ただいま~♪
2つのこぶが特徴的な山だからすぐにわかった。
左後方には先日登頂した燧ヶ岳が悠々と聳え、
つい数日前はあちらの山頂に立っていたんだなと思うと、不思議な気分だ。

vresize1162.jpg

燧ヶ岳を登ったときは連なる山々に会津駒ヶ岳を見つけることはできなかったが、
こちらからはしっかりと燧ヶ岳に気づいてあげることができた。

旅477日目 「とんとん会津駒ヶ岳♪」

では、今朝から順に。

ここ数日、日記の投稿に間隔があいてしまったため今朝はパソコンに向き合う時間からはじまった。
6時半から始まったブログの投稿を終え、一息つくひまもなく撤収にあたる。
のんびりしていると会津駒ヶ岳を登る時間を失うからだ。
ぱっとしない曇り空に展望も期待できそうになければ登る気も消え失せてしまうが、
予報を見れば、この先いくら待とうとも梅雨の晴れまは期待できそうにもなく、
またこんな小さな村でいつまでも居るわけにも行かず、
晴れ間を祈りながらの撤収出発であった。

vresize1163.jpg
びっしょり重い結露を乾かし中・・・
vresize1164.jpg

テントなどの登山に不要な荷物は置いていければ一番いいのだが、田舎とはいえさすがに公園にテントを張ったまま行くわけにも行かず、
さらにはペグを自転車に忘れてきてしまったためテントを固定できずと、
そんな理由から結露でびっしょり重くなったテントをしっかり乾かしてからたたみ、
仕方なしにザックにしまいこむ。

ぱんぱんになったゴミ袋をザックのサイドにくくりつけ、トイレでボトルいっぱいに水を汲み、
バナナ3本を朝食に食べてから登山口へと踏み出したのが8時過ぎのことだ。
テントの結露取りに時間がかかり、出発が遅くなってしまった・・・

檜枝岐村集落から舗装された林道を歩くこと1時間、登山口が見えてくる。

今回登るルートは村にほど近い滝沢登山口から山頂まで1本道に延びる遭難のしようがないメジャーなルートだ。
それでも決まりである入山届けに装備品、予定コース、入山下山時刻、非常連絡先を書き記しポストへ投函。
さぁ、登るぞ!っというとき、あるひらめきが思いついた。

・・・ここにテントなど重たいものは置いていってはどうだろうか!?

そんな登山者の車が3台ほど止まってあるのを見て、ふと思いついたのだ。
悩んで悩んで、ラクを選ぶことにする。
いたずらされても動物ぐらいだろう、彼らにVAIOの価値が分かるはずがない。
まとめた荷物をテントのフライシートで包み込み、一見道路資材のように見せかけ片隅へ。
もう飛び跳ねるように軽いくなったザックに足取りは軽く、
いつものように入山届けをポストに入れ、そしてAM9:50登頂を開始した。

これだけ置いて行くことにした。
vresize1166.jpg

vresize1167.jpg

vresize1165.jpg

山頂まで4.7km、目安コースタイムは山頂までの往復で7時間とある。

ちょっと遅い入山を後悔しつつ、しかし予想に反して順調な足取りが続いた♪
初めだけだろう、徐々にキツくなる道のりを覚悟するも、その様子はいっこうになく、
荷物が軽くなったおかげもあるが、さらには特に難所といった箇所もなければ、
失礼な話、「これが100名山!?」っと思わせるような緩い勾配の道のりばかりで、
これまでにない快調な足取りだ♪

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
vresize1161.jpg

vresize1168.jpg

1時間ほど登った先に湧き水のポイント。
まだ一口も水を飲んでいないことに気がつき、こまめな水分補給を意識した。

はじめはブナの原生林が続き、徐々に木々は針葉樹林へと主役は変わる。
さすがに森林限界を超えたあたりから残雪に足を取られることが多々あったが、
木道で整備された道など、ちょっと拍子抜けする登山道であった。

登るにつれ雪が多くなってきた・・・
vresize1169.jpg

vresize1179.jpg

標高2000mに位置する駒ノ小屋を過ぎれば道は厚い雪に隠れ、
下界は7月というのにここは春すら遠い世界だ。
ようやく日本100名山らしい景色へと変わる。
「こうでなきゃね~♪」っと雪の悪路を必死でそして楽しみながら進む。
自分はこんなのを期待していたのか、その状況が楽しくて仕方がなかった。

2つのこぶが特徴的な山だからすぐにわかった。
左後方には先日登頂した燧ヶ岳が悠々と聳え、
つい数日前はあちらの山頂に立っていたんだなと思うと、不思議な気分だ。

vresize1162.jpg

燧ヶ岳を登ったときは連なる山々に会津駒ヶ岳を見つけることはできなかったが、
こちらからはしっかりと燧ヶ岳に気づいてあげることができた。

雪に何度も足を取られそうになりつつ、足下によく注意し前者の足跡にあわせて雪を踏みしめていけばカバンに忍ばせておいた4本爪の軽アイゼンを取り出す必要もなく順調にいけた。
しかし、ここで靴下をひどく濡らしてしまったが・・・
また雪で隠れてしまったと思われる駒大池をみれなかったのは残念だ。
そしてこのあたりから徐々に登山者に追いつき追い越し、出発の遅れを取り戻せたようだ。

vresize1170.jpg

vresize1177.jpg

快調に上り詰め、PM12:35、「会津駒ヶ岳山頂」と書かれた標板に立つ。

そんな調子で上り詰めた会津駒ヶ岳山頂であったが、肝心の展望は霧に邪魔され今一つ。
またあたりを生い茂る笹藪が山頂を窮屈な場所にし、
これまで登ってくる途中の眺めの方がずっとよかっただけに、がっかりだ・・・
景色よりお昼のカステラを夢中で食べ、結局は20分もいないうちに下山とした。
天気が良ければ白根山、男体山など、肩を並べた日本百名山の山々を見ることができたそうだがすべてガスの中・・・
ちなみに、本当に小バエの多い山頂であった・・・

vresize1176.jpg

vresize1175.jpg

帰りはさらにペースを上げる。

ちなみに余裕があればさらに足を伸ばし、40分ほど縦走した隣の中門岳まで向かう気もあったのだが、
なんせ山頂付近に限ってこうガスってしまい、展望が期待できなければ諦めることとした。

何人もの登山者を追い抜かせてもらい、トントンと下ること2時間45分、一度も休憩することなく登山口へと降りてきた。
たっぷり1リットル用意していた水も半分も飲んでいないほどだ。
本当にあっさりとした山だったなという感想である。

そして心配であった荷物であったが、何事もなく無事であった。
それらをザックに詰め込んでいるとぽつぽつ雨が降り始める。
山の中でやられなくてよかった。
このときほぼ同時に下山してきた横浜から来たという夫婦の方の車に乗せてもらうことができ、30分かけて下る村までの道のりもあっというまに送ってもらってしまった♪
2人にお礼を言って別れた後はスーパーで買い物。
明日は再び尾瀬に戻り、次の至仏山登山を控え、
そんな山旅に備えた、よく考えての買い物だった。
切れかけていたカセットボンベに即席ラーメン、今夜の鳥のもも肉、
どっさり買い込んだ総額は3本入りカセットボンベが響き1800円もしてしまった。

少し早いが、相変わらず降りしきる小雨から逃れるため明るい4時にはテントを張ってしまうことにした。
集落の端に位置する、誰も来ることのない公衆トイレの前であるから怒られることもないだろう。

vresize1172.jpg

vresize1171.jpg


7月3日 おしまい。


天候:曇り時々雨
体調:良好

キャンプ地:桧枝岐村 (福島県南会津郡檜枝岐村)


[あとがき]
今朝の群馬県佐野市はもう暑くて暑くて・・・ (> <)

読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
スポンサーサイト

[2012/07/17 12:33] | 福島
トラックバック:(0) |


ノッテぃ
こんにちは!!
お久しぶりです!!
僕は今、宮城県に居て、予定では一週間位で群馬辺りまで行く予定なんですが、会えたら良いですね!

これから暑くなると思うので熱中症気をつけてくださいね。

すっかり山男だね
風ささき
残雪もこの暑さですっかり消えているのかな今は?
富士山も昨日、よく見えたけど、すっかり夏仕様だったよ。
下界の猛暑の中の移動が大変だね、これから再会もありそうだね。
しばらくは、日本百名山を登る旅なんだね。
明日もいい旅を。

サトシ 皆さんこめんとありがとうございます!
サトシとピカチュウ
ノッテぃ さんへ

おぉ、群馬まで来ますか!?
1週間先、自分は尾瀬の至仏山を終えている頃・・・
会えたらどこかで!

ちなみにお勧めは草津温泉まで北上し、渋峠(国道最高地点)を通り長野入りかな。(笑)
草津では18箇所の無料温泉に入りたい放題だし、渋峠も本当にいいところなので、ぜひ♪


風ささき さんへ

これまで登った百名山は、
赤城山、草津白根山、谷川岳、武尊山、燧ケ岳、会津駒ケ岳、日光白根山、男体山です!
ようやく登山に慣れてきたところかな。
油断は禁物ですが・・・
この先、いよいよ舞台を北アルプスに移していくつもりです!
すごくたのしみですよ♪

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんにちは!!
お久しぶりです!!
僕は今、宮城県に居て、予定では一週間位で群馬辺りまで行く予定なんですが、会えたら良いですね!

これから暑くなると思うので熱中症気をつけてくださいね。
2012/07/17(Tue) 18:42 | URL  | ノッテぃ #-[ 編集]
すっかり山男だね
残雪もこの暑さですっかり消えているのかな今は?
富士山も昨日、よく見えたけど、すっかり夏仕様だったよ。
下界の猛暑の中の移動が大変だね、これから再会もありそうだね。
しばらくは、日本百名山を登る旅なんだね。
明日もいい旅を。
2012/07/18(Wed) 01:50 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
サトシ 皆さんこめんとありがとうございます!
ノッテぃ さんへ

おぉ、群馬まで来ますか!?
1週間先、自分は尾瀬の至仏山を終えている頃・・・
会えたらどこかで!

ちなみにお勧めは草津温泉まで北上し、渋峠(国道最高地点)を通り長野入りかな。(笑)
草津では18箇所の無料温泉に入りたい放題だし、渋峠も本当にいいところなので、ぜひ♪


風ささき さんへ

これまで登った百名山は、
赤城山、草津白根山、谷川岳、武尊山、燧ケ岳、会津駒ケ岳、日光白根山、男体山です!
ようやく登山に慣れてきたところかな。
油断は禁物ですが・・・
この先、いよいよ舞台を北アルプスに移していくつもりです!
すごくたのしみですよ♪
2012/07/21(Sat) 12:40 | URL  | サトシとピカチュウ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: