ただいま~♪
旅347日目 「やってきました 松島♪」

AM 5:40 寝泊まりしたネットカフェをでることに。

n7DSC03197.jpg

目指すは松島、そして今日は存分に松島を観光するつもりでいる。

”日本三景”の名だたる風景もつ松島におのずと期待が高まっていた♪
そんな楽しみを胸に松島へと自転車をこぎ出したのは、
寝坊の自分には珍しい、まだ夜が明けきらない6時のこと。

ローソンで調達した朝食はちょうど目の前にあったコインランドリーで頂いた。
石巻市街地を抜け国道398号線、45号線と次いで西へ進む。

そのころにはようやく朝日を拝むことができた。

n7DSC03203.jpg

道はというと散々苦しめられてきたリアス式海岸特有のアップダウンは姿を消し、
朝から快適なツーリング♪
どうやら長かった三陸海岸をようやく抜け出せたようであり、
久々に景色を楽しみながら快適なサイクリングを楽しむことができた。
この澄み渡った青空がいっそうその気にさせてくれる♪

鳴瀬大橋を渡ったところで県道60号線へ。

そのまま国道を進めばラクに松島に到着できるのだが今日は時間がたっぷり。
時を忘れ海岸線をのんびり走ることにした。

こういった気ままかつのんびりできるのが一人旅の魅力。

車がビュンビュン走る国道より静かな県道、
また海岸線のほうがおもしろいものがよくある気がするんだ。

s55DSC02791.jpg

休憩も挟み松島にやってきたのは昼前のこと。

AM 11:50 松島に到着。

n7DSC03298.jpg

n7DSC03304.jpg

ここか松島か。 
確かに島がたくさん浮かんでいる♪

ここ海抜0メートルから確認できる島は数えるほどしかないが、
実際には230もの島々がこの松島湾に点在する。
小島がたくさん♪ その上に生える松がいい感じだ♪
そんな島々すべてに名前が付いているらしい。

五大堂がある小島へは島2つを伝い渡っていけた。

すかし橋はその名の通り橋げたの隙間から下の海が見える。
何でも、五大堂へ向かう際に足下を見て気を引き締めるためだそうだ。

s555DSC02800.jpg

s55DSC02803.jpg

おのずとカメラを持つ手に力がはいる。^^;
なるほど、確かに気を引き締めて五大堂に向かえるってわけだ。

そんな松尾芭蕉も通ったであろうこの朱色のすかし橋を渡れば、
小さな島に五大堂のみ静かに佇んでいた。
五大明王を祀っているから五大堂で、
伊達政宗が仙台藩で最初に手掛けた建造物だそうだ。

s555DSC02805.jpg

s555DSC02808.jpg

s555DSC02811.jpg

この島からの景色もまたいい。 島々がよく見える♪

”島がたくさんあるだけ”と言ってしまえばそれだけなのだが、
これまで見てきた海岸線の光景とは何かが違った。
適度に配置された島々は大きな庭園を思い浮かばせ、かの松尾芭蕉が絶句しただけはある。

心配していた津波の被害も爪痕はなく、こうして観光客で賑わいを見せていた。
おそらく湾内の島々が津波の力を和らげてくれたんだろう。

s555DSC02812.jpg

s555DSC02813.jpg

ついクセで人波の途切れた瞬間にシャッターを切っているだけで実際は大賑わい、
せっかく松島まで来たんだ、そう簡単にまた来ることなどないと思うので、
自分のご褒美に何か楽しむことにした。

あちらこちらに”牛タン”の文字。
いや牛タンは仙台のお楽しみにしているんだ、ガマンしよう。(> <)/   
伊達正宗歴史館に島巡りの遊覧船、瑞巌寺といったところだろうか。
どれか1つ。

さて、どれにしようかと決めたのが瑞巌寺であった。

旅人には高すぎて諦めた遊覧船は1400円もしたのだ。
ましてツアー団体に混じっての参加は悲しい・・・

しかしそんな選んだ瑞巌寺(ずいがんじ)も拝観料700円と高い。
ただ”国宝”の二文字につられる。 このお金で寺院を大切に残してくだせえ~ 

だから肝心の本道が改修中で防音シートに包まれた姿はショック!(> <)/

n7DSC03270.jpg

参道から門に至るまでの道には堂々とした杉並木。
s555DSC02824.jpg

杉並木のトンネルには圧巻だ。

参道の岩肌には数多くの岩穴に石像の彫刻が残ってた。
慈覚大師の下で学びたくて数多くの僧侶がこの地へとやって来たという、この岩穴はそうした僧侶が寝泊まりしたところであるそうだ。
それがどこか異国の遺跡のようで、それがまたラピュタみたいでもあった。

n7DSC03262.jpg

n7DSC03266.jpg

日本にもこんなところがあったんだな・・・

と、ひとりしみじみ歩いていた。
そんな日本の良さを再確認させられるのも旅の良さ。
日本に生まれて、この世界を知らぬまま死ぬのはもったいないじゃないか。

瑞巌寺の朱印。 
n7DSC03277.jpg

なかなかかっこいい♪
住職さんがその場で丁寧に書いてくれる中、自分も一生懸命に拝む。
ありがとうございました~

ついでに宮城限定キユーピーもGET! (>_<)/
n7DSC03250.jpg

伊達正宗に愛姫キューピー。

遊覧船に乗らない代わりに最後に展望台に向かうことにした。
展望台ならタダである。

国道を数キロ走った先にある双観展望台にあがれば・・・

n7DSC03286.jpg

n7DSC03285.jpg

手前の木々が少しじゃまに感じるけど、まぁいいでしょ。

こうして満足して松島観光を終えることができた♪


A・コープで夕飯の買い物をすまし、見つけていた公園に戻るとき、
一人の青年に出会った。
そんな彼の誘いで家にお邪魔させてもらうことになったのだ。

18歳の高橋翼君は両親の元を離れ叔父と叔母の3人暮らし。
彼自身もここから30km離れた仙台まで自転車でよく行くそうだ

話は尽きず夜中まで話していたんだけど自分の睡魔もあり、
1時を回ったところで眠りにつかせてもらった。

話したりない様子だったけどごめんよ、翼くんよ・・・ (> <)/



走行時間 4:53[h]
走行距離 45.1[km]
平均速度  9.2[km/h]
最高速度 45.7[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:宮城県松島 高橋翼君宅 

2月24日 おしまい。


[あとがき]

京都の天橋立に次いでこの松島、
これで日本三景2つ目クリアとなった。
あとは広島の宮島だけだ。楽しみ♪

3月22日、現在は茨城県水戸。

遅れに遅れたブログを巻き返すためにここで3日間ほど停滞します。
明日からの雨模様もその理由の一つ。


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/03/22 18:14] | 宮城
トラックバック:(0) |

穏やかな海
風ささき
に感謝、次は瀬戸内海の心だ~ね。
交通量の多い国道より県道・市道の方が第一
町人にも出会えるし、空気もいいでしょう。
ブログ更新おつかれさま、リアルに追いつくか?
明日もいい旅(水戸だね)を。

松島や
白ベコ
日本三景の松島は、多くの島々が防波堤の役割を果たしたようで、津波の被害は市街地ではほとんどありませんでした。

両隣に位置する東松島市や塩釜市では、甚大な津波被害があったので、奇跡というか不思議でなりません。
ほんのちょっとしたことが、運命を大きく分けるものなのかも知れません。

サトシさんのプロフィール新しくなっていましたね。
BGMもグッドチョイスだと思います。

水戸で雨をやり過ごして、元気に旅を続けてください。

こめんとありがとうございます!
サトシ
風ささき さんへ

たぶん、ブログ追いつかないですよ。(> <)
簡単に済ましてしまえばいいのですが、ついついしっかり書きたくなるんですよ~
まぁ、それだけ旅が充実しているってことで、嬉しい悲鳴にしておきます(笑)


白ベコ さんへ

松島は浸水のみで、建物の大きな被害はなかったみたいですね。
島々も、そしてそれに生える松も無事にあり、きれいな景観のままです。
BGMいいですか!?
自分も気に入っています!(>_<)/


板垣哲夫
毎度言ってしまいますが、文章が上手いというか感性がいいというか。

松島を見て庭園を想起するなんて。わたしには思いつきませんよ。


他の人と比べて、ちゃんといろいろなことを感じてるし見ているという気がします。一日一日をしっかり消化してから前に進んでいるというか。個人的にはそういうところに好感を持ちます。


瑞巌寺はたしか襖絵が有名だったような。ただ、あまり印象に残っていないのでそう大したことなかったのかも。

そうそう。杉の参道が素晴らしかったのを思い出しました。参道フェチのわたしとしとはテンション揚がりましたね。
出雲大社のような、松の参道も悪くないですが、断然わたしは杉派です。見ているだけで清々しい気持ちになれます。


あれ。1400円もしましたっけ。全然記憶にない。
まあ、ただ島の間を抜けていくなので、海上で見るより、一度にたくさんの島を視界に収められる、陸からの眺めの方がいいと思います。

とはいえ、サトシさんならまた違った感じ方をされるのでどうかはわかりませんが。


面白いと思うのは、同じ体験をしたとしても、感じ方が人それぞれということ。
仮に、わたしさんがサトシさんと寸分違わず同じ松島観光をしたとしても、価値観や視点が違うのだから、同じことを感じるということはあり得ません(当然ですが)。

まあ、それらがその人らしさというか、人まねでもなんでもないその人固有の旅らしさなのかもしれません。

そうなると、いかにちゃんと心を開いて思うように旅をするのかが大事なのかもしれません。

写真や文章だってそう。何を撮ろうか、どう書こうか、その人の自由。いわば感性やセンスですよね。
特に素直な文章というものは、その人の人なりが如実に浮かび上がってくるものだと思います。あー、こういう人なのかって。


日本三景。
わたしの中では、松島が抜きん出ての最下位です(汗)。

トップは少し競りますが、安芸の宮島かなあ。洋上に延びる林群の天橋立もいいいですけど、やはり、海の中に忽然と姿を現す大鳥居を見た時の衝撃は忘れられません。
はじめて目にした時は度肝を抜かれましたね。


とまあいつにも増して収拾ついてませんが、最後に一言。

あぁ、鳴瀬大橋が懐かしい(笑)。

板垣哲夫 さんへ
サトシ
板垣哲夫さんにとっては、松島は三景の中でいまいちだったようで。(笑)
日本らしい風景がいいですね、それが庭園の池のように見えたかも。
もちろんこれまでもっと気に入った場所はいくつもありますが、日本らしさは日本三景かなと。
日本三景は日本らしいものばかりですね。
特にこれからの宮島をいちばん楽しみにしています!
ブログのほうは正直苦戦して書いてますよ。(> <)
活字離れであまり読書をしてこなかったので、なれないことをすると時間がかかって大変です~
いろいろありあとうございます。
良く言ってもらえて、ブログもやりがいがでてきますよ!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
穏やかな海
に感謝、次は瀬戸内海の心だ~ね。
交通量の多い国道より県道・市道の方が第一
町人にも出会えるし、空気もいいでしょう。
ブログ更新おつかれさま、リアルに追いつくか?
明日もいい旅(水戸だね)を。
2012/03/22(Thu) 18:41 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
松島や
日本三景の松島は、多くの島々が防波堤の役割を果たしたようで、津波の被害は市街地ではほとんどありませんでした。

両隣に位置する東松島市や塩釜市では、甚大な津波被害があったので、奇跡というか不思議でなりません。
ほんのちょっとしたことが、運命を大きく分けるものなのかも知れません。

サトシさんのプロフィール新しくなっていましたね。
BGMもグッドチョイスだと思います。

水戸で雨をやり過ごして、元気に旅を続けてください。
2012/03/23(Fri) 18:46 | URL  | 白ベコ #GXu.yKsA[ 編集]
こめんとありがとうございます!
風ささき さんへ

たぶん、ブログ追いつかないですよ。(> <)
簡単に済ましてしまえばいいのですが、ついついしっかり書きたくなるんですよ~
まぁ、それだけ旅が充実しているってことで、嬉しい悲鳴にしておきます(笑)


白ベコ さんへ

松島は浸水のみで、建物の大きな被害はなかったみたいですね。
島々も、そしてそれに生える松も無事にあり、きれいな景観のままです。
BGMいいですか!?
自分も気に入っています!(>_<)/
2012/03/24(Sat) 11:07 | URL  | サトシ #-[ 編集]
毎度言ってしまいますが、文章が上手いというか感性がいいというか。

松島を見て庭園を想起するなんて。わたしには思いつきませんよ。


他の人と比べて、ちゃんといろいろなことを感じてるし見ているという気がします。一日一日をしっかり消化してから前に進んでいるというか。個人的にはそういうところに好感を持ちます。


瑞巌寺はたしか襖絵が有名だったような。ただ、あまり印象に残っていないのでそう大したことなかったのかも。

そうそう。杉の参道が素晴らしかったのを思い出しました。参道フェチのわたしとしとはテンション揚がりましたね。
出雲大社のような、松の参道も悪くないですが、断然わたしは杉派です。見ているだけで清々しい気持ちになれます。


あれ。1400円もしましたっけ。全然記憶にない。
まあ、ただ島の間を抜けていくなので、海上で見るより、一度にたくさんの島を視界に収められる、陸からの眺めの方がいいと思います。

とはいえ、サトシさんならまた違った感じ方をされるのでどうかはわかりませんが。


面白いと思うのは、同じ体験をしたとしても、感じ方が人それぞれということ。
仮に、わたしさんがサトシさんと寸分違わず同じ松島観光をしたとしても、価値観や視点が違うのだから、同じことを感じるということはあり得ません(当然ですが)。

まあ、それらがその人らしさというか、人まねでもなんでもないその人固有の旅らしさなのかもしれません。

そうなると、いかにちゃんと心を開いて思うように旅をするのかが大事なのかもしれません。

写真や文章だってそう。何を撮ろうか、どう書こうか、その人の自由。いわば感性やセンスですよね。
特に素直な文章というものは、その人の人なりが如実に浮かび上がってくるものだと思います。あー、こういう人なのかって。


日本三景。
わたしの中では、松島が抜きん出ての最下位です(汗)。

トップは少し競りますが、安芸の宮島かなあ。洋上に延びる林群の天橋立もいいいですけど、やはり、海の中に忽然と姿を現す大鳥居を見た時の衝撃は忘れられません。
はじめて目にした時は度肝を抜かれましたね。


とまあいつにも増して収拾ついてませんが、最後に一言。

あぁ、鳴瀬大橋が懐かしい(笑)。
2012/03/25(Sun) 11:12 | URL  | 板垣哲夫 #-[ 編集]
板垣哲夫 さんへ
板垣哲夫さんにとっては、松島は三景の中でいまいちだったようで。(笑)
日本らしい風景がいいですね、それが庭園の池のように見えたかも。
もちろんこれまでもっと気に入った場所はいくつもありますが、日本らしさは日本三景かなと。
日本三景は日本らしいものばかりですね。
特にこれからの宮島をいちばん楽しみにしています!
ブログのほうは正直苦戦して書いてますよ。(> <)
活字離れであまり読書をしてこなかったので、なれないことをすると時間がかかって大変です~
いろいろありあとうございます。
良く言ってもらえて、ブログもやりがいがでてきますよ!
2012/04/01(Sun) 06:28 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: