ただいま~♪
AM 6:45 「ガチャガチャ、トントントン!」

snnDSC09471.jpg

・・・で、目を覚ます。

また、誰かが障害者用のトイレを使いに来たんだろうと思いきや、
「誰かいるのかー」と、声をかけられた。

かなり驚いて、バッチシ眼が覚めた。
どうせ地獄谷に朝からくる人はいるもんかと、
携帯のアラームは7時30分にセットしていたのだ。

もしかしたら、本当に障害を抱えた人かもしれない。
返事もしないのもあれなので、すぐに出ますと言って起きた。

これで済むと思いきや、片付けを急いでいる中・・・
今度は「あ・け・ろ」と、
ハッキリした口調ですぐに扉を開けるように指示してきた!!

あれ、なんか怒っているように聞こえる。 (> <)
トイレに窓があれば、そこから脱出したい気分・・・ 

恐る恐る開けると、扉の前にはおじさんが2人。
その時点で、観光客でないことは一目瞭然。

かなりマズイ・・・ (> <)

シュラフに銀マットを敷いた室内を覗き込んで、
「何してた」と聞かれた。

いや説明するも何も、見ての通りなのだが・・・

聞いてはいないが、恐らくここの観光協会の人なんだろう
なんでも朝の6時半から「朝のさわやか地獄谷ガイドツアー」をしているらしい。
で、その地獄谷の見回りだそうだ。

なにも朝から地獄を見なくても、と心の中でマジ思った。

初めはてっきり怒られているのかと思いきや、そんなことも無かった。
一安心だ。
大阪から来たというと、大阪市長選の橋本氏の当選の話(昨夜がそうだったらしい)や旅の話などに話は変わる。

外は雨が「ザーザー!」の土砂降り。
自転車にはカバーを被せておいたので無事だ。

すぐに荷物をトイレから取り出して準備していく。

その姿をおじさん2人にじっと見られているのはいい気分ではない。
ここでおじさんに指摘され初めて後輪の空気が抜けていることに気づいた。
後輪が完全にペッちゃんこになっている。
いつの間になったんだろう、さっぱり分からない・・・

単に空気が抜けたのかと思い、携帯空気入れで満タンに入れる。
とりあえずこれでトイレを出発だ。

雨の中当てもないが、とにかくここを出たほうがいいと思った。
最後はいい雰囲気で別れたが、なんか居心地はよくないし・・・ 

snnDSC09475.jpg

snnDSC09476.jpg

雨の中15分ほど歩く。

屋根のあるバスターミナルで一息つくことができた。
で、見れば再び空気が完全に抜けてしまっている。(> <)

これで決定だ、どうやらマジでパンクらしい・・・

旅して初のパンクをしてしまった。
朝からとんだ災難の連続。(> <)
泣きっ面にハチとはこのことなんだろう。

途中のセブンイレブンで購入したパンにオレンジジュースを朝食に。
それをバスの待合室で食べる。
なんかいろいろ考えてしまって、挨拶も曖昧だ。

その後はバスの事務所のおじさんといろいろ話していた。
雨はその間に上がってくれる。

この登別温泉に来た目的のひとつが川の足湯に入ることだ。
川が温泉になった天然の足湯らしい。

地図からすると、それほど遠い距離ではない。
ただ、観光用のお絵かきのような地図で、正確な距離は分からない感じ。
おそらく4~5km程だろう、なら歩いていこうと思った。
出来れば自転車を直して走っていけばいいのだが、
パンクを修理していればそれなりに時間もかかりそうだし、雨も心配だ。

自転車をバス管理事務所の軒下に置かせてもらい、9時過ぎに出発。

地獄谷には9時過ぎでも人がそれなりにいた。
明るくなった今は、また違った印象だ。

snnDSC09485.jpg

snnDSC09504.jpg

遊歩道の先端には鉄泉池があり覗き込む。
泥のしたからブクブクと泡が吹き上げていた。

s99DSC08910.jpg

s99DSC08911.jpg

この地獄谷からわき道にそれ、山道に入って行く。
さすがにこちらまでくる観光客は誰もいなく、自分ひとりだ。

10分ほど登って先ほどの地獄谷が見下ろせる展望台へ。
木々のせいで、展望はいまいちだ。
写真だけ撮って、すぐに先に進む。

完全に山道で、こちらでいいのか心配になるが、
クイズの札が立っていたので、それを頼りに歩く。

20分ほど歩いて山間に「奥の湯」が見えてくる。
もくもくと湯気が立ち上っていた。
山間のくぼみから立ち込めるその姿は煮えきった鍋みたいだ。

snnDSC09522.jpg

snnDSC09540.jpg

風向きが変われば一瞬で湯気に包まれてしまう。
カメラのレンズが曇るので面倒だった。

大沼湯大正地獄と見て回る。

その後は大湯沼から流れる温泉の川を伝って歩く。
川からは湯気が黙々と立ち上り、熱いことが分かった。

ここには魚どころか生き物一匹いないんだろう。

s99DSC08926.jpg

その先の一部が木道で整備されていて、そこで足を浸けることが出来た。
ここが大湯沼天然足湯だ。

誰の姿もなく、自分ひとりの貸切状態。

ラッキー! (>_<)/

冬場とあって、湯加減は少しぬるめ。
大湯沼からここまでの間にいくつかの小さな滝もあったし、冷めてしまったみたい。
観光案内所の人も冬場は少しぬるいかもしれないようなことを言ってた。

しかし、温泉の川とはなんか夢のようだ。

snnDSC09560.jpg

snnDSC09585.jpg

乳白色をした川の底には枯葉が溜まっていて、足裏で踏むとくすぐったい。
でも、そのくすぐったさが少し楽しい。(笑)
パンクのことなどグダグダ悩むことは止めてのんびりしていた。

しばらくして、中国人観光ツアーの人がぞろぞろ。
まぁ、じゅうぶん20分ぐらいは楽しんだから彼らと交代するように退散。

その後もゾロゾロとやってくるので、
ひとりいいときに来れたものだ。(>_<)/


再び歩いて温泉市街地へ。

帰りは車の舗装道路を歩けば30分ほどで帰ってこれた。
街のセイコーマートでカツ丼に野菜ジュースを買って昼食に。

自転車のあるバスターミナルに戻り、いよいよパンク修理を開始だ。

後輪のサイドバッグは固定されてあり、そう簡単に外せないのでそのまま。
タイヤから中のチューブを引き抜いてきて、パンクの穴を探していく。
穴はすぐに見つけることができた。

snnDSC09591.jpg

snnDSC09593.jpg

ここにわずかに穴が開いている。
見つけるのに苦労するかと思いきや、目に見えるほどの大きなものだった。

穴の周りの汚れを落とし、専用ののりをつけてパッチで覆う。
チューブはこれでOKだ。(>_<)/

次に原因の異物が刺さってないかタイヤを確認。
軍手をした手でタイヤを撫でるように異物を探していく。
これを見つけられないと、再びパンクしてしまうのだ。

これもすぐに発見。
タイヤにのめり込むように、茶色い小さなガラス片が刺さっていた。

作業は40分ほどで終了。

初のパンク修理にしては上出来なほうかも。
1人で直せてよかった。
こんなチャリに乗っておいて、パンク修理を頼むのも情けないしな。
それなりにプライドが生まれているかも。(笑)

修復はそんなにかからなかったのだが、タイヤを調節している間にブレーキゴムの位置がずれたらしく、その調整に時間がかかってしまった。

これで完了だ! (>_<)/

事務所から今朝のおじさんに足湯はどうだったかと聞かれて、
「よかったです、すこしぬるかったですが」と言っておいた。
まぁ、温泉の川に浸かれたという素敵な思い出が出来ればそれで満足だ。

このとき時計を見れば2時を過ぎたところ。
今からでも室蘭市街地に日没まで到着できそうだし、走り出すことにした。
それに、この街でテントを張ると怒られそうだ。
もうトイレでも寝れん!(> <)


PM 2:20 登別温泉街を出発。

snnDSC09603.jpg

時速30kmオーバーでいっきに下山。
すぐに登別市街地に入り、国道36号線に入る。

途中チェーンが外れるトラブルに。

最近よく外れる気がする。
これはチェーンの寿命が近づいている証拠なのだろうか。
まぁ、このくらいはチョチョイとはめ直す。


ちょっと日没までに室蘭入りは難しいなー、と思った矢先、
なんかペダルが重たい・・・

まさかと思って後輪を見る・・・

やっぱり~ (> <)

再び後輪の空気が抜けてきていた!!

この短時間でまた何かを踏んでパンクをしたとは考えにくい。
先ほどの修理で、パッチの貼り方に問題があったのか。
そうしか考えられられない。

この時点で室蘭入りは諦めた。
せめて次の街まではと頑張って漕ぐ。

こんな何もないところで野宿は出来ん!(> <)

s99DSC08940.jpg

徐々に空気が抜けていく中、何とか幌別市街地に到着。
公園も偶然見つけることができた。

もちろんトイレは閉鎖され、水道も止められている。
こうなってくると自炊はムリだ。

日没も近く、パンク修理は明日に持ち越すことにして、
近くのA・コープまで歩いて買い物に。
弁当にパン、牛乳をを買って戻る。

テントを張り、お弁当を食べたらすぐに寝ることにした。

snnDSC09610.jpg

なんか、散々な日だったかも・・・




(出費)

セブンイレブン(パン、オレンジジュース)・・・・・300円
セイコーマート(カツ丼、野菜ジュース)・・・・・・650円
A/コープ(お弁当)・・・・・・・・・・・・・・・600円

                     合計 1550円

走行時間 1:30[h]
走行距離 18.4[km]
平均速度 12.2[km/h]
最高速度 34.4[km/h]

積算走行距離 10945.3[km]

天候:雨のち曇り
体調:憂鬱・・・

キャンプ地:幌別市街地の公園 (北海道登別市新川町)


11月29日 おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。(>_<)/


スポンサーサイト

[2011/12/29 12:32] | 北海道
[tag] 地獄谷 登別温泉 幌別 室蘭 奥の湯 大沼湯 大正地獄 鉄泉池
トラックバック:(0) |


ゼノビ
今までトラブルが少なく順調だった方じゃないですか?

パンク修理直後に時速30Kmは怖いな~。笑


冬の旅にちょうど良さそうな良い靴を履いてますね~。



ひと月前だね
風ささき
トラブルに遭っても、状況を的確に要因を判断し優先順位の高いものから片づけていく。
長く旅をしてきた知恵と経験、乗り越えているよ。
珍しく、セルフだね、初のお披露目かな?
スパイクタイヤは1本?
チェーンも伸びているんだろうね、不安要素だね。
雨は必ず止む、明日があるさ。
明日もいい函館で。

登別温泉〜
南国ネコ
有名な観光地は何かと不便も多いですよね。
でも北海道のみならず、日本の温泉と言えばと名前が上がるところだと思います。
泊まったからライトアップやゆっくりお湯に浸かれてよかったのでは?

川の足湯は写真で見ると湯気が立ちこめててとても暖かそうに見えますね〜
私も行きましたよ。
6月の雨が降ったり止んだりする日でしたがやっぱり湯はそれほど熱くは無かった記憶です。
しばらく浸かって暖まるとちょうどいい感じだったと思います。
冬はもっとぬるいのかな

北海道では私もほんとよく中国からの観光の人に会いました。
この足湯では写真を頼まれ細かい指示を受けながらあっちでポーズこっちでポーズ、カメラマン役をさせられましたよ(笑)
一人貸し切りのタイミングで本当に良かったですね!登別の良い思いでですよね。

パンクも大事に至らず気付いて対処出来たようでよかったです!
トイレのおじさん達もそれを教えに来た使者だったかも知れませんね。
そう思えばそんなに悪い日じゃないですよ〜

これからも良い旅を!
沢山の人の思いできっと守られてると思います。

いよいよ内地へ

今年はサトシさんにとって1歩踏み出した大きな年でしたね
来年も素敵な事がいっぱい待っていると思います

体調だけは注意して楽しんでくださいね〜
(^^)/良いお年を!



ゼノビ さんへ
サトシ
これだけの重装備、走行距離も1万キロを越えて、
ここまでパンクゼロは奇跡ですね、よく言われます。

ゆっくり走っているからかな。

靴は重くてでかく、ペダルが漕ぎにくいんですよ・・・
買い換えようと思っています。



風ささき さんへ
サトシ
スパイクタイヤ1本は不安ですね。
なぜ、あの時買わなかったんだろうと悔やんでます・・・

対策として効果のほどはわからないんですが、結束バンドを巻きつける方法があります。
この先、それでなんとか乗り切れないかと思ってますよ。



南国ネコ さんへ
サトシ
いろいろあった2011年でした。
貴重な経験しているなー、
と感じるし、思い出深い年になりそうです。

足湯は湯気の割には温かくないんですよね。(笑)
まぁ、いい思い出です。

この先も気をつけて、のんびり行きますよ。
あぁ、長旅になりそうだ・・・ (笑)



カナ
障害者用トイレに宿泊…
趣味を追及されるのは結構ですが,他人の迷惑にならないようにやって下さい。
私の主人は脊椎損傷です。
こういうのみると本当に腹がたちます。
私だったら警察を呼ぶことにします

カナ さんへ
サトシ
その通りだと思います。
気を悪くさせてしまい、すみませんでした。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
今までトラブルが少なく順調だった方じゃないですか?

パンク修理直後に時速30Kmは怖いな~。笑


冬の旅にちょうど良さそうな良い靴を履いてますね~。

2011/12/29(Thu) 16:58 | URL  | ゼノビ #-[ 編集]
ひと月前だね
トラブルに遭っても、状況を的確に要因を判断し優先順位の高いものから片づけていく。
長く旅をしてきた知恵と経験、乗り越えているよ。
珍しく、セルフだね、初のお披露目かな?
スパイクタイヤは1本?
チェーンも伸びているんだろうね、不安要素だね。
雨は必ず止む、明日があるさ。
明日もいい函館で。
2011/12/29(Thu) 17:38 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
登別温泉〜
有名な観光地は何かと不便も多いですよね。
でも北海道のみならず、日本の温泉と言えばと名前が上がるところだと思います。
泊まったからライトアップやゆっくりお湯に浸かれてよかったのでは?

川の足湯は写真で見ると湯気が立ちこめててとても暖かそうに見えますね〜
私も行きましたよ。
6月の雨が降ったり止んだりする日でしたがやっぱり湯はそれほど熱くは無かった記憶です。
しばらく浸かって暖まるとちょうどいい感じだったと思います。
冬はもっとぬるいのかな

北海道では私もほんとよく中国からの観光の人に会いました。
この足湯では写真を頼まれ細かい指示を受けながらあっちでポーズこっちでポーズ、カメラマン役をさせられましたよ(笑)
一人貸し切りのタイミングで本当に良かったですね!登別の良い思いでですよね。

パンクも大事に至らず気付いて対処出来たようでよかったです!
トイレのおじさん達もそれを教えに来た使者だったかも知れませんね。
そう思えばそんなに悪い日じゃないですよ〜

これからも良い旅を!
沢山の人の思いできっと守られてると思います。

いよいよ内地へ

今年はサトシさんにとって1歩踏み出した大きな年でしたね
来年も素敵な事がいっぱい待っていると思います

体調だけは注意して楽しんでくださいね〜
(^^)/良いお年を!

2011/12/30(Fri) 15:39 | URL  | 南国ネコ #-[ 編集]
ゼノビ さんへ
これだけの重装備、走行距離も1万キロを越えて、
ここまでパンクゼロは奇跡ですね、よく言われます。

ゆっくり走っているからかな。

靴は重くてでかく、ペダルが漕ぎにくいんですよ・・・
買い換えようと思っています。

2012/01/02(Mon) 12:39 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
スパイクタイヤ1本は不安ですね。
なぜ、あの時買わなかったんだろうと悔やんでます・・・

対策として効果のほどはわからないんですが、結束バンドを巻きつける方法があります。
この先、それでなんとか乗り切れないかと思ってますよ。

2012/01/02(Mon) 12:44 | URL  | サトシ #-[ 編集]
南国ネコ さんへ
いろいろあった2011年でした。
貴重な経験しているなー、
と感じるし、思い出深い年になりそうです。

足湯は湯気の割には温かくないんですよね。(笑)
まぁ、いい思い出です。

この先も気をつけて、のんびり行きますよ。
あぁ、長旅になりそうだ・・・ (笑)
2012/01/02(Mon) 12:52 | URL  | サトシ #-[ 編集]
障害者用トイレに宿泊…
趣味を追及されるのは結構ですが,他人の迷惑にならないようにやって下さい。
私の主人は脊椎損傷です。
こういうのみると本当に腹がたちます。
私だったら警察を呼ぶことにします
2012/10/31(Wed) 07:45 | URL  | カナ #Wl64I.jA[ 編集]
カナ さんへ
その通りだと思います。
気を悪くさせてしまい、すみませんでした。
2012/10/31(Wed) 19:52 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: