ただいま~♪
旅676日目 「風吹く方向へ」

善根宿2泊目となった今朝はゆっくり眠ることとなった。

久々のベッドに体を沈め、手足をめいっぱいに伸ばして気持ちよくれた。
(ちなみに木田さんは床にシュラフで寝てもらっている・・・。^^;)
しかし木田さんにはいびきかいていたぞと、からかわれる。
オッチャンに言われるとショックである・・・。(> <)/

118@DSC00145.jpg今朝もずいぶんと冷え込んだ朝であったが、
   石油ストーブのおかげで快適そのものであった♪


118@DSC00143.jpg宿にいた真っ白なネコ♪

118@DSC00149.jpg朝食兼昼食のパスタ

朝はおたがいの旅の話や、また時折顔を出す猫と遊んだりと、そんなのんびりとした朝の時間が流れた。
この宿にいる真っ白でかわいらしい猫なのだが、木田さんがまさかの猫アレルギーでダメらしい・・・。
たくましい顔していて、体は繊細なのね・・・。^^;

昼前から木田さんとともにカメラ片手に散策にでかけた。
初めはどことなくふらふら峠を登っていたが、どこからともなく風と共に学校のチャイムが聞こえてくる。
民家もほとんど見当たらない山奥だが、きっと学校があるちょっとした町があるんだろう、そんな風の方向へと、ちょっと期待して2人して向かうことにした。
すぐだろうと思っていたが、これが遠い遠い!!
それでもすぐそこまで来ているんだろうと歩き続けた結果、これが思いのほか遠出の原因に。^^;
S字カーブを繰り返し、また随分そのチャイムは遠くから聞こえていたようで2時間も歩いていた。
しかも、山間に見えてきた集落は商店どころか自販機すらない小さな集落。
んん~、ジュースでも買えればと2人思っていたのだが・・・。
どうやら聞こえてきたのは学校のチャイムではなくどうやら町のチャイムであったようだ・・・。^^;
民家の檻には2匹のイノシシが。
イノシシをこんなに間近に見たのは初めてだ。
らしくなかったというか、自分たちを見て、ひどく怯えていたのがちょっとかわいそうであったかな・・・。^^;
よく見ていると愛想のいいおじいさんのような憎めない顔をしていた。

どこまで行っても変わらぬ景色、さすがに集落の先から道がダートとあったので、ここで引き返すことに。
で、また来た道を戻るのだが、車が来ればヒッチハイクしようということになってトボトボ歩きながら戻る。
しかし車がまったく通らず、結局は2時間近く歩いて戻っている。^^;
そんな感じで結果、4時間近くも歩いた長い散歩となった。
自分は歩き遍路で慣れているから問題なかったが、普段はチャリダーの木田さんは靴擦れをしてしまったようで、帰りは足を引きずりながら痛そうであった・・・。

118@DSC00133.jpgチャイムが聞こえてきた峠の方へと歩いていくことに。

118@DSC00128.jpg

118@DSC00136.jpg発砲注意・・・!? 我々はどう注意したらいいのだろうか・・・。

118@DSC00138.jpg猪ノ峠トンネル

118@DSC00141.jpg

118@DSC00143 (2)どこまでも続く山々

118@DSC01910.jpg歩くこと2時間してようやく見えてきた集落だが、自販機すらなかった。^^;

118@DSC00147.jpg檻の中にはイノシシが、食べてしまうんだろうな・・・。^^;

118@DSC00151.jpg夕飯はオーナーの山下さんから頂いた魚♪ 名前なんだったかな・・・。^^;
   おいしかったです♪


宿に戻ってからは読書にまた昼寝、そしてネット圏外であったため投稿はできないものの、ブログの下書きなどして過ごしていた。
こうして暖かな部屋で電源を気にすることなく最高の環境なのだが、ついつい睡魔が・・・。^^;


1月18日 おしまい。

移動歩数 不明・・・
移動距離 およそ12km

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:宍喰 善根宿

[あとがき]
4月9日、現在は愛媛県四国中央市です。
次の三角寺に雲辺寺がまた山上の辛いところなようで・・・(> <)/

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/04/09 09:47] | 徳島
トラックバック:(0) |

風上から
風ささき
聞こえてくる音に誘われて。
のどかで実にいい、遮る雑音もない風の音だけ。
車も人にも会わない、忘れ去られた空間。
散歩にだと刺激がないけど、そういう1日も2度と
こない大切なもの。
うとうと夢心地も幸せな時の流れ。
時の流れに身をまかせてだね。
明日もいい旅を。

管理人のみ閲覧できます
-


承認待ちコメント
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
風上から
聞こえてくる音に誘われて。
のどかで実にいい、遮る雑音もない風の音だけ。
車も人にも会わない、忘れ去られた空間。
散歩にだと刺激がないけど、そういう1日も2度と
こない大切なもの。
うとうと夢心地も幸せな時の流れ。
時の流れに身をまかせてだね。
明日もいい旅を。
2013/04/09(Tue) 13:15 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/09(Tue) 22:34 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/04/12(Fri) 00:36 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: