ただいま~♪

旅354日目 「山寺修行の巻」

AM 9:00 公園で目を覚ます。

resize0039.jpg

よく寝た。 おそらく9時間は寝ていただろう。
寝すぎだ・・・
この人を拒むほど雪の積もった公園でキャンプしたからこそ、
気持ちが緩んだのか、7時に鳴ったアラームを無意識のうちに止めていた。

はじめの頃は断然道の駅でのキャンプ派だったのに今では公園派だ。
職員を気にして朝早く起きなくてもいいのだから♪
ただ、問題はコンセントであるけど・・・ 

昨夜は靴をびしょびしょにしてまで忍び込んだ雪深い公園も、
今朝は誰も来ることはないことをいいことにのんびり。
時折見え隠れする晴れ間でじわりじわりとシュラフが乾いていくのを待ちつつ、
のんびりと撤収。

昨日もらったばかりのラフランスが早くも痛み出していた。
寒いとこんなにも痛むのが早いものなのか。
なぜラフランスなんだろうと思ったら、ここ山形が生産量日本一。
そんな初めて口にした味はというと、
梨とリンゴが合わさったようなサッパリとしたおいしかった♪

ラフランス♪
resize0040.jpgresize0041.jpg

シュラフも乾き、
ようやく走り出すことができたのは日も空高く昇った11時のこと。

さすがにちょっとのんびりしすぎたなと反省しつつ出発。 

今朝になって予報は一変、曇りのち晴れのこと。
昨夜確認したときには雪マークで迷っていた山寺もさっそく向かうことに決めた♪

AM 11:00 寝泊りした公園を出発。
resize0052.jpg
resize0051.jpg 
市街地を抜け、国道13号線を北上、
15km離れた山寺まではさすがは山形を代表する観光地だけあって、
案内表示に従えば地図を見ることもなくスイスイ向かうことができた。

全国のサクランボの7割がここ山形産だそうだ。
そんなサクランボ畑を両脇に快適な道が続く♪
resize0053.jpgresize0054.jpg  
さほど苦労することもなく山寺に到着したのは3時近くのこと。

PM 2:55 山寺に到着

立石寺(りっしゃくじ)、通称山寺は山形を代表する観光地だ。

その名の通り山の斜面断崖にいくつものお堂がたてられているのがわかった。
そんな緊張感伝わる雰囲気に思わず息を呑むほど。
遙か上にたつお堂に思わず口を開けて眺めてしまった。

resize0055.jpg

観光案内所でいろいろ聞きたいことがあったのだが、
残念ながら春先まで閉館中のこと。 

期待を胸にさっそく山寺を登っていきたいところなのだが、
自転車を止められる場所がなかなか見あたらないとあって、しばらくはウロウロ。   
山寺の駐車場は入り口が除雪の雪で壁のようにふさがれ、
自転車をどこへ止めればいいいのやら。
山間に位置するため、このあたりの雪の量は市街地とは比べ物にならないほどだ。

山寺入り口
resize0057.jpgresize0056.jpg  
こっそり案内板のそばに止めさせてもらうことに、不安であるが・・・

そんな案内板に記された境内の地図はと言うと、
唖然とするほ山高くにわたって道が続いているものだった。
それぞれのお堂や石碑、神社に石仏へと延びる枝分かれの道がものすごく
この多さにはびっくりさせられた! 
全てを見て回ろうとすればものすごく大変だろう。

そんな一番上の奥之院まで石段1015段、時間にして徒歩1時間とのこと。

”登らなければ味わえない感動が、そこにあります”
そんなよくあるキャッチフレーズも添えられて励ましていた。

resize0060.jpg
resize0059.jpg 

山門をくぐれば300円と言われ「おぉ、お金取るんだ」と驚いてしまったが、
そんな門をくぐればすぐに始まる階段のキツさにヒィヒィ。(> <)/

息を切らせて登る登る・・・

resize0061.jpgresize0062.jpg
resize0058.jpg resize0042.jpg

ペダルをこぐ筋肉と階段を上がる筋肉はまた違うようで、
普段のサイクリングも何も役にはたたないようだ。
わがままな彼女なんかは絶対に連れてはこれないほど。 (笑)

さらに今の時期は雪が被さった階段が、
踏み固められた雪が氷となって階段を被い、
油断すればいとも簡単につるりと滑りそうなほど。

まだまだ続く。(> <)
resize0066.jpg

resize0063.jpg resize0067.jpg

resize0068.jpg 

そんなもんだからあちらこちらで悲鳴とともにこける人が続出!

悲鳴が聞こえると、ついつい振り返って見てしまうほどだ。(笑)
しかし、そんな姿を笑っていられないほど次hじゃ我が身の状態で、
自分はなんとかこけるまいと、必死に足元を確認して足を踏み出していた。
それでも下りに3回しりもちをついてしまったが・・・ 

階段が完全に見えなくなったところにはロープが垂らされてあり、
参拝に来たとは思えないほど。(笑)
resize0065.jpg resize0073.jpg
足を踏み外したりでもすれば、そのまま下まで滑り落ちてしまいそうな
そんな階段に足を一歩一歩確認して慎重に登っていった。

これを見越してか、中には靴裏にアイゼンをつけている人や、
スキーのストックのおうな杖を持っている人も。

そんな道ががいつまでも続き思うように進むことが出来ずにいた。(> <)/

それでも時折振り返えれば、ここまで登ってきたかと思うほどの絶景であり、
さらに上はどうなっているのだろうと、期待も上っていく♪
閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」
奥の細道をたどり、夏の蝉が鳴きわめく頃の山寺に訪ねてきた松尾芭蕉が詠んだ句は、
石碑として残されていた。

ゆっくり登ること1時間、ようやく最高点に位置する奥之院に到着。
と思いきや、せっかく登ってきたのに「閉堂」はないでしょ・・・ (> <)

resize0069.jpg
resize0070.jpg

そこから横に逸れていけば五大堂。

雪で道が分かりづらく、また案内表示が雪に埋もれているため、
そんなこんなでようやくたどり着いた一番の名所、五大堂というと、
そのあまりの景色に、これまでの苦労を忘れさせてくれるほどだ!

その景色にしばらくは見入ってしまった。 
resize0044.jpg
resize0074.jpg
resize0072.jpg resize0043.jpg 
 
こんなところによくも造れたもんだなと感心するばかりだ。
こうして修行ともいえる 山寺登山は、
登りも怖いが、下りがさらに危険なもので自分も3回手をついてしまった。

最後に参拝した印の朱印を頂いて終了した時はすっかり非の傾いたころ。

resize0045.jpg
resize0047.jpg resize0046.jpg

山寺(立石寺)の御朱印を頂く。

もちろんのこと、その後予定をしていた松尾芭蕉記念館も同時に閉館を迎え、
予想以上に山寺に時間をかけてしまったことに後悔してしまった。 

ぐはっ、閉めちゃってる。(> <)
resize0075.jpg resize0076.jpg resize0049.jpg

その後、道の駅「天童温泉」まで飛ばし、隣の公園でテントを張って寝ることに。

resize0050.jpg 




3月3日 おしまい。

[あとがき]

4月4日、今朝はは成田市の隣、千葉県香取市街地の道の駅「水の郷さわら」を出発。
関東最東端の銚子、犬吠崎を目指します!


走行時間 3:35[h]
走行距離 44.1[km]
平均速度 12.3[km/h]
最高速度 29.5[km/h]

積算走行距離 5637.0[km]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:道の駅「天童温泉」 


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

スポンサーサイト

[2012/04/04 07:28] | 山形
トラックバック:(0) |

雪山だね
風ささき
冬景色の中の登山のごとく、いい修行になったことでしょう。
シーズンオフしか味わえない醍醐味だね。
今頃は、太平洋を望む公園かな?
明日もいい旅を。


夢見草
気のせいか、前に会ったときよりも 顔つきに野性味が出てきたような。
狼みたいで かっこいいー。


ペニャイダー
旅以上に、「修行」ですね(´・ω・`)
あの雪の中にテントを張る勇気が僕に、あ、あるかなぁ(-_-;)

今朝、海で会ったなみきちです!
なみきち@潮騒写真家
こんにちは。今朝、海(三軒屋海岸/和泉浦海岸)で会ったなみきちです。学生時代に堀江賢一の太平洋ひとりぼっちを何度も読み、ヨットで世界一周を夢見ていましたが、まだ、日本があったなあ となんだか考えさせられました。元気をもらいました!よい旅、安全な旅を願っています!!-なみきち

コメントありがとうございます!
サトシ
風ささき さんへ

まさに修行ですよね・・・
大げさに言っているわけでなく、本当に危ない道のりでした。(> <)


夢見草さんへ

お、お、おおかみですか。(笑)
それは、うれしいのか微妙だ・・・
夢見草さんとであった日々が遠い昔に感じるね。
またどこかで!!


ペニャイダー さんへ

雪の上はふかふかしていていいですよ♪
その代わり、銀マットとエアマットを敷かなきゃ熱が逃げてオニ寒いです。
12月の北海道でそれになかなか気づかず、めちゃめちゃ寒い夜だった・・・


なみきち@潮騒写真家 さんへ

こちらこそ、こないだはどうもです。
ヨットで世界一周もいいですが、日本もいいものですよ♪
千葉の房総半島は思っていたより南国的で驚きました!
もっと民家もほとんどない田んぼに山ってイメージだったので・・・
楽しいツーリングになりました!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
雪山だね
冬景色の中の登山のごとく、いい修行になったことでしょう。
シーズンオフしか味わえない醍醐味だね。
今頃は、太平洋を望む公園かな?
明日もいい旅を。
2012/04/04(Wed) 18:19 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
気のせいか、前に会ったときよりも 顔つきに野性味が出てきたような。
狼みたいで かっこいいー。
2012/04/05(Thu) 22:40 | URL  | 夢見草 #2AuWRls6[ 編集]
旅以上に、「修行」ですね(´・ω・`)
あの雪の中にテントを張る勇気が僕に、あ、あるかなぁ(-_-;)
2012/04/06(Fri) 20:15 | URL  | ペニャイダー #-[ 編集]
今朝、海で会ったなみきちです!
こんにちは。今朝、海(三軒屋海岸/和泉浦海岸)で会ったなみきちです。学生時代に堀江賢一の太平洋ひとりぼっちを何度も読み、ヨットで世界一周を夢見ていましたが、まだ、日本があったなあ となんだか考えさせられました。元気をもらいました!よい旅、安全な旅を願っています!!-なみきち
2012/04/07(Sat) 10:26 | URL  | なみきち@潮騒写真家 #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます!
風ささき さんへ

まさに修行ですよね・・・
大げさに言っているわけでなく、本当に危ない道のりでした。(> <)


夢見草さんへ

お、お、おおかみですか。(笑)
それは、うれしいのか微妙だ・・・
夢見草さんとであった日々が遠い昔に感じるね。
またどこかで!!


ペニャイダー さんへ

雪の上はふかふかしていていいですよ♪
その代わり、銀マットとエアマットを敷かなきゃ熱が逃げてオニ寒いです。
12月の北海道でそれになかなか気づかず、めちゃめちゃ寒い夜だった・・・


なみきち@潮騒写真家 さんへ

こちらこそ、こないだはどうもです。
ヨットで世界一周もいいですが、日本もいいものですよ♪
千葉の房総半島は思っていたより南国的で驚きました!
もっと民家もほとんどない田んぼに山ってイメージだったので・・・
楽しいツーリングになりました!
2012/04/12(Thu) 02:51 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: