ただいま~♪
旅302日目 1月10日(火曜日)

今朝はいい天気だ。
テキパキと準備して寝泊まりした神社を出発。

snnDSC02854.jpg

走り出してすぐに道路のパトロールカーに呼び止められる。

こんな雪道を走っていて注意されるのかと思いきや、
「凄いねー」、みたいな話になって、
薬研温泉に寄るなら電話してと言ってくれた。
薬研にある温泉旅館の女将とおじさんが知り合いだそうで、
自分をタダで泊めてくれると言ってくれるのだ。

もちろん、おじさんにしっぽを振って甘える。(笑)

数日後にでも薬研に着いたら電話してと言って別れた。
旅館で泊まれるなんて夢にも思わなかったことだ、
本当にうれしいかも!(>_<)/

s999DSC00098.jpg

s999DSC00090.jpg

s999DSC00088.jpg

走り出して30分ほどで川内市街地へ。

再び別の車が目の前で止まり、おじさんに呼び止められる。

家はすぐそばだから休んでいけばいい、そう言ってくれた。
そんな自分は、これまたしっぽを振ってついて行く。

おじさんは坂野さんといい、夫婦2人で暮らしていた。
奥さんが仕事に行って留守のなか、カレーをごちそうになる。
しばらくは楽しくおじさんと話していた。

昼近くになり、さすがに出ないとマズイ・・・
そろそろ行きますねと言うも、家に泊まっていけばいいと、
おじさんはそればかり繰り返す。
今日はまだ5kmほどしか走ってないのだが・・・

3時過ぎには奥さんも仕事から帰ってきて、結局お世話になることにした。

話の流れ上、なぜかおじさんとともに車で孫達の迎えに学校に向かう。
学校には次々に車が来ていた。
雪国の通学は大変そうだ。

小学2年生のなるちゃんに保育園の大河君。
snnDSC02864.jpg

無事に二人を家まで送り届け(おじさんの息子夫婦は別の家で養鶏を営んでいる)、
夕飯はきりたんぽ鍋をいただいた。

きりたんぽ鍋とはさすがは東北だ。

初めて食べたけど、きりたんぽはお米をつぶした感じでとてもおいしい。
思っていたチクワのようなものとは全然ちがっていた。
お餅にちかい感じかな。

snnDSC02865.jpg

snnDSC02866.jpg

お風呂にも入ってさっぱり。(>_<)/

この先どこに行く。
もちろんそんな話になった。

下北半島を一周するつもりであることを話せば、もちろんだが夫婦そろって反対。
やはり、今の時期は下北は本当に危険だそうだ。

反対されるとは思っていたし、それは驚かない。

ただ、ここまで反対されるとは予想外だった。

「このまま行けば死ぬのは分かっている!」、
おじさんはマジ顔で絶対に行かせないと声をあげた。

これにはすごく驚いた。
お昼の優しそうな顔はそこにないのだ。

どうしても行くというなら、警察を呼ぶぞ!
そうとまで言われてしまったのだ。
これは自転車にカギでもかけて走り出せないようにされそうな勢いだ。

ここまで自分を全力で引き留めるとは思ってもいなかった・・・

・・・戸惑ってしまう。

この先自分が進むつもりの道は冬季閉鎖の国道をそれ、内陸の県道へ。
ダムの横を通り、峠を越えて本州最北端の大間まで行くつもりだった。
その道が地元の方もおそれるほど冬は豪雪地帯で、
おもしろ半分向かうカメラマンが凍死すること、
民家も無いことなんかも話してくれた。

とりあえず明日も雪だ、連泊しろと言われて話は終わる。
この日はよく眠れなかった気がする・・・


[下書き]

現在地:川内市街地の坂野さん宅


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト

[2012/01/12 23:58] | 現在地
トラックバック:(0) |


ゼノビ
そこまで本気で忠告してくれる、良い人ですね。

厳冬期は相当な危険地域なのでしょう。

北国の冬は生きるための闘い
タキmotoGP
お久しぶり。
私は毎日見てたけどね。
たぶん痛い目見ないとわからないだろうなって。
大みそかまで北海道にいたことが大間違い。
北国の冬をなめてるとしか言いようがない。
青森にいるだけまだまし。こっち(旭川)からすると気温はぬるいくらいだ。
正直画像見ていても、この程度でぶつくさ路面が悪いの車が悪いのぬかしてるようじゃ、話にならないなって感じ。
厳しい言い方だけど、何も分かってない若者が「雪の中に裸で飛び込んだらふわふわして気持ちいいだろうなッ!」と妄想を抱いて二階からとび降りて、意外と痛いわ冷たいわ血だらけだわ骨折れてるわと騒いでいる印象。誇張してはいないよ。毎年雪下ろしで何人もの人が亡くなるニュースが流れ、新聞に出なくても骨折ったり怪我したりと、昨年うちの職場でも一人いたよ。
なぜクラクションを鳴らされたかわかる?
車でさえまっすぐ走るのは大変なことなんだ。車線変更はそれこそスピン、転落、正面衝突を覚悟して命がけでする。自転車なんてこちらからするといい迷惑。「ぷー」は「この冬道でなに自転車乗ってんだ!遊びでこっちは走ってんじゃねーぞ!」という意味。
事故にあって死ぬのは勝手、でも巻き添えになって轢いてしまった人のその後の人生まで考えたことがあるのかい?
そこまで行く前に止めてくれた人がいてよかったね。「何のために生きるか?」・・・あのさ、自分のことしか考えてないでしょ?人のために生きようとしてないでしょ?これまで会って心配してくれた人が、「止めればよかった・・・」と後悔させないように生きようとしてないでしょ?
もし、このまま東北を突っ切って死んだら、全国にたくさんの心の傷を持つ人をつくることになるんだよ。それでも自分の思いこみのままに意地を通すかい?
何を目標に生きる?答えはもう出たでしょ?人は旅をして景色を見るんじゃない。人は旅をして人とかかわることの大切さを知るんだ。それがまだわからないなら、冬の北国を自転車で走ることを自慢しようとするバカな若者だったと認識して、かかわるのもこれまでにしておこう。
ついでに、ひとつ教えておくね。支笏湖のもとの呼び名は「死骨湖」。響きが怖いので地元の人たちが「支笏湖」と変えた。これで覚えにくかったはずの名前も二度と忘れないかな?さらっと通っただけで地元のすべてを理解したつもりになるのは間違いだよ。


雑煮のようだね
風ささき
下北でも、きりたんぽ鍋って食卓に出るんだね。
おじさんも、見るに見かねて、怖さを知ってるからこその愛情だね、他人を怒ってくれるんだから。
時間はたっぷりあるから、最善の道を。

ゼノビ さんへ
サトシ
降雪量がハンパないそうですよ。

雪も水分を含んでずっしりと重い感じで。
雪かきをしていて、ほんとうにそう思いました。

この地域に住んでいる人は凄いな~、と普通に思います。

タキmotoGP さんへ
サトシ
コメント遅れてすみません。

いろいろ考えました。
このコメントがいちばん返事に悩んだかな。
それは、タキさんが言うとおりだからだと思います。

「この旅で自分を変えてやろう。」
「チャンスはこの一回、もう二度とこんなことは出来ない。」

その思いで一生懸命に旅してます。
その思いが強すぎて、時にこのような無茶に走るんだと思います。

今回はみなに心配をかけてしまったなと、反省してます。

そちらの旭川は本当に寒そうですね。
マイナス27℃ぐらいまで下がるとか、自分の想像を超えてます。

旭川も含めて旅はさらっと通るだけです。
それでは何にも理解してないと思し、
それどころか、地元のことさえも分かっていないですよ。
こうして旅して話をするとき、自分って大阪のことよく分かってないな、
うまく説明できないなとつくづく感じてます。(> <)

日記感覚でブログを書いているので、たまに生意気だなとか思われるかもしれませんが、
これからもよろしくお願いします。(>_<)/

これなら大丈夫だね
タキmotoGP
「ちょっと通っただけで、すべてをわかったつもりになるな。」というのは、旅終えて父から言われた言葉なんだ。
ぐさっときたね。どれだけ地元の人とふれあい、理解していただろうって。
その時に改めて自分の旅する意味がわかったよ。自分なりの意味がね。みんな同じじゃないさ。でも、サトシくんのブログを見ていて自分と同じものを求めているって思ってたよ。

体には気をつけてね。自分は気づかないうちに健康を害していて、一年近く不自由したから。

メリハリつけて冬を乗り越え、ゴールできるのを見守ってるよ。





風ささき さんへ
サトシ
たぶん、自分のために豪華にしてくれたような・・・
きりたんぽはおいしいですね、お勧めですよ。”(*>ω<)o"クーーッ

自分も呆れられるとは思っていましたが、まさか怒られるとは予想外でしたね。
自分のために怒ってくれているし、今では感謝してます。

いい人に出会えました。(>_<)/

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
そこまで本気で忠告してくれる、良い人ですね。

厳冬期は相当な危険地域なのでしょう。
2012/01/13(Fri) 12:09 | URL  | ゼノビ #-[ 編集]
北国の冬は生きるための闘い
お久しぶり。
私は毎日見てたけどね。
たぶん痛い目見ないとわからないだろうなって。
大みそかまで北海道にいたことが大間違い。
北国の冬をなめてるとしか言いようがない。
青森にいるだけまだまし。こっち(旭川)からすると気温はぬるいくらいだ。
正直画像見ていても、この程度でぶつくさ路面が悪いの車が悪いのぬかしてるようじゃ、話にならないなって感じ。
厳しい言い方だけど、何も分かってない若者が「雪の中に裸で飛び込んだらふわふわして気持ちいいだろうなッ!」と妄想を抱いて二階からとび降りて、意外と痛いわ冷たいわ血だらけだわ骨折れてるわと騒いでいる印象。誇張してはいないよ。毎年雪下ろしで何人もの人が亡くなるニュースが流れ、新聞に出なくても骨折ったり怪我したりと、昨年うちの職場でも一人いたよ。
なぜクラクションを鳴らされたかわかる?
車でさえまっすぐ走るのは大変なことなんだ。車線変更はそれこそスピン、転落、正面衝突を覚悟して命がけでする。自転車なんてこちらからするといい迷惑。「ぷー」は「この冬道でなに自転車乗ってんだ!遊びでこっちは走ってんじゃねーぞ!」という意味。
事故にあって死ぬのは勝手、でも巻き添えになって轢いてしまった人のその後の人生まで考えたことがあるのかい?
そこまで行く前に止めてくれた人がいてよかったね。「何のために生きるか?」・・・あのさ、自分のことしか考えてないでしょ?人のために生きようとしてないでしょ?これまで会って心配してくれた人が、「止めればよかった・・・」と後悔させないように生きようとしてないでしょ?
もし、このまま東北を突っ切って死んだら、全国にたくさんの心の傷を持つ人をつくることになるんだよ。それでも自分の思いこみのままに意地を通すかい?
何を目標に生きる?答えはもう出たでしょ?人は旅をして景色を見るんじゃない。人は旅をして人とかかわることの大切さを知るんだ。それがまだわからないなら、冬の北国を自転車で走ることを自慢しようとするバカな若者だったと認識して、かかわるのもこれまでにしておこう。
ついでに、ひとつ教えておくね。支笏湖のもとの呼び名は「死骨湖」。響きが怖いので地元の人たちが「支笏湖」と変えた。これで覚えにくかったはずの名前も二度と忘れないかな?さらっと通っただけで地元のすべてを理解したつもりになるのは間違いだよ。
2012/01/13(Fri) 18:35 | URL  | タキmotoGP #KaRIk3jA[ 編集]
雑煮のようだね
下北でも、きりたんぽ鍋って食卓に出るんだね。
おじさんも、見るに見かねて、怖さを知ってるからこその愛情だね、他人を怒ってくれるんだから。
時間はたっぷりあるから、最善の道を。
2012/01/13(Fri) 21:11 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
ゼノビ さんへ
降雪量がハンパないそうですよ。

雪も水分を含んでずっしりと重い感じで。
雪かきをしていて、ほんとうにそう思いました。

この地域に住んでいる人は凄いな~、と普通に思います。
2012/01/23(Mon) 20:38 | URL  | サトシ #-[ 編集]
タキmotoGP さんへ
コメント遅れてすみません。

いろいろ考えました。
このコメントがいちばん返事に悩んだかな。
それは、タキさんが言うとおりだからだと思います。

「この旅で自分を変えてやろう。」
「チャンスはこの一回、もう二度とこんなことは出来ない。」

その思いで一生懸命に旅してます。
その思いが強すぎて、時にこのような無茶に走るんだと思います。

今回はみなに心配をかけてしまったなと、反省してます。

そちらの旭川は本当に寒そうですね。
マイナス27℃ぐらいまで下がるとか、自分の想像を超えてます。

旭川も含めて旅はさらっと通るだけです。
それでは何にも理解してないと思し、
それどころか、地元のことさえも分かっていないですよ。
こうして旅して話をするとき、自分って大阪のことよく分かってないな、
うまく説明できないなとつくづく感じてます。(> <)

日記感覚でブログを書いているので、たまに生意気だなとか思われるかもしれませんが、
これからもよろしくお願いします。(>_<)/
2012/01/23(Mon) 20:54 | URL  | サトシ #-[ 編集]
これなら大丈夫だね
「ちょっと通っただけで、すべてをわかったつもりになるな。」というのは、旅終えて父から言われた言葉なんだ。
ぐさっときたね。どれだけ地元の人とふれあい、理解していただろうって。
その時に改めて自分の旅する意味がわかったよ。自分なりの意味がね。みんな同じじゃないさ。でも、サトシくんのブログを見ていて自分と同じものを求めているって思ってたよ。

体には気をつけてね。自分は気づかないうちに健康を害していて、一年近く不自由したから。

メリハリつけて冬を乗り越え、ゴールできるのを見守ってるよ。



2012/01/23(Mon) 21:58 | URL  | タキmotoGP #KaRIk3jA[ 編集]
風ささき さんへ
たぶん、自分のために豪華にしてくれたような・・・
きりたんぽはおいしいですね、お勧めですよ。”(*>ω<)o"クーーッ

自分も呆れられるとは思っていましたが、まさか怒られるとは予想外でしたね。
自分のために怒ってくれているし、今では感謝してます。

いい人に出会えました。(>_<)/
2012/01/23(Mon) 22:50 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: