ただいま~♪
ブレーキレバーをにぎると、キィー!とイヤな音。

resize0478.jpg

雨に日は前輪ブレーキがよく悲鳴を上げる。 
そんな日はあまり使わないようにしていた。
だってこんな自転車乗っといて、キィー!、は情けない・・・

昨日は100kmを越える走行となれば、今日は雨の中の走行だ。 (> <)


旅369日目 「雨」

AM 8:30 目を覚ます。

昨夜は疲れていたこともあり、ぐっすり眠れた。

ポツポツとフライシートに打ち付ける雨音を聞いてショック・・・
アラームは無意識のうちに止め、雨の音で目が覚めた。

ご覧の通り、雨宿りする屋根もないJR宇都宮駅近くの公園にて・・・
resize0471.jpg

昨夜天気予報を確認してなかったからだ・・・

ネカフェに行けばよかったとすごく後悔するばかり。
人の目に付く駅前の公園であるし、なんせ今日は小森さんと待ち合わせ。
そのため雨の様子を見ている時間もなければ、悲しい雨に打たれての撤収となり、
雨の日の撤収ほど惨めなものはないと思った。

足場もドロドロ、屋根もなければ荷物の置き場にも困る。
濡れては困るものから急いで片づけていき、あとはもうびしょびしょ・・・

何度も言うが、すごく惨めな撤収だった・・・

AM 9:40 寝泊まりした公園を出発。

カバンにあるもので朝食をすます。
さて、悲しき雨の中の走行となった今、
シトシト雨に加え、そして寒さが特に応える・・・

気分は宇都宮で停滞といきたいところなのだが、
今日は待ち合わせをしているため、止む終えず走ることになってしまった。
栃木を抜け、なんとしてでも茨城まで行かないといけない。

ただ、そんな会う約束をしている小森さんには、
今夜は知人の民宿に案内してくれると聞いているのですごく楽しみだ♪
台風でもない限り向かっているだろう。
それが唯一の励みと言うより、この上ない走る理由でもある。
”すべては今夜の宿のため”それをスローガンに頑張ったのであった。

とはいったものの、やはり雨の中の走行はなかなかつらく、
泣ける走行だ・・・

resize0472.jpg

いつか止むだろうと思っていた雨も、むしろその雨足を強める一方で、
防水性のウィンドブレーカーも水を吸ってしまい、その重さが気になってくる。
特にピッタリと足に張り付くズボンが不快で、そんな足の動きは堅いもの。
加えて朝から脱力気味であれば、足が踏ん張りに欠いたままだ。

昨日の100km越えの疲れが足に残っているせいだろう、
思うように足が上がらなければ、
こんなので今日1日大丈夫なのかと不安に思ってしまった。

それでも今日は休日とあって、またいつもにもなく一段と声援を受ける日でもあった。
雨の中頑張っていたからかもしれない。
車から励ましてくれる子供たちが特に多く、そんなたくさんの声援はうれしいばかり♪
もしかしたら親に言われてかもしれないけどね。(笑)

宇都宮大学の前を通過し市街地を抜ければ、
国道123号線を水戸の方向へと進む。

resize0474.jpg

resize0473.jpg

走り出して30分もすればびしょびしょ。 (> <)

しかし、これが気持ちに区切りがつけることができた。
濡れれところまで濡れてしまえばその後は雨がなんだろうと、
ちょっと開き直った気分、構わず足を進めた。

昼過ぎに入ったコインランドリーは洗濯というより休憩がしたかった。
再び防水性を復活してくれることを祈りつつ、
びしょびしょになったウィンドブレーカーも乾燥機に入れてみる。
近くのコンビニで買ってきたお弁当を食べながら洗濯が終わるのを待っていたのだが、雨の日とあって次々に人がやって来るため、ちょっと落ち着かない雰囲気だ。
時間もかかるし、ちょっと失敗した気分になった。
乾燥機も常に数台が回っていて、よく儲かっている様子。

待ち合わせをしている小森さんには電話で現在地を伝えると共に、
すみませんと、少し遅れていることを伝えておいた。
すべての行程が終わり、再び雨の中へ走り出したのは1時間後のこと。

そして再び雨の中へ。

resize0468.jpg

ウィンドブレーカーは相変わらず・・・
そしてようやく気がついたのだが、水を吸ったサイドバックは予想以上に重たい。 
もうびしょびしょ、気づけばポケットの中も浸水状態に近いではないか。
念のためスマホはカバンの奥にしまっておくことにしたが、
しかしこのときすでに手遅れのものが・・・

これには本当にショックだ。 (> <)/
一眼レフで写真を撮ろうとすると、液晶モニターの色が裏帰ったように反転。
どうしたんだろうと、再びスイッチを入れ直すも、
やはりインクをにじませたような画面が映し出される!

やってしまった、もう決定的だ・・・ 

一様シャッターは降りるものの、正常に撮れているか確認するすべもなく、
しばらくはカバンの奥で休ませることにした。
このときばかりは本当に本当にブルーな気分だ・・・

その後はサブのカメラを使って写真を撮るも、
やはりカメラの不安が頭に残ったまま。
雨の中悲しい走行となってしまった・・・

茂木に入れば雨は収まるどころか、ますますその勢いを強めてきた。

そのため道の駅「もてぎ」での休憩は予定より長くなってしまう。

resize0477.jpg

resize0475.jpg

ここで先ほどのカメラをいじれば、症状は比較的軽くおさまっていた。
直ってきているということなのだろうか!?
まだまだ油断はできそうにないが。

ところで、この「もてぎ」どこかで耳にしたことのある地名だなと思えば、
近くには「ツインリンクもてぎ」という、ホンダの国際サーキット場があるそうだ。
そんなサーキットのおみやげを眺めたり、
特設であった太鼓のイベントを見たりと30分ほど時間を潰していた。
しかしそれでも止まぬ雨に最後は観念して先へ進むことに・・・

ちなみに、この道の駅、アイスクリームが大人気で行列ができるほど!
そんな自分が寒さに震える中、みんなアイスをぺろぺろしていた。


数キロの区間だけ国道と並走する形で延びる真岡鉄道、
臨時列車だろうか、たまたま通過したSL汽車を見ることが出来た♪

もてぎ駅を出発したばかりのSL♪  そんな車内は観光客で満席に伺えた。
resize0476.jpg

黙々と煙を上げて走る姿はなかなかのもの。
実はSLが実際に走る姿を見たのは始めてなもんだから、
その煙の量には興奮して見てしまった。 (>_<)/

しかし、いいものを見れたものだ♪

その後も、サーキット場が近いだけにドライブインなどは白黒のモザイク模様など、
もてぎだけにサーキットを意識した建物、看板が見えてくる。
ちょっとピットイン♪ って訳にもいかず、
そんなお店はどこも閉店してその寂しい雰囲気を残すばかりだ。

雨のせいかもしれないが、
このあたりの町全体が影を落とす寂しい雰囲気に感じられる。
ただ自分がカメラの件で影を落としているだけかもしれないのだが・・・

resize0478.jpg

resize0479.jpg

その後雨も止めば、ようやく走りに余裕が出てきた。
栃木を抜け茨城に差し掛かるところで前方の車からクラクション♪

応援してくれているのかなと思ったら、それは待ち合わせをしている小森さんだった。

目的地の旅館までもう少しだよと教えてもらえば、少しやる気も復活!
詳しい道のりはまた電話をすることで分かれることに。

ついに茨城県に突入!
resize0480.jpg

resize0483.jpg

道の駅「かつら」でスタンプを押せばすぐに走り出した。

ここからは県道21号線に入り、常陸太田の方向を目指すことに。
ちなみに「常陸」と書いて「ひたち」と読むそうだ。
このあたり、自分もはじめ勘違いをしていたのだが、常陸大宮や常陸太田など、
また海岸線には日立製作所の本場、日立市もあるため、これまたややこしい。
また日立製作所が地名を取っていたとは意外だ。

そんな中、ポツンと見えてきたオレンジの看板に見覚えのあるハト・・・

まさかと思いきや、あのセイコーマート!
北海道以来のセコマに信じられない気分で、もちろん入ることに♪
懐かしくて笑顔になりながら店内をウロウロ、これは怪しい奴だ。(笑)
セコマの100円パスタもあった♪
ただ、安いオリジナル商品の品揃えは北海道に比べればいまいちだった。
セイコーマートは北海道だけだと思っていたけど、
こうして茨城で見ることができて不思議だ・・・

この牛さんも懐かしい♪ (>_<)/
resize0482.jpg

resize0481.jpg

ちなみにこう旅していろんなご当地コンビニを見てきたが、
このセイコーマートが一番のお気に入り。
特にここのカツ丼が大好物なのだ♪
2位は焼き鳥弁当で有名な函館のハセガワストアー(コンビニ)に、
次が中国地方によくある弁当のご飯大盛りのポプラだろうか。

で、現実に戻り再び雨の中の走行。 (> <)

黙々と走る中、ゴールも近いところで声をかけてくれた方がいた。
簡単な話しかできなかったけど、これで少し気が上がった気がする。
その後はラストスパートをかけて走ることができた。
やはり話さないとダメかもしれない、黙々と漕いでいるのはつらいものに感じる。


そして日没も迫る頃にようやく常陸大宮市街地、
そこから少し北に上がった旅館の前で待つ小森さんと無事に合流!

小森さんとの初めての出会いは暑さにもがく去年の夏の石川県でのことだ。
同じ道の駅でキャンプをすれば、おじさん自身も車でひとり、全国の道の駅のスタンプや寺院の朱印を集めているだけに、その後もメールのやり取り。
去年の7月から話していた、茨城に来たときには是非というお誘いを、
今日ようやくその日が来たというわけだ。

今夜は自分がゆっくり出来るよう旅館を手配してくれれば、さっそくお風呂。
靴の中までびしょびしょだけに、
早速案内されたお風呂に入ればもうサッパリ♪ (>_<)/
雨の中頑張ってよかった~♪

その後は小森さんと、その知人の藤田さんの3人で近くのレストランで食事。
おいしい食事に楽しい話が聞けて、
これまた楽しい時間を過ごすことが出来た夜であった。

奥が小森さんで、手前の方が藤田さん。
resize0469.jpg

resize0470.jpg

今夜の宿は話したとおり、小森さんが知人の旅館を今日と明日とってくれたのだ。
こじんまりとした雰囲気にのんびり出来そうな旅館。
本当にありがとうございます!

明日はおじさんと2人、日光を巡る予定。
すごく楽しみに、少しテレビを見れば布団にもぐることにした。


3月17日 おしまい。


走行データ不明・・・ (> <)

天候:雨
体調:良好

キャンプ地:茨城県 常陸大宮の旅館 ()


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/05/14 14:35] | 栃木
トラックバック:(0) |

雨だとね
風ささき
何もかもブルーな気分だよね、パンツ・靴下もグッチョリだもんね。
不快指数300%くらいかな、一日雨だと。
ツーリングで防水カメラを持っていくけど、根性で雨の日もシャッター切ってる、すごい々。
雨だと、極端に写真の枚数が減るんだけど、そこは大したもんだよ。
自転車も、だけど、カメラのメンテナンスも必要だね。
大事な愛機だろうし。
再会できて良かったね、それも長旅だからこそ。
明日もいい(前橋)旅を。


冷たい雨での走行
板垣哲夫
約束があったとしても、わたしならすぐに白旗を上げちゃうだろうなあ。すいませんって(笑)。
ま、実際はそうならないようになんとかするんでしょうけどね。

カメラの故障。目標、というかノルマがあると、どうしても意識がそっちにいってしまい、余裕が失われていろいんな意味で視野が狭くなる。いつもは配慮している防水対策も少し疎かに。
気分が低下する雨の走行も、注意力が散漫になる原因の一つなんでしょうね。

サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
サトシ
風ささき さんへ

こんな日は防水カメラがいいですね~
もうカメラを2回も修理に出しているので、もうこれ以上壊したくないのですが、旅をしていると難しいもので・・・
この時は本当に凹みましたよ。(笑)


板垣哲夫 さんへ

辛い走行も、その後は温泉に布団で寝れて走った甲斐が十分にありました♪
にしても、もう二度と雨の中の走行はするもんかとおもいましたよ。(笑)
ほんと、注意力も低下し、事故も危険が高いかも~

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
雨だとね
何もかもブルーな気分だよね、パンツ・靴下もグッチョリだもんね。
不快指数300%くらいかな、一日雨だと。
ツーリングで防水カメラを持っていくけど、根性で雨の日もシャッター切ってる、すごい々。
雨だと、極端に写真の枚数が減るんだけど、そこは大したもんだよ。
自転車も、だけど、カメラのメンテナンスも必要だね。
大事な愛機だろうし。
再会できて良かったね、それも長旅だからこそ。
明日もいい(前橋)旅を。
2012/05/14(Mon) 17:00 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
冷たい雨での走行
約束があったとしても、わたしならすぐに白旗を上げちゃうだろうなあ。すいませんって(笑)。
ま、実際はそうならないようになんとかするんでしょうけどね。

カメラの故障。目標、というかノルマがあると、どうしても意識がそっちにいってしまい、余裕が失われていろいんな意味で視野が狭くなる。いつもは配慮している防水対策も少し疎かに。
気分が低下する雨の走行も、注意力が散漫になる原因の一つなんでしょうね。
2012/05/16(Wed) 13:45 | URL  | 板垣哲夫 #-[ 編集]
サトシ  皆さんコメントありがとうございます♪
風ささき さんへ

こんな日は防水カメラがいいですね~
もうカメラを2回も修理に出しているので、もうこれ以上壊したくないのですが、旅をしていると難しいもので・・・
この時は本当に凹みましたよ。(笑)


板垣哲夫 さんへ

辛い走行も、その後は温泉に布団で寝れて走った甲斐が十分にありました♪
にしても、もう二度と雨の中の走行はするもんかとおもいましたよ。(笑)
ほんと、注意力も低下し、事故も危険が高いかも~
2012/05/20(Sun) 11:48 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: