ただいま~♪
旅782日目 5月4日(土曜日) [下書き]
天候 :晴れ
現在地:和歌山県伊都郡かつらぎ町


旅782日目 「高野山」

関ヶ原の戦いで敗れたのち、徳川軍から逃れた真田幸村に昌幸が静かに隠れ住んでいた善名称院、別名”真田庵(さなだあん)というお寺がある。
まさかこんなところであの真田家が隠棲しているとは思えないような、本当に小さなお寺であった。
きっと、ここで悔しさ噛みしめて生活をしていたのだろう。
そんなことを思いながら見ていた。

54@DSC03349.jpg

54@DSC03352.jpg

また近くではゴールデンウィークの祭りで真田祭りがやっている。

おいしそうな匂いに誘われてやってきたが、真田部隊の鎧に身をまとった方々が実際に火縄銃などを打ってくれたりと、ここではおもしろいものが見れた。
真田家のお膝元、長野県の上田でもその歴史を満喫したが、ここでもまた、そして真田家がますます好きになるばかりである♪
そんなものだから、おみやげに真田家のミニ幟を購入し、そんな幟をなびかせて高野山へと山道を登り始めた。

54@DSC03327.jpg

54@DSC03337.jpg

54@DSC03345.jpg

54@DSC03339.jpg

そんな高野山への道のり、聞いてはいたが本当に辛かった。

疲れては足を止めて休憩を繰り返すが、しかし休んでも振り払えない疲労が徐々につもりだすと、いくら休憩しようとも最後の方は本当にへとへと。
途中、東京スカイツリーと同じ標高634mの札があったが、山深い生い茂る木々に全く展望はなかった。
結局、標高にして800mまで登らされている。
20kmに至り、長々と登らされては結果、なんと、5時間ほどかけてようやく高野山に到着・・・。
ゴールデンウィークとあって高野山へと登る車の多さにも参らされた。
車がとぎれたときには大きくS字を描くようにして勾配を緩くするも、すぐに車が列をなしてやってくれば、路肩を邪魔にならないように肩身を狭くして急勾配を登らなければならなかったのだ。
そのようなものだから体力だけでなく、精神的にも気疲れしてしまった。

54@DSC03367.jpg

54@DSC03371.jpg

54@DSC03379.jpg

54@DSC03383.jpg

54@DSC03389.jpg

ここまで時間がかかるのは意外であった。(> <)/

先ほどまで汗だくにして登ってきたが、標高が高いだけに肌寒く、到着してすぐにウィンドブレーカーを取り出し羽織り、そして残された少ない時間の中急いで高野山のメインのお寺である金剛峯寺へと参拝、本当に大きな本堂であった。
ゴールデンウィークとあってたくさんの観光客はもちろんのこと、また海外の外国人さんもおおく見られたのはさすがは世界遺産だと思う。
コンビニに郵便局、小学校から高野山大学まで、
そもそも、高野山なんて山上にお寺がぽつんとあるだけと思っていたからこの町の姿にはびっくり。
町が山上にある意外なものであった。

54@DSC03392.jpg

54@DSC03404.jpg

54@DSC03409.jpg

54@DSC03421.jpg

54@DSC03438.jpg

到着したときにはすでに4時半、そして5時には閉まる納経受付へと急いで朱印を頂いた。
これとは別にもう一つ、奥の院へは間に合わず、また明日の朝に向かうことにして、
日没が迫る中、テントが張れそうな場所を求めて町を行ったり来たりを繰り返す。
ちょっと行けば町は終わり再び山の峠道となり、なかなかいい場所が見あたらないまま、町を往復。
小さなコンビニ程度のスーパーで買い物、しかしびっくりするほど高い。
値下げなんてする気もない定価価格であったため、ドーナツぐらいしか買えなかった。
そして世界遺産を意識したような、どこもきれいにされた町並み、
迂闊にテントを張れる場所が見つからなかった。

54@DSC03453.jpg

54@DSC03454.jpg

54@DSC03440.jpg

そんななかなか見あたらない野宿場であったが、路肩にある公衆トイレの裏手に構えることにした。
そちらなら、こっそりテントを張れると思ったからだが、正直いまいちの場所。
気温もどんどん下がり、テントを張ろうとしたとき、ここで車からおじさんに声をかけてもらえた。
今夜はどうするのと聞かれたものだから、ここでのキャンプを怒られるんじゃないかとドキッとしながら伝える。
しかしおじさんの口から出てきた言葉は、家に誘ってくれる予想外ものであった。
町をうろうろする自分を見かけて、気にかけてくださったそうだ。
そのため、今夜は山口さん夫妻宅にお世話になってしまっている。

ちなみに、この地域、山上だけに朝晩は氷点下まで冷え込む寒い地域だそうだ。
そのためリビングでは5月の関西だというのに未だにストーブが2つもつけられている。
暖かな部屋で温かな食事、そしてお風呂に入らせてもらい、布団で眠らせて頂いた。
3階立ての大きな家で、空き部屋の一室をそのまま使わせてもらっている。
本当にありがとうございます♪

54@DSC02329.jpg


なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/06 09:05] | 和歌山
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: