ただいま~♪
期待を胸に踏み出す歩幅が自然と大きくなる自分がいた。

信夫山から眺めた福島の街並はきれいだ。
そのキレイさに原発で騒がれる街である事を疑った。

resize0273.jpg

3月11日、震災から1年を迎えるこの日。
こうして福島の地に立つ自分が不思議だった・・・

この日の福島はみぞれ混じりの冷たい雨。

あいにくと言いたいところだが、
1年前もまた同じ冷たい雨の降る日だったそうだ。



旅363日目 「~前を向き そして明日へ~」

AM 7:00 NPO事務所で目を覚ます。

もう少し寝たいところなのだが、
シュラフに銀マットをしまい、「さぁ~誰でも来い!!」

となるのは、事務所にまだ自分が顔を合わせてない誰か来るかもしれない。
と、聞いたもんだから、第一印象が肝心!だらしない姿は見せれんと、
こうして朝から構えて待っているもののなかなか現れず・・・
お利口にして待つこと、ようやく一人目がやってきたのは9時近くのこと。
ま、緊張した時間だったけど、おかげさまでブログの更新ができました。(笑)

昨日の取材で撮りそびれた写真を撮るため、
今日のお昼には福島民報新聞の方が再び来ることとなっていた。  
報告会議が始まれば、松田さんたちはなにやらまじめな会議。
事務所にいればいいと言ってはくれたが、自分は駅前のドトールに行けばブログ、
その後自転車を取りに行き、お昼の取材に備えることにした。

そんなブログを終え事務所に戻る前にサイクルショップへ自転車を取りに行けば、
「おぬし、ずいぶんとカジュアルになりおって・・・」 が、第一印象。

resize0266.jpg

表参道のシャレたカフェ前に止めてあるようなチャリンコに変貌。

タイヤの色が明るくなっただけで、ずいぶんと印象が変わるものだ。
まぁ、気分も変わる♪
こんなカジュアルな自転車、ダサい自分に乗りこなせるか心配だったが、
荷物を装着すればチャリンコもダサくなってくれ自分にピッタリ♪

特に色の指定はしなかったが、タイヤは黒とばかりに・・・
resize0265.jpgresize0267.jpg
resize0268.jpgresize0269.jpg

で、それはいいのだが、これまた結構なお値段!

そんな修理代はと言うと、シフトレバーにブレーキケーブル、ディレイラーにタイヤと、
変えられるものは変えた備品の総額は38573円!!
そんじょそこらのスポーティーな新品チャリが変える値段になってしまった。
すべて松田さん持ちとは聞いているけど、これだけお世話になるのはさすがに・・・
支払いはどうなっていますかと聞けば、お店の人も「どうなんでしょうと」
よくわかってない様子。

さすがに「じゃあ」と言って立ち去るわけにもいかなく、
と言うわけで、とりあえずカードで決済。
むしろ、これほどまでに修理にかかるとは思ってもいなかったので、
このまま自分の支払いでもいいと思った。
ま、自分と言い張ってもコレは両親の決済クレジットなんだけどね。(笑)

ちなみに、これが後に松田さんを怒らせてしまうことになるとは・・・

おー、問題なくギアも変わる。
なんか新品の時のようにペダルが軽やかだ、スイスイ♪
そんなルンルン♪気分で事務所に戻りさっそく松田さんに報告。

で、結論から言うと松田さんに修理代をあとから全て貰ってしまうことに。
もう、なんてお詫びをしていいのか。(> <)/
あの押しを断れる方法があれば誰か教えてくださいってほど、
言われるがまま、受け取ってしまった・・・

そんな松田さんは先ほどの自転車屋さんに電話で文句を言っている様子・・・

自分が支払うはずが、なぜ彼に払わせているのだと言うことで。
なんかすみませんです。(> <)/


そして新聞取材の写真。

予定の時間に少し遅れてしまったのは、自分がゴタゴタさせてしまったため。
そんな福島民報さんには待たせてしまったが、写真は無事に撮ることができた。
震災から一年の今日、何かとお忙しい中すみませんでした。(> <)/

さてさて、そんな記事はと言うと無事に掲載されてくれたから、
嬉しいと言うより、正直一安心と言ったところ。
取材が来たのに記事にならないなんて悲しいではないか。

しかもカラー写真、ひとり色黒なのがよくわかること。(笑)
byec_satoshi_0310[1]

みなさん、ありがとうございました♪

そして迎えた2時46分。
自分はこのときを、どこでどのように迎えるのかと朝から気になっていた。
飯坂温泉駅を通過しようとした時、
立ち止まったまま信号を見送れば周りと一緒に黙祷。
そのときはまさに、ときが止まったとしか言いようのないもの。

そんな自分は勧められた信夫山へひとり目指す。
信夫山は街の北側に位置する福島のシンボルの山だ。

山の麓に位置する公園には、”利用時間は1日1時間に控えるよう”
そんな注意書きに少しブルーな気分になりつつ、坂を登り始めた。

resize0270.jpgresize0271.jpg

たかが標高275m、まして装備をはずした状態。

すこし甘く見過ぎた信夫山に大苦戦!!(> <)
途中から舗装道路がなくなるも、
自転車を無理矢理押して山道を登っていくことに。

そうして何とかの思いでたどり着いた鳥ヶ崎展望デッキ。

「どうしてこうなっちゃったんだろう・・・」
「話をした彼らはどんな思いでこのときを迎えているのだろう」と・・・
物思いにふけるには、その景色が似合っていたこともある。
誰も来ることのない場所であったからこそ、素直に泣きそうになっていた。

resize0273.jpg

そんな景色は言うまでもなくすばらしいもの、福島市街地が一望だ。
そのキレイさに原発で騒がれる地である事を疑った。

今でもふと考えることがある。

もし震災が今年であるならば、自分は津波に巻き込まれていたかもしれないと。
普通に沿岸のそれも福島原発のそばを走っていただろう、そう思うとぞっとする。

そばには半旗が掲げられている。
resize0274.jpg

resize0272.jpg

福島は本当にきれいな街だ。
放射能がどうこうと言われるが、街はみな普通の日常を送っている。
そんな元気な姿を見れたのは来てよかったと思うばかりだ。


松田さんに古山さんと合流すれば、福島県庁で催される追悼イベントへ。

「3.11 ふくしま復興の誓い」は少し前から降り出したあいにくの雨模様。
それにも関わらずこうして多くの人が集まっていた。

resize0276.jpg

そんな雨模様も当日もこのような天気だったと松田さんから聞けば、
この雨にも何か意味のあるものに感じてしまう。

resize0275.jpg

resize0277.jpg

その「希望のあかり」であるキャンドルナイトの光で描かれた「笑顔」
それは「~前を向き そして明日へ~」の意味が込められているそうだ。

夕食は事務所に程近い餃子屋さん♪
resize0278.jpg

震災の夜、停電に見舞われた福島の人々は暖房も利かない部屋で身を丸くして寝ていたそうだから、エアコンの利いた事務所にシュラフを広げて横になることは贅沢に感じた。
今夜も事務所でありがたく寝させてもらえることに。


明日は”曇り時々雪”の予報

それを心配して、松田さんは明日も泊まっていくといいと言ってくれたが、
多少の雪でも明日は走り出すつもりでいた。
これ以上お世話になるわけにもいかないし、ちょっとこの4日間は贅沢しすぎだ。

本当にありがとうございました!  


3月11日 おしまい。


[あとがき]
1年前のこの日を迎えた自分は出発を4日後に迫るさなかの出来事だった。
店に引き取ってもらった熱帯魚に、装備の最終確認をし出発に備えた自転車、
これから始まる冒険の世界に心を躍らせて地図を眺めていた。

母にも大反対されるし、自分は本当に旅に出てもいいのだろうか。
こんな時期に旅する自分を東北の被災地では冷たい目で見られるんじゃないだろうか。
まして、予約した大阪から沖縄行きのフェリーは出航するのだろうか。

準備を終え、いつでも旅に出れる自転車を見ながらそんなことを考えていた。


震災から1年が経つこの節目を、福島で迎えられたのは、
この時期に旅している意味が自分の中で生まれた気がする。
今ではこうして走り出してよかった、本当によかったと思うばかり♪


4月25日、現在は神奈川県川崎市。
明日は横須賀を目指します! 

携帯のアドレスは yaku@docomo.ne.jp
リアルタイムで確認できるので、お勧めの場所や情報などお願いします。
たくさんの情報、待ってます!



天候:晴れのち雨
体調:良好

キャンプ地:福島市街地 NPO事務所


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/04/25 01:52] | 福島
トラックバック:(0) |

お疲れ様です(^○^)
松田さんのご厚意はとっても、とっても、とってもありがたいことですね。

松田さんのお立場もありますから、ここは受け取っておいてもいいと思いますよ。

それでサトシさんが心苦しいということであれば、これから行く先々の土地の名産など「お世話になったお返し」として、松田さんへ送ってあげてはいかがでしょうか?きっと喜ばれますよ!



時の流れ
風ささき
未来に流れているね、でも時が止まったままの人も。
すくなからずとも、命日の日は、その人を想いましょう。
そうだね、お世話になった方々、ブログを読んでる人もいるだろうけど、旅の途中からの葉書でも充分に伝わるし、もらうと嬉しいものだよ。
明日もいい旅を、もうすぐ黄金週間だよ。

10年分の出会いに匹敵するね
タキmotoGP
この1年間で出会った人や、受けた親切、心温まる体験は、普段の日常10年分の出会いや感動に匹敵するんじゃないかな?
もうここまできたら、息子がバカな真似をしてフラフラしているなんてお母さんも言わないでしょう。
「後ずさりした時間は、前へ進むためのエネルギー」
それにしても修理代かかったねー!
今乗っている私の自転車(MTB)にヘルメット代と同じくらいだよ(笑)
タイヤの色はピカチュウに合わせてくれてたりして(^o^)

お疲れ様です^^
No Limits
今回の松田さんとの出会いは、サトシさんにとって素晴らしいものだったように思います。 おそらくサトシさんの被災地に対する熱い思いが松田さんに伝わりその恩返しがきたのかもしれませんね。 新聞にも掲載されたようですがこの記事を見て被災者の方々にも僅かかもしれませんが勇気をあたえられたのではないでしょうか。 旅もそろそろ終盤に近付きつつあると思いますが引き続き頑張ってくださいね^^ 

話は大幅に変わってしまいますが携帯のアドレスに送っても大丈夫でしょうか? 僕の場合愛知県内くらいしかご紹介はできませんが><

巡る
板垣哲夫
あはは。
新装になった自転車を見た時の感想が面白いですね。
結局ダサくなったという落ち?が最高です。

サトシさんの旅は、「ザ・旅」「正統派旅」という感じです。なんというか王道を行くというか。万人受けするというか。
世の中の人が一般的に想像する旅のイメージが詰まっている印象がありますね。
ようやくそのことに気づきました。
そうか、そうか。だからなのか、と一人勝手に納得しているわたしがいます(笑)。

修理代の件に関しては、そこまでさせてしまう何かがあったということなんでしょうね。
少し誤解を招く言い方かもしれませんが、自分の好きなことをやって、周りが勝手に動いてくれるいうのは、ある意味理想的な形だと思います。

ありがたく好意を受け取るにしてはあまりにも高額ですが、まあ、そこまで言われたら無駄な抵抗はよして、おとなしく流れに身を任せてしまうのが吉かと。
で、将来的にサトシさんが、この旅で受けた恩なりを今度は他の人にどんどん渡していけばいいんじゃないでしょうか。
そしてサトシさんがもらった人は今度は別の人に渡して―。
そうやって思いやお金というものは世の中を回っていくもんだとわたしは思います。
「流れ」みたいなもんですかね。

サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
サトシ
虫 さんへ

そうですか、甥っ子さんも「潤輝」ですか♪
自分的には時画数が多くて少々面倒な名前ですが。(笑)
松田さんに何かを贈るのはいい考えですね。
ぜひそうすることにします♪


風ささき さんへ

絵葉書はメールにない良さがあるといいますもんね。
自分の字の下手さが悔やまれるところ。(> <)


タキmotoGP  さんへ

修理代には驚きますよね・・・
自分もここまでとは、ちとショックでした。
そして今回のことといい、いい出会いに旅も充実を感じてます♪
母も認めてくれていますよ、ただ父はわかりませんが・・・(> <)


No Limits さんへ

携帯に愛知の情報など、送ってもらえるのなら助かりますよ!リアルタイムで確認できるので、確認したときには通過なんてないので携帯のほうが嬉しいぐらい。
被災地ではこうして走り、状況をブログで綴っていくだけの、たいしたことをしていないのですが、それでも頑張る姿を見て元気を与えていたのなら嬉しい限りです。
また復興した街を走り、ブログで綴りたいですね♪


板垣哲夫 さんへ

自分もいつか誰かに恩返しすると決めて、この旅ではお世話になってしまうのも確かにいいのかも。
初めは誰にも迷惑をかけない旅にしようと頑張っていましたが、そんなサイクルがあると思えば、お世話になってもいいのかなと感じますね。
自転車のタイヤは今ではいいと思いますよ(笑)
ブロックタイヤで、さらにパンクに強くなったと思います♪
親切にしてもらった分、今度は自分が誰かに恩返しをして、その流れがサイクル。
その流れが止まらないよう、自分も頑張らないと!(>_<)/


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
お疲れ様です(^○^)
松田さんのご厚意はとっても、とっても、とってもありがたいことですね。

松田さんのお立場もありますから、ここは受け取っておいてもいいと思いますよ。

それでサトシさんが心苦しいということであれば、これから行く先々の土地の名産など「お世話になったお返し」として、松田さんへ送ってあげてはいかがでしょうか?きっと喜ばれますよ!

2012/04/25(Wed) 10:41 | URL  | 虫 #-[ 編集]
時の流れ
未来に流れているね、でも時が止まったままの人も。
すくなからずとも、命日の日は、その人を想いましょう。
そうだね、お世話になった方々、ブログを読んでる人もいるだろうけど、旅の途中からの葉書でも充分に伝わるし、もらうと嬉しいものだよ。
明日もいい旅を、もうすぐ黄金週間だよ。
2012/04/25(Wed) 13:04 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
10年分の出会いに匹敵するね
この1年間で出会った人や、受けた親切、心温まる体験は、普段の日常10年分の出会いや感動に匹敵するんじゃないかな?
もうここまできたら、息子がバカな真似をしてフラフラしているなんてお母さんも言わないでしょう。
「後ずさりした時間は、前へ進むためのエネルギー」
それにしても修理代かかったねー!
今乗っている私の自転車(MTB)にヘルメット代と同じくらいだよ(笑)
タイヤの色はピカチュウに合わせてくれてたりして(^o^)
2012/04/25(Wed) 20:54 | URL  | タキmotoGP #KaRIk3jA[ 編集]
お疲れ様です^^
今回の松田さんとの出会いは、サトシさんにとって素晴らしいものだったように思います。 おそらくサトシさんの被災地に対する熱い思いが松田さんに伝わりその恩返しがきたのかもしれませんね。 新聞にも掲載されたようですがこの記事を見て被災者の方々にも僅かかもしれませんが勇気をあたえられたのではないでしょうか。 旅もそろそろ終盤に近付きつつあると思いますが引き続き頑張ってくださいね^^ 

話は大幅に変わってしまいますが携帯のアドレスに送っても大丈夫でしょうか? 僕の場合愛知県内くらいしかご紹介はできませんが><
2012/04/26(Thu) 21:33 | URL  | No Limits #-[ 編集]
巡る
あはは。
新装になった自転車を見た時の感想が面白いですね。
結局ダサくなったという落ち?が最高です。

サトシさんの旅は、「ザ・旅」「正統派旅」という感じです。なんというか王道を行くというか。万人受けするというか。
世の中の人が一般的に想像する旅のイメージが詰まっている印象がありますね。
ようやくそのことに気づきました。
そうか、そうか。だからなのか、と一人勝手に納得しているわたしがいます(笑)。

修理代の件に関しては、そこまでさせてしまう何かがあったということなんでしょうね。
少し誤解を招く言い方かもしれませんが、自分の好きなことをやって、周りが勝手に動いてくれるいうのは、ある意味理想的な形だと思います。

ありがたく好意を受け取るにしてはあまりにも高額ですが、まあ、そこまで言われたら無駄な抵抗はよして、おとなしく流れに身を任せてしまうのが吉かと。
で、将来的にサトシさんが、この旅で受けた恩なりを今度は他の人にどんどん渡していけばいいんじゃないでしょうか。
そしてサトシさんがもらった人は今度は別の人に渡して―。
そうやって思いやお金というものは世の中を回っていくもんだとわたしは思います。
「流れ」みたいなもんですかね。
2012/04/27(Fri) 13:44 | URL  | 板垣哲夫 #-[ 編集]
サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
虫 さんへ

そうですか、甥っ子さんも「潤輝」ですか♪
自分的には時画数が多くて少々面倒な名前ですが。(笑)
松田さんに何かを贈るのはいい考えですね。
ぜひそうすることにします♪


風ささき さんへ

絵葉書はメールにない良さがあるといいますもんね。
自分の字の下手さが悔やまれるところ。(> <)


タキmotoGP  さんへ

修理代には驚きますよね・・・
自分もここまでとは、ちとショックでした。
そして今回のことといい、いい出会いに旅も充実を感じてます♪
母も認めてくれていますよ、ただ父はわかりませんが・・・(> <)


No Limits さんへ

携帯に愛知の情報など、送ってもらえるのなら助かりますよ!リアルタイムで確認できるので、確認したときには通過なんてないので携帯のほうが嬉しいぐらい。
被災地ではこうして走り、状況をブログで綴っていくだけの、たいしたことをしていないのですが、それでも頑張る姿を見て元気を与えていたのなら嬉しい限りです。
また復興した街を走り、ブログで綴りたいですね♪


板垣哲夫 さんへ

自分もいつか誰かに恩返しすると決めて、この旅ではお世話になってしまうのも確かにいいのかも。
初めは誰にも迷惑をかけない旅にしようと頑張っていましたが、そんなサイクルがあると思えば、お世話になってもいいのかなと感じますね。
自転車のタイヤは今ではいいと思いますよ(笑)
ブロックタイヤで、さらにパンクに強くなったと思います♪
親切にしてもらった分、今度は自分が誰かに恩返しをして、その流れがサイクル。
その流れが止まらないよう、自分も頑張らないと!(>_<)/
2012/04/30(Mon) 00:20 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: