ただいま~♪
お遍路については良くも悪くも人それぞれ、いろいろなことを思うのだろう。

こうして白衣姿で歩いていれば多くの方々から当たり前のように誉めてもらい、
そして時にはお接待なんかまで頂いてしまっている。
しかし、みんながみんな、お遍路をよくは思ってはいないだろうし、それはある程度は予想はついていた。
それを残念とは思わない。
お遍路さんでいる以上、礼儀として街中の人混み以外ではすれ違う方々全員に挨拶するよう心がけているのだが、挨拶しても明らかに知らぬふりを装うように返事が返ってこない方ももちろんいる。
その時のむなしさに慣れてしまったよいうより、断然お遍路をよく思ってくれる方々の方が多いし、なにより仏教を信仰しているから遍路しているというよりは、自分はお遍路の文化を知りたくてこうして回っているようなものだから気にはしてはいないからだ。
ただ、彼らは出会うお遍路さん、みんなにそう話しているのだろうかと、それを聞いた熱心なお遍路さんはどう思うだろうかと、この日の出会いには思いあぐねてしまう。
今一生懸命にしているお遍路を目の前で”無意味”なんて言われれば、きっと傷つく方もいるだろう。
中には言い返す方もいるかもしれない。
みんながみんな、お遍路をよく思っている訳じゃないことを、
これまで誉めてもらってばかりであっただけに、調子に乗ってしまわぬよう心に留めておくことにした、そんな出会いがあった。

旅686日目 「いいと思う人、思わない人」

今朝も寒かった~!!(> <)/

特に最近の朝は本当に冷え込んでいる。
日中になれば重いザックを背負って歩くにはちょうどいいのだが、こうも毎朝冷え込むと撤収の時がいちばん辛い。
そして暖かな日差しが差し出してくるまで、なかなか行動に移せないこの頃は、だんだん起床の時間も遅くなってきてしまっている。
この日もシュラフに潜ったまま、ぐだぐだ2度寝を繰り返したのち起きあがっている。
今朝も公園の蛇口は凍ってしまい水が出ることはなかったため、ラーメンも作れずパンをかじることにした。
去年の今頃はもっと寒い雪の東北を走っていたはずなのだが、やっぱり辛い。
そう思うと、人間はその場に置かれると何とかなるのだろうか、この寒さで嘆いている自分は、そのとき頑張れた自分が自分でないようで不思議に思う今日この頃だ。

テントをびっしょりと濡らす結露、これが驚くほどにテントを重くするため、
肩の負担を減らす為にもしっかりと乾かすのだが、これまた時間のかかるもので、
のんびりしてしまったが9時過ぎに公園を出発。
次の二十八番札所までたどり着けそうにないが、いつものように白衣をまとい、
そして青空の広がるいい天気のもと歩き出した。

128@DSC01936.jpg寒い中、撤収・・・。(> <)/

この安芸の町に別れを告げる前に、気にかけている場所があった。

それは安芸タイガース球場で、その名の通り阪神タイガースのキャンプ地である。
自分はオリックスファンなので特別な思い入れがあってやってきたわけではないが、
タイガースがどんなところでキャンプしているのか気になってやってきた。
キャンプがわずか4日後に始まると知って、ちょっと惜しい自分が残念に思う。
そんなキャンプに向けてだろう、球場ではちょうど整備が行われているところであった。

128@DSC01950.jpgこの日さっそくやって来たのは、安芸タイガース球場!

128@DSC01945.jpg甲子園に似たような雰囲気♪

128@DSC01948.jpgおぉ、立派なドーム練習場まで!!

128@DSC01938.jpg

128@DSC01954.jpg

深い緑色をしたバックネット裏に電工表示板など、タイガースの本拠地甲子園を意識したような雰囲気があるし、小さいながらもドーム練習場までおかれていた。

この小さな安芸にしては立派な施設に、町をあげての歓迎であると思う。
それだけに残念な話ではあるが、それまでの1軍キャンプはここから沖縄へと変更になってしまい、今年は2軍のみが練習に訪れるそうだ。
自分もこのニュースについて目にした記憶があるのだが、沖縄へ向かう球団が多い中、他球団との練習試合の利便性も兼ねて、確かそちらへと移ることにしたのではなかっただろうか。
今朝も公園の蛇口が凍るくらいに寒いことを考えると、沖縄の方がキャンプに適しているのだろうが、たまたまその場に居合わせた地元の方とはなし、沖縄にこれ以上の施設があるのだろうかと、そのおじさんの顔には悔しさを覗かせているものだから、一概にはそうとは言えないかもしれない。
臨時駐車場まで用意するほど、この時期には毎年関西からたくさんの阪神ファンがやってきていたそうだ。

球場を後にしてからは、おじさんにすぐ目の前の安芸漁港に日本一高い防波堤があると聞いて港の方へ。
自慢するように”日本一高い防波堤”と書かれてあるものだから、すぐにわかった。
海面からの高さは16mにも達するそうで、本当に大きな防波堤だ。
台風がよくやってくる地域ならではの対策なのだろう。

ここでもまた別の地元のおじさんに声をかけてもらい、いろいろ話をした。
ここからは国道ではなく、海岸に延びる快適なサイクリングロードを歩いていくといいと教えてもらった。
こう白衣姿であるとお遍路さんと一目瞭然であるため、なにかと声をかけてもらっているのだ♪

128@DSC01957.jpg海面からの高さ16mもある、安芸漁港にある日本一高い防波堤

128@DSC01960.jpg高知らしい看板♪

128@DSC01964.jpgこの先からしばらく続くサイクリングロードを歩くことに♪

128@DSC01965.jpg海に目を向ければ、大きな船がテトラポットを沈めている最中であった。

ときどき、風のように音もなく抜かされていく自転車のお遍路さんには、
そのたびに背中を見つめては羨ましく思う。
次の札所へとたどり着けそうにない自分は、はひたすら海岸線を歩くのみであった。
太平洋の風をイヤってほど満喫しながら歩いていった。

見上げた先には単線ながらも立派な高架線路が延びている。
昨日、由姉さんにも教えてもらっていたが、出来上がって間もない新たな路線であるそうだが、案の定、早くも存続の危機に直面しているらしい。
それもそうだろう、ほとんど民家なんてない場所ばかりに、需要があるから造ったのではなく、きっと町が賑わって欲しいから無理して造った鉄道に思えた。
そんな何にも無いところを走る土佐くろしお鉄道は、コトコト音を立てながら空気ばかりを乗せて走る一両編成の電車をたまに見かけた。

128@DSC01969.jpg昼食のパン

128@DSC01971.jpg

128@DSC01973.jpg

128@DSC01977.jpg

128@DSC01978.jpg

128@DSC01986.jpg

128@DSC02000.jpg見上げる高架は土佐くろしお鉄道

128@DSC01996.jpg美しい砂浜が広がる琴ヶ浜

この日だけでもいくつもお遍路さんの休憩所を見かけた。
どこも、個人の方々が善意で用意されたものだった。
額縁に入れられ飾られた新聞の切り抜きには、この休憩所のことが載せてあった、
きっと、管理も大変に違いないだろう、お礼もできない我々ができることは、汚さないようにするぐらいであった。

128@DSC01988.jpg倉庫のような簡単な建物だが、差し込む日差しが暖かかった。
   そんなつもりじゃなかったのだが、ここでは1時間近くも眠ってしまった。


128@DSC02001.jpg

128@DSC02012.jpg老人ホームの脇に用意されたお遍路休憩所。
   ドリンクサーバーからはお茶が出てきた♪


128@DSC02009.jpg休憩所に置かれてあった、お遍路さん用のお守り♪

128@DSC02014.jpg

日も傾き始めたし、さぁキャンプを考えている道の駅まであと少しのところ、
話は冒頭に戻る。

車から次々に降りて駆け寄ってきた年輩の男女4人の方々に囲まれて話しかけられた。
千葉に本部があるという宗教に熱心な方々で、とても人柄のいい方で嘘をつくような方々ではないと思うのだが、耳を疑うようなお遍路への否定的な話が始まったのだ。
冒頭にも述べたように、あたかも自分のお遍路への洗脳から解き放つかのような、
ちょっと信じ難い話を30分ぐらい話を聞かされた・・・、
最後はその方々の宗教の新聞を渡して立ち去っていった。
そんな長い話となってしまったのも、原因はすぐに突き返すのもかわいそうかなと、そんな人柄のよさそうな方々の話に素直に耳を傾けて聞いてしまったのがいけなかったのだろう。
初めからキッパリ断れば良かったのだが、そのようなものだから向こうも手応えを感じたのか、長々と話しは続き逃げるに逃げれない状況となり、向こうは自分を説得できたと手応えを感じているかもしれない。
最後はアーモンドチョコレートまで頂いている。
はたして、お遍路さんみんなに声をかけているのだろうか・・・。
正直、駆け寄ってきてくれた時には、お遍路さんの自分を誉めてくれるとのばかりに思いこんでしまった。
これまでが、当たり前のようにそうだったからだ。
みんながみんな、お遍路をよく思っているわけじゃないことを、心に留めておこうと思う。

キャンプを考えている道の駅「やす」までもう少し、
そこで、なんとも豪快に跳ね上がった橋というより、ほぼ垂直にまで持ち上げられた”道”があるではないか!!
そんなものが見えたものだから、そちらへと駆け寄った。
間近で見るとさらにすごいことに!、なんとも笑えてしまう光景だ。
港に船が入れるようにと、1時間ごとに持ち上がるそうだが、そのまま道が跳ね上がっているかのような異様な光景である。
踏切があって、無人であったからカメラを通して遠隔操作でもしているのだろうか。
地下に秘密基地でもあって、中から戦闘機でもスクランブル発進してきそうな、
まるでSF映画のワンシーンのような光景である。
自分が見守る5時ちょうどに、橋は警報音と共にゆっくり元通りまでに下がり、
何事もなかったかのように車が通っていった。
そんな、おもしろい光景に出会えた♪

128@DSC02038.jpg

128@DSC02029.jpg橋と言うより”道”が跳ね上がった異様な光景・・・。^^;

128@DSC02042.jpg数分後には何事も無かったかのように元通りに。

道の駅「やす」には5時半に到着。

時間的にもここでキャンプするつもりでやってきたのだが、ここは以前木田さんに聞いたところ、キャンプする旅人を容赦なく追い払う鬼の職員だから気をつけた方がいいとのことであった。
確かに裏手にはきれいにされた南国のようなビーチが広がり、ライトアップにゆったりとした音楽が流れる様は、まるでリゾート地のようだ。

できれば避けた方がいいのだが、この時間にここに来てしまったのだから仕方がない。
他に当たれる場所もなく、ひと気が無くなったところで、そちらでテントを張ることにした。
テントを張ってしまってから撤退を求められたらと思うと、やっかいなだけに不安であるが・・・。^^;

128@DSC02047.jpg道の駅「やす」

128@DSC02045.jpg

128@DSC02062.jpg今夜は道の駅の裏手の海岸でキャンプとなった


1月28日 おしまい。


移動歩数 23810歩
移動距離 およそ16km

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地: 道の駅「やす」


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/03 22:24] | 高知
トラックバック:(0) |

信じるものが1番
風ささき
誰にも当てはまること、ましてや信仰しての布教
活動となると、更に強固なものとなる。
他を全く寄せ付けない受け入れられない。
自分と他の人は同じではない、違って当たり前。
だけど、自分の考えを押し付けようとしてしまう。
どうしても優位でありたいのかもしれない。
そんな人間模様が見れたことも、無意味でないし、社会勉強となりえるもの。
無意味なものなどない、生きること、これが答えな
んだろうね。
明日もいい旅を。

風ささき さんへ
サトシ
他を批判することはしてほしくなかったかなと、いろんな信仰があっていいと思うのですが、それに腹が立ってました。(> <)/
しかし話していて普通だし、本当にいい人で、
自分たちの信仰を受け入れてもらうのに必死だったのかなと、今では思ってますよ。

考え方は様々
zola
お遍路さんをされる方は何かしら心に悩みだったり思いがあってしている方が多い筈.
記事にある宗教団体の方々は恐らくそういう方を取り込もうとしているんだと個人的には思います.

本当に人の悩みを解放する宗教ならば勧誘しなくても人が集まる筈.大人が四人も集まって勧誘しなければならないものは何かしら裏がある筈.

と,,心が澄んでいない大人はそう思ってしまいます^^;

ほっときましょうね〜.身体には気をつけて^^


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
信じるものが1番
誰にも当てはまること、ましてや信仰しての布教
活動となると、更に強固なものとなる。
他を全く寄せ付けない受け入れられない。
自分と他の人は同じではない、違って当たり前。
だけど、自分の考えを押し付けようとしてしまう。
どうしても優位でありたいのかもしれない。
そんな人間模様が見れたことも、無意味でないし、社会勉強となりえるもの。
無意味なものなどない、生きること、これが答えな
んだろうね。
明日もいい旅を。
2013/05/04(Sat) 17:46 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
風ささき さんへ
他を批判することはしてほしくなかったかなと、いろんな信仰があっていいと思うのですが、それに腹が立ってました。(> <)/
しかし話していて普通だし、本当にいい人で、
自分たちの信仰を受け入れてもらうのに必死だったのかなと、今では思ってますよ。
2013/05/11(Sat) 19:41 | URL  | サトシ #-[ 編集]
考え方は様々
お遍路さんをされる方は何かしら心に悩みだったり思いがあってしている方が多い筈.
記事にある宗教団体の方々は恐らくそういう方を取り込もうとしているんだと個人的には思います.

本当に人の悩みを解放する宗教ならば勧誘しなくても人が集まる筈.大人が四人も集まって勧誘しなければならないものは何かしら裏がある筈.

と,,心が澄んでいない大人はそう思ってしまいます^^;

ほっときましょうね〜.身体には気をつけて^^
2013/05/16(Thu) 18:49 | URL  | zola #A1vz8dvw[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: