ただいま~♪
「志を得ざれば 再び 此の地を踏まず」

resize0330.jpg

医学の研究に生涯をかけた彼の人生には、
これまで曖昧だった、自分の中でいちばん尊敬する人、
心からすごいと思う人を見つけた気がした。


旅365日目 「風にあそばれて」

6時半、寝泊まりしたネットカフェを出ればすぐにマクドへ。
朝から旅人らしからぬ姿ではあるが、ブログを何とかしないとの思いもある。

とはいえメインは旅であり、旅があってこそブログ。

ブログばかりに捕らわれていては元も子もないので、
9時もになれば、さすがにこれ以上時間をかけるわけにもいかず、
また移動に観光する時間も考えるとこれが限界であった。
時間ギリギリまでパソコンに向かい続けるも、
そんな今朝も結局は投稿までは至らずの出発。
そんなもんだから踏み出すペダルがよりいっそう重いものに感じつつスタート・・・

それでも空の澄み渡る青さ。
気持ちを切り替えて出発することができたのはそんな青空のおかげだろう。

郡山駅前
resize0310.jpg

resize0309.jpg

本当に気持ちのいい朝だ。
目指す猪苗代湖(いなわしろこ)はここ郡山から西へ35kmほど行ったところ。

そんな猪苗代には楽しみにしていることがある。
実は1000円札でおなじみの野口英世の生まれ故郷であり、
湖畔一周と言うよりは、野口英世記念館へ期待を寄せるほうが大きかった。
松田さんたちと一緒に車で巡ったときは閉館時間に涙をのむこととなってしまったが、
今回はそのリベンジとばかりに真っ先に記念館を目指すことにしよう。

距離的にも今日と明日で十分、
湖を一周して、再びここ郡山に戻ってくることにしてスタート。
西へ舵を切っていった。

郡山市街地の様子
resize0305.jpg resize0312.jpg
爽やかな青空の下、今日は最高のツーリング日和になると思っていたが、
実際にふたを開けてみればどうだろうか、昼頃には余裕でたどり着くと思っていた猪苗代湖までの道は予想以上に険しく、また標高500mの中山峠には相当思い知らされることとなった。
加えて特に苦しめられたのが向かい風! (> <)/
ついにはハンドルに取り付けてある地図の1ページを引きちぎられてしまうほどであり、そんな猪苗代までの35kmが、実際の距離以上に遠いものと感じてしまう。

郡山に引き返して今日はブログに充てたほうが賢明なのでは・・・
と、何度も考えたほどで、
それでも前を向き続けたのは、走らないともったいないと思わせるこの貴重な青空、
それほど今日は気持ちのいい青空だった。

resize0313.jpg

resize0315.jpgresize0314.jpg

ちょっとヒヤヒヤする出来事と言えば、
強風にうつむき加減、信号どころか交差点にも気づかず突入したのには、
自分でも気持ち的にいい加減になっていたと反省するばかり。

越えていく中山峠に汗一杯、苦しみながら進むのだが、
今日も車から声援を受けて本当にありがたかった。
そんな声援が励みに、励みが足の力に、足の力がペダルに伝わるんだろう、
情けない姿を見せれないなと終始頑張ることができた自分がいた。

resize0306.jpg

resize0307.jpgresize0316.jpg

苦労して登り詰めた中山峠を下り、その先に突如として現れた猪苗代湖。

予想以上のタイムロスに時計の針は大きくお昼を回る。
くたくたの自分を迎えてくれた猪苗代湖はというと、
その姿が見えると共にこれまでの疲れが一気に吹き飛んでしまった。

猪苗代湖にて休憩♪
resize0318.jpg

resize0320.jpg

太陽の光にキラキラと光り輝く湖の青さ、
またそんな湖の青さをいっそうに引き立てる周囲の真っ白な雪、
そんなまばゆい世界にすっかり魅了させられるばかりだった♪

湖畔沿いに自転車を止めれば背中の荷物を下ろし休憩に。

猪苗代湖は日本で4番目、東北に至っては1番目の規模を誇る湖で、
地図で見れば数多くのビーチが湖畔に並び、海水浴場ならぬ湖水浴場が点在。
湖で泳ぐなんてと思ってしまうが、この美しさを目にすれば納得するほどで、
その姿は北海道の摩周湖を思わせる。

ここが猪苗代湖か。
こんなきれいな地で野口英世は生まれ育ったのかと思うとそれだけでも興味深い。

そんな猪苗代湖もすすむは反時計回り。
resize0308.jpg

内陸に来たとはいえ、雪の多さには驚くばかりで、
路肩にはまだまだたくさんの雪。
3月の半ばとはいえ、この地に訪れる春はまだまだ先のようだ。

目指す野口英世記念館までわずかではあるが、
やはり立ちふさがる向かい風には苦しめられるばかりで、
グイグイ押し返されるようなその強さに、せいぜい6km/hばかりという、
ランニング程度のスピードに思うように進まないままだ。

彼らはこの風の強さに気づいているのだろうかと、
走り去る車が羨ましくて仕方がない・・・

それでもこの景色には再び北海道を走っているような気分♪
resize0323.jpg

resize0325.jpg

resize0324.jpgresize0321.jpg

コンビニでサラダに菓子パンの昼食をすまし、その後も黙々と進むのみ。

山々にはスキー場のゲレンデがいくつも見られ、
ここに来て極端に冬戻りをした気分でもあった。


PM 3:30 野口英世記念館に到着。

resize0327.jpg

向かい風に加え雪もちらつく中、
そしてようやくたどり着いた頃はというと、閉館時間の45分前。

2階建ての資料館に当時のまま残された野口英世の生家。
閉館ギリギリまで見ていたその野口英世記念館はというと、
とても充実した内容に楽しく見ることができた。
それは自分が医療の現場で働きたいと思っていたからかもしれない。

ご存じの通り、野口英世は世界的にも有名な研究医として
南アフリカで研究中の黄熱病に倒れるまでの彼の生涯はもちろん、
彼が残してきたか数々における業績にはすばらしいものがある。
しかし、その中でも一番に感銘を受けたのが、英世氏の人柄のよさである。
渡米した研究チームで慕われ、遠く離れた母を思いやる気持ち、
館内はそれらに溢れた内容であった。

resize0332.jpgresize0333.jpg

野口英世の生家の支柱には上京する際に刻んだ決意文が今でも残る。

「志を得ざれば 再び 此の地を踏まず」
resize0330.jpg

自分も旅にでる前に何か刻んでおけばよかった・・・

こうして見ていると、彼のことを知っているようで知らなかった自分がいた。
医学の研究に生涯をかけた彼の人生には、まさに努力の天才ともいえるだろう。
これまで曖昧だった、自分の中でいちばん尊敬する人、
心からすごいと思う人を見つけた気がした。

野口英世の生家
resize0329.jpg

resize0328.jpg

1歳の時に落ちて大やけどをした囲炉裏が右手のもの。
しかし、それが医師を目指すきっかけとなったのだから人生分からないものだ。


そんな興味深いひと時もあっという間のこと。

その全てに目を通していこうと意気込んでいたものの、
さすがに閉館までの45分間ではぜんぜん足りず、
最後は閉館のアナウンスに焦りつつ簡単に流し読みをするのが悔やまれるばかり。 
彼の残した手紙など、まだまだ見たいものがたくさんある中での閉館時刻。
しかしその内容には入館料500円にも、出てくるときにはすっかり満足であった。


湖畔沿いのならいくらでも張れる場所があるだろうと、
大して気にしていなかった野宿ポイント探し。
しかし、実際に走れば期待していた湖岸が大ハズレで、
どこも人の立ち入りを拒むその雪深さに近づくこともできぬまま、
その後は手当たり次第、日没まで全力で探し続けることとなってしまった。

resize0334.jpg

ようやく見つけた無人駅にて、この日は終了。

扉の待合室にトイレもとりあえず完備♪ これで一安心。
と言うのも、お昼に購入したお茶が側面から凍り出しているほどで、
振ればシャリシャリ。
内地に来たのもそうだし今夜は寒くなりそうだ。

米を炊く気分にはならない雰囲気のトイレの水道で、
途中コンビニでカップラーメンを食べておいたのは正解だった。

resize0335.jpgresize0336.jpg

その後はブログの整理など。

駅で寝させてもらう以上は終電まで待つのが最低限のマナーであるのは十分承知なのだが、 峠越えに一日中悩まされ続けた向かい風にへとへとの体、
そしてあまりにも遅い11:26会津行きの終電・・・

resize0337.jpg

襲いかかる睡魔に耐えきれず終電を1本残したまま、
テントを広げて寝てしまいました、ごめんなさい。(> <)/   



3月13日 おしまい

[あとがき]
5月2日、現在は東京の八王子駅前。
雨で停滞です・・・


走行時間 5:13[h]
走行距離 51.8[km]
平均速度  9.9[km/h]
最高速度 24.7[km/h]

天候:晴れのち雪
体調:良好

キャンプ地:JR翁島駅 (福島県耶麻郡猪苗代町)


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/05/02 11:37] | 福島
トラックバック:(0) |


まめ
中学時代の修学旅行先が会津若松地方で、猪苗代湖周辺を回ったことをこの記事を見て思い出しました。

この野口英世像の前で写真を撮ったこともふっと思い出したり(^^)
恥ずかしながら当時は子供だったのであまり興味がなく、記念館のことは記憶にないのですが、今行ったら全く違った視点で感じるものがあるのだろうな~と思いました。

東京、夜は雷を伴う暴風雨になるそうなので今日はネットカフェ泊かな?
都会は走りにくそうだけど悪天候のときの選択肢が色々あるのが良いかもせれませんね(*^^*)

業務連絡?
風ささき
無事に帰宅しております。
3日も一日雨みたい、停滞だね。
ブログの更新が進むススム?
尊敬できる人の片鱗に触れられたようで、ビンビン心に響いたようだね。
明日もよい旅(マクド?)を。

サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
サトシ
まめ さんへ

ひとりだったから、思い深く見ることができたのかな。
自分も友人と一緒に来ていれば、ここまで思うことはなかったと思いますよ。
ぜひ足を運んでみてください♪


風ささき さんへ

八王子になかなか条件のいい、まる一日24時間で1900円というネカフェがあったので、快適です♪
気分はもうここに1週間ほどいてブログに充てたいぐらいですよ。(笑)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
中学時代の修学旅行先が会津若松地方で、猪苗代湖周辺を回ったことをこの記事を見て思い出しました。

この野口英世像の前で写真を撮ったこともふっと思い出したり(^^)
恥ずかしながら当時は子供だったのであまり興味がなく、記念館のことは記憶にないのですが、今行ったら全く違った視点で感じるものがあるのだろうな~と思いました。

東京、夜は雷を伴う暴風雨になるそうなので今日はネットカフェ泊かな?
都会は走りにくそうだけど悪天候のときの選択肢が色々あるのが良いかもせれませんね(*^^*)
2012/05/02(Wed) 13:46 | URL  | まめ #-[ 編集]
業務連絡?
無事に帰宅しております。
3日も一日雨みたい、停滞だね。
ブログの更新が進むススム?
尊敬できる人の片鱗に触れられたようで、ビンビン心に響いたようだね。
明日もよい旅(マクド?)を。
2012/05/03(Thu) 00:37 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
まめ さんへ

ひとりだったから、思い深く見ることができたのかな。
自分も友人と一緒に来ていれば、ここまで思うことはなかったと思いますよ。
ぜひ足を運んでみてください♪


風ささき さんへ

八王子になかなか条件のいい、まる一日24時間で1900円というネカフェがあったので、快適です♪
気分はもうここに1週間ほどいてブログに充てたいぐらいですよ。(笑)
2012/05/11(Fri) 12:14 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: