ただいま~♪
旅13日目 「失ってこそ気がつくもの」

朝、鈴の音がリンリン♪テントを駆け回る。
昨日のワンちゃんだ、テントの周りを歩き回っているみたいである。

そんな音に、セットする6時の目覚ましよりも少し早く起きた。
無理をいってここにテントを張らせて貰っているので、特別許可してくれた区長さんの顔のためにも、早めにテントをたたむことにした。
昨夜も寒かったが、新たに買った毛布のおかげでようやく普通に眠ることが出来ている。
この寒さは、いつまで続くのだろうか・・・、そして、本土はもっと寒いのだろう。
なんだかこの先、北へと向かうペダルの足取りが重たくなるばかりだ・・・。

ここで自転車の荷台にテントなどを載せた後に縛るゴム紐がどうしても見当たらなかった。
もしかして、あのワンワン・・・^^;
いくら周りを探そうとも見当たらず、仕方なしに残されたわずかなロープを取り出す。
しかし、これは短すぎて使えないと思ってしまってあった物で、そんなものだから荷台に乗せたザックが段差などの衝撃落ちてしまいそうなほど、不安定のままではあるが出発することになってしまった。
100円ショップでまた買わないといけないが、地図を見る限りでは街らしい街が見当たらない。
これでは那覇市街地に戻るまでのしばらくはずっとこのままかもしれない・・・

伊計島を軽く散策した後、沖縄本島に戻っていくこととにした。

ブログ239

ブログ234

ブログ240

ブログ233

途中でサトウキビの無人販売を見つけ、しばらく眺めていた。
二本で100円とあり、よくわからないがきっと安いのだろう。
しかし、買ってもどう食べたらいいのかわからないのでパスしたが、興味本位で本当に甘いのか、なめてみたいななんて思ったりした。

海中道路に入り、同じく来た道を戻って沖縄本土へ。
その途中の公園で休憩中、島をランニングしている二人のおじさんから旅の話のお礼にとチョコレートにゼリー飲料を頂いてしまった。
その二人の方も沖縄を自転車で一周したそうで、その時は台風が直撃する中大変だったらしい・・・
キャンプ用品などの荷物がないとはいえ、たった3日で島を回ったそうだから、自分なんかの旅なんかよりもすごい人たちに思えた。

ブログ235

沖縄にはこのように芝の公園が多くあり、道端も芝生ですっきりとしていて素敵な姿をしている。
沖縄と聞くと小さな島に窮屈さを思い浮かぶが、小さな島を忘れるような、どこも開放感があった。
おじさん二人が行った後も公園で少しばかりのんびりしていたのだが、しかし、ここで水を差すように小雨が降ってくる・・・

こんなところで今日は終われんと、あわてて出発!!
海中道路を渡り沖縄本土に再び上陸、与勝半島をぐるりと回り、海沿いの県道を南に進んだ。
最近は本当に天候に恵まれていない気がして、この雨にもまたか~!!なんて思った。(> <)/

ブログ237

ブログ238

暫くすると道も片側3車線の大通りになり、大型店舗が軒を連ねるように。
ここ最近はずっと田舎道ばかりだったので嬉しかった。
ただ、車も多いので走りにくく、平気ですれすれを走り去っていくトラックなど、荷物を引っ掛けられないよう緊張する道のり。
サイドバックを吊るした重たいハンドルをしっかり握りしめていたけど、最近ではしっかり握るよりも、軽く手を添えるようにする方が手も疲れないし、ぶれないことがわかった。
少しずつだが、この重装備の自転車を乗りこなしてきている自分が嬉しい♪

100円ショップを見つければ街を出てさらに先へとどんどん進んでいくつもりであったが、小雨も地味に降り続くものだから通りかかったイオンショッピングモール具志川店でのんびりしていくことにした。
ここで今朝なくしたゴム紐も無事に買うことができた。
イオンに入るマクドで昼食にしようかと思ったがすごい行列に断念。
そこで今日が日曜日だと気がついた。
雨だからといってずっとイオンにいるわけにもいかない。他から見ると、きっと怪しい自分に映っていることだろう。誰にも声をかけられることもないまま、ただ雨を見つめる時間が過ぎていく。
居場所のない自分。しかし、周りを見れば楽しそうに買い物をする人々に、普段の日常の気がつかない幸せを感じた・・・。
失ってこそ気がつくものがある。ということはこういうことなんだろう。
多くの家族ずれで賑わう中で雨宿りする自分はなんか孤独に思えてきた。
結局マクドにも入る気にもならず、それを見ていたら寂しく思えてきてしまった。
まだ旅して二週間も経っていないが、早くも旅が嫌になった瞬間だ。

ここで適当にお昼ご飯を食べ、結局はやむことのない小雨の中、再び再び走りだした。
もうすっかり走る気分じゃなく、この先に県立公園があり、そこまでに決めた。
ツーリングマップルによればキャンプ場があるとのことだ。
今日こそ安泰だろう、昨日と違って県立ですから! (笑)

そうして目的地の県総合運動公園に到着した。
総合運動公園とあっていろいろな球戯場が並び予想以上に広く、日曜日なので子供たちも多く遊んでいた。
陸上トラックに多目的ホール、またプールやスワンまである大きな池まで。
それらを散策しながら、やってきたキャンプ場だったのだが、なんとそこはオートキャンプ場であった!!
車がそばまで乗り付けられるようになっていて、一人でテントを張るというよりは家族でバーベキューをしに来るようなところ。
自分が到着した時にも何組かいたが、みんな大きなテントで本格的なバーベキューをしていた・・・
しかも、前日までの要予約で有料と知ってからは不安ばかり。

しかしここは公園だ!
なんて思って、日没を待つことに。

ブログ236

夕暮れに、なるとなぜかオートキャンプの人達がどんどん帰っていった・・・
どうやら昨晩の土曜日にキャンプし、結局はみな帰ってしまい、あれだけ賑やかな場所であった公園が、全くひと気のない薄気味悪ささえ覚える場所になってしまった。

またまた独り占めである。
この旅で何回目だろう。

それでも暗闇の中、もぞもぞとテントを組み立てる準備をしているとなんと見回りの警備員が!!
そして「あ~、ここでテントは駄目なんだよね~」と、昨日の悪夢を思い出す一言・・・
この日没となったいまから他にあてもなく、すがる思いで交渉してみた。
しかし、早朝に出ることを伝えてもダメとのこと・・・。
昨夜に続いてピンチ!(> <)/
一応本部に電話をしてくれたが、無理だと言われたそうで、
「朝にはお偉いさんがくるしね~ うちらも逆らえない」と言う。
なんだろう、この県立公園らしからぬ発言は・・・

テントは張らずにベンチに横になって寝るだけなら昼寝としていいらしい。
絶対にテントは認められないそうで、もうそうするしかなかった。
幸い、大きな東屋であるため雨が降ってきても濡れることはなく、
そちらのベンチの上に銀マットを敷き、防寒対策にレインウェアを着込んでからシュラフの中に潜り込んでいる。
まぁ、いい体験かもしれないなと、前向きに考えている。
夜空の下で眠れるなんて。
ちなみに夜空には無数の星を見ながら眠れるかなと期待したが、曇り空で全く見えなかった。(> <)/



現在地



走行時間 4:04[h]
走行距離 43.5[km]
平均速度 10.6[km/h]
最高速度 36.0[km/h]

積算走行距離 508.3[km]


3月27日 おしまい。
スポンサーサイト

[2011/03/30 11:30] | 沖縄
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: