ただいま~♪
旅682日目 「ゆずの村」

暖かな部屋に布団の中でぐっすり眠ることができた。
温水で顔を洗い、テレビを見ながら昨夜の鍋の残りを朝食をとる。
それは、この寒い時期のキャンプの辛い世界が遠ざかる幸せなひとときであった。
最後に書き込んだ宿のノート、そこにはこれまでにお世話になったお遍路さんの感謝の言葉で一杯であった。

仕事に向かう山本さんと共に7時に出発。
善根宿を提供する傍ら、介護ヘルパーの仕事もこなしているそうだから、
そうなると、おばさんがゆっくりできる時間はあるのだろうかと心配にもなるが、
とっても元気な方である。
最後に記念写真を撮って、お世話になった家を後とした。
そんな今朝はちょっと慌ただしい出発ではあったが、ゆっくりと休めたのは確かである。
ありがとうございました♪

124@DSC00319.jpg善根宿でお世話になった山本さんと♪

再び昨日の道の駅へと戻り、木田さんと今日の行動予定を話し合った。

二十七番札所の神峰寺を打ち安芸市街地へと向かうつもりであったが、
馬路村へ行こうという話を昨夜から話している。
馬路村はそれまでの林業が衰退し村の過疎化が進む中で、新たに目を付けた”ゆず”で村おこしに成功した”ゆずの村”として知られている集落であるそうだ。
馬路村へと向かうとすると、ここからだろう。
実はブログを見てくれた方からのメールで勧められていたところであったのだが、
実のところ、初めは気にもかけていないでいた。
なにしろ地図を見てみれば海岸の遍路道から大きくそれるばかりか、片道20km程とずいぶんと山間に埋もれる内陸部へと入っていくため、さすがに歩いてでは難しいだろうと思ったからだ。

そのため、はなから諦めていたのだが、この道の駅にレンタルサイクルがあり、それも400円と丸一日貸してくれるにしてはそれほど高くはなく、交渉すれば荷物も預かってくれるということなので、こうして向かえることになった。
もちろん木田さんも一緒である♪

124@DSC00322.jpg木田さんは荷物を外した自分の自転車、
   自分はレンタルサイクルを借りて馬路村へGO♪


124@DSC00327.jpg

124@DSC00331.jpg

124@DSC00332.jpg

たまにはこうしてお遍路を忘れて、行きたい場所へと寄り道もいいだろう。

道のりは海岸線からどんどん離れ、
山間に延びる県道12号線をくねくね踊るように登っていった。

安田川と併走する形で道も緩やかな勾配、なんせ小径タイやにわずか3段変速ギアのシティサイクルであったため苦労を覚悟していたのだが、難なく上ることができた。
またこうも緩やかなのは、この道が廃線跡であるからだろう。
馬路村はその昔、森林鉄道が走っていたほど林業が盛んな村であったようで、
川伝いに延びる小道に所々に現れる古い煉瓦のトンネルに鉄橋など、走る道のりには森林鉄道の面影がみられた。
そのような快適な道のりを信号もなければそれは列車のように、そうした鉄道遺産をいくつも目にしながら、2人でぐいぐい進んでいった。
しかし、マウンテンバイクの木田さんには到底追いつかず、少し自分が遅れを取る形であったが、こうして久々にまたがった自転車、これまでなかなか進まない歩き旅のストレスをペダルに押しつけるように、すいすいと流れる景色、そして改めて自転車の良さを思い知らされるのと同時に、流れる景色は久々の爽快感と喜び一杯であった♪
本当に快適だ♪

124@DSC00354.jpg釜ヶ谷桟道

124@DSC00355.jpg

124@DSC00361.jpg快走する自分♪

124@DSC00364.jpg

124@DSC00758.jpg

124@DSC00753.jpg

124@DSC00777.jpg

馬路村(うまじむら)へは1時過ぎに到着。

山と山がぶつかり合う中、さらにど真ん中に川が流れるものだから集落はまともな平地がないほど、大自然に抱かれる山村であった。
馬で行くぐらいしか交通手段がないことが”馬路村”と名付けられた理由らしい。
ずいぶんと山奥へと来てしまったような、陸の孤島にいるそんな感覚があった。

信号も見あたらなかったというより、あっても意味がないだろう。
高知県の中でも、特に人口の少ない自治区であるそうだ。
ちなみに高知県内で2番目の人口の少なさという。
その昔は林業とともに鉄道が走るまでに栄えていたそうだが、その減少に伴い村も衰退、ここに来るまでにたどってきた鉄道遺産が当時の活気を物語っていた。

しかし、こうして廃れていく村に復興の兆しへと導いたのが”ゆず”である。
かつて栄えた林業が衰退していく中、試行錯誤の上で村はゆずを植えたそうだ。
今ではゆずで町おこしに成功したという村で、四国では有名となっているからこそ気になってわざわざやってきた村でもあった。

124@DSC00791.jpg山間に佇む馬路村

124@DSC00782.jpg至る所で森林鉄道の跡が見られた

124@DSC00787.jpg水力を利用して動くという珍しいケーブルカー。
  この急斜面を水の重さで登ることができるのが不思議であった。


124@DSC00369.jpg

124@DSC00375.jpg昼食は山本さんが今朝握ってくれたおにぎり♪

村にあったコンビニほどの小さなAコープで買い物したものと一緒に、おにぎりの昼食とした。
そんなおにぎりは、今朝出るときに善根宿の山本さんに握ってもらったものだ♪
大きなおにぎり2つ、おなかを満たしたところで、この村のメイン施設である”ゆずの森加工場”へと足を運ぶ。

小さな村にしては立派でモダンな工場であった。
嬉しいことに見学は無料、しかし悔しいことに生産ラインは止まっているではないか!
照明は消えた薄暗い工場内を散策、きっと、ここをゆずジュースが列車のように駆けめぐる姿を思い浮かべながら、そんな空のベルトコンベアーを眺めていた・・・。
しかし、最後は村の看板商品であるゆずジュースをいただき、それはそれで得した気分である♪
思ったよりさっぱりとした飲み口においしいものであった。
そんな柚ジュースだけでなく、調味料から化粧品までいろいろな柚の製品が取りそろえる、このゆずが村を支えていると思うと、全国各地で衰退にあえぐ自治体が多い中で、この村のように何かを見つけてほしいばかりだ。

人口1000人にも満たないこの村のゆず生産農家は190戸にもいたるそうだから、それまでの林業から柚の町へと、町の姿は大きく生まれ変わったのだろう。

124@DSC00792.jpgゆずの森加工場

124@DSC00802.jpgなんと、生産ラインはすべてストップしていた・・・。(^^;)

124@DSC00803.jpg

124@DSC00807.jpg

124@DSC00376.jpg
しかし最後に試飲として頂いた看板商品であるゆずジュース”ごっくん馬路村”

おみやげ店を覗いているだけでも楽しいところだが、のんびりする暇もなく、すぐに下山の道をとった。
道の駅が閉まるまでに自転車を返却しなければいけないためだ。
帰りは緩やかな下りがずっと続き、快適なサイクリング♪
そうして再び道の駅へと戻ってきた。

スーパーで買い物を済まし道の駅に戻ってくると、テントを組み立てているかなり年老いたお遍路さんがいた。
まさにテントを張ろうと目をつけていた好条件の場所を先に取られてしまい悔しく思えたが、少し挨拶をしてから、我々は建物を挟んだ反対側にテントを張って寝ることに。

124@DSC00817.jpg



1月24日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:道の駅「田野駅屋」


[あとがき]
4月26日、お遍路をようやく終え徳島に戻ってくることが出来ました♪
ようやく自転車旅の再開です!

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/04/26 21:38] | 高知
トラックバック:(0) |

完歩おめでとう
風ささき
よく頑張ったね、GWの最中、再び和歌山で高野山だよね?
歩ききっても、何も変わらないし結論もでないだろ
うけど、誰も真似の出来ない歩きでのお遍路。
充分に、負けない体と心を手に入れたのでは。
自転車の旅、再開だぁ。
ペースが速まる・速まる~ぅかな?
明日もいい旅を。


おばさんReader
お遍路達成、おめでとうございます。サトシさんの成長ぶりにはおどろかせられます。精神的にも、体力的にも。かわいい子には旅させよ。ってことですよね。私がどっかの会社の社長さんだったら、即採用ですよ。

バンザイ!
ぱんら
やっとお遍路打ち終えたのねん?おめでとう!よくやった!歩きお遍路完徹させたってすっごい事だよね。さすが粘りのサトシ君。尊敬するよ、ほんまに!さて久しぶりの自転車やっぱり速くていいでしょ?さて次はどこを目指すの??
明日もきいつけてね。


お遍路お疲れさま~
武ちゃんにゃー
とうとう全部歩いてまわったんですね!凄いとしか言いようがありません!おめでとうございます(^^)自転車旅再開も楽しみですね♪この先もお気をつけて(^-^)/


いち
四国88箇所お遍路達成おめでとうございます!
4ヶ月にわたる長いお遍路お疲れ様でした。
今度お会いしたときにそのときのお話を聞かせてくださいね!

みなさんコメントありがとうございます!!
サトシ
ようやく長かったお遍路の旅が終わりました♪
去年のクリスマスからなんで、なんと、4ヶ月もかかってしまってます。^^;
ちなみにいうと、”歩き”お遍路さんの一般的な速さでは2ヶ月だそうです。
テントやパソコン、自炊道具を持つかどうか荷物の重たさは多少異なるとはいえ、ずいぶんとゆっくりとしたペースです。^^;
それに加えて、たくさん寄り道もしました。
その間、ずっと自転車を置かせてもらっていた1番札所前のゲストハウスのオーナーには呆れられてしまいましたが・・・。^^;
なにより、今は歩き遍路を貫き通せたことがすごく嬉しいです♪


風ささき さんへ

再び和歌山へと戻り、そして高野山へと目指していきますよ。
お遍路を結願したお遍路さんの多くは、最後に空海がいるといわれる高野山へと結願報告へと向かうそうです。
この高野山までの道のり、また厳しい道のりが待ってそうですよね。^^;
だんだん暑くなってきた今日この頃、旅も夏を迎える前に終えたいものです。^^;

おばさんReader さんへ

ありがとうございます♪
このお遍路の旅、修行というよりあちこちをふらふらと、寄り道ばかりのお遍路でしたが。^^;
しかし、このお遍路が自分を成長させてくれたような、歩いてお遍路をしたからこそ出会えた人々、景色、体験がありました。
本当に辛かった日々でしたが、歩いてお遍路してよかったです。

ぱんら さんへ

やっぱり、自転車が最高ですね♪
次は高野山(和歌山)を目指しますよ。
その先は本当に楽しみにしている奈良、京都と見どころが続きそうです♪
大阪に住んでいることもあって、よく訪れている場所なのですが、今度は旅人として新たな目線でまた見ていこうと思ってます♪

武ちゃんにゃー さんへ

ありがとうございます♪
お遍路を終えたときは、不思議な気分でした。
こうして地図を見返して、ずいぶん歩いてきたんだなと、それぞれのお寺の光景を思い出してはしみじみ感じています。
武ちゃんにゃーさんも、お遍路どうですか♪

いち さんへ

ありがとうございます♪
しかし、ブログの方もすっかり遅れてしまいましたね。^^;
お遍路の後半は、なんとかお遍路を早く終わらせようと必死だったので、
ブログもなかなか書くことが出来ずにいました。
いろんな思い出ができたお遍路の四国、早く投稿したい思いで焦っています。^^;

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
完歩おめでとう
よく頑張ったね、GWの最中、再び和歌山で高野山だよね?
歩ききっても、何も変わらないし結論もでないだろ
うけど、誰も真似の出来ない歩きでのお遍路。
充分に、負けない体と心を手に入れたのでは。
自転車の旅、再開だぁ。
ペースが速まる・速まる~ぅかな?
明日もいい旅を。
2013/04/26(Fri) 22:57 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
お遍路達成、おめでとうございます。サトシさんの成長ぶりにはおどろかせられます。精神的にも、体力的にも。かわいい子には旅させよ。ってことですよね。私がどっかの会社の社長さんだったら、即採用ですよ。
2013/04/27(Sat) 03:50 | URL  | おばさんReader #-[ 編集]
バンザイ!
やっとお遍路打ち終えたのねん?おめでとう!よくやった!歩きお遍路完徹させたってすっごい事だよね。さすが粘りのサトシ君。尊敬するよ、ほんまに!さて久しぶりの自転車やっぱり速くていいでしょ?さて次はどこを目指すの??
明日もきいつけてね。
2013/04/27(Sat) 09:08 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
お遍路お疲れさま~
とうとう全部歩いてまわったんですね!凄いとしか言いようがありません!おめでとうございます(^^)自転車旅再開も楽しみですね♪この先もお気をつけて(^-^)/
2013/04/27(Sat) 20:56 | URL  | 武ちゃんにゃー #-[ 編集]
四国88箇所お遍路達成おめでとうございます!
4ヶ月にわたる長いお遍路お疲れ様でした。
今度お会いしたときにそのときのお話を聞かせてくださいね!
2013/04/29(Mon) 21:58 | URL  | いち #-[ 編集]
みなさんコメントありがとうございます!!
ようやく長かったお遍路の旅が終わりました♪
去年のクリスマスからなんで、なんと、4ヶ月もかかってしまってます。^^;
ちなみにいうと、”歩き”お遍路さんの一般的な速さでは2ヶ月だそうです。
テントやパソコン、自炊道具を持つかどうか荷物の重たさは多少異なるとはいえ、ずいぶんとゆっくりとしたペースです。^^;
それに加えて、たくさん寄り道もしました。
その間、ずっと自転車を置かせてもらっていた1番札所前のゲストハウスのオーナーには呆れられてしまいましたが・・・。^^;
なにより、今は歩き遍路を貫き通せたことがすごく嬉しいです♪


風ささき さんへ

再び和歌山へと戻り、そして高野山へと目指していきますよ。
お遍路を結願したお遍路さんの多くは、最後に空海がいるといわれる高野山へと結願報告へと向かうそうです。
この高野山までの道のり、また厳しい道のりが待ってそうですよね。^^;
だんだん暑くなってきた今日この頃、旅も夏を迎える前に終えたいものです。^^;

おばさんReader さんへ

ありがとうございます♪
このお遍路の旅、修行というよりあちこちをふらふらと、寄り道ばかりのお遍路でしたが。^^;
しかし、このお遍路が自分を成長させてくれたような、歩いてお遍路をしたからこそ出会えた人々、景色、体験がありました。
本当に辛かった日々でしたが、歩いてお遍路してよかったです。

ぱんら さんへ

やっぱり、自転車が最高ですね♪
次は高野山(和歌山)を目指しますよ。
その先は本当に楽しみにしている奈良、京都と見どころが続きそうです♪
大阪に住んでいることもあって、よく訪れている場所なのですが、今度は旅人として新たな目線でまた見ていこうと思ってます♪

武ちゃんにゃー さんへ

ありがとうございます♪
お遍路を終えたときは、不思議な気分でした。
こうして地図を見返して、ずいぶん歩いてきたんだなと、それぞれのお寺の光景を思い出してはしみじみ感じています。
武ちゃんにゃーさんも、お遍路どうですか♪

いち さんへ

ありがとうございます♪
しかし、ブログの方もすっかり遅れてしまいましたね。^^;
お遍路の後半は、なんとかお遍路を早く終わらせようと必死だったので、
ブログもなかなか書くことが出来ずにいました。
いろんな思い出ができたお遍路の四国、早く投稿したい思いで焦っています。^^;
2013/05/03(Fri) 08:40 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: