ただいま~♪
AM 4:00 目を覚ます。

テントに打ち付ける雨音にいち早く反応して目が覚めた。
辺りはまだ暗いものだから、まだ真夜中だろうと思って携帯を見れば4時を回ったところだった。

自転車に被せていたカバーが風に舞い上がり少し外れかけていたので、
それをかけ直してから再びシュラフにもぐる。
今度は外れないよう、大型洗濯ばさみでしっかり固定させておいた。

このとき酷く眠気があったので、あと2時間ほど寝るだけでは物足りないと感じ、
アラームを6時から7時にセットし直して寝た。

次に目が覚めた時はうかつにも7時を回っている。

snnDSC08896.jpg

携帯のアラームは無意識のうちに止めていたようだった。
近くに学校があるらしく、そのわずかなチャイムの音に反応して目が覚めた。
自分はチャイムには何故かは分からないが、よく反応してしまうみたいだ。
今度アプリでチャイムの目覚まし音がないか探してみることにしよう。
寝坊を防げるかもしれないな。(笑)

外に出て声を出して驚いてしまった!

二度寝している間に、雨は雪に変わっていた。
いよいよ、冬の足音が迫ってきたようだ。 (> <)

snnDSC08893.jpg

ただ、そう積もる気配は無いなと思ったし、
上空には、どちらかといえば晴れ間のほうが多かった。

止むまでしばらくのんびりしておきたいところだが、
公園で、しかも通学する高校生に見られているのとなると恥ずかしくなってくる。
高校生なんかは特に友人と数人でいたりすると、何かと絡んでくるのだ。
応援というより、どちらかと言うと冷やかしに近いノリがイヤなのだ。

雪のぱらつくなか片付けていくことにした。

snnDSC08900.jpg

細かいことが出来ないもんだから手袋を外して作業を行うのだが、
濡れたテントを触ると手がすぐにガチガチになり、
思うように片付けがうまく行かなかった。

いつも以上に時間をかけてしまう。(> <)

朝食には菓子パンを食べておいた。


AM 9:30 灯台公園を出発。

s99DSC08537.jpg

今日はこの先50kmほど行った先のライダーハウスを目指すことにした。

わずか50kmで切り上げるのはだらけ過ぎのような気もするが、
どちらかというと今日はそのライダーハウスが一番のお目当てといえる。
「情報スペースin新ひだか」というライダーハウスで、
こんな時期でも開放してくれているそうだ。
ライダーハウスのほとんどが夏一杯で営業を終えているところが一般的なだけに、
久々のライダーハウスとなる。
ゆっくり軒下で寝れる価値は大きいと思った。
しかもそこは無料だそうだから、なにがなんでも立ち寄りたかったのだ。
寄らずに素通りなんてもったいない。

出発する頃にはすっかり雪は止んでくれた。
昨日と同じく国道235号線を北上開始する。

これまでは夕暮れの寒くなった頃からウインドブレーカーを羽織っていたが、
今朝は最初からウィンドブレーカーを着て走ってみることにした。

初めにちょっとしたアップダウンを繰り返す。

そうキツイと言えるほどの勾配でもないのだが、
下っている最中に妙に背中が冷える気がした。
どうやらこんな軽い登りでも着込みすぎて汗をかいているらしい。
平地ではウィンドブレーカーを着込んで走るとちょうどいいのだが、
登りを考えると体温調節が難しいところだ。

脱いで走るか迷ったが、結局上着のファスナーを開け走り、
それからは坂では汗が出ない程度に極力ちからを抜き、
ノロノロと上がることで解決した。

s55DSC01181.jpg

s55DSC01184.jpg

s55DSC01189.jpg

昨日に続いて、今日もものすごく強い向かい風だ。(> <)
交通安全の黄色い旗が音を立てながらなびいている。

風の抵抗を極力受けまいと、ドロップハンドルに手をやり前傾姿勢になって走るも、
これだけサイドバッグを装備すると、意味もない気がした。

ここ連日はこんな調子だ、正直えりもが嫌いになってきたぞ。(> <)


市街地のコンビニでゴミを捨てたかったのだが、
ちょうど店員さんがゴミ袋を交換しているところで、
仕方がなく、ゴミの処理は諦めて先に進むことになってしまった。
「家庭用ゴミの持ち込み禁止」と書かれたゴミ箱に、
パンパンに膨れ上がったゴミ袋を店員の前で捨てるわけにはいかないかな。
このゴミとはしばらくの付き合いになりそうだ。

あまりの強い向かい風に全然スピードが出ず、
サイクルコンピューターは常に一桁の時速しか示さなかった。

目的地が50km先だから単純計算で数えると、
このままでは5時間以上はかかってしまうことになる。
時間には余裕はあるが、
早くこの向かい風が「向かい」じゃ無くなることを祈るばかりだ。

snnDSC08908.jpg

snnDSC08914.jpg

このあたりも昆布が有名なようで、いたる場所の海岸で昆布が干されていた。

バカほど取れるんじゃないかと思うほど、波打ち際には昆布が横たわっている。
そういえば利尻島に渡ったときも、「利尻昆布」の名のブランドとして昆布が有名だとは知らず海岸沿いに、バカほど打ち上げられていた昆布をゴミのように踏みつけて歩いていたのだが、いざ稚内に戻るときになって、
フェリーターミナルの売店でその昆布たちが5枚ほど入って1000円ほどで売られていたのには目を丸くしてしまったものだ。

ただ、昆布の食べ方がいまいちよく分からないので、
今もそう拾う気にはならないかな・・・

このあたりに住めば昆布には困らないことは確かだ。


向かい風に耐えて走ること約2時間・・・

先ほどまでの晴れ間はどこへやら、この強風のせいで雨雲をつれてきたらしい。
いっきに空は厚い雲に覆われて、仕舞いには再び雨が降ってきた。

みぞれ混じりの冷たい雨で、これがかなり応えた。(> <)

snnDSC08909.jpg

s99DSC08551.jpg

着ているウィンドブレーカーが、防水性もあると謳って購入したのだが、
明らかに水を吸って重たくなっている。
かと言って、レインウェアなんかは持ち合わせていないのだから、
急いで走るしかなかった。

「ヤバイ!」と思った瞬間、帽子に手が間に合わず、
ついには帽子が風に持っていかれてしまった。

そのまま帽子は流れるように飛んでいき、
岸壁のかどにコツンとつばを当てて、下に落ちていくではないか。(> <)
慌てて自転車を路肩に止めて、落ちた先の防波堤の下を覗き込む。
帽子は荒波の海面になんとか浮かんでいる状態だ。

一刻も争う事態だ。(> <)

そばには岩場の波打ち際まで降りられる階段があるものの、
下に降りれば足が濡れるだけでは済みそうにも無いほどの荒波が寄せている。

s55DSC01192.jpg

とっさに思いついたのが釣竿で糸をたらし、
ルアーに引っ掛けて帽子を救い出すことだった。
このときばかりは、釣竿を持ち合わせていてよかったと本当に思った。
釣竿を持っているのに釣りはせず(暇と川辺にテントを張ることが意外に無いから)、
邪魔になるだけだから送り返そうかと何度も思ったのだが、
意外にも走行中の物干し竿に役にたつことが分かり、
その後はタオル干しに大いに役に立っていたのだ。  

まぁ、今回も釣る物が帽子と本来の役割ではないが・・・

まさか、こんな形で初の出番を迎えるとは、竿も思ってもいなかった事だろう。

いざ釣竿を手にルアーをつけようとするも、日頃のメンテナンスの怠りが響き、
糸が絡まってどうしても海面まで達するだけの糸の長さ分すら引っ張り出せずにいた。

そうこうしているうちに、帽子は波に飲まれて見当たらなくなってしまう・・・
なっ、竿に裏切られた気分だ。 (> <)

しばらくは、帽子が浮かんでこないか見ていたが、
次々と行きかう車に海を覗きこんでいる姿を見られたままでは怪しまれるので、
諦めて進むことにした。

んー、石川県のイオンで買ったお気に入りのものだったのだが・・・


PM 2:50 様似市街地に入る。

s99DSC08558.jpg

市街地に入った先のセイコーマートで休憩にすることに。
ここでようやく朝からの付き合いだったゴミを捨てることができた。

まだ20kmほどしか走っていないのだが、足は50kmは走ったように重い。
今日は向かい風のせいで全然進まないぞ。(> <)

これまで被っていた帽子が突然なくなるというのは、
服を脱がされたような、何となく恥ずかしい気持ちになるな。
ぼさぼさの髪を隠すのにちょうどよかったのだが・・・

帽子も被らず、向かい風に当たり続けた髪はぼさぼさの状態だ。
コンビニでは真っ先にお手洗いに向かい、鏡で一通り髪をほぐしてから、
それからお弁当を手にレジに向かった。

早くどこかで帽子を手に入れたい・・・ (> <)

店前でカツ丼を食べて、この先の予定を考え直す。
向かい風は一向に収まる気配はないようなので、
予定していたライダーハウスまではキツイと感じてきたのだ。

幸い、目指していたライダーハウスの20km手前にも同じ様なライダーハウスがあると聞いていたので、最低でもそこまで行くことにして出発する。

様似市街地にある、親子岩だ。
s99DSC08560.jpg

左から父、母、子なんだろう。

この様似市街地でなんとか帽子が売っている店はないかと探したのだが、
かなり小さな街で帽子を売っているような店は見当たらなかった。
そんな小さな街でもしっかりパチンコはあるもんだから、呆れてしまう。
(小さな礼文島にもあった。)

様似市街地を出て、再び国道を進む。

s55DSC01198.jpg

s55DSC01202.jpg

ここから10kmほど走れば馬事資料館が左手に見えてきた。
近くには競馬のJRAの競走馬の育成牧場があるらしく、
この先の道から馬の牧場が点々とするため、
通称「サラブレッドロード」というらしい。

何もないまま1日が終わるのはつまらないし、何より無料とある。
ここまでくればライダーハウスも近いのでせっかくだ、覗いていくことにした。

s55DSC01203.jpg

中に入れば独特のにおいのするところで、
馬の関連グッツや馬車、ここで育った馬の栄光を展示、紹介しているのだが、
競馬なんかに興味が無い物だからいまいちつまらなかった。

唯一カッコイイと思った馬車だけを写真にとって、そそくさとここを後にする。

snnDSC08918.jpg

数分走れば、道路脇にポツンと置かれたプレハブ小屋の休憩所が見えてくる。
浦河情報ステーションだ。

そこに「ライダーハウス」の文字はまったく無かったが、
ツーリングマップルではそうあるのでここで泊まれるのだろう。
休憩所とあるが、24時間開放してくれているはずだ。
管理人さんが駐在しているわけではなく、勝手に使っていいみたいだった。
中は簡単なテーブルがあるだけで、後はほとんど何もない感じに。
テレビとエアコンがあると聞いていたのだが、撤去されてしまったのだろうか。
それでも軒下で寝られる幸せほど、この旅をしてきてありがたいことは無いのだ。

さっそくシュラフとカバンを中に持ち込んだ。

s55DSC01213.jpg

s55DSC01214.jpg

トイレもこのプレハブ小屋とは別に、隣に用意されている。
ただ、トイレがバイオトイレでその場でバクテリアによって分解するものだった。
ここでは水が手に入りそうに無かったので、
今夜は自炊は止めにして、そばにあったセイコーマートに買い物にいくことにした。

好みのお弁当が無かったのと、
久々に屋根の下で寝れることもあってか、ついつい浮かれてしまい、
夕飯はお菓子にしてしまった。
ポテチにカルピス、菓子パンに団子を買って戻る。

カルピスで乾杯して、夜はのんびり過ごすことが出来た。(>_<)/

snnDSC08926.jpg

結局、夜になっても誰も来ることは無く1人のままだ。
気ままに出来てよかったけど寂しい・・・ (> <)




(出費)

セイコーマート カツ丼     500円
        野菜ジュース  180円
        
        お菓子・団子  450円
        カップラーメン 100円
        フライドチキン 220円
        カルピス    180円

            合計 1630円 
           

(走行データ)

走行時間 3:24[h]
走行距離 34.1[km]
平均速度 10.0[km/h]
最高速度 24.7[km/h]

積算走行距離 10522[km]

天候:晴れのち曇り時々霙
体調:良好

キャンプ地:浦河情報ステーション (北海道浦河郡浦河町)


11月15日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/


現在地

12月6日、今朝は洞爺湖です。
これから洞爺湖を一周してきます! (>_<)/
スポンサーサイト

[2011/12/06 01:36] | 北海道
トラックバック:(0) |


ゼノビ
どんどん厳しい旅になってきますね、それでもめげずにたいした根性です。

厳しい旅の中に、それ以上の素晴らしい経験がこれからもあれば良いですね。

雪の中のテント、凄い事になってましたね。笑





帽子が
風ささき
身代りになってくれたね、ひとつ災難を交わしたのかもしれないね。
また、お気に入りの帽子と出会うといいね。
ひとりじゃないよ、みんな応援してるから、繋がってる遠い空の下から。
自分の時は、携帯もネットもない時代、ラジオも持たなかったし、知名度なんてゼロ。
気にかけているのは、遠い空の下の家族だけだったね。
ひんぱんに出てくるセイコーマートのかつ丼を食べてみたくなったよ。
買い物も楽しみのひとつだもんね、また美味しいものと出会えるといいね。
野宿だと、人との出会いが少ないのは寂しいところ、それも自分の旅。
明日も、言い旅を、毎日しばれて、体コチコチだね、温泉でほぐれたかな?

ゼノビ さんへ
サトシ
この辛さもいい旅の思い出です。(>_<)/

洞爺湖ではマジでやばかったですが・・・

でも、これで春夏秋冬を旅で経験できました。
少し、誇らしいです。(笑)

風ささき さんへ
サトシ
そうですね、みんなが応援してくれていてやる気が出てきますよ。

そう思うと、今はネットが繋がり随分と楽な旅なのかも。
ささきさんの時の旅は、本当に大変そうですね・・・

セイコーマートのカツ丼に親子丼、豚丼は本当にお勧めです。
それぞれの店舗で作ってあり、おいしいですよ。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
どんどん厳しい旅になってきますね、それでもめげずにたいした根性です。

厳しい旅の中に、それ以上の素晴らしい経験がこれからもあれば良いですね。

雪の中のテント、凄い事になってましたね。笑



2011/12/06(Tue) 09:44 | URL  | ゼノビ #-[ 編集]
帽子が
身代りになってくれたね、ひとつ災難を交わしたのかもしれないね。
また、お気に入りの帽子と出会うといいね。
ひとりじゃないよ、みんな応援してるから、繋がってる遠い空の下から。
自分の時は、携帯もネットもない時代、ラジオも持たなかったし、知名度なんてゼロ。
気にかけているのは、遠い空の下の家族だけだったね。
ひんぱんに出てくるセイコーマートのかつ丼を食べてみたくなったよ。
買い物も楽しみのひとつだもんね、また美味しいものと出会えるといいね。
野宿だと、人との出会いが少ないのは寂しいところ、それも自分の旅。
明日も、言い旅を、毎日しばれて、体コチコチだね、温泉でほぐれたかな?
2011/12/06(Tue) 17:54 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
ゼノビ さんへ
この辛さもいい旅の思い出です。(>_<)/

洞爺湖ではマジでやばかったですが・・・

でも、これで春夏秋冬を旅で経験できました。
少し、誇らしいです。(笑)
2011/12/09(Fri) 23:44 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
そうですね、みんなが応援してくれていてやる気が出てきますよ。

そう思うと、今はネットが繋がり随分と楽な旅なのかも。
ささきさんの時の旅は、本当に大変そうですね・・・

セイコーマートのカツ丼に親子丼、豚丼は本当にお勧めです。
それぞれの店舗で作ってあり、おいしいですよ。
2011/12/09(Fri) 23:48 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: