ただいま~♪
今日もきつい~!(> <)/

127DSC07691.jpg

凍える寒さの中、バカみたいに汗をかいてしまっている。
ほんと、この紀伊半島のリアス式海岸には苦戦させられてばっかだ!!

渋峠(標高2172mの国道最高地点)に乗鞍スカイライン(標高2702mの一般道最高地点)、また富士山5合目までのスバルラインに比べたらマシであるはずだが、
ならこのくらいと、そう自分を奮い立たせるも、やはりキツい・・・

多くのチャリダーから紀伊半島はヤバいと聞いてはいたが、確かにそうだ。
あと数日はこのリアス式海岸から抜け出せそうにない・・・(> <)/

旅634日目 「ひとり鬼退治」

地理上仕方のないことなのだが、大阪から来ましたと答えると、”じゃあ旅が始まったばかりだね”とか”なんだ近いね”とさらりと言われてしまう。
で出発は沖縄であること、北海道を回ってきて下りであること、もう旅して1年8ヶ月であることを告げて、ひどく驚かれるといった感じだ。

127DSC07663.jpg  AM7:30 今朝はちょっとばかり寝坊の起床だった・・・。

127DSC07662.jpg今朝の朝食はモヤシラーメンで温まることに♪

そうそう、これからの先行きを話すと再び内陸の旅が和歌山から始まりそうだ。
和歌山市街地までは海岸線を紀伊半島にそってぐるっと回るが、そこから奈良、京都、そして兵庫県へと入っていくつもりでいる。

こうするのも、地元大阪を避けると言ったら早く自分の顔を見たがっている母に怒られてしまうのだが、やはり大阪を踏まないためでもあった。
旅の最後まで家に帰らないことに決めているし、
そのまま兵庫へと抜けてしまおうかと思っているところだ。

127DSC07665.jpgちょっとばかり遅くなってしまったが、8時半に南伊勢町を出発!

127DSC07668.jpg海苔の養殖が多く見られた五ヶ所湾だった

127DSC07669.jpg国道260号線

さて、今日も国道260号線を行く。

途中、すっごく色鮮やかな鳥がふつうに空き地を歩いていて、もしかしてキジ!?
そんな色鮮やかな鳥にすっごく興奮してカメラを向けていた。
あいにく、きびだんごなんて持ち合わせていなかったため、すぐに逃げていくも、
決して飛ぼうとはせずトコトコ歩いて逃げていくおもしろい奴であった♪

で、驚きはそのあと!
これだけであったらキジみたいな鳥がいましたよ♪、で終わるのだが、
なんという偶然か!なんと、なんと!、鬼が現れまさに桃太郎の物語!!
先ほどの鳥がキジであるかは断言できないが、そんなちょっとおもしろい偶然があったのだ。

127DSC07671.jpgもしかしてキジ!?

127DSC07676.jpgで!、今度は鬼も現れるもんだからびっくり!!

迫間浦では大きなタイのモニュメント。

思わず立ち止まり、写真を撮りたくなったほどだ。
なんでもこのあたりはタイの養殖が盛んとのことであった。

127DSC07682.jpgタイの里である迫間浦にて・・・

今日もキツい道のり!!(> <)/
なんじゃこりゃ!!っと叫びたくなる坂ばかり!

ちなみにこのあたりはトンネルが多く掘られ、ならアップダウンはマシかなと甘く見ていたが、ぜんぜんそんなことはなかった!
そんなトンネルすらも坂道であったりしたのだ。

127DSC07698.jpg

127DSC07695.jpg今日も坂をせっせと登る!!(> <)/

お昼頃にちょうどスーパーを見つけ買い物。

特売品の巻きずしを手に外に出た瞬間、信じられないことが!!
もう自分の姿を鏡で見ているかと思ったほどだ。
なんと、そこには予想もつかない重装備のチャリダーにバッタリ!!

やっぱりお互い、驚くのはこんなところで、そしてまさかこんな寒い時期にと、
そんな出会いを喜ぶばかりであった!!

127DSC07703.jpgスーパーで出会った日本一周チャリダーの白川さんと♪

127DSC07704.jpgそんな白川さんの自転車

ひとつ年上の白川さんは、自分と同じく大阪から来た日本一周チャリダーで、
旅も残すところこのまま大阪へと帰るだけ。
免許の更新期日が迫る事情から、急ぎ足で旅の終盤を向かえるところであった。
白川さんも北海道以来、久々に旅人と出会ったといい、こうして出会えた旅人同士、
旅の話もそうだが、根っからのカメラ好きの白川さんとはそんな話でも盛り上がったのだ♪

ちなみに、長旅だけに何かと節約を試み、こうしてお昼も半額の飲むヨーグルトにお買い得品の巻き寿司で済ましている。
しかし白川さんはそれをかなり上回る倹約っぷりで、半額の食パンにマヨネーズだけをたっぷりかけて食べる慎ましいお昼をしていた。
ちょっと見習うべきなのかなと思った。

127DSC07701.jpg今日のお昼ごはん♪

今日の目的地はともに同じく紀伊長島の道の駅とあって、
その後は2人そろって走ることに♪
先日も伊勢で日本一周チャリダーの佐川さんと出会うも、東京へと帰っていく彼とは正反対の方向にすぐに別れることとなってしまったため、こうして共にできることがすごくうれしかったのだ♪

このまま一緒に大阪まで。
そうできたら楽しいだろうなとか思うばかりであった。

127DSC07706.jpg白川さんとともに♪

127DSC07707.jpg

127DSC07708.jpg

しかし、相変わらずだが道がキツいキツい!!(> <)/

並んで楽しく話をできたのも初めだけ・・・。
その後は息を切らして登る坂ばかりに、それどころじゃなかった!!
話そうとするもんなら、すぐに咳込むほど・・・。

もうツラいツラい道のりに、特に登山装備も揃った重装備の自分が遅れる。
履いている靴さえ重い登山靴だ。
またせっかく頂いてこう言うのも失礼な話しだが正直、
昨夜頂いた20個もの大量のミカンが重くのしかかっている気が・・・。^^;
同じ道の駅を目指す白川さんには、先に行ってもらってもよかったのだが、
共に苦労を励ましあいながらゆっくり進んでいった。

127DSC07709.jpg勾配10%を超える坂ばかり・・・

127DSC07712.jpg

3時半に道の駅「紀伊長島マンボウ」に到着。

マンボウでも水槽で飼われているのかなと思ったら、なんとマンボウの串刺し!!
露店は閉めてあったが、店内には冷凍されたマンボウのお肉があって、
味がまったく想像つかないが、この紀北町の名物であった。

寝れる場所はあるのだろうかと心配してやってきた道の駅であったが、
隣が臨海公園を含む広い敷地に大きな東屋。
2人迷わずここでのキャンプすることに。
その後は近くのスーパーで買い物をしてから戻ってきた。

127DSC07713.jpg道の駅「紀伊長島マンボウ」

127DSC07715.jpgまさかマンボウを食べるとは・・・^^;

127DSC07716.jpgマンボウの串刺し

127DSC07717.jpg道の駅にちょうどいい具合の大きな東屋、2人ここでキャンプすることに

127DSC07720.jpg夕飯はキノコたっぷりの味噌煮込みうどん

ちょっと信じられないことなのだが、
日没後になんとなんとまたまた重装備を備えたチャリダーが到着!!

これにはもう3人ともに目を丸くして驚くばかり!!
まるで夏の北海道。
彼は世古さんといい、東京から来た同じく日本一周チャリダーであったんだ。
いろんな話をすることができた夜だった♪


12月7日 おしまい。


走行時間 4:36[h]
走行距離 58.2[km]
平均速度 12.6[km/h]
最高速度 48.4[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:道の駅「紀伊長島マンボウ」


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/12/12 12:40] | 三重
トラックバック:(0) |


マーシー
おお! こんな時期に日本一周チャリダーが3人も集まるなんて!
打ち合わせした訳でもないのに奇跡的ですね!
3人旅楽しそ~♪

大阪の地を踏まないという心意気あっぱれなり!
日本一周旅の途中で一時帰宅するチャリダーさんは沢山いらっしゃいます。
装備の見直し、休養、自転車のリフレッシュ…『旅を楽しむ』という観点から考えれば、クレバーな方法だと思います。
そういうやり方もアリでしょう。
ただ、『日本一周』という事にチャレンジングな意味を求めるならば、一時帰宅はちょと…と思ってしまうのです。
自宅はスタート地点であり、ゴール地点ですからね。
帰宅はゴールを意味し、再スタートは全く別の旅のスタートに思えてしまうのです。
サトシさんは、ずっとチャレンジングな旅を続けてきたように思います。
是非、ゴールまでそのスタイルを貫き通して欲しいと思います(^_−)−☆



うんうん
風ささき
きつい坂道も友を呼ぶだね。
これも縁だね。
内陸もきつい坂が待っている、ファイト。
明日もいい旅を。

マーシー さんへ
サトシ
旅人、それも日本一周が3人と、この時期には奇跡すぎますね。^^;
自分も久々に楽しくキャンプができました♪
やっぱり仲間がいると、安心というか、またすべての苦労や怒りを笑話にして流すことができますね♪

一時帰宅は自分も考えていて・・・
しかし、帰ったらもう家の居心地にまったりして旅に出られないような気がして。^^;
2年か、それで済むかはわからないですが、ただいま~!、となる日がすごく楽しみです♪

風ささき さんへ
サトシ
紀伊半島、相当やばいところです(> <)/
坂ばっかで嫌になっているところで、こうして出会いがあって救われた気分ですよ。
その後はいつも以上に頑張れたのも、励ましあいのおかげです♪

管理人のみ閲覧できます
-


山水火 さんへ
サトシ
そうですね、大切な選挙です。
いろいろと調べてみたのですが、旅先からでは選挙投票はややこしそうで・・・^^;
今回は投票できませんでしたが、次は参加して自分の意志をしめせればと思います。
ありがとうございました。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
おお! こんな時期に日本一周チャリダーが3人も集まるなんて!
打ち合わせした訳でもないのに奇跡的ですね!
3人旅楽しそ~♪

大阪の地を踏まないという心意気あっぱれなり!
日本一周旅の途中で一時帰宅するチャリダーさんは沢山いらっしゃいます。
装備の見直し、休養、自転車のリフレッシュ…『旅を楽しむ』という観点から考えれば、クレバーな方法だと思います。
そういうやり方もアリでしょう。
ただ、『日本一周』という事にチャレンジングな意味を求めるならば、一時帰宅はちょと…と思ってしまうのです。
自宅はスタート地点であり、ゴール地点ですからね。
帰宅はゴールを意味し、再スタートは全く別の旅のスタートに思えてしまうのです。
サトシさんは、ずっとチャレンジングな旅を続けてきたように思います。
是非、ゴールまでそのスタイルを貫き通して欲しいと思います(^_−)−☆

2012/12/12(Wed) 21:58 | URL  | マーシー #-[ 編集]
うんうん
きつい坂道も友を呼ぶだね。
これも縁だね。
内陸もきつい坂が待っている、ファイト。
明日もいい旅を。
2012/12/12(Wed) 22:39 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
マーシー さんへ
旅人、それも日本一周が3人と、この時期には奇跡すぎますね。^^;
自分も久々に楽しくキャンプができました♪
やっぱり仲間がいると、安心というか、またすべての苦労や怒りを笑話にして流すことができますね♪

一時帰宅は自分も考えていて・・・
しかし、帰ったらもう家の居心地にまったりして旅に出られないような気がして。^^;
2年か、それで済むかはわからないですが、ただいま~!、となる日がすごく楽しみです♪
2012/12/13(Thu) 09:32 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
紀伊半島、相当やばいところです(> <)/
坂ばっかで嫌になっているところで、こうして出会いがあって救われた気分ですよ。
その後はいつも以上に頑張れたのも、励ましあいのおかげです♪
2012/12/13(Thu) 09:35 | URL  | サトシ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/13(Thu) 21:01 |   |  #[ 編集]
山水火 さんへ
そうですね、大切な選挙です。
いろいろと調べてみたのですが、旅先からでは選挙投票はややこしそうで・・・^^;
今回は投票できませんでしたが、次は参加して自分の意志をしめせればと思います。
ありがとうございました。
2012/12/22(Sat) 20:12 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: