ただいま~♪
「どうして日本一周をしようと思ったの?」、
よく聞かれる質問の一つだ・・・・

大学に進み、そこから医学の道に興味を持った自分は医学部へと、
医師を夢見て勉強に励んだ。
しかし、ある理由から医師へ道を断念せざる終えない状況に直面してから、
まぁ、そんな問題がなくても、自分の頭の出来にどうなっていたかは分からない・・・

そのため出会った人から思いがけない拍子に訪ねられた時には、さすがに言葉を濁してしまうこともある。
いや、濁してばっかだ。
まぁ、ここでもそんなくよくよしたことばかり書いても仕方がないのだが、
また機会があれば、明かしていこうと思う。

そんなことより、今日はなにより偶然ともいえるうれしい出会いがかさなった!

旅488日目 「強くなれ!!」

静かな公園で初めは快適な所を見つけたと満足していたのだが、
しかし昨夜は本当に暑かった! テントはもう蒸し風呂状態だ!
さらには前室とのメッシュ生地の間仕切りには以前バーナーで焦がして開けてしまった小さな穴があり、そんな穴をすり抜けて入ってくる虫にも悩まされた。(> <)/

暑いし痒いし、なかなか眠ることが出来ずに最悪の夜・・・

今朝は雲が多いせいか、暑さはマシ。それでも今日も暑くなりそうだ。
差し入れのビスケットで簡単な朝食にしながらテントを撤収をしていった。

resize1362jj.jpg

resize1363jj.jpg

そんな中、遠目で見つめるおじいさん方から聞こえてくる会話から、
どうやら自分の自転車をバイクと勘違いしているようであったのが悲しい。

そんな、見せつけにといってはなんだが大げさにペダルを漕いで公園を出発!
この苦労をちょっとは分かってもらいたかった思いもある。
それはもう、振り返ってその反応を見たいぐらいだったが・・・。
自転車と分かってもらえただろうか・・・!?

なかなか乾かぬテントをようやく仕舞い終えたのは9時をまわったころ。
しかしそれでも余裕はある。今日は栃木市街地の方へと向かえればいいだろう。
そんな軽い心持ちでいた。

また買い物をしておきたかったので今朝もまずは宇都宮駅前へと走らせた。

resize1364j.jpg

resize1365j.jpg
 ~宇都宮市街地~

休日とあって、車も少ない静かな朝を向かえた宇都宮市街地を快適に走る♪

駅から西へ1km程走っただろうか、パルコにメガドン・キホーテ、二荒山神社に囲まれた交差点があるのだが、ここが街の中心であるようだ。
二荒山神社を散策。少ない賽銭ではあるが、旅の安全を祈る。
結局はこれが宇都宮で唯一の観光となった。

resize1366j.jpg

resize1370j.jpg

resize1368j.jpg

さてメインがこっち、メガ・ドンキーホーテにやってきた♪

”メガ”と付くだけあって、惣菜などの食料品売場まで並ぶ大きな店だ。
見て回っているだけで楽しく、危うく目的を忘れるところ、
濡らせば冷たくなるタオルなど、アウトドアコーナーに足を運びクール商品を見て回れば、その中で選んだのが扇風機だ。
といっても電池3本で動く携帯型ファンだが夜の暑さに耐えかねて購入してみた。
そんなおもちゃのように小さなものだが、はたしてどうだろうか!?
999円ならダメでもまぁショックは少ないだろう。

ついでに靴下も5足で580円と安かったので購入。これはいい買い物だった♪
昨日コインランドリーで洗濯をしていて、穴があいた靴下が以外に多いことに気づき、
また冬用の厚いものと一緒にゴミ箱に捨ててきたばかりだ。
その他には歯磨き粉、そして朝食兼お昼の398円の唐揚げ弁当を手に自転車に戻り、次の街、栃木市街地へと進む準備をしていた。

そんなさなか「サトシさんですか!?」と声をかけられ、うれしい出会いが♪
それはもう、驚いた!!
なんと!、彼も同じく日本一周のチャリダーだったからだ。
こんな内陸部で会うことになるとは・・・、お互いにそんな驚きばかり。
彼は”いっき”さんといい、ブログ「小さな野良猫、日本一周旅に出る」を投稿しつつ旅する日本一周チャリダーで、今年4月に神戸を出発。
聞けば聞くほど、もう羨ましいほどいい出会いの旅をしているばかりだ!!
四国一周を経て太平洋沿岸を北上、自分とこうして出会ったのも車の多い関東を自転車で走ってもつまらないだろうと日光へは電車で向かうことにし、日光行きの電車が来るまで宇都宮をぶらぶらしているうちに出会ったわけであった。

お互い、行く先が全く異なるのが残念だ・・・
それでもお互い大阪に神戸と家が近いこともあり、また会う日を期待して別れた。
それにしても楽しい情報交換、そんな時間をありがとう♪ 
そして、その旅の目的を叶えてください♪ (>_<)/

resize1369j.jpg
 ~いっき君と~

そんな話に夢中になっている間に携帯に青のランプが点滅。
メールにさらには着信履歴が残る。

かれこれ2時間、楽しい時間はあっという間で、
時間を忘れ話に夢中になっていればいつの間にか時計の針が1時を回る。
それでもこの時までは予定通り、栃木市街地へと走らせるつもりであった。
しかし、急遽予定を変更!
というのも、そんなメールを確認すれば茨城の水戸でお世話になった小森さんからで、なんと!、いま買い物で宇都宮の近くまで来ているとのこと!!
・・・すごい偶然だ! そんな上三川ならここから10kmも行かないところ♪
そんなこともあって、急遽上三川へと向かうこととなった。

resize1371j.jpg

上三川で打ち合わないかとの誘いにもちろん喜んで返事を返したのはいいが、
おじさんを待たせているだけにその後は急いで上三川へと向かうことに。
忘れていた唐揚げ弁当を急いで口に流し込めば宇都宮を出発し、
県庁、また上らなくとも下から眺めておこうか、そう考えていた宇都宮タワーも行かずじまいとなった。

構わないよとは言ってくれたが、待たせてしまっているだけに必死!
ケーズデンキの駐車場には変わらぬ姿のおじさんを目に、到着したときには思わず顔がほころんでしまった。
上三川までわずか7kmほどの道のりすら長く感じ、
多くの車に信号に市街地から抜け出すにも一苦労・・・
また休日とあって、インターパーク周辺道路は渋滞・・・
2時を大きく回って到着した自分に、それでも快く向かえてくれれば「くら寿司」という回転寿司へ。

それはもう、先ほど口にしたばかりの唐揚げ弁当を悔やんだが、(> <)
それでもぱくぱく10皿、最後はチョコレートパフェまで頂いてしまったほどだ♪
モニターのタッチパネルで注文するという初めて経験するハイテク装置、勧められるままに次々に注文した久々のお寿司、もう本当においしく、最高のひとときとなってしまった。
ありがとうございます♪ (>_<)/

resize1372j.jpg
 ~小森さんと~
resize1373j.jpg
 ~豪華なお寿司♪~

その後は専門店が建ち並ぶショッピングビレッジ、またFKDという大型ショッピングセンターを見て回る。
おじさんと会うため以外にも、そんなここに期待する理由があった。

おじさんも仕事の休暇を取ってこの夏は北海道へと9日間の車旅に向かうそうで、その買い物にわざわざ水戸から車を飛ばしてやって来たところだった。
そんなおじさんは大きめのバックを、自分は登山用の発汗のよい長袖のシャツを探しながら、土曜とあって多くの人で賑わう中、2人父と息子のように買い物した♪
日焼け対策に長袖のものが欲しいのだが、さすがに夏の時期だけにそう簡単に見つからず・・・、また、おじさんもこれといったカバンが見つからないようだ。

そんな中、2人してカゴを手に夢中で買い物をしてしまったのが駄菓子屋だった。
変わらぬパッケージに懐かしい思いで手に取れば子供に返り、懐かしさに惚れ込んだお菓子をかごに入れだしたら切がないのだが、ヨーグル、ミニプリンやチューブゼリー、また初めて体験するねり飴など袋いっぱいに、またしても世話になってしまった・・・。
そんな小森さんのおかげで楽しい日になりました、本当にありがとうございます。

resize1374j.jpg
 ~ショッピングビレッジ~

壬生と書いて”みぶ”と読む。

そんなここから西へ10kmほど走った壬生町へと日没に追われながら急いだ。
壬生の道の駅の裏手に広大な公園が広がっているとおじさんから聞いたからだ。
途中、スーパーでお米の小袋2kgを購入、
さらにはジョイフル本田という大きなホームセンターに立ち寄ったのが問題だった、
ここで随分と遅くなってしまった。
ちなみに求めていたものは折れてしまった自転車のスタンドだが、やはりここにもなく、この重装備自転車を支えることの出来る太いものはないかとあちこちの店で探している。
ちなみにこのジョイフル本田、関東では有名なホームセンターらしく相当大きく、
一日中遊んでいられると思ったほどだ。

resize1375j.jpg
 ~ジョイフル本田~

道の駅まで高架道路となった北関自動車道を見上げながら走る。
その先に道の駅があるからだ。
そんな壬生までの道のり、簡単に考えてたが途中の東北新幹線がなかなか越えられないでいた・・・
行く手を阻む線路と併走しながら反対側に行けるトンネルか陸橋を探し続け、
またその間にどんどん遠ざかっていく自動車道に道を見失い、さらにどこを走っているのかすら分からぬまま日没を迎えてしまえば久々、
もう2度とするもんかと誓ったナイトランとなってしまった・・・

そんなこともあり、結局は日没になってもたどり着かない! (> <)/

resize1378j.jpg

resize1377j.jpg

こうなると、もうどこでもいいから寝床・・・
そんなすがる思いで暗い住宅街をさまよっていた・・・

小さな公園を見つけるも迷ったあげく、悔しいが結局は後にする。
遊具がいくつかあるぐらいの、団地の一角におかれた小さな児童公園だからだ。
そうして泣く泣くそこを後にするものの、やはり他がどうしても見つからない。

テントを張らずに寝れば先ほどの公園でも・・・、
そんな諦めかけた時、フラフラたどり着いた先が、
東武宇都宮線の「おもちゃのまち」というかわいらしい名をした駅だ。
そばにおもちゃ王国か遊園地でもあるのかと思ったら、ツーリングマップル書かれてある「バンダイミュージアム」というものががそうだろう。
商店が建ち並ぶわけでもなく、住宅街が駅前からすぐにたち並ぶ静かなところだ。

resize1380j.jpg
 ~東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」~

水もトイレもなく、またここまで来れば目指していた道の駅まで近いことも判明したが、それでもフラフラやってきてたどり着いたこの街に縁を感じ、
またその名前に惹かれて駅前の広場でキャンプとした。
朝はそれほど人であふれるとは思えない駅舎だが、なにかあるのだろうか!?
そんな思いから地図を確認していると、これには、えっ・・・、っと。
獨協医科大学にその付属病院が構えるからだ。
そんな獨協医大、この大学の医学部は受験はしてないが、候補の一つとしてよく目にしていただけに、ここにあったのか・・・、っとかなりびっくりしてしまった。
以前にも同じようなことを書いた記憶があるが(詳しくは旅116日目の記事で)、
そうと分かると、何となくこの街で医大生として勉強している自分の姿を思い描いてしてしまう。
なにか胸奥の古傷に触られたような、茫然自失な思いになってしまった・・・
そういえばお昼に出会ったいっき君と、旅する理由など話していたが
自分なんかと違って立派なものを思い出した。
冒頭にも少しふれたが、自分にはそんな弱さがあるのかもしれない。

この日の題名をこれに決めたのは、そんな思いを込めてであった。

話は戻るが、朝はその生徒たちが来るぐらいか、それぐらいの街だ。
ベンチでそのまま寝ようかとも考えたが、パラパラ小雨にゴロゴロ雷も・・・
仕方なしにテントを設営し、水が手に入らないことや、またお昼に腹一杯食べたお寿司もあって、夕飯は駄菓子で十分だった。

resize1381j.jpg

そうそう、今朝購入したファンをさっそく使って横になったが、音が少しうるさいかな・・・
まぁ、でも暑さには変えられないので、使い物にはなりそうだ。


7月14日 おしまい。


走行時間 2:19[h]
走行距離 31.5[km]
平均速度 13.6[km/h]
最高速度 44.5[km/h]

天候:曇り
体調:良好

キャンプ地:東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」 


[あとがき]
9月2日現在、北アルプス15座中、9座まで登頂を終えました!(>_<)/
次は表銀座コースから槍ヶ岳をせめていきます!

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

読んでくれてありがとう~
どちらか一つでいいのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

スポンサーサイト

[2012/09/02 00:34] | 栃木
トラックバック:(0) |

強くなりすぎたかな
風ささき
次々に登頂し山から山の梯子。
強い気持ちと強い肉体を持ち合わせていないと、
続けられない、これからならば、何でも強い心で、
臨めるでしょう。
再会の旅もいいね、長旅だし。
明日もいい旅を。


おばさんReader
私が子供だったら、順風満帆の出世街道まっしぐらのお父さんより、障害物競走みたいな冒険いっぱいの昔話してくれるお父さんが頼もしくていいな。医者になる挑戦だってまたできますよキット。

気をつけて!
MAX
表銀座楽しそうですねー!
槍ヶ岳の先は奥穂高、焼岳と向かうのでしょうか。
槍ヶ岳〜奥穂高の大キレットもしんどいですが、奥穂高〜西穂高は桁違いの難易度でした。
一つでも誤って浮き石を踏み抜いて滑落したらまずあの世逝きです(;_;)
テント担いだザックで通過する場合、ロッククライミングのテクニックが必須となりますので、十二分に気をつけて下さい。
その分、ジャンダルムからの眺望は筆舌に尽くし難い程の感動でした。
登山レポ楽しみにしています。



いっき
お久しぶりです。
宇都宮の件ではこちらこそありがとうございました。

北アルプスの登山も順調に進んでいるようですね♪
この先も気を付けてよい旅を~

コメントありがとうございます♪
サトシ
風ささき さんへ

旅に出て、少しは根性がついてきたのかなと思っていましたが・・・
まだメンタルは弱いようで。(笑)


おばさんReader さんへ

お久しぶりです♪
旅が終わった後のことはまだ迷ってますが、この旅の経験が活かせればと思います。
旅に出てよかったと心から思うし、いい勉強になっています♪

MAX さんへ

自分も燕岳から槍ヶ岳、そして穂高を通り上高地へと向かうつもりだったんですが、なんと、水やらキャンプ代でお金が無くなり、くやしさを抑えて槍ヶ岳で中房温泉まで引き返すことになってしまいました。(> <)/
しかし、再び上高地から攻めるつもりですよ。
ジャンダルムからの眺望、すごくたのしみです♪


いっき さんへ

ようやく記事が書けました。(笑)
そちらも気をつけて旅してください!

またどこかで♪

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
強くなりすぎたかな
次々に登頂し山から山の梯子。
強い気持ちと強い肉体を持ち合わせていないと、
続けられない、これからならば、何でも強い心で、
臨めるでしょう。
再会の旅もいいね、長旅だし。
明日もいい旅を。
2012/09/02(Sun) 14:13 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
私が子供だったら、順風満帆の出世街道まっしぐらのお父さんより、障害物競走みたいな冒険いっぱいの昔話してくれるお父さんが頼もしくていいな。医者になる挑戦だってまたできますよキット。
2012/09/02(Sun) 15:10 | URL  | おばさんReader #-[ 編集]
気をつけて!
表銀座楽しそうですねー!
槍ヶ岳の先は奥穂高、焼岳と向かうのでしょうか。
槍ヶ岳〜奥穂高の大キレットもしんどいですが、奥穂高〜西穂高は桁違いの難易度でした。
一つでも誤って浮き石を踏み抜いて滑落したらまずあの世逝きです(;_;)
テント担いだザックで通過する場合、ロッククライミングのテクニックが必須となりますので、十二分に気をつけて下さい。
その分、ジャンダルムからの眺望は筆舌に尽くし難い程の感動でした。
登山レポ楽しみにしています。
2012/09/02(Sun) 22:18 | URL  | MAX #-[ 編集]
お久しぶりです。
宇都宮の件ではこちらこそありがとうございました。

北アルプスの登山も順調に進んでいるようですね♪
この先も気を付けてよい旅を~
2012/09/15(Sat) 20:59 | URL  | いっき #-[ 編集]
コメントありがとうございます♪
風ささき さんへ

旅に出て、少しは根性がついてきたのかなと思っていましたが・・・
まだメンタルは弱いようで。(笑)


おばさんReader さんへ

お久しぶりです♪
旅が終わった後のことはまだ迷ってますが、この旅の経験が活かせればと思います。
旅に出てよかったと心から思うし、いい勉強になっています♪

MAX さんへ

自分も燕岳から槍ヶ岳、そして穂高を通り上高地へと向かうつもりだったんですが、なんと、水やらキャンプ代でお金が無くなり、くやしさを抑えて槍ヶ岳で中房温泉まで引き返すことになってしまいました。(> <)/
しかし、再び上高地から攻めるつもりですよ。
ジャンダルムからの眺望、すごくたのしみです♪


いっき さんへ

ようやく記事が書けました。(笑)
そちらも気をつけて旅してください!

またどこかで♪
2012/09/16(Sun) 18:59 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: