ただいま~♪
昨日に続いて、ともにする仲間が今日も隣にいる。

ともにblogにあえぐ仲間がいる。
ともに寝床に悩む仲間がいる。

1022DSC01432.jpg
 ~左からペニャイダーさん、ダイさん、Amaichiさん~

仲間がいれば、どんな苦境さえも不思議と楽しく感じてしまうほどであった。
ひとりならこうは行かなかっただろう。

それを今日はしみじみと感じた日であっただろうか・・・。

旅588日目 「旅はみちづれ」

AM6:10、ネットカフェを出てAmaichiさんと共にマクドへと走らせた。
ともにやるべきことがある。そうblogだ。

すぐに着くと思っていたマクドはちょっと遠かった。
今朝出たネットカフェの隣がまさにそうなのだが、
わざわざマリンタワーそばのマクドまで5kmほど自転車を走らせたのも電源を拝借させてもらえるマクドを求めてのことで、朝から2人並んでblogの作業にあたった。
昨夜のネットカフェではハイスペックパソコンを前にもちろん意気込んで向かったブログではあったのだが、テレビをちょっとだけと見てしまったのが罠・・・。
巨人と中日のクライマックスシリーズに最後まで見入ってしまったのが悔やまれる。
中日を下した巨人が日本シリーズ進出を決めた。

結局blogもほとんど手をつけぬまま昨夜は横になってしまったため、
そのツケを取り返そうと今朝は必死だ。

1022DSC01418.jpg

1022DSC01419.jpg
 ~仮眠中のAmaichiさん(笑)~

その後は2人、旅人というよりも締め切りに追われるライターといえた。

もともと、Amaichiさんは原稿を出版社に投稿するなど作家の道を夢見ているため、
この手の作業は得意なほうなのかもしれない。
そうでない自分は文章を考えるのも苦手なだけにいつものように苦戦。(> <)/
もっとわかりやすい文はないのかなと、考え込んでしまえば手が止まり、
書いては書き直す作業に追われてしまうからだ。

しかし、こうして隣に同じblogに励む仲間がいるのはなんだか嬉かった。
並んで同じ苦境にあえぐAmaichiさんをみれば、不思議とやる気がわき上がり、
自分も負けずにとがんばることができたのだろう。
「2つ仕上げる!」と意気込んでパソコンに向かうAmaichiさんに刺激され、
また普段なら店員の目を気にしての長居も2人なら心強かった。

blogもそこそこ。
お昼には泊まっていたジョンさん宅から走ってきたペニャイダーさんに、
そしてダイさんと合流した。
ダイさんも旅を終えたばかりの日本一周チャリダーで、
こうして東京から自転車を走らせ会いに来てくれたのだ。
昨日に引き続き、今日もこうして日本一周チャリダーが集まり、
この4人で横浜を観光することにしていた。

そしておもしろいのは、それぞれの旅のパートナーがいること♪
Amaichiさんのショボーンに、ペニャさんのアヒル隊長、とともに記念撮影会♪
しかし、みんなすごく汚れている。(笑)
そんな彼らに残る傷に汚れが、旅を語らずして語る大事なものとなっているのはまちがいなく、そんな傷が誇らしげに輝いて見えるほどだ。

1022DSC01423.jpg
 ~ペニャさんのアヒル隊長に、
        踏んづけて申し訳ないがAmaichiさんのショボーン~


今日はフル装備でやってきたペニャイダーさんが加わったことで、これで重装備の自転車が3台並んだその光景は、それはもう都会には異様なもの・・・。

北海道や沖縄ならよくある光景かも知れないが、この横浜で3人並んで走るのはきっと他から見ればおかしな光景に映っていることだろう。

1022DSC01435.jpg

昼食は”ジョナサン”というファミレスで済ました。

ここではダイさんにごちそうになってしまった、本当にありがとうございます。
実は旅人がもうひとり、こちらにやってくるかもしれないとのことだったのだが、
かなわなかった。

そうして4人、どこへ行くか悩み、デザートを求め昨日に引き続き横浜中華街へ。
人もまばらな平日のこの日は昨日と比べ歩きやすかった。
みんな揃って食べた杏仁ソフトクリームがなかなか♪
甘栗をごり押ししてくる彼らに逃げながら、今日も食べ歩きを楽しんだ。

1022DSC01477.jpg

1022DSC01452.jpg

1022DSC01457.jpg

1022DSC01447.jpg

1022DSC01465.jpg

1022DSC01444.jpg
 ~横浜中華街~

この中華街でおなか一杯に食ったが、思いのほか時間も食ってしまった。

初めの駐輪場探しに苦労したのと、さすがは日本最大の中華街とあって、
回り終えたときにはすでに時計は4時を回る。
東京から自転車で来てくれたダイさんとはここで別れることとなってしまい、
このあとのカップヌードルミュージアムに一緒出来なくて残念だった。

貴重な話も聞かせてもらい、ありがとうございました。

1022DSC01478.jpg
 ~ダイさん、ありがとうございました♪~

手を振って別れ、3人になって向かった先は、赤れんが倉庫にほど近い、
Amaichiさんたっての希望でやってきたカップヌードルミュージアム♪

1022DSC01481.jpg

1022DSC01487.jpg

まるで美術館のようなモダンな雰囲気。

また入り口でお出迎えしてくれたBIGカップヌードルにヒヨコには我々3人、
子供たちを押しのけ、まさに子供のようにはしゃいでしまった。(笑)

1022DSC01485.jpg

1022DSC01493.jpg

1022DSC01497.jpg

入館料を含め800円の出費にサイフは痛いが、
なんと言っても自分オリジナルのカップラーメンを作ることができるのがココの呼び物♪
色とりどりのマーカーでカップにデザインを描けば、スープにトッピングの選択、
またパッキング包装までの製造工程で出来上がっていく姿を直に見せてもらえた。

1022DSC01502.jpg

1022DSC01512.jpg

初めの一筆が緊張と不安でなかなか進まず、もう自分の絵のセンスにはひざを突いてガッカリしてしまうが、これがなかなかおもしろいものであったし、
平日にも関わらずヌードルファクトリーは大盛況!!
そんな世界に一つだけのカップラーメンが出来上がったときには、
食べるのがもったいないぐらいに嬉しくなってしまった♪

荷物になる理由でペニャさんにAmaichiさんは夕飯に食べてしまうというが、
自分は旅の思い出にとって置こうと思う。

1022DSC01515.jpg

1022DSC01521.jpg

1022DSC01532.jpg

1022DSC01533.jpg

1022DSC01537.jpg

1022DSC01538.jpg

その後は閉館まで時間の許す限り館内を見て回った。

世界初のインスタントラーメンを発明した日清食品創業者の安藤氏のチキンラーメンの開発秘話から、苦悩の話などが紹介されてあった。
たかがカップラーメン、そんな思いが正直最初はあったが、
この小さなカップの中に詰まった汗と涙と苦労の数々には驚いてしまった。

大阪の池田市にある、自宅の裏庭小屋でインスタントラーメンの開発に取り組んだそうだが、そんな池田には自分も子供の頃に住み、慣れ親しんだ地でもあった。
規模は劣るものの、池田にもこのカップヌードルミュージアムがあり、
小学校の自由研究の題材にと、ひとり訪れたことがある。
当時の自分には難しかったのか、まためんどくさかったのか、
特に何も思わずして館内を巡っていた記憶があるが、今回は違う。

美術館のような空間に流れる音楽。
そんな雰囲気に酔いしれてしまったのかも知れない、
なんとも不思議な思いを巡らせながら、安藤氏の生涯を追っていた。
そこに、旅が終わったらどうしようかと、悩む自分へのヒントがある気がしたからだ。
カップラーメンの作り方もそうだが、安藤氏の創造的思考には特に感銘をうけた。

こういう場所でじっくりと見てしまう自分に2人を待たせてしまうんじゃないかと心配したが、ペニャさんにAmaichiさんもひとつひとつ丁寧に目を通し、心おきなく見ることが出来た。

1022DSC01552.jpg

1022DSC01557.jpg

1022DSC01553.jpg

当時は本当に画期的な食べ物だったのだろう。

初代チキンラーメンのパッケージには”最高の栄養と美味を誇る完全食”と書いてあった。
今の考えと雲泥の差に冷笑してしまったが、そんな安藤氏も2007年に亡くなる96歳まで毎日欠かさずお昼に口にしていたのがチキンラーメンだったそうで、
そして、それが彼いわく健康の秘訣であったという。

1022DSC01545.jpg

1022DSC01547.jpg
 ~ブログネタに必死のAmaichiさん(笑)~

最後は時間に背中を押されての退館であった。

思いのほか楽しめていたと思う。
横浜に来たのなら、ぜひ行ってもらいたい場所だ。

6時閉館のギリギリにミュージアムを出れば、あたりは真っ暗。
ネオンに輝くみなとみらいの美しさにロマンチックな気分になるが、
しかし自分たちは寝床探しに頭を悩ませていた。
今夜は雨の予報だからだ。
しかも明日の天気も思わしくなく、3人この横浜で停滞を決め、
結局は条件のいいネットカフェのフリーパックを探し、そこで明日の雨までやり過す話となった。

そんな決断にミュージアムの前で1時間も悩んでしまっていたのだが、
ああしよう、これはどうかと、3人であればそんな苦境さえも不思議と楽しく感じてしまうほどであった。
ひとりならこうは行かなかっただろう。

1022DSC01561.jpg

1022DSC01568.jpg

夜の横浜を疾走。
コンビニで夕飯をすまし、横浜駅にほど近い繁華街のネットカフェへ。

マクドやファミレスで朝までブログをしてやり過ごすか、また格安のビジネスホテルなども考えた末に決めたこのネットカフェのフリーパックであったのだが、
なんと!そのパックが人数限定であって、寝るのに都合のいいフラットシート席が残り2人分しか用意できないと受付で言われてしまったのだ!!
ひとりは、さほど背もたれのきかないオープン席を余儀なくされてしまい、
自分がそれでもいいといってくれるペニャイダーさんだが、それはさすがに・・・

こうなれば”旅は道連れ”とういうことで、ともにフラットシートを諦め、
3人同じくオープン席の朝10時までのフリータイムで入ることにした。

3人だからか、なんとかなるでしょ♪、と歓楽的な気分でいられたんだと思う。
料金パックも安上がりだし、どちらかと言えばこの苦境を楽しんでいたほうであった♪

1022DSC01573.jpg

狭いブースにリクライニングを目一杯倒してもエコノミーシート程度だが、
まぁ飛行機に乗ったと思えば快適なほうで、足こそ伸ばすことは出来なかったが、
パソコンデスクに足を乗せれば、何とか寝ることは可能だった。


10月22日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:横浜市街地のネットカフェ


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/11/06 14:19] | 神奈川
トラックバック:(0) |

グループ活動
風ささき
同じ道の同士だし、一致団結。
平等に、譲り合い、同じ時間を共有する。
2度と来ない、顔合わせ、またひとつ思い出に
残る数日になったようだね。
明日もいい旅を。

楽しそう!!!
ぱんら
日本一周チャリダーさんが勢揃い、豪華絢爛オールスター?って感じ。とっても楽しそう。
ソロで走るのとはまた違った楽しさがあるんでしょうね。それにしても都会の道の走りにくさったらないね。くれぐれも事故に気をつけてね!

ピカちゃんとカップヌードルひよこちゃんとの絡み、可愛すぎてメロメロになりまちた。ぱんらも池田のミュージアムで麺から手作り体験したよ。っていうか小さい時池田に住んでたんだよ。ひょっとして同じ小学校だったりして。

ぱんら さんへ
サトシ
ぱんらさんも池田に住んでいらしたとは・・・
なんだか、つくづく世間は狭いような気がしました。(笑)

ちなみに自分は池田小学校です。
ぱんらさんももしかして・・・

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
グループ活動
同じ道の同士だし、一致団結。
平等に、譲り合い、同じ時間を共有する。
2度と来ない、顔合わせ、またひとつ思い出に
残る数日になったようだね。
明日もいい旅を。
2012/11/07(Wed) 01:46 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
楽しそう!!!
日本一周チャリダーさんが勢揃い、豪華絢爛オールスター?って感じ。とっても楽しそう。
ソロで走るのとはまた違った楽しさがあるんでしょうね。それにしても都会の道の走りにくさったらないね。くれぐれも事故に気をつけてね!

ピカちゃんとカップヌードルひよこちゃんとの絡み、可愛すぎてメロメロになりまちた。ぱんらも池田のミュージアムで麺から手作り体験したよ。っていうか小さい時池田に住んでたんだよ。ひょっとして同じ小学校だったりして。
2012/11/08(Thu) 10:57 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
ぱんら さんへ
ぱんらさんも池田に住んでいらしたとは・・・
なんだか、つくづく世間は狭いような気がしました。(笑)

ちなみに自分は池田小学校です。
ぱんらさんももしかして・・・
2012/11/14(Wed) 04:58 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: