ただいま~♪
旅582日目 「箱根を越えて」

ある程度の覚悟はしての寝床だった。

しかし夜通し、そして早朝も変わらずバンバン走るトラック、
またアイドリング音を響かせ停車するトラックに本当に騒がしい場所であった。

1016DSC00538.jpg

それでも目覚めはハッキリしている。

こんなところで寝れるなら、結構どこでも寝れてしまうんだなと自分に驚くばかりだ。
すぐに出発することもなく、今朝も日記に時間を割いてから撤収とした。

トイレにコンセントを見つけたのだが、ちょっと人目に付きやすい場所。
頻繁にトラックのおじさんが利用するだけあって、心配でならなかった。
もうこれ以上かけられない時間に朝食も手軽なカップ焼きそば。
ちょっとばかり荷物の入れ替えをしていたら遅くなってしまったがAM9:30出発。

1016DSC00543.jpg
 ~箱根峠~

今朝出発したエコパーキングからわずかに残した坂を上がりきれば箱根峠、
ここで静岡県から神奈川県へと入った。

見上げれば雲一つない青空♪
それに負けじと姿を現したのは芦ノ湖は、それはもう今朝の青空をそっくりそのまま写し取るかのように青かった。
少し走らせ見えてきた道の駅「箱根峠」からの眺めが最高で、
これには見とれるほどであった♪

1016DSC00544.jpg

1016DSC00549.jpg
 ~芦ノ湖 (道の駅「箱根峠」から)~

眺めていた芦ノ湖まで下りてくると箱根町の街へと入る。

峠に街があるとは思わなかったため、ちょっと驚いての箱根入りだった。
毎年の箱根駅伝は楽しみなことだろう、だって家の前を走るのだから。
しかし、買い物一つにしろ大変じゃないだろうかと、
車とはいえ、これまでの峠の道のりを思い浮かべてしまう。
いいこと、そして悪いことを天秤に掛けて、ついその生活ぶりを思い描いてしまった。

湖といい街といい、箱根町はこの地が峠であることを忘れさせる景色に見える。

1016DSC00550.jpg
 ~箱根町~

箱根駅伝の復路ゴールでもある箱根峠の芦ノ湖。

さすがに駅伝を感じさせる物など無いだろうなと諦めていたが、
なんとなんと、あるではないかミュージアムまで!!
街にはいくつも石碑にモチーフが光り、駅伝を誇りとする街の姿があった。

駅伝好きの自分としては箱根駅伝ミュージアムにすごく惹かれたが、
これまた驚きの、なんと入館料は500円・・・!

しかし箱根駅伝が好きだからこそ、わざわざ走らなくてもいい箱根峠を選び、
汗を流してやってきたと言っても過言ではなかった。
自分の箱根越えの苦労と重ね合わせながら選手のがんばる姿を見れば、
毎年の箱根駅伝がきっとさらに興味深いものとなるだろう、
そんな企みもあってここに来たのだ。

話は戻り、この後なんといっても重要な箱根関所を見学したい理由から駅伝ミュージアムは諦めたが、この決断するにかなり時間を要してしまうほどであった・・・。

1016DSC00563.jpg

1016DSC00571.jpg

1016DSC00565.jpg
 ~箱根駅伝ミュージアム~

気分を切り替え、箱根関所へと向かう。

おみやげ店が立ち並ぶ湖畔沿いにあり、
こちらでは納得して資料館とあわせた500円のチケットを購入。

当時を語る資料に復元されたばかりという関所に心はぐっと吸い寄せられ、
ともに見応えのあるものばかりに納得するまで時間をかけて見ていった。
大阪に京都、江戸を結ぶ旧東海道に位置する箱根関所は江戸時代に幕府が豊臣家の残党から江戸を守るために旅人の往来を厳しく監視し、そして取り締まったという場所であったそうだ。
江戸に持ち込まれる鉄砲「入り鉄砲」などの治安対策のほか、「出女」と呼ばれる江戸から出る女性に対して、江戸においた諸国大名の不穏な動きを抑えるため人質として住んでいた大名の妻小の帰国を取り締まるかたちで厳しい監視の目を光らせていたという。
通行するに必要な証文にはほくろの数から位置まで細かにかかかれ、
本人であるかどうかを入念に確認してから通行の許可が下りたそうだ。

治安を守るため、今でいう検問のようなものにあたるかもしれないが、
しかし自分の目には、この黒塗りの建物がものものしい場所に映った。

1016DSC00577.jpg

1016DSC00594.jpg

1016DSC00590.jpg

1016DSC00596.jpg

1016DSC00604.jpg

1016DSC00616.jpg
 ~箱根関所~

セブン-イレブンで昼食というよりもおやつにする。

湖をゆく遊覧船にホテル、箱根がここまで観光地となっていたことには驚くばかりだ。
芦ノ湖に浮かぶ鳥居に気づけば箱根神社に惹かれるし、箱根公園など思いのほか見所がある。
昨日はあっという間に通過して小田原まで下っていくつもりであったが、
この思いがけぬ見所の数々に困っていたことだろう。
今日はここでゆっくりと見て回ってから小田原へと下りていくことにしようと思う。

と、いうわけでのんびりと箱根神社の境内へと足を踏み入れた。
参道に続く立派な杉並木が印象的で、神秘的なところだ。

参拝の間に書いてもらっていた朱印を忘れず受け取り、ここを後とした。

1016DSC00633.jpg

1016DSC00638.jpg

1016DSC00655.jpg

1016DSC00659.jpg

1016DSC00665.jpg

1016DSC00642.jpg
 ~箱根神社~ 

箱根峠を越えて油断していたら、伏兵が・・・

あとは下るのみと、この登りには予想していなかったことだけにさらに辛く、
国道1号線最高地点でようやく下りに転じた。

途中、「石仏群と歴史館」を見学していたときのこと、
表の自転車を見て館内の自分に話しかけていただいた女性の方には、メロンパンに饅頭をいただいてしまった。
大阪から来たことなど簡単な話で終わってしまったが、うれしかったです♪
ありがとうございました。

ちなみにこの「石仏群と歴史館」では、このあたりに多く点在する地蔵のことについて紹介されてあり、それはむかしこのあたりが地獄と思われていた歴史と深く関係し、旅人の安全を願って多くの地蔵ができあがったそうだ。

そんな地蔵が今でも行きかう車を見守ってくれていた。

1016DSC00688.jpg

1016DSC00671.jpg
 ~石仏群と歴史館~

1016DSC00681.jpg

1016DSC00694.jpg
 ~国道1号線最高地点~

箱根峠を快適に下り、小田原へ。

ここが駅伝で走る道なんだ・・・、そんなことを思いながら快適に下る。
この先箱根駅伝を見るときは、この日のことを思い浮かべそうだ。

ちなみにこの箱根峠、路肩も無いといっていいに等しいほど狭い道幅に、
ひっきりなしにバンバン走る車、
さらには10%前後のキツい勾配に、これを登ると思うだけでもぞっとするほどだった。
自分が登った三島側より、こちら小田原から登る人はさらに辛そうだ・・・

下りで快適と言っても、自分の後ろには抜かすに抜かせない様子の後続車にピッタリと、
追われるかのように車のスピードそのままに下っていた。

箱根登山鉄道とともに下り、あたりは徐々に家々が並ぶようになる。
途中、立ち並ぶおみやげ店に多くの観光客で賑わう湯本温泉に惹かれたが、そのまま下り小田原へ、
横浜に東京、熱海と、がらりと変わって並ぶ地名にそんな道路標識は関東圏まで来たことを実感させるばかりだ。

1016DSC00705.jpg
 ~湯本温泉街~

1016DSC00711.jpg

PM3:50、小田原駅に到着。

自分の思い描いていた街と大きく異なる・・・。

東京のベットタウンぐらいに思っていただけに予想以上の都会であったからだ。
人と車の多さに自転車は押し、そんな姿は明らかに浮いている。
ピカチュウに日本一周プレートは仕舞おうかと思ったほどだ。

久々に重装備の自転車が恥ずかしかった・・・。(> <)/

1016DSC00715.jpg

1016DSC00727.jpg

1016DSC00729.jpg

1016DSC00737.jpg

1016DSC00740.jpg
 ~小田原駅~

路肩に止めた自転車に不安を抱えつつ、カバン一つで駅前を散策。

特産品である小田原提灯がぶら下がる改札口、立派な小田原駅は見上げながら歩いた。
こういう地元色のある駅でなかなか好きだ♪
店先にも特産品のかまぼこが並ぶ。
しかし、残念ながら自分はかまぼこがジャイアンツと同じくらいに嫌いなのだ。
観光案内所を訪ね、小田原城の割引券をもらことができた。
小田原と言えばやっぱり小田原城なので楽しみにしている♪
そんな小田原城は駅のコンコースからもしっかりと見え、意外に大きいことに驚いた。
観光は明日にして、街をぶらぶら。
書店にドンキーホーテなどを覗いていた。
街はハロウィンに飾られていた。

1016DSC00764.jpg

1016DSC00757.jpg
 ~小田原市街地~

今日は久々にネットカフェにでもしようかな。
なんだか公園を探すのもめんどくさくなってきた・・・。

久々のファーストキッチン。
スタバにミスド、ケンタと何でも揃うようで意外にもマクドだけがなかったからだ。
ブログをしながら閉店の9時半までいたのち、自転車を駅前の駐輪場へ移動、
その後、駅前のネットカフェへと8時間1780円のナイトパックで寝泊まりした。

1016DSC00766.jpg

1016DSC00768.jpg


10月16日 おしまい。


走行時間 2:16[h]
走行距離 28.8[km]
平均速度 12.6[km/h]
最高速度 47.4[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:小田原駅前のネットカフェ


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/10/25 13:37] | 神奈川
トラックバック:(0) |


マーシー
うっわ~‼ 思いっきり近所だ‼
1年以上も追いかけ続けてきたサトシさんのブログに、見慣れた景色が載るなんて感動です‼
小田原だって!(#^.^#)
仕事帰りに酒匂川沿いのサイクリングロード走って、小田原経由で海岸線から帰宅するのが夏の定番です♪

僕の友人にもサトシさんファンがいるんだけど、ヤツはジャイアンツが死ぬほど好きなんです f^_^;)
この日記を読んで彼がどんな反応を示すかチョット楽しみ♪ \(//∇//)\
(僕は野球は全く知らないケド…)

リアルタイムでは何処にいらっしゃるのでしょうか?



懐かしい風景
風ささき
箱根、最後に行ったのは、もう30年も前かな?
住む場所が変わると、行動半径も変化。
行動パターンも固まってしまう。
日本一周は、自由自在に動けてしまう。
今は柔軟に、心の赴くまま、明日も道に繋がって
いくね。
丘を越えてならぬ難所の峠を越えて行こうよだね。
明日もいい旅を。

箱根を満喫
ぱんら
箱根行ったことあるけど、関所は初めて見た。サトシ君がいろんなとこ見学してレポートしてくれるから勉強になります。

箱根駅伝今度からもっと見応え出るよね。ぱんらも日本に里帰りした時手に汗握って見てます。見覚えのある坂とか見たらすっごく感激するだろうね。

ピカちゃん自転車でいつもお留守番してるの?
盗まれないか心配やなあ。寒くなって来たから、気いつけてね。

マーシー さんへ
サトシ
小田原はマーシーさんのテリトリーだったんですね。(笑)
立派な街と駅には驚きました。 (>_<)/

このあと、いちど会う人ができて横浜まで戻ることになったので、
再び小田原へ戻ることになりましたよ。
現在(10月27日)は伊豆半島の伊東です♪
今朝はそこのマクドからパソコンを開いてますよ。(笑)
って、やばい、もう10時・・・
これから急いで下田の方まで走ることにします~ (>_<)/

風ささき さんへ
サトシ
風ささきさんが訪れた30年前と、箱根はずいぶんと変わったんじゃないですか。
駅伝ミュージアムに箱根関所も復元されて間もないようです。
箱根関所はなかなか良かったですよ!

またぜひ、足を運んでみてください♪

ぱんら さんへ
サトシ
ピカは長く自転車を離れるときは心配なので連れて行ってますよ。
今更、この子がいなくなったら、なんか旅が辛いです。
代わりになる子はいないですしね、大事にしないと・・・

来年の箱根駅伝は無理そうですが、再来年からはのんびり家で楽しめそうです。
「この景色、そうだー!!」とか、なりそうですね。(笑)(>_<)/

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
うっわ~‼ 思いっきり近所だ‼
1年以上も追いかけ続けてきたサトシさんのブログに、見慣れた景色が載るなんて感動です‼
小田原だって!(#^.^#)
仕事帰りに酒匂川沿いのサイクリングロード走って、小田原経由で海岸線から帰宅するのが夏の定番です♪

僕の友人にもサトシさんファンがいるんだけど、ヤツはジャイアンツが死ぬほど好きなんです f^_^;)
この日記を読んで彼がどんな反応を示すかチョット楽しみ♪ \(//∇//)\
(僕は野球は全く知らないケド…)

リアルタイムでは何処にいらっしゃるのでしょうか?

2012/10/25(Thu) 19:09 | URL  | マーシー #-[ 編集]
懐かしい風景
箱根、最後に行ったのは、もう30年も前かな?
住む場所が変わると、行動半径も変化。
行動パターンも固まってしまう。
日本一周は、自由自在に動けてしまう。
今は柔軟に、心の赴くまま、明日も道に繋がって
いくね。
丘を越えてならぬ難所の峠を越えて行こうよだね。
明日もいい旅を。
2012/10/26(Fri) 01:39 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
箱根を満喫
箱根行ったことあるけど、関所は初めて見た。サトシ君がいろんなとこ見学してレポートしてくれるから勉強になります。

箱根駅伝今度からもっと見応え出るよね。ぱんらも日本に里帰りした時手に汗握って見てます。見覚えのある坂とか見たらすっごく感激するだろうね。

ピカちゃん自転車でいつもお留守番してるの?
盗まれないか心配やなあ。寒くなって来たから、気いつけてね。
2012/10/26(Fri) 08:13 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
マーシー さんへ
小田原はマーシーさんのテリトリーだったんですね。(笑)
立派な街と駅には驚きました。 (>_<)/

このあと、いちど会う人ができて横浜まで戻ることになったので、
再び小田原へ戻ることになりましたよ。
現在(10月27日)は伊豆半島の伊東です♪
今朝はそこのマクドからパソコンを開いてますよ。(笑)
って、やばい、もう10時・・・
これから急いで下田の方まで走ることにします~ (>_<)/
2012/10/27(Sat) 09:48 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
風ささきさんが訪れた30年前と、箱根はずいぶんと変わったんじゃないですか。
駅伝ミュージアムに箱根関所も復元されて間もないようです。
箱根関所はなかなか良かったですよ!

またぜひ、足を運んでみてください♪
2012/10/27(Sat) 09:50 | URL  | サトシ #-[ 編集]
ぱんら さんへ
ピカは長く自転車を離れるときは心配なので連れて行ってますよ。
今更、この子がいなくなったら、なんか旅が辛いです。
代わりになる子はいないですしね、大事にしないと・・・

来年の箱根駅伝は無理そうですが、再来年からはのんびり家で楽しめそうです。
「この景色、そうだー!!」とか、なりそうですね。(笑)(>_<)/
2012/10/27(Sat) 09:55 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: