ただいま~♪
震災の爪痕を目にして当時の現実を知りたい思い・・・

はたまた爪痕が見らないほど復興を果たし、
いい意味で期待を裏切られることであっても欲しい思い・・・

そんな相反する思いが葛藤する中、自分は被災地に足を踏み入れた。

s999DSC00420.jpg

被災者の方達は相当に落ち込んでいるに違いない。

話をした時にはどう元気づければいいのかと悩んでいたが、
悩むまでもなく、勇気をもらったのは自分の方だった。


旅316日目 「変わらない日常」


早朝、そばのトラックのアイドリング音で目を覚ました。

うるさい・・・、とシュラフに顔までスッポリ被ってみる。
これがなかなか気持ちがよくて、
おかげさまで2度寝しちまったよ、バカ・・・ ~~(*/>_<)o

AM 8:50 ようやく目を覚ます。

snnnDSC03353.jpg

道の駅の職員さんが外を掃く中、急いで撤収。
いかん、また寝坊してしまった。 Σ(゚口゚;ハッ
最近、多すぎるぞ!!

昨夜は夜中の2時半までブログに徹していたし、程々にしないと・・・(-ω-;)ウーン

AM 9:40 道の駅を出発。

snnnDSC03356.jpg

道の駅の隣のグランドに楽天の文字が見られたんだけど、
簡素な球場だから2軍の練習場かなんかだろうか。
東北を元気にする為にも、楽天よ頑張ってくれぃ~!
自分はオリックスファンだけど・・・

国道455号線を来た道を戻り、海岸線へと戻っていく。

今朝は澄み渡る青空のいい天気だ。

s999DSC00404.jpg

平坦な道を快調に飛ばし走ること40分、
小本市街地に戻ってきた。

少し早いが昼食も兼ねた朝ご飯に。

260円の弁当に半額のフライドチキン、牛乳を買い、
店前のベンチに腰掛けて食事する。
どれも安いので、ここで朝からしっかりと食べることにした。

snnnDSC03358.jpg

snnnDSC03359.jpg

途中からは地元のおじさんと話しをていた。

おじさんに教えてもらい分かったのだが、
この街の商店も津波に流されてしまい、ここは仮設店舗であること、
そんな仮設商店街は願いをこめて「みらいにむけて商店街」と名付けられていた。
自分は知らず知らずのうちに被災地に足を踏み入れていたとは、
すこし恥ずかしく感じた。 Σ(・o・;) ハッ!

「海岸線のほうの街を見てくるといい、流された家々が目に出来るから」

そうおじさんに教えてもらい、食事後に向かうことにした。
おじさんに言われなければ気づかなかったかもしれない、どうもです。

で、おじさんの話は終わらない。(-ω-;)ウーン

夢は世界一周らしい、熱く語る割にはその現実味を帯びない話しに飽きつつ、
おじいさんが携帯で話しながらふらふらしている間に静かに立ち去ることにした。
と、言うより逃げたのだ。(笑)


そしてテレビ、写真でしか見たことの無かった世界があった。
まして震災の4日後に旅に出た自分には、あまり目にすることもなかったのだ。

だから、こうして本当に自分の目で見たときは、
何か足が宙に浮くような不思議な感覚にならずにはいられなかった。

一歩、何ともない国道を逸れれば、その世界がすぐに広がっていた・・・  

snnnDSC03362.jpg

snnnDSC03365.jpg

残された基礎部を見れば日が差し込まないほどに家々が密集していたことが想像できたし、普段は日の光を浴びることのないものがこうして日に当たっている姿を目に不思議な感じがした。

どんな人がここで生活をしていたんだろうか、
いろいろな思いがよぎるが、中でも気になったのがその人は無事なのか。
内紛の続く異国の地に来た様な気分になってしまう。

残されたタイルや石畳がそこにお風呂場、玄関があったことを教えてくれる。
そんな住民の生活が色濃く残る部分をを目にすると悲しくなった。

跡地に生える草が時の経過を物語る。

s999DSC00429.jpg

s999DSC00431.jpg

写真も程々、ここを後に。

気分を切り替えて出発。
国道45号線は全線で復旧がされていると聞いている。
この先も問題なく進めるはずだ。

息を切らしては登り、震えながら坂を下るのを繰り返す。
45号線はチャリダーには優しくない道だ。

45号は海岸から少し奥まったところを延びるため、海が見えないまま。
だから、時々見え隠れする海を探して走った。

s555DSC02372.jpg

青空に負けない引き立つ蒼さが印象的だ、ついつい足を止めては眺めてしまう。

三陸鉄道「摂待駅」(せったい)の名前に惹かれて立ち寄ってみた駅で、
残り半分がカチンコチンに凍って飲めなくなってしまった水をやむなく捨てた。
半分が残っていて捨てるとは勿体ない、くそ~ (> <)/
いちど凍ってしまえば、旅をしている以上この寒さ、二度と溶けることはないのだ。
冬旅の厄介なところ・・・ (-""-;)ムム・・・

トイレで水を貰おうと思ったが、あぁコレかよ・・・

ボタンを押せば5秒後にようやくゴボゴボ音を立てて、
その割にはチョロチョロ出てくる嫌なやつ。 (> <)
これを飲む気にはなれないので、新たにクリスタルカイザーを購入。

駅前には無人販売があり、袋一杯のリンゴが10個ほどで400円で売っていた。
無人販売では時に目を疑うほどのお買い得なものが置いてあったりして、
見かけたら必ず覗くようにしているのだ。

思わず飛びつきたくなる値段に迷ったが、
よく考えれば一人では多くてこんなの持っての移動も大変。

5個で200円だったら迷わず買っていたんだけどね・・・
snnnDSC03367.jpg

釣り銭箱はコーヒー瓶に小銭入れが置いてあるだけ。Σ(゚口゚;エェ

防犯カメラがあるわけでもなく、こんなので盗難にあったりしないもんだ。
田舎の人の良心にびっくりしてしまった。
地元大阪ならお金どころか商品も3分で無くなるな。

集落を抜け再び登り開始。

せっせと山登り開始だ。(> <)
今日はこの繰り返し・・・

s555DSC02379.jpg

s555DSC02383.jpg

海岸から奥まった国道45号線は両側は木々で生い茂るばかり。
海どころか家々も見あたらない変化に乏しい道では、
こうして懸命に漕ぐ坂道のことしか頭に思い浮かばず、
辛くてしょうがなかった。(> <)/

標高190mのつかの峠、峠にしちゃ大したことないじゃんと高をくくっていたが、
その峠が大したことあって、何とかの思いでようやく登り切りる。
待ちに待った下りになり、いっきに下った。

下りの最中で道の駅が現れ、ここで2回目の休憩に。


PM 1:45 道の駅「たろう」に到着。

snnnDSC03370.jpg

snnnDSC03377.jpg

道の駅で岩手限定キューピーをゲット!”(*>ω<)o

あまり書いてはこなかったのだが、実はこうしてご当地キューピーを集めていたり。
フフフ、すでにこれで31個めなのだ、
各都道府県にそれぞれ5種類ぐらいはあるので、気に入った物をいつも選んでいる。

それでも全国47都道府県、最後はなんかすごい数になりそうだな。
それにしても、長野や群馬の内陸に自分は行けるのだろうか・・・ (-ω-;)ウーン

ちなみにここには畳敷きの休憩室に毛布まで用意されてあり、
仮眠がとれるようになった何とも気が利く道の駅だ。
ただ、ここも24時間解放してはくれてはいないだろうし、
かといって仮眠をする時間もあるわけがなく、泣く泣くここを後にするのであった。
今日はマクドのある、この先の宮古市街地までまで行こうと決めているのだ。

下った先に田老市街地が見えてきた。

s555DSC02389.jpg

s555DSC02388.jpg

やっぱりというか、ここもひどい有り様・・・

山の麓に点々とする家々が原型を残すぐらいで、
小本市街地と同じだ。
街の規模からすると、こちらのほうが酷い気がする。


再び登って、そして下る。
その目的地の宮古まであと10kmほど。

途中、車から飲み物を差し入れしてくれた。
おぉ、飲み物は貴重なんですごく助かる、どうもです!

これは凍らせるものかと、カバンの奥にしまった。

呼び止めてくれたお兄さんは飯塚さん。
よければ家に泊めていただけることとなった。
心の中でガッツポーズ、よっしゃー! (>_<)/

来た道を少し戻る形になってしまうことを飯塚さんは気にしていたみたいだけど、
泊めていただけるほど嬉しいものは無かったし、
ありがたくそうさせてもらうことにした。

手分けしてやっとの思いで自転車を軽トラックの荷台に持ち上げ、車に乗り込む。
初めの頃よりさらに重たくなったな、こいつ・・・
荷台に持ち上げるときに、このアホほど重い自転車にようやく気がついた。

つい数分前までこれっぽっちも予期していなかった光景に、
こうして自転車が車に積まれているのを見てなんか不思議な気分・・・
snnnDSC03378.jpg

nnnsDSC03382.jpg

ついでに浄土ヶ浜にも連れて行ってもらえることに。

自転車なら1時間はかかりそうな険しい道を車で20分。
車ってすばらしい~、あっという間だ。 (^▽^)/

浄土ヶ浜(じょうどがはま)、なんか舌を噛みそうな名前をしているが、
その浄土ヶ浜がなかなかいいところだった。


PM 4:30 浄土ヶ浜に到着。

snnnDSC03383.jpg

snnnDSC03387.jpg

鋭い怪獣の牙のように海から突き出る白い岩肌には、何本もの松が生え、
そんな海から突き出る岩々は幼い表現かもしれないが、
パッと思いついたのが怪獣の牙。

巨大スケールの日本庭園を見ているような気分になるし、
すっかり気にいってしまった。
ここで見る朝日は格別なんだろう、見てみたいなー

snnnDSC03390.jpg

そばのレストハウスは津波の影響で今も修理が行われていた。

防波堤は壊され家々が流される中、こうして浄土ヶ浜が美しい姿のままであるのも、
所詮、人の手によって作られたものは自然にかなわない。
それをまさに示しているようだった。

時間も気にせず日没までのんびり堪能、いい思い出に飯塚さんには感謝だ。


夕飯は飯塚さんの家族とその彼氏さん達でにぎやかに食卓を囲んでの食事。

突然のおじゃまにも関わらず、こうして自分を迎え入れてくれて本当に嬉しかった。
食事まで用意してもらってなんだかすみませんです。(> <)/

この家のある集落は断崖上の高い場所に位置していたおかげで、
津波の影響もなく済んだそうだ。
ただ、おじさんの経営するタクシー会社が先ほど自分が見てきた田老市街地にあり、
事務所にタクシー2台が流されたこと、
また友人が流された人もいて、こうして自分は初めて津波の被災者と話をしたのだ。

落ち込むどころか、すでに次の可能性に目を向けているお父さん。
自分にいろいろと力説してくれた。

被災者なんだから落ち込んでいるんじゃないだろうか・・・
そんな不安はいっきに吹き飛んでしまった。   
変わらぬ日常に一安心したし、にぎやか楽しそうに食事するのは羨ましいばかりだ。

うぅ、この先ひとり旅が辛くなってくる・・・ Y(>_<、)


この明るい家庭を見て田老街もそうだし、
東北は確実に復興を歩んでいることを確信。

元気を与えて貰ったのは自分のほうかもしれない。

いちばん左が自分を呼び止めてくれた、はじめ兄さん。
snnnDSC03398.jpg

みなさん、楽しいひとときありがとうございます! (>_<)/


走行時間 3:10[h]
走行距離 37.0[km]
平均速度 11.6[km/h]
最高速度 41.8[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:飯塚さん宅 (岩手県宮古市)

1月24日 おしまい。


現在地

完全に寒気につかまり、峠を超えるため宮古に帰れないままです。(> <)
もうしばらく盛岡かな。

あと、霜焼けの対処法いろいろコメントありがとうございます!



読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/02/01 18:12] | 岩手
トラックバック:(0) |


枯木チャリダー
オッ! さすが

動物的感が冴えてきましたね
この寒波豪雪がひと段落してから宮古へかなぁ

岩手県道路情報サービス
http://www.douro.com/allcamera.shtml
で106号号線のライブカメラあるよ

もちろん区界峠も

週末までは…
白ベコ
寒波が日本列島を覆っているので、無理はしないほうが良いかも。

うちのほうでも山間部では氷点下16度だったようなので、区界峠だと遭難の危険アリだね。
まずは、ゆっくりと体力温存を心がけてはどうでしょう?

被災地をサトシさんの目に焼きつけてきてもらえると、私も少しうれしいです。
震災からもうすぐ11ヶ月。
泣き言ばかりも言っていられませんよ。(笑)

安寧な旅が続くことを願っています。


生きてることに
風ささき
感謝だね、青空と太陽の日差しを目で見れる潮の匂いも嗅げる、深呼吸で肺に新鮮な空気を思うぞんぶん吸える。
それにしても、軽トラの荷台いっぱいになるソトシ号、大したもんだ、ペダルこぐのも気合いなんだろうね。
浄土ヶ浜の記念写真、いい顔してるよ。
明日もいい盛岡で、いい旅を。


南国ネコ
サトシさんも自転車も供にウェイトアップ!
長旅のなか成長してるんでしょうね。
沖縄で門を越えたときより重かったのね(笑)トラックに上げるのも一苦労なんてビックリだね。

綺麗な海の景色。沖縄にも負けてない済んだ色。
大好きな海の景色だけど、いつもより少し物悲しく見えてしまう。嘘のようにきれいな景色だよね。

またまた良き出会い。
東北の方にパワーをもらうね。

ブログいつも楽しみに。
大ファンで感情移入し過ぎてコメントし過ぎてサトシさんの貴重な時間を奪ってやしないかと最近反省。
一つ一つにコメントを返してくれちゃうから。これからは控えめに、いつもポチッと3つクリック応援だけは忘れずにしてますよって今日から4つだね(笑)
色々無理なく頑張ってください!






john
お久しぶりです、相変わらず楽しい旅を続けてるようですね。
こちらは実家でまったりしてます^^;

いよいよ被災地に入りましたね。
進めば進むほど悲惨な光景が広がっていきますが、
気が滅入らないよう気をつけてください。


サトシ
枯木チャリダー  さんへ

おぉ、まさに探していたライブカメラです!
区界峠もバッチじゃないですか!
なんとか路面の状況を見極めて宮古にもどりますね。
ありがとうございます!


白ベコ  さんへ

なんかとてつもない寒波らしいですよね・・・
区界で雪は本当に危険です、気をつけないと。
しかし、こうして盛岡でいい休養になっているのは事実ですね、のんびりしてますよ!


風ささき さんへ

そうですか、いい顔してますかね。(笑)
津波の後はここ浄土ヶ浜もゴミだらけだったそうです。掃除をしてくれたボランティアの方々には感謝です。


南国ネコ  さんへ

いつもコメントありがとうございます。
コメントはどんどんください、自分も楽しいですよ。
東北の方々には本当によくしてもらって感謝の気持ちでいっぱいですよ。同じ旅人との出会いはまったくなくなってしまったけど、こうして地元の方々が気にかけてくれるので、最高の旅になっています。これからもよろしくおねがいしますね。


john  さんへ

ブログ見てますよ、 john さんを見ていて出会いの多い旅に羨ましさを感じてしまいます。(笑)
残りわずかだと思いますが、がんばってください!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
オッ! さすが

動物的感が冴えてきましたね
この寒波豪雪がひと段落してから宮古へかなぁ

岩手県道路情報サービス
http://www.douro.com/allcamera.shtml
で106号号線のライブカメラあるよ

もちろん区界峠も
2012/02/01(Wed) 18:51 | URL  | 枯木チャリダー #-[ 編集]
週末までは…
寒波が日本列島を覆っているので、無理はしないほうが良いかも。

うちのほうでも山間部では氷点下16度だったようなので、区界峠だと遭難の危険アリだね。
まずは、ゆっくりと体力温存を心がけてはどうでしょう?

被災地をサトシさんの目に焼きつけてきてもらえると、私も少しうれしいです。
震災からもうすぐ11ヶ月。
泣き言ばかりも言っていられませんよ。(笑)

安寧な旅が続くことを願っています。
2012/02/01(Wed) 20:38 | URL  | 白ベコ #GXu.yKsA[ 編集]
生きてることに
感謝だね、青空と太陽の日差しを目で見れる潮の匂いも嗅げる、深呼吸で肺に新鮮な空気を思うぞんぶん吸える。
それにしても、軽トラの荷台いっぱいになるソトシ号、大したもんだ、ペダルこぐのも気合いなんだろうね。
浄土ヶ浜の記念写真、いい顔してるよ。
明日もいい盛岡で、いい旅を。
2012/02/02(Thu) 02:01 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
サトシさんも自転車も供にウェイトアップ!
長旅のなか成長してるんでしょうね。
沖縄で門を越えたときより重かったのね(笑)トラックに上げるのも一苦労なんてビックリだね。

綺麗な海の景色。沖縄にも負けてない済んだ色。
大好きな海の景色だけど、いつもより少し物悲しく見えてしまう。嘘のようにきれいな景色だよね。

またまた良き出会い。
東北の方にパワーをもらうね。

ブログいつも楽しみに。
大ファンで感情移入し過ぎてコメントし過ぎてサトシさんの貴重な時間を奪ってやしないかと最近反省。
一つ一つにコメントを返してくれちゃうから。これからは控えめに、いつもポチッと3つクリック応援だけは忘れずにしてますよって今日から4つだね(笑)
色々無理なく頑張ってください!



2012/02/03(Fri) 01:40 | URL  | 南国ネコ #-[ 編集]
お久しぶりです、相変わらず楽しい旅を続けてるようですね。
こちらは実家でまったりしてます^^;

いよいよ被災地に入りましたね。
進めば進むほど悲惨な光景が広がっていきますが、
気が滅入らないよう気をつけてください。
2012/02/03(Fri) 12:49 | URL  | john #-[ 編集]
枯木チャリダー  さんへ

おぉ、まさに探していたライブカメラです!
区界峠もバッチじゃないですか!
なんとか路面の状況を見極めて宮古にもどりますね。
ありがとうございます!


白ベコ  さんへ

なんかとてつもない寒波らしいですよね・・・
区界で雪は本当に危険です、気をつけないと。
しかし、こうして盛岡でいい休養になっているのは事実ですね、のんびりしてますよ!


風ささき さんへ

そうですか、いい顔してますかね。(笑)
津波の後はここ浄土ヶ浜もゴミだらけだったそうです。掃除をしてくれたボランティアの方々には感謝です。


南国ネコ  さんへ

いつもコメントありがとうございます。
コメントはどんどんください、自分も楽しいですよ。
東北の方々には本当によくしてもらって感謝の気持ちでいっぱいですよ。同じ旅人との出会いはまったくなくなってしまったけど、こうして地元の方々が気にかけてくれるので、最高の旅になっています。これからもよろしくおねがいしますね。


john  さんへ

ブログ見てますよ、 john さんを見ていて出会いの多い旅に羨ましさを感じてしまいます。(笑)
残りわずかだと思いますが、がんばってください!
2012/02/03(Fri) 22:19 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: