ただいま~♪
沖縄で旅のスタートを切ったのは去年の3月のことだ。
思い返せばあの時もまだ寒かった・・・
鹿児島で満開のさくらに春を告げられ、青森のねぶた祭で特別な夏となれば、
北海道では紅葉に切なさと寒さに震えた秋だった。
そして雪でもめげずに走り続けてきた北海道に東北、
春はまだか!とずっと心待ちにしていた。

resize0666.jpg

いつの間にか走り抜けてきた季節に、いくら日記が365日目を超えようとも、
自分の旅が1年を迎えたことにいまいち実感がわかないままで、
だから冬の終わりともいえる春の便りには、そんな花が祝福してくれたような、
1年間全力で走りきったことを心から感じることができた瞬間だった。

そんな思いが積み重なれば、自分には特別美しく見えた花だったのだ。

旅372日目 「旅の中で目指していた思い出」

さて、そんな今日を朝から順に振り返っていくとしよう。

快晴の空が迎えてくれれば、
そんな青い空に大きく深呼吸をして出発したのは9時近くのことだ。

resize0639.jpg

まずは昨日断念した勾配8%はあろう坂道をゆっくりと登っていくことにした。

辛いことは辛いのだがそれでも、なぜこんなに元気なんだろうか?
自分でも疑問になるほど足は疲れを知らぬ機械のように回り、
青空の下だからこそ、気分良くスタートを切ることができれば、
そんな青空の力を感じつつ登ること30分、
ようやく見えてきたのが本州最大の吊り橋、竜神大吊り橋だ。

空に負けぬ青さ、そして鱗をイメージさせるその飾り付けがまさに竜で、
その高さ100mといわれて納得のいく光景だった。
下のダムへと落とす影がさらに吊橋を高いもののように感じさせる。

その長さ375mを誇る姿は吊り橋にはなかなかのもの♪
resize0641.jpg

では、そんな吊橋をさっそく♪
といきたいところだが、この橋ただ渡るだけでも渡橋料として300円がかかるものと言うではないか。

向こう側に特に何かがあるわけでも無いとくれば疑問に思うところなのだが、
その高さを楽しむようなものである。
冷静に考えればどうだろうか、お金を払ってまで渡る橋ではないと思い、
悔しさもなければそんな失望と共に橋を写真に収めればここを後に。

そして何のための橋なんだろう、そんな疑問に思う竜神大吊橋であった・・・

ちなみに後々分かったことだが、完成した当初は吊橋としては日本一の長さを誇り、
そんな交通の機能を果たさなければ、その長さを観光の目玉に、
常陸太田市が33億円もの巨額費用を投じて完成させた観光用の橋であるようだ。
もちろん、今ではその税金の無駄遣いを指摘されるものとなっている。

竜神大吊橋、そのたもとには料金所が!! (> <)/
resize0658.jpg

resize0642.jpg

結局、吊橋を前に引き返すことに・・・ (≧ヘ≦) ムゥ

こうしてただ見るだけに竜神大吊橋を後にしたのだが、
ちなみにここには1時間以上もいてしまった。

いろいろあった、の一言では収まり切らない、そんな楽しかった時間はというと、
物産館では職員さんと、さらには台湾から来たというツアー団体さんにはことごとく囲まれ、そんなガイドさんの通訳を交えての質問攻め。
自転車に体験乗車してもらえばその反応にこちらとしても誇らしく思えてしまうぐらいに、またそうしてかれこれ1時間が過ぎてしまったが、
たくさんの差し入れをもらえれば、それも楽しいひとときだった♪

私もそうだが、みなメインの吊橋を背に・・・

resize0643.jpg

resize0662.jpg

さて、遅くなってしまったが水戸市街地へと走らせることにしよう。

途中でセイコーマートで朝食兼昼食を済まし、次に向かった先は西山荘だ。
茨城県、そして水戸と言えばなにが思い浮かぶだろう、
やはり納豆!ではなく水戸黄門ではないだろうか。

そんな西山荘はかの水戸黄門が73歳で亡くなるまでの10年余りを過した家であり、
木々にひっそり佇む隠居、また手入れの行き届いた綺麗な庭に心和む場所だった。
この地でどのような生活で晩年を暮らしたのか、そんな水戸黄門が歩いたであろう参道を進めば不思議なな気分になりつつ、気になることがいろいろあるだけに興味深く丁寧に見ていくことにした。

入場券には印籠が。(笑)
resize0646.jpg

resize0645.jpg

resize0649.jpg

この質素ともいえるかやぶき屋根の家で、晩年を過ごしたんだろう。

初めこそ、このあまりにの質素振りには驚いてしまったが、
人柄そのままにらしさの現れた家に納得できた。
ここで大日本史の制作に日々没頭していたようだ。
きっと静かにのんびりとした生活をおくれたことだろう。

また少しではあるが、そこで展示されてある水戸黄門ゆかりの品々には、
あらためて水戸黄門の魅力に取り付かれるばかりである♪
この地にいれば、当時の時代にタイムスリップをしたかのような、
そんな気分で見ることができた。

さて、いいことばかりを並べてきたがもちろん残念なこともある。

こうして自らも日本を旅をしているだけに、興味が尽きることがない水戸黄門の足取りではあるが、そんな説明を食い入るように見つめるも、
何せ説明内容が意地悪く思うほど難解不明・・・
そんな水戸黄門のことをしっかりと勉強しようと意気込んでいたものの、
結局は内容がいまいち掴めぬままの西山荘であった。 (> <)

また残念ながら現在の西山荘は火事で消失されたものを再建したものであり、
その規模も当時に比べて小さいものだそうだ。

しかしおみやげ店で水戸黄門キューピーを手にすれば、
735円という少し高い入場料に顔をしかめての入場も忘れ、
最後は満足のいくかたちでここを後にすることができた西山荘であった♪

resize0647.jpg

resize0664.jpg
水戸黄門キューピー、印籠もちゃんと持ってます♪
resize0665.jpg

その後、日が暮れだした頃に水戸市街地に入れば、
まず真っ先に足を進めたのが日本三名園の一つでもある偕楽園だ。

全国でも梅の名所として名が知れる場所であり、
しかも、そんな今がちょうど梅の花の時期であり梅まつりがやっているとのこと♪
しかもしかも!、入場料が無料嬉しいばかり♪

そんな楽しみを胸に足を踏み入れた偕楽園は平日にもかかわらず花見を楽しもうと多くの人でにぎわいを見せ、
また迷子になるほど広い敷地にどこから見て回ったらいいのやら・・・
それもそのはず、都市の公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位の広さを誇るらしい。
道路を挟めばさらに広がる公園に地図を見ても検討がつかないほどだ。
園内には100種類3000本の梅の木が植えられ、そんな花は少し寂しさが目立つ6分咲きではあったが、それでも種類が違えば、所々で満開の花を魅せてくれる木々もあり楽しませてくれた。

resize0667.jpg

resize0666.jpg

まだ冷たい風がながれる日々ではあるが、
そんな花を見ていれば、冒頭にも書いたように春の訪れ、
いつの間にか走り抜けていた季節、冬の終わりともいえよう春を告げる便りに、
自分の旅も1年を迎えることができたこと、頑張りを祝福してくれたような、
そんな1年間全力で走りきったことを心から感じることができた瞬間だったのだ。

そんな思いが積み重なる、自分には特別美しく見えた花だった・・・
そして目指していた思い出がひとつ、ここで達成できた気がした。

PM6:30 JR水戸駅に到着

resize0654.jpg

夕暮れの街中を走り抜けそして水戸駅に到着。

本格的な散策は明日にまわし、その後は駅構内のマクドでブログにあたれば
この日はネットカフェを利用して寝泊まりすることにした。



3月20日 おしまい。

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:水戸市街地 ネットカフェ 


読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/05/28 19:23] | 茨城
トラックバック:(0) |

300円で
風ささき
命拾いしたね?
無料だったら、渡っていたかな?
かなり揺れると思うよ~。
季節がひと回りしたんだものね、思い出のフラワー
パークや~かな?
自分は、西日本の出身なんで、大豆は好きだけど
納豆は受けつけないけど、サトシくんは?
大気が不安定、雷雨に注意だよ。
明日もいい旅を。

この印籠がめにはいらぬかあ!!
ぱんら
お疲れ様です。

ぱんらは高所恐怖症なので、たとえ300円もろても大吊り橋は渡りません!1000円なら考えるけど。

黄門様キューピー ゲット出来てよかったね。
色褪せてちょっとお疲れ気味のピカチュウがめっちゃ可愛い。なにげに楽しみにしてるんですよ、ピカチュウショット。

今日の差し入れ:もちろん、水戸納豆!!
明日も納豆パワーでGO!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
300円で
命拾いしたね?
無料だったら、渡っていたかな?
かなり揺れると思うよ~。
季節がひと回りしたんだものね、思い出のフラワー
パークや~かな?
自分は、西日本の出身なんで、大豆は好きだけど
納豆は受けつけないけど、サトシくんは?
大気が不安定、雷雨に注意だよ。
明日もいい旅を。
2012/05/28(Mon) 20:58 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
この印籠がめにはいらぬかあ!!
お疲れ様です。

ぱんらは高所恐怖症なので、たとえ300円もろても大吊り橋は渡りません!1000円なら考えるけど。

黄門様キューピー ゲット出来てよかったね。
色褪せてちょっとお疲れ気味のピカチュウがめっちゃ可愛い。なにげに楽しみにしてるんですよ、ピカチュウショット。

今日の差し入れ:もちろん、水戸納豆!!
明日も納豆パワーでGO!
2012/05/29(Tue) 14:31 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: