ただいま~♪
マイナス9℃だよ!
ちょっとヤバイよ! Σ(゚口゚;エェ

s555DSC02438.jpg

青森を抜け寒さに少し油断してしていた。
本州でいちばん寒い地域は盛岡だったとは意外だ。 (-""-;)ムム・・・


旅318日目 「オニ寒かった夜(> <)」 


AM 8:00 目を覚ます。

snnnDSC03409.jpg

快晴のこれ以上ないいい天気。

こんな朝はシュラフを日向に干してしっかり乾かしておこう。
・・・なんですが、公園の隣が中学校。

柵ごしに朝練の生徒達に見られての撤収はなんか恥ずかしかったんで、
テキパキ準備し、すぐに出ることにした。

うぅ、その笑い声にその会話は自分のことかと気になってしょうがない。
ちょっと自意識過剰になっちまう。(> <)/

トイレで少し充電させてもらっていた携帯を忘れず手に準備完了。


AM 8:45 宮古市街地を出発。

s999DSC00469.jpg

予報では曇り時々晴れ、それでもって明日は曇りだ。
雪の不安は無いみたいなんで、予定通り盛岡へ向かう事に決定。

この盛岡までの道のりが、かなりハード。
と言うのも盛岡まで100kmほどの道のりのうえ、
国道106号線の途中には標高751mの区界峠が待ちかまえている。
1日でたどり着くのは難しいため、2日間に分けて向かうこととなった。
道の駅も途中に2つあるみたいだ。

ローソンでもしもに備え食パンなど買い込み、
納豆巻きを朝食に食べた。
食事中、散歩に来たおじさんと話していたのだが、
盛岡までの道のりを聞けば盛岡に抜ける幹線道路だそうだ、
車通りが多いから雪は残っていないんじゃないかとのこと。
おぉ、いい情報だ。

食事を終え、いざ国道106号線へ。
盛岡方向へと足を進める。

s555DSC02398.jpg

s555DSC02400.jpg

s555DSC02405.jpg

山間を川と併走する形でしばらく進んのだが、
この閉伊川が美しく、白鳥も見られてなかなかいい景色。

山間の道は迷いそうであまり好きじゃ無いけど、川沿いならいいもんだ。
車もそれほど多くはなく、快調に進むことができた。

s999DSC00472.jpg

s999DSC00474.jpg

おぉ、コンビニ! Σ(・o・;)オォ

11時半になって、茂市町にぽつんと現れたファミマで休憩。

こんなところでやっていけるのだろうかと思ってしまうほど意外なところに。
せっかくなんで唐揚げ弁当を食べて昼食に。

snnnDSC03426.jpg

snnnDSC03423.jpg

トイレを済まし、再び走行開始。

ここから少し登りが目立つようになってくる。
これまでの快走とはいかなくなってきた。(> <)
s555DSC02416.jpg

s555DSC02429.jpg

s555DSC02419.jpg

あちこちで工事が行われており、そのたびに片側交互通行がすこし面倒。
こちらも面倒だが、誘導の人も面倒に感じたに違いない・・・


PM 2:40 道の駅「やまびこ館」に到着。

snnnDSC03434.jpg

snnnDSC03438.jpg

ようやくオアシスに到着かと思いきや、まさかの休館日だよ。(-ω-;)ウーン
くぅー、臨時休館日に当たるとはついていない・・・

それでもって、ここは相当に寒かった。 

この時、すでに気温はマイナス5℃。
手袋を外してしばらくスマホをいじっているだけでも手がしびれるほど痛くなった。
山間の道の駅でものすごく寒い。

次の道の駅は区界峠の山頂に位置し、距離にして約30kmほど。
どうしようか考える。 (-ω-;)ウーン
ここで早いことテントを張って身を固めることも考えたが、
出来るだけ、天気の安定した今日のうちに峠を登っておきたい。

日没の夕方5時まで残り2時間ほど、
30kmの道のりを時速15kmを維持して登っていけば何とか間に合うと逆算。
え~い、登っちゃえ!(> <)/

宮古にはほとんど雪が無かったが、峠を登れば登るほど、
あたりは雪深かさが目立つようになってきた。
たまに数十件の小さな集落が見える程度で、
昼のファミマ以降、商店すら見かけないままだ。

その後も緩やかではあるが、淡々と登った。

何とか次ぎの道の駅まで、その考えは甘かったようだ・・・ 
足に相当乳酸がたまってきている。 (> <)
疲れた足ではノルマの時速15kmも維持できなくなり、
日没までにたどり着けそうもなく道の駅まで断念。
幸い、併走する形でJR山田線が延びるため、
どこかの良さそうな駅の待合室を探しながら、可能な限り進むことにした。

トンネルを何本も抜け、その先に軽トラが停車、
そのおじいさんが声をかけてくれ、乗っていくかと言ってくれた。

自分を対向車線に見て、わざわざ引き返してくれたそうだ。

盛岡まで送ってやると行ってくれたのだ、うれしかった。
でもお礼を言って断ることにする。
自分の足で盛岡に向かいたかったし、それでは意味がないと思ったからだ。

しかし、このあたりは岩手の中でも特に寒さが厳しい地域らしい、
昨夜もマイナス18℃を記録したそうだ。
最低気温マイナス22℃を記録した本州一寒い地域だよ、大丈夫か?

・・・とのこと。 Σ(゚口゚;エェ

「やっぱり盛岡までお願いします」と思わず言いそうになってしまったが、
それでは下北半島の二の舞じゃないか。
駅の待合室で寝ればなんとかなると思ったし、やはり断ることに。
親切なおじいさんだった。 (>_<)/

やはり日が暮れるにつれてどんどん気温が下がる・・・

s555DSC02435.jpg

s555DSC02438.jpg

電光掲示板にはマイナス9℃。

確かに寒いが、必死に坂を漕いでいたため、
マイナス9℃まで下がっているとは分からなかった。
さすがにこれはヤバイ・・・
これで駅に待合室が無かったらどうしようかと思うと焦りがでてくる。

青森を抜け寒さに少し油断してしていたな。
本州でいちばん寒い地域は盛岡だったとは意外だ。


日もほぼ落ち掛けた頃、ようやく松草集落に到着。

国道を逸れ集落に入るといっきに雪深くなってしまった。
自転車を押して駅を探すことに。
駅は集落の一番奥に見つけた。

郵便局を見つけたので少し期待したのだが商店は見あたらないな。
あったのかもしれない、ただ暗くてよく分からなかった。
家が数十件ほど立ち並ぶだけの小さな村のようだ。

待合室が無かったらどうしようか、
そんな不安がよぎったが松草駅にはちゃんとした待合室があって一安心。

snnnDSC03448.jpg

snnnqDSC03455.jpg

よかった、ここで寝れる。
無人駅で、トイレも水道もない簡素な待合室だけど、
それでも横になれるベンチはある。
少なくとも、テントよりは暖かくして寝れるはずだ。

誰も来る気配が無かったので、自転車も中に入れさせてもらっちゃおう、
JRさん、ごめんなさい~。(> <)/

終電が終わるまでは横にはなれないので、時刻表を確認。
snnnDSC03453.jpg

上り3本に下り2本だけ、何ともやる気のない路線だ。
見た瞬間笑ってしまった。
いろいろローカル線を見てきたが、これまでに無いほどの少なさだ。(笑)

最終が7時51分宮古行きなので、思った以上に早く寝れることが判明。
今日は疲れているから早く寝たかったのだ、よかった。

シュラフを引っ張り出し、腰まで入って終電を待つ。

夕飯にはイチゴジャムをぬった食パンを食べた。
snnnDSC03468.jpg

それでもなんか物足りない。
頑張って走り続けた体には、どうしてもこってりした物が食べたくなるようだ。
胃のムズムズはジャムをたっぷりつけても満足できなかった。 (> <)/

湯を沸かしてカップめんでも食べようかと思ったが、自販機に水が置いてない。
まさか水がないとは・・・(> <)


今日は特別にカイロを3つ開ける。
それを足の靴下の中と腰に貼った。

差し入れの中でナンバーワンに頂く物が断トツでリポビタンDで、
次にカイロ、缶コーヒーをよく貰うのだ。
カイロをよく頂く割には、勿体ない気がして使うことが無かったため、
今では買ってもいないのに30袋もたまっている。(笑)
今夜は惜しみなく使ってやるぞー。

盛岡、宮古ともに最終列車を見送りようやく8時に横になる。

結局誰も乗り降りする様子もなく、車内にもほとんど人が乗っていなかった。
こりゃ、廃線になる日も近いかもしれない・・・

終電が走り去った1時間後、自動的に照明は落とされ、
自分もようやく横になることにした。
テントは張らず、ベンチの上でシュラフにくるまって寝る。

おやすみ・・・

「・・・・」

・・・ヤバ!!、ここものすごく寒いぞ!! Σ(゚口゚;ウギャ

シュラフ3重に上着を着込んでいても普通に寒い!!

室内も下がって下がって、温度計はマイナス10℃を指している。
これまでに経験したことのない寒さだ。
鼻がツンとした痛みに襲われので顔もスッポリシュラフに潜り、
カイロも追加で2枚を開けることにした。

その後も2時半までなかなか寝付けなかった。
結局カイロは足に2個、腰に1個、そして2個を握りしめて寝ることに。

早く朝になってくれ、たのむ~

久々に体を震わせて寝てしまった。 (ノω・、) ウゥ・・・



走行時間 5:43[h]
走行距離 63.5[km]
平均速度 11.0[km/h]
最高速度 30.1[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:JR山田線 松草駅 (岩手県宮古市区界)


1月26日 おしまい。

現在地

盛岡にいます。
天気がよければ明日から宮古に戻っていく予定です。


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/02/03 13:56] | 岩手
トラックバック:(0) |

寒さ対策!
南国ネコ
先週から今週にかけてこの冬一番の寒気が続いていますね!ただでさえ寒い岩手の内陸だから想像を絶するのでしょうね。

サトシさんはベンチで寝るときマットも併用してますか?
寒さは下から来ます。テントでも接する地面から熱が奪われるので下に引くマットが何より重要だと聞いた事があります。
室内でも二段ベットなら上の方が断然温かいのです。北海道のライダーハウスで教わりました。
どこで寝る時も面倒でもマットで床環境を整えることをお勧めします。

あとは上からテントのフライもかけるとか。

私が気になってるグッツでモンベルのエマージェンシーシートってのがあります。
レスキューシート/アルミシート 災害用保温シートや非常用防水シートとして 軽量コンパクトで防寒に。身体から放射される熱を反射し、体温低下を緩和させるシート。
とのことで、災害時非常用としてテレビでよく紹介されていました。
NASAも採用してる素材だとか?
なにより値段が350円ほどと安くて手軽なのがいいです!
盛岡なら手に入るのでは?

岩手の内陸と海側を行き来するのは本当に不便なんですよね。電車が少なく料金もかかる。
私はそれで海側へ出るのをあきらめました。
内陸は遠野も花巻も雪深く寒かったです。

今朝は沖縄と奄美以外は全国で氷点下を記録したそうです。これが寒さの底だと思いますが、地形によって状況が変わるのでこれからも気をつけて。
水も無い環境が多いようなので手のアルコール消毒は持ってますか?
全国的にインフルエンザが猛威を振るっています。対策を万全に。
水も凍るようなので、魔法瓶のような水筒とかを持って水が手に入るところで補給、出来ればその場で湧かして持ち歩けると休憩で暖まれるし良いと思うのですが、、今更だし荷物になるかな?

まだまだ東北だし冬の終わりもまだ先ですから十分気をつけて。元気で良い旅を!



極寒テスト
風ささき
体調がいいから絶えられるんだろうけど、自分の足でも大切だけど、差し入れも頑張ってる姿に何かしてあげちな、自然な気持ちなんだろうね。
自分なら、お世話になりますで、乗っけてもらったかも?
タフだね、サトシくん、その心意気があるから前に進むことができるんだね。
日の出前のカブ通勤、20分程度だけど、マイナスだから、そのぐらいで限界だよ。
それだけ寒くても寝れるんだから、すっかり野生児だね。
明日もいい旅を。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
寒さ対策!
先週から今週にかけてこの冬一番の寒気が続いていますね!ただでさえ寒い岩手の内陸だから想像を絶するのでしょうね。

サトシさんはベンチで寝るときマットも併用してますか?
寒さは下から来ます。テントでも接する地面から熱が奪われるので下に引くマットが何より重要だと聞いた事があります。
室内でも二段ベットなら上の方が断然温かいのです。北海道のライダーハウスで教わりました。
どこで寝る時も面倒でもマットで床環境を整えることをお勧めします。

あとは上からテントのフライもかけるとか。

私が気になってるグッツでモンベルのエマージェンシーシートってのがあります。
レスキューシート/アルミシート 災害用保温シートや非常用防水シートとして 軽量コンパクトで防寒に。身体から放射される熱を反射し、体温低下を緩和させるシート。
とのことで、災害時非常用としてテレビでよく紹介されていました。
NASAも採用してる素材だとか?
なにより値段が350円ほどと安くて手軽なのがいいです!
盛岡なら手に入るのでは?

岩手の内陸と海側を行き来するのは本当に不便なんですよね。電車が少なく料金もかかる。
私はそれで海側へ出るのをあきらめました。
内陸は遠野も花巻も雪深く寒かったです。

今朝は沖縄と奄美以外は全国で氷点下を記録したそうです。これが寒さの底だと思いますが、地形によって状況が変わるのでこれからも気をつけて。
水も無い環境が多いようなので手のアルコール消毒は持ってますか?
全国的にインフルエンザが猛威を振るっています。対策を万全に。
水も凍るようなので、魔法瓶のような水筒とかを持って水が手に入るところで補給、出来ればその場で湧かして持ち歩けると休憩で暖まれるし良いと思うのですが、、今更だし荷物になるかな?

まだまだ東北だし冬の終わりもまだ先ですから十分気をつけて。元気で良い旅を!

2012/02/03(Fri) 16:54 | URL  | 南国ネコ #-[ 編集]
極寒テスト
体調がいいから絶えられるんだろうけど、自分の足でも大切だけど、差し入れも頑張ってる姿に何かしてあげちな、自然な気持ちなんだろうね。
自分なら、お世話になりますで、乗っけてもらったかも?
タフだね、サトシくん、その心意気があるから前に進むことができるんだね。
日の出前のカブ通勤、20分程度だけど、マイナスだから、そのぐらいで限界だよ。
それだけ寒くても寝れるんだから、すっかり野生児だね。
明日もいい旅を。
2012/02/04(Sat) 02:19 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: