ただいま~♪
旅330日目 「人の優しさ」

AM 6:30 目を覚ます。

n7DSC00611.jpg

昨夜は携帯も圏外だったため、することもなく早々に眠りについた。
おそらく10時間は寝たはずだ。

昨夜は雨が降っていた様で、それも気づかず・・・

濡れたテントをひっくり返し、
自転車に掛けてしばらく乾かしておく。
唯一ある差し入れのポテトチップスでお腹を満たし、
シュラフ、フライシート、自転車カバーと、乾いたものからしまっていった。

今朝は寒さがマシで、温度計を見れば5℃もあった。
このくらいあれば朝も辛くはないんだけどね。

だらだら2時間かけて撤収、ようやく出発。

と、その前に寄り道。
ここ姉吉集落には数百メーターほど海岸から上った右手には記念碑がある。

n7DSC00616.jpg

n7DSC00621.jpg

本当にポツンと墓石かと思うような普通のものだ。

「此処より下に家を建てるな」、そう掘られていた。

これは80年前の津波を教訓に、当時の住民がたてたそうだ。
この記念碑の教えを守ったおかげで、この姉吉集落の民家には津波の被害も無く、
漁業関係の小屋にキャンプ場が被害を受けただけで済んだらしい。

昨日、釣りをしていたおじさんに教えてもらい、
昔の人の知恵だね~、と2人で関心した。
それもそうだし、なによりこうして1世紀近くにわたって教えを守る、
今の人々もすごいと心から思った。

おじさんに聞いていなければ素通りしていただろう、知れてよかった。


AM 8:40 姉吉集落を出発。

s555DSC02470.jpg

s555DSC02472.jpg

再び県道41号線に戻り、重茂半島を進んでいく。

やはりこの半島、最悪・・・
グイグイ登らされては下るの連続。
ヘアピンカーブも数え切れないほど乗り越えた。 (> <)

30分ほど走った小さな集落で商店を見つけ、パンを探す。

と言っても、店内に1個しか置いて無く選択の余地なしかよ・・・
2色パンと言う、賞味期限が明日に迫ったパンを食べた。

n7DSC00647.jpg

n7DSC00641.jpg


その後もアップダウンに苦しむ。 (-""-;)ムム・・・

n7DSC00671.jpg

n7DSC00667.jpg


昼ごろにようやく国道45号線に合流。

つまり重茂半島を脱出したことを意味し、少し気が楽になった。
といっても、アップダウンは相変わらずだけど・・・

山田町市街地へ、

完成したばかりのスーパーで昼食のお弁当を買い、
店前で立ったまま食事。

その先に「御蔵の湯」という温泉を発見、汗を流していくことにした。

まだ昼過ぎだけど、今日はいまいち走る気分にならない。
目的地をこの先5kmほど走った道の駅に変更し、
今日はここでのんびりしていくことに決めた。

n7DSC00704.jpg

ここは被災者に提供するボランティアが運営している無料の温泉だった。

どうりで、スタッフの方々が元気に挨拶してくれるわけだ。
大勢のスタッフがいて、脱衣所にはいるまで5回ほど挨拶をした。
「ゆ」とかかれたワゴン車で次々に仮設住宅から人々がやってくる。

しかしそうと分かると、
旅人の自分なんかが入っていいのかと、少し罪悪感がわいてしまうのだが・・・

お風呂に浸かりながらお店を2軒に実家、車2台を流されたお兄さんと話をした。
はじめは入れ墨をした怖そうな兄ちゃんだなーと思っていたが、
すごく誠実な心を持ったいい人。
家族が助かったんで、あとはなんにもいらないや、
そんな言葉が心に残る。

温泉に入ってさっぱり。 ”(*>ω<)o"クーーッ

露天風呂もあってなかなか豪華な温泉だ。
確かに看板がちゃっちいなと思っていたぐらいで、
看板だけが津波に流された以前からある温泉とばかりに思った。
ボランティア後は普通に温泉として経営していくんだろう。

山田町の街。
n7DSC00750.jpg

n7DSC00739.jpg

この辺りもすっかり家々は流され、ここも相当の被害だった。

こうして自転車で海岸線を走っているからかこそ、
津波の被害の広域さに驚くばかりだ。

いったいこの先どこまでこの光景が続くのだろう。

n7DSC00715.jpg

n7DSC00722.jpg

n7DSC00765.jpg


AM 4:30 道の駅「やまだ」に到着。

n7DSC00766.jpg

n7DSC00775.jpg

物産館で丁度お弁当が半額だったので、夕飯に2つ買う。

それに牛乳を買って、テレビを見ながら休憩室で食べた。
テレビでは明日からまた最低気温がマイナス10℃近くの寒い日が続くという。
温かい朝も今日までか・・・
あー、やだな。 (> <)

このまま休憩室だけでも解放してくれないかなと淡い期待もむなしく、
閉館の6時と共に休憩室を閉め出された。

うぅ、寒い・・・
すぐさまテントを張りシュラフに潜った。

n7DSC00780.jpg

休憩室のそばでテントを張って寝ることに・・・


走行時間 3:20[h]
走行距離 26.7[km]
平均速度  7.9[km/h]
最高速度 23.5[km/h]

天候:曇りのち晴れ
体調:良好

キャンプ地:道の駅「やまだ」 (岩手県下閉伊郡山田町)


2月7日 おしまい。


現在地
宮城県気仙沼、大谷海岸なう。
この先、田代島に渡る予定です。


読んでくれてありがとう。
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/02/17 20:32] | 岩手
トラックバック:(0) |

昇竜
岩手のタケ
大谷海岸近くの岩井崎に、津波にのまれた松が「昇竜」のように見えるよ。時間と体力があれば行ってみなぁ。


ハル
関西圏で野宿してるけどそっちは寒さすごいですね。
がんばってください。


南国ネコ
地元の人から色々聞けて、知る事が出来るのってほんと貴重な体験だね。
忘れずに胸に刻んでおきたいね。
大切な記念碑みたいに。

これから田代島に渡るんだね。ネコの島だ。たのしみに。

石巻の道の駅『上品の郷』に寄るならちょっと情報を

この前NHKで見たんだけど
そこには“手回しオルガン”の路上演奏を20年以上続けている石川明さんがいるそう。
心の病と向き合いながら優しい音色を奏でる石川さんの日々を見つめる番組だったんだけど、
優しくてどこか悲しい音色とその佇まいに惹き付けられました。

もし寄る機会があるなら耳を傾けてみては?

検索してたら見つけた気になったブログも紹介しておきますね。
石巻百景
shinyousha.com/ishinomaki-photo/2011/05/jobon2011-05.html

明日からこの冬最後の最強寒波らしいです。
体調気をつけてよい旅を!


計り知れない力
風ささき
根こそぎ、奪い取っていったんだね、言葉も出ない景色。
島の風景も激変しているんだろうね。
ボランティアのニュースとか、最近は少なくなってきている、その土地で明日の朝日を迎える人々。
もうじき、震災から、一年。
旅人の視点から、生の声を聞いてきてください。
平野の少ない日本、海岸の近くで暮らすということ。
避けられないことなんだね。
サトシは、どこでも暮らしていく術を身に着けていくのであったかな。
明日もいい旅を。


白ベコ
もうすぐ一年経つのに、津波被害からの復興はまだまだだね。
サトシさんの目で、被災地を感じてほしいな。

田代島の猫たちは元気でいるようだから、ぜひ写真を撮って報告してくださいね。

私の住むところも、吹雪いたり、少し日差しが暖かく感じたり、でも間違いなく春が近づいています。

サトシさんも頑張って、旅を続けてください。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
昇竜
大谷海岸近くの岩井崎に、津波にのまれた松が「昇竜」のように見えるよ。時間と体力があれば行ってみなぁ。
2012/02/17(Fri) 20:59 | URL  | 岩手のタケ #SFo5/nok[ 編集]
関西圏で野宿してるけどそっちは寒さすごいですね。
がんばってください。
2012/02/17(Fri) 21:13 | URL  | ハル #-[ 編集]
地元の人から色々聞けて、知る事が出来るのってほんと貴重な体験だね。
忘れずに胸に刻んでおきたいね。
大切な記念碑みたいに。

これから田代島に渡るんだね。ネコの島だ。たのしみに。

石巻の道の駅『上品の郷』に寄るならちょっと情報を

この前NHKで見たんだけど
そこには“手回しオルガン”の路上演奏を20年以上続けている石川明さんがいるそう。
心の病と向き合いながら優しい音色を奏でる石川さんの日々を見つめる番組だったんだけど、
優しくてどこか悲しい音色とその佇まいに惹き付けられました。

もし寄る機会があるなら耳を傾けてみては?

検索してたら見つけた気になったブログも紹介しておきますね。
石巻百景
shinyousha.com/ishinomaki-photo/2011/05/jobon2011-05.html

明日からこの冬最後の最強寒波らしいです。
体調気をつけてよい旅を!
2012/02/18(Sat) 01:35 | URL  | 南国ネコ #-[ 編集]
計り知れない力
根こそぎ、奪い取っていったんだね、言葉も出ない景色。
島の風景も激変しているんだろうね。
ボランティアのニュースとか、最近は少なくなってきている、その土地で明日の朝日を迎える人々。
もうじき、震災から、一年。
旅人の視点から、生の声を聞いてきてください。
平野の少ない日本、海岸の近くで暮らすということ。
避けられないことなんだね。
サトシは、どこでも暮らしていく術を身に着けていくのであったかな。
明日もいい旅を。
2012/02/18(Sat) 01:53 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
もうすぐ一年経つのに、津波被害からの復興はまだまだだね。
サトシさんの目で、被災地を感じてほしいな。

田代島の猫たちは元気でいるようだから、ぜひ写真を撮って報告してくださいね。

私の住むところも、吹雪いたり、少し日差しが暖かく感じたり、でも間違いなく春が近づいています。

サトシさんも頑張って、旅を続けてください。
2012/02/18(Sat) 04:22 | URL  | 白ベコ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: