ただいま~♪
遠いアラーム音に目を覚ますこともなく、ようやくテントから顔を覗かせたのは、
街中の公園にしては図々しくも7時半のことだった・・・。

昨夜はブログの投稿に、また夜中まで電話を楽しんでいたせいだろう。
しかしそんな電話は去年の春、鹿児島でお世話になった小川さんであった。
ネット環境がないため、このブログを見ることはできないどうだが、あれから1年半、
いまだに走り続けていることにひどく驚いてくれる。
久々に聞く声に、今は遠く離れた鹿児島を思い浮かべるばかりだ・・・。

旅581日目 「悲劇の城」

寝起きの顔を見られるのはなんとも恥ずかしい。

話は戻り、すでに公園には散歩に来た方々がちらほらするなかでの起床、
公園を横切る通勤、通学の人々には一夜にして突如現れたテントは浮かび上がるように見えていることだろうか、そんな黄色いテントを急いで片づけた。

815DSC00323.jpg

さぁ、出発という頃には街はさらに通勤に沸く。

本当に駅のすぐそば、街のど真ん中に位置する公園だけに、
避けることができない車に自転車の波の中へと飛び込んでいく気にもなれず、
鍋にカセットボンベを取り出せば今朝は公園でのんびり朝食を済ました。
またこの公園が湧き水の湧き出すポイントであり、そんな湧き立ての水を使ってのざるそばはおいしいのはもちろん、贅沢に感じるばかりだ♪

815DSC00324.jpg

815DSC00328.jpg

815DSC00325.jpg

ついでにと始めたブログに手を焼き、すっかり遅くなってしまった。
すでに行き交う人々が落ちつく10時になろうかという頃、公園を出発。

この街に別れを告げる前に立ち寄りたかった三嶋大社へと出向けば、
全国に約700社ある三島神社を従える総本社らしい見事なもの。
見上げるほど立派な大鳥居には思わず足を止め、境内に入れば立派な建物が立ち並んでいた。
もうあちらこちらの神社でお願いしていることだが、
ここでもまた旅の安全を祈り、そして思いを込めて書いてくれた朱印も頂いた。

815DSC00365.jpg

815DSC00371.jpg

樹齢1200年と言われるキンモクセイの木。
また神鹿園では神の使いとして大切に飼われている鹿たち。
鹿に餌をやる人々など、市民の憩いの場として賑わいを見せる。

さすがに入館料500円の三嶋大社の歴史に資料を展示する宝物館には諦めたが、
祭事の説明がされた無料のビデオなどを見てから出た。

815DSC00350.jpg

815DSC00391.jpg

815DSC00346.jpg

815DSC00407.jpg

815DSC00402.jpg

再び自転車へと戻ったのが11時のこと。

予想以上に時間がかかってしまったが、
すき家で牛丼の大盛りにお腹を膨らませて三島市街地を出発。

箱根峠を越えた35km先の小田原を目指して走り出した。

815DSC00424.jpg

815DSC00439.jpg
 ~国道1号線~

国道1号線を北上、すぐに道は箱根峠へと続く登り。

気合いを入れてシャキシャキ登るより、わりかしヘタったようにトロトロ、
それでもねばり強く登っていくスタイルが合っているのだがそれが出来ずにいた。
それは東京へと続く国道1号線の交通量の多さだ。
ひっきりなしに走る大型車に、坂だからといってふらついていたらお構いなしに引かれてしまいそうで、トラックの轟音が背後から迫ってくるたびに握りしめたハンドルに全神経を集中すれば、足の力より先に神経をすり減らして登る。

もう、そんな峠になんど立ち止まっては先を見上げたことか。
小田原市街地まで向かうつもりも、いつしか目の前の峠を越えるだけに精一杯となり、
気づけばそれすらも日没に追われながら登りきることのみを考えて必死に漕いでいた。

815DSC00448.jpg

時間がない・・・!!

峠の山頂までまだまだその距離を残すも、すでに3時を回る時計の針に焦るばかりだ!
それでも気になったところは見るようにした。

史跡にも指定される日本百名城のひとつ、山中城は山の地形を利用して造られた石垣のない山城であるため、城址となった今では説明がなければ城があったことなど気がつかずに歩いてしまいそうだ。
数少ない定休日にやってきてしまったようで、扉を閉じた観光案内所にパンフレットすら手にできず、右も左もわからぬまま歩いていた。
またこの城址が国道を挟んで広がる広大なもので、迷ってしまいそうだ。
小田原に本城をおく後北条氏が1560年代に小田原防備の為に増築までして攻め込む豊臣軍を迎え撃つも、見て取れた山城ならではの地形を利用した数多くの堀では、やはりそれでは城を守るのに厳しかったのか、数でも圧倒する豊臣軍に太刀打ちできなければ、半日で落城してしまった悲劇の山城だ。
そうゆっくりと見ている暇はなかったが、本丸跡があったとされる地に立ち、
その姿を想像するしかなかった。

出陣のときに矢を放ち、その勝敗を占ったとされる矢立ての杉。
そんな唯一ともいえる残された証人に訪ねたいほどであった。

815DSC00452.jpg

815DSC00453.jpg

815DSC00471.jpg
 ~矢立の杉~

815DSC00496.jpg
 ~山中城 本丸跡~

箱根峠をほぼ登り切ったところでキャンプとなった。

道の駅「箱根峠」をあてにしてきたが、その手前に位置する箱根エコパーキングと呼ばれるトイレに東屋もそろう駐車スペースにヘトヘトになりながら腰を下ろす。
職員のいる道の駅より人目を気にすることなくのんびりできると思ったからだ。

しかし、やってくるトラックが多く常に何台かのアイドリング音が響く。
これはそうとうやかましいではないか・・・。
また1号線にバンバン走る大型車の振動がテントまで伝わってくるほどだった・・・。
こんなので眠れるかと心配であったが、しかし一度腰を下ろした体に足は根を生やしたように動かず、ここでテントを張ることにした。

標高800mを越えるだけに、冷たい風が吹く。
炊いたご飯にレトルトの麻婆豆腐をのせて夕飯だ。

815DSC00531.jpg


10月15日 おしまい。


走行時間 2:47[h]
走行距離 18.1[km]
平均速度  6.4[km/h]
最高速度 21.0[km/h]

天候:晴れ♪
体調:良好♪

キャンプ地:箱根峠 (静岡県 三島市)


[あとがき]
10月22日、横浜です。
会う人がいて、戻って来てしまいました。(笑)

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/10/22 10:17] | 静岡
トラックバック:(0) |

急がない旅だけど急ぐ
風ささき
サトシくんらしいね。
あちらこちらでのテント泊も、自分の日本一周の
ときには、出来なかったこと、羨ましいかぎり。
人に会うため、寄り道いいね。
また、ひとつ記憶に残る日になるんだね。
明日もいい旅を。


マーシー
ほっ、無事でしたか!
富士山の勢いでそのまま北岳とか行っちゃったのかと思いましたよ。f^_^;)

そういえば箱根のR1沿いに城跡みたいなのあったな…
地元故に意外と行ったこと無いんですよね、今度 行ってみよう♪

横浜で日本一周チャリダー?
可愛らしいAAで有名なあのひとかな?
楽しみにしてます☆彡




管理人のみ閲覧できます
-



-
いつも見ています。がんばってください。

マーシー さんへ
サトシ
南アルプスは北岳だけでも登ろうかなと、少し迷ったんですよ。
しかし、また甲府まで戻るのが辛くて、いつかのお楽しみにします~
富士山に次ぐ標高なので、絶対に登頂してみせるつもりです。(>_<)/

横浜では日本一周チャリダーが3人も集まり、楽しんでました♪
かわいらしいAAの人はとくに面白い方ですよ。(笑)

風ささき さんへ
サトシ
風ささきさんの旅も、出会いの多い旅にうらやましいばかりですよ!
旅人が集まるユースホテルなんかに泊まれば、ホント楽しそうですね。

横浜まで戻ってきてしまったんですが、その価値は十分にありました♪
春以来の久々の横浜、楽しくしてましたよ♪

Fjirou さんへ
サトシ
びっくりしました、本当にニアミスですね・・・
13日に14日も最高にいい天気で、よかったです。

富士山のルートは分かりづらいです、
夏場の人の多い時期は前の人についていけばいいですが。
Fjirouさんの夜明け前の登山も、かなり不安な登山かも・・・。
山頂からご来光を見るために夜間登山をする方もいるそうですが、勇気あるなと思います。

> いつも見ています。がんばってください。
サトシ
ありがとうございます♪

そう言ってくれる方がいるから、ブログも頑張れるんだと思います!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
急がない旅だけど急ぐ
サトシくんらしいね。
あちらこちらでのテント泊も、自分の日本一周の
ときには、出来なかったこと、羨ましいかぎり。
人に会うため、寄り道いいね。
また、ひとつ記憶に残る日になるんだね。
明日もいい旅を。
2012/10/22(Mon) 11:05 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
ほっ、無事でしたか!
富士山の勢いでそのまま北岳とか行っちゃったのかと思いましたよ。f^_^;)

そういえば箱根のR1沿いに城跡みたいなのあったな…
地元故に意外と行ったこと無いんですよね、今度 行ってみよう♪

横浜で日本一周チャリダー?
可愛らしいAAで有名なあのひとかな?
楽しみにしてます☆彡


2012/10/22(Mon) 20:06 | URL  | マーシー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/22(Mon) 20:14 |   |  #[ 編集]
いつも見ています。がんばってください。
2012/10/23(Tue) 01:11 | URL  |  #-[ 編集]
マーシー さんへ
南アルプスは北岳だけでも登ろうかなと、少し迷ったんですよ。
しかし、また甲府まで戻るのが辛くて、いつかのお楽しみにします~
富士山に次ぐ標高なので、絶対に登頂してみせるつもりです。(>_<)/

横浜では日本一周チャリダーが3人も集まり、楽しんでました♪
かわいらしいAAの人はとくに面白い方ですよ。(笑)
2012/10/26(Fri) 09:23 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
風ささきさんの旅も、出会いの多い旅にうらやましいばかりですよ!
旅人が集まるユースホテルなんかに泊まれば、ホント楽しそうですね。

横浜まで戻ってきてしまったんですが、その価値は十分にありました♪
春以来の久々の横浜、楽しくしてましたよ♪
2012/10/26(Fri) 09:32 | URL  | サトシ #-[ 編集]
Fjirou さんへ
びっくりしました、本当にニアミスですね・・・
13日に14日も最高にいい天気で、よかったです。

富士山のルートは分かりづらいです、
夏場の人の多い時期は前の人についていけばいいですが。
Fjirouさんの夜明け前の登山も、かなり不安な登山かも・・・。
山頂からご来光を見るために夜間登山をする方もいるそうですが、勇気あるなと思います。
2012/10/26(Fri) 09:56 | URL  | サトシ #-[ 編集]
> いつも見ています。がんばってください。
ありがとうございます♪

そう言ってくれる方がいるから、ブログも頑張れるんだと思います!
2012/10/26(Fri) 10:01 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: