ただいま~♪
木田さんとそろって8時に起床、しかし出発は10時と朝はのんびりとしていた。
というのも、今朝になりちょっと木田さんが風邪気味の様子となってしまった!!
間違いなく自分の自分のせいであろう。(> <)/
のど奥に痛みが出だしたというから、言うまでもまく依然として咳をこじらす自分の風邪が移ってしまったようだ、本当に申し訳なく思ってしまう・・・。

昨夜の鍋の残りを食べて、荷物の整理をしてと、なにか親戚の家に転がり込んだかのような、のんびりとした朝。
そうした雰囲気で迎えてくれた坂本さん夫妻には感謝するばかりであった。
本当にありがとうございました。

117@DSC00007.jpg善根宿で布団の中でぐっすり眠れました♪

117@DSC00022.jpg遅くなってしまったが、10時に出発!
   もちろん、この日も木田さんとともに2人旅だ。


117@DSC00029.jpg室戸岬にある次の24番札所が50km先とまだまだ遠い・・・。
   まだ2日以上はかかりそうだ。^^;


117@DSC00031.jpg

旅675日目 「忙しい夜」

この日最後のスーパーとのことで、海陽町をでる前に朝から買い物へとくりだすことにした。

お米2kgにカセットボンベなど、割り勘で2人あわせた数日分の食材をまとめ買いしたため瞬く間に我々の両手は重たいレジ袋の数々でいっぱいとなった。
結局、どのスーパーよりも一番はじめに顔を出したドラッグストアが一番安く、
食パンにレトルトカレー、納豆などもそちらで購入している。
ほんと、ドラッグストアは薬に限らず何でもそろっているところだ。
また依然として風邪をこじらしたまま、たまに咳込んでしまうことも多く、
念のため残りわずかの風邪薬も購入しておくことにした。
木田さんには申し訳ないが、これらどどっさりと買い物したすべてを自転車に積み込ませてもらい町を出発。
少しでも安い店を求めてはしごしたため、あれよという間に時間がたってしまい、結局はお昼までこの町にいてしまっている。
そのため、この日の目的地は10kmにも満たない宍喰の町となった。

のんびり歩き出しては阿波海南駅に海部駅へと木田さんは相変わらず駅札の写真を撮りにゆく。
海部駅では高架駅舎の階段が見上げるほど長く、自分は下で待つことにした。
どちらも駅舎はきれいなものであるが、空き地が多く目立つ閑散とした駅前の姿であったから、きっと鉄道は赤字なのだろう。
そういった町の姿、太平洋へと突き出した室戸岬へと南下するにつれて徐々に色濃さを増してきたものだから、ここでもまた、ぼんやり町の風向きを考えしまう。

117@DSC00039.jpg昼食は高知で有名だという帽子パン。

117@DSC00025.jpg阿波海南駅の待合室で少し休憩をしていた。

117@DSC00026.jpg落し物のかごにはご主人様の迎えを信じて待つウリ坊が・・・(> <。)/

117@DSC00057.jpg

117@DSC00060.jpgこの日も国道55号線を行く。

117@DSC00107.jpg

117@DSC00109.jpg

117@DSC00120.jpg

海岸線に延びる国道55号線を阿佐海岸鉄道と共にゆく。

昼過ぎに出発した海陽町から7kmほど、徳島もいよいよ最後となった宍喰の町に入る。
まだ歩いて2時間も経たないうちではあるが、高知県との県境に善根宿があり、どうするか木田さんとずっと話し合っていたところであった。
そちらは1泊1000円と、これまでのように無料とはいかないのだが、それでも宿としては格安ではあるはずだ。
ほかのお遍路さんから話を聞いた木田さんお勧めとのことで、半ば自分が納得させられるかたちであったが、木田さんの風邪気味の体調を考えても、まぁいいかなと思った。
ただ気がかりであったのは、この調子ではいつまで経ってもなかなかたどり着けそうにない、まだまだ先の長い次の札所の室戸岬への道のり、先ほども24番札所まで50kmを指す気を遠くさせる札があったからだ。
明日は頑張って歩こう、そう思いを決めて今日はここまでとした。

詳しい場所を聞くために電話をかければ、それまでの場所から変わったことを告げられ、海岸線のお遍路道から大きく逸れてしまうとのことでオーナーさんが車で向かえに来てくれるということになっている。
3時半に道の駅「宍喰温泉」に到着。
ここでそのオーナーさんの迎えを待つことになり、しばらくゆっくりとしていた。
ちなみに道の駅の近くに建設中のセブン-イレブンがあるのだが、”四国初上陸”とあってコンビニ最大手がこれまで未開拓であったことが意外で驚いた。
そういえば、四国に入ってから見ていない気がする。
サークルKばかりだから、四国の方々はサークルKがコンビニ最大手と思っているかもしれない。
自分なんて、地元関西にはどこよりローソンが多く、セブンよりもローソンが大手だと勝手に思いこんでいたことがあるだけに、そんなことをふと思った。

しばらくしてカメラ手に木田さんがうれしそうに帰ってきた。
言うまでもなく、この小さな町の姿にしては宍喰駅が案外きれい立派だったらしい。
そういえば、この道の駅もホテルのように立派なところだ。
なんだか場違いな汚らしい我々2人であるが、迎えが来る30分ほど、ここでゆっくりとしていた。

117@DSC00122.jpg道の駅「宍喰温泉」

意外であったが、善根宿は女性オーナーの山下さん一人でやっているという。
子供が独立した4年前に、大自然の生活に憧れ大阪からこの地へと移り住んできたというそんな山下さんは60歳近くになるのだろうか、それでもこぎれいな姿でひとり、宿を頑張っているようであった。

迎えに来てもらった車が軽自動車であったため、我々2人の荷物でいっぱいに。
さすがにこれ以上乗せられそうにない木田さんの自転車は荷物だけを取り外し、
職員さんの了解を得て道の駅に置かせてもらうこととなった。
自分は助手席に座り、そしてじゃんけんで負けた木田さんは荷物と共に後部の荷台に乗り込んで車は走り出した。(^^;)

山間へと県道301号線を進む車に揺られること20分、宍喰川上流の山奥へと宿にもうじき到着するあたりからオーナーさんの言葉通り、自分のドコモは圏外を示した。
どの携帯メーカーも繋がらないらしく、木田さんのauもそうであった。
ネット依存症?の木田さんはひっくり返りそうになっていたが、ネットが繋がらなければブログの投稿ができない自分もそうであるも、なにより約束である今夜の寝床を家族に連絡できないから、またまた心配性の母を不安にさせてしまうなと思った。

到着した善根宿は古風ながらもきれいにされた古民家で、背後には民家が数件と高知へと深い山々が続いている。
この様子じゃ、向こう何年と携帯が繋がる日は到来しそうにないだろう、
電気が引かれてあるだけでも不思議なくらい、本当に田舎であった。

117@DSC00088.jpg

117@DSC00064.jpg

玄関を入ってすぐ左の一室を善根宿として貸してくれるという、そんな部屋は白く乙女チックにきれいにされた、お遍路さん用の部屋と言うよりは、普段の生活の色がある部屋であった。
こんな素敵な部屋、我々なんかが来てしまって、汚してしまいそうで足跡すら気にするほどだ。
心配そのままに、木田さんはストーブの上で食パンを焼こうとして逆に白いストーブを焦がすし、またお米を炊くために借りた鍋も底を焦がすものだから年上でも関係なく、バカ!!といいたくなった。(> <)/

部屋にはテレビはないし、ネットも使えないだけに今夜は時間をもてあそぶかと思いきや、逆に時間にもてあそばれるように2人して大忙し!!
お風呂が五右衛門風呂であったため、枯れ葉集めに薪割りから始まったのだ。
枯れ葉から始まり薪の木を入れて徐々に火を大きくしていくのだが、
もちろん初めてのことだけに、分かっているようでうまく行かない・・・。
そんな湯沸かしから夕飯の支度までと、日没に追われながらそんな作業に励んでいれば、ネットなどはどうでも良くなるほどだ。
そうした忙しさの中に不思議と楽しさがあった♪
特に風呂の火付けには苦労したが、初めての体験に木田さんとともに率先してやっていたほどである。

そして、待ちに待った五右衛門風呂♪
お風呂に入った瞬間、すべてを湯に流したかのような気持ちよさ♪
これが毎日となると大変だねと話したが、苦労して汗水流したぶん本当に気持ちがよかった♪
ちなみに、ずっと疑問に思っていたのだが、底には板が敷かれているので、やけどはしないようになっていた。
しかし常に釜の下ではパチパチと常に燃える薪の火に、じわじわと底から熱流が浮かび上がるのが目にとれ、ちょっと怖さもある・・・。
煮詰まりつつある鍋の中に入っている気分だろうか。^^;

夕飯はカレー以外にもそんな火種を使った炭火で山下さんから頂いた鮎を焼いて食べた。
そんな鮎なんかは、もう本当に最高で、塩のみのシンプルな味付けが本当においしかった♪

117@DSC00083.jpg安定した火加減になるまで休むことなくうちわで風を送り込むのだが、
   これが結構大変!(> <)/ 


117@DSC00136.jpgカレーにマヨネーズをかけるとチーズの味が♪

117@DSC00096.jpgとってもおいしかった鮎の炭火焼き♪

117@DSC00137.jpgはじめての五右衛門風呂です♪

117@DSC00114.jpg安定してきた釜戸の火

117@DSC00139.jpg木田さんが撮影、恥ずかしい~(> <)/

夜はオーナーの山本さんが趣味でやっているというタロット占いに我々2人して夢中!

その腕っ節はどうなのかは分からないが、我々だけに占ってくれるというからわくわくして占ってもらった♪
もちろん真っ先に占ってもらったのは旅の先行きである。
初めて経験するタロット占いはトランプよりもひと回り大きなカードそれぞれに色鮮やかな絵が描かれてあり、引いたもので決まるという思いの外簡単なものだった。
5枚選んだ問題提起となる一番はじめのカードには、何にもない岩場に懸命に発芽させた種が描かれ、また結果となるカードには咲き乱れた花が鮮やかなものであった。
言うまでもなく、好調な旅が期待できるといってもらえた♪

テレビにネットも届かない世界。
なににもないと思っていた世界であったが、なにもないという贅沢と言える充実した時間はあっという間に流れ、オーナーの山下さんがこうした田舎暮らしに惹かれて大阪からやってきた理由が分かった気がする。
そうした生活があってか、山下さんもイキイキとした方であった♪

この田舎の生活を気にいって、木田さんのもう一泊する提案に頷き、明日は山を歩いて散策しようということになった。
さらに山をあがれば、峠からの景色が素晴らしいとのこと。
携帯にネットも繋がらず、そしてテレビもないが、2人してこの自然の生活が気に入ったこともあった。


1月17日 おしまい。


移動距離 およそ7km

天候:晴れのちくもり
体調:少し風邪気味

キャンプ地:宍喰の善根宿 (徳島県海部郡海陽町)


[あとがき]
4月6日、現在は愛媛県第2位の都市、新居浜市街地。
雨で停滞中です。
本当に遅くなりましたが、遅れていたコメントの返信が完了しました。
楽しく読ませてもらっているので、またコメントください♪

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/04/06 20:27] | 徳島
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


不自由な自由
風ささき
歩く旅と似ているのかも、いなか暮らし。
戦前戦後の高度成長までの生活。
物がなくとも、心は豊かだったのは間違いないよね。
ないのなら、ないなりの生活スタイル。
旅先で、テレビもネットは必要ないのかも、たっぷ
りの時間を楽しむ。
同時進行であれもこれも、こなさないと成立しない
社会。
がんじがらめに縛られている。
せめて、旅人の間は、不自由な自由を大いに楽し
もう。
撒きをくべる匂い、撒きの燃え盛る炎を見て心が
落ち着いたんじゅあないかな。
本当に必要なものは、これなんではと思える。
失われた自由を求めて、明日もいい旅を。


こんにちは
寿「「「
こんにちは
昨晩、千葉県は強風でしたが四国はどうでしたか?
先日、千葉の鴨川を歩いて日本一周している方がいました。通勤途中だったので暖かい珈琲もあげられず残念な思いをしました。
自分の時間を自由に使い羨ましいと思いつつも楽しい事ばかりではないんじゃないかと思っています。
風邪をひいているようですが、体を温めて休息と栄養をしっかりとって下さい。
またの更新を楽しみにしています



寿「「「「

桜も散ったし・・・
tama
天気が回復したら香川まで進みますか。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/07(Sun) 01:42 |   |  #[ 編集]
不自由な自由
歩く旅と似ているのかも、いなか暮らし。
戦前戦後の高度成長までの生活。
物がなくとも、心は豊かだったのは間違いないよね。
ないのなら、ないなりの生活スタイル。
旅先で、テレビもネットは必要ないのかも、たっぷ
りの時間を楽しむ。
同時進行であれもこれも、こなさないと成立しない
社会。
がんじがらめに縛られている。
せめて、旅人の間は、不自由な自由を大いに楽し
もう。
撒きをくべる匂い、撒きの燃え盛る炎を見て心が
落ち着いたんじゅあないかな。
本当に必要なものは、これなんではと思える。
失われた自由を求めて、明日もいい旅を。
2013/04/07(Sun) 13:53 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
こんにちは
こんにちは
昨晩、千葉県は強風でしたが四国はどうでしたか?
先日、千葉の鴨川を歩いて日本一周している方がいました。通勤途中だったので暖かい珈琲もあげられず残念な思いをしました。
自分の時間を自由に使い羨ましいと思いつつも楽しい事ばかりではないんじゃないかと思っています。
風邪をひいているようですが、体を温めて休息と栄養をしっかりとって下さい。
またの更新を楽しみにしています



寿「「「「
2013/04/07(Sun) 15:36 | URL  | 寿「「「 #rwIjROa.[ 編集]
桜も散ったし・・・
天気が回復したら香川まで進みますか。
2013/04/09(Tue) 02:01 | URL  | tama #YO0SOS4.[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: