ただいま~♪
白衣に袖を通したとき、
ついに始まったお遍路の旅に期待と不安が頭の中で渦巻く。

作戦通りといえばそうなのだが、クリスマスと本当に無縁の一日であった。

15DSC09244 1224

そんなお遍路に、自分の中でルールを決めている。

八十八ヶ所すべてを自分の足で歩き抜くこと。
弘法大師が歩いたとされるそんな千年前の足跡をそっくりそのまま、
同じ苦労の末に八八ヵ所を巡りたいと思う。

そんなお遍路の旅が始まった。

旅651日目 「イブのお遍路」

テントを払うとパラパラと凍った朝露が落ちてくる。

明け方にいちど目を覚ますぐらいに、今朝は特に寒かった。
それもそのはず、そんな氷点下を示す温度計を見てしまうと、なお肌が震えてきた。

1DSC00586 1224市街地の公園でキャンプ

7時に起床し、撤収中も自分の自転車を見ては、いろんな方が話しかけてこられる。

やはり、どの方もお遍路へと話題は移り、
四国の方々のお遍路にたいする関心の強さが伺えた。
中にはお遍路をしたくてもとても八八ヵ所なんて体力的に無理だと諦めている方もいて、羨ましく思われることもあった。
こうして歩き遍路をしようとしている自分が幸せなんだなと思うのと同時に、
また、そんな幸せがおじさんの前では心に沁みるものであった。

この徳島市での観光を先に済ましておくか迷ったが、いよいよ今日からお遍路を始める決意を固めた。
またこの街には戻ってくることもあり、観光はその時にしようと思う。
作戦通り、寂しいクリスマスにならないよう、
クリスマスと無縁の世界へと逃げることにしたのだ。(笑)

10時過ぎまでマクドでブログや情報収集などにあたり、
そしていよいよお遍路を始めるべく、鳴門にある一番札所へと目指した。
自転車を置かせてもらえる場所は相変わらずめどが立たないまま不安であるが、
とりあえずは一番札所で交渉してみようかと思っている。

2DSC00591 1224徳島市街地

3DSC00595 1224国道11号線を鳴門方向へ進む

5DSC00597 1224鳴門市街地に入る手前で県道12号線へ

6DSC00598 1224ネーミングが愉快な”徳島阿波おどり空港”

7DSC00604 1224一番札所に近づくにつれて、景色は田舎へ・・・。

鳥取県の"米子鬼太郎空港"にも目を丸くしたが、
こちらもまたおもしろい名前をする”徳島阿波おどり空港”のそばを通過。
時間があれば見ていこうかと思ったのだが、そうといけなくて残念だ。

鳴門市街地に入る手前で国道から県道12号線をひたすら進めば一番札所であった。
途中、四国に渡ってから目にするようになったキョーエイというスーパーでお昼ご飯。
日中になっても気温4℃とぜんぜん上がってくれない気温に、
このときは店前で身を震わせながら、食パン2枚にキュウリ2本の昼食であった。

”りょうざんじ”と読んでしまいそうになるが、
”霊山寺”と書いて”りょうぜんじ”と読むらしい。
県道に入って進路を西にしてからは向かい風に悩まされ続け、
思いのほか時間をかけての一番札所、霊山寺に到着。

思っていたよりかはこじんまりとする境内はよく見かけるお寺であるが、
お遍路を始める緊張感からか、ドキドキしながら山門をくぐった。

8DSC09215 1224四国八八ヵ所霊場一番札所 霊山寺

さっそくお遍路さんも見ることが出来た。

境内にはそれなりに人がいるのだが、やはり全身真っ白な姿は目立っている。
清爽な姿であるが、とても自分には出来そうにない照れくさい姿でもあった。
そこまで完璧にとはいかないが、自分もお遍路をするにあたり境内の一角にあるお店で最低限の礼拝の正装具はここでそろえることになる。

なんてことない杖に見えるが、御大師さまが宿るという大切な金剛杖に白衣、
また経本や納経帳など意外にそろえるものが多く、参拝した証に朱印を押してもらう納経帳のひとつにもいろんなものがあってどれを選んでいいのだろうか・・・。
種類によりなにか敷居や序列があるんじゃないかと、
自分の知らない仏教のしきたりを思いあててしまうと選ぶに選べず、杖のひとつにもなかなか手にすることが出来ずにいた。
初めてというと、親切にも住職さんに教えてもらいながら選び、
いちおうそれらしき姿にはなっただろうか。

しかしながら、結構痛い出費。
ロウソクに線香、納め札と細かなものまでそろえると合計7000円を越えるものに、目をつぶりたくてもつぶれないほどに大きな買い物となってしまった・・・。

9DSC09219 1224

13DSC00607 1224

頂いた手ほどきの説明書を読みながらしばらく勉強。

白衣に袖を通せばそれらしき姿になったが、
絶えぬ一般の観光客の目が恥ずかしい・・・。
自分が言えた身でないが、こんな日に参拝しにくる彼らは、よっぽどクリスマスが嫌いなのだろうか・・・。
これはもう試練とも言える、みな手を合わせるだけで通り抜けていく人々のなかで、恥ずかしながらもひとりお経を読んだ。
初めて読む般若心経は意味も分からないまま、ずらりと並ぶ漢字をただ読んでしまったというより、普通に読み上げるだけでも精一杯。^^;
5分ほどぶつぶつと、これまた長いものに、正直覚えられる自身がない。
覚えられなくとも、せめて詰まらずに唱えるようにはしようかと思う。
今回はひどすぎた。

そんな初めてのお経はぐたぐだのものとなったが、心を込めて読んでいる。
なにもかもが訳が分からなくて、今更だが厄介なことを始めてしまったかなと、
ドキドキしながらお遍路の旅が始まってしまった。^^;

12DSC09225 1224霊山寺本堂

10DSC09221 1224ろうそく1本に線香3本をあげる

18DSC012771224.jpgお経がまた長いこと。^^;

14DSC09238 1224一番札所の御朱印

しかし、問題は自転車である。

境内に大きな駐車場があったので何とかなるのではとお願いするも、
「そのようなことをうちではしていないので・・・」と、
やっぱりだが、お寺には断られてしまった。
住職さんらしい丁重な対応にこちらまで申し訳なかったと感じる・・・。

仕方がないことだが困った。
自転車を安心して置ける場所が見つからなければ遍路が始められないじゃないか。

2ヶ月ぐらいはかかることを考えると、寺の近くにJR高徳線の板東駅は無人駅といえ迂闊に置いていたら撤去されてもおかしくないだけに自転車を残して旅立つ訳にいきそうになかった。
また、残していくサイドバッグも心配だ。
いっこうに見つからぬ自転車の置き場所を求めて無作為に、
このままお遍路を始めるわけにも行かず、
すぐそこの二番札所とはぜんぜん正反対の徳島市街地へと戻るしかなかった。

断っておくと、自転車でのお遍路めぐりが決して罰当たりなわけではない。
歩いて回る方などごく一部の熱心な方ぐらいで、体力や休日などの限られた時間的なことからその多くの方がマイカーにタクシー、また大型観光バスのお遍路ツアーもあるほどだ。
弘法大師が歩いたとされるそんな千年前の足跡をそっくりそのまま、
同じ苦労の末に八八ヵ所を巡りたいと思ったのだ。

ぜんぜん思い浮かばない置き場所に地図などを見ながら考えていた。
徳島駅の駐輪場の定期利用はいくらであろうかとか、
最悪、ちょっとのリスクを背負ってでも比較的長期駐輪が認めてくれそうな空港にでもと考える。
そして思いついたのがゲストハウスである。
マクドでネットをしながら調べてみた結果、先ほどの1番札所近くにゲストハウスがあることがわかり、早速宿泊を引き合いに頼んでみることにしたのだ。
しかし、数ヶ月間も置きっぱなしにしする、そんな身勝手とも言えることが、ただ一泊したからといって許されるだろうか。
さすがにすぐにいいとは言ってもらえなかったが、
若そうなオーナーの方には何とかOKをいただいた♪
倉庫があるからと、そちらにお遍路が終わるまで置かせてもらえるという♪
これでなんとか無事に歩いてお遍路の旅へと出れそうである♪

ゲストハウスには明日向かうことを伝えて、今夜は近くの公園でテントに潜った。

17DSC00610 1224公園でキャンプ


12月24日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:徳島市 公園

[あとがき]
1月22日、現在は高知県室戸岬♪
2人旅が続いてます♪

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/01/22 02:40] | 徳島
トラックバック:(0) |

初めまして!
スコッチ
お早う、御座います。

初投稿です。
以前から、ず~とブログ拝見していました。

私は大阪在中の60歳のシニアで、犬と猫と一緒に生活しています。
一応、おばさんですが!
四国は20ヶ寺、西国は後1ヶ寺で満願ですが、どちらも中途半端です。
完全に仕事を退職したら、再開したいと思っていますが!
若者たちの頑張りを感じて、車旅で犬&猫の日本一周、その前にお遍路。

お遍路さん、頑張って下さいね。
長い長い旅で、体調は大丈夫ですか?
遠い大阪の空の下で、無事を祈っています。

これからも、ブログの更新楽しみにしています。

二人旅
ぱんら
いよいよお遍路の記事UP。楽しみにしてたよ!
お遍路さんの装束もだんだん慣れるんじゃない?偉いねえ、ちゃんと一寺づつお経読んでるんだ。いまに暗記できんじゃない?ぱんらのおじいちゃんもお遍路さんして、集めた御朱印で立派な掛軸作ってたなあ。歩き遍路は少ないし過酷だろうけど、達成感凄いんやろね。

二人旅って書いてあったけど、チャリダーさんと合流したん?それとも弘法大師と同行二人って意味の二人旅?明日も気をつけてね。

納経帳
untikusai
元気に歩いているのでしょうか。
untikusaiの遍路は8年前に打ち上げましたが、またぞろ遍路虫が頭をもたげてきそうです。
金剛杖買ったんですか。途中のお寺でもらたっけど。
納経帳買ったんですか。毎回並んだり500円払ったり大変ですね。
お経は2分ほどで済みますからこれは是非通してほしい。終わる頃はボンさんの代わりできますよ。
土地の人はお遍路さんをすぐ見分けてますよ。カッコじゃないらしい。
自分は菅笠しかそれらしいもの無かったはず。でもすぐばれてました。
とにかく足のケアだけは十分してやってください。
これ本当です。
(´Ω`)

はじめの一歩
風ささき
何とかなるもんだね、お遍路の旅のはじまりだ。
やっぱり右に習えでしきたりというか、スタイル
から入るんだね。
すでに、お経も暗記しすらすら出る頃か?
声に出し、読み上げ手を合わせる、リセットできる
神聖なもの。
歩いていく旅、本当に旅の重さを感じるものだね。
移動の道中、気をつけて。
明日もいい旅を。

承認待ちコメント
-



おばさんReader
わからなくていいとおもいます。私はキリスト教で育ったので、こういう言い方しかできないですが、子供だって、わかんない大人の言葉を真似て、ひびそだつ中で、こういうことなのかな~、これでいいのかな~、私の考えはまちがえてるのでしょうか、どうしたらいいですか?と試行錯誤と発見という感動を味わいながら生きる道をひらいていきます。そういう なにか支えになってくれるものとの”会話”を”祈り”といいます。よい旅してますね。心洗われる気がします。

スコッチ さんへ
サトシ
はじめまして、スコッチさん。

スコッチさんもお遍路の途中なんですね。
やはり仕事をしていると、時間が限られてしまい難しいですね。
ぜひ、いつか必ず結願してください♪

コメントありがとうございます♪
また覗きに来てください♪

ぱんら さんへ
サトシ
同じく日本一周の方と出会い、楽しく一緒に回っているんですよ♪

お経は覚えられそうにないです。^^;
ぱんらさんのおじいさんもお遍路をしていたんですね。
押してもらったばかりの御朱印の掛け軸をドライヤーで丁寧に乾かしている方もいて、みな大切に思っているんだなとわかりましたよ。

ゆっくりながらも、確実に歩いてきてます。
数日後には高知市内に入れるということで、わくわくしているところなんです。(笑)

untikusai  さんへ
サトシ
足のマメはみんなが悩んでいるようですね。
いちばん最初のゲストハウスのオーナーさんの助言で厚めの靴下を履いているおかげか、今のところ問題なく歩けてます。
しかし、一番苦労しているのはザックの重たさに悲鳴を上げる肩ですね。^^;
これがもう辛くて辛くて・・・。

自分も中途半端なお遍路姿なのに、四国では多くの方からお接待をもらっていますよ。
もう二十七番札所というのに、お経にはまだまだ時間がかかっています。^^;
お坊さんの域には程遠いかも・・・。(笑)

風ささき さんへ
サトシ
お経は覚えられていないです。
最近は恥ずかしがることなく人前で読経できるようになったぐらいかと。^^;
それでもまだまだ小さな声ですが・・・。

ありがとうございます、明日もいい旅してきます♪

おばさんReader さんへ
サトシ
分からなくとも、一生懸命であれば願いが通じそうですね。
外国人の方でも、お遍路めぐりをしていました。
仏教の世界を何も知らない自分をこうして受け入れてくれていうので、
日本一周のついでにお遍路をしているなんて思われないよう、
自分もしっかりとした思いを込めて回っていきたいです。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
初めまして!
お早う、御座います。

初投稿です。
以前から、ず~とブログ拝見していました。

私は大阪在中の60歳のシニアで、犬と猫と一緒に生活しています。
一応、おばさんですが!
四国は20ヶ寺、西国は後1ヶ寺で満願ですが、どちらも中途半端です。
完全に仕事を退職したら、再開したいと思っていますが!
若者たちの頑張りを感じて、車旅で犬&猫の日本一周、その前にお遍路。

お遍路さん、頑張って下さいね。
長い長い旅で、体調は大丈夫ですか?
遠い大阪の空の下で、無事を祈っています。

これからも、ブログの更新楽しみにしています。
2013/01/22(Tue) 08:13 | URL  | スコッチ #2qaJ23q.[ 編集]
二人旅
いよいよお遍路の記事UP。楽しみにしてたよ!
お遍路さんの装束もだんだん慣れるんじゃない?偉いねえ、ちゃんと一寺づつお経読んでるんだ。いまに暗記できんじゃない?ぱんらのおじいちゃんもお遍路さんして、集めた御朱印で立派な掛軸作ってたなあ。歩き遍路は少ないし過酷だろうけど、達成感凄いんやろね。

二人旅って書いてあったけど、チャリダーさんと合流したん?それとも弘法大師と同行二人って意味の二人旅?明日も気をつけてね。
2013/01/22(Tue) 09:38 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
納経帳
元気に歩いているのでしょうか。
untikusaiの遍路は8年前に打ち上げましたが、またぞろ遍路虫が頭をもたげてきそうです。
金剛杖買ったんですか。途中のお寺でもらたっけど。
納経帳買ったんですか。毎回並んだり500円払ったり大変ですね。
お経は2分ほどで済みますからこれは是非通してほしい。終わる頃はボンさんの代わりできますよ。
土地の人はお遍路さんをすぐ見分けてますよ。カッコじゃないらしい。
自分は菅笠しかそれらしいもの無かったはず。でもすぐばれてました。
とにかく足のケアだけは十分してやってください。
これ本当です。
(´Ω`)
2013/01/22(Tue) 10:46 | URL  | untikusai #-[ 編集]
はじめの一歩
何とかなるもんだね、お遍路の旅のはじまりだ。
やっぱり右に習えでしきたりというか、スタイル
から入るんだね。
すでに、お経も暗記しすらすら出る頃か?
声に出し、読み上げ手を合わせる、リセットできる
神聖なもの。
歩いていく旅、本当に旅の重さを感じるものだね。
移動の道中、気をつけて。
明日もいい旅を。
2013/01/22(Tue) 20:42 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/22(Tue) 23:52 |   |  #[ 編集]
わからなくていいとおもいます。私はキリスト教で育ったので、こういう言い方しかできないですが、子供だって、わかんない大人の言葉を真似て、ひびそだつ中で、こういうことなのかな~、これでいいのかな~、私の考えはまちがえてるのでしょうか、どうしたらいいですか?と試行錯誤と発見という感動を味わいながら生きる道をひらいていきます。そういう なにか支えになってくれるものとの”会話”を”祈り”といいます。よい旅してますね。心洗われる気がします。
2013/01/23(Wed) 05:00 | URL  | おばさんReader #-[ 編集]
スコッチ さんへ
はじめまして、スコッチさん。

スコッチさんもお遍路の途中なんですね。
やはり仕事をしていると、時間が限られてしまい難しいですね。
ぜひ、いつか必ず結願してください♪

コメントありがとうございます♪
また覗きに来てください♪
2013/01/26(Sat) 05:11 | URL  | サトシ #-[ 編集]
ぱんら さんへ
同じく日本一周の方と出会い、楽しく一緒に回っているんですよ♪

お経は覚えられそうにないです。^^;
ぱんらさんのおじいさんもお遍路をしていたんですね。
押してもらったばかりの御朱印の掛け軸をドライヤーで丁寧に乾かしている方もいて、みな大切に思っているんだなとわかりましたよ。

ゆっくりながらも、確実に歩いてきてます。
数日後には高知市内に入れるということで、わくわくしているところなんです。(笑)
2013/01/26(Sat) 05:17 | URL  | サトシ #-[ 編集]
untikusai  さんへ
足のマメはみんなが悩んでいるようですね。
いちばん最初のゲストハウスのオーナーさんの助言で厚めの靴下を履いているおかげか、今のところ問題なく歩けてます。
しかし、一番苦労しているのはザックの重たさに悲鳴を上げる肩ですね。^^;
これがもう辛くて辛くて・・・。

自分も中途半端なお遍路姿なのに、四国では多くの方からお接待をもらっていますよ。
もう二十七番札所というのに、お経にはまだまだ時間がかかっています。^^;
お坊さんの域には程遠いかも・・・。(笑)
2013/01/26(Sat) 05:30 | URL  | サトシ #-[ 編集]
風ささき さんへ
お経は覚えられていないです。
最近は恥ずかしがることなく人前で読経できるようになったぐらいかと。^^;
それでもまだまだ小さな声ですが・・・。

ありがとうございます、明日もいい旅してきます♪
2013/01/26(Sat) 05:41 | URL  | サトシ #-[ 編集]
おばさんReader さんへ
分からなくとも、一生懸命であれば願いが通じそうですね。
外国人の方でも、お遍路めぐりをしていました。
仏教の世界を何も知らない自分をこうして受け入れてくれていうので、
日本一周のついでにお遍路をしているなんて思われないよう、
自分もしっかりとした思いを込めて回っていきたいです。
2013/01/26(Sat) 05:47 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: