ただいま~♪
今日から同じく鹿児島へと南下してゆくべこさんとの2人旅が始まった。
快適なシーサイドラインを思いうかべてちょっぴり頑張った100km先の田辺市を目指すも、これがアップダウンの連続!! (> <)/

そんなツライ道のりの中に楽しいこと、笑え合えたこと、
2人旅ならではのいろんなことがあった。

しかし、この日はなんといってもこれだと思う♪

旅644日目 「FM TANABE」

今朝もまだ夜明け前の6時に坂田さんが車で迎えに来てくれて、
べこさんとともに車で3人、串本漁港へと向かった。

昨日は定休日に食べられなかった坂田さんの勧める朝食をごちそうしてもらう。
出されたものは味噌汁にご飯、アジのミリン干しだけ。
そんな実にシンプルなものだが、さすがは漁師さんの行きつけの店だけに魚がすごくおいしいく、べこさんと2人して目が覚めるように平らげた。
店内のテレビでは昨日の衆議院選挙の開票結果が、自民党の大勝を伝えていた。

1217DSC08738.jpg昨日に引き続いて再び串本漁港へ

1217DSC08737.jpg 今日はサンマが大量♪

1217DSC08744.jpg 選別する速さがすごい・・・^^;

1217DSC08743.jpg 串本漁港

一通り漁港を見た後は、再び20分ほど走らせて一枚岩へと行くことになった。

そんな古座川の一枚岩のことはパンフレットで知っていたものの、
少しばかり内陸の奥行ったところにあるため諦めていたところだ。
だからこうして見に行けるとは思ってもなかったことに本当に嬉しかった♪

そんな1枚岩、圧倒するばかり。
よくある断崖絶壁に見えるが、よく見ると一枚の岩であることが確認できる。
日本のエアーズロックとも言われ、見上げる高さ100mに500mも至る横幅は、
自慢の広角12mmレンズでもその全体が収まりきれず困るほどだ。 ^^;
こうした巨大な1枚岩であるのも、硬い流紋岩質であったおかげで風化や断層にも耐え抜いてきたからだそうで、国指定の天然記念物にもなっていた。

1217DSC08750.jpg 日本版のエアーズロック!

1217DSC08754.jpg長さ500mの一枚岩がどこまでも続く

1217DSC08752.jpg 真ん中が坂田さん

こうしてよくしてもらってばかりの、おじさんの人の良さは心を洗われるほどだ。
  
キャンプ場へ送り届けてもらう帰り、軽自動車の前輪をパンクさせて困っているおばさんがいれば、迷うことなく駆け寄って修理にあたり、手際よくジャッキでスペアタイヤに交換、べこさんと自分なんかはほとんどなにもできなかったほどだ。
手を黒くしてお互い助け合いだといっていた。

こうしてお世話になった坂田さんにお礼をいい、
またどこかで会えることを願って、連絡を交換し合って別れた。
ありあとうございました。

1217DSC08759.jpg キャンプ場に戻り撤収・・・

1217DSC08770.jpg べこさんの自転車

1217DSC08767.jpg出発前に記念写真♪

1217DSC08766.jpg べこさんの相棒、赤べこ(福島の郷土玩具)

朝日がさんさんと降り注ぐ気持ちのいい時間についついのんびり。^^;
遅くなってしまったが、9時40分にふたりそろって出発。
青空のもと気合を入れて駆け出した。

同じく鹿児島目指して南下するべこさんとともにゆく♪
今日はどこまで行こうかと話し合った結果、
南紀白浜を越えた田辺市街地まで行こうという話でまとまった。
その距離、実に100kmにも及ぶ長丁場だが何とかなると思ったのも、
やはり仲間がいるという心強さなのだろうか。
いつも60kmほどで音を上げる自分がいけると思ったのだから不思議なものだ。
そんな田辺にしたのも、お互い底をつくカメラやパソコンのバッテリーに焦り、
またともにブログの投稿に追われる2人して、マクドのある大きな街まで行きたかったのもある。
それが100km先の田辺市街地であった。
そんなお互いの一致する思惑に苦笑いし、100kmの走行となったのだ。

1217DSC08771.jpgべこさんと共に♪

1217DSC08775.jpg本州最南端の串本の街並みを見下ろす丘

1217DSC08777.jpgひたすら国道42号線を進む

1217DSC08782.jpg珍しい、押しボタン付きのトンネル

1217DSC08785.jpg

本州最南端の町、串本から紀伊半島も折り返し。
半島をぐるりと囲む国道42号線を進んだ。
快適なシーサイドラインかと思っていたら、予想に反してアップダウンの連続・・・

よく和歌山がきつかったと旅人が口をそろえて言うが、このことだろう。
懸命に坂を上り切り、そして長い下りに気分良くしていたら、
V字型に折り返しては再び見上げるような上り坂へと突き返されるのだから、
足を止めて休みたくなる失意に幾度と駆られた。(> <)/

しかし、ともに頑張るべこさんがいるからこそ頑張れる自分がいて、
ここでもまた2人旅ならではのよさがあった。


休憩がてらに向かった先は”日本童謡の園”という、
入場無料が嬉しいちょっとした公園だ。
ここにはいくつかのモニュメントが並び、
その前に立つと自動でテーマの童謡が流れるという仕組みであった♪
そんな流れ手てくる童謡は、「お花が笑った」や「鳩ポッポ」、「メダカの学校」に「赤とんぼ」など、耳にしたことのあるものばかりに驚く。
どれもこの地にゆかりのあるものというからだ。

1217DSC08790.jpg 日本童謡の園にて・・・ 

1217DSC08803.jpg

1217DSC08809.jpg

相変わらずアップダウンが厳しく襲い掛かかる。(> <)/

すさみ町のオークワでようやくのお昼にありつけた。
スーパーどころか、コンビニすらも全く見あたらない道のりにどうしようかと2人お腹を凹ませ走ることとなってしまったていたため、念願のオークワに駆け込む。
店先のベンチで食事にしていれば、先ほどまでの青空はどこへやら、
低い降水確率にもかかわらず、降り出してきた雨には昼食に水を差されてしまった。

冷たい小雨が時折混じる冷たい風に、防寒対策をしっかりとしてから出発した。

1217DSC08810.jpg オークワで昼食

1217DSC08813.jpg 食パンで節約^^;

1217DSC08814.jpg

1217DSC08821.jpg ( ゚o゚)お、お大事に・・・

1217DSC08825.jpg

日没が迫るが、ナイトランしてでも行こうと2人意見が一致し、
南紀白浜へと国道をそれて県道34号線へ。

このあたりから苦しめられてきたアップダウンも落ち着いてきただろうか、
車の姿もほとんどない別荘地といった静かなところで、
2人話しながら並んで走ることができた。
アドベンチャーワールド(関西ではけっこう有名かな)に南紀白浜空港の脇を通り抜けると、そこはいよいよ白浜だ。

ここから日没に追われながら大忙しの観光!!
三段壁という断崖絶壁の景勝地は福井県の東尋坊を思わせる断崖絶壁。
思わず足がすくむところだ。
アロエ畑をパパッと見て、無料だと思ってわざわざ寄り道した海中展望台は、自分がツーリングマップルに書かれた”無休”を無料と読み違えたケアレスミス・・・ (> <)/
それでもべこさんはブログのいいネタになったと笑っていた。^^;

最後に有名な白浜にやってきたのだが、
本当に南国のビーチのように真っ白な砂浜をしている。
ゴミ一つ見あたらないきれいな砂浜だ。
そんな砂浜を目に、旅の幕を開けた沖縄を思い出すばかり。
ぜいたく言うと夕暮れじゃなく、晴れた青空の下で見れたら、
きっともっと輝いたビーチを見れたと思うと、ちょっとばかり残念だっただろうか・・・。

1217DSC08832.jpg東尋坊を思い出す断崖絶壁の三段壁

1217DSC08839.jpg景観を配慮して柵なし^^;

1217DSC08841.jpg 思わずバンザイ(笑)

1217DSC08849.jpg白い砂浜の南紀白浜

1217DSC08850.jpg み、水・・・

1217DSC08856.jpg 白浜のシンボル、円月島

今朝の串本町をでてから、すさみ町、白浜町、そして田辺市に入り
その後はとにかくとばしてとばして田辺市街地へと2人急いだ。

走行距離90kmを越え、さすがにヘトヘト・・・、
足も悲鳴を上げ、信号待ちの漕ぎ出しに苦労させられた。
車専用の国道に何度も掃けられたりと、思わぬ苦労に暗いナイトランが続き、
なんとかの思いで2人田辺市街地へと入っていった。

1217DSC08858.jpg

マクドでお互いにブログをして、それから近くの公園でキャンプをしよう。
という話であったのだが、ここで信じられないことが!!
そんな1時間後にはラジオスタジオでマイクに向かう自分がいることなど、
これっぽっちも想像していなかったこと!! ^^;

まさにぶっつけ本番のゲスト出演に、 べこさんとともにもう緊張しっぱなし!!
パーソナリティさんとの打ち合わせは全くなく、
何を聞かれるかも分からないまま番組を迎えてしまったからだ。
出会ってすぐのことに、お互いの自己紹介すらも番組の冒頭中でようやく口開いたほどであった。
スタジオから見えるようにガラス越しに自転車を並べ、
ヘッドホンを耳にマイクの前に座ってスタンバイしている間がいちばん緊張していただろうか、ヘットホンから流れる曲に耳を澄ましながら静かに待つ時間は、イスに座っているのに宙に浮いた気分であるほど不思議なものであった。

パーソナリティのジーナさんが言葉を付け加えてそして我々の話へと移る。
質問にちょっとばかりでもつまると、そんな無言の時間が焦る焦る!!
なんせいくら身振り手振りしたって、ラジオの声に耳を傾ける人に分かるはずもなく、そんな言葉だけで伝える難しさを実感した。
そんな番組中のことは、はっきり言ってよく覚えていない・・・。^^;
自分の旅にかける思いを口べたながら語っていたと思う。
自分自身、すごくいい勉強になった。
そしてそんな緊張があったからこそ、いい思い出になったんだと最後に分かった。

そんな番組の終盤にはなんと、早くも応援のメッセージが寄せられ、
ジーナさんがそのメッセージを読み上げたときには、べこさんと2人、思ってもなかった言葉に驚き、そして改めてラジオのすごさを思い知ったばかり。
普段からラジオを聴く機会がほとんどなかった自分にはそんなラジオの魅力と共に、
ラジオに出演できた不思議な思いをそのままにスタジオを後とした・・・。

1217DSC08862.jpg 商店街のいっかくにあるサテライトスタジオ「FM TANABE」

1217DSC_0084.jpg 今回のラジオを一緒にしたパーソナリティのジーナさんと

夜は伊谷さんのお宅で世話になった。

そんな伊谷さんとべこさんとは北海道のライダーハウスで知り合い、
おじさんから和歌山にきたら是非という話であったそうだ。

そんなことを忘れ、マクドでブログをしてからどこかの公園で野宿するつもりで2人あったが、偶然にもべこさんの携帯に伊谷さんから電話をもらい、なんとそんな伊谷さんの家がまさにこの田辺であることから、急遽お邪魔することができ、
そんな伊谷さんの紹介でラジオ番組に突然として出演することになったのだ。
こうしてラジオ出演に屋根の下での就寝、
すべてが数時間前まで思ってもいなかったことに、夢を見ているようで、
あたたかい布団のなかで、またお酒を飲み交わしたこともあり、ぐっすり眠りについた。


12月17日 おしまい。


走行時間 5:49[h]
走行距離 95.6[km]
平均速度 16.4[km/h]
最高速度 49.3[km/h]

天候:晴れ時々小雨
体調:良好

キャンプ地:和歌山県田辺市の伊谷さん宅

[あとがき]
自転車はゲストハウスに置かせてもらい、歩き遍路を開始!
12月29日、現在は10番札所を打ち終え、徳島県吉野川市にいます。


なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2012/12/29 13:35] | 和歌山
トラックバック:(0) |

混線
風ささき
風景しか見えない空間に、見えない電波が
行き交っている。
同じように、見えない想いも飛び交い、混線
しているのかもしれないね。
お遍路、スタートしたんだ、本当に地に足が着く
確実な旅。
こんどは、靴擦れとの戦いかな。
野宿だよね?
明日もいい旅を、すぐに大晦日だね。


枯木チャリダー
こんばんは!
お元気そうでなによりです
歩きお遍路、またブログアップ楽しみにしています。炬燵の中で


すげー
ぱんら
しばらく更新ないから心配してたら、べこさんと二人で走るやら、親切なおじさん達にお世話になるやら、ラジオ出演までしちゃうなんて、、、凄い充実やん。よかったね。

現在位置は徳島かあ、ついにお遍路さんになったんやね。ぱんらもいつかお遍路したかったから、写真とか楽しみにしてます。四国といっても寒いやろうから気をつけてね。

三段璧に行かれたのですね!
のんの
サトシさん

実はここもお奨めしようと思ったのですが、ご覧の通り景勝優先の柵無しだったので、疲れた身体にはそこよりも白良浜の足湯の方がベターかなと思った次第です。

ちなみに、三段壁の下部には、熊野水軍の船隠し場があったとされる三段壁洞窟があり、入るのに1,200円もするので、あえてお奨めしませんでした。

お遍路の旅、お気をつけて、有意義な道中と年越しを!

風ささき さんへ
サトシ
その町のラジオ局で、そのまちの番組があるって、素敵なことですね。
きっと、大手じゃ届かない町の細かなところまで話があるのがローカルの良さなんだと思いました♪

お遍路、一番の悩みどころだった自転車の置き場所。
駅の駐輪場や空港など、数か月間も放置するだけにすごく悩んでいたのですが、
ゲストハウスの倉庫に置かせてもらえることになって、安心してお遍路が出来そうです♪
大晦日は忙しそうですか、
正月を迎えるにあたり慌ただしそうにする街が自分はなんか好きですよ♪

枯木チャリダー さんへ
サトシ
こたつ、いいな~ (> <)/
こちらはもらったみかんがたくさんありますけどね。(笑)

お遍路、自転車の旅と大きくスタイルが変わって苦労してます。^^;
今まで普通だった10km先がうんざりだし、食料を求めてへとへとになりながら歩いてますよ~


お遍路
おつね
お遍路はじめたんですね。

年を越しても寒い日が続きますが、
身体に気を付けて八十八ケ所を制覇してください。

これからも楽しみにしています。
そして、良いお年を。

おつね さんへ
サトシ
お遍路始まりました♪
四国も意外と寒いですね。(> <)/

歩いてだとなかなか進まず、一日よく歩けて20kmほどですよ。
この調子だと、四国は長い旅になりそうです。^^;

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
混線
風景しか見えない空間に、見えない電波が
行き交っている。
同じように、見えない想いも飛び交い、混線
しているのかもしれないね。
お遍路、スタートしたんだ、本当に地に足が着く
確実な旅。
こんどは、靴擦れとの戦いかな。
野宿だよね?
明日もいい旅を、すぐに大晦日だね。
2012/12/29(Sat) 17:50 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
こんばんは!
お元気そうでなによりです
歩きお遍路、またブログアップ楽しみにしています。炬燵の中で
2012/12/29(Sat) 21:43 | URL  | 枯木チャリダー #-[ 編集]
すげー
しばらく更新ないから心配してたら、べこさんと二人で走るやら、親切なおじさん達にお世話になるやら、ラジオ出演までしちゃうなんて、、、凄い充実やん。よかったね。

現在位置は徳島かあ、ついにお遍路さんになったんやね。ぱんらもいつかお遍路したかったから、写真とか楽しみにしてます。四国といっても寒いやろうから気をつけてね。
2012/12/30(Sun) 12:33 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
三段璧に行かれたのですね!
サトシさん

実はここもお奨めしようと思ったのですが、ご覧の通り景勝優先の柵無しだったので、疲れた身体にはそこよりも白良浜の足湯の方がベターかなと思った次第です。

ちなみに、三段壁の下部には、熊野水軍の船隠し場があったとされる三段壁洞窟があり、入るのに1,200円もするので、あえてお奨めしませんでした。

お遍路の旅、お気をつけて、有意義な道中と年越しを!
2012/12/30(Sun) 13:12 | URL  | のんの #ADJD0lrw[ 編集]
風ささき さんへ
その町のラジオ局で、そのまちの番組があるって、素敵なことですね。
きっと、大手じゃ届かない町の細かなところまで話があるのがローカルの良さなんだと思いました♪

お遍路、一番の悩みどころだった自転車の置き場所。
駅の駐輪場や空港など、数か月間も放置するだけにすごく悩んでいたのですが、
ゲストハウスの倉庫に置かせてもらえることになって、安心してお遍路が出来そうです♪
大晦日は忙しそうですか、
正月を迎えるにあたり慌ただしそうにする街が自分はなんか好きですよ♪
2012/12/30(Sun) 13:58 | URL  | サトシ #-[ 編集]
枯木チャリダー さんへ
こたつ、いいな~ (> <)/
こちらはもらったみかんがたくさんありますけどね。(笑)

お遍路、自転車の旅と大きくスタイルが変わって苦労してます。^^;
今まで普通だった10km先がうんざりだし、食料を求めてへとへとになりながら歩いてますよ~
2012/12/30(Sun) 14:03 | URL  | サトシ #-[ 編集]
お遍路
お遍路はじめたんですね。

年を越しても寒い日が続きますが、
身体に気を付けて八十八ケ所を制覇してください。

これからも楽しみにしています。
そして、良いお年を。
2012/12/31(Mon) 20:52 | URL  | おつね #-[ 編集]
おつね さんへ
お遍路始まりました♪
四国も意外と寒いですね。(> <)/

歩いてだとなかなか進まず、一日よく歩けて20kmほどですよ。
この調子だと、四国は長い旅になりそうです。^^;
2013/01/10(Thu) 07:41 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: