時間があったら、行ってみてください、R44の向こう側もジェットコースターです。
同道123を進み、途中の涙岬も地の果てを感じ
ます、地震の影響なければ先まで尾根づたいに行けます。
根室から、途中、落石岬あたりからの浜中の北太平洋シーサイドライン、晴れていれば上のR123の厚岸にかけて快適な道です。


のん
知り合いのリンクから飛んできました、神戸ののんといいます♪

この景色と道すごいですね…!!こんなところ走ってみたい(’-’*)
そしてピカチュウも可愛い!(´▽`)私もなにか連れていこうと思って結局アルパカ連れていきました(笑)

つづき頑張ってください!


おばさんReader
月並みな言葉しかできなくて申し訳ないですが、、、みんな応援してるから、がんばって!!ここが正念場。



板垣哲夫
>しっかり目に焼き付けることが一番だと思って眺めていた。

だと、わたしも思います。
サトシさんの写真は素晴らしく感動することも多いですが、結局、自分の目で見たのが一番なんだと思います。それに優るものはないと思っています。

わたしは、気に入った景色があると、それこそ目に焼き付けるつもりでじっと見つめることがあります。
そうすると、時間が経っても後で思い浮かべることができます。
写真を撮る代わり、そんな感じで見ています。

といっても北海道ではまだそんなことをしてなかったのですが。
これは九州で出会った旅人から学びました。


自分の気に入った風景が見つかると嬉しくなりますよね。
何気に座ったベンチから見た風景がすごくよかったとか。ここの景観はこの角度から見たらよく見えるとか。
ガイドブックにも載っていない自分が見つけたもの。
そういう発見も旅の楽しみの一つです。


風ささき さんへ
サトシ
牧場でのバイトは本当にいい体験ですねー
羨ましいです。
自分もバイトをして冬越えも考えています。
ただ、正直あまりダラダラと旅を長くすると辛いなーと思っていますが。

風ささきさんの言うとおりですね。
本当に辛くなったら大阪で休養して、再び出発します。

過去の記事も読んでくれるのですか!?
初めのほうは読みにくい記事ですよ。(笑)
まぁ、今もですが・・・

浜中駅そばの直線道路、涙岬も行ってみようかな。
楽しみになります。
詳しい情報、ありがとうございます。

過去の記事へのコメントも管理画面に表示されてわかるので、どんどんお願いします。(>_<)/

虫 さんへ
サトシ
いやー、お恥ずかしい話ですが、羅臼どころか今はまだ斜里にも来ていません。(> <)
中標津でのんびり都会を満喫していました。(笑)

中標津のライダーハウスのことなんですが、電話をしても繋がらず、
その場所に行ってもそれらしき建物がありませんでした。
やはり営業を終えたのかもしれないですね。
でも、こういう情報はありがたいです。
手間でなければこれからもお願いします。(> <)

「道の駅恋問」の豚丼、ハルニレの樹、了解しました! (>_<)/

のん さんへ
サトシ
北海道は、特に道東はいい景色がいっぱいですよ!
キョロキョロしながら走っています。
少し寒いですが・・・

アルパカもいいですねー
パートナーがいると旅が楽しいです。

コメントありがとうございます!

おばさんReader  さんへ
サトシ
これから知床半島と、旅の山場ですね。(> <)
しかし教えてくれた情報を頭に入れて、しっかりと万全で挑むことができそうです。

応援してくれてうれしいです!
コメントをくれるだけで励みになりますよー

がんばっていってきます! (>_<)/

板垣哲夫 さんへ
サトシ
北海道に来てからは、いい景色ばかりです!

これまでは必死になってカメラのシャッターを押し、自分の目で見る時間が少なかったかも。
これではもったいないですし、記憶にも残りにくいですね。

毎日のようにいい景色に囲まれてしあわせだと思います。
そのしあわせを確かな思い出にするためにも、
これからは自分の目で見る時間も大切にしていきたいですね。


ナッツ
身障者用トイレに泊まる?!
すぐにやめてください。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/23(Sun) 01:33 |   |  #[ 編集]
お疲れ様です
中標津はテント泊だったんですね。セブンイレブン横のライダーハウスはやってませんでしたか?

自分の情報は遅れているのでしょうか・・・そうだとしたら申し訳ないです(・・;)。日付からするともう知床峠は越えて羅臼か標津、あるいは根室あたりかな?

さて、根室からはおそらく海岸線をずっと行かれるのでしょうか。釧路周辺は最近はライダーハウスが殆どなくなり、そのためみなさんも通過点になりがちで、情報があまりありません。

それでもたとえば、鶴居キャンプ場はなんとか今月イッパイは開設しているようです。無料の割にかなり行き届いた設備で、Aコープや郵便局や温泉も近いため、長期キャンパーが多いです。お仲間も見つかるかも。釧路市街から北へ約30キロ。

釧路市街から38号を20キロ行った「道の駅恋問」の豚丼はオススメです。

少し内陸ですが、池田町にある「食堂なかがわ」は「一福」というライダーハウスもやってます。料金は¥300。

途中の豊頃町の「ハルニレの樹」はなかなか画になる眺めです。近くに無料の休憩所があるのですが、季節柄オープンしているかは不明です。

どうか身体に気をつけて!(^0^)b

2011/10/23(Sun) 09:42 | URL  |  #eGRzmqRk[ 編集]
小松牛乳
霧多布にあります、浜中ですが、コーヒー牛乳が
美味しいです。
ハーゲンダッツやタカナシ牛乳とかの製品に生乳
が使われています。
知床・根室方面から厚床、R44で浜中方面、道道
123にぶつかる1本手前に農道が横切っています。
左に道なりに行くと浜中駅に。
右手に曲がり坂を駆け上がってみてください、振り返ると地平線、海までは見えませんが、農道なので、電柱も標識もないストレートロードです。
左右は牧草地で運が良ければ、牛も。
旅の終わりに必ずここに寄り、釧路からフェリーで帰っていました。
風ささきの風景が広がります、時間があったら、行ってみてください、R44の向こう側もジェットコースターです。
同道123を進み、途中の涙岬も地の果てを感じ
ます、地震の影響なければ先まで尾根づたいに行けます。
根室から、途中、落石岬あたりからの浜中の北太平洋シーサイドライン、晴れていれば上のR123の厚岸にかけて快適な道です。
2011/10/23(Sun) 14:31 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
知り合いのリンクから飛んできました、神戸ののんといいます♪

この景色と道すごいですね…!!こんなところ走ってみたい(’-’*)
そしてピカチュウも可愛い!(´▽`)私もなにか連れていこうと思って結局アルパカ連れていきました(笑)

つづき頑張ってください!
2011/10/23(Sun) 17:36 | URL  | のん #-[ 編集]
月並みな言葉しかできなくて申し訳ないですが、、、みんな応援してるから、がんばって!!ここが正念場。
2011/10/24(Mon) 01:44 | URL  | おばさんReader #-[ 編集]
>しっかり目に焼き付けることが一番だと思って眺めていた。

だと、わたしも思います。
サトシさんの写真は素晴らしく感動することも多いですが、結局、自分の目で見たのが一番なんだと思います。それに優るものはないと思っています。

わたしは、気に入った景色があると、それこそ目に焼き付けるつもりでじっと見つめることがあります。
そうすると、時間が経っても後で思い浮かべることができます。
写真を撮る代わり、そんな感じで見ています。

といっても北海道ではまだそんなことをしてなかったのですが。
これは九州で出会った旅人から学びました。


自分の気に入った風景が見つかると嬉しくなりますよね。
何気に座ったベンチから見た風景がすごくよかったとか。ここの景観はこの角度から見たらよく見えるとか。
ガイドブックにも載っていない自分が見つけたもの。
そういう発見も旅の楽しみの一つです。
2011/10/24(Mon) 10:47 | URL  | 板垣哲夫 #-[ 編集]
風ささき さんへ
牧場でのバイトは本当にいい体験ですねー
羨ましいです。
自分もバイトをして冬越えも考えています。
ただ、正直あまりダラダラと旅を長くすると辛いなーと思っていますが。

風ささきさんの言うとおりですね。
本当に辛くなったら大阪で休養して、再び出発します。

過去の記事も読んでくれるのですか!?
初めのほうは読みにくい記事ですよ。(笑)
まぁ、今もですが・・・

浜中駅そばの直線道路、涙岬も行ってみようかな。
楽しみになります。
詳しい情報、ありがとうございます。

過去の記事へのコメントも管理画面に表示されてわかるので、どんどんお願いします。(>_<)/
2011/10/25(Tue) 08:47 | URL  | サトシ #-[ 編集]
虫 さんへ
いやー、お恥ずかしい話ですが、羅臼どころか今はまだ斜里にも来ていません。(> <)
中標津でのんびり都会を満喫していました。(笑)

中標津のライダーハウスのことなんですが、電話をしても繋がらず、
その場所に行ってもそれらしき建物がありませんでした。
やはり営業を終えたのかもしれないですね。
でも、こういう情報はありがたいです。
手間でなければこれからもお願いします。(> <)

「道の駅恋問」の豚丼、ハルニレの樹、了解しました! (>_<)/
2011/10/25(Tue) 08:58 | URL  | サトシ #-[ 編集]
のん さんへ
北海道は、特に道東はいい景色がいっぱいですよ!
キョロキョロしながら走っています。
少し寒いですが・・・

アルパカもいいですねー
パートナーがいると旅が楽しいです。

コメントありがとうございます!
2011/10/25(Tue) 09:04 | URL  | サトシ #-[ 編集]
おばさんReader  さんへ
これから知床半島と、旅の山場ですね。(> <)
しかし教えてくれた情報を頭に入れて、しっかりと万全で挑むことができそうです。

応援してくれてうれしいです!
コメントをくれるだけで励みになりますよー

がんばっていってきます! (>_<)/
2011/10/25(Tue) 09:10 | URL  | サトシ #-[ 編集]
板垣哲夫 さんへ
北海道に来てからは、いい景色ばかりです!

これまでは必死になってカメラのシャッターを押し、自分の目で見る時間が少なかったかも。
これではもったいないですし、記憶にも残りにくいですね。

毎日のようにいい景色に囲まれてしあわせだと思います。
そのしあわせを確かな思い出にするためにも、
これからは自分の目で見る時間も大切にしていきたいですね。
2011/10/25(Tue) 09:25 | URL  | サトシ #-[ 編集]
身障者用トイレに泊まる?!
すぐにやめてください。
2012/11/12(Mon) 11:32 | URL  | ナッツ #Kl6PREkQ[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: