ただいま~♪
「くそー!、どこまで続くんだよ!!」

なんど呟いたことか、このスバルラインには本当に苦労させられた。

1012DSC09715.jpg

ずいぶん登ってきたはずだ。見上げていた雲も越えた。

だから・・・、だからこれで最後なんだと、期待を込めて頑張るも、
そんなカーブの先に見えてくるのはさらに上へと延びる道ばかり。
そのたびに裏切られた気持ちになる・・・。

はるか天国まで延びるんじゃないかと思わせる道のりに、
最後はくたくたにして上り詰めた5合目であった・・・。

旅578日目 「雲の上の街」

AM6:30起床。

急ぐ理由もなければスバルライン終点の5合目目指して、のんびり出発。
昨日走り残した13kmの道のりから始まると思うと、気重さが付きまとう。
そんな朝だった・・・。

1012DSC09699.jpg

1013DSC09771.jpg

1013DSC09759.jpg

1013DSC09762.jpg

午前中はそんな移動に費やしてしまった。

しかし時間は気にしていない。
日の傾きが早くなった今、富士山のピストン登山は早朝出が鉄則だからだ、
さすがに今日の登頂は諦めている。

こんなことになるんだったら1合目から登山しとけばよかったと、なんど悔やんだか。
AM11:55、ようやくの5合目であった。

自転車で上がってくる人はいても、ここまでの重装備は初めて見たよと、そんな驚く様子で駐車場の整理員に迎えられたのはうれしかった。

とっくに登山シーズンを終えただけにさみしい場所を思い浮かべていたが、
多くの観光客に、またここが富士山の中腹であることを忘れさせる大きなレストハウスが立ち並ぶ。
郵便局に外貨両替所まであった。
そんな思い描いていた場所とかけ離れた光景に、
こんなところでキャンプをしていいのだろうかと心配になったのも、
雲の上のちょっとした街にここが富士山の5合目であることを忘れさせるものであったからだ。

1012DSC09776.jpg

1013DSC09780.jpg

1012DSC09828.jpg

どうやら登山はしなくても紅葉や数キロほどの散策道を目当てに来た観光客が多く、
立ち替わり入れ替わりに次々にやってくる観光バスに多くの人々。
閉山となった今でもこの5合目が観光地として賑わいを見せていることに驚いた。
紅葉も今が見頃を迎え、数キロほどの散策路へと、そちらへ行く方が多いようだ。
携帯電話の電波も普通に繋がるし、外国人観光客のツアーバスも次々にやってきては入れ替わりでにぎわいを見せている。
2時間半で新宿まで直行する高速バスに東京と富士山の意外な近さを感じた。

見上げれば先ほどまでの富士山の姿はそこになかった。
晴れていたと思ったら突如としてガスにまかれ、視界は目まぐるしく変わっていく。
今朝は晴天の青空に絶好の登山日和を逃してしまったと悔やんでいたが、
これでは山頂からの展望も全く望めなかったことだろう、そんな悔やむ心はこのガスの中へと消えた。

今日はもうのんびりとするだけだ、明日の登山に備えてゆっくり休養をとる。
かなり高いが明日の登山に備えて力をつけるためにも1300円のカツ定食を頂いた。
コンビニ弁当のような歯ごたえのないカツもこの地では最高においしい。
小御岳神社で明日の登山の安全を祈る。
これだけ天に近い場所で祈れば、神様までしっかりと願いが届くだろう。
郵便局では絵はがきを購入し、メッセージを書いて家族に送ることに。
明日の登山道も入り口を確認すれば、その後は登山の準備などをしていた。

1012DSC09783.jpg
 ~小御岳神社~
1012DSC09789.jpg

1012DSC09793.jpg
 ~ポストカード~
1013DSC09804.jpg
 ~贅沢にもカツ定食♪~

ショックだったのが早くも3時にはストーブの利いた管理センターの休憩所が閉まってしまったことだ。

丁重に追い出されれば、さすがにまだ観光客のいるうちにはテントを張張るわけにもいかず、唯一の居場所を失ってしまった。
標高2300mの地だけに当たり前だが気温は6度とかなり寒く、
日没まで仕方なしにトイレにこもる。

幸いにも新しくできたもののようで、暖房も効いた快適な場所だった。

その後、日没とともに管理センターの軒下にテントを張って7時には寝ることにした。
夜になると急に風が強くなったのでトイレの前にテントを移動、
しかし、強風にシャッターの響き渡る音が気になって仕方がなかった夜だったが・・・。

1012DSC09841.jpg

明日は天気に問題が無ければ、夜明けに出て日帰りでアタックしてくるつもりだ。

山頂までコースタイムにして上り5時間、下りは3時間ほどを見込んでいるので、
テントに食料を背負って縦走した北アルプスに比べたら、なんてことないだろう。
しかし、登山シーズンを終え山頂では雪が降るかどうかの季節。
山小屋もすべて冬季閉鎖に入っているので助けも求められないため、
慎重に判断して登っていくことにする。


10月12日 おしまい。


走行時間 2:22[h]
走行距離 14.5[km]
平均速度  6.1[km/h]
最高速度 15.0[km/h]

天候:晴れのち曇り
体調:良好

キャンプ地:富士山5合目


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/10/16 20:03] | 山梨県
トラックバック:(0) |

1年前の北海道のようだね
風ささき
寒さに強いとはいえ?
独立峰だし、強風だろうね。
山頂は、もうマイナス?
お楽しみは、次回だね。
明日もいい旅を。

もうすぐだ
ぱんら
いよいよだねぇ。
5合目がこんなに賑わってるとは知らんかった。
日本語じゃない絵馬が沢山あったのにもビックリ。
でもあのカツが1300円って高すぎ。
頂上ってどんだけ寒いんだろ?どんな気持ちがするんだろうね?次の更新が楽しみだわ、晴れたんかなあ?


風ささき さんへ
サトシ
山頂、強烈に寒かったです。(> <)/
鼻水をすすりながら、涙目で山頂にたっていました。(笑)

一時は初冠雪を記録して諦めていましたが、諦めずに来てよかったです。
まぁ、この先は無茶はほどほどにして、日本一周に専念することにしますね。(笑)

ぱんら さんへ
サトシ
5合目のにぎわいは富士山にいることを忘れさせるものですね。(笑)
自分も不思議な気分でした。
絵馬がそうであるように、外国人観光客が多く、中国だけでなくいろんな国から来ていましたよ。
彼らも富士山に来るんだなと、ちょっと意外でした。(笑)
やはり、日本と言ったら彼らにも富士山が思い浮かぶんでしょうかね。

カツ、驚きの価格ですが、噴火カレーの1000円と迷った末の選択でした♪

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
1年前の北海道のようだね
寒さに強いとはいえ?
独立峰だし、強風だろうね。
山頂は、もうマイナス?
お楽しみは、次回だね。
明日もいい旅を。
2012/10/16(Tue) 21:37 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
もうすぐだ
いよいよだねぇ。
5合目がこんなに賑わってるとは知らんかった。
日本語じゃない絵馬が沢山あったのにもビックリ。
でもあのカツが1300円って高すぎ。
頂上ってどんだけ寒いんだろ?どんな気持ちがするんだろうね?次の更新が楽しみだわ、晴れたんかなあ?
2012/10/17(Wed) 09:01 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
風ささき さんへ
山頂、強烈に寒かったです。(> <)/
鼻水をすすりながら、涙目で山頂にたっていました。(笑)

一時は初冠雪を記録して諦めていましたが、諦めずに来てよかったです。
まぁ、この先は無茶はほどほどにして、日本一周に専念することにしますね。(笑)
2012/10/18(Thu) 11:50 | URL  | サトシ #-[ 編集]
ぱんら さんへ
5合目のにぎわいは富士山にいることを忘れさせるものですね。(笑)
自分も不思議な気分でした。
絵馬がそうであるように、外国人観光客が多く、中国だけでなくいろんな国から来ていましたよ。
彼らも富士山に来るんだなと、ちょっと意外でした。(笑)
やはり、日本と言ったら彼らにも富士山が思い浮かぶんでしょうかね。

カツ、驚きの価格ですが、噴火カレーの1000円と迷った末の選択でした♪
2012/10/18(Thu) 11:54 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: